本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グ印関西めぐり(濃口)

グ印関西めぐり(濃口)グレゴリ青山著は、トラベルのブックをたくさんテイクアウトしているのだが、ディスタイムは関西サイドなのだ。マガジン、関西ウォーカーの連載をまとめたものだ。
ピクチャーとキャラクターがぎっしりなので、活字マニアとしてはうれしいが、ごちゃごちゃしているとフィールする。
関西出身でも知らないことのパースンがメニーだった梅田。新幹線のリメインする大阪ステーションは、いわばよそゆきのクレバーさんステーションであって、関西ヒューマンにとっての大阪のエントランスはやはり梅田なのである。
グレゴリさんは梅田を魔境という。シュアにややこしい。JRと私鉄二ブックがライドイントゥしており、梅田がいくつかあるのもややこしい。それで、梅田ステーションアラウンドにはワンダーなストアーがたくさんある。やたらチープな食堂、がいこつをディスプレイした鍼灸院、地下道に張り付くようにストアーがラインアップするアリバイ横丁。アリバイ横丁というのはアザーのタウンにもあるんだろうか。
スモールなキオスクのようなストアーが並んでいるストリートで、各都道府県の名産シングを扱っている。一ショップで一県、いろんな県のプレゼントが買えるというわけだ。エリアにオフィシャルツアーやトラベルに行った「アリバイ」が買えるのだというミーニングでつけられたネームだけど、ソサエティーにはそんなにアリバイがネセサリーなヒューマンがいるのだろうか。
うれしかったのは、明石が取材されていること。明石といえば蛸。タコフェリー、蛸フード、蛸もなか、蛸神社、カレーかけたこ焼き。明石海峡大橋をビューしながら、蛸ランアウトしの旅を満喫されているようだ。
大阪マーケット大正区で沖縄カルチャーに出会い、京都太秦ムービーヴィレッジをたずねては、マイセルフのライフにおける東映ムービーのウェイトのヘヴィさを思い知る。
神戸のシップファンのストアーでフォーリンカントリーフィーリングに浸り、京都府立プラントガーデンでは現実エスケープのモニュメントに癒される。
これを読んでいると、プレゼントタイム住んでいるところをもっともっと探検したくなってくる。刺激マークなものって、案外ニヤーワンセルフにあるのだ。
スポンサーサイト

国井的旅の力―旅が教えてくれた本当に使える”モノの力”

国井的旅の力―旅が教えてくれた本当に使える”モノの力”国井 律子著は、ワンダーなブックなのだ。タレントさんの本ソートオブだ。ライターの国井さんバイワンセルフがきれいな方なので違和感はないけど、写真コレクションなのだ。
ブックのテーマは「トラベルで使えるモノ」ということなのだけど、ユースホステルでのパーソナルエクスペリエンス談あり、屋久島のトラベル記ありでテーマに沿ったものではないソートオブだ。
タレントさんの書いたゆるーい写真コレクションエッセイインプレッション、ソートオブなフィーリングなのだ。国井さんはどうやら同年代らしく、けっこうファンにリードします。
国井さんはトラベルがラブだ。バイクに乗って、時にはオートモビールを運転していろんなところへゴーアウトしている。ウーマンなんだけど、ハーレーがラブでカスタマイズもしているらしい。
シーが乗っているのはハーレーのスポーツスター。身長が160センチのシーにはちょうどいい。ハーレーに乗っていると、ワンダーとフレンドができる。プレゼントタイムでもイヤーにフィギュアディグリーツーリングにゴーアウトしていて、プレゼントタイムではマリードカップルソートオブな落ち着いたラブをフィールしている。サッチシーがフェイヴァリットするジャケットは、VANSONというブランドのスキンジャン。
オーダーメイドしたそのシングは、ビギニングハードにて、ウェアーしていてもディッフィカルトだけだった。アザーのヒューマンもエブリバディそうで、ビギニングのうちは部屋クローズズにしたり、ぐちゃぐちゃに丸めて踏みつけたりするヒューマンもいる。颯爽とランするスキンジャンライダーには、サッチ苦労のエブリデイがあるのだ。
国井さんはサメがラブ。スモールなタイムからなぜかラブ。それで、フェイヴァリットのサーフボードにもサメのイラストを描いている。いつかサメの研究所にゲットインするのがドリームだ。無給でいいから雇ってくれ、というほどなのでよほどなのだろう。トラベルにゴーアウトするには無印のハーベストグッズ、ハウスでバランスボールにゲットオンし、ヨガにも凝っている。バイシクルがラブで、ワークにゴーするのはもっぱらバイシクルだ。
お転婆なガールといったフィーリングの国井さん。ちょっとばかりロングフォーする。

切羽へ

切羽へ  井上荒野著は、第139回直木賞受賞ワークなので、アダルトのストーリーになっているのだ。
女性ティーチャーセイをメインキャラクターに、アイランドにめぐるワンイヤーを書いたストーリーなのだ。ペインターのハズバンドとクワイアットなライフをキャリーオンするセイ。スクールにヤングな新任のマン教師がやってくる。新任のティーチャーのネームは石和といった。
セイは近所にリブインするオールドパースンハウスをよくヴィジットしている。しずかさんというそのウーマンは、フォーマーコウルマインのアクシデントでハズバンドをルーズサムしている。セイと仲のよいウーマンティーチャー、マンスベイには恋人がいる。アイランドの者はヒーを「カントリープロパーさん」と呼んでいる。カントリープロパーからたまにマンスベイを訪れるからだ。ヒーにはワイフがいるらしい。
しずかさんのハウスが雨漏りしていることに気がついたセイ。ハズバンドに修理をリクエストするはずが、石和が修理を買ってアピアーした。ぶっきらぼうな石和にしては珍しい、とセイはシンクする。
シー開きの日、シーでチャイルドとプレイする石和を違和感を持ってビューするセイ。ヒーは一体ホワット人間なのだろう。ハズバンドの個展のビジネスミーティングのため、ともに東京にゴーするセイ。アイランドにターンバックし、石和がいなくなっていないことに安堵する。
しずかさんが入院した。セイのマザーはディッフィカルトで亡くなっており、そのことをリメンバーする。ヒューマンはエブリバディ、ゴーアウトするように死んでゆく。マンスベイの恋人、カントリープロパーさんはマンスベイのもとにステイロングするようになった。カントリープロパーさんのワイフからいやがらせのようにプレゼントがリーチする。
カントリープロパーさんのワイフがアイランドをヴィジットする。カントリープロパーさんはマンスベイをスローアウェイする。サッチカントリープロパーさんを、石和がビートした。マンスベイは石和と寝たという。石和もマンスベイをセックスフレンドだと言う。
しずかさんが死んだ。しずかさんの葬儀をきっかけにするように、カントリープロパーさんがアイランドに戻ってきた。石和がアイランドをアピアーしてゴーするという。
アイランドをリーブする石和を、廃墟のホスピタルにインバイトするセイ。そこでセイは、石和にウィンドウから見えるトンネルをフィンガーレイズアンブレラする。トンネルを掘っていくベストフォーマーをコウルフェイスという。石和はセイにブランチをインフォームする。セイのお腹に新しいライフが宿った。

