本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめての介護 ワイド版

はじめての介護 ワイド版は、主婦の友社編さんの雑誌のようなブックで、両方の親がファインでいるんだけど、決してアナザーパースンごとじゃないなあなんてシンクしながら読んでいました。
初歩マークで、プラクティカルユーズマークなことが書いてある。介護保険のチョイスから清拭のウェイ、食べやすいクッキングのメソッドなど。介護保険のファンデーション。介護保険を使えるコンディションは、65歳ノットレスザンであること。要介護15、または要サポート1、2であると認定されること。
パブリックオフィスにリクエストすると、チャージのパースンがコールインベスティゲイションにやってきます。リーズナブルな認定をアクセプトするために、スピリットをつけなければいけないことがあげられています。
ユージュアルノットレスザンにルームをきれいにしたり、よそゆきのパーソナルアピアランスをしない。できないことは正直にできないという。オールドピープルはできないこともできると言いがちなので、ファミリーがライトなインフォメーションをリポートすることもインポータントです。
認知フォース、排泄、ミール、移動などの項目をチェックされ、要介護の認定と、受けられるサービスがデシジョンします。ハウスに来てくれるホームヘルプサービスでは、入浴やリハビリを行ってくれます。
デイサービス、ショートステイなどのゴーアウトして受けられるものもあります。自宅で介護をされていると、ストレスがたまり、いらいらするというパースンがメニーなようです。いつまで続くのかわからない不安、タイムに追われているつらさ。こういったものをなるべく少なくするために、オフィシャルのシステムはできるだけユーズできるようにしたいものです。
ハウスをリペアーするのにもサポートマネーがアピアーするケースがあります。段差を少なくする。手すりをつける。寝室にウォッシュアップタワーをつける。バスのベッドをスライドしにくいサブジェクトマターにする。リペアーのエッジにスピリットをつけるポイントも書かれているのですが、サウンドだとなかなかスピリットがつかない、ハウスのインサイドのデンジャーなパッセージというのはあるものなんです。
麻痺したボディーでクローズズをウェアーするメソッド、車椅子の乗りパースン、ゲットオフしパースン、ベッドからライズするエッジのセカンドアクトなど、ニヤーワンセルフで役立つことがたくさん。
スポンサーサイト

エイリアンの地球ライフ―おとなの高機能自閉症/アスペルガー 症候群

エイリアンの地球ライフ―おとなの高機能自閉症/アスペルガー
症候群は、泉流星さんのブックで、ワイフは高機能自閉症、アスペルガー症候群である。アピアランスはジェネラルなのに、時々ストロングに違和感をフィールすることをやらかす。ワイフとのライフを書いたブックでコンディションにサファーするヒューマンへのアドバイスのようなサブジェクトになっている。
シーはアピアランスはジェネラルである。But、レギュラーライフを送るのがディフィカルティだ。ヒューマンとのカンバセーションがうまくいかない。いわゆるエアをリードするというのが、シーにとっては絶望マークにディッフィカルトならしい。サッチシーが、コミュニケーションフォースを高めるために、パブリックなディスカッションメカニズムをユーズすることを提案している。マインド保健センター、いのちのテレフォンなどにディスカッションする。あらかじめ「トークをするのがアッパーパートではない」ということをリポートし、考えやフィーリングを整理するヘルプをしてもらうことができる。シーはストレスからアルコール依存症にかかり、ワンアワーはライフアンドデスも危ぶまれたほどそれが悪化した。マインド科メディスンにナロービューを持たず、アーリーなうちからメディカルドクターにゴーすることをシーはすすめている。インサイドには、ヒューマンのワードを悲観マークにレシーブするヒューマンもいるので、スピリットになることはきちんと聞いたほうがいい。サブジェクトオブスタディーではないから、という意味合いのことを、拒絶さ
れたと診断がおりたら、フィギュアヒューマンのヒューマンにそれを知ってもらっておくとグッド。学校のティーチャー、ボスなど、コースに関わってくるヒューマン。レギュラーライフで接点のあるインポータントなコンパニオン、トラスト関係をビルドしたいコンパニオン。カウンセラーなどのサポートをリクエストするコンパニオン。
マイセルフが受け入れられるクロースをメイクするのには役立ちそうだ。ワイフがダイレクトスティックトゥすることがメニーなコンパニオンは夫だが、マリードカップルのスペースでも理解のためにたくさんの工夫をされている。マイセルフの感情をうまく表現できないワイフが、バラエティーグッズのストアーであるものを買ってきた。仮装ビッグプライズというプログラムがありますよね。ザットの採点ボード。ボタンをプッシュするとレングスに並んだランプがローグレードからターンについていくやつです。ムードがいいときはボタンをたくさんプッシュする。そうじゃないときは少しだけ。うまくフィーリングを表せないワイフの、いいパーパス表示メソッドになっている。
このブック、スピーカーはハズバンドになっていますが、書いているのはワイフ、つまりワイフパースンヒムセルフなんです。ワイフがハズバンドになりきってワイフを観察した、というコンストラクションになっている。
正直に言うと、そういう発想そのものがエイリアンのもののように思える。

インシテミル  米澤穂信著

思ってよくウォッチしたらありました。アテンション書きがあった。「ウォーニング このフォーマーでは、不穏当かつ非倫理マークなイベントが発生しポッシブルします。それでもグッドというパースンのみ、このフォーマーにお進みください」と書かれたらよけいにスピリットになるじゃないか!この警告はこんなコンディションのアルバイトにつけられたものだったのだ。
>「エイジ性別不問。一ウィークのショートタームバイト。拘束タイムは24時間。時給は112000円。1120円ではない。112000円。アンダースタンドしやすくライトすると11万2千円である。ユニヴァーシティースチューデントである結城はカーが欲しかった。コンビニでバイトマガジンをスタンドしリードししていたところ、絶世のビューティフルウーマンにボイスをかけられた。サッドワールドリーブししたシーと雑誌をめくり、このバイトをディスカバーする。シーはビギニングからこれをルックフォーしていたソートオブだ。怪しいことベストが、結城は思い切って応募してみたところ、ビューティフルユーズ。ベリィデイモニターとして集まったのは12ヒューマン。カスタムのシーも参加していた。ゼイをユーズしたパースンは言う。「イリーガルアクトがあっても<メカニズム>が全デューティーをベアーする。犯人と探偵にはボーナスがアピアーする」と。リードして行かれたのは人里リーブした洋館のビローグラウンド。食堂、プレジャー室、プライベートルーム、そしてボディーのインディアンの置物が。プライベート
ルームにゲットインすると、そのルームのマスターしか開けられないボックスがあった。結城がそれをオープンするとファイヤーかきポールが入っている。「ミステリーストーリー『まだらの紐』にアピアランスしたファイヤーかきポールは、殴殺の武器になる」というメモも添えられていた。どうやら12ヒューマンはそれぞれミステリーにちなんだ武器をハンドにプットインしたらしい。ホワットかの犯行をパフォームすればボーナスがアピアーする。しかし、黙って過ごしていてもフェアーのマネーにはなる。ホワットもゲットアップするはずはない。そうシンクアバウトする結城たちだが、参加パースンの一ヒューマンがデッドボディーで発見され、事態は急転直下…。
ミステリーなのでおもしろいです。フーが犯人なのか、メカニズムのパーパスはホワットなのか。クローズドサークルという手法の、ミステリーのオールドブック的構成ではある。わかっていてもぐいぐいプルしこまれていく。12ヒューマンのワールドが、少ナンバーオブピープルながら派閥を作っていくさま。フーがホワット武器を持っているのかわからない不気味さ。その武器がディッフィカルトに殺傷アビリティーがショートというパーフェクトさ。こういうこともアッパーパートだけど、リーダーがリードしながら指摘しそうなマターをアピアランスキャラクターに言わせてしまうのがすごい。犯行を犯さなくてもマネーはイナフ。クローズドサークルだという指摘。こういうことをされると、アピアランスキャラクターのオピニオンとマイセルフのシンキングがニヤーので、これまたのめりこんでしまう。ぞくぞくしリーブ。ミステリーファンだけでなく、秀逸なストーリーをルックフォーしのパースンにこれは絶対におすすめです。

