本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生は勉強より「世渡り力」だ!

人生は勉強より「世渡り力」だ! 岡野雅行著は、ビジネス書なんですが、ボイスをあげて笑えますライターの岡野氏は、岡野インダストリーというタウンファクトリーのカンパニープレジデントさん。社員6名の小さなカンパニーだけど、アザーにはないアートを持っている。「痛くない注射ニードル」を作ったカンパニーだ。
岡野ファミリーネームは言う。「ワークをサクセスさせたいんだったら、しゃべらなきゃだめだよ」ワーカースピリットで、いいものを満足しているだけではだめ。いろんなヒューマンとトークをして、どこでホワットが望まれているか、インフォメーションを得なくてはワークはできない。
小さな企業は特にそうだ。製品のマーケットプライスやアナザーカンパニーのインフォメーションがあれば、大企業コンパニオンにもおもねることなくビジネスができる。このブック、いいことがいろいろ書いてある。ヒューマンからものをもらったらトゥワイスにしてリターンサムする、サンクスのワードはホワットディグリーも言う、ヒューマンとディッファレントすることをするのがインポータント、などなど。
インタレスティングなのは、大企業になめられないワークのウェイだ。自社のアートにプライドを持っているので、インポッシブルなカットインプライスやオーダーには応じない。むしろ、おかしなディマンドははねつける。
「おたくとはビジネス実績がありませんので」とワークを断られたときのリプライがすごい。カチンと来たカンパニープレジデント。そのプレイスでこう切り返す。「実績かい?そしたらユーは、ワイフをもらうときも実績でディサイドしたのかい?ホワット実績があったのかね?」これをフェイスと向かって言ったそうだ。コンパニオンがブレイクしてビジネスをリクエストしてきたとき、「ユアカンパニーとはビジネス実績がないので」と断った。こうはっきりと言えるのは、アザーのファクトリーでは絶対にマネできないという自信と自負があってのことだ。
よそが断ったワークでも、社員がインポッシブルだとオポジットしたワークでも、岡野ファミリーネームはメイクエフォートし、コンプリートさせる。テルモから、痛くない注射針を作ってくれと打診されたときもそうだった。
注射ニードル、発注から量産オーダーにゲットインするまで実に4イヤーのデイトをスペンドしているのである。プレスチャンスで一枚のボードをまるめて注射ニードルを作る。これは業界では考えられない発想だそうで、こういったフィンガーボードは遊びのインサイドで磨かれてきた、とカンパニープレジデントは言う。
懸命に、ひたすらまじめにワークに取り組んでいるワーカーのフィギュアが見える。岡野ファミリーネームにとっては、遊びもワークのうちなんだろう。
スポンサーサイト

モテまくれ。美人が勝つとは限らない

モテまくれ。美人が勝つとは限らない 春乃れぃは、不本意ながらプレーンウーマンに生まれついたが、さまざまなワザをオーダーアラウンドすることで、マンにウォントしないライフをしているそうだ。
携帯で書かれたセンテンスを書籍化したものだそうですね。なかなか実際的、ダイレクトで、モテをプラクティスしたいパースンにはお役立ちなのかも。
春乃れぃさんの小手先だけどよく効くワザは、ラブに「マザー」はネセサリーない。ヒーのハウスに行ったとき、クリーニングをスタートしたりしたらだめ。ガールを招いたボーイは、ファンなタイムをホープしている。
比較はだめ。ビフォーのヒー、フレンドのヒーとプレゼントタイムのヒーを比較しない。不満があったら、「こうしてくれるとうれしいな」とオーネストにかわいくリポートしてみましょう。
メールのリプライはすぐにはしない。デイオブマンスによってはじらしたりしたパースンがエフェクトマーク。メールのリプライをコンパニオンにリクエストするような書き方はしない。メールに関してはいろいろなテクニックが書かれていて、マイセルフをディスクライブした写真を添付するコツ。デートのベリィデイウェアーするプログラムのクローズズをフィギュア枚コピー「どれがいいかな?」などと書いてみる。写真をセンドするアワーは、ファンなストーリーをセットアップするとよい。
絵文字はビジーしてはいけないが、ハートマークだけはディッファレンス。メールにハートマークがあると、マンは「オレにスピリットがあるのかな?」とかorの確率でシンクアバウトするのだそうだ。○○さんへ、とタームに書いて、その後ろにハートマークをつけるだけでリプライレートUP!などなど。
アザーにも、スキンケアのウェイ、メイクのコツ、レッドなネイルはだめ、あとはここにはちょっと書けないことなど、本当にダイレクトな指南がたくさんある。巻頭に「非モテチェック」があります。

