本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口笛を吹こう

口笛を吹こう 分山貴美子さんの本は、CDがついているブックです。楽器をやってみたいけど、バイするのもなんだし、プラクティスする場所もない。サッチパースンにマイセルフのボディーに備わっている素敵な楽器があります。エレクトリシティーも使わない、キャリーするのも不便じゃない。とってもラブリーな楽器になる、ふたつのくちびるがあります。
ライターの分マウントさんは口笛プレーヤーなんです。第34回国際口笛マスミーティングのアダルトウーマンクラスのグランドチャンピオンになったパースンだ。その経歴もすごいし、サッチマスミーティングがあることもすごい。そのパースンが、口笛のブロゥしパースンを懇切ケアフルにティーチしてくれている。口笛くらい吹けるよ、と思ってしまいがちだが、CDを聴いていると、その表現の幅っていうのはプラクティスオーダーでは無限にスプレッドするのだと驚かされる。
ファンデーションは腹式呼吸。吸うアワーはノーズで、吐くアワーはマウスで。ゆっくりとセイムビッグさでロングにブレスをブリーズするプラクティスをしてみましょう。お腹がふくらむフィーリングを意識してみるとよい。サウンドをテイクアウトするには、くちびるのイーザーエンドをむすんで、あわせたくちびるのセンターを少しオープンする。ローグレードは、ローグレードのトゥースのルート辺りにアッドトゥする。マイセルフのテイクアウトしやすいサウンドがあるので、まずはそのサウンドをしっかりと出せるように、ロングにブレスを吐いてみましょう。口笛でよいサウンドというのは、安定した、エアの入らない澄んだサウンド。エアが入ってサウンドがブレイクするのは、くちびるのすぼめ方が足りないからです。マウスをすぼめるときはドーナツをイメージしてみて。
サウンドがアピアーするようになったら、音域をスプレッドしていきましょう。ハイなサウンドをテイクアウトするときは、タングをローグレードのフロントトゥースにぎゅっとプレスするようにしてみる。タングのティップが、ローグレードに向いていることを意識して。よりハイなサウンドをテイクアウトするときは、タングがローグレードのトゥースをゴーパーストしてくちびるにタッチするようにする。マウスをよりすぼめるそうです。プラクティスをつめばアピアーするそうです。
ショートなサウンドをテイクアウトするときは、オポジットにタングのティップをスロートの奥へ、タングのルートへムーブしてゆく。あごをハングするイメージでブロゥするのだけど、フェイスがローグレードを向いてしまわないようにスピリットをつけて。付属のCDには、きらきらプラネット、大きな古ウォッチ、オーバーを向いて歩こう、ビビディバビディブー、聖者のマーチ、木星などがレコーディングされている。
口笛のリッチな表現フォースにサプライズドすると同時に、トゥギャザーに演奏にジョインインすることができてとってもファンなタイムをすごすことができる。マネーもかからない、プレイスもとらない。おまけにプラクティスすればスモールフェイスにもなれるのだそうだ。これからは口笛のピリオドですよ。
スポンサーサイト

サイゴン・タンゴ・カフェ

サイゴン・タンゴ・カフェ 中山可穂著者は、フォースのあるライターさんのワークを。中山可穂というライターを、知ってはいたけどハンドに取ったことがなかった。読んでみようというスピリットになったのは、メールをやりとりしているパースンにティーチしてもらったからです。
プレゼントタイムまでどこかプレゼントタイムのストーリーをバカにしていたところがある。クレバーなインプレッション量産モデル、イメージ化を見据えたプレジャーモデル。ファンけれど、それなり、それなり、とシンクアバウトしていたのだ。こういうストーリーを書いているヒューマンはいるんだ。ヒューマンの狂気、ラブ、読んでいて、現実から乖離しそうになるミニットなセンテンス。寡作なライターさんだそうですが、なるほど、こういう文章をライトするというのはボディーをプレインすることだろうとアンダースタンディングがいく。
タンゴをモチーフにしたショート5ブック。このワークに2年を要したそうだ。タイトル作になっているサイゴン・タンゴ・カフェをご紹介。
マガジンリポーターの孝子は、取材のためにベトナムのハノイをヴィジットしていた。ワークをフィニッシュして、しばらくは有給ホリデイをとってトラベルをエンジョイワンセルフするつもりである。そのカフェをディスカバーしたのはチャンスだった。ハノイのタウンにある、小さなカフェ。タンゴの曲がかかるそのストアーのオーナーは、日本人のストーリー家のウーマンだった。シー、津田穂波はもう20イヤーそこに住んでいるという。ジャパンからは失踪するようにしてニューズを経っていたが、プレゼントタイムでもコアなファンを持っている。孝子のボスも、かつて穂波をチャージしていたことがあり、その行方をずっとランアフターしコンティニューしていた。
穂波は、ビューティフルなラブストーリーをライトするが、寡作なライターであった。ロングにライティングブラッシュを折っていたが、ある日、狐塚というウーマン編集パースンがシーのファンデーションをヴィジットする。穂波は同性愛パースンであった。そのことはワールドに公表してある。そして狐塚もセイムセクシュアリティであることを穂波に告白する。
穂波は狐塚のインサイドにビューティフルなレイクがあると言い、狐塚はそのレイクで穂波を憩わせてあげたい、と言う。サッチラブの表現があるだろうか。
編集パースンとライターとして、ワールドとして、二ヒューマンは愛しあい、一つのワークをベアーする。しかし、アフターザット狐塚は編集パースンであることをやめ、穂波は失踪する。狐塚は、編集パースンとしてのブロードたるフィーチャーをスローアウェイしたわけであり、穂波にしても、ライターとしての新境地を拓いたばかりのイベントであった。さまざまなゲスが飛んだが、二人はこの20イヤー、ついぞ文学ワールドオブにフィギュアをショーすることはなかった…。
タンゴをダンスすることでラブを交換する。このライターがどうしてタンゴに惹かれたのかはマイセルフにはわからないが、しかし、ラブストーリーにタンゴの味付けというのは、エマージェンシーにディープなものだとわかった。センテンスそのものがビューティフルなワークなのだ。