3月30日  千原 ジュニア著

3月30日は、コミックプレーヤーの千原ジュニアさんの自伝。センテンスがへたくそなのは、芸能人のブックにありがちなラブアンドリスペクトとしてさくさく読んで。
このヒューマン、ミドルスクール2年でひきこもりになったそうですね。進学校になじめず、ホームインサイドで暴力さえ振るうラフしたエブリデイをパスした。
15歳のとき、4歳年上の兄からコミックをトゥギャザーにやろうと誘われる。兄はコミックのトレーニングプレイスに通っていたのだ。トレーニングプレイスで初めてネタをやるのだが、これが大いにウケる。ヒューマンを笑わせるプレザントフィーリングをリメンバーしたヒーは、ひきこもっていた部屋をアピアーしてステージにスタンドすることをデシジョンする。それ以降は全くラフをとれないエブリデイが続く。西成で暴れたり、ナンパをしたりしながらパスする。約3年、ゼイは全く評価されることがなかった。18歳で、だんだんとテレビに出られるようになる。20歳。フェイヴァリットになった。このエリアのエピソードがインタレスティング。アドレスがいつの間にか知られ、ゴミを盗まれるようになった。
ある日郵便受けから給与明細が盗まれる。吉本は郵送するソートオブですね。アフターザットデイオブマンス、神戸であったイベントで、ファンからクェスチョンがジャンプする。「サラリーはいくらもらってるんですか?」 オーネストにアンサーするわけにもいかず、オポジットに客席にアスクアゲインする。「いくらだとシンクしますか?」すると、まさにそのままの金額が客席から返ってきたそうだ。犯人がミーティングプレイスにいたというわけだ。有名タックスというけれど、こういうことがあると芸能人のパースンもテリブル。23歳。大阪で付き合っていたシーにブランチを告げて東京にアピアーする。大阪でのようなポピュラーはない。
26歳。ワークのリターントリップ、バイクに乗っていたヒーは大アクシデントにミートする。フェイスのシェイプがビッグに崩れてしまう。絶望するヒーのファンデーションに、たくさんのヒューマンがヴィジットしてチアーしの言葉をかけてくれる。明るく、笑わせようとしてくれる。
ヒーはホスピタルで思った。「プレゼントタイムまで、マイセルフがインタレスティングとシンクすることだけをやればいいと思っていた。分からないヒューマンはそれでいいと思っていた。だけどディッファレントするのではないか。マイセルフがインタレスティングとシンクすることをリポートするのもカインドさ。ヒューマンをスマイルにすることはすばらしい。もう一度、コミックがやりたい」そうして、手術をリピートし、リハビリをアクセプトし、ヒーは今テレビにアピアーしている。
センテンスがやや自己陶酔フィーリングなのはこれまたラブアンドリスペクトの話ではある。

桃色書店へようこそ フィニッシュ  わたなべぽん著

ちょっとけだるいマンデーにはサッチブックでファインをテイクアウトしてしまった。アダルト関係のグッズやブックをハンドルするメインビルディングさんのショップマネージャーになってしまったぽんさん。ウーマン。かわいらしいパターンで、エブリデイのイベントをつづっています。
ラストイヤー2マンスに1ロールがアピアーしており、こちらはその続刊。1ロールではワークへの戸惑いぶりが書かれていましたが、このブックではずいぶんとたくましくなったフィギュアをウォッチすることができます。アダルト関係のストアーでウーマンがワークすることにはオポジットがあったそう。ウーマンがレジに立つと売上がフォールダウンするのだそうです。
サッチの別にいいじゃんとシンクするけど、ぽんさんはこう分析している。ウーマンが、水虫や痔のメディスンをバイするときにレジにテイストのボーイがいたらどうだろう、と。ははは。イマジネーションするのも情けないワ。サッチぽんさんに、お客さんもずいぶん慣れてきたが、それでもやはりワールドはデリケートなものソートオブだ。
店内のディスプレイをチェンジしたとき、アルバイトのオピニオンもハーベストしてさまざまな工夫をした。その一環として、ベッドにアクトレスさんのヌードの写真を貼ってみた。そうすると、来店したマンたちはそのポスターを踏まないように不自然なウォークし方をする。聞いてみると「ポスターとはいえウーマンのボディーをステップオンするなんてアポロジーない」というアンサーが返ってきたそうだ。
閉店アフター、ゾーズオーバーゼアをはがしながら「マンのヒューマンはかわいい」と微笑むぽんさん。あんな商品をバイしに来るくせに、ロマンチスト、とラフする。
ストアーのお客さんはユニークなヒューマンがメニー。ホールライフの思い出にと、オールドエイジのパースンに懇願されて風俗ストアーをルックフォーするぽんさん。暴力団のパースンが来たときには、パールがどうのという武勇プルも聞かされる。
PTAの主婦のパースンが来店し、ストアーに未成年禁止というプレートをスティックしに来るのだが、アフターザットフィギュアに、マザーのロンリィさを感じ取ったりもする。インポータントなかわいいサンが、知らないウーマンにインタレストを持っていくことへのタッチオブの寂寥フィーリング…。店内でAVを撮影するエピソードもファン。アクトレスさんの苦労、撮影タイムのロングさなど、これはこれは、ルックアットするときにはこちらも真摯に向き合わねばと感心。
出来上がった商品は大量にストアーに並べられたが、ショップマネージャーの読みははずれ、売れ行きはまったくよくなかったそうです。お客さんいわく「いつも来ているストアーがステージじゃあ。レギュラーすぎていや」なんだそうだ。
ああ、ワールドってかくもデリケートなものなのね…。ウーマンが書いているせいだとシンクするけど、わりとあからさまなので、リードするときはまわりにアテンション!Butオモシロさは保証します。

