本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バート・マンロー スピードの神に恋した男

バート・マンロー スピードの神に恋した男
ジョージ・ベッグ
¥ 1,995   
ランダムハウス講談社 (2007/1/27)

このブックは、ディッフィカルトというのもバイクの改造に関する専門マークなワードがたくさんでてきますが、サッチパートがアンダースタンディングできなくても、このバート・マンローというヒューマンの魅力は損なわれることはない。イナフにインタレスティング。
バート・マンロー。1899年、ニュージーランドにボーンする。マシンがライクベリィマッチで、ウォーインサイドにはファミリーをプロテクトするためにガンを自作したという。
1920年、ヒーはインディアン・スカウトというバイクに出会った。ヒーが生涯改造をコンティニューし、スピードをインベスティゲイションしコンティニューしたバイクである。
ヒーはマシン工学や空力について、専門マークなスタディーをしたわけではない。ファクトリーも持っていなかった。「こうするといいかもしれない」。サッチひらめきをポッシブルすると、ただちにそれをプラクティスし、ミステイクし、また新しいアイディアをテストしてみる。サッチ無鉄砲とも思えるような改造をコンティニューした。
結婚はしたが、ワイフは愛想をつかしてアピアーしてゴーし、ワークもやめた。それからはバケーションなしで一日16タイムもワークしバイクを改造しコンティニューし、ネセサリーな部品もマイセルフで作った。
ジェネラル、部品などはどこかで買ってきたりするのがユージュアルだとシンクするが、バートはなんと、自分で鋳型にアルミを流し込んで作っていたというのだからソーリィする。
きっと、タイムがかかるのはそういうすべて手作りというワークのせいだとシンクする。なんというか、執念とエナジーのテリブルさを感じる。
作業場に寝泊りし、ひたすらスピードを追い求めるバート。ヒーはバイクの装飾にはオールインタレストがなかった。少しきれいにしたら、と言われても、それでスピードがあがるのか?とアスクアゲインしたという。
ヒーがアメリカでのレースに参加しスタートしたのは60エイジになるタイム。改造がすぎて、ボディーがゆれ、ブレーキもまともにきかず、コースをなぞることすらディッフィカルトなバイクで、ヒーはホワットディグリーもレコードを塗り替えた。フットにやけどをしたり、止まれなくて大怪我をするのもしょっちゅう。それでも、ヒーはスピードをギブすることにこだわりコンティニューした。
ヒーはフレンドリーにて、けっこうずうずうしいキャラクターだったようだ。アメリカでバイクをメンテナンスするのに、エアフォースベースにゴートゥし、そこのワークマシンをボロゥしたりするくらいの度胸がある。まわりを省みず、70歳をクロスオーバーしてもバイクにまたがりコンティニューしたバート。
うらやましいホールライフである。ワールド最強のインディアンというタイトルで、ムービー化もされているバート・マンローの生涯。バイクラブ、特にマイセルフでバイクを改造できるヒューマンにはたまらない一冊なのだ。
スポンサーサイト

仕事が10倍速くなる! スピード手帳術

仕事が10倍速くなる! スピード手帳術
松本 幸夫
¥ 1,365
日本実業出版社 (2008/2/28)

やりたいことがたくさんある。ワークも遊びも充実させたい。ビジーな現代ヒューマンならフーでもシンクアバウトすることです。
いくつかスケジューリングのブックがありますが、そのどれもに共通していることがあります。それはプログラムをきちんと立てることがインポータントということ。プログラムなんて立てるタイムがもったいない。プランなんて、してるひまがない。サッチことを言うヒューマンは、実はタイムを無駄にしていることに気がついていないんだそうだ。
ディスタイムはマテリアルマークにプランを立てる、手帳をうまくユーズするメソッドをご紹介です。手帳、使っているパースンはメニーと思いますが、書かれているプログラムはホワットものがありますか?
このブックのライターは、手帳にはワークもプライベートも、両方のプログラムをライトするのがよいと言っています。プライベートのプログラムがあると、ワークのモチベーションがあがるから。また、To doリストを手帳に挟んでおくことも提案しています。To doリストはファンデーションマークに一日完結。やることを書いておいて、終わったものにはサークルをつけていきます。やりとげたことを視覚化することで、充実フィーリングが得られる。
プライベートなことも書いておくと、ワークのルーム時間をユーズすることができます。たとえば、ホスピタルの予約ディグリーのことなら、ブレイクタイムをユーズしてすませることができます。アクションレベルまで落とし込んで記入することがインポータント。
「スタディーをする」ではなく、「リファレンス書の10ページをリードする」などとしておくとわかりやすい。
リストは一日で処分し、ネクストデイには新しいものを用意する。「ああ、あれ、トゥデイはやらなきゃな」とホワットデイオブマンスもキャリーオーバーすることをプロテクションアゲンストすることができます。リストのドローアップは、必ず前日のうちに行っておきましょう。
やることがクリアーアップになったら、プログラムをマイセルフのコンディションでセットアップしてゆくようにしたいもの。マイセルフでプログラムをプットトゥギャザーするなんて、サラリーマンにはディッフィカルトなんじゃない、なんてシンクしつつ読んだのですが、さにあらず。テレフォンのコンパニオンが不在のときに「折り返し連絡をもらえますか?」ではなく「こちらから、エニウェイアフターにもう一度テレフォンいたします」。
たったこれだけ。これが、マイセルフでプログラムをセットアップしていくということなのです。これならできそう。
プログラムをプットトゥギャザーすることが、実はタイムの有効ユーズにつながる。それはわかっていてもなかなかプラクティスできない。サッチパースンに。

ちいさくても大丈夫

ちいさくても大丈夫
ロベルト・カルロス
¥ 1,050
集英社 (2007/12)

