本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑顔で光って輝いて

笑顔で光って輝いて 小林正観著は、キャラクターがビッグにてリードしやすい。ひとつひとつのチャプターがショートので、リードするのもコンフォートだ。
アナザーパースンを変えようとしない、自分がチェンジすると足りないことを嘆くのではない、プレゼントタイムあるものにサンクスする。このようなトークがつづられているので、読後感がよいのだ。
・チャイルドが不登校になった。悩んでおられるウーマンがいる。しかし、チャイルドがスクールに行かず、ハウスにいるということは、ハウスが安心できるプレイスだからだ。「家を選んでくれてありがとう」というフィーリングでタッチすればよい。
・理不尽をアクセプトする。一方マークに家賃の値上げを宣言された経営パースンがいた。経営パースンはそれをアクセプトした。すると事態が突然好転し、そのロットをすべて使ってよいことになった。理不尽はゴッドがあなたを見込んでいるプルーフ。その試練をアクセプトしたら、ライフがコンフォートになるのです。
・フィーリングのよいプロミスをビリーブする。あるインポータントパースンシンガーが、「お祓いをアクセプトしたほうがよい」とアドバイスされ、神社にフェイスする途中でアクシデントにあった。聞いてファンにないプロミスはビリーブするネセサリーがない。それは、ヒューマンのアクシデントをウィッシュするマインドが発したものだからだ。その代わり、聞いてコンフォタブルなプロミスはベリィハードビリーブすればよい。
・スペースをフレンドにつける。スペースやアースに「あなたパースンのやることが気に入らない」と言えば、ゼイはそっと立ち去っていくだろう。しかし「いつもありがとうございます。サンクスしています」と言えば、「気づかれないようにサポートしていたつもりですが、わかってしまいましたか。これからもヘルプします」と返してくれる。
すべてのものにサンクスのフィーリングを持つことが、ミートバイチャンスするものすべてをフレンドにつけるコツなのである。
ソサエティーマークな不ライトに対して、アンガーをリメンバーし、改善をリクエストするのは至極当然のライトであると思っている。
ホームや職場というプライベートパースンマークなつながりのプレイスにおいてでは、なるべくこういうジェントルで、サンクスにフルした接しパースンをしたほうが、コンパニオンもマイセルフもコンフォートになるということに最近気がついてきた。
理不尽も、変えられないところはアクセプトしてみる。それが案外マイセルフをレスキューフロムするメソッドであることも。
スポンサーサイト

生きる わたしたちの思い

生きる わたしたちの思い  谷川俊太郎with friends著は、大手SNSサイト、mixiの谷川俊太郎コミュニティからボーンしたブックです。
mixiの谷川俊太郎コミュニティで、2007年のオータムにこんな呼びかけがなされたのです。
「谷川氏の『生きる』というポエムにちなんで、みなさんの『生きる』をつなげてひとつのポエムをメイクしませんか?」
ライティングはどんどん増え、NHKでも取り上げられることに。放送には谷川氏パースンヒムセルフからの感想も添えられた本はそのネットオーバーでのパーティーポエムをまとめたものだ。ライターネームがいいではないか。谷川俊太郎 with friends。谷川氏は、ネットでポエムを書いている無名のヒューマンたちを「フレンド」と呼んでくれるのだ。
いくつかのポエムをご紹介しますと、「あなた」という詩にカムニヤーして・メールの返信を待つということ そして自分の気持ちに気づくということ。・あなたの笑顔に こころ 透きとおること。・大好きなのに 大嫌いだ! と、言ってしまうこと。・好きな人を救うためなら 50年間 保ち続けた 信条を変えてもいい と思ったこと。
「涙」・泣きながらでも歩いていくこと。・泣いて鼻が詰まる息苦しさ。・涙は枯れる、ということを知った夜。
「命」・ふとした瞬間、わたしって死ぬんだなあって思うこと。・事故った旦那が 笑いながら帰ってきたこと。・つめが のびること 私の父が、突然倒れて入院したとき、父のつめを切った。まだ生きてる、と思った。五日目まで生きていた。・ぽんっとでてきてもーてん どないもこないもあるかいなわしどないせいっちゅうねん ということ。
巻末で、谷川氏とコミュニティの参加パースンのトークを掲載している。谷川氏のような著名な詩人が、無名のヒューマンたちとファンそうにトークしているステートが伝わってきて、ポエムっていいものです。
ジェネラルのヒューマンのジェネラルの暮らしからボーンしたワードなんだけど、案外じんとさせられるものがあって、ジェントルなフィーリングになれます。

