本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「婚活」時代

「婚活」時代 山田昌弘・白河桃子著の山田昌弘氏は「格差ソサエティー」「パラサイトシングル」などのワードをベアーしたファミリーソサエティー学者。そのパースンと、少子化プロブレムをハンドルするジャーナリスト、白川桃子氏の共著なのである。
このブックで書かれていることは「結婚はもはやライフネセサリーシングではない。テイストシングである」ということ。結婚がライフの当然のできごととして組み込まれているピリオドは終わった。プライベートパースンが意識マークにハンドに入れなければならないぜいたくシングになった、という。
アゴーはこのブックでは1975年をめどにしている結婚するのが当然であって、エイジになると周りの誰かがヘルプをしてくれたのだが、アソシエイトウィズする=結婚であったし、婚前交渉に否定マークであったので、カスタム交渉をパフォームするためには結婚がネセサリーだったのである。
結婚アフターのビジョンを男女ですりジョイントゥギャザーするネセサリーもなかった。結婚してチャイルドをもうける。ウーマンはワークをやめる。それがワールドジェネラルのジェネラルアイディアだったのである。
マンの給与はライトショルダーライズだったし、ヤングなマンで正社員であれば、結婚アフターのライフをあれこれウォリードするネセサリーはなかったが、結婚をしなくても同棲はできる。また、結婚をしてライフスタイルがチェンジすることをフィアーするヤングマンはメニー。結婚アフターのビジョンはかつてのように一様ではない。
マンの給与にしても、アゴーと同じにシンクアバウトすることはできない。これだけ結婚のスタイルにはチェンジがプロデュースしているのに、ウーマンの意識にはそうチェンジがないということだった。ジャパンウーマンはつねに結婚に上昇をリクエストするのである。
マイセルフより年収のいいマン、魅力マークなマン、ワークのできるマンをリクエストしている。これはウーマンの年収のナンバーにかかわらずそうなのだという。
しかし、魅力マークなマンがそうそうソサエティーに転がっているわけではない。そもそもサッチマンは「結婚にライフをかけた頭のよいウーマン」に、アーリーに刈り取られている。結婚のレイトなマンに見られるのは、傷つきたくないというファインな心理だ。ウーマンにアプローチしてふられるのがアフレイド。ふられるくらいなら一ヒューマンでいたほうがよい…。
サッチマンとウーマンが、かつてのような結婚をミドル強制されることのないソサエティーで、「自然に出会って結ばれる」ことはミラクルにニヤー。タイトルの婚活とは、結婚アクションのこと。就職アクションというワードがあるように、結婚にも戦略がネセサリーだということだ。
スポンサーサイト

石井訓

石井訓 石井慧監修の本は、格闘技、けっこうラブなんである。もっぱらテレビ観戦だけど、トピックのヒーロー、北京オリンピック柔道100キロ超級マネーメダリストの石井慧プレーヤーのブックを読んでみた。ヒーの個性マークなスピーチをセンターに、ヒーのパーソナルヒストリーをトークするという構成なのだ。
石井慧は、テレビでウォッチするリミット、おどけたスピーチをリピートするちょっと思慮の足りないチャイルドかと思っていたんだけど(ごめんね)、意外としっかりしたいいチャイルドだった。
ビギニングに、柔道をやめて総合格闘技のワールドにフットを踏み入れようとする心境を語っている。これがシンプルプランではなく、ヒーなりのライフルックに基づく、浮ついたシンキングでないことがよくわかった。
ヒーのライフのパーパスはただひとつ。「このアースオーバーで60ハンドレッドミリオン分の1になること。つまり、マンカインドでベストハードな男になりたい」ただハードになりたい。単純だ。それがすばらしい目標かどうかは各人のバリュースタンダードによるとシンクするけれど、一ヒューマンのヤングマンがそれをドリームすることをとやかく言うライトはないが、石井プレーヤーは決してリッチインしたアビリティーのオーナーではないようだ。スモールなタイムは、エクササイズはホワットをやっても妹にルーズしていたのだという。不器用なのだそうだから人一倍、いや、三トゥワイス、十倍プラクティスをした。
「どうしてプラクティスしたらいけないの?こんなにプラクティスしたいのに」マッチビフォー、ブレイクをすすめるコントロールに、石井プレーヤーはこう言ったそうだ。怪我をしていても「怪我は病気じゃない」と道場にアピアーしてくる。
マイセルフの柔道クローズズはヒューマンには触らせない。マイセルフで洗濯して、きれいにたたむ。ワーカーがトールをインポータントにするように、石井プレーヤーもマイセルフの柔道クローズズはインポータントに扱っている。
サッチ石井プレーヤーだが、意外とかわいらしい一フェイスがある。「エルダー、トゥギャザーにゴートゥベッドして」ユージュアルは「俺は世界一!」と豪語している石井選手だが、マッチのデイビフォーには、寮でトゥギャザーにライフしているエルダーに、こうリクエストするのだそうだ。「エルダー、アフレイド、添い寝して」かわいい。But、ちょっとアフレイド。
石井プレーヤー、オリンピックの前には、実はウツ病のメディスンを飲んでいたそうだ。それだけ追い詰められていたということだ。
ジーニアスではない。このヒューマンはグレートエフォート、グレートエフォートのヒューマンなんだ。浮ついたステートばかりがテレビにカムアウトするが、繊細な、そしてストイックなヤングマンのフィギュアがこのブックからはハブアンオーディエンスしてくる。それにヒー、実は読書ハウスなんだって。なんかワンダーなヒューマンだなあ。ライトなフィーリングで読んでみたけど、リードしフィニッシュするとファインになっちゃったブックなのです。