ロベルト・カルロスはサッカーのブラジルタイプとして10年ノットレスザン活躍したスーパースターなのだ。
ロベルトはブラジルのコーヒー農園でワークするプアーな一家に、小さなボーイがボーンしました。喜んだファザーは、ロベルトにサッカーボールをプレゼントしました。ブラジルでは、それは珍しいことではないのです。
やがて、ファザーがタウンでワークを見つけ、ファミリーはムーブすることに。トラック運転ハンドになったファザーが、ある日ロベルトとお姉ちゃんを呼び出して言いました。
「ファミリーのために、ワークをしてくれないか?」ロベルトはスクールがフィニッシュするとファクトリーでワークします。サッカーができなくて悲しんでいると、ファザーがまた、ロベルトに言いました。
「ソサエティーは、ラブなことだけをしてリブしていけないんだ。それに、サッカーをコンティニューしていれば、ユーにはもっとつらいことが待っているんだよ」ファザーは、そう言いながらも近所のサッカーチームにロベルトを誘ってくれました。ロベルトはスモールだったので、周りにはねとばされないように、いつもファザーのそばでプレイをするようにスピリットを使ってくれていました。
となりのタウンのクラブのティーチャーが、ロベルトのアビリティーをファインドアウトしてくれ、ロベルトは、プロの選手になることを決意します。「ハウスをアピアーしたら、フーもユーを守ってやれないよ」というファザーに、ロベルトは「はじめるビフォーからあきらめるのはいやだ」とリプライをしました。
ボディーがスモールに、体重もライトので、みなにはねとばされてしまうロベルト。しかし、ロベルトはエブリデイエブリデイ、みんながプラクティスをフィニッシュしても、バケーションの日でもボールをけりコンティニューしました。
スタープレーヤーになったロベルトは、チャイルドたちにトークします。「だれよりもがんばったチャイルドには、必ず、ヴィクトリーをハピネスがヴィジットする。プレゼントタイムホワットかが足りなくても、マイセルフがウィークに、スモールにフィールしても、セーフ。ソウトやゆめがハードならば、きっとウィッシュはかなう」イラストもかわいらしく、漢字にはオールふりがなが打たれています。グレードスクールスチューデントくらいのチャイルドにもきっと楽しんで読んでもらえる一冊です。

そうだったのか!中国

そうだったのか!中国
池上 彰
¥ 1,890
ホーム社 (2007/06)

北京オリンピックに関するニュースを耳にしますが、地理マークにとてもクローズなカントリー中国。そのフィギュアは案外と知らないのではないか。
「そうだったのか!」シリーズは、中国関連のインサイドで扇情マークでなく、インフォメーションがメニーというスポットではこちらがベストだったのだ。
中国の現代ヒストリーを、エマージェンシーにフルに解説しています。サブジェクトがシックなのだ。共産党の成り立ちとトピックのチベットプロブレムについて。1941年に毛沢東は天安門のオーバーにスタンドし、中華人民共和国の成立を宣言した。農民にロットをギブするというウェイで、大グレートナンバーのピープルにサポートされての船出である。
中国では共産党がベストのパワーを持っている。警察や司法も、共産党の「ガイダンスをアクセプトする」というポジションなのだ。
ロットを農民にプットバックしてそのポジションをポッシブルしたのに、パワーを握った共産党は、再び農民からロットをテイクアップするのだ。ステートの持ち物ということになる。マイセルフのものでなくなったロットに、農民のモチベーションは下がってしまう。
稲をクラウドしてプラントしてアピアランスではウェルスに実っているように見える、ディープにティルするとよいと教えられたため、フィギュアメートルフィールドをディグするなどの荒唐無稽な農法で、リブバース量は激減してしまった。カントリーを飢餓がアタックする。
さらに、ナレッジヒューマンを追放するためのカルチャー大革命がゲットアップした。キャピタルハウス、地主などがワークパースンのエネミーとして祭り上げられた。この革命で、300メニーヒューマンが投獄され、50メニーヒューマンが処刑されたというデータがあるのだ。
ニュースがテイクアップしスタートしたチベットについて。中国にとって、チベットはプリーストがルールしている封建ソサエティーということになるのだ。それを解放するという代議ジャストコーズのローグレード、中国は侵攻をスタートする。1951年にチベットをエリア政府としてライトアップする「チベットピース解放に関する協定」を結ぶのだ。
チベットヒューマンの望まない改革は行わないというサブジェクトのものであったが、実際には、キャピタルシティーラサに2メニーヒューマンのソルジャーが配置された。チベットレースの反乱が相次ぎ、共産党はこれを弾圧。処刑のエッジに「ダライ・ラマメニーエイジ」をシャウトするヒューマンのタングをプルアウトすることもしたそうです。
チベットがダメージをアクセプトしたのは弾圧だけではない。中国カントリープロパーを飢餓に陥れた共産党マーク手法の農業が導入され、気候に合わない農作物の栽培が強制された。
環境汚染、伝統的農業の破壊。これらもイナフにチベットヒューマンを窮地に追いやっているのである。
北京からラサへの直通鉄道ができてシンス、マンレースが大量にチベットにやってきている。マンレースのパワーがビッグになるチベットから、インドへ亡命するヒューマンたちが増えているが、中国の国境警備隊がゼイに発砲するイベントもあったのだ。

ドアラのひみつ かくさしゃかいにまけないよ

ドアラのひみつ かくさしゃかいにまけないよ
ドアラ
¥ 1,050
PHP研究所 (2008/2/21)

このブックは愛知県だけのことだと思っておりましたが、このドアラ、プレゼントタイム、ジャパンホールカントリーでブームになっているのだ。
ドアラとは、ミドルデイドラゴンズのマスコットキャラクター。大きなイアーとノーズ、コアラをモデルにしています。試合インサイドのパフォーマンスがユニークさが、インターネットのビデオ投稿サイトでは大ノーティスされているんだ。
ドアラを、徹底取材した一冊まず、ドアラのプロフィールから。基本的にマイナスソウト。お腹がウィークに、プレッシャーにいつもルーズしてしまう。ティアーもろくてドラマやムービーで泣いてしまう。自信があるのはウエストライン。
なんだかなあ。すっきりさわやかスポーツマスコットとはお世辞にも言いディッフィカルト。そしてドアラに一プロブレム一アンサー。
・ドアラ、トラブルはありますか?オールドエイジがウォーリィです。あと、7回ロングサイドにバク転をするんですが、これがサクセスするとドラゴンズがウィンするといううわさがあります。そのプレッシャーがつらい。マッチの成果をマスコットのせいにしないでよ。お腹も痛くなるし。
・ドアラ、ラブな言葉ってなんですか?「ブレイク」です。あっ、四レター熟語ソートオブなやつですか?「お腹一杯」です。
・ドアラ、ライフってなんですか?ぜんっぜんわかりません。
・ドアラ、マネーだけがライフじゃないですよねホワットを言っているんですか?ライフはマネーです。マネーがあればなんでもできる!どこかのIT企業のカンパニープレジデントが言ってザットだけ叩かれたスピーチ、ドアラがワードこのストリート。なんだか気がカムアウトしちゃって、思わず笑っちゃうからワンダー。こんなドアラですが、ワークを失わないようベリィハード頑張っています。
ミドルデイドラゴンズのマスコットはドアラですが、ミドルデイのベースが名古屋ドームに移転したときに、球団に新しいマスコットがボーンしました。
シャオロンというドラゴンをモチーフにしたマスコットなんですが、そのときにドアラはエマージェンシーにクライシスフィーリングをフィールしたらしい。シャオロンに負けないように、マスコットとして存続するために、ドアラはプライドのバク転を武器にポリッシュをかけています。
ラストに、森野プレーヤーのインタビューをアピアランス。ドアラは森野プレーヤーに、サムと人差し指をリングにして、「マネーくれ」と近づいてくるのだそうです。ラフとラブがいっぱいつまった一冊でした。