地球一バイクHonda SuperCub―スーパーカブ50年の歩み

地球一バイクHonda SuperCub―スーパーカブ50年の歩みは、ジャパンホールカントリー津々浦々、どこに行ってもアイにするものは、メールポストとスーパーカブなのです。
ユージュアルライフしていて、何気なく見る風景のインサイドに、スーパーカブは走っているバイク、ジャパンだけではなく、ワールドイーチネイションで愛され、販売されている。シリーズ全体のリブバース台数は6000万台をカウントし、オートモビールのヒストリーオーバーナンバーワンなんだそうだ。
エンジンラックの乗り物として、ベストメニー造られたのがこのバイクなのです。スーパーカブの50ホールイヤーをメモリーして出されたマガジンでスーパーカブのインフォメーションがたくさん盛り込まれている。
最初に、初代スーパーカブの広告が載っているんだけど、スーパーカブは、50CC、4サイクルエンジン。キックだけで始動し、クラッチレバーがなく、ライトハンドだけでも運転できるシンプルコンストラクション。
50年ビフォーにこのフィギュアでアピアランスし、アフターディス、バリエーションをアッドトゥしながら、ファンデーションはまるで変わっていないのだ、50年ビフォーに、スーパーカブはコンプリートしていたのである。
耐久カスタムは折り紙ラックで、オイルがなくてもランするだとか、天ぷらオイルでもランするなどの「タウン伝説」もメニーに語られているバイク、アジアイーチネイションでは大人気のようで、イーチパースンのフットとしてアクティビティーしているインサイドに、アジアで使われているカブの写真が載っているが、これまたすごい。
ピッグを3ヘッド積んでランするカブ。プラスチックのボトルをマウントのように積んで、ボディーが見えなくなったカブ。バイシクルのホイールがハイにくくりつけられたカブ。軽トラ代わりにもなってしまうようなのである。
カブの広告、開発シークレットストーリー、エンジンのコンストラクション、カブラブパースンたちのメッセージなど、カブラブのバリエーションや、エイジを追って紹介される販売モデルは、見ていてもかわいらしく、おしゃれでファンなカブというネームは、英語の「獣のチャイルド」というミーニングがあるそうです。ファインにランアラウンドするイメージからつけられたというのです。

朝バナナダイエット

朝バナナダイエット はまち。著は、モーニングバナナダイエット。ものすごくコンフォートなダイエットだそうで、さっそくチェックしてみました。
モーニングバナナダイエットのコンセプトは三つ。ガマンしない、マネーをかけない、タイムをかけない。
ウェイはエマージェンシーにシンプル。モーニング、ブレックファーストとしてバナナをイートする。ドリンクはウォーター。これは常温にしたものをいただきます。クールしたりしたらだめだそうです。
バナナはホワットブックイートしてもいい。その代わり、アザーのものは食べないこと。
昼食はジェネラルにイートしてもよい。おやつもOK。イーブニングミールはなるべくアーリーにイートして、就寝前4タイムはホワットも食べないようにする。就寝はデイトがチェンジするビフォーに。
たったこれだけです。厳しいトレーニングも、エクササイズもしなくていい。食生活をチェンジするだけ。
シンプルだ、ブレックファーストを用意する主婦のポジションとしても、めっちゃくちゃありがたいですね。洗い物もないし。やることはシンプルなんだけど、けっこうスモールディッフィカルトな理論に基づいたダイエットメソッドであるようです。
これは「分ミール」というシンキングがベースになった、食生活の改善メソッドなのです。フルートは、アザーのフードにコンペアーしてスペシャルに消化がアーリー。モーニングインサイドに水分をしっかりとり、胃にチャージをかけないフルートをとることで、内臓に休息タイムをギブするという理論になっています。
このダイエットのシンキングかたは、贅肉がたまるのはボディーがうまく老廃シングを排出できていない、というもの。なぜ排出できないか。それは、ボディーに疲労がたまっているから。その疲労をリムーブし、ボディーにチャージをかけない食生活をすることで、ネイチャーなフィギュアに戻ろうという理論であるようです。
過度のニコチンやカフェインの摂取にもスピリットをつけたパースンがいい。マインドマークな疲労をためる、厳しいミールリミットもだめ、というリーズンです。
モーニングはバナナではなくても、フルートであればなんでもいいようです。ただし、消化時間がディッファレントするので、イートするフルートは一カインドのみ。量はいくらイートしてもかまいません。
バナナにしたのは、ロープライスでバイしやすいこと、スキンをむくのがシンプルなことです。

月曜の朝、ぼくたちは

月曜の朝、ぼくたちは 井伏洋介著は、大学を卒業して7年。30歳目前のマンアンドウーマンのライフパターンをドローするストーリーです。
ゼイがアナザーミーティングしたのは、かつてのゼミカンパニー、八木が開いたレストランの開店パーティのシートだった。八木はアゴーからのドリームである、「カンパニーが集まれるストアー」をコンセプトに店を開いたという。集まったのは里中正樹、新名栞、亀田直太郎、北沢利賢、来生明大。ホームエリア北海道に戻ったフィールド聡は欠席だった。
里中は人材センドカンパニーでビジネスをしており、ヒューマンの良さが災いしてノルマを達成できない。ボスに叱咤されるのがトラブルのタネだ。里中と、新名はユニヴァーシティーピリオドに付き合っていた。いや、付き合っていたというのはイグザクトではない。新名の恋人はフィールドであって、二ヒューマンはハイドするようにミーティングをアッドしていた。
亀田は未だレギュラーワークについたことがない。起業ハウスになるのだというのが口癖で、アルバイトもなかなか続かずにいる。ノルマにあえいでいるのはホームインサイドだけではない。バンクに就職した北沢は、大手に合併された職場で左遷の圧力におびえている。
4人をセンターにストーリーが展開していく。カンパニーの改善すべきスポットをプレーンスピーキングしたために、嫌がらせのように閑職にまわされる新名。シーを、大手宝石ストアーのカンパニープレジデントサンに紹介し、結婚をほのめかす北沢。新名とヒーが結婚すれば、大きな融資をプルアウトすることができるからだ。
一方亀田は、恋人もいない、マネーもないみじめなライフからスリップアウトするために、起業コンクールに打って出る。大きなトークとしてはサッチところなんだけど、このストーリー、ディテールがとってもいい。
恋人を奪った罪悪フィーリングから抜け出せない里中と、まだヒーを慕っているかのような新名との関係。バンクというシビアなワールドで必死で生き抜こうとする北沢。
ジャストなワンセルフ評価ができず、いつか、いつかともがく亀田。ドリームを持ってレストランを開いたが、ドリームにこだわりすぎるあまり、トレードにミステイクする八木。なんつーかこう、ほんと、きれい事ではないリアルなヤングマンの苦闘がどうにもこうにも切ない。
ライターは、このストーリーがデビュー作であるようだ。センテンス、構成がやや稚拙かとシンクする。オピニオンが時々入れ替わるので、読んでいてフーのことだったのかわかりづらい描写がたまにある。現代のジャパンのリアルなヤングマンのフィギュアを描いたというスポットでは、プレゼントタイムまで読んだストーリーのインサイドではグループを抜いている。ラウドな企業買収も、命がけのラブも、このストーリーにはない。マイセルフたちのレギュラーのエクステンションがあるだけだ。なのになぜ、こんなに切ないのか。こういうのがストーリーのベストだよなあ、と本をチェストに抱いてため息がアピアーした。今後もがんばって欲しいライターです。