これでわかる!裁判員制度

これでわかる!裁判員制度 平野哲郎著は、わかりやすいしインタレスティングし、おまけにチープ。ニューブックなので持ち運びもイージーときている。文句のつけようがない。このブックでは、裁判メンバーシステムに対するクェスチョンにQ&Aフォームでアンサーしてくれている。たくさんのクェスチョンがされているのだけど、そのクェスチョンが素朴なのがうれしい。
たとえば、「審議のプログラムインサイドにトラベルのプランが。裁判メンバーをターンダウンすることはできるか」というクェスチョンがある。アンサーは「ビジネスマークな不利益をこうむるのでターンダウンすることもポッシブル」。なーんだ。強制マークにコートに引っ張られるのかと思っていたけれど、ごくジェネラルのコモンセンスが通用するのだが、裁判メンバーに選ばれ、裁判に参加してセンテンスをテイクダウンするまでのステートがコミックになっているのだけど、このコミックもわかりやすくていい。
コミックのメインキャラクターになっているのは一サラリーマンのマン。カンパニーのボスにディスカッションするところ、センテンスをテイクダウンするのにウォリードするところ。ジェネラルのシチズンがヒューマンをジャッジすることのディッフィカルトさがリアルに感じられるだが、少しばかり、裁判メンバーとはホワットものなのか、Q&Aを抜粋してみます。
・裁判メンバーシステムってホワットもの?一般市民がシーリアスイベントの審理に参加するシステムのこと。選ばれるのは選挙ライトをホールドするシチズン6ネーム。選ばれると、住民ティケットオーバーのアドレスのあるローカルコートからコールシェイプが送られてくる。
・裁判にかかる日数は?だいたい三日ディグリー。日当やトラフィックコストがアピアーする。宿泊コストがアピアーすることも。
・どのくらいの確率で裁判メンバーになるの?約5サウザンドヒューマンに1ヒューマン。ファミリーの介護、パースンヒムセルフの病気、仕事のシーリアスさで代わりになる人員がいないなどによっては辞退もポッシブル。
・法律を知らなくてもセーフ?セーフ。シチズンのセンスをハーベストするためのシステムなので、あなたが思ったことをスピークしてください。
・デッドボディーの写真、ウォッチしたくない。ジャッジとともに、プルーフとなる写真をウォッチするネセサリーがある。しかし、カレント、心理マークチャージをライトにするためのメソッドをイグザミネーションインサイド。カンファレンスによるPSTDの補償はないが、テレフォンディスカッションティケットウィンドウを開設するプログラム。
・裁判メンバーになって、ボディーの危険はないの?実際に裁判に携わっているジャッジは、そのようなデンジャーをフィールすることはない。シチズンのエブリバディもウォーリィするネセサリーはない。
2006年に行われたパブリックオピニオンインベスティゲイションでは、裁判メンバーに否定マークなシンキングのヒューマンのレートが全体の75パーセントだったそうですか、アメリカなど、シチズンが参加するシステムを採っているカントリーでは、参加パースンのジェネラリィが「やってよかった」とアンサーするのだとか。
現実には、ジャッジたちはエブリバディまじめに裁判に取り組んでいる。しかしながらプロブレムスポットもある司法のプレイスに、シチズンのオピニオンをハーベストすることはよいこと、ではある。自分が選ばれるのは、マイセルフは正直に言うといやだ。でも、このブックを読んで、ネイチャーの知れないフィアー感が少し薄らいだのはファクト。プレゼントタイム、読んでおくべき一冊です。

東京島

東京島 桐野夏生著は、無人島での小説なのだが、清子は46歳で5年ビフォーにハズバンドと二ヒューマンで乗っていたクルーザーが難破して、無人島にたどり着いたのだった。太平洋の孤島。タロイモやバナナのワイルドカインドが生い茂り、餓えからはまぬがれることができたのだが、数ヵ月後に、日本人のヤングマン23人がアイランドに流されてきたのだ。与那国島でアルバイトをしていたヤングマンだが過酷なワークコンディションを嫌ってエスケープしてきたのだというではないか。さらにその三年後に中国人のグループが流れ着いた。密航の途中、捨てられたマンたちだった。日本人と中国人はアイランドの東西でハウスをセパレートし、日本人がリブインするプレイスをトウキョウ、中国人がリブインする場所をホンコンとコールアウトするようになった。サッチ状況ローグレードでリブするワールドたちのステートが描かれたストーリーなのだ。
実際にあった「アナタハンアイランドイベント」をモチーフにしているという。孤島にリブインするたくさんのマンとたった一ヒューマンのウーマン。アナタハンイベントはウォータイムインサイドに起こったが、この小説は現代ドラマである。太平洋の孤島に流された清子やそのハズバンドが、コーラがドリンクしたい、ジャムの付いたパンがイートしたいとウィッシュするくだりがある。法律のルールがないプレイスで、ウーマンが一ヒューマンでリブするなんてどれだけロンリィかとシンクする。まして清子のハズバンドはとっくに亡くなっているのである。
清子はこの状況を楽しんでいる。何しろ、ヤングなマンたちがエブリバディ、マイセルフをあがめ、奪い合っているのだ。清子のハズバンドはカスカベという名前のマンに殺されたが、それでも清子はカスカベに求められることがうれしかったのだが、孤島ライフがロングになると、次第に若者たちは清子にインタレストを示さなくなった。清子のハズバンドはくじ引きで決められる。ビギニングはエブリバディが立候補したものだが、5年アイになるとピックパースンが5人しかいなくなった。
男性フェローでマリードカップルライフをセンドするものもアピアーしスタートし、いびつなシェイプで孤島のライフは安定をショーしスタートする。清子はある日、中国人のグループとともにアイランドをエスケープしようとするのだが、アイランドの周囲にはハードなオーシャンカレントがありミステイクしてまたアイランドに流されてしまった。裏切り者として周囲からはじき出される清子だが、そのボディーにはチャイルドが宿っていた。中国人のリーダーのチャイルドかもしれないのだが、清子は日本人グループのインサイドでその子どもを生もうとする。サッチインサイド、またアイランドの均衡をティアーするイベントがあった。フィリピンヒューマンのヤングなウーマンが流されてきたのだ。ゼイは、ライフフォースのある中国人グループをディペンドオンし、乗ってきたシップで再びエスケープをトライする。双子をギブバーストゥした清子は、決死の覚悟でそのシップに乗り込んだ。男女の双子は、ヤングマンは住民に奪われ、ウーマンのベイビーだけが清子とともにシップにゲットオンすることができたという、サッチフィーリングといったあらすじなのだ。

