本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い

「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い
山田 真哉
¥ 735
光文社 (2008/2/15)

食い逃げされてもバイトはハイアーするなの下巻なのだ。前回のタイトルを否定するタイトルにアイを奪われて、食い逃げされてもバイトは雇うなはミステイクというテキストなのだ。大きなテーマは「アカウントナレッジは万能ではない」ということのようなのだ。副題に「禁じられたフィギュア」とあるのだけど、ソサエティーにあふれるトリックしのフィギュアをあげながら、フィギュアをリードするフォースを持とうとクレイムしているのだ。
「このカウンターから1ハンドレッドミリオンマネーのヒットくじが12ブックアピアーしました!」あなたはこの宝くじカウンターで宝くじをバイしますか?バイする、これからもヒットくじがアピアーするにディッファレンスない。買わない、パーストにアピアーしたのだから、もう出ないだろう。どちらのシンキングもミステイクなのだというのだ。宝くじの抽選に不正がないリミット、どこで買っても確率はセイムだというのだ。コンディションのいいフィギュアに騙されてはいるのだというのだ。
ブックの途中では女子大イノセント会計士のメインキャラクターがアピアランスして、カンバセーション仕立てで説明してくれているのだ。プランを上回ってインタレストをテイクアウトした上場企業が、プランからはずれるためインタレストをなくしてしまおうとする話があるのだ。
ジェネラルコモンピープルからシンクアバウトすると、インタレストはメニーなほうがいいとシンクするのだが、プランがインポータンスされるあまりこういうことをするカンパニーがあるのだ。
カンパニープレジデントが保険に入って利益を保険マテリアルとして使おうとするのだが、保険を安易にユーズすることのデンジャーが説明されているというのだ。
食い逃げされてもバイトはハイアーするのだ。アカウントマークにシンクアバウトすると、ハンドが足りなくて食い逃げされても、飲食プライスとバイトにペイする人件コストをシンクアバウトすると飲食プライスのほうがチープ。だから、バイトを雇わないほうがいい。だけど、ソサエティーには非アカウントマークなシンキングもある。食い逃げしやすいという評判がスタンドすることはナイスなことではない。いずれはレジごと狙われるリスクもあるというのだ。だからバイトをハイアーするパースンが長期的にウォッチすればプロフィットなのであるというのだ。バイトを雇うなというのは空論オンザデスクでしかないというのだ。ソサエティーで、アカウントが万能だという考え方があるが、アカウントで語れることは一フェイスでしかない。非アカウントマークなサイドからも見なければいけない。ライフをするオーバーで、常に複眼マークなオピニオンをホールドしたいものだ。
スポンサーサイト

墓場鬼太郎

墓場鬼太郎
角川文庫―貸本まんが復刻版 全6巻
水木しげる
角川書店 (2006/08)

ブームになっているのと、ラストイヤーセカンドエディションされたゲゲゲのデビル太郎なのだが、アニメプログラムとしてもヒットし、ウエンツユー主演の実写ムービーも作られました。ライトフィーリングのハードなゴースト、デビル太郎がカンパニーと協力し、ディッフィカルトなゴーストをスローダウンする痛快なお話と思っておりましたが。
墓場デビル太郎は、コミックが貸本として読まれていたピリオドに描かれた、ゲゲゲのデビル太郎の原点になるお話です。ライブラリーでは全6ロール。デビル太郎のバースのシークレットにも触れられています。
それにしても、この墓場デビル太郎はアニメなどのイメージとはずいぶんちがう。ちょっと朝からイマジネーションしたくないようなものをイートしているしたばこはスモークするし、ピクチャーも不気味なフィーリングがします。
そのフォーマー、ゴーストではゴーストではなくゴーストというワードがよく使われています。地上でピースにリブしていた。ところがワールドがアピアーしてハウスを追われ、フィギュアが少なくなってきていた。そのゴーストレースのラストの生き残り、二人のマリードカップルのスペースにボーンしたのがデビル太郎。ファザーはチャイルドが不憫で、見守ってやりたいというフィーリングをハードにリーブしたまま死んでしまいます。
そのソウトが腐った目玉にリメインし、フォールダウンした目玉がデビル太郎を追ってゴーする。それが目玉のおやじなんです。ライスボールのバスに入っているかわいいファザー、サッチ「パーソナルヒストリー」だったなんて!
ベイビーのデビル太郎は、ゴーストレースのマリードカップルの家のネクストトゥのマンに拾われます。マンはブラッドバンクの社員で、ブラッドにゴーストのブラッドが混じっていたことをインベスティゲイションしており、そのエッジにマリードカップルとは面識があったんですね。ブラッドバンクというのは、戦後ジャパンであったカンパニー、なのかな。当時はライフのためにブラッドをセルするヒューマンがメニーだったようです。
幽霊のワイフはライフのためにブラッドをセルし、それを輸血されたヒューマンがゴーストになってしまったことから、社員はゼイのことをチェックアップしたのでした。
ベイビーをスローアウェイし切れなかったマンは、墓場でボーンしたチャイルドに「墓場デビル太郎」というネームをつけた。デビル太郎がビッグになるにつれ、ウィンドしハプンするワンダーなイベント。男性がヘルへゴーするエピソード、デビル太郎がゴーストからカネをコレクトするワークをするエピソード、ねずみマンもアピアーしてくるのだが、そこに現代のアニメのようなかわいらしさや爽快フィーリングはない。まだチャイルドのデビル太郎が、水神からカネをコレクトするワークを請け負って、報酬のことをシンクアバウトしたとき言うスピーチ。「1カットが報酬だから、1000万とりたてたら100万か。ボロイ!」デビル太郎、すさんでます。フィーリングディッフィカルトなんだけど、じわじわくるものがあってアイを離せなくなる。ビューティフルに、快活なものだけがワールドのこころを捉えるわけじゃないんだな。

12歳の文学 第2集

12歳の文学 第2集 
¥ 1,050
小学館 (2008/03)