サブプライム後の新資産運用

サブプライム後の新資産運用 中原圭介著者は、ディッファレントカラーのビジネスブックで文系のパースンでもピースオブマインドして読んでいただけるのです。ライターバイワンセルフが文系の出身でユニヴァーシティーのスペシャルスタディーはヒストリーナレッジなのです。
ライターは金融工学はプラクティスでは役に立たないのだというのです。金融工学のプロたちが、ディスタイムの金融クライシスで大ダメージをテイクアウトしたことでそれはプルーフされている。
ライターがよってスタンドするところはヒストリーと心理ナレッジだ。ビジネスのヒストリー、ワールドの心理を分析することで、コンディションをデシジョンすべきだとシンクアバウトしている。
ライターは、プレゼントタイムまで資産フォーメーションの定石とされてきた長期投資と国際分散投資をフロントから否定する。コンディションの流れが減速にフェイスする今、ロングタイムピリオドで投資することは必ずしもマネーが増えることにはつながらない。
グローバル化するビジネスのインサイドで、分散投資をしてもリスクを軽減することにはつながらない。一カントリーのビジネスは、ワールドのコンディションのストリームと連動しているのです。
ホワットに投資をするべきかというと、フォーリンマネーバンクアカウントだとライターはクレイムしているが、ジャパンのナショナルパワーはビカムウィークしていく可能カスタムがハイ。少子高齢化がメイクプログレスすると、税収はフィールダウンし、ソサエティー保障費は増加する。
長期マークにウォッチすればマネーチープに向かっていくポッシブルカスタムがハイので、ラウンド以外の通貨を持っておくパースンがピースオブマインドなのです。
投資トラストによる資産フォーメーションもよいが、そのエッジにはETFとばれる株価指数に自動的に連動するものをバイするのがよいというのです。
プロにリーブトゥするより、指数に連動するタイプのもののパースンがレコードがよいのです。必ずしも上げ相場ばかりではないので、場合によっては投資をやめることもインポータント。長期に保有しても、損をする場合がアピアーしてくるのです。
説得フォースがあり投資にインタレストがないという方にも、ビジネスのラフなストリームをリードするというミーニングではインタレスティングな一冊です。

他力本願―仕事で負けない7つの力

他力本願―仕事で負けない7つの力 押井守著は、ビジネス書と思ってたらぜんぜん違っているのです。押井守はうるプラネットやつら、機動ポリースパトレイバー、攻殻機動パーティーなどのアニメムービーを撮ったアニメコントロールさんでです。
このブックは、ラストイヤー公開されたスカイクロラ撮影のアザーサイドをレコードしながら、コントロールのムービーワークに対するシンキングをまとめたものです。
コントロールは、ワークにビギンするまでにたくさんのヒューマンとひたすらトークをするのだ。ワールドトークはコミュニケーションを深めるため。また、キャラクターやワールドルックのクリエイションなどは、ディーテイルまでボイルダウンしてからワークにビギンするのだ。
坪井監督は、アニメーターには、ワイルドアイディアを働かせるフォースがシーリアスインポータントだとシンクアバウトしている。押井監督はロケハンにゴーアウトする。実写ムービーのようにそのまま風景を使うのではないが、ある光景をウォッチしてアクセプトするインプレッションをインポータントにする。
現実の風景から汲み取った「エアフィーリング」が、アニメをリアルにショーするのだという現実フィーリングです。フォーマーのアニメにはそれを表現できるアートがなかったのですが、スカイクロラのインサイドで坪井監督は、意識して現実マークなディレクションをトライした。アニメは、実写とディッファレントしすべてが作られたものである。実写のように、たまたま撮れたイメージなどは存在しないので、ささいなパートまで意識してメイクしこまないと、オーディエンスはそのワールドにフィーリング移入できなくなる。
スカイクロラでは、坪井監督はキャラクターのスモークするたばこのメイクにこだわるなど、キャラクターの現実フィーリングを表現しようとした。
読んでいると、このパースンが、ムービーをメイクするということにエマージェンシーにこだわりを持っているのがよくわかる。ベストセラーを原作にして、売れるアクターさんを使って、ビジネスエフェクトばかりを狙ったようなウィルの低いムービーはテイクしたくない。
押井監督は、一度ワークを失ったことがあるのですが、ワンセルフ満足でしかないムービーを発表し、まったく評価されず、ワークを干されたのです。
坪井監督は考えて対話をして、たくさんのヒューマンと協力して、メッセージのあるムービーをメイクしたいというのです。
終章は坪井監督が自らのハーフデスを書いたセンテンスが収められている。落ちこぼれの高校時代、ミステイクした結婚ライフについてなど、ブライトばかりではないライフをさらけ出している。
ムービーコントロールのこわだわりディスカッションなんだけど、おしつけがましくもなく、とてもファンなのです。