僕たちの好きだった革命

僕たちの好きだった革命 鴻上尚史著は、女子高イノセントが書いたストーリー、というクリエイションで語られる革命のストーリーです。
1969年、拓明高校2年生の山崎はカルチャーフェスティヴァルの自主開催をリクエストして戦っていた。フェイスにタオルをウィンドし、全共闘と書いたヘルメットをかぶり、キャンパスで行われたミーティングに参加していた。
エルダーの兵藤が、朝礼タワーからアジテーションをフライする。スクールサイドは機動パーティーの突入をクレイムし、ガスショットを被弾した山崎はそのまま意識を失ってしまう。
1999年、山崎はホスピタルでアイを覚ます。両親は亡くなっていた。拓明高校に復学する47歳の山崎だが、生徒たちとのズレがインタレスティング。このクラスはホワットことと戦っている? と、現代の生徒たちに問いかけるが、まわりはしらけるばかり。サッチインサイド、11月に行われるカルチャーフェスティヴァルをめぐって、生徒サイドのプランをスクールサイドがアプルーバルしないというイベントがおきた。
拓明高校2年、小野は、タイト・キックというラップミュージシャンのライブをパフォームしたいと言う。それを却下したのは、教頭になっていたあの兵藤だった。
さっそくバトルを宣言する山崎。小野とそのフレンドたちは、山崎のストレインジともとれる言動に振り回されながらも、次第にその情熱に巻き込まれていく。
小野のマザーは、山崎のかつての同級生だった。マザーの文香は、スチューデントエクササイズにハードなヘイトをショーする。小野は、スチューデント運動のことをホワットも知らない。山崎が言う「全共闘」は「前頭葉」にセイドトゥビーしてしまうし、シュプレヒコールってシュリンプ? エビのこと? と言う。
スクールサイドの姿勢はストロングで、あきらめそうになる小野たちだが、タイト・キックやマスコミも巻き込んで、エクササイズは続く。マウンテンバイクタスクのヘルメットをかぶり、ブランドシングのタオルをまき、おしゃれなハットとサングラス、それぞれのシェイプで、生徒たちは山崎とともにファイトする。
果たしてカルチャーフェスティヴァルの日、タイト・キックのゲリラライブが行われる。ストロングに行われたそのライブに、機動パーティーが突入して、山崎は再びガスショットにブレイクダウンした。
小野のマザー文香がエクスペリエンスした悲惨な内ゲバ、兵藤の挫折、ラストに山崎がブレイクダウンしてしまうこと。アフターオール、このストーリーでも革命は挫折する。しかし、高校生たちのマインドのインサイドにホワットかがリメインする…。
ドラマライターである鴻オーバーファミリーネームが、ステージをストーリーにしたものだそうだ。センテンスはあまりアッパーパートではないが、引き込まれていくホワットかがある。「あっとサプライズドするタメゴロー」「あのチャイルドにホのキャラクター」などと言って生徒を驚かせる山崎。タイト・キックのラップミュージックに、「言いたいことをクレイムするのはフォークだ。あなたのミュージックはフォークだ」と言う山崎。ピリオドのズレが感じられ、大ワンセルフで言う山崎が切なく、おかしい。