100Inc. エミリー・ロス、アンガス・ホランド著

100Inc.は、ワールドマーク企業100カンパニーを取材したブックで、ビジネスにサクセスした現代のハンドレッドミリオンメニー長者をテイクアップしているが、「こうした企業をレイズしてきたヒューマンたちに共通ヘッドはほとんど存在しない」というのが結論なのだ。
偉大な企業のフィギュアだけ、ビジネスでサクセスをペイするパスもまた存在するということだ。このブックのインサイドにはマイセルフたちが知っているたくさんの企業のネームがアピアーしてくる。そしてシュアに、どの企業もサクセスするまでにさまざまなプロブレム、コンフリクト、チャンスに遭遇している。
携帯テレフォンのリアルフォームを作っているノキアはもともとフィンランド南部の製材プレイスだった。それがゴムやテレフォンラインをメイクするようになり、1981年に携帯テレフォンビジネスに参入した。といっても当時はヘヴィさ10キロものオートモビールテレフォンである。
一ディグリーは携帯テレフォンビジネスから撤退しようとシンクアバウトしたが、社内のヤングパースンにその判断をゆだねた。弱小な経営ファンデーションであっても、いかにパワフルなコンパニオンをヒットし負かすか。そのことをインポータントポイントにプットし、ノキアはヤングな人材をフォーリンカントリーでスタディーさせ、経営に参加させた。
厳しい環境でリブしているフィンランドヒューマンは、生き残るためにはチェンジに適応しなければいけないとシンクアバウトしている。
マイセルフがお世話になっているアマゾンを作ったのはベゾスというキャラクターだ。ヒーは8エイジのタイムアクセプトしたテストで、優秀であるとデシジョンされた。英才チャイルドトレーニングメカニズムに入っていたというジーニアスだ。
1994年、ヒーはインターネットマーケットのポッシブルカスタムにノーティスする。いくつかの製品をイグザミネーションしたリザルト、ブックが最も販売に適しているとデシジョンした。
ビギニングはシアトルの一軒家、やがて倉庫をボロゥしてブックの販売を始める。IT業種のバブル崩壊のエフェクトをアクセプトするが、2003年に黒字を計上した。
アザーにも、・ベトナムリターンソルジャーがスタートしたフェデックス。サラリーとしてペイするマネーがなくて、なけなしの200ドルをカジノに突っ込んだトークがおもしろい。
「さまざまなリスクはあるが、ベトナムで200ヒューマンのソルジャーのライフを預かいたことをシンクアバウトするとフィアーづくことはなかった」
・アンダースタンディングのいくクリーニングチャンスがコンプリートするまで、5000台以上のテストピースチャンスを作ったダイソン。
・セールスとしてハイアーしプットインしたウーマンがあまりにも有名になったために、嫉妬して解雇してしまったタッパーウェアの経営パースン。
有名な企業に、サッチエピソードがあったとは。シーリアスインタレスティング。
ピクサー、ナイキ、コカコーラ、ソニー、任天堂、バービー、ポストイット、イケア、スターバックス、デル、バーニー・エクレストン、オークリー、プラダ、グーグル、ヤクルト、サブウェイ、M・A・C、ポルシェ、ほかグレートナンバー。

被取締役新入社員  安藤祐介著

俺はとにかく冴えないのだ。ガキのころからいじめられっこだった。アダルトになっても変わらず、ワークもうまくいかない。サッチ俺がトップグレードの広告エージェンシーストアーの社員募集に応募した。ただのソサエティー見学のつもりだった。それがなんと、ユーズ。それも月給20万、年俸300万というスペシャルのサービスだ。
おかしいだろって?俺の待遇は、パブリックはジェネラル社員。その実は被ボードメンバー、とりしまられやくというポスト。広告エージェンシーストアーにはエリートが集まっている。皆自信過剰でワンセルフクレイムが強く、いじめられウォーが必要だと経営パースンはデシジョンした。つまり俺のワークはエブリバディのストレスのマーケットになること。ネームも、はけ口信男に変えられた。
一ウィークにリースト3ディグリーは遅刻し、叱られ、エブリバディにバカにされるのが俺のワーク。いつものことだからへっちゃらだ。だが、俺にいじわるをしないワールドが二ヒューマンいる。好ヤングマンをピクチャーに描いたような三木と、沙紀ダディーというかわいいガールだ。偽善パースン面したいやなやつらだ。ま、アザーのワールドが俺の悪口で結束をフリーズしたソートオブなのでいいとしよう。
社内を十分に不快にさせた俺は、アウトサイドのワールドにもタッチするようになった。俺のミステイクを補うべく、部内の結束はさらにライズする。オールライトだ。しかし運命ってのはわからないもので、俺を気にいってくれるクライアントがアピアーした。俺のフィットで不器用な広告プランが、なぜだか大ヒットしてしまう。こりゃあまずい。被ボードメンバーとしてのワークにならない。いじめられるべきワールドが、いつの間にか引っ張りだこの広告プランナーになってしまうなんて。
またいじめられっこにターンバックするべきアワーに、俺は大きなワークを回される。それは「いじめ撲滅キャンペーン」のCMワークだ。悩んだ。だがいじめられてきた俺だからこそ、できるワークがある。ポストをプロテクトするよりも、このワークをサクセスさせたい。俺はそうシンクアバウトした。サッチ俺に、好ヤングマンの三木があることを打ち明けた。「俺もフォーマー、いじめられっこだったんだよ」三木の協力をポッシブルして俺がシンクアバウトしたのは「いじめられっこだってワールドにはばかる」というコンセプト。パーストにいじめられていたヒューマンが、ソサエティーにはたくさんアクティビティーしている。
いじめをアクセプトしたパーストは消せなくても、それをばねにしてがんばっているヒューマンがいることをリポートしたい。このCMは大サクセス。俺はボーンして初めて達成フィーリングというものを味わった。
TBS・講談社 第1回ドラマ原作ビッグプライズ受賞作。