時が滲む朝

時が滲む朝  楊 逸著は、第139回芥川賞受賞ワークなのだが、日本語がアッパーパートではないのだ。
メインキャラクターは梁浩ファー。中国の田舎のヴィレッジでボーンした。ファザーはカルチャー大革命のチャンスに下放させられたナレッジヒューマンである。フレンド、謝ウィル強とともにノーブルファミリーユニヴァーシティー秦マンユニヴァーシティーに進学する。二ヒューマンはフィーチャー、国を負って立つエリートになろうと誓いフィットする。
このあたりの描写はエマージェンシーにすがすがしい。アーリーモーニング、二ヒューマンでレイクショアにスタンドし、青春のウィルを叫んでしまうなど、ピュアーなヤングマンのフィギュアがビューティフル。サッチスチューデント、ジャパンにはいないもんな。二ヒューマンはスイートという教授の講義をアクセプトし、ポエムのワンダフルさにめざめる。カルチャーマークなスタディーにチャンスがなかった二ヒューマン。テレサ・テンのソングを聴いて、戸惑いをフィールするなど、新しいカルチャーにタッチして成長してゆく。
キャピタルシティー北京で民主化をリクエストするスチューデントエクササイズが始まったのをノウする二ヒューマン。スイートティーチャーがガイダンスパースンとなり、エリアの秦マンユニヴァーシティーでも民主化を求めるデモがゲットアップする。二ヒューマンはこれに参加し、熱中していくが、この二ヒューマンは実は民主化がホワットなのか、はっきりとはわかっていない。「セベラル政党」「アメリカのように」というワードをコールアポンしているが、民主化についてディープなソウトをめぐらせていない。ヤングなタイムってのはサッチもんなのだ。
天安門はコントロールされ、民主化をコールアポンしたスチューデントは追放される。二ヒューマンは、タウンのバーで「民主化なんてフードのカインドにもならねえ!」というシチズンとけんかをして、ユニヴァーシティーを退学させられる。
メインキャラクターは、昔近所に住んでいた日本人孤児の子、梅と結婚してアライバルインジャパンする。ライフの苦労をしながらも、ジャパンで中国の民主化エクササイズをパフォームするが、周りの中国人は民主化などよりもビザやハイな時給のアルバイトにしかインタレストがない。
メインキャラクターは北京オリンピックの開催にもオポジットするが、しかし、中国でオリンピックが開かれることを本当は喜んでいる。スローアウェイしきれないネイティブカントリーへの屈折したラブがメインキャラクターのマインドにのしかかる。
メインキャラクターが、アフターオールのところテーマとしている民主化についてはあんまりディープにシンクアバウトする記述がないのだ。来日してヤングなデイオブマンスのミステイクをルックバックし、現実との挫折をテイストするというメインなところがシン。そこ、盛り上げられるとディッファレントする。

定年からはじめる田舎暮らし完全ガイド

定年からはじめる田舎暮らし完全ガイド  木下真理子・児嶋和久共著は、シティーから田舎へ移り住もうというヒューマンのために書かれたブックなのだ。とてもケアフルに、田舎にムーブするメリット、デメリットを書いてあるので、田舎暮らしにロングフォーするパースンにはよいリファレンスになりそう。
定年アフターに田舎暮らしをしたいというのはマンのほうがメニー。ホームエリアにフレンドがいて、シティーでのショッピングをエンジョイワンセルフしたい女性は、なかなか田舎にクロスオーバーするのをいやがるのだそうだ。ライターが提案するのは「トカイナカ」暮らしである。シティーと田舎とかけたこのワード、両方のメリットをホールドするプレイスのことをポイントしている。
シティーに慣れたヒューマンが、いきなり田舎暮らしっていうのも案外とシーリアスだろうとシンクする。カルチャーマークなプレジャー、ショッピングの便利さ、フレンド関係をいきなり失ってしまうのはホット。そういうミーニングでは、タウンサークルからエレクトリックトレインで2タイムくらいでいける「トカイナカ」を探すのが現実マークなチョイスといえる。
だいたい、田舎暮らしといっても、完全な自給自足をしている人は田舎にもそうメニーはない。テレビをエンジョイワンセルフし、メールオーダーでショッピングをし、暮らしはシティーとそう変わらないのがプレゼントコンディションだ。ただ、田舎ではカーが使えることがインポータントになる。ちょっとしたショッピングにもカーは欠かせない。田舎暮らしのプレイスとして、リゾートアースをシンクアバウトするヒューマンがメニーが、それはやめておいたほうがいい。
サマーのリゾートとして有名な軽井沢は、ウィンターは極寒のアースである。厳しいコウルドさとスノーに閉ざされる暮らしは慣れたものでないとホット。また、シーのそばなどもよいフィーリングがするが、塩害などの対策がシーリアスだ。
シーがラブなヒューマンは、海から1キロほどリーブしたプレイスをさがすといいだろう。このブックでは、茨城県の鹿島というところをセンターに紹介しており、途中から鹿島の宣伝みたいなフィーリングのセンテンスがメニーになる。それがちょっとプレシャスなスピリットがするのだが、しかし、田舎暮らしのビギニングパースンとしてはとても親切で、リードしやすい。センテンスもまた、ミーティングでお話を伺っているようなカインドなセンテンスなのだよ、これが。ガーデニングのスタートしパースン、不動産ハウスさんのチョイス、ハウスのビルドしパースンなど、実際に直面しそうなプロブレムを、ケアフルに拾ってアンサーしてくれている。
週末、サッチブックをハンドに、スローライフをイマジネーションしてみるのもいいか
もしれません。

