本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面白いほどうまくいく心理戦術 説得・交渉・駆け引き・対人関係の上級テクニック

「面白いほどうまくいく心理戦術
      説得・交渉・駆け引き・対人関係の上級テクニック」

 ◇渋谷昌三/著 
 ◇東洋経済新報社
 ◇1,500円(本体)


損得勘定に動いているように見えるビジネスの世界は、実際には前著「なぜ、この人に部下は従うのか」の姉妹本です。

前著では社内に目を向け、部下が従ってくる上司の秘密を心理学の視点から好評を得ました。
ビジネスに関する心理常識を点検することから始め、説得の際の心理術、交渉場面での心理術、突発事態に面したときの心理術など、いろいろなビジネスシーンにおける心理戦術を考えてみています。
ビジネスに関する心理常識を間違ってはいないだろうかと疑って、に基本原理を熟知し、それを実際の仕事の場面に応用できるテクニックを成功は保証されたも同然だと著者は述べています。
大志を抱け!ではありませんが、一般的に、何事かに挑むときは「目標は高いほうがいい」とされています。
これが下手をすると無気力な社員を生み出すことになると、著者は記しています。
その理由は紙幅の都合上と、本書に詳しく述べられているので割愛しますが言われていること、常識だと認識していることを手放すことから上級心理戦術の学びは始まります。
第2章 必ず「イエス」といわせる説得と誘導の心理術。
第5章 この突発事態を巧みに切り抜ける心理術。
第6章 この心理術でうけがグンとよくなる
と、内容は実際さまざまな現場に関する題目が続きます。

その他に上手な叱り方や名指しの効用など、対人関係に役立つ心理テクニックも多く書かれています。

どんなシーンであっても、心理を知ることによって、進行や成功の度合いに違いが出ます。
実際にどうしたら良いのかは意外にわかりません。
その具体的なテクニックを学ぶために、最適な一冊です。
スポンサーサイト

実験する化学手品80 遊べる理科の教科書

「実験する化学手品80 遊べる理科の教科書」

 ◇天動説研究会/編著 
 ◇ワニマガジン社
 ◇1.300円(本体)

手品と呼ぶに相応しい不思議な現象が80編紹介されています。
あわせるだけで指先から白煙が上がったり、一度回転を止めたタマゴが勝手に回り始めたり。
魔法のようにすら見えるそれらは、しかししっかりとした化学的根拠に基づいた「実験」なのです。
実験ごとの注意点もその都度明記されていますので、安全に化学手品を行え、実験後の「なぜそうなるのか?」という疑問に対しての解説もそれぞれ行われていますので、実際の不思議な現象を見る驚きと共に、その仕組みも学ぶことができます。
理科室でフラスコやビーカーを手に感じたあの感覚と、先生の解説によって得られた深い理解は、板書だけの授業では決して得られなかったまさに活きた教育ではなかったでしょうか。
化学手品の一部です。
○浮遊するタマゴ
○燃えない紙コップ
○逆さにこぼれない水
○活性炭電池で電球をつける
○ジャンプする一円玉
○ペットボトル噴水
○凍るシャボン玉
○ 5円玉の穴を通り抜けるボールペン
実際に験す驚きと実感。

喋るアメリカ人 聴く日本人

「喋るアメリカ人 聴く日本人」

 ◇ハル・ヤマダ/著 須藤 昌子/訳
 ◇成甲書房
 ◇1.600円(本体)

著者のハル・ヤマダさんは関係で三年おきにアメリカと日本を行き来する幼少時代を送った結果「英語を話せばアメリカ人」「日本語を話せば日本人」に見える女性です。
二国後が深く根付いた彼女だからこその鋭い観察の数々が見られる本です。