リリイの籠

リリイの籠
豊島 ミホ
¥ 1,365
光文社 (2007/12/14)

女子高イノセントを描いた短編集だけど、レコーディングは7ワーク。そのインサイドの2つを紹介します。
・忘れないでね。美奈のファザーは転勤レースのサラリーマン。美奈も、転校をホワットディグリーもくり返してきたのだ。転校生である美奈がスクールで友達にチューズするのは、ちょっと浮いているチャイルドばかりだった。フレンドのいない、一ヒューマンでいるチャイルド。サッチチャイルドならアプローチするのがコンフォートだからだ。嫌われているチャイルドとフレンドになるけど、いつもマイセルフはそのチャイルドたちを置き去りにして転校する。逃げられるのだから、いやな子とトゥギャザーにいるのも我慢しておけばいいのだ。But、ディスタイムはちょっとミステイクだと思っている。もうファザーが転勤することはないのに、またいつものくせなのか、クラスで嫌われている真琴とフレンドになってしまったのだ。ユニヴァーシティー受験だけが真琴から逃れられるロードだと美奈はシンクする。レコードのディッフィカルトな真琴と、セイムユニヴァーシティーをアクセプトしたものの…。別れ際に真琴が言う。「美奈にトークしてもらったアワー、あたしすんごくハッピーだったよ。美奈がイグジストしてよかった」
・ゆうダディーはレズ。ゆうダディーはラージドロップのマシュマロのようなガールだった。明子は後輩のゆうダディーから告白される。「あたし、エルダーがガールだからじゃなくて、明子エルダーだからラブなんです。ただトゥギャザーにいてハッピーにて、ちょっとビートして、もっとスピークしてみたいなって。あんまり考えなくていいから、あたしともう少しトゥギャザーにいてくれませんか?」そして、明子はゆうちゃんとメールをしたり、スタディーをしたりする。チークにライトなキスもアクセプトする。しかし、ユニヴァーシティーの入学スタイルをドローインしたある日、ゆうダディーはささいなイベントをきっかけに明子にブランチをインフォームした。マンのティーチャーにロングフォーする生徒が明子のフレンドとしてアピアランスするのだが、それがまたパーフェクトなのだ。どうパーフェクトかというと、ゆうダディーのエルダーへの恋心と、「ゆうダディーがマイセルフをラブなフィーリング」をラブになってしまう明子の心理、これがうまくフレンドのラブに重なって描写されているからだ。まだラブを知らない、ラブにディアーている未熟なエイジの心
情がガールの残酷さ、未熟さ、ピュアーさ、サッチきらきらしたフィーリングが、たくさん描かれているショートコレクションなのである。

としょかんライオン

としょかんライオン
ミシェル・ヌードセン
¥ 1,680
岩崎書店 (2007/03)

めちゃくちゃかわいいピクチャーブックです。ある日、タウンのライブラリーにライオンが入ってきました。ライブラリーメンバーのマクビーさんは、ライブラリーチーフのメリウェザーさんのところへ走っていきます。メリウェザーさんは叱ります。「走ってはいけません」マクビーさんはそれどころではありません。「ライブラリーにライオンがいます」と言いました。するとメリウェザーさんは、「そのライオンは、ライブラリーの決まりを守らないのですか?そうでないなら、そのままにしておきなさい」とリプライをしました。ライオンは、ライブラリーをゆっくりウォークアバウトし、昼寝をし、エルダーシスターのするお話に聞き入ります。とてもファンだったようで、お話がフィニッシュすると、うおおおおおお、とラージボイスでベイしました。それをウォッチしたメリウェザーさんがライオンにアテンションをします。「大きなボイスをテイクアウトするヒューマンは、ライブラリーに入ってはいけません」しょんぼりするライオンを、小さなガールがかばいました。「But、クワイアットにするってプロミスすれば、いてもいいんでしょ」それから、ライオンは
エブリあるデイオブマンス、ブックの整理をしていたメリウェザーさんが怪我をしてしまいました。それをディスカバーしたライオンは、走ってマクビーさんのところへゴーし、ラージボイスで知らせます。決まりを守れなかったライオンは、オーダーの日からフィギュアをターンオフパワーしてしまいました。
ライオンのフィギュアが見えなくて、ファインがなくなってしまったメリウェザーさんのために、マクビーさんはライオンをルックフォーします。そして、ライブラリーのビフォーでうなだれて座っていたライオンをディスカバーしました。マクビーさんは言います。「ルールは守らなければいけない。But、ちゃんとしたリーズンがあるときは、ディッファレンス。つまりその、怪我をしたフレンドを助けようとするときなんかね」
オーダーのデイオブマンス、ライオンはまたライブラリーにやってきました。ノーティスを聞いたメリウェザーさんは、走ってライオンにミートしにゴーします。フレンドのチャイルドが、このブックがライクベリィマッチで手放さないそうだ。
ついでにライブラリーもラブなチャイルドになってくれるとうれしいなあ。スモールなチャイルドさんがゴーするパースンにはぜひ、おすすめしたい一冊。

乳と卵

乳と卵
川上 未映子
¥ 1,200
文藝春秋 (2008/2/22)