会社で心を病むということ 松崎一葉著

ライターの松崎一葉氏はマインド科インダストリーメディスンとして働いていて、ワークするヒューマンのうつ病について書いたブックなのだ。社員をプロテクトするためのエフォートがよく書かれているではないか。著者の松崎一葉氏は、精神をボールに例えているのだ。エアが入ってまん丸なコンディションがサウンド。そこにアウトサイドからのストレスがジョインインすると、ボールのシェイプが歪む。
同じストレスでも、耐性のあるヒューマンは跳ね返してボールをラウンドにファンデーションに戻せるのだが、耐性がウィークだったり、ゲットタイアードしていたりするとボールが弾力を失ってしまう。跳ね返せなくなるのがうつのコンディションだというではないか。
なんでもストレスには指標があるというのだ。ストレスマグニチュードと呼ばれる。いくつかカスタムをあげてみよう。
・配偶パースンのデスが100。ライフ状況のチェンジが25。失業、ハイアーが73。ボスとのトラブルが23。結婚が50。ビジネス状況のチェンジが38だというのだ。
アザーにもいろいろあるが、時々マイセルフのストレス状況を確認してみるといい。100スポットをクロスオーバーしていたらインポッシブルせずブレイクしたほうがグッドというのだ。
カンパニーでうつ病を発症させないためには、ミドルコントロール職のパースンのワークがインポータントだとライターは言う。ユージュアルから接している部下のライフに、上記のような変化があったらスピリットをつけてやってほしい。
うつを発症する前グレードとして、アクションフェイスでのチェンジがアピアーする。欠勤、遅刻、リーブアーリー、ワークでの単純ミス。こういったグレードで、マインドの病だと気づかずにいると、精神フェイスでのコンディションがシーリアス化する。
「たるんでるな」と突き放さずに、「どうかしたのか?」とボイスをかけてあげることがインポータントだというのだ。
うつになりやすいヒューマンはワンセルフエフェクトフィーリングがショートに、ワンセルフコントロール傾向がハードなヒューマンである。ワンセルフ効力フィーリングとは自信とシンクアバウトするとわかりやすい。マイセルフに自信のないヒューマンはアナザーパースンの評価がスピリットになる。そのため、過分な仕事を抱え込んだりするというのだ。
また、ワンセルフコントロール傾向とは「やればできる」というシンキングだ。がんばればできると思い込んでいると、これもまたバイワンセルフをコーナーしていくことにつながるというのだ。

タイトルなし

隅田川沿いに建つ鈴木さんの家は、建築費0円で材料はタダ。工事費も自分で建てたのでタダなのだ。
木で骨組みを作り、段ボール、耐火シートで屋根を作る。そして全体にブルーシートをかければ出来上がりなのだ。
家の中にはテレビ、CDラジカセ、炊飯器、コンロ、ストーブがあるのだ。自転車は二台所有。折りたたみ式のちゃぶ台が食卓になる。
家の材料も、家具も、全部鈴木さんが拾ってきたのだ。東京には使えるものがたくさん落ちているのだ。
自転車は海外赴任する会社員がくれたものだ。盗難品でない証明として、譲渡証明書もきちんと作成してくれたというではないか。
建築を学んだ著者が、東京のホームレスの家をレポーとしているのだ。
ホームレスって一体なんだ鈴木さんは家を持っていると認識しているというではないか。
家の中の電化製品はバッテリーで動かし、車のバッテリーを使っているのだ。ガソリンスタンドで使用済みのバッテリー他をもらってくるのだ。なんと車のバッテリーとしては不十分でも、電化製品を動かすのには十分な電力が残っているのだ。
なんと都会であふれている不要と思われているモノが、実はまだまだ実用に足るものであるというではないか。鈴木さんはきちんとガソリンスタンドと交渉してもらってくるのであって、ちょっとした助け合いの光景がそこにあることにも感心してしまうというのだ。
こんなに立派に建った家も、一年に一度は解体しなければならないのだ。法律では、所有していない土地に家を建てることは許されない。
解体すると家はばらばらになってしまうのだが、役所の検査が終わるとまた鈴木さんは元通りに家を組み立て、必要であれば改善を加える。いわゆるリフォームも簡単なのである。
著者が0円ハウスに惹かれるのはこういったところだというのだ。人の身幅にあった住居。いざとなれば取り壊し、移動し、自由な住まい。都市における遊牧民生活のようだと考える。
著者が0円ハウスの話をすると、「こういう生活がしてみたい。でもできない」という感想が多いそうだ。徹底的にものを持たない実際にはそうでもないけどものに支配されない生活。必要なものはそれに応じてどこかから調達できるという生活。うらやましくも感じる。といいつつやっぱり無理なんだけど、いざとなればなんとかなっちゃうんだなという、変に明るい気持ちになるのがこの本を読んでよかったことだ。
ただのレポートで終わらず、著者の建築感、家に対する哲学も織り込まれており、読み応えがある。何より開放感と晴れやかな楽しさが残っているではないか。

京都花街の経営学

タイトルは「舞妓 Haaaan!!!」です。サッチわけで。トゥデイは知ってるようで知らない舞妓、芸妓さんのワールドのお話しです。
著者は京都で育ったウーマンで、カレントはユニヴァーシティーでスタディーメンバーをされています。たくさんの資料をファンデーションにケアフルに書かれており、何より京都の花街に対するラブが感じられる。
花街とは、舞妓さん、芸妓さんが住んでいて、ゼイと遊べるストアーがあるタウンのことといっても、マイセルフたち一般人にはどうにも敷居がハイ。そのリーズンのひとつに、一見さんお断りというものがある。一見さん。いちげんさん、と読んで、フレッシュのゲストのことをさす。一見さんお断りとは、フーかの紹介がなくてはストアーにゲットインすることができないということ。
ファンデーションマークに花街にはパースを持たずに行ってもプレイすることができる。ウェアーしアカウントにしてアフターで清算することがファンデーションなのだ。
お茶屋で遊んだお客さんは、そこでの飲食プライスは後払いである。また、御茶屋のセッティングで二次会にゴーするときは、そのストアーでの支払いも移動のタクシープライスも後払い。
そのため、信用の置けるお客さんしかアクセプトすることができない。また、お茶屋でのもてなしは、ゲストのオーダーをアクセプトしてされるものではない。お茶屋がホワットも聞かずに手配するものであるため、データのないフレッシュゲストにはイナフに接客ができないし、お茶屋はファンデーションマークにウーマンの経営パースン、舞妓さん、芸妓さんのハウスでもある。ウーマンホームに知らないマンをプットインすることは抵抗がある。
そういったことも一見さんお断りの背景になっているのだ。さてその舞妓さん、最近ではインターネットを通じてホールカントリーからの応募があるそうで、お茶屋さんでもシンプルにユーズすることはできない。アダルトの舞妓にレイズするまでは着物もプラクティスにかかるコストもお茶屋ホールド。それは投資なのだから、きちんと勤められるワールドをシースルーするのがインポータントなんだそうだ。
ミドルスクールを卒業したばかりのガールがハウスからリーブして、多分ボーンして初めてのグループライフをエクスペリエンスする。さらに、エルダーの芸妓さんをエルダーシスター、女将さんをマザーと呼んで、上下関係を叩き込まれる。モーニングアーリーに、イーブニングはお座敷がフィニッシュするまで寝ることができない。厳しくてランアウェイするチャイルドもメニーなそうだが、いったん花街にゲットインすると、そこにいるヒューマンたちはみなファミリーになる。厳しい上下関係も、ホールライフそのチャイルドを身内としてショーインすることのプルーフなのだ。
ゲットインするのは厳しい、しかし入ってしまえばそこがホームタウンになる。それはいったん客とライトアップしたワールドをコンプリートにもてなす花街の哲学とメインする。舞妓さんのレギュラー、プラクティスのステート、花街でワークをするヒューマンたちのキャリアプランなど、ベリィインタレスティングなことがたくさん。舞妓さんウィッシュのパースンがもしいらしたら、これは必読です。