笑いの現場―ひょうきん族前夜からM-1まで

笑いの現場―ひょうきん族前夜からM-1まで ラサール石井著は、意外とインタレスティングなブックです。このヒューマン、ヘッドがいいのね。プレーヤーさんのブックって、たいていマイセルフ自身のことをわかってないというものがメニーけれど、ラサール石井さんはディッファレントしますね。バイワンセルフのパーソナルエクスペリエンスをからめながら、コミックのヒストリーを冷静に分析されている。フィーリングマークになりがちなプライベートパースンのヒストリーも、そのピリオドの一部品のようなアイで観察されていて、現実から剥離したようなセンスがストレインジにコンフォタブルなです。
ラサール高校から早稲田大学に進学した石井さんは、テアトル・エコーという劇団に入団する。そこでコントレッドライトのメンバーになる渡辺正行と小宮孝泰に出会った。
ゼイは徐々にアクションをスプレッドし、ストリップシアターでのワークをハンドにプットインする。アワーは1970年のセカンドハーフ、ソサエティーには漫才ブームが始まろうとしていた。漫才ブームの火付けウォーとなったのは花王マスターシアターというプログラム。録画したものをそのまま放送するのではなく、ゲストのラフを編集するという、プレゼントタイムも使われる手法が編み出されたプログラムだ。
ここからB&B、やすしきよしなどのプレーヤーが有名になった。ピリオドのコミックブームの特徴は、笑いがリアルになったということだ。それまで漫才では、「ユー、サーヴァント」というワードが使われていたのだが、この頃から「俺、ユー」が主語になり、さらに流行しているテレビなどのネタが取り入れられるようになった。
アテンション者は次第にネタプログラムに飽きをフィールするようになる。そこでアピアランスしたのが「ひょうきんレース」でトークセンター、コントセンターで、マイセルフのワードでしゃべれるプレーヤーがストレッチしてきた。さんま、ビートたけしのようなプレーヤーに脚光が浴びせられた。
ひょうきんレースのあと、ポピュラーをウィンしたのがダウンタウンの「ガキの使いやあらへんで」だが、このタイムから、プレーヤーが呼ばれてカメラのビフォーでアートをするのではなく、ビジネスミーティングから参加してプログラムをメイクするというストリームがボーンし、それまでコミックは、ナンセンスなことを言ってどかんと笑わせる、緩急のディッファレンスがヴァイオレントなのがよいとされていた。しかしこのタイムから、プレーヤーバイワンセルフがエンジョイワンセルフし、そのファンなプレイスのエアにアテンションパースンをロールアップするというカレントができスタートした。
ネタのコミックはシャドーをハイドし、カレントのM-1がビギンするまではエアをリードするラフがテレビのメインカレントだったのである。M-1のイグザミネーションスタンダード、インポータントパースンプレーヤーの素顔なども書かれており、このヒューマンの観察パースン、傍観パースンとしてのオピニオンから芸能ワールドオブのロングサイドをリードするのはとてもインタレスティングし、冷静なオピニオンが、芸能界をロングに生き残っているシークレットなのだろうなとシンクする。