日本とアメリカは第二次世界大戦後密接な関係になっています。
皆さんの中にも仕事やアメリカ人がいらっしゃるかもしれません。
一昔前は外国といえば「アメリカ」を指していたほどでした。
これだけ親しいはずの両国ですが、ビジネスやお付き合いの端々で「誤解や不信」がある事も確かです。
英語・日本語のような根本的な違いもありますが文法上どうしても違う部分が出てきます。
答えをする事でソフトな言いまわしにして人間関係を保とうとします。
場合はイエスかノーで伝えなければいけないので日本人には「融通がきかない」とか「つめたい」と聞こえるようです。
お互いの分化や意識の違いから生じる不快感といえるようです。
ご自身が三年おきにアメリカと日本を行き来する生活をしていた事から実体験に基づいた例でそれらを紹介し分析しています。
アメリカンスクールとのテニスの対抗試合での出来事について著者はこのように回想しています。
と括っています。
アメリカから見るとそれは「相手を消耗させる」戦術であったり「相手のミスを誘う」戦術であったりするわけです。
アメリカ人はルールに沿った、異なるゲームのプレイヤー。
自軍のルールで相手をジャッジする。
「日本語を話すのはボクらだけ」という占有意識と「誰もが英語を話すべきだ」という伝道者的姿勢、その結果すれ違いに、不快感を抱くのだ。
国際派ビジネスマンにオススメです。
相手のチームのルールを理解してコミュニケーションに役立ててみてはでしょうか。

「生涯最高の失敗」

「生涯最高の失敗」

 ◇田中耕一/著
 ◇朝日新聞社
 ◇1,200円(本体)


青天の霹靂、想像を範疇を越えたストレスフルで混乱の多い多忙な毎日だったうえに、田中氏は憤りや戸惑いに苛まれていました。
心身の疲労に耐えながら一時は、真剣に海外移住まで考えたほどだと、田中氏は本書の中で語っています。
時間が過ぎていく中、田中氏は「理系人間は自分を理解してもらう努力が不足している」という主張に基づき、逃げるばかりではなく、それを実践しなければならないのではないかという思いを抱いたそうです。
第一部の「エンジニアとして生きる」は、ノーベル化学賞を受賞するに至った背景や、エンジニアとして働く田中氏の実際の仕事や暮らしぶり、そして思うことなどが、生い立ちを絡めながら簡潔に書かれています。
日の様子なども詳しく書かれ、ものづくりの重要性や人との出会いの大切さについても綴られています。
ストックホルムにあるノーベル博物館の館長、スヴァンテ・リンクヴィスト氏によって人が独創性を発揮するために九項目と創造性を育む環境の十の特徴について触れ、田中氏自身の創造性や独創性の源について語り、第一部を締め括っています。
高度且つ難解な演題を、わかりやすく説明されています。
そのため、化学の分野から疎遠である一般の方にもこの発見の素晴らしさが伝わりやすく、田中氏のお人柄にも触れることができる内容になっています。

「数字に弱いあなたの驚くほど危険な生活/病院や裁判で統計にだまされないために」

「数字に弱いあなたの驚くほど危険な生活
/病院や裁判で統計にだまされないために」

 ◇ケルト・ギーゲレンツァー/著 吉田 利子/訳
 ◇早川書房
 ◇1.900円(本体)


身近に毎日耳にするものとして「降水確率」があります。
一定の地域に、100レベルのうち、強さで雨が降る。
雨が降りつづける。
降水確率とは、天気図のもと、気温、風、雨などの気象現象が起きた場合、確率で雨が降るか降らないかを示したものです。
降水確率なら、同じ天気のもと、100回中40回は雨が降るという事です。
「統計」ですが意外に私達は場合が多いとこの著書では語っています。

統計や確率を用いる事で大げさに表現する事もできれば、誤解を招くように表現する事も簡単です。

身の回りの情報が発信者に都合よく歪められているか、損害を被り得るかを明かすと誰もが理解できる形でリスクとコストを伝える方法を提案しています。

この中で繰り返し出てくる言葉に「不確実性」という言葉があります。

不確実性が実験的観察をもとに量的に表現されれば「リスク」と呼ばれるようになります。
この頻度の表現の方法には「相対頻度」「絶対頻度」「自然頻度」があります。
これらがどういう意味合いの数字なのかを解る事で、実際はどうなのか、自分にはどう当てはまるのかという事を判断する材料となるとこの著書では語っています。
不確実性をもとにリスクを推計するツールの使い方を理解する事で、推測にまつわる不確実性を理解できることや、リスクの推計を邪魔しようとして勢力が事に気がつく事ができるわけです。
魔力があります。
身体にいいような気持になります。
人々が、健全な統計的思考を「考える習慣」にするのは容易ではないと言う。
眼目は、数字について考えるのは難しいとあきらめる必要はない、ということだ。
その難しさは克服できるからである。