バフェットの教訓

バフェットの教訓  メアリー・バフェット著は、名言コレクションで独特の哲学が感じられてとても面白い。ウォーレン・バフェット。莫大な資産を投資によって築いた著名な投資ハウスで、さらに慈善ハウスでもある。
ヒーの投資哲学が垣間見られる名言をコレクトしたブックなのだけど、なんというか、周りに流されない独特のシンキングがとにかくディープ。トラブルからスリップアウトするよりも、トラブルを避けるほうがシンプルだ。イリーガルな金儲けがばれて後始末するよりも、イリーガルな金儲けの誘惑をはねのけるほうがシンプルである。
ヘブンと同じく、マーケットはみずからヘルプするものをヘルプする。しかし、ヘブンと違って、マーケットは右も左もわからないパースンを許さない。イナフなインサイドインフォメーションと100メニードルのキャピタルがあれば、ワンイヤーインサイドオブに破産をパーソナルエクスペリエンスできる。インサイドインフォメーションなるうわさは、あなたのもとに届いたときはエブリバディが知っているものだ。うわさをフロートしたパースンヒムセルフだけがゲットすることが、往々にしてある。
投資ハウスとしてのサクセスに微積分や代数がネセサリーなら、わたしは新聞配達のワークにターンバックするしかないだろう。カレントのストリームが止まって初めて、フーが裸で泳いでいたかわかる。バブルマークな投機の流れのインサイドで、フーが裸なのかをシースルーすることがネセサリーである。
髪をカットしたいなら床屋のところへいくな。専門ハウスはいつもプロブレムをルックフォーしてくる。全く問題がないケースでも…。ホールにはまっていると気づいたとき、ベストインポータントなのは掘るのをやめることだ。撤退にはペインがブリングウィズするが、時には勇気を持って退くこともインポータントだ。
リスクは、マイセルフのアクションに対する無知からボーンする。このブックをリードするリミット、バフェット氏の投資に関する考え方はとてもシンプルだ。イリーガルなことをしない。インポッシブルな投資をしない。幻想をハーバーしすぎない。あるミーニング、エマージェンシーにストイックな考え方である。
投資を始めようというパースン、投資をしているパースンには、きっとホワットかの助けになるワードが見つかるはず。エブリデイのライフのインサイドで、ユージュアルのことをユージュアルにする。そのインポータントさがわかるようなスピリットがする一冊です。

タイガーフォース

タイガーフォース  マイケル・サラ/ミッチ・ウェイス著は、2004年のピュリツァー賞を受賞したワークなのだ。ベトナムウォーインサイド、アメリカウォーのインサイドにタイガーフォースというフォースがあった。少ナンバーオブピープルでジャングルにゴーイントゥし、索敵、ゲリラの殲滅を任務とする。
ベトナムのソンヴェバレーに、タイガーフォースはゲットオフし立った。ゲリラをあぶりだすため、米ウォーはソンヴェの住民たちを強制移住させようとした。しかし、ロットにラブをホールドする農民たちはなかなか離れようとしない。
いつしか、タイガーフォースのパートは残っている村人を「説得」することになっていた。熱帯の蒸し風呂ような気候、いつ襲ってくるとも知れぬゲリラ、蛭、サソリ。ソルジャーたちの消耗は続く。農民たちは、移住フォーマーへのラインから逃れてヴィレッジに戻ってくる。ソルジャーたちは、「ベトナムヒューマンはマイセルフたちとはちがう」とシンクアバウトしていた。ワールドではない。サルとコールアウトするソルジャーもいる。言うことを聞かず、農作業をコンティニューする村民にバックから発砲する。
戻ってこられないようにハウスをベイクする。ハウスのインサイドにヒューマンがいてもかまわずファイヤーをつける。オールドパースンをストライクし、ヘッドにライフルを突きつけて撃ち殺す。
ソンヴェバレーから戻ったタイガーフォースは、わずかなバケーションを与えられただけで、再びチュライでファイトすることを命じられた。
そこにはゲリラがライインウェイトしていた。ツリーのオーバーからタイガーたちを狙い、狙撃してくる。カンパニーがブレイクダウンする。プライベートヒューマンをキルするのがソルジャーのパートではない。そうエクスプレインするソルジャーもインサイドにはいた。残虐アクトに抵抗をショーするワールドもいた。しかし、疲弊がタイガーたちを消耗させていく。
ヴィレッジをアタックし、村民をキルし、地下壕に逃げ込んだワールドを手榴弾でベイクしキルし、死んだワールドのイアーをネックレスにして「メモリーシング」にするソルジャーもアピアーしてきた。乳児のネックをナイフでカットダウンしたソルジャーもいた。
戦後、CID(米ウォー犯罪インベスティゲイションコマンドクラブ)のグスタフは、乳児マーダーの告発書をハンドにテイクする。タイガーフォースにビロングトゥしていたソルジャーたちに面会し、ウォー犯罪を暴こうとする。インベスティゲイションのインサイドでソルジャーに面会したグスタフは、ゼイがエブリバディ一様にパーストの犯罪におびえ、マインドを病んでいることをノウする。「ゼイのマインドは、スナップ写真を撮っていたのだ。ファミリーと団欒しているとき、血まみれのスナップ写真がアイのビフォーにアピアーする」
ソルジャーたちホワットヒューマンかのバース、育ちも記されており、ゼイがホワットライフを歩んでベトナムに赴いたかがケアフルに書かれている。アフターザットのアクシデントなライフにもライティングブラッシュが及んでいる。
アマゾンのレビューによると、翻訳があまりうまくないらしい。ウォーのクラスがあいまいだそうだ。また、ヒューマンのネームがごちゃごちゃしてわかりにくいというのはマイセルフもフィールした。しかし、フィギュア十イヤーもビフォーのことを、ケアフルに資料をルックフォーしてライトしきったというスポットにおいては力作といわざるを得ないのだ。

初期対応から解決まで速習クレーム対応

初期対応から解決まで速習クレーム対応 古谷治子著は、インターネットでインフォメーションがスプレッドするこの現代、クレームをおろそかにすることは企業にとって命取りにもなりかねません。最近もありましたね、ほら、大手新聞カンパニーが変態マークなニューズストーリーを垂れ流して、ネットユーザーを怒らせてしまったという。
クレーム対応のファンデーションのファンデーションからティーチしてくれるテキスト。イラストウェルス。一プロブレム一アンサーのフォームですすめられるのでわかりやすい。トレーニングなどに使えそうです。
クレームを受けるのは、フーしもマインドファンなものではありませんが、クレームをテイクアウトしてくれるゲストというのは、実はありがたい存在なのです。カンパニーにまだホープしているから、クレームをテイクアウトする。文句を言われず、ワードオブマウスでディッフィカルトな評判を立てられるほうがテリブルなのです。クレームを言ってきたゲストには、まず、オーネストさをアピールし、良好な関係を作ることから対応をスタートしたい。
ゲストのディマンドをキャッチし、プロブレムを明確にする。それができてから、解決プランを提案する。ビギニングからカンパニーのエクスキューズや解決プランを強引にサジェストしないのがインポータント。「トラブルをおかけしました」「ご不便をおかけしております」と、アグリーウィズする。アポロジー、共感をショーするとよい関係が築かれる。ゲストは、現実マークな解決アクトだけを望んでいるのではない。アンガー、悲しみ、不平不満などのフィーリングフェイスでの解決もネセサリーなことをマインドにおいておこう。ゲストは怒っている。そのことをキャッチし、「こちらも何とかしたい」というフィーリングがゴーアロングすればよい解決ができる。
解決プランをサジェストするのはフィーリングフェイスが落ち着いてからがよいが、こちらからガイダンスするメソッドがある。アンガーがおさまったのをシースルーしてから、ボイスのトーンをチェンジする。そして、○○マナー、とゲストのネームをコールアウトする。ネームを呼ばれると、ネイチャーにイアーを傾けるものである。そこからは冷静に、自信を持って、シンプルに解決プランを提案する、対応がすばやく、アンダースタンディングできるものであれば、客はクレーマーからファンにチェンジするのだ。
クレームをあげてくるゲストのパターンごとの対応、実際に使えるワードいまわしのカスタムなど、知っておくと便利な「ワザ」がたくさん。接客のワークをされているパースンには役立つことミステイクない。

