本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「バカの壁をぶち壊せ!/正しい頭の使い方」

「バカの壁をぶち壊せ!/正しい頭の使い方」

 ◇日下公人・養老孟司著 
 ◇ビジネス社
 ◇1.400円(本体)

養老孟司氏の「バカの壁」はすでにベストセラー入りを果たしてい
ます。ここでいうバカというのは、“けなし言葉”ではなく、「真実を
見極める目をもたない。与えられた情報を盲信する人」の事をいうよ
うです。

この「バカの壁」を題材にした経済のプロ日下公人氏との対談がこの
本の内容になります。

一見読むとかなり過激な発言もあるのですが、実際には自分の無知な、
まさに「バカ」な部分を明確にしています。


例えば最近よく話題にされる「失業率の問題」。

日下氏曰く「5%を超えたからって、世の中急に悪くなるわけはあり
ません。(笑)お茶を飲むとき熱かったら口の中をヤケドします。飲
めるか、吐き出すかの分かれ目は明確にあるんですが、失業率にそん
なものはありません。」
(第一章経済学者を決して信じてはいけない)

確かに私達は、テレビなどで「失業率が1%増加」などの記事を見る
と「景気が悪くなった」と思ってしまいますが、実際のところ「急に
悪くなるわけではない」のは確かです。

少なくとも、今の段階で大騒ぎする必要がなくなるわけです。
これが「バカの壁」をぶち壊す事になりそうです。

「自分の理解力が不足している事を理解して、自他の理想的な関係を
築くこと」というのは簡単なようで難しいものです。往々にして自分
に不足している部分を理解している人が少ないことも一つの要因です。


例えば、ビジネスマンが気になる「お金の統計」に関してもこの著書
の中では「1割くらいは怪しい」といっています。
確かに自動車会社などでは期末に100台のノルマがあった場合、売っ
たことにして翌朝買い戻す、などということもあります。

養老氏は「だいたいの数字は、みんな一割ぐらいは誤差の範疇内なの
です。」と言い切ります。

この見極めがついているかどうかで、自分の理解力のなさを計る事が
できるかもしれません。


「第三章 脳からみた世界と日本の病状」では、日本語の成り立ちか
らさかのぼり、いわゆる「知識人」には敬遠されがちなマンガにまで
触れています。

「日本社会を今日まで発展させたのはマンガである」

この中では「日本人が黙読を得意なのも、脳を広く使っているから」
と医師らしい科学的な見地での考察もあります。

中でもマンガは絵と文字を同時に使うことで「その図形に音声をふ
ったもの」でありそれが脳の違う部分を使っているという事になる
そうです。

失語症で漢字が読めなくなった患者さんにマンガを渡すとマンガの絵
が意味をもった図形としてとらえられないために「面白くない」とい
う反応が返ってくるそうです。

確かに、同じ主人公の同じ台詞でも笑顔なのか、悲しい顔なのかによ
ってその台詞の意味は大きく違います。

日本人はマンガというツールでその力を磨いているということになり
そうです。そのマンガも収益でいえば、国際規模の産業になってきて
います。「文化・娯楽産業でいえば日本の未来は明るい」(日下氏)


なぜエコノミストや経済学者の経済予測は当たらないのか。
最近のインフレ・ターゲット論争に見られるように、型どうりの方法
で経済をコントロールできると考えてしまうのはどうしてなのか。

現実の経済は予想したとおりには展開していきません。
一企業あるいは一国だけの思惑どおりに動くことはありえないとお二
人は語っています。

経済とは儲けたいとかお金を稼ぎたいという人間の欲望や思惑で動い
ているものです。そこには理性もあるはずですが、人間の本能とか心
理が大きく関係しています。
 
不況だ、不況だと言われて久しいですが、実際は丸ビルや六本木ヒル
ズは大勢の人で賑わっています。高級ブランド品も飛ぶように売れて
います。

「企業の接待費がカットされて、会社員が飲みに行かなくなっている
から、飲み屋が不景気だというのは分かります。でも、東京のあちこ
ちには次々と高層ビルが建っています。丸ビルに行くと、どこの店も
混んでいますし、有名なレストランのランチは一年後まで予約がいっ
ぱいだそうです。日本は本当に不景気なんでしょうか」

話は経済にとどまらず、両氏の対談はマンガの次は戦争と限りなく広
がります。そして最後には身の回りの一番小さな共同体「家族」の話
となります。

養老氏は、日本経済の実体についてこう語っています。
「人間の心理にまで踏み込まないと、物事の本質が見えてこないとで
はないか。」

自分について深く考えさせられる一冊です。
スポンサーサイト

「新しい人」の方へ

「新しい人」の方へ
◇大江健三郎/著 
 ◇朝日新聞社
 ◇1,200円(本体)

この本は、ノーベル賞作家、大江健三郎氏のエッセイです。
「週刊朝日」で連載されていたエッセイの単行本化ですが、大人も子
供も楽しんで読むことの出来る良質なエッセイと言っても過言ではな
いでしょう。
 
そもそも、この本はベストセラーとなった前作のエッセイ「『自分の
木』の下で」(2001年7月発行/朝日新聞社)の第二弾。
本書でも現代に生きる大江氏と子供の頃の大江少年、現在と過去を行
き来し、実生活、実体験から得たこと考えたことを読者に解りやすく
伝えてくれます。