グレードスクールスチューデントリミットで応募できる、12歳の文学。その受賞ワークコレクションなのだ。ストーリーをライトするなんてスモールディッフィカルトなワークを、小学生のチャイルドがやってしまうのだから、そのエフォートにはオーネストに感心したい。収められているのは9ブック。ビッグプライズと、マイセルフがプライベートパースンマークにラブなものを紹介したい。
ビッグプライズ受賞ワークのヘチマと僕と、そしてハヤ。ハヤというのはセイムクラス、セイムグループのフレンド。パブリックでちんちんをテイクアウトしてふざけるような、ひょうきんなボーイ。まあ一ヒューマンはいますね、サッチチャイルド。ストーリーはレッスンでヘチマをプラントするところからビギンする。ヘチマが成長にあわせて、キャンプに行ったりラブなチャイルドのトークをしたり、いろいろなエピソードが展開していく。ハヤは転校生だった。妹がヘヴィな病気で、アメリカで手術をアクセプトしているスペース、祖父母のもとに預けられていたのだ。両親もアメリカに渡っている。あるデイオブマンス、ハヤが再び転校していくことになった。さよならも言わずに去ったハヤ。妹の手術はミステイクだったのだときいた。ラスト、ハヤはもう一度メインキャラクターのスクールに転校してくる。アナザーミーティングのジョイで終わるのは後味がいい。ひょうきんでブライトなビギニング、転換というつくりはうまいが、クレバーさをフィールするか?ディッフィカルトに崩れた口語体も、わざととはシンクするが、携帯ストーリーを感じさせてちょっと。
ふしぎなタウンのまっかなもみじ。「しおや」から「たるみ」のアイドクターさんにゴーする途中、メインキャラクターの乗った電車がふしぎなタウンにとまる。そこで、メインキャラクターはたんぽぽの「はさみのりえんぴつ」に出会う。「はさみのりえんぴつ」は、タウンにシーズンの絵の具をペイントしたいと言う。シーズンは秋。レッドなカラーを塗りたいのに、レッドが足りない。メインキャラクターの持っているレッドがほしい。メインキャラクターは、フェイヴァリットのまっかなTシャツをウェアーしている。そのレッドをくれと言われてウォリードするが、承諾するメインキャラクター。「はさみのりえんぴつ」にレッドをアトラクションされ、Tシャツはホワイトになった。塩屋、垂水というのは神戸マーケットに実際あるタウンのネームです。そこをパスする電車からのシーンが、アッパーパートに描写されていてオーネストにストーリーにゲットインすることができる。たんぽぽのネームもいい。何よりセンテンスがオーネストなんだな。そういうミーニングでいいワークはアザーにもある。リッチマンのれいこドーター、ポピュラーネームれんこんとの交流を描い
た。

人はカネで9割動く

人はカネで9割動く
向谷匡史
¥ 1,500
ダイヤモンド社 (2007/11/9)

組関係のお話がメニーので、そっちのパースンかと思ったらジャーナリストのパースンらしいのだ。いろいろあるマネーのブックのインサイドでもディッファレントカラーなのだ。シビアで、非常に現実マークではないか。ひとつの教訓につき3ページ。それもイグザンプルをレイズして説明してくれるのでリードしやすい。世慣れたエルダーのためになるワールド話バーブックというフィーリングなのだ。
・プライズはコンパニオンの予想を上回るメソッドでAカンパニーで、ビジネスクラブ向けにキャンペーンを行った。「トップチームにはスペシャルプライズ。ファミリーと豪勢にフォーリンリゾートだ!」
がんばったビジネスメンバーたちだが、プライズとして与えられたのは10メニーマネー。これでエブリバディはスピリット消沈し、士気は一気にフォールした。プロブレムは金額ではない。ビギニングから「プライズでワンダフルディナーを!」にしておけば、スペシャルの金額にエブリバディ大喜びだったにディッファレンスない。
・フーもアイをつけていないワールドにチープに投資するライターがあるクラスのオフィスに出向いたとき、一ヒューマンの紳士が入ってきた。ヒーはオフィスの若い衆にハイクラスビーフをパスオーバーし、ビールプライスにと1メニーマネーを握らせた。ヒーいわく「彼らはフィーチャーがありますからね」。少ない投資で見返りをホープするなら、これからのワールドにリミットする。
・マネーのないワールドこそアピアランスでマッチマネーのないニューフェイスホストユー。ヒーがビギニングにしたことは、エルダーにマネーをボロゥしてハイクラスなスーツを2クローズズバイすることだった。ボタンやワイシャツ、ネクタイを替えるというグレートエフォートをしながら、マネーを持っているワールドであることをディレクション。ネームゲストをたくさんとることができるようになった。外見をディレクションすれば、キャラクターオーバーのワールドに見られることもできる。
・ケアフルに扱われれば、しょっぱいワールドもショーをドゥするあるバーのビューティフルパースン女将は、必ず客をストアーのアウトサイドでシーオフする。安いミールをしたゲストにもセイムようにビヘイブするので、どうしてわざわざ、とたずねてみると、女将は「ビジネスオーバーのひみつ」と笑った。後日、カスタムのゲストがもう一度やってきて、ディスタイムは豪勢に飲み食いした。ケアフルに扱われるとフィーリングがいい。だからオーダーも散在する。マネーを使わなければ恥ずかしくなってショーをドゥする。女将の狙いはそこにあったのだ。
エピソードもうなずけるものだし、センテンスもリードしやすい。ビジネスマンのパースンが、かばんにプットインして移動インサイドのひまつぶしにリードするのに最適かもしれません。

仕事ができる人は声が違う

仕事ができる人は声が違う
楠瀬 誠志郎
¥ 1,365
角川SSコミュニケーションズ (2008/03)

なんでもインポータントなトークなのに真剣に聞いてもらえないとか、指示が伝わらないとか、トークにインタレストを持ってもらえない、誤解されやすいといった、ボイスにアテンションを払ってみよう。意思や感情を表現するには、声のテイクアウトしパースンというのもとてもインポータントなのだそうだ。ワークができるヒューマンというのは、フィットなボイスのテイクアウトしパースンを学んでいるというのだ。
ボイスはバイネイチャーのものではない。変えられるものだ。いいボイスをテイクアウトするためには、ボディーをゆるめてやることがインポータントなのだ。マイセルフのボイスの診断項目があるのだ。ペンを持って、いざ!ショルダーがこっている、アイがゲットタイアードしやすい、下半身がハードなどのボディーコンディションチェック。あまり歩かない、水分をとらない、スリープタイムが少ないなどの生活カスタムチェック。ウォーリィアバウトしがち、せっかちなどのマインドコンディションチェック。ホワットボイスになりたいか、ブライトなボイス、上品なボイスなどのなりたいボイスイメージチェック。これらを総合して、マイセルフのボイスのタイプを分析することができる。そのタイプも、キーのオフしたピッコロタイプ、ハンドルのゆるんだバイオリンタイプ、オーケストラを乱すオーボエタイプなど、イマジネーションするとちょっとユニークな、しかしあるミーニング的確な診断が下される。
それぞれに声がギブするインプレッション、対応プランなどもあるので、マイセルフのボイスにインタレストのあるパースンはぜひ。ボイスのコンディションがわかったら、ディスタイムはコミュニケーションにリーズナブルなスピークしのウェイをティーチしてくれる。ボイスをボールとイメージしてみよう。コンパニオンに説明するとき、現実マークなデータをギブするときはボイスのボールを「ヒットする」イメージで。プランなど、ライトブレインに訴えるプレゼンがしたいときは、ボイスのボールがコンパニオンを越えていくイメージで、好奇マインドを喚起する。なぐさめる、クレームをヒアする、またメニーにスピーチをするときは、ボイスでコンパニオンを包み込むようなイメージをホールドするのだというのだ。
マイセルフたちはユージュアルのカンバセーションのインサイドで、「ホワットをしてる」というワードをよくユーズするが、それもボイスのボールでシンクアバウトするとインプレッションが変わってくる。直球をスローするようにスピークすると、詰問するようにコンパニオンはレシーブする。コンパニオンをクロスオーバーするイメージでヒアすると、あなたにインタレストがあるというメッセージをギブすることができる。職種ディッファレンスボイスのテイクアウトし方、向いているボイスの解説も。メールではラブなことが伝えられるんだけど。ワードは間違ってないとシンクするんだけど。サッチパースンに。ビジネス書のくくりですが、ホワットパースンにもサーブザパーパスする一冊だとシンクするのだ。