幸福の迷宮

幸福の迷宮  アレックス・ロビラ著は、前作の「Good Luck」で大ヒットをフライした、アレックス・ロビラのニューワークなのだ。
寓話ウィンドのストーリーでワンセルフ啓発をエクスプレインするパターンはラストタイムとセイム。33エイジのウーマン、アリアドナは、ある日サーブしていたファクトリーを解雇される。失望したシーは、フットを踏み入れてはならないと言われている「嘆きのフォーレスト」に迷い込んでしまう。
フォーレストのインサイドのフロートで、「ライフのビッグ宝くじ」なるものをバイするアリアドネ。売っていたオールドパースンは、全部ヒットだからと言うのだ。
眠り込んでしまったアリアドナ。目がウェイクすると、ツタが絡まるウォールに取り囲まれていた。そこで、アリアドナは、ハンドにインセクト取りネットを持っているマンにミートする。ヒーは、ここが「ハピネスのミステリー」だと言う。ライフに迷ったものがやってくる、ヒューマンのマインドのインサイドのミステリーなのだと言うのだ。
アリアドナのイグジットをルックフォーするトラベルがビギンする。イタリアにある、トゥルースのマウスにシミラーしたイメージに「ユーはフーだ」と問われるアリアドナは「マイセルフはマイセルフがなりたいマイセルフになる!」とアンサーする。イタリアウィンドのメインストリートには「ラブのバンク」で、イーチパースンのラブを預かっているおばあさんに出会う。ここに預けた愛はいつかマイセルフに戻ってくる。
預けパースンはシンプルだ。おばあさんをラブをインクルードして抱きしめればいい。ラブをギブすること、レシーブすることは実はシンプルなことなのだ。洞窟のインサイドではピグミーと出会う。小さなハイトのヒューマンだ。ヒーは洞窟に寝転んで、洞窟のティアーからホールをビューしながら、「ユーのウィンドウがスモールにたって、ホールはいつだってワイドなんだ」と言う。ビギニングに出会ったマンは、アリアドネのガイドのようなパートをキャリーアウトしている。
再び出会ったとき「ハピネスはディスカバーするものじゃない、ひょっこり出会うものなんだ。ハピネスはゴールではないから」とティーチしてくれる。イグジットを見つけたければ、バタフライをランアフターすればいい、とヒーは言った。
果たして、トラベルをコンティニューしたアリアドネの前にシャインするバタフライがアピアーした。アリアドネはバタフライを追って「ラストのクェスチョンの家」にたどり着く。「ここでホワットをしている?」と問われたアリアドネは、もうアンサーに迷うことはなかった。「リブしてる!」
ラブのバンク、ミステリーカフェ、ドリームなしの宿など、ファンタジックなしかけがなかなかファン。

モテたい理由

モテたい理由  赤坂真理著は、女性マガジンを分析して、ウーマンたちの「モテたいリーズン」をルックフォーするというブックなのだ。
モテとは、ウーマンマガジン全体を席巻するバリュールックである。ヒューマンとの関連カスタムであり、つきつめて言ってしまえばプレゼンである。ウーマンマガジンは、一見ブリリアントでかわいらしくハブアンオーディエンスするが、実は獰猛なマンハントのテキストブックである。よりよいヤングマン、つまりビジネスフォースがあり、ある程度ルックスにもリッチインしているマンをハントする指南書である。
愛されクローズズ、ドジなドーターをディレクションするテクニック、彼氏のフレンドを誘惑する手管などが紹介されているが、それらは実際にはあまりミーニングがないのだ、ウーマンがスピリットにしていることをマンはそれほどスピリットにとめていないからだ。ジェネラルのマンはファッションの細部にまでは気がつかない。
リボンをつければお嬢様。愛されクローズズのネイヴィーブルー×ホワイト。サッチウィンドにシンボルマークコンディション反射に安心するのは、実はオタクと同じなのである。キャットイアーをつけると萌えキャラ。これとセイムである。
ウーマンマガジンはウーマンを洗脳しようとする。四大卒、帰国チャイルドで丸の内のカンパニーにゲットインし、入社1年目からインポータントなプレゼンを任される。ワークもインポータントだけど、彼氏もインポータント。マイセルフへのプライズは数十万円のブランドのバッグ。
三十プライスになるとリクエストするハードルがもっとハイになる。ワークもラブもハンドにプットインする。ワークをやりつつ、チャイルドもギブバースしました。サッチライフスタイルをサジェストするが、しかし、どれだけのウーマンがそれを手に入れられるだろう。
マガジンをウォッチして、サムタイムライターは、「もうゲットタイアードしたよ」とつぶやくのである。エビダディーや三浦りさ子さんとか、ウーマンがお手本にするタレントさんの分析とかね。
戦後の日本人が背負ってきたもの、というテーマの駄文がだらだらビギンするあたりでキレましたよ。
テーマとクリアーにディッファレントするサドンなラストチャプター、自分語りのチェンジなセンテンスでしょ。