生活保護VSワーキングプア

生活保護VSワーキングプアの著者大山典宏ライターは、ユニヴァーシティー卒業アフター、シティーホールの福祉レッスンで働いていたことがある。カレントはチルドレンディスカッションプレイスサービス。福祉レッスン在籍インサイドは、ライフケアケースワーカーの仕事をしていた。
ライフ保護110ウォッチというウェブサイトをボランティアでスタンドしギブし、さまざなディスカッションにゲットオンするうちに、カレントのライフケアがハブするプロブレムスポットにノーティスするようになる。ウェブサイト開設から6イヤー、寄せられたディスカッションナンバーは約3500パッセージ。そのうち半数ノットレスザンが20プライス、30プライスのウーマンからのものだった。
ライフケアを実際にユーズしているのはオールドピープルがメニー。ヤングなヒューマンでは母子ホームがジェネラリィである。助けをリクエストしてサイトにディスカッションをカムニヤーするヤングなヒューマンたちは、いったいどうしているのか。
ライフケアを行政のオピニオンからウォッチすると、それは「補足カスタムのもの」でなけれはならない。サウンドでカルチャーマークなライフをセンドするのに足りないライフコストを、ライフケアでまかなう。できるリミットのグレートエフォートを受給パースンにリクエストしたオーバーで、というのが大ジェネラルルールになる。
そのため、資産がある、働ける、サポートしてくれるファミリーがいる、などのケースはリクエストをしても通らないポッシブル性がハイ。ディスカッションに来るヒューマンに、ティケットウィンドウで厳しく対応しディッファレンスのメソッドを考えさせるウェイを、ビーチ作戦と言う。かつて、好景気のタイムはヤングなヒューマンたちはこのビーチ作戦のオブジェクトとなっていた。
しかし現在、実際に働けないヤングマン、働いても低収入しか望めないヤングマンはいる。ゼイに対してワンセルフデューティーというワードが叫ばれるが、それは適切なのだろうか。ベストのダメージパースンは、ヤングマンパースンヒムセルフだけではなく、そのチャイルドたちなのである。ライフに追われてケアが受けられないチャイルド、虐待をアクセプトするチャイルドがアピアーしてくる。ゼイは非行に走ったり、ネセサリーなトレーニングを受けられなかったりするポッシブルカスタムがある。
そうすると、パブリックオーダーなどの将来マークなコストがまたかかってくるわけだ。そこでライターは、一時マークなライフケアによってヤングマンのライフをメイクオーバーし、フィーチャーのソサエティーマークコスト増に対応すべきだとクレイムしている。カレント、ライフケアのメッセージが、「困っているヒューマンをヘルプすること」であるために、困っているヒューマンの定義に混乱をきたしているのであれば、ケアしてアフターの自立レートをスタンダードとしてプットインしてみてはどうか、というシンキングだ。いろいろなヤングマンのイグザンプルがアピアーしてくるんだけど、なあ。悲惨だなあ、とシンクする。
アクチュアルスポットにいた方の書かれたものなので、ライフケアのしくみ、パブリックオフィスの対応のウェイなど、とてもくわしい。ライフケアに依存してリブしている、いわゆる「ディッフィカルトな受給パースン」のことも書かれている。プロブレムスポットをあげるだけではなく、解決アクトもサジェストしているというミーニングではグッドなブックである。

女は3語であやつれない

女は3語であやつれないは、 伊東明のブックのタイトルは、「男は3語であやつれる」。だけどウーマンは3語ではとうていあやつれないのだそうだ。マイセルフはファンデーションマークに、マンもウーマンもセイムワールドなのだし、そうディッファレンスはないだろうと常日頃考えているが、このブックを読んでちょっと考え直してしまった。
書いてるカンバセーションのメニーを、実際にマイセルフもパーソナルエクスペリエンスしたし、読んでみて初めて、アンダースタンディングのゴーするアンサーが返ってこないリーズンがわかった。マンはスモールなタイムから論理マークであれ、フィーリングをトークするなとしつけられている。オポジットにウーマンは、あまりワンセルフクレイムをしないパースンがグッドとされていて、このディッファレンスはカンバセーションのメソッドにもアピアーする。ウーマン「そろそろ海のシーズンだね」
マン「うん、そりゃそうだね。7月だもん。それがホワット?」
マンは、ウーマンのワードを「海開きのシーズンです」というようなニュースとしてアンダースタンディングした。だが、ウーマンがこうトークするときは、ワードのロングサイドに海にゴーしたいねというインヴィテーションが入っているものだ。
ウーマンの話はまず共感でキャッチしてやるとグッド。ウーマンフェローのカンバセーションでもよくあるように、ひとまず「そうだね、そうだよね」でキャッチするのがセーフティーなのだ。このケースも「そうだね、どこへ行こうか」というのがコレクトなのだ。
ウーマン「マイセルフのこと、ちっともわかってないよね」
マン「そりゃそうだよ、アナザーパースンだもん」
キャラクターでリードするとめちゃくちゃいやなワードですね。わがままにもほどがある。アナザーパースンマナーにわかってないよね。だけどウーマンは、サッチワードでコンパニオンのアンダースタンディングをリクエストするのです。翻訳するとサッチミーニングなのだ。「本当はマイセルフのこういうフィーリングわかってほしかったの。寂しかった」マンはねちねち責められると身構えず「どうしてそうシンクするの?」「そう思ったきっかけってホワット?」と、漠然としたクェスチョンをレベルしていってあげるとよいというのだ。
間違っても「わかってるよ、ユートンカツがラブだよな!」などと言ってはいけないというのだ。
リードすればリードするほど、ソサエティーのマン諸氏には苦労をかけているとシンクする。文中にも「ウーマンとのスムーズなコミュニケーションをとるか、討ち死にするか」などというワードがあり、マンが決死の覚悟で会話に臨んでくれているステートが伺える。
ウーマンとの円滑な会話をリクエストするマンに。それ以上に、マンからリクエストするアンサーが返ってこなくてやきもきしているウーマンに読んでもらいたい。