「幸福なホテル 一流ホテルを創る人間学」

「幸福なホテル 一流ホテルを創る人間学」

 ◇せきねきょうこ/著
 ◇光文社
 ◇838円(本体)

最近少し疲れているかな、と思ったときに私はたまたまこの本を手に取りまし
た。コンパクトで、美しい写真がふんだんに使われていて、そのまま旅に出た
ような気にさせてくれそうな一冊に見えたからです。和みのための一冊だと
勝手に決め込んで、私はこの本を自宅に持ち帰りました。

著者のせきねきょうこさんは、日本を含める世界のホテルについて語るジャー
ナリストで、特に『環境』『人』そして『スパ』に焦点をあてている方のよう
です。

著者紹介やまえがき部分を読んでいるうちに、ただのガイドブック、そう軽く
見ていた自分の間違いに、私は自ずと気がつきました。

そして読み進めていくうちに、ここ近年、良く耳にする「ホスピタリティ」と
いう言葉の真髄や、そしてそれがホテルだけでなく、さまざまな場所や場面で
の人に対する心の持ちようにも通ずるとても大切なことなのだと、気付かされ
ました。

一流のホテルを作り出すのはその施設や外観だけでなく,当然のことながら一流
のスタッフと、それをわかっている一流の客です。

どんなに素晴らしい建物であろうと、中で動いている人間たちがつまらなけれ
ばだめですし、ちょっと粗末なホテルでも心の通った温かいもてなしの精神が
宿っていれば、客は間違いなくリピーターになるでしょう。

しかし、その一流のホスピタリティを身に付けた従業員というのは、一体どん
な人たちなのか、想像するのはちょっと難しいと思いませんか? 

けれど、この本の中には脱帽の思いにかられるそういう類の人たちが満載です。
著者の言葉を借りるなら、皆、生まれながらにして、ホスピタリティ業に選ば
れてきた人、と感じる人ばかりなのです。

そしてそれはゲストに対するホテルマンとしてではなく、時にはスタッフに対
する社長や上司たちの心でもあります。
彼らは皆、判で押したように「人に喜んでもらうことが自分の幸せ」と言うそ
うです。

そこで私はふと考えてしまいました。
ここしばらく、自分がそんなことを思ったことがあっただろうか、と。
家庭で、職場で、友人とのつきあいの中で。

ホスピタリティの真髄とか、奉仕の精神などと深く難しいことを述べるつもり
はありません。

私の脳裏をよぎったのは、もっと簡単で親しみやすいことです。
思いやり、そして優しさなど、そういう普通のことです。

多忙な毎日に追われて、つい気持ちがぎすぎすしてしまい、人間は人のことが
見えなくなります。ということは、他人に気を配れなくなった自分が見えなく
なっているということです。

それはとても危険で不幸せなことです。

一流のホテルマンたちは、皆、ゲストに優しく、快適に過ごしてもらいたいと
思いやることで、自然と自分にも豊かな気持ちや感動を得ることができると知
っているような気がします。

環境を大切にしながら、ホテルを共存させてくれている自然や野生に対しても
謙虚です。それは自分たちを良く知っているということだと、私は思います。

そして彼らはとても柔軟なのです。

一流だからといって完璧などではなく、非常に人間的だと感じました。無駄な
プライドを振りかざしたりもせずに、必要であるなら変化も厭いません。
常に、基準は相手の心地良さにあるのです。

私はそこまで追究せよと自分にも人にも課するつもりはありませんが、何か忘
れていた大切な気持ちを思い出すきっかけになったような気がしました。

自分ひとりで生きているわけでも、単独で仕事を進められているわけでもあり
ません。絶対に人と関わらずして生きてはいけないのです。

人に喜んでもらえるようにと思いやりや対応する心を持つことで、公私共に人
間関係もひいては社会もきっと良くなる、と、私は読後に強く感じました。

仕事や人間関係に疲れて、自分は今、何かが見えていないと思う方がいらっし
ゃるなら、この本の中に登場するホテルマン・ホテルウーマンたちの暖かさに
触れてみることを、私はお薦めします。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。