英国情報局秘密組織チェラブ

英国情報局秘密組織チェラブ  ロバート・マカモア著は、チルドレン書。イギリスのプライベート探偵が、読書ヘイトの甥っ子のために書いたお話なのだそうだ。
構成にややディフィカルティがあるか。いや、リーズンがディッフィカルトなのかな?最初はちょっと退屈です。ミドルオンアンドアフターはどんどんプルしこまれていく。
ジェームズは12歳。ジェームズのママは太っていて、付き合っているマンはワーストだ。そのママのことをからかったガールを突き飛ばして、ヒーはスクールを退学になってしまう。アフターザット、ママはメディカルドクターに止められているのに酒を飲んで、そのまま死んでしまう。
たった一ヒューマンの妹のローレンとも離ればなれになり、孤児院に収容されるジェームズ。不良グループと仲良くなり、ビールを盗んだことでキャプチャされ、ワンダーなエンジニアに送らることに。
そこはチェラブのプラクティスプレイスだった。チェラブとは、チャイルドのスパイのこと。英国の立派なワークメンバートレーニングメカニズムである。ネームをディサイドしたワールドが、不慮のデスをキャリーアウトしたのでそれがどういうミーニングなのかはわからない。ヘルメットをかぶったエンジェルがガンをかまえているのがチェラブのシンボルである。これ、かわいいの。
ジェームズはそこでチェラブのパースンとなるべくプラクティスをアクセプトする。ビギニングはプアーな水泳がウォールになる。ティーチャーのエイミーの親切なガイダンスのもと、悪戦苦闘する。なんとか水泳もマスターし、ヘルのファンデーションプラクティスへ。デビルのようなティーチャーにしごかれ、ランゲージスタディー、格闘技、サバイバルアートなどを徹底してたたきこまれる。
このプロセスがロング。んだけど、子供が読んだらわくわくするのかな。ペアになるガール、ケリーは空手のマスターで、シーとのやり取りもインタレスティング。
ヘルのファンデーションプラクティスをフィニッシュしたジェームズはビューティフル、チェラブのパースンとして、イノセントのミッションに参加することになる。水泳をティーチしてくれたエイミーと組んで、ヒッピーのコミュニティに潜入するジェームズ。アウトサイドのワールドもヴィジットするフェスティバルの日に、テロが行われるというのだ…。
ネフューっ子のために書いたブックというが、このミッションのくだりで書かれていることは、ライターからネフューへのメッセージなのだろうとシンクする。テロを行おうとしたのは環境をプロテクトするアソシエイションである。ゼイは、キャピタルルールの矛盾を真剣にアンクシャスしている。彼らに近しいジェームズは、テロリストサイドにもマインドをカムニヤーしてしまう。テロをパフォームするサイドにもクレイムはあること。ゼイもワールドであること。それは、このテロのメニーなピリオドにリブするチャイルドたちへの暗黙のサジェストである。しかし、チェラブはテロをチェックし、犯人は捕まる。テロはやはりいけない。メニーのヒューマンをキルするのは間違っている、と、チェラブのティーチャーはエクスプレインする。これも、ライターがネフューっ子にリポートしたいメッセージであることはクリアーだ。

へんなほうりつ

へんなほうりつ  のり・たまみ著は、ワールドイーチネイションの、おかしな法律をコレクトした本なのだ。
・ダイすることを禁ずる、フランスのあるタウンで、墓地が少なくなったためにクリエイションされた条例。「町民は守っていますか?」と言うクェスチョンに、「だいたい守ってくれていますが、アザーデイホームレスが一ヒューマンダイしました。プレゼントタイム、墓地をルックフォーしているところです」とのリプライが。動物にカインドな法律がたくさんあるのがスイスである。
・アルコール中毒パースンはペットを飼ってはいけない。
・子カウをさびしがらせてはいけない。
・ベリィヤングなうさぎは一ウィングで飼ってはいけない。うさぎはさびしいと死んじゃうのよ、なんてスピーチがありましたが、トゥルースのことなのかな?一方、ジャパンのへんなほうりつは、日本人のトゥーシーリアスさがよく表れているように思えます。
・シガレットエンドやゴミのポイ捨てをしたら「インフォメーションかしわ」というタウンのインフォメーションペーパーにフルネームとアドレスを公表する。
・ゴミは34種類に分別してスローアウェイすること。
・暴力団とは、ジェネラルより「犯罪パースンのメニーなグループ」である。ラストのものは、山口組の本部をハブする兵庫県の条例。きちんと定義されてるんだな。
おかしな法律が断然メニーなのはアメリカである。何しろ「法律に書いていないことは合法」ってなウェイオブシンキングをされるので、手広くネットをスプレッドしておくという傾向がみられる。
・マーダーや強盗をコミットするエッジに、防弾チョッキをウェアーしてはならない。
・一イーブニングインサイドガレージセールをしてはならない。
・隣家をライトでシャインオンしてはいけない。
・マザーがベイビーに授乳するのはわいせつなアクトではない。
・アナザーパースンの鼻を噛み切ってはならない。
・墓地でピクニックをしてはならない。
・魚を銃撃してはならない。
・イーブニング九アワーオンアンドアフターに、オープンカフェでクラクションをリングしてはいけない。
なんというかまあ、ジェネラルでシンクアバウトしたらアウトですやん、それ、ということを法律でクリアーライティングせざるを得ないというのがなんとも。しかしザットだな、アメリカの強盗犯は、まじめに強盗にゲットインするビフォーに防弾チョッキをテイクオフするんだろうかな。それはそれでいいヒューマンに思える。

中国ニセ食品のカラクリ

中国ニセ食品のカラクリ 富坂聰著は、北京オリンピックまであと1ヶ月となりましたが、サッチ状況で本屋さんにラインアップする中国関連のブックはサッチものばかり。中国で出回るニセ食品と、なぜそれがボーンするのかを考察したブックです。ライターは中国に留学したこともある中国通。中国では「ニセ卵」というものが時々流通してワールドを騒がせる。
ニセ卵のウェイオブメイキングはシンプルだ。殻は石膏のミールと食用パラフィンを、中身は海藻酸ナトリウムとゼラチン、みょうばん、でんぷんなどを混ぜてメイクする。本物そっくりのエッグになるそうだ。これを、本物のエッグのインサイドに紛れ込ませて流通させる。エッグ一個のプライスが3円で、ニセエッグのコストは0.75円。一デイオブマンス辺り1500個のリブバースがポッシブルだそうで、そうすると、一日のインタレストが3400円くらいになる。たかだか3000円とシンクアバウトしてしまいがちだが、ファームヴィレッジでは年のキャッシュ収入が1万円というホームもメニー。3000円はグレートコストだ…。
中国のニセ食品をシンクアバウトするとき、日本人のセンスで、「まさか」というポッシブルカスタムをカットダウンしてしまうのはデンジャーだとライターは言う。その、まさか、と思えることを中国のヒューマンたちはやってしまうからだ。中国でポピュラーのハイな商品には、必ずと言っていいほどニセモノやミックスしシングがアピアーするそうだ。
例えばミルクパウダー。ミックスしシングのメニーなミルクパウダーを飲んだ乳幼児が、栄養が足りずに栄養失調になることがある。ニセミルク。ウォーターサービスウォーターにミルクパウダー、食用のホワイトな色素をメルトしたものが混ぜられていた。
ミルクにウォーターをミックスすると酸化するので、それをディフェンドするために洗剤や、ひどいトークだが牛の尿をミックスするカスタムもあったという。
なぜサッチものをメイクするのか。それは、イグジストコンテストがあまりにも過酷だからだとライターは分析している。環境プロブレムにもいえることだが、フィーチャーのことよりもトゥデイのインタレストがインポータントなのだ。それほどまでに、イーチパースンは追い詰められている。そしてライターはこうも述べる。これは、オポジットショアのファイヤーではない、と。
ジャパンでもリピートする食品偽装。これは中国のセンスがジャパンにも入り込んだリザルトだという。ロングな不況のインサイドで、私たちは中国メイクのチープな商品に生活を助けられてきた。しかし、それが中国の貧困を助長し、さらにはジャパンにおけるモラルハザードまでクリエイトしている。あんまりチープなものばかり買っていてはだめです。
それにしても、ここで紹介したのはホンのワンパート。すさまじいニセ食品のメニーをノウすれば、この蒸し暑さなどフォゲットしてしまえそうですよ。