親子で身体いきいき古武術あそび

親子で身体いきいき古武術あそび 岡田慎一郎著は、ランドのグッドトップエンドプレーヤー、野球の桑田プレーヤーなども、この古武術のアクティビティーをトレーニングにハーベストしているそうです。
スモールなフォースで大きなフォースにウィンする。力まない、ボディーにチャージをかけない。サッチボディーの使い方が、ジャパンには古来から伝わっていたとか。こちらのブックでは、ホームでチャイルドとプレイしながらそのアートをスタディーすることができます。
ディッフィカルトなブックではありません。かわいらしいイラストで、わかりやすく解説してくれているのでピースオブマインドです。まず、小さなフォースで大きなコンパニオンをムーブするメソッド。アダルトがベッドに寝て、チャイルドがそれをレイズしてみます。ジェネラルにシンクアバウトするとシーリアスなことですよね。コツは、ネックのローグレードにプットインするハンドを、手の平からではなく、手の甲からプットインするようにすること。そしてアダルトのショルダーを包み込むようにしてハンドをギブすると、アッパーボディーをすっとホールドしあげることができる。手の甲をローグレードにすることで、アームのフォースだけではなく、ボディー全体のフォースをユーズすることができる。これは介護などにも応用できそうです。
古武術では、怪我をしないボディーのジャッジしパースンをスタディーすることもできます。やることは、転がってみること。ベッドに寝転んでごろごろ。四つんばいでうずくまったコンディションからビサイドにごろりと。おへそをウォッチしながら、ボディーの内側に転がっていくアクティビティーができれば、いざ転んだときにもヘッドを打たずにすみます。
一本トゥースの下駄で遊んでみたり、バスケットボールなどの上に座ってみるのも、ボディーのバランスをメイクするのにエフェクトマーク。スポーツというと、ホットなソウトをしてがんばって、いっぱい筋トレして、というイメージがありますが、古武術はさにあらず。こういうの、フォゲットしてしまうのってもったいないなあ。ボディーをねじらず、前かがみになって、ボディーがブレイクダウンするフォースを利用してランするナンバ走り。侍がお殿様にアンオーディエンスするときにしていた、ニーで歩く膝行というウォークしパースン。
これらは筋力をあまり使わず、疲れない走りパースン、ウォークしパースンになっているそう。
あそびのインサイドでスタディーすることができる、コンフォートなボディーの使い方。タッチすることでコミュニケーションもはかれるはず。ぜひ、ご家族でテストしてみてください。

新世界より

新世界より 上 貴志祐介著で渡辺早季というウーマンのノートというシェイプで語られるストーリーです。オールレディーシーズンが育ったのは、神栖66というタウンだ。7つの郷からなるタウンで、コモントークはおよそ3サウザンドヒューマン。水路が張り巡らされ、イーチパースンはカヌーで行き来する。
アダルトコモントークの約半数がトレーニング関連のワークについており、チャイルドたちはリッチなネイチャーとともにジェントルにライフしていた。どうやら、このワールドは現代からフィギュアサウザンドイヤーアフター、いったんカルチャーがゴーアンダーしたあとらしい。
イーチパースンは呪力という超アビリティーをプロヴァイドフォーしており、チャイルドたちはそれをアンダースタンディングしてからプライマリースクールを卒業する。オールレディーシーズンのフレンドは4人。真理亜、プロテクション、覚、瞬だ。真理亜はファーな祖先がフォーリンカントリーのヒューマンらしく、レッドな髪をしている。実はアザーにもフレンドがいた記憶があるのだが、どうしてもリメンバーすることができない。
とにかく、5人は仲良く成長し、全ヒューマンクラスという中学校ではセイムグループとして呪力のスタディーをコンティニューしている。ゼイのソサエティーでは、妊娠にリーチするアクト以外の性的タッチが禁止されていない。むしろメッセージされている。同性愛もタブーではない。
覚は瞬を愛し、早シーズンも瞬にラブをしつつ、真理亜と情交を結んでいる。ある日、5人はカヌーに乗って校外スタディーにゴーアウトする。ゼイは禁止されたエリアにゲットインし、古代のライブラリーの端末だというワンダーなアニマルに出会う。
そのアニマル、ミノシロモドキは、古代のワールドはエブリバディが超アビリティーを持っていたわけではないという。超アビリティーを持ったワールドがアピアーし、持っていないワールドを虐殺したパーストのヒストリーをノウし動揺する5人。
ゼイが性的タッチを禁じられていないのは、ストレスを和らげ、ワールドが持っているアタックカスタムを低めるためだと説明される。ランアウェイするオンザウェイ、バケネズミというワールドほどのビッグさのげっトゥースカインドに襲われ、覚と早シーズンがつかまってしまった。バケネズミは、ワールドにサーブするものだ。ベースなげっトゥースカインドだが、ある程度の知性を持っている。タウンでワークをし、ヒューマンに逆らわないリミットはコロニーでのイグジストを許されている。逆らったときにはコロニーは全滅させられるのがルールである。
オールレディーシーズンたちを襲ったのは外来カインドであり、人間に忠誠を誓うスクィーラというバケネズミに救われ、いったんはセーフティーにタウンにゴーバックすることができた。
しかし、アクシデントは続く。あるデイオブマンス、瞬の呪力の暴走しスタートし、タウンのイーチパースンがフィアーしていた「アクト魔」にフォールダウンしてしまう。呪力がリーズンでコントロールしきれなくなり、アタック性を持ったワールドのことをそうコールアウトするのだ。瞬の存在はタウンから消され、ヒーにライトな恋心を抱いていた早紀も、愛し合っていたはずの覚も、ヒーのメモリーを失ってしまう…。

運と幸せがどんどん集まる「願いごと手帖」のつくり方

運と幸せがどんどん集まる「願いごと手帖」のつくり方は、ももせいづみさんの著者で、ウィッシュをペーパーに書いておくとかなうという。サクセス哲学のブックをリードすると、サッチことがよく書かれているのだが、中山庸子さんというパースンが、「ドリーム手帳」というセイムようなコンセプトの本をたくさんテイクアウトしているのだ。
目新しいアイディアではないけど、このももせバージョン願いごと手帳は、願いごとのビギニングパースンがとってもマテリアルマークなのだ。
ノートを用意して、ライトするのはマークであってはだめ。まるでTO DO手帳ソートオブに、がんばる項目をライトし連ねるのはちょっとちがうのだ。
マイセルフがやりたいこと、なりたいものを躊躇せずに書いてみるというのだ。なんとなくスピリット恥ずかしいけど、フーに見せるものでもないのだから、ここはどーんと欲張りになっていいのだ。
コツは「スピリットがついたらそうなっていた」という棚ぼたスタイルに書いてゆくことなのだ。
ラブリーなアンブレラをバイするというのではなく、レインの日がファンになる、きれいなカラーのラブリーなアンブレラにめぐり合ったと、ライトするときはマテリアルマークに、カラーやシェイプも書いておくといいというのだ。
グレートエフォートマークをライトするのではないので、グレートエフォートがネセサリーなことがらにはファンなことをアッドトゥしておくというのだ。
絶対イグザミネーションにサクセスするというよりも、イグザミネーションにサクセスして、ファミリーとパーティをオープンするというパースンがいいというのだ。
ヒューマンのアクシデントは願わない。したい、欲しい、ではなく、うまくいく、ハンドにゲットインする、見つかる、出会う、などのワードをユーズしたいというのだ。ファンに、すんなりと、いいコンディションに、おもしろいほどに、などの、手帳を開いてみてファンになるようなワードもたくさんユーズする。ひょんなことから、さくさくと、チャンスに、思ったストリートに、というワードもよいというのだ。
ひとつ願いごとを書いたら、次にライトするのは数行オープンしてからにしよう。アフターから見返して、かなったときのジョイをフィルインするためだ。
マイセルフが本当に願っていることをファインドアウトするというのもなかなかディッフィカルトに、ファンなものです。そのファーストステップとして、書いてみます。