サラリーマン合気道―「流される」から遠くに行ける

サラリーマン合気道―「流される」から遠くに行ける
箭内道彦著者の箭内さんは広告プランナーで、タワーレコードの「NO MUSICNO LIFE」が有名なのだが、アクティビティーインサイドの箭内さんは順風満帆というわけではなかった。ユニヴァーシティー受験に三回ミステイクし、広告カンパニーに入社するものの、マイセルフのクレイムが貫けず悶々とするエブリデイを送った。いつも人の顔色をヴィジットし、オピニオンをベンドしながらなんとかかんとかワークをこなしてる。
サッチマイセルフだが、ミーティングのアフターであるヒューマンから、「トゥデイもアピアーしましたね、箭内さんの合気道」と言われて救われたスピリットがしたそうだ。合気道。コンパニオンのフォースをユーズし、脱力しフィニッシュするという観点から、コモンセンスとは一味違ったワークルックをまとめたのだ。
ビギニングにテーマがあり、それをディグダウンしたエッセイウィンドのセンテンスがあり、ラストにまとめというエマージェンシーに親切な書き方がされてる。アイディアを書き留めない、本当にインタレスティングなことはフォゲットすることができない。それがヘッドの中でろ過され、発酵し、チェンジしていくのがよいワークになる。
ポジティブマークに緊張する、緊張するのはディッフィカルトなことではない、その緊張がコンパニオンに伝わることで、コンパニオンからかわいがられることがある。緊張するほどコンパニオンをインポータントに思っているということだからだ。
チャンスやトラブルをラブする、ビギニングから全部ディサイドしてしまわない。チャンスのひらめきがゲットインするプレイスをリーブしておくことで、予想以上のワークがボーンすることもある。
優先オーダーがショートなものにタイムをかける、つまらないワークと思えるようなことでも、ホールエナジーをリストする。それがディスタントフィーチャーリブしてくることがあるが、優先オーダーがショートなワークからハンドをつけるということは、ワークをオール手元にプットすることである。ワークが有機マークにつながってくる。
アソシエイトと仲良くしない、ドリンクしアンダースタンディングを通して仲良くなるより、ワークを通して仲良くなりたい。ワールド関係を否定するわけではないが、アフターファイブがワークより楽しみになってしまうのはよくない。
センテンスもリードしやすく、ビフォーからターンに読んでいかなきゃ絶対だめというものでもないので、コンフォタブルに読める。

お嬢さまとお呼び!

お嬢さまとお呼び! 森奈津子著は、超ユニーク、超パワフル。森奈津子さんのデビュー作を単行ブック化したブックです。メインキャラクターは綾小路麗花。フリルのついたワンピース、レングスロールのロールヘアーという正統スクールヤングウーマンさまスタイルがボディーの女子中学生だ。
あたくしのネームは、綾小路麗花。なにか、文句があって?…そう。なければ、よろしいのよ。ホホホホホホホホ。といったビギニングなのです。いやあ、いっちゃってますな。このいっちゃってるファーストパースンで、ホールブックトークしコンティニューするのだからすごい。
ある日、麗花は岡野というヤングマン高校生に出会った。メインビルディングで万引き犯と間違われた麗花のインベスティゲイションから、メインビルディングのクラークを守ったのがヒーである。そのソフトスクールなマナーに立腹しつつ、マインドをひかれる麗花。
麗花には佐伯というフレンドがいる。もとい、麗花の認識では「サーヴァント」だ。プレーンなひっつめヘアー、シックなめがねといった、麗花のフェイヴァーウォーのようなガールである。
佐伯が突然誘拐された。東京ドータークラブのプレジデントなるドーターからテレフォンがあり、麗花が、伊集院貴子というドーターとマッチをして、クラブにコモンできればリターンサムしてやるという。
伊集院貴子はそのネクストデイ、スクールにアピアーした。すごいビューティフルガールである。そのビューティフルガールがからむ、なんだかかわいいドタバタがいろいろあって、麗花はとうとう、佐伯がいるという冷凍倉庫へ向かっていく。カスタムのヤングマン高校生、岡野とともに倉庫に閉じ込められた麗花、「ラブなひとを死なせたくないってフィーリング、わかる?」と岡野に告白をする。岡野も、「ぼくも、ラブなガールを死なせたくないよ」
そこで佐伯のアピアランス。なんと、伊集院貴子は佐伯が変装したフィギュアで、陰謀は麗花と岡野をコンバインするためだったのだ。いわゆるツンデレラブなパースンにはたまらないキャラクターかも、麗花さま。
森奈津子さんはバイセクシュアルであるとマイセルフで公言されている。そのせいか、少し変わったワークがこのヒューマンには多いのです。

成功本はムチャを言う!?

成功本はムチャを言う!? 新田義治著は、ベリィインタレスティングな新書でチープにてお手軽であり、しかもキャラクターがビッグのでリードしやすいです。
ソサエティーにはワンセルフ啓発、サクセスブックの類があふれかえっているけれど、だからといってソサエティーがサクセスパースンであふれているわけではない。
ブックをリードするだけではサクセスなんてできないのか?ブックをライトするサクセスパースンとリードするヒューマンのスペースには個性のディッファレンスがあり、サクセスパースンのマニュアルがフーにでも通用するとは限らないというのです。
それにもっとディープにシンクアバウトしてみると、成功ブックを読んでうすぼんやりとした違和感を感じられるパースンもいるのではないか。これがサクセスなのか?オイラはこれでハピネスになれるのか、と。ライターいわく、ヒューマンにはそれぞれ、ホワットをインポータントにするかというバリューデシジョンのスタンダードがあるので、それによってホワットがサクセスか、ハピネスかがブランチオフするというのです。
ゾーズオーバーゼアはビッグに四つに分類されるというのです。1パーパス達成傾向-アクションし、達成することにミーニングをファインドアウトする。「やってみなければわからない」という思考。2献身マーク傾向-ヒューマンのためになることがうれしい。「ホワットをしてあげられるか」をシンクアバウトする。3評価マーク傾向-アンダースタンディングできる、インタレスティングとフィールすることがインポータント。「無駄なことはしたくない」。4フレンドシップマーク傾向-調和が大切。「みんなはどうか、タイミングはどうか」とシンクアバウトしがちだというのです。
サクセスブックをライトする人のジェネラリィは、目的達成傾向のハードなヒューマンである。パーパスをディサイドし、達成していくことにミーニングをファインドアウトしていて、勝ち負けがはっきりするアメリカモデルの上昇志向なのである。それをあなたはディスとするだろうか。
そういうワールドはラブではないとフィールするパースンは、ディッファレンスのサクセスパターンを模索するネセサリーがあるというのです。