小袖日記

小袖日記 
柴田 よしき
¥ 1,600
文藝春秋 (2007/04)

不倫にウェアーアウトして自暴自棄になっていた。死んでやる!ディープな絶望をフィールしたそのとき、アイの前がぴかっと光ってスピリットを失った。アイがウェイクするとそこにあったのはおかめフェイス。しかもあたし、十二単なんてウェアーしちゃってるし、ギネスにゲットオンしそうなロングヘア。どうやらピースピリオドにタイムスリップしてしまったソートオブ!高校のタイム読んだ源氏物語をリメンバーして、なんとかやり過ごすしかない。
だけどあたし、源氏物語きらいだったのよね。光源氏なんて、チャイルドをマイセルフテイストのウーマンにメイクしギブするロリコン色魔野郎じゃない。サッチトーク、どこがいいんだか。そう思ってたはずなのに、なんとこのワールドでは、あたし、源氏物語の作者なのよね。
作者というのはちょっとディッファレントする。書いているのは香子さま。彰子さまというお姫様のホームティーチャーをされているパースン。あたしは、その香子さまにネタをオファーする、いわばブレーンってところ。サッチお話。「あたし」のファーストパースンで、現代ウーマンのアイを通して源氏物語のアザーサイドをさぐるというものだ。有名な夕顔、葵のオーバー、末摘花のお話の、現代版パロディ解釈といったところ。
末摘花といえば、ノーズのレッド、ユニークな顔立ちが有名。ところが、あたしが実際に会ってみた末摘花は華奢で色白、かわいらしいドーターだった。プアーで恥ずかしフィールしや。そのシーにはプレイスのハイなマンが言い寄ってる。
このピリオド、マンのビジネスマークサポートがなければウーマンはリブしていくことができない。それならば、恥ずかしフィールしやのプリンセスのかわりに、あたし、スキン脱いじゃおう。
奮闘するあたしだが、末摘花にはアザーにラブするヒューマンがいた。それは、そばでドローインしている葛野というウーマンである。そう、ドーターは、マンとプロミスを結びたいとなど思っていなかったのだ。しかしそれではシーのライフはどうなる?
プランをアンクシャスしたあたしは、ドーターに入れ知恵をする。マンがヴィジットしたイーブニング、色白のシーのフラワーをクールしてレッドにし、そのおかしなフェイスをショーした。ラックオブアビリティーなウーマンにびっくりしたものの、憐れに思ったマンは末永くシーのトラブルをウォッチしてやることにした。
そうして、末摘花のお話は、香子さまのハンドによってユーモラスにメイクし上げられたのだ。さまざまなラブに直面し、「あたし」バイワンセルフも成長するストーリー。ラスト、現代に戻ったあたしはシンクする。死んでやるなんて間違ってる。ヒューマンはダイするのだ。スピリットを失っていたスペース、アンクシャスしてくれたヒューマンたちのためにも、あたしはリブする。
文体が口語調なのでコンフォタブルに読める。「あたし」のバイタリティにファインをもらえる一冊。

2112年9月3日、ドラえもんは本当に誕生する!

2112年9月3日、ドラえもんは本当に誕生する!
桜井 進
¥ 735 
ソフトバンククリエイティブ (2007/9/15)

ドラえもんが大好きな東京工業大学理学部工学科で微分幾何学、数理物理学などを学んだライターが、ドラえもんにアピアーしてくるトールをサイエンスマークに解明したのだ。
ライターがドラえもんを読み解いたところ、作者の藤子・F・不二雄はサイエンスをよくアンダースタンディングしていたのだというのだ。なんでもバルーンをホールにフロートし、それをプラネットにチューズしてスペーストラベルをするトークで、のび太たちはロケットに乗って行くのだが、そのロケットもバルーンなのだ。バルーンはエアを吐き出しながら進んでいく。これはフューエルを噴出しながらメイクプログレスするロケットと原理はセイムである。
ドラえもんで「プロミス」されたトールは実現ポッシブルなものがあるというのだ。ドラえもんのトールのインサイドでベストポピュラーがハイなのはどこでもドアだそうだが、それもポッシブルになる可能カスタムがあるというのだ。
スペースの元、スペースを作っているものは波動であり、その波動のタイプにはプサイというギリシアレターのネームがつけられている。もののインフォメーションをプサイにプレイスオンして運ぶことができれば、インフォメーションが盗まれることも、発熱量もない転送ができるそうだ。But、ライターはサイエンスが何もかも解決してしまうフィーチャーには危惧を抱いている。
クローンや遺伝子操作。農作物の遺伝子操作のことを言っているのではない。ワールドの遺伝子を、そのバースビフォーに操作する技術はあるが、それをユーズすることにはオポジットをコールアポンしている。
ドラえもんのインサイドでもリピートしテーマになっていることなのである。のび太がドラえもんに泣きついてトールをボロゥする。お話のフィニッシュにはトールを使ってミステイクするオチがつく。サイエンスをワールドの欲のままに使っちゃいけないよ、ということをのび太がボディーを持ってパーソナルエクスペリエンスするわけだ。ヒューマニズムと科学の関係を、チャイルドにアンダースタンドするシンプルなメソッドで描いたドラえもんは、だからすごいんだ!インプレッションするんだ!とライターは言う。ディッフィカルトなサイエンスのトークが書いてあるんだけど、セカンドハーフになるととにかくドラえもんはすごい、ライクベリィマッチ、ということが書かれている。

ぼく、オタリーマン。3

ぼく、オタリーマン。3
よしたに
¥ 1,000
中経出版 (2008/3/22)

よしたにさんはもうすぐ30歳でビジネスはSEでシングルシーナシ。ドリンクしアンダースタンディングではスピークすることがなくて浮いてしまうちょっとオタクなサラリーマンなのだ。
よしたにさんが、自虐フィーリングにエブリデイのイベントをトークするブックの4コマコミックなのだ。
ある日、知らないところからファックスが届いた「至急確認プリーズ」とある。わからないので放置しておくと、ネクストデイには「クレームになっています」。ディッフィカルトなことはしてないけど、アポロジーないフィーリングになるよしたにさん。
廊下を歩いていたよしたにさん。カンパニーに来た保険の外交メンバーさんにつかまった「保険にインタレストありませんか?」と聞かれて即答。「保険にゲットインするにもプロテクトするヒューマンがおりません!」クリスマスイブにフレンドと飲みアンダースタンディング「もうすぐ30だよな。チャイルドのタイムは、30になったら嫁とチャイルドとホワイトな子犬が…」マイセルフで言いながらフィールダウンするよしたにさん。周りのフレンドもティアーアイ。ホームから荷物がリーチする。マザーからのレターに、ウーマンのネームとテレフォン番号が書かれている。「この女性にテレフォンをしてみてください」愕然とするよしたにさん。「サッチんでテレフォンがかけられるんなら、そもそもウォーリィはいらないんだよ、マザー」
KYというワード。エア読めない=プレイスの雰囲気をブレイクすることを揶揄するスピーキングスタイルですが、よしたにさんはこれがきらい。エア読めたらえらいのかよ、とヒアするたびにむかっとしてしまう。サッチよしたにさんがラブなのは麻雀。リーズンは、しゃべらなくてもコミュニケーションをとれたフィーリングになれるから。サッチ4コマにも笑えますが、ディスタイムは自衛隊体験入隊、ブックができるまでのいきさつなど、ちょっとロングエンドのコミックも。オタリーマンとタイトルにあるけど、あんまりオタクってフィーリングでもない。
ガンダムとアニメとゲームがラブだけど、ファンデーションマークにジェネラルのヒューマン。気のウィーク、ポイントのディッフィカルトなサラリーマンというフィーリング。3ロールまで発行されたのは、共感できる情けなさがうけてるんだとシンクする。