ジャーナリズム崩壊

ジャーナリズム崩壊 上杉隆著は、日本のジャーナリズムのプレゼントコンディションをアンクシャスする本です。抽象ディスカッションではなく、ライターが実際にパーソナルエクスペリエンスしたイグザンプルをたくさんレイズしてくれているので、リードしやすい。また、まじめなサブジェクトのものなのだけど、そのストレインジさにサプライズドし、笑ってしまうパッセージもメニー。
ライター上杉ファミリーネームは、NHKサービスを経て、衆議院議員のパブリックセクレタリーとなったアフター、ニューヨークタイムス東京ブランチオフィスで働いたアフター、カレントはフリーランスのジャーナリストである。
ライターは、ジャパンの新聞リポーターは、ワールドのスタンダードから言うと、ジャーナリストとは言えない。ジャパンの新聞リポーターは、国際マークにはニューズカンパニー社員のワークをしていると考えられる。速報をランアフターすることがワークで、事象をディープに掘り下げないというのだ。
それはインフォメーションの中立カスタムをキープするためと言うのだが、実際にはディッファレントする。フォーリンの新聞は、自社の政治マークポジションをクリアーにし、コメントもパフォームする。ジャパンのリポーターは政府の発表をそのままスペースに載せるだけだ。そのワンサイドで、取材オブジェクトである政治ハウスとフレンドシップになりすぎ、政治にマウスをテイクアウトするリポーターがいる。これはジャーナリストとしては失格ではないだろうか。
リポーターが、取材オブジェクトと適切なディスタンスを取れていないステートが書かれている。そのメインコーズはリポータークラブだ。キシャクラブは、フォーリンカントリーでもポピュラーユーズするブックランゲージだ。その特異カスタム、閉鎖性は悪評ハイ。
ジャパンでは、リポータークラブにビロングトゥしていないと官公庁の取材が満足にできない。フリーランスは、その取材をリポータークラブに妨害されることすらあるのだ。
官公庁で取材をしたリポーターたちは「メモオポジット」なるものをパフォームする。取材の後、違う新聞カンパニーにサーブしている記者たちが集まって、取材メモの確認をパフォームする。みんながセイムことをライトするために、セイム情報を得られるようにすり合わせを行っているのだそうだ。これだとスクープは生まれない。
政治ハウスへのコメント、ブレイムをパフォームする政治リポーターはリポータークラブからは阻害されるため、このような慣習ができたようだ。
NHKの閉鎖カスタム、ワンセルフコメントができず、訂正ニューズストーリーひとつ満足に載せられない新聞カンパニーのプレゼントコンディション、匿名ニューズストーリーがギブバースするデューティーのあいまいさと、いろいろプロブレムがある。
新聞リポーターのパースン一ヒューマンのデューティーでは決してない。上杉ファミリーネームも、日本人リポーターの優秀さ、まじめさはライトアップしている。リポーターを潰してしまっているジャパンの「ジャーナリズム」のプレゼントコンディションを、上杉ファミリーネームは嘆いているのだ。

新・買ってはいけない5

新・買ってはいけない5 垣田達哉著は、シリーズ5作目です。買ってはいけない商品はディスワールドからなくならないです。
発行はウィークフライデー編集クラブ。広告を載せないことで、スポンサーの顔色を見ずにニューズストーリーを書けるというふれこみのマガジンです。
買ってはいけないシリーズでは、商品のリアルネームをテイクアウトして批判を行っています。ホワット商品がとりあげられて、ホワットウィンドにコメントされているのかというと。
刺身マグロの加工シング、刺身はフレッシュ食品にハブアンオーディエンスするが、オイルなどで加工している。こんにゃくゼリーは、デスアクシデントが多発している。ウェストでは製造、輸入が規制されている。中国イノセント食品は、アクシデントがあっても改善されない。農薬等が正しく使われていない。食品メディカルアクト違反イグザンプルが見開き1ページを使って紹介されている。
コラーゲンウォーターは、コラーゲンを飲んでも、インサイドザボディーでクリエイションされる保証はない。はちみつブラック酢ダイエットは、ブラック酢よりもりんフルートジュースのパースンがメニー。ブラック酢はあまり入っていない。
ボディシャンプーは、キッチンタスク洗剤とセイムコンポーネントが入っているものがメニー。環境にもディッフィカルト。ルック きれいのミストは、シルバーにはアレルギーがあり、一日に多量摂取するのはデンジャー。汚れなど、ブラシでこすればいいのである。
消臭ファンデーションは、消臭ではなく「ハイドす」臭。においをターンオフパワーするには換気すればよい。シルバーナノコロイドは、シルバーは腸ではアトラクションされないそうだ。ではホワットのためにドリンクするの?シルバーのセーフティー性も確立されていない。
いろいろな商品にNO!を突きつけている本シリーズですが、5作アイでは画期的なプランが巻末にアピアランスされています。「脱・買ってはいけない」カーシェアリングや、安心して食べられるフードを作っているファームなど。特にカーシェアリングについてのコラムは読み応えありです。