筋トレ以前のからだの常識―基本の知識195

筋トレ以前のからだの常識―基本の知識195 平石貴久著は、ワールドのボディーのしくみをわかりやすく解説した、かわいらしいイラストラックなので、とてもわかりやすいブックです。
ダイエットをがんばっておいでのパースン、スポーツでいいレコードをテイクアウトしたいパースンにおすすめです。ボディーのしくみを知っておくと、トレーニングも効率マークに行えそうです。
項目ごとに整理されていて、ボディーのしくみ、スポーツごとのトレーニングの方法、エフェクトのアピアーするウォーキングアクトなど、マイセルフにインタレストのあるところを重点的にリードすることもできる。親切なブックです。
知っているようで知らないボディーのしくみで、ボディーがソフトというのは、筋肉がソフトなのではない。間接の可動ステージがビッグということだ。ボディーがソフトなのは病気になりにくい、よいことである。
筋トレは左右均等にパフォームするとよい。ユージュアルの動作でも意識して行うことがインポータントです。ミルクをドリンクするとき、ライトハンドでビンを持ったらレフトハンドはバックに当てよう。携帯でテレフォンするとき、レフトハンドでテレフォンを持ったらライトフットをあげよう。
毎日のライフのインサイドで、ボディーの機能をよくするシンプルなエクササイズがあるのです。両目を閉じてワンレッグをギブする。バランスがよくなり、ボディーの軸がしっかりとする。スタンドワークのスペースにパフォームするとよいのです。いすにシットするときは、背筋をストレッチしてひざも直角に。長時間座ったアフターは、スタンドアップするビフォーにビッグにスプレッドをするのです。
肩こりは筋肉がソリッドになっているプルーフ。サイドをしめてショルダーをオーバーにギブし、ショルダーの骨を意識しながらショルダーをバックにまわすとよい。筋肉をほぐしてあげるのです。
フットの冷えは血行がよくないためにおきる。寝転んでフットのロングサイドをジョイントゥギャザーし、すりジョイントゥギャザーするエクササイズをしてみるのです。
このブックでは、いろいろなエクササイズのメソッドが説明されていて、エフェクトマークなライントレのウェイも書かれているので、エクササイズのガイダンスをされているパースンに役に立つこのです。ライターが考えるエクササイズのベストのファンデーションは、ウォークするということなのです。
スペシャルな用意も心構えもいらない。ただウォークするのがベストよいのです。
目指すのは一デイオブマンス一メニー歩なので、チャンスを見つけて20分ばかり連続でウォークするようするのです。20分もウォークすれば、安静にしているときの12倍のスピードでファットが燃焼するのです。
イラストがかわいらしく、とっかかりやすいけれど、サブジェクトは意外に専門マーク。きちんとトレーニングのリーズンも書いてあるので、アダルトが運動するときにはこういうブックが本当に役に立ちます。