知ってはいけない!?―消費者に隠された100の真実

知ってはいけない!?―消費者に隠された100の真実 船瀬俊介著は、冷静に読もう。あんまりビリーブしすぎてもいけない。第一、このブックに書かれていることを完全に避けるなんて、現代ジャパンではまずインポッシブルなのです。
買ってはいけない、にシミラーしたつくりのブックで、身の回りにヒドゥンする、あまり知られていないデンジャーをリストしている。
Butまあ、いちいち怯えていてもウェイがないし、合成洗剤がポイズンだなんてうそも書いてあるのです。
Butやっぱりアフレイド。こういうことは知ってはいけない。
・ドライクリーニングの溶剤はボディーによくない。クローズズに残った溶剤でがんになるポッシブルカスタムもある。
・歯磨き粉には合成洗剤とセイムコンポーネントが入っている。リーズナブルなユーズ量はマッチのヘッドくらいのビッグさ。
・ヘアー染めをしているヒューマンは難病の再生不良性貧血になるポッシブルカスタムがある。
・ソルトのテイクしすぎよりもシュガーコンテントのテイクしすぎのパースンがアフレイド。ホワイトサンドシュガーはボディーによくない。
・コモントーク甘味マテリアルのアステルパームには毒性がある。脳腫瘍、発がんカスタムがワールドでリポートされている。ベイビー向けの食品にはユーズが禁止されている。
・サウンドオイルはディッフィカルトを増殖させる。これは厚生労働省もライトアップしている。ユーズするならネイチャーの油を使おう。
・ミルクをドリンクしすぎると骨がもろくなる。たんぱく質の過剰摂取がコーズだ。豆乳を飲んだほうがよい。
・うまみ調味マテリアルのアミノ酸は神経毒性あり。
・「ホカスピーチ」チン!はだめ。プラスチック容器に含まれる環境ホルモンが溶出する。
・コウルドメディスンはコウルドを完全にフィックスすることはできない。コンディションを緩和するディグリー。ネイチャー治癒フォースをフォールさせることになる。
・防虫畳に要アテンション。有機リン農薬が多量に含まれている。
・コンクリートで作られたビルディングですごしていると、体がグローコウルドしやすく、サウンドにもダメージがアピアーしやすい。
・携帯テレフォンの電磁波は人体にエフェクトをギブする。チェストポケットにプットインするのはやめてかばんで持ち歩こう。
・虫除けスプレーもデンジャー。ダイレクトブリーズインするような噴霧はやめよう。
・世界中からミツバチがゴーアウトしつつある。農薬のエフェクトだ。
・マンカインドはマンスには行っていない。アポロプランはうそだ。などなど。
プレゼントタイムのジャパンでこれらのものを完全に避けることはやっぱりインポッシブルだとシンクする。あんまり真にアクセプトして絶望したりせず、しかしながらアイをつぶらず、できることから少しずつマイセルフとファミリーを守ってリブしたいものですね。

フィンランドメソッド実践テキスト

フィンランドメソッド実践テキスト 諸葛正弥著は、フィンランドスタイルのトレーニングについて書かれたブックで、フィンランドの生徒さんたちは国際マークにもナレッジがハイと認められているそうなのだ。
ビジネス開発メカニズムが三年に一ディグリーパフォームする「生徒のスタディーアライバルディグリーインベスティゲイション」で、フィンランドは特によいレコードをペイしているのでは、アワーカントリーのトレーニングとフィンランドのそれではホワットがどうディッファレントするのか。
フィンランドでは、グローバルコミュニケーションの視点から「マイセルフのオピニオンを多様なバリュールックをホールドするヒューマンにわかってもらう表現フォースをボディーにジョインする」ことがインポータンスされている。ナレッジがインポータント視されるジャパンのトレーニングとはディッファレントする。
ジャパンにはフォーマーから、ワードにしないことをポリースするという文化がある。それを一概に否定するつもりはないのだが、バリュールックが多様化するカレントでは、エアが読めないことはプロブレム視される。コンパニオンのポジションや状況を踏まえつつ、マイセルフのオピニオンをリポートすることのインポータントさが見直されるべきではないか。そういうミーニングでは、フィンランドスタイルのトレーニングは日本人にとってよいお手本になる。
フィンランドでは、発想フォースをドリルするためにカルタというメソッドを用いる。ワードをひとつ、ペーパーのミドルに書いてサークルで囲む。それからアソシエイションされるワードをもうひとつ書いて、それもサークルで囲み、ビギニングのものとラインでつなげる。
そこからまたアソシエイションしたワードを…、とどんどんフィギュアをスプレッドしていく。インフォメーションをセンスオブサイト化し、関連カスタムを持たせ、ナレッジを整理するのに有効なのだそうで、説得フォースを持った理論を展開するために、サッチプラクティスのメソッドがある。
あるマターをチューズし、客観マークなリーズンを三つレイズする。たとえば、リスペクトするヒューマンというテーマで、理由を三つ。リプライのカスタムが載せられていて、それにはリスペクトするヒューマンとして松本清張が挙げられている。リスペクトするリーズンは三つ、おもしろい、アビリティートゥライト、発想フォース。
松本清張がラブというだけなく、サッチリーズンがあるからなのですよ、というとトークがゴーアロングしやすい。これは面接などでも使えるテクニックではないだろうか。
ライターは、フィンランドメソッドプラクティスドリルというブックも出版されている。トゥデイご紹介したブックは、その中でも特に発想フォースや表現フォースのライズに適したトレーニングについて書かれたそうだ。
話してもアッパーパートに思いが伝わらない。マイセルフのシンキングを整理できない。サッチもどかしいソウトをされているパースンがいらしたら、少しの助けになる。