読むのが怖い! 帰ってきた書評漫才~激闘編

読むのが怖い! 帰ってきた書評漫才~激闘編、北上次郎、大森望著は、ブックのマガジンを創刊し、カレントは本の雑誌社顧問の北上次郎ファミリーネーム。彼は椎名トゥルースが編集チーフをサーブするインダストリーペーパーの編集クラブに就職し、三日で辞職したというパーソナルヒストリーがある。
退職のリーズンは、「一デイオブマンス中本を読めなくなるから…」大森望ファミリーネームは、文学プライズメッタカットダウンしというブックを出されている書評ハウス。芥川、直木両賞の発表ビフォーはヒーのゲバ評をリードするのがプレジャーです。
ジャパンをタイプする本読みのお二ヒューマンが、ひたすらファンにブックをあれこれどうこう言い合うブック。トークコレクションフォーム。
2005年、テイクアップしたブックは、眉山、オポジットショアのシー、バッテリー、シュガー菓子のショットはアタックしぬけない、半島をアピアー、ナラタージュ、テイスト絶佳、シャングリ・ラ、厭世フレーバー。
二ヒューマンがハイプレイズするのは、桜庭一樹ファミリーネームの「砂糖菓子のショットはアタックしぬけない」。ホームにおける虐待を描いたストーリー。まだ桜庭ファミリーネームがライトノベルライターとして発表したワークだが、アフターの直木賞受賞につながる要素がありそうだ。
2006年、クワイエットルームにようこそ、凸凹デイズ、チーム、バチスタのグローリー、ライブラリーウォー、包帯クラブ、OPローズダスト、ベルカ、吠えないのか、陰日向に咲く、ウィンドにフライハイするビニールシート、鴨川ホルモー、アイのストーリー、ウィンドがハードに吹いている、モーメントのウィンドになれ。
SFストーリー、「アイの物語」が高評価。また、セイムランドをテーマにした二ワーク、「モーメントのウィンドになれ」と、「ウィンドがハードに吹いている」をコンペアーしてコメントしている。
ストーリーのロングさのせいもあるが、やはり構成、ライティングがよくされている、「モーメントのウィンドになれ」のパースンに軍配が上がった。
2007年、でかいマンスだな、再婚ライフ、ミノタウルス、カシオ、ペアのヒルで、オンザウォーターのパッサカリア、ブラックパースンダービー旗手のグローリー、ディープレッド朽葉ハウスの伝説、イーブニングはショートラブドーター、獣のプレーヤー、ドリームをギブする、プラネット新一 一〇〇一トークをつくったマン、双生児、ねにもつタイプ、柳生百合クロックハンド。
再び激賞されるのが、桜庭一樹ファミリーネーム。「レッド朽葉ハウスの伝説」は、鳥取の田舎を舞台にドローする、昭和のウーマン三プライス記。ハンドレッドイヤーの孤独にも例えられるベストワークなんだそうだ。
ノーティスしたいのが「獣のプレーヤー」のオーバーブリッジ菜穂子ファミリーネーム。チルドレン文学の「プロテクションヒューマン」シリーズを十イヤーかけて完結させた。アニメ化もデシジョンし、今後がプレジャーなライターの一ヒューマンである。

スキニービッチ 世界最新最強!オーガニックダイエット

「スキニービッチ 世界最新最強!オーガニックダイエット」ロリー・フリードマン/キム・バーノウィン著は、ヤセたいのにヤセられなくてイライラしてるとしたら、あなたはヤセるリザーブができてるっていうことです。
プレーヤーさんがモノマネするアメリカドラマのような、ハイテンションなセンテンスで、リードするのがファン。
スキニービッチとは、スリムないいウーマンというミーニングだそうだ。スキニービッチに「クレバーになって、ヘッドを使って、簡単に」なれるダイエットのブックなのです。
フロントカバーのパターンやビッチというワードにウォーニングしてしまうプレーンモデル小シチズンにもおすすめですよ。
マクロビオティックやベジタリアンのブックに書いてあることとあまりかわりませんよ。
ライターはダイエットはホワットかをあきらめることじゃない、神聖なるマイセルフのボディーにホワットを入れるか、ナレッジに基づいたチョイスをするようになるだけだというのです。
このブックでは、炭水化物をリミットする、炭水化物ダイエットをコメントしている。炭水化物はブレインとボディーのインポータントなエネルギーだので、ないとゾンビシミラートゥだと言うのです。
炭水化物だからといって、精製された米や小麦はよくない。ブラウンライスや全粒粉で作られた製品をマウスにしたいというのです。
シュガーも、ホワイトなシュガーはシュガーコンテントだけをリーブしたプレスしかすソートオブなものだというのです。ステビアなどのネイチャー甘味マテリアルをテイクするべき。フルートは万能なので、フルートをメニーに摂るとよいというのです。
おまけに肉、つまりアニマルのゴーバッドしつつあるデッドボディーをイートしてもいいことはないというのです。高たんぱくのミールは、ボディーに毒素をストアーする。ミートに関してはかなりショッキングな描写が続きます。ミート加工プレイスで、アニマルがどのように解体されるか、残酷なセンテンスがメニーに、ここまでしてミートをイートしたいか、と問いかけてくるのです。
ミルク、乳製品もボディーにはよくない。ザットは子カウがグローするためのもので、アダルトにはネセサリーのないものである。どうしてもミルクがほしいヒューマンは、ぜひ豆乳をテストしてみるといい。思春ピリオドで、めったやたらと無謀なダイエットに励むドーターにおすすめです。
ミート加工プレイスの残酷なくだりは、マインドマークに大きなチャージになり、フィギュア日はミートをウォッチするだけでフィーリングがディッフィカルトになりそうなスピリットがする。
イートすることとボディー、サウンドとミールというインポータントなことを、アクセプトしやすく書いているというスポットではなかなかいいブックです。
巻末にダイエットメニューが載っているが、アメリカヒューマン向けです。