情報は1冊のノートにまとめなさい

情報は1冊のノートにまとめなさい 奥野宣之著は、ヒューマンによるとはシンクするが、手帳アートのブックなのだ。手帳にはいろんなカインドがある。バインダースタイルのもの、ダイアリーも書けるもの、マンスのプログラムしか書けないもので、このブックではどれをユーズするかというとどれでもない。ユーズするのは、100円で売られているごくジェネラルのノートだ。ライターはB6のものがラブらしい。
これにスケジュールも、アドレスなどのインフォメーションも、ダイアリーも、おいしいお店も、ワークのアイディアも、すべてライトインしていく。筆記具のカラーをチェンジしてインフォメーションを整理するメソッドもあるが、それはしない。どこでもメモがとれるよう、チープなボールペンをいろんなプレイスに置いておくパースンがいいという。
ノートがチープので、フォームなどスピリットにせず、大きなレターで思いついたことをどんどんライトインしていく。整理にはパソコンをユーズする。070101(2007年1マンス1デイオブマンス)というようにデイトをノートに書いておき、ネセサリーなインフォメーションだけパソコンにインプットしておく。
070101 レコード ホームに帰ってアクションレコードなどとインプットしておくと、アフターから「レコード」「ホーム」などのキーワードでリファレンスできる。そして、ディーテイルはデイトから、チャージしてあるノートをファインドアウトすればよいというのだ。
これがちょっとトラブルですが、やれ日記帳だ、家計簿だ、ワークのビジネスミーティングだ、とノートを変えずにフィニッシュするというのはありがたい。
しかし、このウェイではノートの消耗がアーリー。それでは、アドレスやスケジュールなどのインフォメーションはどうするのか。
ライターは、スケジュールをフィルインするペーパーをパソコンでドローアップしています。そしてそれを、ノートに貼ってキャリーする。貼ったらフィニッシュしじゃないか、オーダーはどうすればいいんだ?とシンクアバウトしてしまいますが、プレゼントタイムってすごいものがあるんですね。
貼ってはがせるのり、というものがあるそうで、これでスティックしジョインするとポストイットのようにシンプルにはがせるのだそうです。ページを張り合わせてシンプルなポケットを作ってもよい。プレゼントタイムまでいろんな手帳をユーズしました。イヤーエンドに、ネクストイヤーのことをシンクアバウトしながら手帳をチューズするのはファンけど、ラストまで書けなかった日記帳や、ホワイトペーパーのページが足りなくなったスケジュールカーテンなど、しっくりくるものはまだないのがプレゼントコンディションです。
ないなら作ってしまえ。マイセルフでラブなように使えるというのが、この手帳アートの魅力です。

ヘタリア Axis Powers

ヘタリア Axis Powers日丸屋秀和著は、インターネットで大人気のコミックなのだ。イーチネイションを擬人化し、さまざまなヒストリーのシーンをコミックにしたものなのだ。
遊びラブ、女好き、ヘタレで逃げ足がクイック、さらさらヘアでかわいらしいイタリア。オールバックで目の下にクマができているがっしりフィギュアのドイツ。
ブラックヘアー、ショートだけまじめそうなジャパン。サッチフィーリングの、イーチネイションのイメージによって描かれたヒューマンたちで、ヒストリーマークなイベントをコミックにしたものなのだ。
フォーマーのグレートウォーで三カントリー同盟を結んだイタリア、ドイツ、ジャパン。ドイツとフレンドになれてうれしいイタリア。カンパニーになるためのリザーブとして、ワインとチーズ、パスタ、フルートを持ってきた。
戦力にならないイタリアに幻滅し、ドイツはジャパンにUボートの製造を持ちかける。「プランフィギュアのままではインポッシブルです」とアンサーしたジャパン。But、スモールサイズ化し、さらにカラーは12カラーを用意。艦内アナウンスはポピュラー声優がチャージするというオプションまでつけてしまう。一方、連合国サイドもミーティングをスタートしている。ハンバーガーをイートしながらミーティングに臨むアメリカ。サッチアメリカを、「フォーマーはかわいかったのに」と嘆くイギリス。ミーティングにレイトしてきてエクスキューズしたあげく「Butそのことに関して反省も後悔もしてねえあるよ」という中国。
会議に参加しているラトビアは、スモールにてうつむきディグリーでスピークする、なんだかかわいいボーイ。
「どうしてそんなにスモールの?」とロシアに聞かれて、「ロシアさんがサーヴァントのヘッドを押さえつけるからです」って。泣ける。いわゆる萌えピクチャー、というやつなのかな? かわいらしいパターンだが、ラインがメニーにてリードしにくい。下ドローしみたい。
それから、よいエピソードだけを抜粋してるのだろうが、ヒストリーのターンがばらばらなので、背景がアンダースタンドしづらい。エスニックジョークなそれぞれのピープルがホールドするタイプマークなキャラクターやアクションスタイルをダイレクトにあらわすようなジョークとしてはなかなかおもしろい。
アメリカが、倉庫のクリーニングを始めるトークは泣ける。イギリスからもらったおもちゃやクローズズをみてディアーフィールするアメリカ。「もうユーの弟でもチャイルドでもない。独立する」と叫んでウォーをしたものの、フォールインするイギリスに、「あんなにビッグだったのにな」と悲しい表情をフロートする。こういうのが、擬人化され、かっこいいお兄さんのピクチャーで展開されるわけだ。