障害を持って生まれた長男、光氏を中心として回る家族の輪、家族の
絆。そして、そこから得た喜びと希望。
子供時代の大江氏と彼の父親との会話、大江氏の両親の会話、大江氏
の受けたイジメの話、ノーベル賞を受賞したことから得た経験談など。
その他、大江氏が読者に語る多くの実体験から、私たちは私たちの生
活にとって必要なこと、習慣付けたいこと、しいては人生について必
要なこと、生きていく上で必要な力とは何か、を学ぶことができるで
しょう。

また、大江氏は例を挙げ、若い読者が今、解いていかなくてはならな
い問題を提議します。
そして、若い読者はそれらの問題をこえて、「伸びてゆく素質を持ち
続けていくことだろうと信じる」と結びます。
大江氏から若者へのエール、まるでこれからの未来を担う若者にこ
そ響いて欲しい激励の言葉のようです。
本書を通して、読者に向き合い語りかける大江氏の姿を、読者は感じ
ることができるはずです。
 
終わりに、著者、大江氏は本書を作ろうと思い立った時のことを、次
のように述べています。
「もうひとつの本を作ろう、と思いたった時、私は新しい方針を立て
ました。
この本を読んでくださる人たちへのメッセージのもとになるものをま
ずはっきりさせよう、そして書き始めることにしよう……」と。
子供から大人まで、幅広い読者に投げかけられた大江氏の15のメッ
セージを貴方はどのように感じ、受け取るのでしょうか。
 
なお、イラストは大江夫人、ゆかりさん。柔らかくも温かい絵が読者
の心を和ませ、大江氏の文章に花を添えています。この本は「大江夫
妻の合作エッセイ」と言っても良いかもしれません。
また、読書家の大江氏らしく、本書内では様々な本の紹介もされてい
ます。
テーマに沿った本をその都度、提示してくれているので、これらの本
を一読することも、本書をより深く楽しむ手段の一つでしょう。

本書から「新しい人」になる方法を読み取り、「新しい人」の方へと
一歩進み出してみてはいかがでしょうか。

企業再生ファンド

「企業再生ファンド」
ダイヤモンド社
1,680円

和田勉著
著者紹介:1966年生まれ、早稲田大学政治経済学部政治学科卒業、日本経済新聞社に入社、産業部や国際部などの記者を経て、98年から3年間テレビ東京に出向し経済部記者を務めた。01年からフリーの経済ジャーナリストに。著書に「買収ファンド」「企業再生ファンド」がある。


かっては「ハゲタカ」などと揶揄されたファンドビジネスだが、ここ数年で急速な進化を遂げ、今や日本経済再生の鍵を握る「再生産業」へと成長している。小泉政権下で誕生した官製再生ファンド「産業再生機構」もダイエー救済などで注目を浴びている。再生ファンド誕生の経緯と現状、そして今後の展望が経済新時代到来への予感と共に語らえる。

景気回復の広がりを受け、不良債権処理も進展しているが、その現場で活躍しているのが「事業再生ファンド」だ。ファンドビジネスの実態を追い続けてきた著者が日本経済回復の鍵を握る「再生インダストリー(産業)」の現状を報告する。

1997~98年頃、買収で企業の経営権を掌握、改革して企業価値を高める「買収型のファンド」とまとめ売りで安くなった不良債権に投資する「不良債権ファンド」が日本に上陸した。これらのファンドの手法を組み合わせ、不振企業支援を目的に作られたのが「事業再生ファンド」だ。

現在、日本で活発に活動している外資系ファンドは、リップルウッド・フォールディングスとカーライル・グループだけだ。前者はプロの経営陣を送り込む典型的な米国型手法で後者は既存経営陣を活かす手法をそれぞれ特徴を持っている。

02年から日本でもフェニックス・キャピタルをはじめとする専門投資会社の設立が本格化した。中でもフェニックスはスピーディーな成長を遂げ、運用資金総額で国内勢トップとなっている。

みずほグループをはじめとする大手銀行勢、野村、大和、日興などの大手証券勢、三菱商事などの商社勢もそれぞれの強みを生かして惻々と再生ビジネス参入してきている。

03年4月に誕生した「産業再生機構」は当初は金融改革に伴う銀行の苦痛を和らげる”仕掛け”と見られていたが実際には厳格に債権の査定を行う「官製再生ファンド」としての機能をはたしている。

再生ビジネスの好機は今後3~5年は続くと予想される。景気や投資環境も良好。未着手の投資案件も数多く、今後は特殊法人改革による民営化案件にも期待できるからだ。


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

事業再生ファンド

企業・事業を買収し、再生する人々 ダイヤモンド社 1,680円 著者 和田勉 1966年生まれ、早稲田大学政治経済学部政治学科卒業、日本経済新聞社入社、産業部や国際部などの貴社を経て、98年から3年間テレビ東京に出向して経済部記者を務めた。01年からフリーの経済ジャーナリストに。著書に「買収ファンド」「企業再生ファンド」(共に光文社親書)がある。 1章 リップルウッドとフェニックス 2章 動き出した地域再生ファンド 3章 事業再生ファンドとは何か 4章 米国の買収ファンド 5章 日本の独立系ファンド 6章 銀行と証券会社の本格参入 7章 ”投資銀行”化する商社 8章 転機を迎えた不動産ファンド 9章 産業再生機構の存在意義 10章 民の野望、官の役割 景気回復の広がりを受け、不良債権処理も進展しているが、その現場で活躍しているのが「事業再生ファンド」だ。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。