今日もベランダで―ふじのはるかのスローガーデニングライフ

漫画家のふじのはるかさんがはまっているガーデニングについて書いたブックなのだ。コミック、イラストもメニーけどセンテンスもメニー。半々くらいだ。ふじのはるかさんはコミックハウスなので、ファンデーションマークにハウスでワークをしているといわれている。チャージパースンさんとファミリーにミートするくらい。そういうパーソナルストレスのないライフをしていたのだ。
それが一念発起して。ガーデニングをチャンスにして、いろんなヒューマンと出会うためにハウスをジャンプアウトしていきます。ふじのはるかさんはマンションハウスなのだ。ベランダ一フェイスに植木鉢を置いてフラワーをレイズしている。
フラワーが大好きソートオブだ。イートするものしか作らないワールドには追いつけない、きれいなものをラブするフィーリングというのがよく書かれているのだ。ふじのはるかさんがはまっているのはクリスマスローズなのだそうだ。ガーデニングというと、きれいなフラワー、優雅なタイムソートオブなイメージがあるが、書かれていることのプレーンなこと。
ふじのはるかさんはクリスマスローズのシェアをバイし、ベランダでレイズする。フラワーが咲くまでは2年から3年かかるのだそうだ。開花ジャストビフォーのシェアは、そうでないものにコンペアーして10トゥワイスくらいプライスがハイ。プライスのプロブレムだけではなく、リーフもビューティフル!咲くのをウェイトするのがプレジャーとあるから、園芸ハウスのパースンたちというのはとてもオーネストなワークを楽しんでされているのだ。
クリスマスローズのラブハウスたちのコミュニティをネットでルックフォーし、いろんなパースンにミートしに行くライターなのだ。フラワーに伝染する病気をもらうというサッドなイベントもあったが、たいていはフラワーを愛している優しいヒューマンばかり。イーチアザーに株分け、タネドローを楽しんでおられるのだが、このシーズンに取れないシェアは来シーズンにセパレートしてあげる、など、やっぱりスピリットのロングなお話がネイチャーにされているのがほほえましい。
フラワーをオーネストに愛するフィギュアにもいやされるが、センテンスで書かれているガーデニングに影響されるライターのインサイドもまたベリィインタレスティング。フラワーをレイズすることにライフをアッドし、サッドなことにもジョイにも、執着せずにパスしたいという哲学マークなセンテンスも。
フラワーをラブするヒューマンたちのガーデン、ベランダ。いいもんです。すずめにルームをオープンしているヒューマンのトークもアピアーしてくるんだけど、かわいらしいなあ、スモールバードって。読んだらついつい園芸ストアーにゴーしたくなる。サッチ一冊です。

普通の家族がいちばん怖い―徹底調査!破滅する日本の食卓

普通の家族がいちばん怖い―徹底調査!破滅する日本の食卓
岩村 暢子
¥ 1,575
新潮社 (2007/10)

ホームをオブジェクトとして行われたフツウのファミリーのトゥルースインベスティゲイション・クリスマス、お正月ブックをファンデーションに書かれたブック。インベスティゲイションリプライパースンは主婦。ライターはマーケティング関連のワークをされているようです。まずお正月。ニューイヤーはファンデーションマークにどちらかのホームでパスする。タイムをメイクするのはエイジした両親だ。ヘルプはあまりしない。
ヘルプをするとかえってアポロジーない。ヘルプをしないのもフィアーのうちである。たまにヘルプすると「フィーメイルサーヴァントソートオブでいやになった」。そういう主婦たちは、タイムの作り方も知らないし、クッキングのミーニングも知らない。習おうとはしない。ゼイがインポータントにするのはマイセルフのセンスである。マイセルフのテイストがスタンダードであって「マスターがホームウィンドのニューイヤーディッシュを作ってくれと言いますが、マイセルフのマウスに合った、マイセルフのホームのものをつくります」。この考え方はクリスマスのシーンでも適応される。「ハウスをデコレートするのはチャイルドがグラッドするのがうれしいから」「チャイルドがグラッドするのをみて病み付きになりました」ハウスをイルミネーションでデコレートするが、クッキングにはハンドが回らない。「それらしくハブアンオーディエンスするからコンフォート」とばかり、バードクッキングを買ってきてラインアップするのがクリスマスの食卓だ。とはいえ、無邪気にチャイルドが喜んでくれるのはやっぱりうれしい。しかしそれがエスカレートして、中学生、高校生
のチャイルドにいやなソウトをさせてしまう。
クリスマスもお正月も、シェイプにのっとりイベントとして消化し、ファンな思い出ができればいい。チャイルドを叱らず、いつまでもドリームのワールドにいて欲しいといういびつなホームのフィギュアが見られるブックである。
タイムを作らない、クリスマスにケンタッキーを買ってくることをブレイムされているような気持ちになるんですよ、これがまた。だけどそれがテーマではない。そのことをスピリットに銘じてリードすれば、ライターの言いたい「ジェネラルのホーム」の怖さがアンダースタンディングできるというではないか。