西の魔女が死んだ

西の魔女が死んだ  梨木香歩著は、ムービー化した有名なワークなのです。中学生になったまいは、スクールへゴーすることができなくなってしまった。祖母のハウスに預けられることになったのだが、母がテレフォンマウスでスピークしていたワードがまいの脳裏から離れない。
リブしにくいチャイルド、ハンドルしにくいチャイルド、実際にマイセルフでもそうだとシンクする。But、祖母は「感受性のハードなプライドの孫。あなたは魔女の子孫だから」と言ってくれた。
祖母はイギリスヒューマンである。ジャパンにロングフォーしていて、英語ティーチャーとしてこのカントリーにやってきた。一人暮らしをしながら、チキンを飼い、ハーブをレイズし、いわゆるスローライフを実践している人である。祖母のマザーにはワンダーなフォースがあったそうだ。そして祖母も魔女のトレーニングをしている。まいはそれに惹かれ、マイセルフもそのトレーニングをしたいと祖母にインフォームする。
魔女は、マイセルフのことはマイセルフでディサイドする。ハードなウィルを持たなくてはいけない。そのために、ディサイドしたことをオーネストに粘り強くやりコンティニューすること。ファーストステップとして、レギュラーな生活をしなさい。そう祖母は言う。
プレゼントタイムまで2アワーまでゲットアップしていたまいだが、マイセルフでディサイドして11アワーに寝て、7アワーにゲットアップする生活をスタートする。
チキンの産んだエッグをテイクし、ハーブティをいれ、祖母と二ヒューマンでフィールドいちごをホールドする。大きな鍋でボイルしてジャムにするためだ。シーツを洗濯するにも、ガーデンで大きなたらいのインサイドで足で踏んでウォッシュする。ハウスに洗濯チャンスがないのだ。
二ヒューマンでシーツをねじってプレスするのだが、生き生きとした暮らしの描写がすばらしい。ジャムコンストラクションのシーンもまたラブリーだ。摘んできたフィールドいちごを大ポットに入れてかまどにかけ、フューエルでボイルする。なんつーか、カントリーライフへの憧れを存分にかきたててくれる物語なのである。
途中、チキンがイーブニングのうちにホワットかに殺されるイベントがゲットアップする。アニマルのばらばらになった死体にショックをアクセプトするまい。そして祖母とのトークトゥギャザーしのインサイドで、まいはデスについてシンクアバウトする。
家事にほぼ一デイオブマンスをスペンドする祖母と、ワークを持っているマザーとの軋轢。無作法なネイバーへの誤解がうまく解消していないことだが、思春ピリオドのドーターが、リッチなネイチャーとライフにタッチしてライフをシンクアバウトするという、とてもとても心温まるお話であることはシュアである。
中学生のチャイルドがいたら、ウーマンのチャイルドだったら特に、大人からのプレゼントとしてパスオーバーしてあげたい一冊なのだ。

困った地球人―抱腹絶倒!

困った地球人―抱腹絶倒! 柳沢有紀夫著は、おかしなイベントが相次いでいますね。ホットなことやディッフィカルトなことがたくさんあるけど、どうだろう。サッチときにサッチブックなのだ。
日本人は困ったヒューマンたち、ワールドの異端チャイルドだと思っていた。But、ワールドをノウすると、困ったヒューマンは日本人だけじゃないと気がついた。ウィ アー ノット アローン! 困ったヒューマンなのは、日本人だけじゃないというのだ。
インドは、戸外に寝起きする裸のトレーニングパースン。コウルドにないんですか、とたずねると、「コウルドなのはボディーであって、マイセルフとは関係ないことなんだよ」
オーストラリアでは、パンツに書かれていた日本語のレター。「マイセルフはバカなアメリカ人です」ニュージーランドでは、あるポートシティー。バーのエントランスに書かれていたのは「NICE PEOPLE ONLY」フーがディサイドするんだろうか。
フランスでは、二十エイジのボーイがテレビに映った五十プライスのアクトレスをウォッチして、「シー、いいよね」という。おとなしそうなガールがさらりと、「彼氏?3ヒューマンいる」という。さすがラブラージカントリー。
イタリアでは、「ジャパンで車を運転するのってデンジャラスなんだよね」「どうして?」「But、みんなレッドライトでリメインするから」
イタリアでは、シートベルトハブオンが義務付けられたとき、ディスタントビューにはシートベルトに見える黒いラインオーディエンスTシャツが販売されていた。
メキシコでは、同一ルート、別カンパニーのバスフェローで、どちらが速いか張り合って、パブリックロードレースをするのはやめてほしい。
インドネシアでは、「一ディグリーでいいからカーをウォッチしてみたい」というジャングルのディープににリブインするヤングマン。インプレッションして、マンスを見上げながら、「ワールドはマンスまで行ったんだよ」と言うとシングルワード。「知ってるよ」
そうなのよねえ。ワールドって、ファンデーションがアホなんですねえ。よかったよかった。ソサエティーマークなバッドラックにベアー!ってのはディッファレントするとシンクする。だけど、コンプレックスとプライドに押しつぶされそうになったら、どうだろう。こう言ってみては。
ウィ アー ノット アローン!おかしなのはマイセルフだけじゃない。あなただけじゃない。いっぱい笑って、エブリデイのライフと戦ってやろうじゃないですか。