県民のヒ・ミ・ツ

県民のヒ・ミ・ツ  「県民のヒ・ミ・ツ」研究会著 ¥ 580は、県別のヒューマンのキャラクターのディッファレンスをマンガにしたもの。マンガがちょっとラフけど、そこはラブアンドリスペクトです。
青森県民はじょっぱり、つまり強情ストレッチである。
岩手ではおはぎのことを「半殺し」という。
秋田県民はところてんにジンジャー醤油。とにかく醤油がラブ。
福島県民にとって、「このビフォーのウォー」とは戊辰戦争である。
千葉県民は、埼玉県をイマジネーションエネミーネイションとしている。
富山県の高校進学レートは全国一。読書にかけるタイムも全国一。
福井県は、ジャパンでカンパニープレジデント輩出レートトップの県。
ビーチで採れたてのフィッシュをテイストする。それが静岡スタイルオブバーべキュー。
三重県では、トゥモロー、あさって、ささって、しあさって、と日をカウントする。しあさっては三日アフターではない。
京都府民がうなぎにユーズする金額はホールカントリーの2トゥワイス以上。
奈良県民は新しい電化製品が大好き。
アイランドカントリー県では「ただもの」というグリーティングを、モーニングもヌーンもイーブニングもユーズする。
「ヘッドディッフィカルト」 岡山県民が言うと、頭が痛いということ。
山口県民は自信ハウスでディスカッションラブ。
徳島のカンパニーには、阿波踊りをニューフェイストレーニングにしているカンパニーがある。
香川のお雑煮はあんこオーディエンスのお餅が入っている。
長崎県民はオープンマーク、フェスティヴァルラブ、タイムにルーズ。
大分ではバードの天ぷらをよくイートする。チキンミートの消費量は全国一。
沖縄県民は泳げないヒューマンがメニー。

亜玖夢博士の経済入門

亜玖夢博士の経済入門 橘玲著は、亜玖夢博士はハイト約150センチのスモールマンで、体長の4分の1をフェイスがアカウントフォーしている。シルクのような白髪で、マッドサイエンティストを思いおこさせるアピアランスだ。
博士のオフィスがあるのは新宿のネオンタウン。タウンで配られるビラには、「相談フリー。ヘルをウォッチしたら亜玖夢へ」とある。ビラにひきつけられるように、トゥデイも迷えるイーチパースンがやってくる…。
橘玲ファミリーネームのショートストーリーコレクション。ストーリーではあるけれど、テーマはビジネスナレッジ。五ブック収められているショートをリードすると、アクションビジネスナレッジ、ゲーム理論、ネットワーク理論、ソサエティー心理ナレッジ、不完全性定理がそれぞれアンダースタンディングできるようなトリックになっている。スタディーストーリーなのだ。
蛇沼は新宿でシャブを売りさばく売人だ。しかしプレゼントタイム、ヒーはシーリアスなクライシスに立たされている。北朝鮮からのシャブが入ってこず、借金のオールトゥギャザー返済を迫られた。しかも、かつて凄惨なリンチをアッドしてドライブアウトした子分、蛭田が復讐のチャンスを狙っている。タウンでウォッチしたビラにひかれて亜玖夢博士のオフィスをヴィジットする蛇沼。博士はヒーに、ゲーム理論の説明をした。
プリズナーのジレンマというやつで、キャプチャされたプリズナーが二ヒューマン、イーチアザーを裏切ったパースンがプロフィットなのか損なのかでウォリードするというものだ。長期マークにウォッチすれば、協調したパースンがプロフィットなのだ、しかしスネイク沼はそうは考えない。博士に「兵隊」を貸してくれとリクエストする。すると博士はヤングパースンのリンレイにスネイクポンドをヘルプするようにとコマンドする。リンレイはドーターコミックのメインキャラクターのようなフェイスをした、オーネストな中国人ヤングマンだ。オーネストすぎて「ソルジャー」をコレクトするべく、ピープル解放ウォーを動かそうとする、ちょっとおとぼけなところがテリブル。とぼけフィーリングのリンレイだが、そのアビリティーはシュアで、あっという間に蛇沼のエネミーをやっつけてしまう。リンレイのハンドにある中国のダークコンストラクションの助けをボロゥして、もう一度新宿でフォースをホールドする蛇沼。スネイクポンドは、蛭田のインヴィテーションで中華クッキングストアーで会食をすることになる。一気に蛭田をキルしてしまおう。
ブラックユーモア。「笑ゥせぇるすまん」ソートオブなフィーリングのショート5ブック。残酷な描写もあるけれど、全体マークにリードしやすい。