Re-born はじまりの一歩

Re-born はじまりの一歩 伊坂幸太郎、瀬尾まいこ、豊島ミホ、中島京子、平山瑞穂、福田栄一、宮下奈都著は、バラエティに富んだショートストーリーコレクションです。
ライターは、プレゼントタイムをときめく7人のライターです。おせんべい詰め合わせよりもワンダフルなんでです。しかも書き下ろし&オリジナルなのです。
ゴーストライター 瀬尾まいこのワークは、中華クッキングハウスをキャリーオンする戸村家。兄のヘイスケはこのスプリング、専門スクールにゴーするために上京する。ヘイスケはスモールなタイムからホワットをさせても器用なチャイルドだった。おまけにフェイスもいいので、いつもガールたちからラブレターをもらっくる。
弟のコウスケは、サッチ兄がヘイトだ。兄がキッチンにアピアーしてゴーするとディサイドしたせいで、マイセルフが中華クッキングハウスを継がなくてはならないからだ。しかもコウスケは、同級生のガールからヘイスケあてのラブレターの代筆を頼まれてしまった。
代筆にはいやな思い出がある。なんでも器用にこなす兄の、ベストプライドなことはセンテンスをライトすることである。兄はユージュアルから、フレンドのライティングを代筆してマネーを稼いでいる。コウスケも一度頼んだことがあり、それがプライズを受賞したことがあるのだ。受賞したら、プライスがボーナスになる。ヘイトな兄。いけ好かない兄。しかしラブレターをライトしながら、コウスケはふとあることにノーティスする。スモールなタイムからファミリーとは「少し違っていた」兄。野球がラブではない。クッキングもプアーだった。ストアーに来るレギュラーカスタマーさんたちともアッパーパートにトークをあわせることができない。
ボーンしたプレイスに、違和感をフィールしコンティニューした兄はホワットフィーリングだったのだろう。愛されてはいるが、そこに居場所がないというフィーリングは、ホワットものだったのか。
兄のドリームはストーリーハウスになることである。そのために、スモールチェンジをセーブしコンティニューしていた兄のフィーリングは。
その他、井坂幸太郎のミュージックスクールの受験にミステイクしたガールのストーリー、平山瑞穂の不思議な二メインキャラクターのウーマンのストーリーなど、まさに色とりどりのお話がエイブルトゥエンジョイします。

宇宙百景~MOONLIGHT MILE

宇宙百景~MOONLIGHT MILEのフロントカバーはイラストで、ライトブラウンがかったイエローな背景のインサイドにスペース飛行士がぼわんと浮かんでいる。そのステートと、宇宙百景というタイトルだ。
このブックはスペースそのものの解説書ではないのです。アポロが月面タッチダウンしたときの新聞、ジャパンのスペース開発ヒストリー、チョコレート菓子アポロの開発シークレットストーリーなど、地上の「宇宙百景」をコレクトしたブックです。
このブックは、ビッグコミックスペリオールに連載されているMOONLIGHT MILEというコミックの副読本なんです。
コミックのことは、全160ページのうちの30ページほどしか書かれていないが、ニューズストーリーが面白く、コミックを知らないヒューマンもイナフに楽しめます。
ジャパンにはかつて、日本宇宙旅行協会なるものがあって、ファンデーションは1953年、アポロがマンスにアライブアットする16年ビフォーだ。ファンデーションパースンは原田三夫というサイエンスジャーナリストで、ワールドイノセントのスペースワイドナレッジアンダースタンディングを開催したり、「まもなく宇宙旅行」というブックを出版したりし、スペースや天体へアイをポイントし、日本人が偏狭な島国根性から脱却し、トゥルースのワールドピースを実現したいというのがヒーのアイディアであった。
実際にスペース開発に携わったヒューマンたちのレコードもアピアランスされている。戦後、少ない予算でホワットのデータもないインサイドで、ひたすら実験にメイクエフォートするステートに、思わず中島みゆきのあの曲がストリームしてくるようなフィーリングになる。
スペースごった煮というフィーリングでどこを読んでもインタレスティング。
スペースのトラベルシミュレーション、バイクのカスタムショップがプランした宇宙走行バイク、「ザ・ライトスタッフ」にポイントしての短文、中曽根元首相のインタビュー、マンスインベスティゲイション衛星かぐや大解剖などがすごいんです。