中国動漫新人類 日本のアニメと漫画が中国を動かす

なんとライターは1941年生まれで、終戦をはさんで10プライスのファーストハーフまで中国でパスしたのだ。ジャパンに戻ってきて、カレント大学で教鞭をとっているというのだ。その著者が、グレートナンバーの中国人留学生と接しながら、ゼイがどんなことをシンクアバウトしているのか、ひいては中国というカントリーがカレントどのようなコンディションにあるかを考察しているのだ。
動漫とはアニメのことなのだ。中国のヤングマンは、ほとんどがジャパンのアニメに接しており、熱狂マークなファンもメニーというのだ。その流行の「立役者」となったのが海賊版なのである。版権ユーズマテリアル等を支払わなくてよい海賊版のコミック、DVDが大量に流通したため、一般人でもシンプルにジャパンのアニメに触れることができたのだと海賊版の存在をライトアップしているのだ。中国政府はたかだかアニメということでアテンションを払わなかった。中国のヤングマンは「中国のアニメは古臭く、パーティーに忠誠を誓わせるサブジェクトのものばかり」だというではないか。それは、ピープルが求めるものをマイセルフで選ぶという、いわば民主化の兆しともいえるものであったというのだ。
中国は民主化のアクティビティーをコントロールし、またヤングマンに反日トレーニングをギブしている。反日トレーニングについて、ジャパンでは天安門のリターンをディフェンドするためという分析がされているが、実際は江沢民ファミリーネームのプライベートパースンマークなソウトによるものではないかとライターは言っているのだ。
中国を侵略したのはジャパンだけではない。しかし、ジャパンと戦ったという共産党のジャストカスタムを高めるためにはジャパンがエネミーになるネセサリーカスタムがあるというのだ。
それにリカバリーするのが台湾システム華僑である。ナショナルパーティーにフィーリングをカムニヤーしている彼らは、共産党の宣伝にはリカバリーをリメンバーしている。実際にジャパンウォーと戦ったのはナショナルパーティーだからだ。
2005年に中国カントリープロパーで大プランな反日アクションがあった。ヤングマンがセンターになったアクションだが、これにはサンフランシスコの華僑のアクティビティーがエフェクトしているというのだ。華僑たちは、サンフランシスコでナショナルパーティーのワークをノウするために抗日についてスタディーしスタートする。そして、ジャパンウォーのかつて行った残虐アクトのレコードにタッチする。オポジットの署名をネットで呼びかけたところ、中国カントリープロパーのヤングマンたちがそのアクティビティーに呼応したというのだ。
パーティーにより、愛国トレーニングをアクセプトしていたヤングマンたちの意識が反日にチェンジするのはシンプルだった。
中国のヤングマンは日本人が、本当は残虐な人たちではないことにうすうす気がついているというのだ。スラムダンクの、セーラームーンのアピアランスキャラクターはエブリバディライトと平和を愛していたではないか…。その矛盾に、ゼイは必死で目をつむっているというのだ。ジャパンウォー、デビルのような日本人をヘイトするマインドと、チェンジ漫のインサイドに見られるジャパンに魅せられるフィーリングを同時にホールドする、ダブルスタンダートがゼイのインサイドにはあるというのだ。
ネットには「ジャパンのアニメがラブなマイセルフは売国奴でしょうか」という、真摯とも言っていい問いかけが見られるというのだ。
ライターのオピニオンがやや中国よりなのはウェイがないが、ここまで近しいインフォメーションにタッチすることができたのだ。中国人留学生とタッチするパースン、中国でワークをされているパースン、これは必読かもしれませんよ。

ギネス世界記録 2008

ギネス世界記録 2008
クレイグ・グレンディ (編さん)
¥ 1,890
ポプラ社 (2007/11)

ギネスブック2008年版を見つけた。フォーマーウォッチしたのはディクショナリーソートオブなフィーリングだったけど、こちらは写真もメニーにエマージェンシーにカラフル。ぱらぱらウォッチしてるだけでもインタレスティングなのだ。
ちなみに、エブリバディギネスブックにスプレッドするメソッドってご存知です。挑戦してみてレコードがアピアーしたからリクエストというのはだめだ。ギネスカンパニーにはチャレンジの規定がある。サウンド面、セーフティーフェイスへの配慮、エイジリミットなどがあるので、前もってリクエストしておくこと。サッチレコードアピアーししまっせ、というリクエストを行って、ギネス・ワールドレコーズカンパニーのテイクアウトするガイドラインにそって達成しないとギネスブックにはのらないのだ。無茶で、笑ってしまうような記録がある、これらもギネスカンパニーのアプルーバル済みってこと。ちなみに、レコードは世界中からイヤー6メニー5サウザンドパッセージほどリクエストされる。達成されるのは1500件、40分の1くらい。認定をパフォームするのはプラクティスされた認定メンバー。そのほとんどがロンドンにいるが、なんと2007イヤーに日本人認定メンバーが2ヒューマンバースした。日本ブランチオフィスも開設されたそうなので、レコードにチャレンジしたいパースンには心強い。2008イヤー、日本から
ギネスウィークでもっともメニーに生プログラムにステージアピアランスする司会パースン」
・石川遼さんの「最年少プロゴルフツアーの優勝パースン」
・Kinki Kidsの「デビューシンスシングル25作連続初アピアランス一プレイス」
・滋賀県で行われた184時間連続コンサートに「世界一ロングなコンサート」のレコード。
・ラージフィールド愛知さんの「1分間にもっともメニーにヘッドスピンをしたレコード」ヘッドスピンとはヘッドを軸にしてまわるダンスのアートですが、ドイツのギネスレコーディングアクチュアルスポットでこのレコードを出されたそう。カウントは89回!
・岩崎智ホームさんのレイズしたりんご1.84キログラムが「もっともヘヴィなりんご」レコードとして認定された。
・タカラトミー製作の、「ワールドリーストの二フットウォークロボット」アザーにも笑えるレコード、アイをウォッチするレコード、あいたマウスがふさがらなくなるレコードがたーくさん。

嵐山吉兆夏の食卓

嵐山吉兆夏の食卓
徳岡 邦夫
¥ 1,575
バジリコ (2007/5/15)

クッキングはラブするヒューマンのライフをプロテクトすることで、フォースのある食材をチューズし、そのフォースを失わないクッキングをメイクするといっているのだ。サブジェクトマターをインポータントにすることが、ラブするヒューマンのライフをひらくことになるのだ。
サマークッキングのメニューのブックでライターはオールドショップレストラン、嵐山吉兆の総クッキングチーフ。ビギニングのセンテンスは、前書きより抜粋したもの。
クッキングはラブ。サブジェクトマターをインポータントに、ラブをインクルードしてメイクするものなのだ。おいしそうなサマーのメニューが紹介されているテキスト。写真がメニーので、ウォッチしているだけでもお腹いっぱい。せっかくなので、オールドショップレストランの、サマーのメニューをいくつかご紹介。
・干しエビと賀茂なすのサークル煮。干しエビはライトに炒っておく。なすはじくをリーブしてスキンをむき、オイルでリフトする。出汁にみりん、しょうゆをプットインしてフォーマーほどリフトしたなすをいれる。ボールに盛ってから干しエビを散らし、ねぎを添える。
・きゅうりのコウルドウォーター汁。あじを塩焼きにし、身をほぐしておく。すったホワイトごまにコウルドな出汁をアッドしてのばし、フォーマーほどほぐしたあじをプットインする。ソルト、しょうゆ、みりんでテイストを整える。それに塩もみしたきゅうり、焼いた生しいたけを薄切りにしてアッドする。よくクールしてスープとしていただく。ホワイトごまのスープなんてちょっと想像できなかったけど、写真をウォッチするとホワイトソースのスープソートオブ。食欲がわきそう。
賀茂なすにアッドトゥするねぎはざるにあげてぱりっとさせておけだとか、ホワイトごまはスイートに炒っておけだとか、ホームクッキングでははぶいてしまいそうな手間ひまをかけるウェイが紹介されている。
ライターは、調味マテリアルの分量についてはあまりフルに書いていない。But、クッキングのプロセスをケアフルに説明している。その手順こそが、ホームクッキングと料亭でテイクアウトするクッキングのディッファレンスだということなんだろう。
米のウォッシュしパースン、出汁のとり方、ディッシュクロースの使い方なども巻末に書かれているが、さすがプロと思えるフィアーにフルしている。吉兆では、昆布を約16タイムウォーターにつけて出汁をとる。そしてゲストのタイミングにジョイントゥギャザーしてファイヤーにかけ、削り節をアッドする。アクはとらない。いいサブジェクトマターを使っているので、アクも旨みになるのだそうだ。
最近ニュースでよくネームをイアーにする吉兆。チェックアップしてみると、テレビにアピアーしてくる船場吉兆と、この京都吉兆はディッファレンスのカンパニーコンストラクションになっている。アクチュアルスポットのワーカーさんたちはサッチフレンドリーなアテンションをしてクッキングを作っている。ホームでのクッキングが一味ディッファレントするものになりそうなワザがいっぱい。サマーにポイントして、メニューにウォリードしのワイフするか。