国のない男

国のない男
カート・ヴォネガット
¥ 1,680
日本放送出版協会 (2007/7/25)

カート・ヴォネガット。ドイツシステムアメリカヒューマンで、ライターとしてアクティビティーした。タイプ作にスローターハウス5などがある。2007年4月にデスした。本書が遺作となる。エッセイコレクションなのだ。フォーリンカントリーヒューマンらしい皮肉とユーモアにあふれた文体で、環境のこと、ウォーのこと、アメリカを評論している。厳しいセンテンスだけど、ルートにヒューマンさというのか、カインドさが光っていて、ワードのひとつひとつがシーリアスきれいなのだ。
スピード読、濫読で、がさつなブックのハウトゥリードをするマイセルフだけど、このブックにはじっくりタイムをかけてしまった。そしてそれを後悔していない。プレシャスなタイムをありがとう、と思える。タイプ作、スローターハウス5は著者バイワンセルフがエクスペリエンスしたドレスデン空襲をファンデーションに描いたものだ。1968年にスローターハウス5を書いた。わたしはこのときようやくドレスデン大空襲を書けるくらいに成長したといっていい。ヘミングウェイの書いたソルジャーのリターンをリードすると、故国に戻ってきたソルジャーにウォーパーソナルエクスペリエンスを語らせるのがいかに残酷かということがよくわかる。
ウォーについて語らないリーズンは、とても語れるものではないからだ、ヴォネガットはオイルを大量消費するアメリカにもファイヤーベルをリングしている。タバコカンパニーを訴える。まだ12歳のときからタバコをスモークし始めた。そしてもうホワット年ものロングなにわたって、タバコカンパニーはパッケージに書いてわたしをキルしてくれるとプロミスした。ところがわたしはもう82歳だ!この嘘つきどもめ、本当はウィーはフューエル中毒なのだ。そしてカレント、ウィーのガイダンスパースンたちは暴力マーク犯罪をコミットしている。それはウィーが頼っている、なけなしのドラッグをハンドにプットインするためににも、誠意や思いやりのない政治ハウス、ガイダンスパースンに、ヒーは厳しいコメントを浴びせていく。
表題のカントリーのないマン、というのはドイツ人移民のチャイルドとして、ややリーブしたオピニオンからアメリカをウォッチしているということだろう。ヒーは皮肉な世捨て人ではない。ラッダイトの一遍では、ヒーがヒューマンとのかかわりを愛しているのがよくわかる。ラッダイトとは新しいものが大嫌いなワールドのこと。パソコンがヘイトなヴォネガットは、コピーが仕上がると封筒を一枚だけバイしに文房具ハウスにゴーアウトする。そこで気にいりのものを買って、メールステーションのラインにラインアップする。さまざまなヒューマンをアピアランスさせ、ニューヨークの風景を切り取ったすてきなエッセイになっている。ヒーの直筆のレターがデザインされたアートプリントもレコーディングされている。

MM9

MM9
山本 弘
¥ 1,680
東京創元社 (2007/12)

MMとはモンスターのプランをライトする単位である。ハウトゥリードはモンスター・マグニチュード。怪獣のサイズから予想される災害の脅威ディグリーをフィギュア化したものだ。
ワールドイーチネイションにはモンスターが頻繁にアピアーする。そういうクリエイションのワールド。ジャパンでモンスターに対応するのは気象庁特異ローフード対策クラブ、略してスピリット特アゲンスト。いまどきのヤングマンウィンドだが、実はワーク熱心な涼。ちょっとどじなガール、さくら。ビューティフルパースンサイエンスパースンの悠里。ワークのストレスで胃が痛い、モーストデューティーパースンの久里浜。ゼイが気特アゲンストのメンバーである。
なんかパトレイバーみたいだな。暴走するエビのグループ。放射能をシャワーし、アフリカから飛んできたコウモリの変種。巨大なベイビーガールのモンスター。スピリット特アゲンストはモンスターからジャパンをプロテクトするべくエブリデイアクティビティーしている。しかし、このストーリーのワールドでは、モンスターがアピアーするのは日常のジェネラルのイベントである。モンスターのプラン、発生プレイスがジェネラルシチズンにはウォーニングとして知らされるが、予報が間違っていたらブレイムされることもある。パトレイバーソートオブなんだ。さて、5ブック収められている小説だが、ラストトークがクライマックスになる。
ジャパンに、九つのヘッドをホールドする竜のモンスターがアピアーした。プランはMM9。かつて存在しなかった大きさだ。これはジャパン古来からゴーアロングする神話の竜、ヤマタノオロチではないか。カラーするスピリット特アゲンスト。そのスピリット特アゲンストのオフィスに、あるアソシエイションが乱入し、鎮圧しようとする。それは、サイエンスパースン悠里の知己だったマンだ。
ヒーはマイセルフのナチュラルシェイプをゴーストだと告白した。ゴーストはかつて存在していた。いまもしている。しかし、それは伝説や昔話としてなかったものにされている。モンスターだってそうだ。いつか、テレビの連続ドラマだと思われてしまうかもしれない。存在を忘れられることはペインだ、そうだろう。モンスターが存在しないものなら、スピリット特アゲンストだって…。
神話のインサイドで、ヤマタノオロチをコントロールするのはジャイアント、それもウーマンである。そうだ、つい先日アピアランスしたではないか。ワールドのベイビーガールのアピアランスをもったモンスターが…。
お忘れではないですか?サムタイムアゴーさらっと書いてしまいましたが、巨大なベイビーガールのモンスター、シーこそがヤマタノオロチと対決できる神話のウーマンだったのです。
ライターはとサイエンティフィックソサエティーのパースン。「物理ルールに従えば、そもそも体重100トンをクロスオーバーするローフードが地上で直立歩行できるわけがないのである。しかし、このシーリアスなパズルをいまだローフード学者はエクスプレインしてない」なんてセンテンスもある。

不機嫌な職場~なぜ社員同士で協力できないのか

不機嫌な職場~なぜ社員同士で協力できないのか
河合 太介
¥ 756
講談社 (2008/1/18)