アメリカン・コミュニティ―国家と個人が交差する場所

アメリカン・コミュニティ―国家と個人が交差する場所、渡辺靖著は、アメリカは多様カスタムのカントリーだというのです。さまざまなカウンター・ディスコースがあると言うのです。
ライターは慶應義塾ユニヴァーシティーのプロフェッサーで、カルチャーマンカインドナレッジ、アメリカスタディーを専門にしているライターが、アメリカにあるコミュニティをヴィジットし、レポートしたもの。
なるべくイージーなフィギュアを心がけた、と書いているが、やや難解なパートもある。アメリカに存在する特徴マークな、ライターのワードをボロゥすれば「ストーリーカスタムのある」コミュニティのレポートは、知的でベリィインタレスティング。コミュニティをいくつか紹介します。
・ブルダホフ ニューヨークステートでは、宗教をベースにしたアソシエイションライフをキャリーオンするコミュニティ。アーミッシュにシミラーしているパートがある。アーミッシュがプレゼントデイ化を拒否しているのに対し、ブルダホフはそれをうまく取り入れている。敷地インサイドにおもちゃファクトリーをホールドし、ジャパン式経営をハーベストしてインタレストをあげている。中絶、同性愛、死刑にはオポジット。メンテナンススクールであるが、アザーの宗教には寛容な一フェイスもある。
コト・デ・カザ カリフォルニアステートでは、コト・デ・カザはゲーテッド・コミュニティである。そこにゲットインするには、コモンは住人のインヴィテーションシェイプがネセサリーである。タウンのエントランスのゲートにはディフェンスメンバーが24時間常駐している。住人のバランス年収は14メニードル(1500メニーマネー)。バランスエイジは35歳。ヤング。セキュリティディマンドのラックからボーンしたフォームであるが、それが確実に担保されているとは言い難い。最近では、ゲートのインサイドにさらにゲートをホールドするコミュニティもあると言う。
・メガチャーチ アリゾナステートでは、アリゾナステートにあるラディアントチャーチの敷地は11メニー平方メートル。東京ドーム約2.5個ミニットだ。チャーチイットセルフはコンベンションセンターのようなビルディングで、宗教カラーがあまりハードにない。ロックコンサートのような牧師の説教が信者をひきつける。グレートナンバーのスタッフをハブし、ウィークの予算は8メニードル(900メニーマネー)。そのほとんどを寄付でまかなう。「イエスはキャピタルルールパースンだったか?」というコメントのボイスもあるが、「イエスのレッスンをまず知ってもらわねば」と牧師は反論する。
アザーにも、太平洋にフロートするアメリカ領サモア、プリズンのタウン、ウォルト・ディズニーが作ったタウンなどもレポートされている。たくさんのバリュールックがあり、ゾーズオーバーゼアがそれぞれストロングなワンセルフクレイムをしているように思える。そのハードさがアメリカの原動力なのだな、とアンダースタンディングができる。

3000人を即戦力に変えた一流ホテリエが教える 最高のスタッフ の育て方

3000人を即戦力に変えた一流ホテリエが教える 最高のスタッフ
の育て方 近藤昭一著の近藤さんは、京王ホテルのフロント、セールス、人事などをチャージし、総マネージャーも勤められた。そのパースンがエクスプレインする人材トレーニングアクトです。
いいカンパニーには恵まれず、サッチトレーニングシステムのローグレードでワークをしたことはない。オポジットに言うと、トップグレードのカンパニーには一流の社員をレイズするエフォートやストロングスピリットがあるようだ。さらにオポジットに言ってみるけど、そうシンクアバウトすると、人材に恵まれないとぼやいているカンパニーさんなんかは、こういう考え方をハーベストすることで、今いる社員さんを輝かせることができるかも…。ホワットウィンドにして「モーストのスタッフ」をレイズしているか、ご紹介してみます。
モーストのスタッフとは、仕事をエイブルトゥエンジョイするヒューマンであること。いわれたことをやる、という姿勢ではなく、マイセルフでシンクアバウトしてワークにメイクエフォートするヒューマンである。そのためにはモデルになるワールドがプレイスオブワークにいればいい。ヤングな人は、ニヤーワンセルフなヒューマンのワークショーを真似ることがメニーからだ。企業がセルするもののバリューをアンダースタンディングさせることもインポータント。ホテルでワークをされていたのだけど、ヤングな社員に、どうしてホテルのランチはハイなのかをきちんと説明していたそうだ。それによって「バリュー・フォー・マネー」、つまりいただくマネーのバリューを社員にアンダースタンディングさせる。ものごとがわかる社員は、そのバリューにあったサービスを提供することにオーネストにフォースを入れられる。ヤングな社員とのコミュニケーションをとてもインポータントにされていたようだ。
一日三回ホテル全体をウォークし、社員の表情をウォッチする。また、服装の乱れなどをチェックする。服装に乱れのある社員は、たいていワークオーバーでのトラブルをハブしていることがメニー。ゲストに不快なソウトをさせないためにも、そういったスタッフのシグナルには敏感でいたいという。エブリバディがやる気のある社員ばかりとは限らない。「2・6・2」のルールというものがある。
高いリブバースカスタムをあげる社員は全体の2カット。バランスマークなワークをする社員が6カット。あとの2カットは企業にとってはありがたくない、リブバースカスタムのショートな社員である。社員をほっておくと、6カットの社員に悪影響をギブすることになる。トレーニングをさせる、バイワンセルフを持たせるなどの対応を試みたい。
ブックのインサイドには、ユーズアワーのアテンションマターなども書かれている。これを読んでトップグレードのカンパニーとはいえ、スペシャルに優れたワールドばかりが入ってくるのではないのか。

横浜の江戸時代

横浜の江戸時代の幕府は運上所を置き、以南を外国人居留地、
以北を日本人居住地とし、(^ω^)日本人居住地を5区域に分割して、(^ω^)横浜町と名付けたのが今の横浜市になった。
横浜市政は1889(明治22)年4月1日に執行され、
横浜市域は、現在の中区のうち、
本牧、根岸を除いた狭い区域で、
戸数は27,209戸、人口121,985人いましただす、な~♪