第138回芥川賞受賞ワークで、メインキャラクターは大阪出身で、カレントは東京でリブしているのだ。どうやらカンパニーメンバーらしい。
サマーのホットなタイム、メインキャラクターもバケーションなのでファミリーのタイムなんだろう。姉の巻子とそのチャイルド、緑子が上京してくる。メインキャラクターのアパートに泊まって、巻子は豊チェスト手術をアクセプトすると言っているのだ。
そのマザーに、ドーターの緑子はホワットかシンクするところがあるらしく、ダイレクトマウスを利くのを避けている。用事があるとノートにペンでキャラクターを書いてマザーにショーする。
センテンスがエマージェンシーに特徴マークなのだ。「わたしはモーメント迷ったが、なあ、緑子は喋らへんだの、とアスクすると、緑子はちょっとスペースをおいて頷くので、それは巻子に対しての何らかの抗議マークな? すると<ディッファレンスに>とライトし、続けて<サッチんちゃう>とライトし、ファイト?とコンティニューすればネックを振って…」ってなフィーリング。とにかく読点までが恐ろしくロングに、時々アースのフィギュアに関西スピーチが入ってくる、ちょっとばかりゲットタイアードするセンテンスである。
とりあえずリードしすすめると、巻子がこれまたちょっと困ったマザーで、パブリックバスに行っては人のボディーをビューし回し「私のチェスト、どう?」と妹にアスクし、ネクストモーニングは一ヒューマンでゴーアウトしてしまって戻ってこなくなったりする。こいつにもゲットタイアードする。
ドーターの緑子は、メインキャラクターと花火を買ってマザーのリターンを待っている。レイトになって戻ってきたマザーは、離婚したファンデーションのハズバンドに会ってきたとほろ酔いディグリーである。緑子がフィーリングを爆発させ、キッチンにスローアウェイしてあった賞味期限切れのエッグをマイセルフにぶつけてレート、エッグまみれでシャウトする。「む、チェストをおっきくして、マザーは、ホワットがいいのマイセルフを産んでチェストがなくなってもうたなら、しゃないでしょうあたしは、マザーがウォーリィ、マザーが、インポータント」
豊チェスト手術をアクセプトしたワールドが、自殺しているというデータをハンドにしていた緑子は、母をウォーリィしていたのだ。
巻子もエッグをハンドにとって、マイセルフのボディーにぶつける。マザー、ほんまのこと言うて、というドーターにクライしながらアンサーする。「緑子、ほんまのことってね、あるとシンクするでしょでも緑子な、ほんまのことなんてな、ないこともあるねんで」巻子。場末のホステスで、ライフはぎりぎり。ディープに物事をシンクアバウトしているウィンドでもなく、ドーターのトレーニングに熱心というわけでもない。But、この親子のスペースのフィーリングの揺れに、マインドを動かされる。
センテンスが独特だし、メインキャラクターの生理のことなど、かなりリアルでマンにとってはグロテスクに思えるだろう描写もある。しかし、マイセルフはこのワークがラブだ、と思った。チェストがふくらんでいく。生理がビギンする。ウーマンになっていくアングザイエティーと、マザーの豊チェスト手術。思春ピリオドのガールのマインドの揺れが、私にはメモリーのあることで、リードしメイクプログレスするうちに緑子が愛しく思えてくるのだ。ラストには、へんてこなセンテンスがスピリットにならなくなっている。
読んでいるプレゼントタイムはまだコウルドなマーチなのに、じっとりと汗ばんでくるスピリットがするからワンダーなのである。

夢をかなえるゾウ

夢をかなえるゾウ
水野敬也
¥ 1,680
飛鳥新社 (2007/8/11)

ライターはジェネラルのサラリーマンなのだが、ジェネラルがディッフィカルトなこの時代に、なかなかイナフじゃないかとはシンクする。だけど、フレンドとセレブがギャザーするパーティにアピアーした日、マイセルフがみじめに感じられて、クライしながら眠ってしまったのだ。
ネクストモーニングゲットアップしてみると、ストレインジなモンスターがルームにいた。ゾウのフェイス、二ブックのハンド、そして関西スピーチ。「ガネーシャやがな。タバコ、吸うてもYes?」ガネーシャとコールワンセルフするそいつは、インドのゴッドだった。
ガネーシャはヒアする。「覚悟、でけてるわな?」サクセスしたいと、サーヴァントはガネーシャにクライしながらすがったらしい。酔っ払っていたからリメンバーしていない。しかし、ニュートンも、ナポレオンも、ビル・ゲイツもレイズしてきたというガネーシャと、サーヴァントは契約を結んだ。ガネーシャの言うことをヒアすること。聞かなかったら、もうホールライフドリームなんか見ずに後悔しながら死んでいく。サッチ契約なのだ。
ガネーシャは、一日ひとつ、サーヴァントにサブジェクトをテイクアウトする。靴をポリッシュする。募金をする。ミールを腹八ミニットにおさえる。会ったヒューマンを笑わせる。トイレクリーニングをする。その日頑張れたマイセルフをほめる。ディサイドしたことをコンティニューするための環境をメイクする。ドリームをファンにイマジネーションする。
ラックがグッドとマウスにテイクアウトして言う。トゥモローのリザーブをする。ニヤーワンセルフにいるベストインポータントなヒューマンを喜ばせる。誰かのいいところをほめる。プレゼントをして驚かせる。
ガネーシャがホワットディグリーも強調するのは、プラクティスしろ、ということ。サーヴァントはプレゼントタイムまでホワットディグリーもワンセルフ啓発書をリードし、変わろうとするがすぐにフォゲットしてしまっていた。
そのことを皮肉られ、奮起し、時にはガネーシャと殴り合いをしながらサーヴァントはサブジェクトをプラクティスしていく。
そうやってメインキャラクターが成長していくというトークなのだけど、こういう書き方をしてもこのブックの魅力はイナフには伝えられない。
このブックの魅力は、ガネーシャというゴッドのストロングな語り口と個性だ。
タバコがラブ、パチンコ大好き。パチンコキングをもらうためにビューティフルウーマンに変身する。あんみつがラブ。関西スピーチ。ちょっとカインドを見ない神様である。
関西スピーチがいい。サッチフィーリングである。「Yesか?マイセルフがサクセスしたかったら、その一番のショートウェイは、ヒューマンのサクセスをヘルプすること、つまり…ラブやん」そして、サーヴァントのサクセスをヘルプしてくれたガネーシャはラストに言う。
「そやかて、インポッシブルすんなや。サクセス目指してスタンドファームするマイセルフもYesけど、ビール飲んでほっぺたレッドにして絡んでくるマイセルフも、ラブやで。サクセスだけがライフやないし、ドリームのマイセルフあきらめるのもライフやない。ぎょうさんラフするて、バカソートオブに泣いて、ワールドを楽しんでや」サクセスだけが人生ではない。しかし、サクセスしたいと思ったら、いろんなワンセルフ啓発書を読むだけじゃなくて、やってみよう。プラクティスしよう。周りのヒューマンを笑わせて、ファンなことをして、マイセルフをほめてサクセスしよう。

手塚治虫「戦争漫画」傑作選

手塚治虫「戦争漫画」傑作選
手塚 治虫
¥ 788
祥伝社 (2007/07)