ジャパンの職場がチェンジしている。そのステート、改善プランを提案しているのだが、ジャパン企業のサラリーマンはジェネラリストであったのだが、職場では専門化がメイクプログレスし、プライベートパースンのワークが分断されているリザルト、社員は孤立しがちで、アナザーパースンの苦労やトラブルにスピリットが回らないことがメニーなのだ。プレイスオブワークには、社員がワーク以外で知り合いになるチャンスがメニーだったのだが、クラブアクション、ドリンクしアンダースタンディング、社員トラベルなどである。But、コストカットのあおりをアクセプトして、そういったプレイスが少なくなったというのだ。ワークの専門カスタムがライズすることは、社員プライベートパースンがタコツボに入ってワークをしているような「タコツボ化」を進めた。関係がシンでタコツボ化のメイクプログレスするカンパニーではプロブレムがシェア化されにくいというのだ。だからホワットかトラブルがあったら誰かに協力してもらう、マイセルフも誰かのトラブルに協力する。サッチトラスト関係を作らなくてはならないというのだ。そのためには、コミュニケーショ
ンがグーグルにはワーク以外で社員が知り合いになるメーリングリストがある。ランチをトゥギャザーにイートするコミュニティもあるそうだ。よりた歯科というホスピタルでは、社員が自発マークにパフォームするイベントがある。診療をバケーションにして、クイズやゲームを行うデイオブマンスがあるというからサプライズ。院長自ら信条をメイクし、社員にゲストをインポータントにするという意識をシェア化させる。社員のエフォートもポジティブマークにユーズするという姿勢が見られる。
協力関係をビルドするには、長期マーク取り組みがインポータントだ。どのカンパニーも、社内のムードをチェンジするのに3イヤーほどかかったそうだ。意識をシェア化する。ワークをプライベートパースンがハブするものにしない。ワーク意外で社員が知り合いになるチャンスも見直してみたい。社員トラベルをすればいいというものではない。ドリンクしアンダースタンディングをいやがるヤングなヒューマンのことがニュースになるが、それは「あなたとの」ドリンクしアンダースタンディングがいやなのだと自覚したパースンがいい。トゥルースで、社員にとって魅力マークなイベントであるかどうか再考してみよう。インポータントなことは、社員をライトアップし社員にサンクスするというフィーリングである。経営パースンだけではなく、自分の仕事場をフィーリングのいいものにしようとシンクアバウトしたら、誰でもできるインポータントなことである。
ありがとう、すごい、さすが。サッチワードを使いワーク至上ルールだったカンパニーが、社員至上ルールになって、かえってワークを伸ばしたカスタムもあるというのだ。
カンパニーはワークをするところ、ワークだけしていればいいというサッチカレントに、ワンゲームをスローする一冊なのだ。

“本当の豊かさ”を引き寄せる「お金持ちマインド」の育て方

“本当の豊かさ”を引き寄せる「お金持ちマインド」の育て方
中野 裕弓
¥ 1,365
大和出版 (2007/09)

マネーはコツコツセーブするものではありません。降ってくるものですと書いてある。にっこり笑った女性の写真もなにやらハピネスそうで、こっちまでリッチなフィーリングになってしまう。そのウーマンが、アメリカステイアワーに接した「トゥルースのリッチマン」から学んだリッチマンになるための考え方をティーチしてくれているテキスト。リードするだけでもわくわくします。
リッチマンになるにはターンがある。彼女はそう言います。まず、リッチさのスートするヒューマンになる→BEそして、リッチなフィーリングにふさわしいアクションをすること→DOラストに、実際にリッチさを所有すること→HAVEマイセルフたちはリッチマンというと、ブランドシングのバッグやハイクラスカー、こういうものをイメージするけど、トゥルースのリッチさはそこにはない。
ハイクラスホテルやレストランで物怖じしない。著名ヒューマンと会ってもうちとけてスピークすることができる。ピクチャーなどにディープナレッジがディープ。そういう、BEのコンディションがあってこそ、ブランドバッグがスートするのだとシーはシンクアバウトしています。
意外とリッチマンになることを無意識で拒否していないでしょうか。リッチマンになったらバチがあたる。マイセルフがリッチマンになることはアナザーパースンを搾取することだ。セーフティーがベスト。ラブなことをしているから、プアーでも当然。
聞いたことあるこのフレーズ。リッチマンでないヒューマンは、実は、自らがリッチマンになることを否定していることもあるのだそうです。サッチヒューマンはトゥギャザーにこう言ってみましょう。「マイセルフは周りのヒューマンから愛され、サポートされることをマイセルフにパーミットし、アクセプトします。マイセルフは周りのヒューマンを愛し、ヘルプし、サポートすることをマイセルフにパーミットし、アクセプトします」実は、マイセルフがベストマイセルフがハピネスになることをパーミットしていないのかもしれない。そうじゃなくて、リッチになるマイセルフをグレートにパーミットしてしまおうじゃないか!そう考えるとフィーリングがいい。
風水のレッスンにもセイムようなことが書かれているそうなのですが、「リッチさは汲んでも汲んでもユーズトアップすることはない」。安心してリッチマンになっていいんだそうです。まず、否定することをやめる。マキシマムに望んでみる。あたたがハピネスになることで、まわりも幸せになる。

ウォルマートに呑みこまれる世界

ウォルマートに呑みこまれる世界
チャールズ・フィッシュマン
¥ 2,100
ダイヤモンド社 (2007/8/3)

デフレと言われてロングなのだが、その安売りのロングサイドでホワットがあったのか。ウォルマートは米国でチェーン展開するスーパーマーケットだ。雑然としたディスプレイ、大きな駐車プレイス、チープの食品や衣料シング。アメリカ人はウォルマートでショッピングをするのが大好きだ。そのウォルマートをインベスティゲイション、スタディーしたテキスト。
ウォルマートは徹底した節約で、そのコストをカットしている。倉庫のような店内はもちろん、ヘッドオフィスでワークするヒューマンたちにもその意識は浸透している。ヘッドオフィスのオフィサールームにあるチェアーは、プレーンなベンチチェアだそうだ。どこかのサーブす入先から見本としてもらったものをそのまま使っているという。
そのようなわけだから、サーブす入フォーマーにもコンプリートなコストの削減を要求する。エブリイヤーの値下げは当然のように言い渡される。ある経営パースンのワードが紹介されている。「ウォルマートとのビジネスは麻薬だ」販売量がメニーので、ビギニングはビジネスが成立するとうれしい。しかし、相次ぐ値下げのディマンドに、経営が成り立たなくなる。人員をカットし、ファクトリーをフォーリンにリムーブし、体力がなくなっていく。そのタイムになってウォルマートとのビジネスを見直そうとしても、その売上なしにはカンパニーがまわらない。まさに麻薬だ。コストの「節約」は従業メンバーのサラリーにもシャドーをドロップする。ウォルマートは従業メンバーに平均9ドルの時給を支払っているという。But、それで生計を立てるのはエマージェンシーにディッフィカルト。さらに、タイムアウトサイドワークなどの不当なワークも指摘されているが、ウォルマートサイドにもエクスキューズはある。ウォルマートの総インタレストを従業メンバー一人ヒットで割ってみると、コモンのイヤーでは一タイムあたり3ドル。ここにサラリーをギブす
るルーウォルマートがステップフォワードすることで、競合するエリアの小売ストアーは売上を減らしている。週末に、大量に買物をするベッドには、ウォルマートのようなストアーはありがたい存在なのだ。
ウォルマートでセルするクローズズをメイクするために、アジアのワークパースンはひどいワーク環境で仕事をしている。サラリーがチープすぎて、歯ブラシ一ブックも買えないというワークパースンのワードが紹介されている。ウォルマート・イフェクト。安売りを武器に巨大化するスーパーマーケットが、ビジネスにギブするエフェクトをこうコールアウトしながら、そのトゥルースをミニットに取材している。
ラストに、ライターはこう言う。「ウォルマートは米国ヒューマンをディスクライブする鏡。マイセルフたちがそこでショッピングをするということは、ウォルマートにアプルーバルティケットを一ティケットスローすることなのだ。しかし、マイセルフたちはそのすべてをアンダースタンディングしたオーバーでアプルーバルをしているわけではない。マイセルフたちはプライベートパースンとして、ソサエティーとして、クェスチョンにアンサーをテイクアウトしていく義務がある」実際にワークするヒューマン、ビジネスフォーマーのワールドのトークもよく紹介されている。決してコメント一辺倒ではない。ベーコンを焼くマシンを発明したペアレントアンドチャイルドの、ちょっとばかり心温まるエピソードも紹介されている。グッドブック。