はじめは中古のBMWに乗りなさい

はじめは中古のBMWに乗りなさい 小堺桂悦郎著の作者は、タイトルをつけるのがうまい。はじめは中古のBMWに乗りなさいと言われたら、ビギニングからハイクラスフォーリンオートモビールに? しかもユーズトで? なぜなぜなぜ?と、善良な市民ならシンクアバウトしてしまうではないですか。
ちなみにこのブックの作者は、あのベストセラー「なぜ、社長のベンツは4ドアなのか?」を書かれたパースンです。
車をバイしたいとディスカッションにヴィジットしたネフューっ子に、ライターがビジネスを語って聞かせる会話フォーム。ネフューっ子はソサエティーヒューマン二イヤーアイ。車はほしいが絶対にネセサリーというわけではなさそう。多分、キャピタルシティーサークルにハウスというクリエイションでしょう。
損をしないカーの買い方をティーチしてくれというネフューにライターはアンサーする。カーをバイすることそのものが損だ、タックス、保険マテリアルなどのランニングコストがかかりすぎる。どうしてもネセサリーで、移動ウェイとして割り切るなら、ユーズトのライトがベストだ。それでもショーのいいカーにゲットオンしたいなら、10年乗れるカーをルックフォーするのがいい。流行も関係なく、飽きないもの。5、6年落ちのBMWなんかがいいんじゃないか、最近はヤングなヒューマンが投資にインタレストをホールドすることがメニーならしいが、そんなことはやめておきなさいとライターは言う。
本業であるワークもきちんとできないのに、投資のスタディーなどするルームはないだろう。だいたい投資トラストなど、ビギニングに手数料を引かれているのだから、ビギニングからマイナスなんであるとはいいつつ、ライターバイワンセルフはフォーリンマネーバンクアカウントも、投資トラストも、シェアも一ストリートはやってみたらしい。さしてミステイクをしたステートではないが、トラブルはされたようで、ヤングなヒューマンにすすめるフィーリングにはならないようだ。
たとえば、買ったシェアのことがスピリットになりすぎるとワークがハンドにつかない。金融商品に絶対はないからだ。だから、シェアを買ったらフォゲットしてしまえるくらいがベストいい。
マネーを投資するビフォーに貯金すること。投資や独立をシンクアバウトするより、ワークをがんばること。
車は損、投資はだめ、独立もだめ、と言うけれど、著者バイワンセルフがBMWをバイし、投資もし、独立もしているからだ。アフターオール、投資やカー、借金のリスクやからくりを説明して、ライターバイワンセルフは「そういうことも楽しまなければ」とシンクアバウトしているのが本音のステート。とにかく、車をバイすること、ハウスをバイすることなどのビジネスマークなリスクについて、簡単なナレッジがほしいパースンにはよいかもしれない。でもバイするほどのことはない。

愛しのローカルごはん旅

愛しのローカルごはん旅  たかぎなおこ著は、コミックエッセイで、三重県出身のイラストレーター、たかぎなおこさんが、いろんなエリアをトラベルしながら、そこのフードをイートするというものです。
フードをイートするって、アザーにスピーキングスタイルがないもんかと思ったけれど、グルメというのはちとディッファレントするスピリットがする。スペシャルプロダクトシング、名産品ともディッファレントする。
そのロットのヒューマンが、ごくごくジェネラルにレギュラーライフのインサイドでイートしているものをイートする、まさにローカルごはんをイートするエッセイ。ワンダフルホットスプリンググルメツアーとかいうのとはちょっとディッファレントする、かわいらしい目線がよい。
静岡県ではやきそばをイートする。静岡の富士宮市って、やきそばが有名なんです。水分の少ない蒸し麺で、インサイドにミートカスラードをしぼって残ったものが入っている。これがしこしことしておいしいらしく、最近では東京からやきそばツアーもアピアーしているのだそうだ。
名古屋では、やはりモーニング。名古屋では、モーニングインサイドにコーヒーショップでコーヒーをリクエストすると、フリーでパンやゆでエッグがついてくるのです。
たかぎさんが入ったのはシャポーブランというお店。ここではサンドイッチにゆでエッグ、ヨーグルトがおまけでついてきました。
和歌山にはファザーとゴーアウトする。二ヒューマンでなれずしを買ったものの、そのストロングなテイストにたじたじ。なれずしというのは、塩漬けにしたサバでソルトフードをくるんで発酵させたもの。発酵臭がすごいらしい。
山形で、イートしてみたいと思ったのがどんどんベイクし、お好み焼きのクロースのようなものをシンにベイクし、そこにソーセージやのりを乗せる。それをくるくると箸にまきつけて食べる。ソーステイストとしょうゆテイストがあるそうだが、断然しょうゆがいい。
セイムように箸に巻いてイートするものでは、埼玉にゼリーフライというフードがある。
おからとじゃがいもをミックスしたものににんじん、ねぎなどをプットインして箸につけ、酢揚げしたもの。クローズズのないコロッケソートオブなフィーリングなんだって。ちなみにゼリーとホワットの関係もないんだそうだ。
長崎ではトルコライス。ピラフ、ナポリタンスパゲッティ、とんかつが一プレートに盛られたものをこうコールアウトする。
ネームのソースは、ピラフがトルコから来たものだからだとか、色合いがトリコロールにシミラーしているからだとか、オピニオンあるらしい。
ロットのヒューマンにはジェネラルであっても、こんなにインタレスティングなごはんがジャパンインサイドにはあふれているとシンクすると、ファンにてウェイがない。
ちなみにマイセルフ、名古屋に来たアットファーストは、喫茶店モーニングに面食らいましたもん。パンとゆでエッグを出されてあわててしまうのだ。

