本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

億万長者だけが知っている雨の日の傘の借り方

「億万長者だけが知っている雨の日の傘の借り方」

 ◇オーレン・ロース/著 大楽 祐二/訳 
 ◇講談社
 ◇1.700円(本体)


お金持ちはスイスの銀行にお金を預けるのか。
騙されるんじゃないかとか言葉がわからないからと敬遠していまいます。
どの国にもありえないのならできるだけの危険を避けるため分散して預けるのも一つの方法です。
キツネに病気にしれません。
事を防ぐ為に一部を違う土地や、人に預けて大きくなって卵を生んでそれが「ひよこ」に孵ったら、一部を返してもらうという考え方です。
国だけにお金を預けていると海外のように急な預金封鎖や、アクシデントがあった場合に全く身動きが取れない状態になってしまいます。
どんなに国内に貯金や土地を所持していてもその国が戦争やその他のアクシデントで価値が暴落する事もありえます。
著者によると、国の借金が700兆円にも国はために国民を切り捨てるか、それをで衰退の道を歩む二者択一を迫られるといいます。
その中で我々にとっては、複数の国家の「よい制度」を組み合わせて、運命と運命を切り離すことが重要であるといっています。


本書はおり、第1部の「どんな時代でも豊かに生きる知恵」では、金持ちの例をあげるなど金持ちの投資哲学が述べられています。
第2部の「明日からできる実践・海外個人投資」では、タックスヘイブン、始まり、具体的な運用方法が解説されているため自分でもできそうな気がします。


国際的コンサルティングの経験豊富な著者が説く投資哲学や方法は、日本人では持ち得ない知識であり、啓蒙的な感じすらします。
どの国でも投資や資産を守る方法を授業とすることは少ないと著者は語っています。
あなたもこれを読んでスイスの銀行に口座を開いてみませんか。
スポンサーサイト

常識力@検定.com2

「常識力@検定.com2」

 ◇日本常識力検定協会/監修 
 ◇講談社
 ◇850円(本体)


あなたの常識力、気になりませんか?                           

気軽に常識力をチェックできるうえ、勉強にもなるという優れ一冊です。
その日本常識力検定協会が行ってい検定試験が、日本常識力検定です。
その検定の過去の試験問題が、精選されて208問、掲載されています。


例題として、2級問題から一問だけ帯に掲載されているのですが、ような問題です。
日和あり  2.
家宝は寝て待て  3.
不養生

これは「常識検定」では「常識力検定」です。

人が社会の中で生きていくにあたって、程度足並みをそろえたり、ために力というわけです。

本書の中にあるコラムにも書かれていますが、常識は全て不変のものではなく時代の流れとともに変化するものもあるのです。
その好例として本書のコラム中に扱われているのは、ノーベル化学賞を受賞した白川秀樹博士が生成した「電気を通す特殊なプラスチック」のことです。
常識は適度に取り入れてければ、時代に取り残されているようだとか、会話に追いつけないとか、さっぱり意味がわからないなど、生活の中でずれや不便を感じることが増えるでしょう。
常識を養うことほど手探りの勉強方法もなく、その現状の中で、本書は柔軟で豊かな常識力を養うツールとしてお薦めです。

前著で問い合わせが多かったらしく、検定試験についてのガイドが掲載されています。

それによると日本常識力検定協会は、日本人が真の常識人・国際人にほしいという願いを込めて誕生したそうです。
ハガキもついていますので、興味のある方は受けてみられるのも良いでしょう。

老いは生のさなかにあり

「老いは生のさなかにあり」

 ◇津本陽/著
 ◇幻冬舎
 ◇1,600円(本体価格)


           【 老 境 力 】
                      


紀州・太地村を舞台に、鯨を追う勇敢な漁師達の愛と生死をリアリ ティ豊かに描いた第79回直木賞受賞作品「深重の海」が有名ですが実際に起こった日本史上最大の知能犯罪を鋭く総理大臣を歴任した高橋是清の生涯を綴った「生を踏んで恐れず—高橋是清の生涯—」など史実や人物を取り上げ、手堅く綿密に描ききるその描写力も氏の作品の魅力であると思います。
武道に精通した氏らしく柳生石舟斎や行は非常に力のこもった描写となっており、特に章では体力が壮年から七十歳ぐらいまでほとんど衰えなかったことを鍛錬法や体験を交えて解説し、人となり、薩摩隼人としての気質を彼の末裔である東郷重政氏や交流を通じ語っています。
松下幸之助の章では、葬儀に遺族へ弔電「全世界の人々にインスピレーション(霊感)を与える人」という表記から始まり、丁稚奉公時代の話を描き、そして松下幸之助の「もし雨がふっても、自分は絶対傘をささないんだと、意地を張って歩き出せば、たちまちずぶ濡れに
なってしまう。所詮は自然の理にかなわない。かなわなければ従うほかないで
すな。…(中略)…雨の中をかさもささずに歩くような考え方をしたり、不自
然な行動をとったりする。そこから、いろいろなまちがいがおこってくるんで
すな」という言葉を通して見る彼の人生哲学を語っています。
松下幸之助の長女幸子や夫松下正治さんの話を交え、推測や憶測の上にたつ虚像としての松下幸之助では実際に存在した松下幸之助として生々しく描いているところも読み手として人物を身近に感じることができるでしょう。