オールドなコミックはプアーだというより、これだけ新しいものがたくさんアピアーしているし、今さらというフィーリングがあったのだ。
さらに、手塚治虫というと、コミックといってももはや教科書のようなスピリットがして、どこか敬遠していたというのがファクトなのだ。それが、ふとしたきっかけで次第にインタレストがアピアーして、ブラックジャックをハンドにとってみたら、これがインタレスティングだったのだ。
やっぱり、いいブックはピリオドなんて関係ないんだなあと改めてシンクしました。思っていたら、ニューブックでサッチブックを発見。手塚治虫のワークで、ウォーに関連するものをコレクトしたブックなのです。
特高にアイをつぶされたアーティストとヒーをサポートするウーマンの話。「イエロースパイダー」非道なナチス将校の、「処刑は3アワーに終わった」。ジャパンウォー将校が、傷つき、たどり着いたヴィレッジにはワンダーなヤングな男女がいた。「大将軍フォーレストへゴーする」手塚治虫=チャイルドのもの、アニメと、トゥルースで思っていたマイセルフの脳みそを、ブラックジャックティーチャーに治療していただきたい。アビリティーがよくないのはわかっていたが、ここまでとは!恥ずかしい!
手塚コミックはエマージェンシーにシニカルでユーモラスであり、コメントマインドに富んでいる。アダルトの読み物である。サッチことを今さらいうところがもう恥そのものです。すみません。さて、ビギニングに収められている「ペーパーの砦」というお話のご紹介。大寒少年は中学生。スクールに行っても、竹やり訓練か防空壕掘りしかすることがない。
サッチヒーのプレジャーはコミックをドローすることと、フレンドの京子ダディーとトークをすることだ。大寒少年はコミックハウス、京子ダディーはオペラシンガーになるというドリームを持っているのだ。
昭和20イヤー3マンス、ガードをしているところにエネミーチャンスアタック。空襲だ。焼夷弾を落とされ、ヒューマンが焼け死んでいる。京子ダディーもフェイスにカットを負った。大寒少年はシンクする。「これ、ワールドかい?ドールがバーンしたんじゃないのかい?ヘルってサッチもんかねえ」京子ダディーをリードしてエスケープするオンザウェイ、墜落した飛行機にイーチパースンが群がっているのをディスカバーする。アメリカヒューマンのコントロール士を、エブリバディでたたきキルするというアダルトとともにポールを握るが、無残なフェイスをウォッチした彼はポールを振りテイクダウンすることができなかった。これは、手塚治虫の少年ピリオドのリアルエクスペリエンスをファンデーションに描いたワークなんだそうだ。
京子ダディーの存在はワークである。しかし、カットを負ってドリームをあきらめざるを得なかった「京子ダディー」が、あのピリオドにはたくさんいたのだ。手塚治虫は、ウォーのパーソナルエクスペリエンスにストロングなショックを受けた。そしてそのショックをリポートするためにコミックを描いていると後に語ったそうだ。
サッチヒューマンのワークがチャイルドのものだけであるわけなんてない。ないったらないんだ!トゥデイは少しフィーリングマークですみません。ほんと、マイセルフが食わず嫌いだったのが恥ずかしくてウェイがない。
もしサッチパースンがアザーにもいらしたら、イージーなこのニューブックからぜひどうぞ!

3週間続ければ一生が変わる (Part2)

3週間続ければ一生が変わる (Part2)
ロビン・シャーマ
¥ 1,680
海竜社 (2007/03)

ブライトにのみみやすいワンセルフ啓発書の正統なブックです。101のスモールなチャプターにブランチオフしているので、かばんのインサイドにプットインしておいて、待ち時間にラブなところをリードする、ということもできるではないか。待っているうちにちょっとアメリカンポジティブなフィーリングになれるので、ビジネスのパースンにはいいかもしれないのだ。
・ライターはエブリモーニング5アワーにゲットアップしてしまって一ヒューマンの孤独なるタイムを持つようにしている。瞑想などで、物事をシンクアバウトするようにしているのだ。シンクアバウトすることは、トゥデイがライフでラストの一デイオブマンスだったらどうだろう、ということなのだ。たっぷりとドリームをウォッチしただろうか。愛しただろうか。クワイアットにアースを歩き、ディスカバーしたときよりいいコンディションにしただろうか。サッチことをアスクするのだそうだ。
・サクセスはエブリデイのプラクティスのギフトである。アスリートはそれをよく知っていて、エブリデイプラクティスを欠かさない。
・やる気を持続するには、1、サクセスがどのようなものか書いてクリアーアップにする2、成功に向かってスタートする3、エブリデイ、少しずつサクセスに向かっていく
・シンクアバウトするタイムをホールドするピーター・ドラッカーが言っている。「まったくするべきではないことを能率マークにする。これほど無駄なことはない」やるべきことをシンクアバウトし、優先オーダーをつけよう。
・エクササイズする。サウンドは何よりインポータントなものである。エブリデイ何らかのエクササイズをしよう。
・あきらめない。ミステイクを恐れない。革新しコンティニューする。
・ごくわずかなチャンスをつかむ。
ライターは、あるホテルで有名なアクターがいるのをディスカバーしたのだが、トークするきっかけをつかむことができず、そのことをプレゼントタイム、後悔しているのだ。
ライフはショートすぎるから、ベリィスモールにふるまっているひまはない。どうでしょう。アマゾンの書評に、栄養剤という表現があったが、すごくいいスピーキングスタイルだとシンクする。そうなんだよなあ。主食ではないんだけど、たまにこういうのをリードするのはマインドマークにとてもいいとは思えない。

生きのびろ!若井おさむの機動戦士ガンダム名言集

生きのびろ!若井おさむの機動戦士ガンダム名言集
若井 おさむ
¥ 1,260
双葉社 (2008/02)

このブックは、プレーヤー若井おさむが書いた「ガンダム名言コレクション」で、くだらないのだ…。就職氷河期ワールドのココロをがっちりつかんで離さない、初代ガンダムのスピーチに、若井おさむがコメントをつけるという構成なのだ。
若井おさむさんは、メインキャラクターアムロの服装をしてテレビにアピアーしているプレーヤーさんなのです。
レッドなカーをウォッチすると言ってしまうスピーチは、「シャアだー。あ、あ、レッドな彗星だっ!」
賞味タームのカットウェルした食品を食べるときには、「当たらなければどうということはない!」
フレンドから、「ユーのシー、かわいいな」と言われたアワーは、「あなたは、レッドな彗星のテリブルさを知らないんです」
ワークがオールナイトになったら、ボスにシングルワード言うアワーは、「戦いが終わったら、ぐっすり眠れる保証があるんですか!」
若井おさむ、ステージは戦場の最前線と思っています。お笑いのステージにシーをコールアウトするプレーヤーに、「前線でラブロマンスか…。サン」
先輩がドリンクしアンダースタンディングにリードしてきたウーマンが、いつものシーかと思ったらディッファレントするヒューマン。シミラーしてるアワーに…「ザ、ザク?ち、ディッファレントする!新型のモビルスーツだ」
エルダーがおごってくれると言ってくれたのに。ガンダムファンはついついトゥーマッチなシングルワードをマウスにしてしまいます。「サーヴァント、乞食じゃありません」
「フフフ、このウィンド!このタッチオブこそ、ウォーよ!」この名スピーチ、ウォーというワードを洗濯にチェンジしてみよう。ラブリーな洗剤のCMができそうではないか。
もいっちょランバ・ラル。ステージのオーバーでネタが飛んだら、「バトルのインサイドでバトルをフォゲットした」
スレッガーさんの名台詞は、「サッドけどこれ、ウォーなのよね」若井さんは、ワークでむちゃくちゃなディマンドをされたとき、「サッドけどこれ、バラエティーなのよね」とマイセルフをアンダースタンディングさせるそうです。