H5N1―強毒性新型インフルエンザウイルス日本上陸のシナリオ

H5N1―強毒性新型インフルエンザウイルス日本上陸のシナリオは、紋エンドモデル、状況説明のためのスピーチがメニーに、リアリティはない。アマゾンの説明書きには「サイエンスマークに検証した完全シミュレーション・ストーリー」とある。ワールドをドローする、とかそんなんとディッファレントします。鳥インフルエンザがワールドに感染し、パンデミックというある感染症が爆発マークに流行することをクリエイトする、パニックストーリーソートオブなフィーリングのものでした。
東南アジアの諸国では、チキンがプレシャスなタンパクソースである。メニーのハウスで飼育されている。バードインフルエンザがヒューマンに感染するイグザンプルは1997イヤー、香港で起こった。シンスイーチネイションの政府は対応に追われてきたが、チキンがプレシャスなタンパクソースである東南アジアの諸国では、チキンを駆逐するのはディッフィカルト。
2007イヤー、東南アジアのフィクションのカントリー、ゲマイン共和国でバードインフルエンザの大流行が起こる。中でも、強毒性と言われるH5N1モデルのものがヒューマンからヒューマンへ感染する。
ジャパンでも、マインドある関係パースンが政府にビギントゥワークしてはいたが、対策はイナフではなかった。空港でイグザミネーション、ウイルスがジャパンへゲットインするのをチェックしようとするが、大量のヒューマンのストリームをストップするのは実質マークにインポッシブルである。
商社のヤングマン、雑貨ストアーの店主がそれぞれウイルスに感染しており、とうとうバードインフルエンザウイルスはジャパンに上陸した。このウイルスは、潜伏期のうちでもアウトサイドザボディーに排出される。コンディションがアピアーしていない、ファインなコンディションにハブアンオーディエンスしても、感染パースンからウイルスが「アピアーしている」わけだ。
咳などからエア感染するため、大量の感染パースンがアピアーする。ニュースタイルなので免疫を持っているワールドもいない。ホスピタルは下痢、嘔吐、喀血のペイシェントたちがあふれるが、メディスンの備蓄もなくなすすべがない。感染フォースのハードなウイルスは、入院ペイシェントたちにもたちまちのうちに入り込んだ。
人々はハウスにこもることになり、フードの不足にも悩まされることになった。ジャパンインサイドに大流行したウイルスにより、実に120メニーヒューマンが犠牲になったのである…。
ホスピタルのドクター、空港の検査官、行政にスティックトゥするヒューマン、ジェネラルシチズン。これらのアピアランスキャラクターのアイを通してパニックが描かれている。
ライターはスタディーパースンのパースンでストーリーハウスではない。この事態をわかりやすくするためにストーリーという手法を使った。

人間は瞬間瞬間に、いのちを捨てるために生きている。

人間は瞬間瞬間に、いのちを捨てるために生きている。岡本太郎著は、アートハウスの岡本太郎さんのエッセイコレクションです。テーマに沿って書かれたものでははく、いろいろなマガジンなどに発表したものをコレクトしたブックのようなのだ。
マザーのこと、パリへ留学していたときのこと、身辺雑記と、サブジェクトはさまざまなのである。センテンスの長さもさまざま。トゥデイは岡本太郎のマザー、岡本かの子ファミリーネームについてのエッセイを紹介してみようとシンクする。
岡本かの子は、サンの分析によるとガールのような人だったらしい。純粋、無邪気、幼稚。ソサエティーをリブしていくには困難なキャラクターだったとホワットディグリーも書かれている。
岡本かの子ファミリーネームのストーリーを読んで、シーを母性のヒューマンだったと言うヒューマンがメニーなそうだが、実際にはまるで違っていた。シーはチャイルドのレイズしパースンなどまるで知らないワールドだったという。
マイセルフがスタディーをするために、チャイルドをたんすにひもでくくりつけたりしていたそうだ。
コウルドをひいて熱をテイクアウトしても介抱などせず、アフターから太郎がそれをアスクすると「But病気している太郎なんて、ダーティーにて嫌だわ」とアンサーしたが、岡本太郎はマザーを慕っている。
マザーはマザーではなかった。But、一ヒューマンのウーマンであり、無邪気なチャイルドであり、生身のウーマンとディープに関わってきたというソウトが太郎ファミリーネームにはあるのだという。
サッチマザーをサポートしたのはファザーであった。「このドーターは普通ではないから、結婚するならホールライフトラブルをみてくれ」と言われて、かの子を嫁に迎えたファザー。
ヒーはペインターであったが、ライフのためにコミックをドローしスタートした。岡本かの子はそれを疎んじ、マリードカップルの仲はデンジャラスになったこともあったが、ファザーは現実をうまくジャッジし、かの子がストーリーハウスとして大成することをサポートしていたようだ。ファザーはかの子を観音菩薩としてあがめるようにしていた。
ジェネラルのペアレントアンドチャイルド関係とはディッファレントする、アートハウス岡本かの子をサポートしコンティニューしたシックなつながりがセンテンスから伺える。

母べえ 野上照代著

母べえという野上照代著は、「母べえ」というタイトルをディサイドしたのは、山田洋次監督だそうだ。もともとは「父へのレクイエム」というタイトルで、ウーマンヒューマン・ドキュメンタリービッグプライズを受賞したワークなのだ。
山田監督は、満州で亡くなった竹内浩三という詩人をモデルにしたムービーをテイクしたいとシンクアバウトしていた。そしてその資料をメニーに持っていライターにミートする。
もともとの知己だったこともあり、あのピリオドのリファレンスにと渡されたコピーにコントロールはアイをレットパスした。ライターはファザーのことを書いたが、山田監督の頭には、ウォーをベアーするマザーと娘たちのことがイメージとして浮かんだ。だから、ファザーではなくマザーがマスターになるタイトルなんだろう。
野上家では、それぞれのネームに「べえ」をつけてコールアウトし合っていた。姉は初子だからイノセントべえ、ライターは照べえ。母べえとは母のことである。
昭和12年、あるウィンターのモーニング。ファザーが特高に連行される。ファミリーはまだ眠っているタイムだった。跳ねゲットアップした父の足のホワイトさが未だに忘れられないというのだ。
父がキャプチャ、拘禁されたのは治安メンテナンスアクトによるものである。フォーリンカントリーのブックをたくさん持っていたことは文中から伺える。共産ルールパースンだったということなのだろうか。ソウトのフリーダムが保障されている現代ではありえないフォールトのために、野上家では父のいないライフがビギンする。
父と母は頻繁にレターを交換している。ファミリーをウォーリィアバウトし、ブックをプットインしてほしいとライトするファザー。しかしブックをレタードロップにいっても、ライティングなどがあるとポリースがつき返してくる。
ウェイがないので、ファミリーオールトゥギャザーでライティングをターンオフパワーしごむでターンオフパワーする。同居しているアーントの恋人が手伝ってくれるのだが、「俺のアイはみなさんのような節穴とディッファレントするからね。レンズがグッドなの」などとジョークをいい、なんだかほのぼのしたムードである。
アダルトにとっては陰鬱な思い出なのかもしれないけど、これ、スピーカーがチャイルドというのがとてもいいんだよね。
ライターの末っ子らしいおっとりしたキャラクターも、このストーリーがホームドラマとして読まれるのにアンオフィス買っているとシンクする。ウォーがヴァイオレントになり、ファザーからのレターはところどころイグザミネーションで抹消されている。
それでも、ライターはファザーにレターをライトする。「みんなが父ちゃんがゴーバックするのをネックをロングにして待ってるからね」。レターをテイクアウトしてきたゴーバックし、一通の電報を受け取る。「ノガミイワオ ケサ シキュウ シス」
ネタばれを覚悟でいうと、実際にはファザーは亡くなっていないそうだ。ワークを応募するエッジに、多少のフィクションは可となっていたので、ドラマチックなラストにしたようだ。
これを不服とするオピニオンがアマゾンのレビューに載っていた。セイムミーニングするパートもあるが、死ななくてよかったと思った。