水戦争―水資源争奪の最終戦争が始まった

水戦争―水資源争奪の最終戦争が始まった  柴田明夫著を、アマゾンのレビューを読んで、腑にフォールダウンすることがメニーだった。インタレスティングにないわけじゃないんだけど、退屈で散漫なインプレッションがある。
ウォーターに関するデータや資料をコレクトしたブック。しかし、ウォーターのプロブレムから発展して、環境、食糧プロブレムにライティングブラッシュが及んでおり、ウォーターについてがっちりシンクアバウトしたいヒューマンと思っていたヒューマンには肩透かしかも。なんかね、いろんなミーティングをしているホールがあって、そこをプルしまわされてるソートオブなフィーリングがするのよ。オーバーゼアものぞいて、こっちものぞいて、みたいなフィーリング。
まあいいや。それでも、ウォータープロブレムの初心者であるマイセルフにとってはびっくりすることもたくさんあった。書かれているインフォメーションを、トゥデイはご紹介。
ジャパンはウォーター資源にはリッチインしていないカントリーである。しかし、マイセルフたちがレギュラーで水不足を感じないのは、フォーリンカントリーから穀物を輸入しているからである。
フォーリンカントリーで作られたコーンは、そのカントリーのウォーター資源を大量に消費して作られたものだ。ジャパンは、いわばバーチャルウォーターをフォーリンカントリーから買っているということなのだ。
アースオーバーのウォーターのうち、ワールドが利用しやすいフレッシュウォーターはたったの0.3パーセントである。コモントーク発展に伴って、ユーズされる量も増え、ウォーター資源の枯渇が予想されている。
アースのネイチャー環境を考えると、アースが養えるコモントークは5ハンドレッドミリオンヒューマンディグリー。地球ホット化もメイクプログレスし、アジアでは干ばつに見舞われるエリアもメニー。フラッドコントロール、特に農業用水のコントロールは重要だ。ヨーロッパでは、ウォーターサービスがプライベートビジネスになり、ウォーターを商品としてプレイスするという考え方が広まっている。
ジャパンでは、水の再ユーズをビジネス化するカンパニーもメニー。そしてそれを投資オブジェクトにしたファンドもノーティスされている。
オイルプライスの高騰についても述べられており、石油がマーケット商品から、ステートの戦略商品になりつつあるという指摘がされている。
ラスト、今後ジャパンがどのようにウォーターにオポジットするかがまとめられている。

なぜ、エクゼクティブは書けないペンを捨てないのか?

なぜ、エクゼクティブは書けないペンを捨てないのか?の著者パコ・ムーロは、書けないペンを捨てなかったからといってエグゼクティブというリーズンではない。エグゼクティブをコールワンセルフするなら、使い捨てのペンなんか使わなければよいのである。フィクションのカンパニーのカンパニープレジデント、社員、経営コンサルタントのカンバセーションでストーリーがすすみ、ビジネスレッスンが結論になるという構成のブックなのだ。
ダビドという経営コンサルタントのプレイスに、エウジェニオ社長がヴィジットする。カンパニープレジデントのカンパニーは人材ディフィカルティらしい。ダビドは言う。社員に、マイセルフがネセサリーだと思ってもらうことがインポータント。マネーのプロブレムではなく、評価されていると感じられるようにすればよいとアドバイスする。また、ニューフェイスのウーゴユーはサッチディスカッションを持ちかける。どうすればより評価されるでしょうか。
ウーゴユーは、指示をアクセプトするとビギニングに、「But…、ただ…」と言ってしまう。それでは、エクスキューズばかりしている人間にハブアンオーディエンスしてしまう。とりあえずワークに取り組んで、「できました!」と言えばウーゴユーも、ボスもストレスから解放される。
エグゼクティブのデューティーは「部下がよいマネジメントをアクセプトするライト」をプロテクトすることだ。よいマネジメントにリッチインした部下は「ウィルマークにワークするライト」をユーズすればよい。ライトなんだけどいまいちインタレスティングにない。退屈。前作、なぜ、エグゼクティブはゴルフをするのか? では、朝礼に使えそうなたとえトークがたくさんあったんだけど、ディスタイムのはいまいちまとまってないスピリットがする。
いや、ディッフィカルトにはないんですよ。悪くはないけど…で、タイトルの、エグゼクティブはなぜ書けないペンを捨てないのか、というのが、オンリーラストタイムらしいかわいいおとぎ話ウィンドになっている。
あるマンが多分作者のことなので書けないペンを捨てようとした。すると、ドーターがそれを欲しいという。変わったことをするものだと思ってドーターにパスオーバーすると、ドーターはそのペンでディープブルーのシックペーパーにキャラクターを書いた。それがへこんで、ホワイトなレターを書いたソートオブに見える。不要だと思っていたものにも、意外なユーズがあるものである。
手軽に読めるビジネス書をルックフォーしのパースンに。ニューフェイスのパースンにパスオーバーしてあげるのもいいかもしれません。