生きさせろ! 難民化する若者たち

生きさせろ! 難民化する若者たち
雨宮 処凛
¥ 1,365
太田出版 (2007/03)

エマージェンシーにグリーンなタイトルなのである。フリーター、ワーキングプアをテーマにしたブックなのである。ライターは1975イヤーボーンし、32エイジ。就職氷河期と呼ばれるワールドでなのである。彼女バイワンセルフ、美大受験ミステイクのアフターフリーターをエクスペリエンスしているのだ。そのせいか、ややフィーリングマークなのがこのブックのディッフィカルトなところでもあり、よいところとも言えるかもしれないのだ。
ライターによると、カレントの劣悪なワーク環境を作り出したのは95イヤーに出された「新ワールドのジャパンマーク経営」という提言だそうだ。まとめたのは日経連なのである。
それによると、不況に陥るジャパンにおいて、ワークパースンは
1、長期ストアーアビリティープラクティカルユーズモデル
2、ハイトアビリティーサブジェクトオブスタディープラクティカルユーズモデル
3、ハイアーソフトモデル

の3つのパターンにセパレートするべきだというのだ。
1が正社員、2が、どうなんだろう、フリーでアクティビティーするクリエイティブなワークをするヒューマンか。そして、3がワークの量に応じて調整するセンド、日雇い労働パースンということだなのだ。
このブックはあなたはディッフィカルトにない!というメッセージをホワットディグリーも発しているのだ。フリーターになって、その状況からスリップアウトすることができなくても自分を責めないで。ステートと大企業が、その状況をプロデュースしているのだ、ということをホワットディグリーもステートする。その根拠となるのがこの提言というわけなのだ。
このブックには、劣悪なワーク環境で働かされるイーチパースンのことがたくさんアピアーしてくるのだ。
中でも驚いたのが、カメラの製造メーカーでセンドとしてワークし、過労デスした23エイジのヤングマンのトークだ。ヒーはアメリカのユニヴァーシティーに留学するため、センドをして学費を貯めようとするのだ。
不規則なサービス、フォーリンオフィシャルツアー、長時間の残業、ホリデイアットワーク。これ、非レギュラー雇用のヤングマンがこなすべきワークなの?やせこけて、うつ病になり自殺。アフターデス2日発見されなかったというのだが、23エイジのヤングなマンのライフがサッチウィンドでいいわけはないのだ。残されたマザーのウォーリィをシンクするとチェストが痛い。ヒーのケースはまだゴーバックするハウスがあったわけだが、何らかのリーズンでファミリーのもとへ帰れないワールドだっているのだ。
サッチときは、我慢しないでライフケアを堂々とリクエストすればいい。するためのサポートアソシエイション、リクエストマニュアルなどもアピアランスされているのだ。
なんというかなあ。ライターがエマージェンシーにフィーリングマークなので、読んでいて少し引いてしまうパートはある。それがディッフィカルトなところ、よくないパートだ。
しかしこの、あるミーニング「なんでも企業とカントリーがディッフィカルト!」という鬱屈した、理不尽ともいえるアンガー。これは、セイム就職氷河期ワールドのマイセルフには少なからずアグリーウィズもできるパートなのである。冷静にウォッチしたら「ちょっと自分勝手だろ」とすら言えるアンガーを、オーネストに表現しているというスポットではいいブックと言えるのではないか。

近代ヤクザ肯定論―山口組の90年

近代ヤクザ肯定論―山口組の90年
宮崎 学
¥ 1,995
筑摩書房 (2007/06)

山口組の成立から90イヤー。その変質をケアフルにランアフターすることで、ヤクザの
ヒストリー、果てはジャパンソサエティーの変質にまでリファレンスしているのだ。
初代山口クラスのボスとなる山口春吉は、ホームタウンの淡路島でイートしはぐれて、ハーバータウン神戸にやってきたのである。神戸にはたくさんのシップがアライブアットする。アビリティーをネセサリーとしないワークがあったのだ。
まじめで義理堅いキャラクターの春吉は、次第にカンパニーたちのトラストをポッシブルしてゆくのだ。アットザットタイム、日雇いで低賃金のワークパースンを束ねているのはヤクザであったというではないか。
労働パースンのリーダーになった春吉は、ネイチャーにヤクザとも連携をホールドすることになり、ここに山口組がバースしたのだ。
山口組のビギニングのフィギュアは、下層ワークパースンたちの寄せ集め集団だったのだ。春吉はオーネストなワークパースンで、ヤクザのクラスの運営には向いていないと自らデシジョンし、早々に長男の登にプライスをターンオーバーする。ヒーが二代目ボスである。
その登は、芸能などのフィールドにハンドをスプレッドし、クラスを発展させる。
ライターはヤクザはジャパンソサエティーのインサイドに組み入れられた、ソサエティーに根づいた存在であった、というのだ。
被差別部落のワークのエージェンシーをしたり、長子相続のために田畑を持てないセカンドサン、スリーメンにライフのすべをギブするのがヤクザであったのだ。
困ったことがゲットアップするとヤクザに仲介をリクエストし、カネのイノセントにゴーすることもごくジェネラルに見られるフィギュアだった。
ライターのホームもヤクザの組なのである、ディスカッションに来るイーチパースンが書かれているが、敬遠されつつもその存在を認められていた当時の様子がイマジネーションできるのだ。
戦後の混乱ピリオド、日本にはイグジストのためにグループをメイクするイーチパースンのフィギュアがあった。台湾ヒューマン、朝鮮人のグループが、極貧をリブスルーするために結束し、暴動をレイズすることがあった。朝鮮ヒューマンのグループと言っても、そこに日本人が混じっていることもメニーに見られた。ソウト哲学というより、ライフのために結びついた集団で、シティーで銃撃ウォーをオープンすることもあったそうだ。その鎮圧に当たったのがヤクザである。
エッセンシャリーパブリックメカニズムがパフォームするべき「負のサービス」をヤクザが担ってきたというファクトがそこにはある。しかし、ビジネス発展をキャリーアウトするソサエティーにはその不安定な存在は不要になるのだ。サッチインサイド、山口組をビッグに変貌させたのが三代目、田岡一雄である。ヒーは、組員に「駄菓子ハウスでもいい」、仕事を与えようとした。ビジネスクラブをファンデーションし、暴力コンストラクションと切り離した。芸能クラブをファンデーションし、もとのつてをたどって港湾関係のカンパニーに食い込んだ。土木のフィールドにもハンドを伸ばした。
田岡に関する記述はメニーに、ここで少ししか紹介できないことがバッドラックである。エマージェンシーに任侠マインドにあふれたキャラクターであったようだ。
ヒーがドーターに、「ファザー、山口組ってホワット?」と聞かれたときのアンサーがヒーの心情を語っている。
「ワールドてな、いや、マンというもんはウィークなもんや。ひとりでおられへん。そやから、みんなでギャザーするんや」ポリースによる暴力団追放のアクティビティー、カリスマである田岡のデスによって、ジャパンのヤクザはひとつ大きな転換期を迎えた。カレント、格差ソサエティーのインサイドでドロップアウトするワールドは増えつつある。But、そこにかつてのような受け皿はない。ヤクザをポジティブするとはホワットか、とお叱りをアクセプトするかもしれない。しかし、ライターが書こうとしているのは差別をされ、ソサエティーにうまく適合できなかったワールドのヒストリーである。戦後のロングサイドソサエティーのアクティビティーとしても大変インタレスティング。