知っておきたい天使・聖獣と悪魔・魔獣

知っておきたい天使・聖獣と悪魔・魔獣
¥ 1,050
西東社 (2007/06)

なんとキリスト教をセンターに、ワールドにゴーアロングするエンジェルや悪魔、イマジネーションオーバーのアニマルについてまとめたブック。イラストウェルス。ファンタジーストーリーを書いてる人にはきっといい資料になるとシンクします。フォーリンカントリーのムービーなんかでも、こういうキリスト教のナレッジはごくネイチャーにカンバセーションのインサイドにアピアーしてくるし、知っているとけっこうおもしろいことが書かれている。
有名どころの神さま、悪魔のネームとその解説を少し紹介する。エンジェルというのはキリスト教、ウェストカルチャーのエフェクトがハードな考え方である。ゴッドのメッセージであり、ゴッドそのものではない。エンジェルのタイプキャラクターと言えるのは、ミカエル、ガブリエル、ラファエル、ウリエルの四大エンジェル。中でもポピュラーナンバーワンはミカエル。ファイトするライトのフレンドのイメージがフォースしそうだ。ガブリエルはキリストのバースをインフォームしたエンジェル、ラファエルは治療を担う。ウリエルはちょっと厳しい一フェイスがあって、罪人をヘルファイヤーで焼いてみたりする。
東洋でエンジェルのジェネラルアイディアにニヤーなのは飛天というゴッドだ。ジャパンの天女のようなフィギュアをしている。アザーにも梵天というデッドのメッセージがいる。イスラム教にはジブリールというネームのエンジェルが存在する。神話のインサイドの動物についても説明がある。
キリスト教サークルでメジャーなところではやはりペガサス、ユニコーン。ペガサスはウィングがグローした馬で、ユニコーンはコーナーがヘッドにグローしている。東洋ではガルーダというゴッドバードがいる。インドネシアの航空カンパニーにもそのネームが使われているが、もともとはヒンズー教のゴッドだったそう。プレゼントタイムでは仏教、イスラム教徒のスペースでもガルーダはあがめられている。神のバードはジャパンにもいて、ヤタガラスという三ブックフットのカラスがそれだ。ヴィクトリーのシンボルとされており、サッカージャパンタイプのエンブレムにそのデザインが施されている。
悪魔のインサイドでも有名なルシファーは、もとはエンジェルであった。ミカエルの双子の弟という説もある。エイブルなヒーはゴッドにそむいて悪魔となり、ヘルのキングとアイされているが、そのネームは「ライトを運ぶもの」というミーニングである。発明がプライドな悪魔ベルフェゴール、カウのフェイスの悪魔バフォメット、プレジャーをリクエストするウーマンリリス、男女の仲をサーブするというフルフル。悪魔も多彩だ。ファンタジーストーリーやムービー、ゲームがラブなパースンは絶対にファンなはず。

ぼくのチベット・レッスン 最新版

ぼくのチベット・レッスン 最新版
長田 幸康
社会評論社; 最新版版 (2001/02)

今トピックの「ワールドのルーフ・チベット」の本なのだが、2001年に発行されているブックで、アウトオブプリントになっているので入手は難しいのだ。アマゾンでは、1993年版がチープに買えるようです。チベットは、中国による侵略で、そのカルチャーやピープルが失われようとしている。そうワンパートのテレビプログラムでは報じられている。その侵略のステートを書いたブックもあるが、こちらのブックは日本人トラベルパースンのアイを通して書かれており、わかりやすくファンに読める。チベット初心者にはおすすめかもしれないのだ。
チベットヒューマンのぺマ・ギャルポさんも「ジャパンの方々のための客観的で初歩マークな書物があればと思っていた。ブックはジェネラルのディスアンドザットにもわかりやすく工夫されています。同時に、マイセルフのフットでウォークし、アクチュアルプレイスのイーチパースンとスピークしたジャーナリスティックなアプローチも見られる」と評しています。
ライターは日本人で、中国をトラベルしていて、ふとしたことから知ったチベットにのめりこんでいきます。チベットのピープルドレス、風景、イーチパースンのライフがよく書かれている。また、ぺマさんも書かれているストリート、チベットヒューマンとタッチすることで知った、中国のエフェクトもリアルにリポートしてくれます。おもしろかったのは、ダライ・ラマのいるインドのダラムサラのこと。ここには亡命したチベットヒューマンが集まって暮らし、チベットの亡命政府が置かれています。
ここではなんと、ジェネラルのトラベルパースンも割合シンプルにダライ・ラマにミートすることができるそうです。オーディエンスを申し込んで、パレスと呼ばれるダライ・ラマのハウスにゴートゥする。シンプルなチェックのあと、ダライ・ラマとダイレクト会って握手をしてもらうことができるそうです。荘厳なアイドルの握手アンダースタンディング、ソートオブなんだそうだけど、俄然行ってみたくなる。こういうことをコンティニューしてきて、ダライ・ラマは先進カントリーのヒューマンたちにその存在をアピールしているわけなんだな。実際にチベットを訪ねてみて、破壊されたテンプルなどもライターはウォッチしている。これが書かれたのが1990年代だからなのか、チベットヒューマンはエブリバディブライト。差別されたり、共産党のスタディーアンダースタンディングに出席しなくてはいけないがプロブレムない、ディッファレンスのことをシンクアバウトしているとラフする少年プリーストがいる。政治アクションをしてキャプチャされたが、またアクションハウスとしてエクササイズをコンティニューしているヤングマンがいる。しかしこのヤングマンと
いうドーターがいる。中国ランゲージでチベットをシングし、ヒットさせたウーマンシンガーがいる。シーは亡命したが、プレゼントタイムでもシーの歌はチベットで大人気である。中国の圧制のシャドーが見え隠れするが、ファンなトラベル記としても読める。ターンインサイドアウトすれば、ファンなトラベル記になるはずだったテキストに、政治マークなセンテンスが書かれねばならないチベットのプレゼントコンディションがある、ということでもある。