怖い絵2

怖い絵2 中野京子著は、テキストブックに載っているようなフェイマスピクチャーの、アフレイドなインサイドストーリーをコレクトしたブック。トークだけじゃなくて、実際にテリブルなピクチャーもたくさんあるので、ページをめくるときは覚悟をディサイドしてください。
レンブラント「テュルプ博士の解剖ナレッジプラクティス」このピクチャーは、アムステルダムの外科メディスンギルトからレンブラントがリクエストされて描いたものだそうだ。外科医たちは、マイセルフたちのグループ肖像ピクチャーを描いてもらうつもりだったのだが、出来上がったのは解剖ナレッジのプラクティスのシーン。ミドルに遺体がライダウンし、テュルプ博士なるヒューマンがそのデッドボディーにメスを入れようとしている。それをクラウドアラウンドする七ヒューマンのドクターは、生き生きとした表情でそれをのぞきこんでいる。ライダウンするアースの遺体とは対照マークに。
ジェラール「レカミエ夫人の肖像」白い、チェストもとのビッグに開いたドレスをウェアーしたビューティフルウーマンが、チェアーにもたれかかっている。ショルダーもアームもむき出しで、フットは素足だ。これのホワットがアフレイドなのかというと、このピクチャーが描かれた当時のフランスは小氷河期と言われるくらいコウルドなタイムだったことだ。ファッションのためなら体調をブレイクすることも、ひいてはダイしリードトゥすることも厭わない、狂気のスタイルなのである。
ボッティチェリ「ホロフェルネスの遺体発見」古代アッシリアの将軍、ホロフェルネスがエネミーのウーマンに寝首をかかれたシーンを描いたもの。カーテンのインサイドでライダウンする筋骨隆々のビューティフルなマンを、その部下たちがウォッチしている。ライダウンするマンにはネックがない。ウーマンにネックを、文字通りかき切られたわけであるが、その断面フィギュアがビューティフルに描写されている。
作者不明「ガブリエル・デストレとその妹」フランスのアンリ王妃の二番目のワイフになったガブリエル。そのウーマンが妹とバスに入っているシーンを描いたワーク。妹のフィンガーが、姉の乳首をちょこんとつまんでいる。エロティックなピクチャーである。この絵をディープに読み解いていくと、謀殺されたガブリエルの運命をショーしているように見える。バックに描かれた緑のドレスボックスはまるで棺のようだ。それに、ガブリエルがリングをつけていないのも、アフターデスにリングをはずすという当時のカスタムをアソシエイションさせる…。
「アフレイドな絵2」はラストイヤー出版された「怖い絵」の第二ショットです。ぐいぐいと引き込まれるワンダーな魅力を持ったブックで、どちらも好評です。