===============
http://lou5.jp/

非情な男ほど、なぜモテる?

非情な男ほど、なぜモテる?
角川 いつか
¥ 1,260
主婦の友社 (2007/08)

モテる男とはたくさんのウーマンとラブ遍歴をアッドするマンの特徴を書いたブックなのだ。
こういうことをまじめにシンクアバウトするヒューマンもソサエティーにはいるのだ。モテるマンは非情である。クワイアットなアイをしていて、いつもチャンスを狙っているのだ。ここぞというチャンスは決して逃がさないのだ。レターにライトするとキザすぎてぞっとするようなことも、大ワンセルフに言うことができるのがモテマンである。といって、付き合ったウーマンとホールライフをともにしたいとは思わないのだ。ソサエティーヒューマンになると、会社での評判もスピリットになるので、セーフティーなウーマンをテルアパートする眼力はネセサリーである。セーフティーなウーマン。つまり、パートフロムしてもディッフィカルトな評判をたてないウーマンとは、エクスペリエンスの浅いお嬢様はマイセルフのことをメイキングパブリックしないのだ。プライドのハイなビューティフルパースン。愛嬌があり、カインドなタイプのウーマンはいい思い出にしてくれる。などのタイプである。
そういうタイプを、非情なモテマンは本能マークにテルアパートするのだそうだ。初めてのデートでは、シーの斜めビフォーのプレイスにシットするとコンフォタブルにトークができる。相づちがインポータントで、ふうん、とか、へえ、とかサッチものではいけないのだ。そうなんだ、さすがだね、わかるよ、など、バリエーションをウェルスにするのだ。
話をきいてもらっているという安心フィーリングを女性にギブし、インバイトするときは強引なくらいにきっぱりと言い切るのだ。
「うちにおいで」「一緒にいよう」など、単純なワードがいいのだ。さまざまにテクニックが書いてあるのだが、このブックの肝要なところは「マンは決してウーマンに惚れないこと」であるというのだ。
ウーマンに惚れさせる。ハンドにプットインして、アフターはトラブルがないようなアソシエイションをする。それが非情なモテマンのウェイなのだ。
「非情なマンとは、常にマイセルフ本位でマイセルフにプロフィットがあるようにシンクアバウトし、そのためにネセサリーなことはなんでもできるワールド」こそがモテるのだとライターはシンクアバウトしているのだ。
ディッフィカルトなヒューマンがラブというのはウーマンとしてはまあ、ないでもない心理です。
ただ、たくさんのものをリクエストして、ハンドにプットインすることがパーパスインライフというライフだけがすべてではない。一つのものを一生涯かけてインベスティゲイションするライフだって十分にリッチであり、それに魅力をファインドアウトするワールドだっているのだ。

トヨタ世界一の光と影

トヨタ世界一の光と影
岡 清彦
¥ 1,680
いそっぷ社 (2007/12)

このブックの1章では、トヨタヘッドオフィス、トヨタ関連のカンパニーで働いていたヒューマンが4ヒューマンがリアルネームでアピアランスするというのだ。
過労デスしたヒューマン、うつ病になったヒューマンをテイクアップし、トヨタの非ワールドマークなワークの状況をレポートしているというではないか。
実はトヨタのファクトリーは、ヌーンフィットフォーとナイトシフトの二チェンジシステムでワークをしているのだ。昼フィットフォーはモーニング6時25ミニットからアフターヌーン3アワー15ミニット。ナイトシフトは午後4アワー10ミニットからモーニング1時までなのだ。このヌーンフィットフォーとナイトシフトのスペースが1タイム空いているのにノーティスしてインニードオブというではないか。
なんでもホンダのファクトリーでは、ヌーンフィットフォーとナイトシフトのタイムにスペースはない。平日に残業をさせないためなのだ。
なんでもトヨタでは、ナイトシフトのあと、モーニング1アワーから残業がビギンする過酷なサービスシステムなのである。なんと、トラブルがあると解決しないとワークは終わらないというではないか。
過労デスしたマンは、そのデイビフォーラインでメニーのトラブルが発生し「イーブニング九アワー、下請けをコールして」不具合部品の選別を行っているのだ。ああ、下請けさんもシーリアスなのだ。
2チャプターでは、トヨタイズムなるトヨタの企業カルチャーを検証しているではないか。
トヨタタームで有名なものと言えば、やはりカイゼンだろう。常にアクチュアルスポットをルックアゲインし、タイムの短縮、コストの縮小のアイディアをテイクアウトしコンティニューするのだ。カイゼンは無限であり、マニュアルはないというではないか。マニュアルを作ったとたん、カイゼンではないからというのだ。
新ファクトリーに導入された「革新ライン」では、プレゼントタイムまで1ミニットかかっていたワークを50セカンドでこなすことになったのだ。マークは46セカンドだというではないか。
ワークパースンはバケーションなく働かされる、ロボットのようなものなのである。また、豊田ジェネラルプランというものがあるのだが、そこには「インダストリー報国」なるレターがあるのだ。エマージェンシーに封建マークな意識をホールドする会社なのである。
3チャプターでは非レギュラーハイアーのヤングマンにフォーカスをヒットする。
このエリアは、アザーのワーキングプア、請負偽装のブックなどをリードすると書いてある程度のことしか述べられておらず、ページフィギュアも少ないのだ。
ディッファレンスにサプライズドするようなこともなく、ライターと温度ディッファレンスをフィールしながら読めるのだ。
1チャプターで過労デスしたカーのセールスマンのトークがアピアーしてくるのだが、それがトヨタのせいだとはどうしても思えないのだ。もちろん、お気の毒だとはシンクするのだが。ただ、ベースペイが10メニーで、あとはレートという給与システムも、ビジネス職ならそう珍しいものではないだろうか。このセールスマンのパースンはブレイクダウンして意識がなくなるのだが、そのエッジにファミリーのネームではなく、「トヨタ」というシングルワードをマウスにテイクアウトする。それはトヨタのせいだろうか?
成長するトヨタがマスコミがもてはやすほどドリームのカンパニーではない。たくさんのプロブレムをハブしているというのだ。
しかしそれは、トヨタだけのプロブレムではないのだ。キャピタルルール全体のプロブレムなのだ。