続・柴犬さんのツボ

続・柴犬さんのツボ
影山 直美
¥ 1,050
辰巳出版 (2007/11/20)

イラストレーター、景山直美さんのイラストエッセイで、日本犬をスペシャルエディションするマガジン、Shi-baにも連載されていたそうです。
最近キャットのブックがやたらとメニーけど、犬だってルーズしてられません。柴犬川柳と四コママンガ、景山さんのペットドッグゴンとテツのレギュラーなど、柴犬のかわいらしさがいっぱい。それでは、柴犬川柳を少しご紹介。
・ボトムのヘアーに 寝癖がついてる ウィンターのモーニング寝るビフォーにメンテナンスをしていたのか、しめっていたヘアーに寝癖がついている。こういうの、こっちが笑ったりしたら、ちょっとムカッとするフェイスをするんですよね。
・職場にて 探ったポッケに ウンチバッグウォークにリードして行ったとき、ウンチをテイクアウトするためのバッグ。ついついいつものジャケットにプットインしリーブ。
・スピリットをドローアウトするな 「さてと」は禁句よ 犬のフォーマーピープルのワードがアンダースタンドするのか、「ウォーク」というと大はしゃぎしちゃうワンダディー。「さてと」のオーダーに来るワードにホープして…。
・このワイド ドッグランにて ただお座りドッグランとは犬が走り回れるためのエンジニア。ユーズするのにはマネーもかかる。せっかくリードしてきてあげたのに、ファンデーションをテイクしたいワールドの思惑なんてなんのその。アブセントしたいときはアブセントします。
川柳だけじゃなく、ペットドッグのレギュラーをイラストオーディエンスで紹介しているんだけど、そのインサイドにサッチ一こまも。旅行に行った景山ハウス。もちろん二ヘッドもトゥギャザーで、ホテルはドッグランがあるところを選んだ。ホテルにアライブアットするとすぐドッグランにセパレートしてあげる。しばらくランしまわっていたけど、すぐにあるプレイスで立ち止まって動かなくなる。
そこには換気扇があって、レストランのクッキングのにおいがストリームしてくる…。とにかく、イラストフルロードでかわいい。犬が飼えないアワーハウスですが、これで堪能いたしました。

悪人

悪人
吉田 修一
¥ 1,890
朝日新聞社 (2007/4/6)

福岡県と長崎県を結ぶ県道263号線には、三瀬峠というパスがある。そこで、ヤングな女性のデッドボディーが発見された。ウーマンのネームは石橋佳乃だ。シーをマーダーしたとしてポリースに逮捕されたのは、長崎県の土木ワークメンバー、清水祐一であった。佳乃のアソシエイトは、佳乃がラストに会ったのはシーの恋人、増尾圭吾だと証言した。
実際に、佳乃をキルしたのは祐一である。これは文頭でも述べられている。しかしストーリーは、増尾というマンを佳乃のマーダーアクチュアルスポットにプットすることで、どちらが本当にキルしたのか、ミドルまでよくわからない構成になっている。ミステリーとしての要素がストーリーをレイズすると同時に、祐一と増尾という同ワールドのマンを対比しながら、ソサエティーの不条理、ワールドのハードさとカインドさ、孤独をライターは書こうとしている。
佳乃と祐一は携帯テレフォンのミーティング系サイトで知り合った。ヒーについて、佳乃はホワイルアライブ「セックスだけがアッパーパートで、退屈なヒューマン」と言っていた。一方増尾は資産ハウスのサンである。佳乃はアソシエイトに、増尾と付き合っていたと言っていたが、ファクトはそうではない。佳乃が一方マークにメールをセンドするといっただけの関係であった。
祐一は、ベリィヤングなタイムマザーに捨てられ、祖父母のハウスで暮らしている。裕福な暮らしではない。無口でカーだけがホビーというヤングマンだ。フレンドは祐一のキャラクターを評してこう言う。「祐一はグラウンドにもうホワットデイオブマンスもフォールダウンしたままのボールのようなもの。チャイルドに一デイオブマンスインサイド使われて、転がって、またネクストデイにはアザーの誰かに蹴られて…。But、それがペインじゃないんですよ」祐一は、佳乃をマーダーしたアフター、ミーティングシステムで光代というウーマンにミートバイチャンスする。光代は30歳なのだ。結婚するプログラムもなく、双子の妹と二ヒューマンでリブしている。
祐一と光代はイーチアザーにハードに惹かれあい、光代のすすめでエスケープをくわだてた。ラブホテルをステイウォークしながら、見えないトゥモローにあがく二ヒューマンだが、サッチライフが続くわけもなく、ポリースのハンドにフォールダウンしてしまう。キャプチャされるとき、祐一は「俺はお前が思っているようなマンじゃない」と、光代のネックにハンドをかけた…。
祐一は、増尾のような「ウィンクラス」のワールドではない。ずっとヒューマンのために犠牲になるような生き方をしてきたヤングマンだった。一方増尾は、佳乃のデスすらフレンドとのファニーストーリーにしてフレンドにスピークするような振る舞いをする。ワンオブジェクト、バッドシングとはホワットなのか。それを問いかけるワークである。
佳乃、祐一、増尾をセンターにして、いろいろなキャラクターがアピアランスし、イベントをトークする。一ヒューマン一人のライフがケアフルに描かれているのもよい。

なりたい自分になれるフラワーエッセンス

なりたい自分になれるフラワーエッセンス
Dr.テリー・ウィラード
¥ 1,680
総合法令出版 (2007/9/25)