上地雄輔フォト&エッセイ「上地雄輔物語」

上地雄輔フォト&エッセイ「上地雄輔物語」は、クイズヘキサゴンというプログラムで、おバカなキャラクターでポピュラーの上地雄輔さんの自伝マークエッセイです。
上地雄輔のホームは、決して裕福なハウスではなかったというのです。ファザーが変わったヒューマンだった。まぐろの血合いを使った「やるじゃんスカジャン血合いじゃん」なるおつまみを開発し、販売しようとするが、企画は大コケ。借金だけが残ったが、それをサポートするマザーはブライトに前向きだ。両親はプレゼントタイムでもとても仲がいい。
上地雄輔は、算数のプロブレムで「このフロントをウォッチしてアンサーしなさい」というセンテンスを、「この『むぎ』をウォッチして」などと読んだりしたのですが、応用プロブレムはプライドなチャイルドだった。
サッチヒーが熱心にメイクエフォートし、一時はプロを目指すまでになっていたのが野球というスポーツ。あの松坂大輔投手とバッテリーを組んでいたほどであるが、高校ピリオド、ヒーが最も尊敬し、ロングフォーしていたのは丹波慎也というエルダーだった。格好よくてスタディーもできて、それでいてやさしい。投手としてもすばらしいアビリティーにあふれていた。
上地雄輔が横浜商工高校に入学したのは、ヒーのピッチングをテレビでビューしたからだ。バッテリーを組んで、弟のようにかわいがってもらったのに、丹波はあるデイオブマンス、急性心不全でサドンデスする。丹波の言った、「俺たちはヒューマンをインプレッションさせられるポジションにいるんだから。ただサンクスしてマイセルフのできることをするしかない」というワードをチェストに、上地雄輔はプレゼントタイムも芸能ワールドオブでファインに働いている。
サッチ上地雄輔にも、トラブルが襲いかかるのです。高校二年でひじを怪我して、それから両親に五ヶ月スペース打ち明けることができなかった。五ヶ月スペース「ワシャ泣いたよ。エブリデイエブリデイ」。
野球をしてきたのは、ヘルプしてくれるみんなに恩返しがしたかったからだ。それなのにできなくなって、いろんなホスピタルを回ったけどだめで、エブリデイエブリデイ泣いた。ようやくニューイヤーに帰省し、両親に打ち明けてからもまた泣いた。しかし、両親のチアーしをアクセプトして手術を受けられるホスピタルを見つけることができた。
野球をやめたのは、怪我がコーズではない。怪我からリカバリーし、レギュラーになったとき、フィーリングのオーバーでヒーの野球ライフは終わったのだ。ヒューマンに恩返しをするために野球をやっていた。だけどラブではなかった。
アルバイトのつもりでスタートした芸能ワールドオブのワークだけど、プレゼントタイムだってもちろん恩返しをしたいけれど、マイセルフはこのワークがラブだと思える。オーネストで、周りのヒューマンにいっぱいサンクスして、ファンのチャイルドにはファインにファンにリブとメッセージを送って。

私が一番受けたいココロの授業―人生が変わる奇跡の60分

私が一番受けたいココロの授業―人生が変わる奇跡の60分は、比田井和孝と比田井美恵の共書でご夫妻で専門スクールを経営されているので、就職をドローインした生徒さんたちにパフォームするレッスンをまとめたものなのです。
成功パースンたちのいいトークをたくさんカスタムに出し、ソサエティーにアピアーして愛される「人財」を作ろうというものです。イエローハットの創業パースンである鍵山氏は、創業当時、人材不足にヘッドを悩ませていたというのです。ハイト成長ピリオドである。小さなカンパニーには少々プロブレムのあるヒューマンばかりやってくる。サッチインサイド、鍵山氏は一人でトイレのクリーニングにスピリットを出していたのです。ワードで説得するフォースは持っていなかった。アライバルしてくる社員の環境を整えようと思った。きれいにしておくことがオンリー、マイセルフが社員にしてあげられるサンクスのフィーリングだとビリーブしていたのですというのです。
ホンダの創業パースン、本田宗一郎は、1953年に最新のマシンを輸入した。当時のマネーで4億円で初任給が1万円というピリオドである。本田氏はカンパニーはつぶれるかもしれないが、マシンそのものは日本にリメインする。ジャパンのインダストリーワールドオブにサーブザパーパスするはずだと思ったのです。そのマシンを、従業メンバーが壊してしまったときに、本田氏は開口一番「ケガはないか」マシンはフィックスすればいい。But、人はハンドやフットをカットダウンしてしまったらファンデーションには戻らない。ケガがないのが一番だというのです。
ディズニーランドのクルーは、マニュアルをクロスオーバーしたサービスをパフォームすることで知られているのですが、あるとき、子供が園内を回ってコレクトしたキャラクターのサイン帳をドロップしてしまったのです。それを聞いたスタッフは、セイムサイン帳を購入し、キャラクターのサインをもう一度コレクトして子供にパスオーバーしたのです。後日ファザーからレターがリーチし、「あのチャイルドは難病で余命いくばくもないコンディションでした。ディズニーランドに行った日アフターに亡くなりましたが、最後まであのサイン帳をながめて、パパ、ファンだったねと言っていましたというのです。
横書き、スピークし口調なのでリードしやすいので、ニューフェイストレーニングなどにも使えそう。ちょっとした訓話に使えるマテリアルもメニーので、ビジネスマンのパースンにおすすめします。