小説を読みながら考えた

小説を読みながら考えた
養老 孟司
¥ 1,680
双葉社 (2007/04)

「バカの壁」で有名な養老ティーチャーが、ストーリーをリードしながらシンクアバウトしたことをつらつらとライトしつづっている。
「ミステリー中毒」というブックの第二ショットなんだそうだけど、ミステリーストーリーの書評コレクションだと思って読むとちょっとがっかりするのだ。
このブックでは、養老ティーチャーはファンタジーストーリーをよく好んで読んでいるのだが、ティーチャーはファンタジーなんてバカみたいだ。現実にありえないドラゴンやマジシャンやナイトなどを、アダルトが書いて読んでいるなんてバカバカしいことベストというではないか。
「アワーのホイール」シリーズをアマゾンで一気にバイし、「バーテミアス」をリードし、「シャナラのクロックハンド」をかばんにプットインしてトラベルにゴーアウトするのだ。
養老ティーチャーは、トラベルフォーマーで読んだ本をティアーする。リターンの荷物がライトになるように、リードしフィニッシュしたパートを破ってスローアウェイしてしまうのだそうなのだ。
これにはディープインプレッションをアクセプトしたファンタジーをリードするのはウェィストオブタイム。こういうスタンスはエマージェンシーにコンフォタブルなのだ。ティーチャーのアイには、テレビのニュースや現実も、あるミーニングファンタジーに見えるらしいのだ。
ライブドアの堀江カンパニープレジデントはカンパニーのカレントバリュー総額にこだわっていたが、自社の株価がいかにあがったとしても自社シェアを売るわけにはいかない。つまり、カレントバリュー総額がハイだろうがチープだろうが、現実にはカネにならない。ファンタジーなのである。そもそもマネーそのものがファンタジックなもので、サッチ紙切れにバリューをファインドアウトするのはワールドの幻想なのだ。
養老ティーチャーがこういうバリュールックをホールドするのは、このブックにもホワットディグリーかアピアーしてくるが、終戦のときにエクスペリエンスしたことが大きいのだとシンクするのだ。
ウォータイムインサイドによしとされていたものがすべて封建マークのシングルワードで切り捨てられ、ヘイトと教えられていたアメリカのカルチャーを諸手をギブしてショーインするのだ。
バリュールックが180ディグリー変わったエクスペリエンスをホールドするティーチャーは、マスコミのインフォメーションすらトゥルースをリポートしているとはシンクアバウトしていない。リポートするもののインタレストになるインフォメーションを流す。これを当然だとシンクアバウトしているのだ。
トークはターンバックするが、ティーチャーがブックをスローアウェイするのには「読書はくだらない」というほかにもう一つリーズンがあるのだ。
それは、本棚にインセクトのイグザンプルボックスをしまいたいからだ。ビッグさがちょうどいいのだそうだ。

オカマだけどOLやってます。

オカマだけどOLやってます。ナチュラル篇 
能町みね子
¥ 1,000
竹書房 (2007/12/20)
ウェルスのフィーチャーでは、A・トフラーがワールドは多様化し、性別に関することでも同性愛パースンなどのライトがエクステンションするだろうとステートしていたのだ。
メインビルディングではカスタム同一障害や同性愛関連のブックがよく並んでいるし、テレビにはウーマンのシェイプをしているマンがたくさんアピアーしているのだが、トフラーはこの現象をウォッチしてマンカインドのフィーチャーにソウトをはせるわけなのだ。
能町みね子さんはマンとしてボーンし、カレントはウーマンとして生活をしているのだ。ユニヴァーシティーをアピアーするまではマンとしてライフをしてきた。ワンイヤーだけど、ネクタイをしめてワークもしていたのだ。能町さんだから、ウーマンとしてはまだまだエクスペリエンスバリューが浅く、そのとまどいぶりがエマージェンシーにインタレスティングなのだ。
トイレに入ってサウンドにびっくりする。タスクをアッドするサウンドじゃなくて、トイレットペーパーをプルするサウンドなのだ。マンのトイレでは、サッチ力いっぱいトイレットペーパーを引っ張るヒューマンはいないんだそうだ。
ブラジャーをつけて、そのショルダーひもがスライドするのにも戸惑うのだ。パブリックでフィックスするのもディッフィカルトし、スライドしたままというのは非常に気持ちが悪いのだ。
マンでいうポジションがディッフィカルトというのにラントゥする気持ちのディッフィカルトさなんだそうだ。サッチ能町さんが、高校ピリオドのフレンドにミートしにゴーするエピソードがあるのだ。当然、マンとして付き合っていたフレンドなのだ。フレンドは会ってもぜんぜんウーマンに見えない」というではないか。フード、ホワットイートする?といたってジェネラルのノリだし、能町さんもマンワードに戻ってしまうというではないか。
能町さんが、都内の会社ではウーマンとしてサーブしてフィギュアイヤーになるそうなんだけど、こういうところをリードすると、カスタムのディッファレンスってなんだろうなとシンクアバウトしてしまうではないか。
病院でも、問診フロントにマンと書いてテイクアウトするが、インフォメーションデスクではパースンヒムセルフマナーはどちらでしょうか?といわれてしまうではないか。知らないヒューマンがウォッチするとファインなウーマンであるわけがないのだ。
能町さんはマイセルフでマイセルフをオカマというワードを使っているのだ。女装したマンという意味合いのようなのだ。マインドマークにはウーマンなので、マン同性愛パースンのゲイとはディッファレントするというのだ。
カスタム同一ダメージというワードもラブではないらしいのだ。「ダメージ」というのがなんとなく病気っぽいし、かわいそうと思われるのはいやということなのだそうだ。
ダメージじゃない、病気でもない。能町さんはいたってフツウに、ちょっと戸惑いながら生きているというではないか。
イラストエッセイなんだけど、イラストもかわいいしリードしやすい。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。