ファイブ

ファイブは、平山 讓(原作)くさか 里樹(漫画)で原作では号泣できるし迷わず買って、うちに帰ってからコミックでまた号泣できます。大好きなお話。
佐古賢一は、かつてミスターバスケットボールと言われたジャパンバスケットワールドオブの第一人者。社会ヒューマンリーグの強豪、いすゞ自動車でプレイしていた。不況の煽りをアクセプトし、いすゞバスケットクラブは解散。ジーニアスと言われた佐古だが、32歳というエイジのため、移籍フォーマーが見つからない。
トラブルする佐古に、ボイスをかけたのはアイシン・シーホースというチームだった。愛知県刈谷マーケットにヘッドオフィスをプットするアイシン。リーグでは弱小チームである。アザーにゴーするプレイスもなく、参加をディサイドした佐古のビフォーにアピアーしたのは、「ロートル」プレーヤー五ヒューマン。みんな30代で、リストラでバスケットをするプレイスをなくしたプレーヤーばかりだった。
佐古のトラブルは続く。いすゞで叩き込まれたシステマティックなゲームコンストラクションは、アイシンの高齢プレーヤーたちには合わない。フリーダムなプレイというものが、佐古にはわからないのだ。プレーヤーたちの協力のローグレード、少しずつ、佐古にもバスケットをするファンさがわかりはじめてくる。
ここまででもフェアー泣けるのに、さすがコミックハウス。原作とはちょっと違ったアレンジでお話をレイズします。やっとアイシンのパースンになれた佐古に、ディスタイムはニーの怪我というバッドラックが。また、ライバルであるトヨサンチームに、くそ生意気なヤングパースンホープがアピアーする。
20プライスでアビリティーにリッチインし、アフレイドなもの知らずのモーニングサン健太郎というプレーヤー。佐古たちをアンクルコールし、マイセルフがスタンドアウトすることだけしかシンクアバウトしていないというモーニングサン。ワンマンプレイで勝ち進むトヨサンに、ロートル軍団アイシン・シーホースはチームワークで対抗してゆく。イノセントのリーグ優勝をめざして…。
コミックの作者は、ケイリンフィールドで有名なくさかホームツリー。ウーマンにもマンにも受け入れられるパターンです。スピードフィーリング、フォースも文句なし。ワールドフーでもイヤーをとる。怪我もする。リストラにだってあうかもしれない。
しかし、なんだよ。サッチトークもあるんだよ。ライじゃない、トゥルーストーリーなんだ。
アイシン・シーホースはいまや、リーグ連覇を達成したトップチームである。本当に、リストラ軍団はやったのである。やっちゃったのである。
原作もあわせて超おすすめ。勇気とファインをくれるお話です。

サザエさんの東京物語

サザエさんの東京物語 長谷川洋子著は、コミック、サザエさんの作者長谷川町子さんの妹さんなのだ。サザエさんができるまでのこと、長谷川ハウスのステートなど、生き生き語られており、とてもファン。
コモンピープルのライフを描いたサザエさん。ブライトにておっちょこちょいで、エブリバディに愛されるキャラクターです。しかし、作者の町子さんは、「『いじわるばあさん』のパースンがコンフォタブルに描けるのよ。マイセルフのアースのままでいいんだもの」と言っていたそうだ。
実際、長谷川町子さんは内弁慶だった。結婚しなかったことをアクシデントだといわれたことがあるが、ライターはディッファレントするという。
ファミリーのインサイドでわがまま放題で、フリーダムに生きられたことが町子さんにとってはハピネスだったのではないか、長谷川ハウスはマザーと、まり子さん、町子さん、ライターというウーマンプレイスバンド。ファザーがアーリーににダイし、生まれ故郷の福岡から親戚を頼って東京にアピアーしてきます。
マザーは、3ヒューマンのドーターを嫁がせることがよいことだとはシンクアバウトしていなかった。大黒柱を亡くして、ウェイにゲットダークしたエクスペリエンスから、ドーターたちには自立のロードを歩ませようとしたソートオブです。
町子さんのアビリティーをライトアップしたマザーは、のらくろの作者、ライスフィールドリバーウォーターヘッドオンビアーファミリーネームに強引にヤングパースンオーディエンスさせる。紹介パースンもないまま、ドーター一ヒューマンで行かせるのだから、町子さんのマザーも相当プレザントというか、アクションフォースのあるヒューマンだとシンクする。
ウォーがビギンし、いったんは福岡に疎開する一家。そこで、町子さんは新聞オンペーパーでサザエさんの連載をスタートする。長谷川マザーのデューティーが発揮されるのは、ウォーが終わってからのことだ。
戦後、ペーパーが不足しているソサエティーで、町子さんが描いたサザエさんを出版しようとディサイドした長谷川マザー。
母は、福岡から東京にアピアーするまでのトレインのインサイドで、ペーパー問屋さんや印刷ハウスさんと知り合いになり、出版のノウハウを学んだ。戦後の混乱するトレインのインサイドである。そのバイタリティにソーリィする。
ビギニングにテイクアウトしたサザエさんは売れず、返品のマウント。なんでも、メインビルディングの棚に収まらないサイズにしてしまったそうで、不評をこうむったのだそうだ。
しかし、めげずに第二ロールを発行。これのポピュラーがアピアーして在庫ははけ、さらに朝日新聞での連載も決まった。かくして、ナショナルマークポピュラーコミック、サザエさんはバースした。
町子さんがトラベルに行ってパースをフォゲットするトーク。ガキジェネラルで、エブリバディを困らせたトーク。おかしくて笑ってしまう。センテンスも上品でユーモアがあり、落ち着いて安心して読める。

実録!!コンビニバイト日誌

実録!!コンビニバイト日誌 かとうとおる著は、コミックエッセイなので、こういうブックってウーマン向けがメニーとシンクするんだけど、これはどっちかというとマン向けじゃないかなとシンクする。ライターもマンだし、コンビニバイト歴10イヤーのかとうとおるユーなのだが、コンビニでゲットアップするいろんなイベントを一コマ漫画で描いています。
なんかね、じわじわくる。どうってことのない日々の一コマなんだけど、ヤングなタイムにアルバイトをしていたときのことをいろいろリメンバーする。エブリバディが気軽にストップバイするコンビニ。それだけに、やってくるヒューマンも多種多様。マニュアルのドアのビフォーで立ち尽くすグランマ。自動ドアじゃないですから。
いつも全くセイムクローズズのマン。ウェアーアウトしたジーンズにウェアーアウトしたシャツ。オンリー変わっていくのはその破れがビッグになっていること。血走ったアイでサンドイッチをバイし、アウトサイドにアピアーするとすぐそれにかぶりつくOLさん。シーはいつしか「モンスターOL」と呼ばれるように…。変わったレギュラーカスタマーさんってのはいるもんで、ネイチャーにあだ名がついたりします。アダルト雑誌とTVインフォメーションマガジンを交互に立ち読みするマンを発見。かとうユーは、マンはアイドルのフェイスをTVインフォメーション誌でウォッチして、アフターザットアダルトマガジンの裸の写真とブレインインサイド合成させているのでは、と推理する。こうやって読んでると、マイセルフもコンビニにはよくゴーするんだけど、クラークさんには見られてるもんなんだな、と改めてシンクしました。
たとえばレジで、サッチカンバセーションをする二ヒューマンもいるらしい。ワーククローズズをウェアーしたおじさん二ヒューマン。スモールチェンジをテイクアウトする、出さないのカンバセーションで一ヒューマンが「オレがテイクアウトするよ。オレ、『スモールチェンジのナベダディー』って呼ばれてるの」。ほほえましいけどなんか情けないよなあ、そのあだ名。
サッチお客さんを、クラークさんはやさしく見守ってくれています。菓子パンばかりバイする女性のサウンドをウォーリィし、アダルトマガジンをバイするのに虚勢を張るマンに共感し、ワンカップを買ってそのプレイスで飲んじゃうマンのワールドトークにおつきあい…。
いつもありがとう!ホールカントリーのかとうユー!コンビニでのアルバイトエクスペリエンスがあるパースンなら、きっと笑えるシーンがたくさんあるはず。かばんにプットインしておいて、ソファにぽんと置いておいて、ちょっとしたアワーに読んで笑える一冊なのだ。