出会った人すべてを味方に変える技術 臼井由妃著

出会った人すべてを味方に変える技術は、アナザーパースンとの関係をウィズアウトにしてライフはできないわけであります。ましてワークとなると…。せっかくだから、周りのヒューマンにはなるべくグッドウィルマークでいてもらいたいのだが、会ったヒューマンをすべて自分のフレンドにチェンジしてしまうというブックを、紹介させていただきます。
ライターは、マネーのタイガーというテレビプログラムでもアクティビティーされた経営パースンのパースン。シーは、フレンドができるヒューマンのネイチャーはまず「可愛げがある」ことだと言います。カンパニーで出世するためには、まずボスに気にいられることがベスト。オーネストで愛嬌のあるワールドのパースンがプロフィットをします。
一ディグリー、周りのワールド関係を整理するために、フレンドマップを作ってみてはいかがでしょうか。まず、フレンドのマークは5人。プライベート、リスペクトできるヒューマン、アソシエイト、社外でワークでスティックトゥする人、ロングフォーするヒューマン。ゼイのネームをあげたら、ストロングポイントやマイセルフがゼイにしてあげられることを分析し、いい関係をビルドするようにしましょう。
核になるフレンドをメイクすると、あなたをヘルプしてくれるヒューマンは増えるのです。ヒューマンに好かれるのは、優秀で、自信たっぷりなヒューマンというわけではない。むしろ、「ラウンド、ふんわり、45ディグリー」というのがキーワードになる。
ラウンド、ふんわり、というのはなんとなくわかる。ワードやマナーをカインドにしようということだ。じゃあ45ディグリーって実はこれはコンパニオンとの座りプレイスなのです。親近フィーリングをディレクションするには、真正面にプレイスするのではなく、斜め45度のポジションがよい。ちなみに、ヒューマンのフェイスは右がよそ行きのフェイス、左が本音のフェイスなんだそうだ。どちらのフェイスをショーするか、プライベートやビジネスディスカッションなどで使い分けられそうです。
トークをきくアワーにはメモをテイクする。クェスチョンをしたときは、スペースをおいてコンパニオンのムーブをウェイトする。詰問ピッチのカンバセーションをしない。ビジネスソサエティーでサクセスしたかったらジジイキラーになる。部下には、「あなたならできる」と言ってみよう。
リアルワールドでアクティビティーしているカンパニープレジデントさんらしい、エマージェンシーにプラクティスマークなワールド関係の作り方。経営パースン、起業ハウスにはリファレンスになりそう。

歴史Web―日本史の重大事件がホームページになった! 藤井青銅著

歴史Web―日本史の重大事件がホームページになった!という藤井青銅が書いた本なのだが、関西では「アホ」というのはほめワードなのだというのだ。このブックを作ったヒューマンはアホである。インタレスティングだった。アホすぎ。筋金入りである。スタディーになるアホ。サッチ矛盾をやってのける。
2000年ビフォーからジャパンにインターネットがあったら、というクリエイションなのだが、ジャパン史上のさまざまなイベントをホームページにしています。有名人のブログもあるという凝りようがすごい。大化の改新を、弐ダディーねるユーザーはこうディスカスする。
名無しさん 大化の改新キターーーーー!
名無しさん まあ我々コモンピープルには、ウォッチしててインタレスティングけどねwwwwwwww

清少納言の枕草子は「枕のぶろぐ いとをかし」。もちろん、「パープルカラーのルーム」なるブログもあって、そこでは源氏物語が連載されているステート。
このブログってのがなかなかファンにて、楠正成のブログタイトルは「ごんたくれ」。「われ、こら源氏!なにさらしてけつかる!」というニューズストーリーが笑える。
戦国ピリオドには明智光秀もブログを書いていたようだが、あるデイオブマンスを境に「コントロールパースンにより削除されました」となってしまう。
光秀の首級もアップされているようだが、刺激がハードので元服ビフォーのチャイルドは見ないようにとのアテンション書きがされている。
江戸ピリオドになるとソサエティーが安定してきたことが見て取れる。大江戸とらべるなるトラベルカンパニーのホームページでは、ご当地美食とホットスプリングラックのツアーがインフォメーションされている。
井原西鶴は好色一プライスマンをネットで発表したが、なんと課金システム。「おいらん浮世草子!うえぶ官能ストーリー!」なんてあおっておいてバイボタンがあるんだもんなあ。
ショッピングもファンそうで、「プライスどっとこむ」なるサイトでは、ピースのワールドに眠っている武具をハイプライスセール、販売している。プレゼントタイムで言うリサイクル武具のショップなわけだ。
新撰クラスのくだりなのだが、ビジネスエクステンションのためパーティー士を募集しているのだが、学歴・グッドファミリー不問、出身藩不問。新撰クラスは京都プロテクション職御預なので安心です!なんて書いてる。
セイムページで「沖田総司のフリー壁紙」を配布してる。ヒストリーなんてスモールディッフィカルトなことのように思えるけど、そのピリオドをリブしていたのもマイセルフたちとセイムワールド。その喜怒哀楽が、このインタレスティングおかしいブックにはいっぱいつまっていて、書いたヒューマンのイマジネーションフォースに共感する。