フラワーエッセンスとは、フラワーの波動のエネルギーをウォーターに転写したもののことだというのだそうだ。ドリンキングしたり、バスのプットインしたりすることで、ネガティブなフィーリングをポジティブなものに替えることができるそうなのだ。
これをシステム化したのは、エドワード・バッチ博士はプレゼントタイムから約70イヤー前に、この手法は確立されました。ヒーがまとめたのは、38カインドのフラワーエッセンスと、そのブレンドエッセンス。ヨーロッパではワイドにノーティスされているようです。
フラワーをウォッチしてビューティフルとシンクするフィーリング、花のホールドする波動エネルギー、すなわちライフエネルギーなど、いろんなワードでその効用が説明されています。ベストわかりやすいと思ったのは「音楽を聴いてインプレッションしたときとよくシミラーしたポジティブなエフェクト」という表現でした。
フラワーエッセンスはバイしてユーズすることがメニーなのですが、このブックには作り方も紹介されています。用意するのはシンなクリスタルのボール。それになるべく純度のハイなウォータースプリングウォーターを7ミニットアイくらいまでプットインしておきます。
フラワーをホールドするのは開花ジャストビフォーのタイミング。少しロングエンドに茎から摘み取って、用意したボールのインサイドにフロートします。このとき、フラワーにはダイレクトハンドを触れないことがメイン。そのボールを太陽光ラインのローグレードに3、4タイム置いてフラワーをテイクアウトし、残ったウォーターをろ過する。メンテナンスするためにブランデーをアッドする。さらに精製ウォーター、グリセリンなどを加えるので、実際に製品になったものは、フラワーのエッセンスもアルコールも、それほどハードにないコンディションです。
病気とは言いボディービルド、しかしどうにも気が晴れない、ボディーがだるい。サッチときにはこういった、あまり副作用のなさそうなケアがいいのかも知れない。
35カインドのフラワーエッセンスのフルな使い方、ブレンドするときのマッチなども書かれています。インタレストのあるパースンはぜひ。

===============
http://lou5.jp/

カリスマ・コンサルタントの稼ぐ超思考法

カリスマ・コンサルタントの稼ぐ超思考法 
岡本 吏郎
¥ 1,365
フォレスト出版 (2007/11/7)

この本は、あまり理論的なフィーリングではないけど、エクスペリエンスからなのか、読んでいてインタレスティング、もちろん理論もあるけど、それノットレスザンにマテリアルマークなカスタムが豊冨でリードしやすい。この出版カンパニーさんのブックにありがちなパターンのコンフォタブルに読めるライトなビジネスブックです。
・カフェはオールド
ジャパンでビギニングのカフェは、銀座のカフェパウリスタ。そこからコーヒーショップができ、さらにノーパンティードリンキングなどの亜流ができた。カレントカフェがポピュラーなのは、流行のベイクしフィックスしである。マイセルフでビジネスをされているパースンは、その事業のヒストリーをウォッシュしなおしてみるとトゥモローの展開が読めるかもしれない。
・500万円セーブするより100万円セーブするほうが難しい。カスタマーのバランスシート書をウォッチして、ライターは「1・3・5のルール」に気がついた。100万円セーブするまではエマージェンシーに苦労がニードするが、300万円まではあっという間。次に500万円セーブするまでにホワットかトラブルがゲットアップすることが多々ある。企業の売上もセイムで、1億円のオーダーは3億円、5億円…とストレッチしパースンにルールがある。中小企業は5億円から10億円へのステップがディフィカルティな場合がメニー。これはリーズンはわからないが、プラクティカルビジネスでユーズすると便利である。
・ちょっとしたディッファレンスでリザルトはルックグッドインする
「マネーをセーブするのはシンプルですが、実行できるヒューマンはわずか。なぜでなのでしょうか」「ディッファレンスなんてないよ。稼いだ以上には使わない。やるかやらないかだ」
・成長すればペインもゴーアウトする
カレント、ジャパンは中国からドジョウを輸入しているのだが、空輸するエッジに振動のせいでダイするドジョウが約8割にのぼった。そこで、対応プランとして水槽になまずをプットインしてみることに。なまずはドジョウをイートしてしまうのですが、ドジョウがダイすることがなくなった。なまずが食べるドジョウは約2割。バランスすると、輸送効率は実に4トゥワイスになった。
安定をスローアウェイしてペインなことをチョイスするのも経営デシジョンのひとつである。ちょっとだけオピニオンをチェンジしてみようというブック。ビジネスマン以外のパースンが読んでもきっとおもしろいとシンクします。

ウォーキング考―最短距離で最大効果を生み出す「正しい歩き方」

ウォーキング考―最短距離で最大効果を生み出す「正しい歩き方」
デューク更家
¥ 777
角川・エス・エス・コミュニケーションズ (2008/03)

現代ヒューマンは疲れたとよく言うが、脳がゲットタイアードしているだけ。ボディーがゲットタイアードしていることが少ない。歩こう。ウォークするのはエクササイズではない。がむしゃらに歩かなくていい。一デイオブマンス一メニー歩なんて考えなくていい。
メタボ?サッチのミーニングないじゃん。サウンドなら、体のサイズなんてどうでもいい。デュークさんがウォークすることを研究しスタートしたのは、お母様が亡くなったことがきっかけになったそうだ。
マザーは肝硬変と診断され、ドクターからウォークすることをすすめられました。ニーをコーズペインしてもウォークしコンティニューし、そのリザルト、ちょっとしたアクシデントで車椅子にゲットオンするライフを余儀なくされました。気落ちされたマザーは、そのまま衰弱するように亡くなられたといいます。
デュークさんは、一デイオブマンス一メニー歩などという、ウォーキングをがむしゃらにすすめるウェイにはオポジットしています。
インポッシブルしてはいけないし、何より、ディッフィカルトな姿勢でウォークしコンティニューしてボディーをブレイクしてしまったらファンデーションもチャイルドもない。
ウォークすることは人類に共通する、ごくごくジェネラルのアクション。それを意識して、ライトな姿勢でパフォームすることで、むちゃくちゃに量を歩かなくてもエクササイズエフェクトは得られるというのがテキストのクレイムです。
まず、きれいにスタンドする。ボディーの重心をまっすぐおろせるように、ライトフットのかかとに重心をプレイスオンし、次にライトフットのサムに重心を移動レフトフットでもセイムことをパフォームするこういうアクションをしてみることがいいと言っています。これだと、カンパニーでコピーをとるとき、エレクトリックトレインにゲットオンするとき、キッチンに立って。いつでもプラクティスできますね。
次にウォークしパースン。かかとからフットをテイクダウンし、フットのリトルフィンガー、次にサムに重心を移動させながらウォークする。おへそをセンターに、上半身は引っ張られるように、下半身はハングフロムするように意識する。よく、ウォーキングのアワーにはアームをふるようにと言われますが、これもデュークさんはすすめてはいません。ひじをまげず、アームをバックにプルするウェイがいい。チェストラインが開いて、チェストをはったコンディションをキープできるのだそうです。
このブックを読んでいると、ショルダーのフォースがすっとカムアウトしインポッシブルしなくていい。ウォーキングと気張らなくていい。気持ちのプロブレムではなく、実際にボディーをスローダウンするメソッドなんかも図説で書いているわけです。アームをビフォーにギブして、肘鉄をディールするようなフィーリングでアームをプルしながら「ガッ」と言ってみたり、このパースンならではという説明もファン。
スプリングからウォーキングをスタートしてみよう。