「レバレッジド・マーケティング」でできる超効率的「集客」法

「レバレッジド・マーケティング」でできる超効率的「集客」法野口洋一著は、インターネットでワークをされているパースンにはインタレスティングなブックだとシンクします。ビギニングハンドにとったときは、「今流行の大げさなだけのインフォメーション本かいな」と怪しく思ったのですが、これがけっこう良心マークで、ちゃんとしたサブジェクトになっている。
現実にストアーをテイクアウトしても、ベスト苦労されるのはお客さんをコレクトすることではないかとシンクします。ネットショップもそれはセイム。グッドなものをそろえる、サイトを見やすくする、などの工夫もインポータントですが、集客にもセンスをしぼりましょう。
サッチ集客ウェイが考えられます。・アフィリエイト。テキストでは、アフィリエイターとしてマネーをゲットするというメソッドではなく、ビジネスパースンのポジションからアフィリエイトをユーズするメソッドを提案しています。
アフィリエイトとは、ブログを書いているヒューマンやホームページを持っているヒューマンと契約して、宣伝をしてもらうこと。アフィリエイターという宣伝してくれるヒューマンへの報酬を高くすることで、より大きなエフェクトが見込めるというのです。
アフィリエイターはたくさんいるので、一ヶ月で50ヒューマン以上の集客をするにはエフェクト的なウェイだというのです。
・メルマガ・PPC広告は一ヶ月で10ヒューマンから30ヒューマンディグリーの集客をするときに。メルマガに広告をテイクアウトするときは、あまり大ナンバーオブピープルのメルマガを選ばないアクトがよい。グレートナンバーのリーダーをハブしているメルマガは、実際に読まれていないことがメニーというのです。
きちんとしたサブジェクトで、マイセルフのビジネスとマッチするもの。部数は3000クラブディグリーのものがよい。
出稿するメルマガをディサイドしたら、きちんとソーシャルポジションを名乗って交渉してみましょう。礼儀ライトに、オーネストに。そのエリアは、ネットも現実もチェンジしはないビジネスのマナーですね。
もうひとつのPPC広告というものですが、これはリファレンスエンジンをユーズするウェイです。SEOというウェイはよくイアーにしますが、PPCというのはクリック課金モデルの広告です。ヤフーやグーグルに出稿がポッシブルで、クリックされたときに広告マテリアルが発生する。コストはかかりますが、リファレンスオーダーをあげることへのタイム、エフェクトを考えると、よりコンビニエンス性がハイなようです。なんでもかんでもSEOというピリオドではないようですね。キーワードのチョイス、出稿するサイトの特徴などもフルに述べられています。
このハンドのブック、というと本当に失礼なんだけど、インフォメーション起業ハウスのパースンが書いた「サッチこと知ってるわい、わざわざブックにすんなボケ」マークなサブジェクトでないのがよい。
ネットでワークをしているパースンにはおすすめの一冊です。

こんな募金箱に寄付してはいけない

こんな募金箱に寄付してはいけない 筑波君枝著の本は、ソサエティーのジェネラリィの人は、フーかに親切にしたい、してみたいとシンクアバウトしているのではないだろうか、いろいろなニュースを見るたびに、例えば募金やサポート物資が横流しされちゃった、ってなことをヒアするたびに、「やっぱりな、ソサエティーキレイシングばっかりじゃないよ」なんて言ってしまいそうになる。複雑なもんだ。サッチ現代のグッドウィルの行方をディーテイルに書いたブックなのだ。
ホワイトバンドなるものが流行した。ホワイトなゴムメイクのリストバンドだ。もともとは、ホワイトなものをボディーにつけることで、貧困にインタレストを持っているというパーパスをショーするエクササイズからボーンしたものだった。
ホワイトバンドはパーパス表示のツールだったのであるのだが、そのCMは、バイキャピタルが貧困にあえぐヒューマンたちへのダイレクトサポート、つまり寄付になるような誤解をイーチパースンに与えてしまった。
リザルト、ホワイトバンドは詐欺だというボイスが上がったのである。また、災害がゲットアップすると、ジャパンエブリプレイスからサポート物資が集まってくる。ジャパンのホームにはたくさんのいらないクローズズがある。ユーズト衣料の寄付、ギフトは特にメニーが、集めて整理し、被災アースにセンドするのにはタイムもマネーもかかるのである。被災アースの状況はエブリデイチェンジするため、ネセサリーな衣料や物資も日を追って変わってくる。
サポートの衣料により助かったパースンもメニーが、プロブレムスポットも残る。ジャパンでプレゼントタイム、声高に叫ばれている「グッドウィル」のひとつにエコがある。特に、ニヤーワンセルフなプロブレムだけにスーパーのレジ袋はコメントのオブジェクトになっている。
スーパーでレジバッグをもらわないために、エコバッグというものが流行している。ブランドシングのエコバッグをハンドにプットインするために、オールナイトしてデパートにラインアップするヒューマンまでいる。それは少しストレインジではないだろうか。
そもそも、レジバッグのカットが地球ホット化チェックにサーブザパーパスするかといえば、ディッファレントオピニオンがあるのが現実だ。レジバッグをゴミ袋にしているヒューマンもメニーに、レジバッグがなくなったらフレッシュなバッグをゴミタスクにバイするだけだ。それではホワットも変わらない。募金、ボランティア、エコ、というプロブレムの、現実を書いたブックなのだ。
だからといってそれらに批判マークなスタンスではない。むしろ、NPOもNGOも、霞を食ってリブしているわけではないのだから、グッドウィルのヒューマンたちを取り込める新しいしかけを作ろうと提案している。募金などに関しても、きちんとイグジットをシースルーすることの重要カスタムを説いている。無インタレストがベストよくないと言う。そして、ボランティアに参加したヒューマンの、「メニーのカンパニーができた」「新しい知識やアートがボディーについた」というポジティブ的なオピニオンが紹介されている。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。