日本語が話せれば 英語は話せる

「日本語が話せれば 英語は話せる」

 ◇船城 道雄/著
 ◇学習研究社
 ◇1.300円(本体価格)


日本語思考で英語を手に入れるコツは、単語のカルガモ方式に慣れることです。
                      

ビジネスマンにとって、転職・昇給は課題でしょう。中でもビジネスマンの方に最近必須のキャリアとして英語があげられています。
頃に苦しめられた英語、いまさら勉強するのは・・・。
あまりすべらないため英語が上達しないといわれています。
その方法は?というとカルガモ方式という方法でイラストと色分けで詳しく説明されています。
単語をカード形式にして日本語にも該当するような単語をあてます。

『あゆみは1万円で友達に指輪を売った。』という文章は
「あゆみは」 3「1万円で」 2「友達に」 1「指輪を」 動詞「売った」
という日本語の文は英文だと
『Ayumi sold the ring to her friend for ¥10.000.』
「Ayumi」動詞「sold」1「the ring 」2「to her friend 」3「for ¥10.000.」
という形になります。

「あゆみ」という主語のあとは動詞が先にくるか、後にくるか?それ以外はすべて321という日本語のカードの順番を123に変えることで英語文として成立するのです。
頃、あれだけ文法がこれだけでクリアです。

英語の場合は主語の直後に動詞、そして動詞に関係の深い言葉をつなげていく事が大事といっています。
この方式が解ればまず難関はクリアです。
英語から離れていたビジネスマンが、無理なく英語に戻るための第一歩と楽しめる、そんな一冊です。

戦うリーダーのための決断学

「戦うリーダーのための決断学」

 ◇小和田哲男/著
 ◇PHP研究所
 ◇1,500円(本体価格)


生死を賭けた戦国の覇者たちから、真のリーダーとしての決断学を学びます                      
明け暮れた過酷な時代が、昨今平和ボケなどと言われるこの日本にもありました。
戦乱の中で一生を遂げた戦国武将たちの帝王学決断学が書かれた一冊です。

登場するのは織田信長、伊達政宗、羽柴秀吉、毛利元就、徳川家康、武田信玄など、錚錚たる顔ぶれで、ビジネスマンはもとより歴史がお好きな方にもお薦めです。
事例の中に、為すべきこと、姿を学びます。

彼らは迷いを断ち切り、何を基準に意を決したのか、本書ではそれらを史実と絡めながら具体的に伝えています。
決断その5 危機を好機に変える力決断その6 撤退を怖れるな決断その7 継承してこそ価値がある 各章に、見事な采配や決断によって成功例が多く載っているのは言うまでもありません。

これ、知ってました? 集客にお金はかからないのです

「これ、知ってました? 集客にお金はかからないのです」

 ◇藤村正宏/著
 ◇イーストプレス
 ◇1.300円(本体価格)

Experience marketingでお店が劇的にかわる。
そんなことが実際にあるんです。
                      

毎日マーケティングに悩まされている人もいるかもしれません。
藤村氏といえばこれまでにも『「せまく」売れ!「高く」売れ!「価値」で売れ! Experience marketing 満腹な消費者が喜んで財布の口を開ける商品戦略・サービス戦略』や『劇的(ドラマティック)」に「色」で売れ! エクスペリエンス・マーケティングで視線を釘付けにする。

チェーン店の中で売上の店を任された風間はどうにかして売上を上げたいと思います。
POPをトミーさんの話は?ということを話します。
「400万画素」といわれても消費者にはかもしれません。
頭を作りあなたもお店の売上をグンを上げてみませんか?

戦うリーダーのための決断学

「戦うリーダーのための決断学」

 ◇小和田哲男/著
 ◇PHP研究所
 ◇1,500円(本体価格)


生死を賭けた戦国の覇者たちから、真のリーダーとしての決断学を学びます                      
──戦い、勝ち続けること。
明け暮れた過酷な時代が、昨今平和ボケなどと言われるこの日本にもありました。
そのリーダーたちを、戦国武将と言います。
戦乱の中で一生を遂げた戦国武将たちの帝王学決断学が書かれた一冊です。

登場するのは織田信長、伊達政宗、羽柴秀吉、毛利元就、徳川家康、武田信玄など、錚錚たる顔ぶれで、ビジネスマンはもとより歴史がお好きな方にもお薦めです。
事例の中に、真のリーダーの為すべきこと、姿を学びます。

戦国武将たちは、生きるか死ぬかという窮地で、究極の選択を迫られ続け、戦国の世を生き延びていきました。

彼らは迷いを断ち切り、何を基準に意を決したのか、本書ではそれらを史実と絡めながら具体的に伝えています。
決断その1 すべてはトップで決まる決断その2 いまこそ人事に集中せよ決断その3 情報の選択を誤るな決断その4 覚悟を決めろ決断その5 危機を好機に変える力決断その6 撤退を怖れるな決断その7 継承してこそ価値がある
各章に、見事な采配や決断によって成功例が多く載っているのは言うまでもありません。
武将たちにはその原因となった共通の何かがあることにも気付くことで、鼓舞されるだけに終わらず、違う角度から帝王学を知ってほしいという意図によるものです。