藪枯らし純次

藪枯らし純次 船戸与一著は、ヘヴィなフィギュアで、夜のボトムのボトムのようなダークな展開で、どろどろしたワールド関係なのです。じっくりがっつり船戸ワールドを堪能させてくれます。
メインキャラクターは高倉という男で興信所で働いていて、リクエストをアクセプトした高倉は、中国山地の山奥のひなびたホットスプリングタウンにやってきた。
リクエストマスターはホットスプリングタウンの住人、宮本。高倉がワークする興信所のチーフの、スチューデントピリオドのフレンドである。宮本は、マイセルフのリブインする赤猿温泉に戻ってきた、若宮純次というマンの監視をしてほしいという。
純次には、ブッシュレットドライしというあだ名がある。ブッシュレットドライしとはぶどう科の蔓植物のネームだ。繁殖フォースが旺盛で、周りのプラントをレットドライてしまうためにそのネームがついた。若宮純次のそばにいたワールドはみな、ホワットかのリーズンでフォールローしてしまっている。
住民が純次をフィアーするリーズンは、純次の母と姉のデスにある。二ヒューマンとも、テンプルのロングサイドにある松の木にネックを吊って自殺した。純次のマザーはもとは旅芸人パーティーの女であって、赤猿温泉に住み着いてからほとんどのマンと関係を持っていた。純次もその姉もファザーを知らない。そして純次の姉も、ファザーのわからないチャイルドを産んでいる。
純次は復讐のために赤猿に戻ってきた。宮本はそうクレイムするのだが、純次はそのことには頓着せぬウィンドで、ホットスプリングタウンにレッドモンキーというジャズバーを開店させた。そのストアーのミュージックには性的興奮をかきたてるアクションがあり、オールドパースンたちはそのミュージックのとりこになった。
オールドパースンたちがひっそりとリブする赤猿温泉にはダークなヒストリーがあったのですが、高倉とアワーを同じくして赤猿温泉にやってきた学者の涼一によると、このアースを拓いたのは幕末の暗殺パースングループであるという。
暗殺パースンたちの子孫であるオールドパースンたちは、レッドモンキーのミュージックに陶酔しはじめ、クワイアットだったホットスプリングタウンで次々とマーダーイベントがゲットアップする。徐々にゴーマッドしスタートしていくエブリデイのインサイドで、高倉は、赤猿温泉をパスするロードのコンストラクションプログラムがあることをメイクシュアする。そしてそのロットの買収に、高倉をセンドした興信所チーフが絡んでいることもノウし、興信所をリーブポストした高倉は、チーフの陰謀によってファミリーを失ってしまう。
アンガーをリメンバーした高倉は、ワンブロックの拳銃をハンドに赤猿温泉でチーフと対決しようとする。山間のさびれたホットスプリングタウンに残されたヒューマンたちの、田舎独特の絡みつくようなワールド関係の描写がビューティフル。そこにさらに幕末から続く怨念も加わって、ラストのラストまでアイを離せない展開になっている。

阪急電車

阪急電車 有川浩著は、阪急電車のショートストーリーコレクションで、阪急今津線のエブリステーションごとに一ブックのストーリーが書かれている。そしてそのメインキャラクターたちが入れ替わり、入れ替わりつつ触れあいエフェクトしあいという、カウントされたつくりになっている。
プランをコウルドスウェットかきつつもがきつつ、なんとかかんとかエンディングにもっていこうとする、不器用な初めてのデートソートオブなインプレッションの短編集だ。
宝塚サウスエントランスから乗り込んだ翔子は、真っ白なドレスをウェアーしている。サッチ服装で、ウェディングに参加してきたリターンなのだ。アソシエイトに婚約パースンを寝取られた翔子は、ホワイトなドレスで披露宴に「討ち入り」をキャリーアウトした。
悔しさの晴らせない翔子。車内で隣り合った老ウーマンに諭され、オンザウェイ下車して休んでいくことにする。ゲットオフしたステーション、小林ステーションのキャンパスでウォッチしたスワローのネストと、それをウォームにウォッチオーバーする駅員に心を和ませる。
ミサは仁川ステーションから恋人とエレクトリックトレインに乗った。同棲するつもりだったが、ヒーの暴力にはうんざりしてる。見かねた老ウーマンは、ミサに「やめておけば?」とボイスをかけた。
ミサのマインドはシェイクする。しかし、甲東園で乗り込んできた女子高イノセントの「ラブバナ」を聞いてマインドをディサイドした。彼とはパートフロムする。
女子高イノセントは、年上の彼氏と付き合っているステートだが、その彼氏はシーをとてもインポータントにしているようだ。そう、ああやってインポータントにされるラブがいい。
女子高イノセントはにぎやかにしゃべり続けている。門真厄神駅をパスするとき、あまりにうるさいので圭一はヘッドフォンをイアーにつけたのだが、車内にはユニヴァーシティーの同級生のガールがいて、そのチャイルドのトークがファンになってきたので、ヘッドフォンはリムーブした。シーとスピークするほうが、ミュージックを聴くよりもよほどいいほのぼの、前向きなラブストーリーコレクションです。