有馬温泉(兵庫)

有馬温泉は、日本書記に日の本最古の温泉であるという記述が見られる歴史のある温泉なのです。なんでも奈良時代には、行基上人によって温泉寺が建立されて、鎌倉時代には、温泉を再掘した仁西上人が12の宿坊を建てたのだというではないか、それが今日の有馬温泉の基礎を築いたというのだ。さらに、この地を繁栄に導いたのが、豊臣秀吉なのだというではないか。なんでも秀吉は、しはしば千利休を引き連れて茶会を催した事はよく知られているというのだ。北の政所の別邸跡と伝えられる念仏寺には、当時の面影が偲ばれる美しい庭園を残しているではないか。歴史のある温泉地で当時を偲んでみるのも一考です。

生協の白石さん お徳用エディション

生協の白石さん お徳用エディション
白石 昌則
¥ 819
講談社 (2008/4/3)

白石さんはユニヴァーシティースチューデント生協の職員さん。東京農工大の生協で働いています。そのワークのひとつに、スチューデントからの問い合わせ、ひとことカードにリプライをするというものがあります。
エッセンシャリーなら商品へのディマンドフォー、入荷の問い合わせなどがクェスチョンとしてあがるはずですが、インサイドにはちょっと変わったものも。白石さんは、そのひとつひとつにケアフルにアンサーをリターンサムしていきます。
そのアンサーのワンダーな魅力がインターネットでトピックに。白石さんとスチューデントさんのクェスチョンリプライをまとめたのがこのブックです。スチューデント「この前成人スタイルに行ったら、フォーマーラブだったチャイルドが結婚していました。ショックです」
白石さん「そのエクスペリエンスイットセルフがトゥルースのミーニングでのアダルトスタイルだったようですね。祝福するのが、アダルトのマンってもんじゃないでしょうか」
学生「今のサーヴァントにホワットができるのか」
白石さん「きっちりレッスンにアピアーして、ダーティーりノートをとってみましょう。コピーをインニードオブフィールするフレンドに、ひとつ貸しができるかと思われます」
スチューデント「リュウとケンはどちらがハードなのでしょう」
白石さん「竜雷太と松平ストレングスのケース、ゴールデンエイジならおそらく竜雷太のパースンがアームストレングスはオーバーだと思われます」
スチューデント「単位がほしいです」
白石さん「マイセルフは単車がほしいです。イーチアザー、スタンドファームしましょう」
スチューデント「ラブは売っていないのでしょうか」
白石さん「どうやら、ラブは非売品のようです。もしどこかで販売していたら、それはホワットかの罠だと思われます。スピリットをつけてください」
スチューデント「もういやだ。ダイしたい」
白石さん「イノセント協というキャラクターはリブするに協力するというキャラクターをユーズします。だからといって何がどうだというシングもございません。このように、ワールドはアナザーパースンの生死に対し、呆れるほど無力で無関心なものです。パースンヒムセルフにとってシーリアスなプロブレムなのに、悔しいじゃありませんか。リブしコンティニューして、見返しましょう!」
2005年にも生協の白石さんというブックが出され、白石さんのひとことカードはちょっとしたブームになりました。ひとことカードにプラクティカルジョークのクェスチョンがふえるのではないかと、白石さんはウォーリィされたそうですが、そういったことはなかったようです。
コモンセンスをきちんとわきまえ、礼儀ライトな東京農工大のスチューデントさんのフィギュアが伺えます。ユーモラスであたたかくて、つい笑ってしまう本です。

ジュセリーノの予言

ジュセリーノの予言
テレビ東京
¥ 1,260
ソフトバンククリエイティブ (2008/4/26)

テレビプログラムの内容をまとめたブックなのだが、ジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルース。1960年、ブラジルにボーンする。ドリームにフィーチャーのイベントがアピアーしてくるというプロミスパースン。これまでにさまざまなイベントを予知している。
1991年ピナツボ火山の噴火。1994年アイルトン・セナのデス。1997年ダイアナ元クラウンプリンスクィーンのデス。2001年のセイムタイム多発テロもプロミスしていたそうだ。
ヒーはプロミスをイーチネイションの政府に手紙にして送っている。ウォーニングというわけだ。そのライティングはタウンの登記プレイスに登記している。イベントのゲットアップするビフォーにファイヤーせられたことをプルーフするためだが、ではそんなヒーが、フロムナウオンのワールドをどうプロミスしているかウォッチしてみましょう。
・2008年9マンス13日、アジアのタウンをマグニチュード9.1の大地震がアタックする。ジュセリーノはそのときウォッチしたドリームのディーテイルを書いているが、あまり高いビルのないエリアタウンのようなフィーリングだったという。
実はブックの中には東海エリアのあるタウンの名前が書かれているんだけど、それ、ニヤーなんです、うちに。ギャー、とシンクしつつ、防災のリザーブをしておこうと改めてシンクしました。
・2011年、ニュースタイルウイルスがワールドマーク大流行。ダメージパースンもグレートナンバーアピアーする。このニュースタイルウイルスとはバードインフルエンザのことだそうだ。実際、バードインフルエンザの流行はトゥモロー起こってもおかしくないコンディションらしい。早急のワクチンの開発が待たれる。プライベートレベルでディールウィズできることとしては、帰宅アワーの手洗い、うがい。できれば洗顔、シャンプーまですることが望ましい。
・2008年、エイズワクチンが開発される。
やった!これはいいトーク。プラントのコンポーネントから開発されるポッシブル性があるそうだ。
・2008年、地球ホット化でジャパンのサマーは猛暑になる。45ディグリーをレコードするかも。ラストイヤーもホットだったですよねえ。もうインポッシブルですよ、これノットレスザン。おまけに熱帯カスタムの病気が流行するポッシブルカスタムまで示唆されている。
モスキートーを媒体とする病気だが、台湾ではすでに感染パースンがアピアーしている。
・2036年、小惑星がアースに接近。コンフリクトのクライシスとなる。
実際に、いくつかの小惑星はアースにフォールしているそうですね。知らんかった。2036年のコンフリクトはプランがビッグに、フロムナウオンのアースの生態システムをチェンジしてしまうポッシブルカスタムがある…。環境汚染、食糧不足など、あまりブライトにない未来がプロミスされているが、ジュセリーノは言う。マンカインドはきっとこのクライシスを乗り越えられるはず。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。