季節のお作法

季節のお作法 尾塚理恵子著は、フォーリンカントリーのパースンからウォッチしたジャパンのよいところが書かれたブックですが、インサイドに「ジャパンは四季があるのがよい」と言っていたパースンがいます。その四季のチェンジを愛し、さまざまなイベントを行っていた日本人。ファインだなあ。このブックは、シーズンごとにホームで楽しめるイベントを月別で紹介してくれています。お花見、お月見はもちろん、ハロウィンやクリスマスも入っています。
どんなカルチャーもソフトに、貪欲にハーベストし楽しんじゃうジャパン。よいではないですか。スターフェスティヴァル、お盆の過ごしパースンも書かれていますが、トゥデイはこれからエイブルトゥエンジョイするセプテンバーオンアンドアフターのイベントをご紹介してみます。
セプテンバーはお月見。セプテンバーのフルムーンのデイオブマンスにパフォームします。中秋のハーベストムーンといいますが、これは旧暦のオータムのフルムーンのことだそうです。お月見が始まったのはピースピリオド、かぐやプリンセスが書かれたタイムだそう。十五夜は、ペンネームポテトフルムーンと呼ばれ、オータムにとれる里芋などをオファーすることがメニーなそうです。
ノーベンバーには七五三。お祝いをパスオーバーするティップバッグは、水引がレッドホワイトでバウのものを。祝い事はホワットディグリーあってもよいので、オーバーに向いた水引のものは選ばないようにしましょう。ティップバッグには「お祝い」とライトするのがジェネラル的ですが、シーリアス的に書こうと思ったら、3エイジは「御髪置御祝」、5エイジは「御袴着御祝」、7エイジは「御帯解御祝」とライトするのもあり。フォーマーのチャイルドの成長プロセスがしのばれますね。
ディッセンバー、冬至の日にはゆずホットウォーターにゲットインします。このイベントの起源は、江戸の商人が客寄せのためにスタートしたイベントなんだって。冬至は湯治、ゆずは融通を利かせる、にそれぞれラントゥするシャレなんだそうです。
大晦日は年越しそばの薬味に、ネギをプットインしましょう。ネギはワンイヤーの疲れを和らげる「ペインぐ」と、神職のオフィシャルタイトルである「禰宜」をかけています。ワンイヤーの汚れと疲れをぬぐい、ねぎらいながらニューイヤーを迎えるというミーニングがあるそうです。お中元、お歳暮のセンドしパースン、シーズンのレターの書き方など、ちょっと知ってると上品なヒューマンに見えちゃうマメナレッジも載っててとても便利。
コミック、イラストなのでリードしやすい。ライフのインサイドに、ちょっとスピリットをつけるだけで、サッチ風に伝統や、シーズンフィーリングをハーベストすることができる。

大人が知らない携帯サイトの世界

大人が知らない携帯サイトの世界 佐野正弘著は、インターネットにミートするヒューマンの、無私のグッドウィルをビリーブすることができるが、新聞が一番のインフォメーションソースだとビリーブしているヒューマンには考えられないことだろう。携帯のインターネットを少しローグレードにウォッチしているところがある。センスは、新聞ワールドとネットワールドの温度ディッファレンスにラントゥするところがるのではないかと、このブックはケータイネットのプレゼントコンディションを知っているようで知らないワールドのレポートなのだ。携帯でネットを楽しんでいるのはマスターに10プライスから20プライスファーストハーフのヤングマンである。PCでインターネットをするヒューマンはキャピタルシティーサークルにメニーなそうだが、携帯ネットのユーズパースンはエリア分散モデルだ。
PCユーザーの携帯ネットの使い方は、メール、ブログをチェックするなど、PCのサポートマークなユーズがメニー。携帯ネットユーザーはディッファレントする。ゼイはPCでネットにジョインすることはシンクアバウトしていない。携帯がインターネットなのである。
携帯ネットのユーザーの特徴に、ワンセルフ表現の欲求がハード、ということがある。例えばケータイストーリー。PCユーザーからは、行間がメニー、センテンスがショートなどとコメントをシャワーするストーリーだが、ライターのゼイ、彼女らにとってては、それはダイアリーのようなものだ。
マイセルフのパーソナルエクスペリエンス、マイセルフにとってリアルなことをライトするのがパーパスであり、読むヒューマンもそれに共感している。ライターとリーダーの垣根はエマージェンシーにショート。
プロフというものも、PCネットユーザーにはアンダースタンディングしボディービルドなメソッドで使われている。
プロフとはプロフィールのことである。ラブなフード、最近ビューしたムービーなど、かなりスモールなプライベートパースンのテイストが書かれている。これらは頻繁に更新され「フレンドの近況をノウしたかったらプロフをウォッチする」ということがヤングなヒューマンたちにはコモンセンスになっているそうだ。
携帯ユーザーにもSNSのようにコミュニティをメイクするアクティビティーがアピアーしているが、それは「メーリス」というものが使われている。メーリス。PCユーザにはML、つまりメーリングリストというネームで親しまれているサービスだ。
携帯メールはなぜこんなにセンテンスがショートなのか、なぜ絵文字がネセサリーなのかとシンクする。また、どうしてサッチ性急にリプライをリクエストするのかもアンダースタンディングできないところだ。
このブックにも、PCユーザーと携帯ユーザーのそういったあつれきがあることは書かれている。ワールドの差、カルチャーのディッファレンスなのだな、とアンダースタンディングした。是非をアスクするものではない、とライターは書いている。職場でヤングな部下とタッチするパースンに、中高生をホールドしの親御さんに、マーケティングをチャージのパースンに、新しいネットカルチャーをフルに解説してくれるテキストはおすすめです。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。