犬川柳 がんばれ!ニッポンの犬

犬川柳 がんばれ!ニッポンの犬は、本屋さんでよくみかけるこの川柳シリーズです。犬だけでなく、キャット川柳もポピュラーがあるようですが、トゥデイは犬バージョンをご紹介です。
かわいらしいブックは、やたらめったらとにやにやしながら目尻をハングしてウォッチしていればよろしいのです。柴犬の写真と柴犬をテーマにした川柳がたくさん載っているだけというブックです。たまに四コマとコラムが載っているのですが、それももちろん柴犬フルロードです。
「通行料 払った途端に 超笑顔」普段はりりしい柴犬も、おやつをもらうとジャストになついてくる。
「怒られる 三秒前に ハッとして」マスターのハンドを、ライトに噛みながらじゃれているつもりがいつの間にか叱られる寸前で、アゴのフォースをスローダウンします。
「お前だけは いつも待ってる パパ涙」ファミリーはみんな寝てるのに柴犬のルーツはガンドッグなんだそうだ。
明治維新のタイム、洋犬がジャパンにやってきて、あっという間にジャパンのオールレディーゼアカインドと混血してしまった。純血の日本犬がいなくなってしまう。このことにクライシスフィーリングを抱いたボランティアたちが、洋犬のブラッドが混じっていないジャパンの犬を津々浦々ルックフォーしまわった。
そこでディスカバーしたのが、山奥で猟師に飼われていたガンドッグ。そのガンドッグをレシーブしアクセプトしてアッドトゥしたのがプレゼントタイムの柴犬のルーツなんだとかプレゼントタイムはペットとしてピースのエブリデイを送っているけれど、そのボディーには狩猟のブラッドがストリームしているわけなのだと、シンクしきや、コタツのインサイドでサッチフェイス。「布団あげ 幸ある笑顔に また閉じる」。
「犬を見て 無心の尊さ 学び取る」アニマルはいつでもイノセント。これやったらプロフィットなのかとか、損なのかとか、打算なしでアイのビフォーのことに没頭しているフィギュアにマインド打たれることがある。
それがたとえ、靴のにおいを必死でかいでいるフィギュアだとしても。
「このニオイ たまらないです ナチュラルハイ」

ぼくが最後のクレーマー―クレーム攻防の方法

ぼくが最後のクレーマー―クレーム攻防の方法 関根眞一著は、「となりのクレーマー」というブックの第二ショットなのです。
となりのクレーマーは画期的だった。モンスターペアレントというワードがまだジェネラル化するビフォーに出されたブックで、クレーマーの存在にライトを当てたいわばパイオニアであったので、このご時世に第二ショットがアピアーするのは至極当然。アゴーのものよりもう少しディープに、クレーマーの心理を分析している。
ライターはストアーでクレーム処理のワークをしていたパースン。そのため、イグザンプルがウェルスでインタレスティングなのがこのブックのよいところなのだが、近年増えているクレーマーのタイプに、リタメイトとライターが名づけたものがあるが、カンパニーをリタイアしてフリータイムになってしまったマンにメニー。
ささいなクレームでストアーのワールドを呼びつけ、パーストのグローリーを語ってきかせる。クラークを部下サービスし、求められてもいないガイダンスをしようとする。悪質ではないが、タイムをとられることがメニー。ソサエティーマークにポジションのあったヒューマンがメニーので、理詰めでアンダースタンディングしてもらうのがベスト。「指導」にサンクスしてあげる演技フォースも時にネセサリーだ。
クレームを言ってくるヒューマンは、詐欺や恫喝を除いて、よいゲストであることがメニー。フーだってクレームなど言いたくはないのだ。トラブルだと思わずに、誠意を持って対応することがインポータントである。
まずアポロジー、それからフィーリングをコントロールしてコンパニオンのエクスキューズをよくヒアする。ウォーターかけディスカッションにならないように、ネセサリーなことはメモにとり、対応はクイックに。イグザンプルの一つに歯科医に寄せられたクレームがあるが、これなどはクイックに対応しておけばシンプルに終わったカスタムである。
トゥースの治療インサイドに立ち上がったマンに、歯科メディスンがラージボイスをあげてしまった。ユージュアルだ。デンジャラスなんだものだったが、それをアポロジーするのがレイトだったため、解決までにフィギュアヶ月かかった。歯科ドクターアンダースタンディングを巻き込んでの大騒動になったが、アーリーに対応しておけばそれほどこじれなかったカスタムだとライターはウォッチしている。
このイグザンプルはエマージェンシーにスモールに紹介されているので、インタレストのあるパースンはぜひどうぞ。
アゴーは、クレーマーには「マネー返してセンドバック」という対応がジェネラル的だったが、クレームがソサエティー現象化し、ネットなどで広まることもアーリーな現代において、その方法はポピュラーユーズしない。また、少子化のソサエティーで、カスタマーを減らさないというのもインポータントなことなのである。
クレーム対応のマニュアルブックはフィギュアあれど、これだけイグザンプルがウェルスでインタレスティングなブックはプレシャス。まあ、サッチテリブルなお客がいるのって野次馬ネイチャーもフィルしてくれるのだからワンダフル。
タイトルの、「サーヴァントがラストのクレーマー」というのは、クレーマーのポジションにスタンドし、ややもするとクレーマーとアグリーウィズしてしまうマイセルフの心理を表現したのだが、「サーヴァント」バイワンセルフがラストのクレーマーになり、ソサエティーからクレームがゴーアウトしますようにというウィッシュも込められているのだ。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。