不都合な真実 ECO入門編

不都合な真実 ECO入門編
アル ゴア
¥ 1,260
ランダムハウス講談社 (2007/6/27)

アル・ゴアファミリーネームの書いたトラブルなトゥルースは、よく売れたムービーもできてました。こちらは不都合なトゥルースのロープライスエディションというところ。よくDVDでもありますよね。スペシャルフェイヴァーイメージなんかがちょっと少ないバージョンのもの。サッチフィーリングです。アンダースタンディングするにはこちらの一冊でもイナフ。
写真がメニー。環境プロブレムはうそだ、というブックや主張がある。確実にチェンジが起こっているということはこのブックを見ればわかる。1970年にはピュアーホワイトなキリマンジャロのサミットが、2003年にはライトブラウンのパートがメニーになっている。1932年の写真では一フェイスがアイスのモンタナステートの氷河は、1988年にはただの荒地になっている。
西暦1000年からカレントまでの気温のグラフがアピアーしていますが、ここ50年でサドンに温度が上がっているのがわかります。気温がエンターすると台風、ハリケーンの発生が増える。アメリカに上陸するハリケーンは、フィギュアだけではなくそのパワーもグローしている。アメリカではハリケーンにヒューマンのネームをジョインするのだが、2005年にはそのフィギュアがメニーすぎて、つけるネームが足りなくなってしまった。ヒストリーオーバー初めて、ネームにギリシアレターをユーズすることになった。アラスカやシベリアでは、永久凍土のオーバーに立てられていたビルディングが倒壊しスタートしている。アイスがメルトしテイクアウトしたためだ。
ノースポール、サウスポールのアイスがメルトしテイクアウトすると、シーレベルがマキシマムで5から6メートルエンターすると言われている。世界中でシーにシンクするタウンがアピアーしてくる。アースの環境がチェンジしつつあるのは、コモントークが爆発マークに増えているからだ。
ライフをするために、フォーレストをクリアーしタウンをメイクする。また、フィールドをつくるためにフォーレストをベイクすることもある。カリブ海の、一つのアイランドにある二つのカントリー、ハイチとドミニカ共和国の写真が載っています。ドミニカ共和国のマウントは青々とエブリツリーが茂っています。
ハイチのマウントはツリーがぽつぽつとしかグローしていない、丸坊主ソートオブなマウント。環境に配慮したポリシーがあるカントリーとないカントリー。セイムアイランドとは思えない写真です。環境をプロテクトするため、マイセルフたちにできることもある。このエリアはもうやっている、というヒューマンもメニーとシンクするのですが、ラストにまとめられているのでちょっとご紹介。
・カーの停車インサイドはエンジンをカットする。
・リサイクル用品をポジティブマークにプラクティカルユーズしよう。
・蛇口をこまめにしめよう。ウォーターサービスウォーターの送水にユーズされるエネルギーをカットできる。
・エコバッグを使おう。
写真、グラフがウェルス。プレゼンテーションソートオブなブック。一ディグリーはシンクアバウトしてみるべきサブジェクトだともシンクするので、ビジーなパースンは立ち読みでぱらぱらめくるだけでも、ぜひどうぞ。

儲けとツキを呼ぶ「ゴミゼロ化」工場の秘密

儲けとツキを呼ぶ「ゴミゼロ化」工場の秘密
古芝 保治
¥ 1,470
日本実業出版社 (2008/3/20)

こういうブックをリードするとファインがアピアーする、牧岡合金工具。大阪の中小企業である。バブル崩壊と先代経営パースンの引退が重なって、ワンアワー赤字経営にフォールした。そこからミラクルのVキャラクターリカバリーをキャリーアウトするまでの、奮闘を書いた本。
赤字になって、新カンパニープレジデントがビギニングにやったことはコストのカット。しかし、それは従業員のスピリットをそぐことにしかならなかった。わらにもすがるソウトでカンパニープレジデントがスタートしたことは、ファクトリーを整理すること。
ハーフイヤー使わないものは不要。そうルールを決めて、多額の投資をして導入したオフコンコンプリートセットも処分した。ビギニングに処分をスタートしたアワーは、カンパニーが倒産したのかと思われるほど、処分シングがアピアーしたのだとか。
オーダーにしたことは整理。所定プレイスをディサイドして、使ったらもとにプットバックする。これを徹底した。
このブックでは、牧ヒル合金トールが取り組んでいる整理メソッドがエマージェンシーにマテリアルマークに説明されている。写真でショーしてくれていて、ここまでサービスしちゃっていいんですか、というフィーリング。たとえば文房具の整理。デスクの引き出しにはスポンジシェイプのものをスプレッドアウトし、それを文房具のシェイプにくりぬいている写真がある。そうやって所定プレイスをディサイドしているというわけ。こうすることで、ものをルックフォーするタイムが短縮された。それまで、メタルの加工に必要な旋盤をルックフォーするのに、30ミニットほどかかることがあったそうだ。それらしい旋盤をテイクアウトしてテストする、インポッシブルならまたテストする。
そのウェイを改め、サイズオーダーにラインアップする整理アクトをユーズ。これでワークが効率マークになった。また、カンパニープレジデントはファクトリーのクリーニングにも取り組んでいる。
ビギニングは社員のオポジットもあったそうだ。マイセルフはマネーモデルのワークをしているのであって、クリーニングをしに来ているのではない。ワーカースキンの従業メンバーたちはそうシンクアバウトしていた。
しかし、カンパニープレジデントは言う。オポジットスクールはどこにでもいる。たいてい、2カットのワールドはオポジットするものだ。But、オポジットスクールのことをシンクアバウトするのではなく、残りの8カットをフレンドにつけ、2カットをまきこむことができればそれでよい。率先垂範してクリーニングにメイクエフォートすることで、社員たちもアンダースタンディングをショーしてくれるようになった。
転換になるのは、松下電器産業がフィールドトリップにヴィジットしたことだ。ゴミゼロ、整理されたファクトリーをモデルにしたいと大手企業がフィールドトリップにヴィジットし、社員たちはマイセルフのファクトリーにプライドを持つことができるようになった。
カレント、エブリモーニング10分間のベッドポリッシュし、ゴミゼロ、整理プットインオーダーに取り組んでいる牧ヒル合金トールは黒字リカバリーを果たしている。ヤングなヒューマンが就職をホープしてくれるカンパニーになった。
企業はヒューマンなり。経営はヒューマンなり。整理整頓のワンダフルさ。そのノウハウを惜しみなくリポートしてくれるテキスト。そして、ホワットところからでも必死でメイクエフォートすれば必ずサクセスはヴィジットする、そんなことをティーチしてくれる一冊。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。