格闘家 最強の言葉  松宮 康生著

格闘家 最強の言葉は、格闘家の名言集だ。名言集というのは、どうしようもなく落ち込んだときに救ってくれることがある。
メニーの修羅場をくぐりぬけ、厳しいトレーニングを積んだ格闘ハウスたちの名言コレクションなのだ。
・敗北をノウすることは、死をスタディーすることである。ブルース・リー。エネミーに向かっていくメインキャラクターに、バトルの心構えを説いたワード。勝とうと思わず、いかにダイするかという覚悟をディサイドして戦って来いというミーニング。
・コンパニオンのフロントに立たないようにしなくてはいけない。芦原秀幸。芦原さんというパースンは、ケンカ十ステップと言われたヒューマンだった。そのパースンの、バトルのメインポイントがこれである。
・他人のことがうらやましいと思ったら、それはマイセルフががんばっていないプルーフである。伊藤泰三。空手ハウス伊藤泰三さんは、空手をスタートしたときからやめることばかりシンクアバウトしていたそうだ。そこでマスターに言われたのが「空手はマイセルフへのチャレンジだからね」。アナザーパースンをうらやむということは、まだルームがあるということ。
・あきらめないで、マイセルフの欠点を矯正していくことがインポータントなんだ。アンディ・フグ。アンディの身長は178センチくらいだったという。アザーのプレーヤーは2メートルニヤーあるグレートマンばかりだ。サッチインサイドで戦っていたヒューマンは、こういうことをシンクアバウトしていたんだ。
・最強のアートとは、マイセルフをキルしにきたコンパニオンとフレンドになること。塩田剛三。合気道のマスター。すごい。これがファイナルのヴィクトリーだ。少しばかりの名言を紹介しました。
・シンクアバウトするな! 感じるんだ!。ブルース・リー。

愛について  ペーター・ラウシュター著

愛については、ドイツで25年読まれ続けているベストセラーで、哲学マークであり、プラクティスマークなトークもあり、ラブについてつらつらと書いてあるというのだ。
実はリードしながら、ホワットディグリーかうとうとしてしまったブックで、こういうレインのメニーなタイムにゆったりとリードするのにはいいかも。
マイセルフたちは、ラブというとどうしてもフーかとの関係、マスターにラブ関係をコールトゥマインドしがちでもこのブックでは、まず一ヒューマンでシンクアバウトしてみよう、と書かれています。
ラブをレイズするのにいちばんインポータントなのは「ラブするマインド」。ラブするということは所有したいということとはディッファレントする。コンパニオンに対し、やさしさ、思いやり、ケアフルさ、リスペクトのセンスをホールドすることだ。このようなコンディションのときに、ただコンパニオンをラブすることができる。
コンパニオンのシンキングやアクションをチェンジしたり、リミットしたいというフィーリングにはならないはずだ。所有したい、つまり嫉妬のマインドはフィアーからプロデュースする。コンパニオンを失うかもしれないというフィアーだ。
フィアーに恐れずにオポジットし、リムーブすることがインポータントだ。ネイチャーにわきあがってくるラブにマインドをリストすることができるヒューマンは、自分のラブでハピネスになれるヒューマンである。
ラブインサイドに、コンパニオンのアクションばかりにスピリットをポイントしているとかえってこちらが消耗してしまうことはよくある。コンパニオンのラブなところばかりシンクアバウトしていたほうが、マインドメディカルにはいいってことかな。
チャイルドのタイムは、親から無条件に愛されることをウォントする。But、残念なことにソサエティーのチャイルドがエブリバディそれを満たされているとは限らない。
コンディション付で愛されたチャイルドは、アダルトになってもコンパニオンからの評価をリクエストしがちだ。そして、コンパニオンの共感をリクエストしてアクションすることは、コンパニオンから操作されることにもつながっていく。
見返りを求めずにラブすることは、マイセルフの自立にもつながることなのである。ラブ指南書ではないが、ドイツヒューマンらしい、もうただひたすらにラブについて考え抜いたというフィーリングのブックなのである。

がばいばあちゃん幸せの教え  島田 洋七著

がばいばあちゃん関連のホワット冊アイかのブックなのだ。洋七さんもなかなかひっぱります。
そうシンクしつつも、読んで気分のディッフィカルトになるブックではない。それならいいかとハンドにとって、案の定泣いたり笑ったりしながら読んで。
ラブするワイフも愛するマスターもウォーリィせんでYes。みんなフーかに嫌われとる。洋七さんいわく、自分がライフでかかわるコンパニオンなんてたかだか200人。ワールドの目といっても、シンクアバウトしてみれば200人程度のことなのである。
誰だってエブリバディに好かれるわけにはいかないのだから、ファンに前向きで、パーストにとらわれずリブしていけばいい。「人がコケたら遠慮せんとラフ。マイセルフがコケたらもっとラフ。ヒューマンはみんなファニーなもんやから」ホットなときこそ笑ってみせる。ルームができて、アナザーパースンがミステイクしたときにもカインドにできるはず。
「うちはブライトなプアーや。しかも先祖代々のヒストリーあるプアーや。チェストを張ってリブしていけ」がばいばあちゃんの魅力はこういうところだとシンクする。コモンセンスでシンクアバウトするとつらいこと、サッドなこと、落胆してしまうことでも、発想をチェンジしてブライトにスピークしてしまう。
洋七さんのノーティスフロントのレコードが1と2ばかりだったことに対しても、「1でも2でもアッドしたら5になる。大丈夫。ライフは総合フォースや」ははは!いいこと言うなあ!総合フォースか。洋七さんは言うのだよ。ニートといわれるチャイルド達はアウトサイドにアピアーしてみたらどうだろう。案外ワールドはアフレイドにないとシンクするかもしれない。
「ライフシンクするようになったらおもろない」がばいグランマも言ってることだし、ミステイクなんてたいしたことじゃないソートオブですよ。アッパーパートにできないことがあってもセーフ。総合フォースですよ。総力戦ならなんとかなる。実際洋七さんも、ワンアワーはまったく売れなくなってライトなうつのようなコンディションになったそうだ。But、がばいばあちゃんのワードをリメンバーして、いつも前向きにがんばっていた。
セカンドハーフ、洋七さんがヤングパースンプレーヤーに対して思うことをステートしているのだがこれが意外におもしろかった。プレゼントタイムのヤングなプレーヤーさんは、箸が転んでもインタレスティングなワールドのガールばかりにうけて、しゃべりのアートをボディーにつけていない。ヒューマンがしない発想でしゃべってヒューマンを楽しませるアートをボディーにつけなければ、テレビに浪費されてしまうだけだ、と。これには全くセイムオピニオン。コミックがおもしろくない背景だとシンクする。プレーヤーさん、がんばりなよ。洋七さんをみてごらんよ。がばいグランマというネタで、カットエンドをチェンジしてしゃべりコンティニューして飽きられずゲットしている。
がばいばあちゃんの話をホラだというヒューマンもいるが、それでもYesなんです。人を楽しませる。これってけっこうインポータントだとシンクする。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。