リーダーとして戦い、励んでいらっしゃる方にこれからその道を歩もうとしている方に、本書を傍らに置かれることをお薦めします。

これ、知ってました? 集客にお金はかからないのです

「これ、知ってました? 集客にお金はかからないのです」

 ◇藤村正宏/著
 ◇イーストプレス
 ◇1.300円(本体価格)

Experience marketingでお店が劇的にかわる。
そんなことが実際にあるんです。
                      

突然グループ会社の店舗へ出向。その店はグループ内で最低の売上のお店だったとしたら・・・。

仕事をする上で「マーケティング」という言葉が身近に感じられる人は大変多いはずです。
毎日マーケティングに悩まされている人もいるかもしれません。

著者の藤村氏といえばこれまでにも『「せまく」売れ!「高く」売れ!「価値」で売れ! Experience marketing 満腹な消費者が喜ん
で財布の口を開ける商品戦略・サービス戦略』や『劇的(ドラマティック)」に「色」で売れ! エクスペリエンス・マーケティングでお客の視線を釘付けにする。

チェーン店の中で最低の売上の店を任された風間はどうにかして売上を上げたいと思います。

彼が師と仰ぐトミーさんは驚くような方法で売上の為の行動を彼に教えます。

「パーソナルノスタルジー」を刺激するとテーミングをはっきりとさせることなど今までは誰も教えてくれなかった、そしてコストのかからない方法が満載です。
お店でも使っているPOPをトミーさんの話は購入する人に何をつたえるものがPOPな?ということを話します。
普通に「シルク100%」や「400万画素」といわれても一般の消費者にはかもしれません。

柔軟な、頭を作りあなたもお店の売上をグンを上げてみませんか?

星野仙一の悪を活かす人づくり

「星野仙一の悪を活かす人づくり」

 ◇永谷脩/著
 ◇二見書房
 ◇1,500円(本体価格)


タイトルにもありますが、「悪」という言葉は聞こえが悪く、人を騙したり傷つけたりすることや、犯罪の類を思い起こしてしまいがちですがここで言う「悪」は違います。
波風を立てず平和的に物事を進めることを善とする傾向がありす。
偽善を妥協を捨て、時には揺さぶりをかけ、非情に徹する冷徹さをもって行うこと──それがこのタイトルで述べる「悪」です。

本書は序章「『ダメ虎』はいかにして再生されたのか」で六章から構成されています。
活性化は「血の入れ替え」から始まる第二章 危機に強い組織づくり人づくり第三章 最強の敵を叩くことで士気を高揚させる第四章 自分の色に個性を活かす第五章 中日時代若き猛将の人使い術第六章 競争原理の応用で人を変え組織を再生
──あえて波紋を広げ刺激を与え組織を揺さぶることで活性化を図る。
勝つことだけを主軸にとらえた、星野監督の硬質なポリシーが見えるそのやり方は、非常にストイックで計算高いです。
熱血派・体育会系・闘将などというイメージはありません。
思い切りが厳しいやり方です。
敵も作り出し多くの不穏な視線も浴びるのは必至です。
星野監督は、それを実行しました。
団塊世代はニューリーダーの突き上げやリストラにあい、存在感を失い元気を失っている状態だと言われています。
頑張りがその「団塊の世代」に勇気と元気を与えてくれ「オレたちも頑張ろう。頑張れば何でもできる」と思わせてくれたことを感謝したいと著者はあとがきに記しています。
リーダーとして組織づくりに勤しんでいらっしゃる方そして「団塊の世代」と呼ばれる方々に、一読をお薦めします。

モノを売るにはコツがある

「モノを売るにはコツがある」

 ◇唐津一/著
 ◇中央公論新社
 ◇1,400円(本体価格)



唐津氏が相談に乗った企業の実例から始まり、日本経済の根本へ迫って行く流れは、唐津氏独自の文章体であっと言う間に読了ができ、読んで置いて損はなし。
不況下でここまで言い切ってしまう根拠は?いくつもの企業を、その売上を伸ばして来た唐津氏の実体験と実例が、章では紹介されています。
流行に乗った店や秘密を解き明かす実例と統計、経験を積み重ねてきた唐津氏だからこその言葉と自信に納得。
商店街、それらを見つめれば自ずと現れるのは誤った政策、先進国の中で日本だけが異常に高い公共事業費などと言った、政策の矛盾と批判を上げています。
章で売り上げ向上の実例を上げ販売の極意を語った後、二章で展望を述べる唐津氏の一冊。
解説される数々の流れは、さすが長年に渡り経済を見つめて体験して来た唐津氏ならでは。
鞄に忍ばせ朝の通勤の友にされてはいかがでしょうか?
2001年に多大な貢献を認められ勲三等瑞宝章を受章した唐津氏、不況、不況と喘ぐ今だからこそ、本当の「流行るもの」を見極める目を、「販売」とは何かを、知ってみることをお薦めします。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。