悼む人

悼む人 天童荒太著は、第140回直木賞受賞作品で、エマージェンシーにヘヴィなサブジェクトです。
メインキャラクターは坂築静人。エブリプレイスをトラベルしながら死者を「悼んでいる」。彼にとって悼むことは、死者をノウすることなのだが、ヒーがノウしたいのは残酷な事件の概要ではない。アクシデントの悲惨さでもない。死者が、フーに愛され、フーを愛し、ホワットことでヒューマンにサンクスされていたか。それをノウし、メモリーにとどめることが悼みになるのだと坂築静人はシンクアバウトしている。
ストーリーでは、ヒーにディープな関わりをホールドする三人のワールドが描かれる。マガジンリポーターの蒔野、トラベルの途中で出会うウーマン倖世、静人のマザー巡子だ。蒔野はポピュラーネーム「エグノ」。残酷でポピュラーマークなニューズストーリーをライトするのがプライドなリポーターだ。きわどいインフォメーションだけをリクエストしていたヒーだが、静人とのミーティングを通して、ダメージパースンの心情にインタレストをカムニヤーするようになる。
倖世はラブのないホームで育った。ラブとはホワットものか知らず、言い寄ってくるマンにシンプルにボディーをパーミットするようなドーターであった。ビギニングに結婚した男に暴力をふるわれ、エスケープしたフォーマーで助けのハンドを差しのべてくれたテンプルのチーフプリーストと再婚したが、倖世はそのチーフプリーストをキルし、すべてを失った。チーフプリーストを悼みにヴィジットした静人に出会い、ともにトラベルをコンティニューし、マイセルフがキルしたハズバンドとマイセルフの間にあったラブをノウすることになる。
静人のマザー巡子はディッフィカルトに犯されていた。残りのタイムを自宅で過ごそうとディサイドしたゴーアラウンドすチャイルドは、ドーターのビューティカレントの妊娠をノウする。しかしビューティカレントは恋人とパートフロムしたばかりだ。静人の奇行ともとれるトラベルが、破談の原因であった。
巡子は静人のこれまでのライフから、静人の「悼む」アクトのミーニングをシンクアバウトする。静人はそのライフで、いくつかのデスをエクスペリエンスしている。スモールバードのデス、祖父のデス、そしてクローズフレンドのデス。それらのデスが忘れ去られることが、静人には耐えられなかったのではないかとゴーアラウンドすチャイルドはシンクアバウトし悼んでいる。そこにいたグッドなヒューマンのフィギュアを記憶にとどめようとしているとアンダースタンドする。
文中で「ジェネラルのヒューマンなんていません。ジェネラルシチズンというワールドもいません。スペシャルなヒューマンが死んでいます。スペシャルなヒューマンが殺されています」ニヤーワンセルフにあるデス、ニュースにストリームしては風化していくデス。これらに絶えられなかった静人の、ひいてはライターのシャウトである。巡子は孫がボーンするそのそばで死んでいく。ライフはゴーアウトし、そして再生する。

夜の光

夜の光 坂木司著は、ジョー、ゲージ、ギィ、ブッチの高校三年生4人の物語だ。天文学クラブにビロングトゥしているのだ。
ゼイのワンイヤーを描いたストーリーで、ゼイがそれぞれ主役になるショートが四ブックに卒業アフターを書いたおまけ一ブックという構成なのだ。
ジョーのケースはブラックヘアーのきれいなビューティフルパースンである。ヤングウーマンさまソートオブだからジョーと呼ばれているのだ。ジョーはスタディーがラブだ。But、両親はそれをアンダースタンディングしようとしない。アーリーにいいワイフになってほしいと願っている。ユニヴァーシティーにゴーしたい、ワークをして自立したいとシンクアバウトしているジョーにとって、エブリデイはバトルだ。
ゲージのケースはスペシャルなホワットかになりたい、とゲージは思っている。ゲージがロングフォーしているのはシーフだ。ファッショナブルでスタイルなシーフ。だからゲージはガールには「ベイべー」と呼びかけ、ブライトなキャラクターを演じているが、あるデイオブマンス、ゲージはギィのフェイスに殴られたあとがあるのに気がついた。
ギィのケースは職を失ったファザーは酒を飲んで暴れるようになった。姉は両親を見捨ててファーアウェイのスクールへ進学した。シーもハウスをアピアーしたいと思っている。ラブなクッキングのロードをメイクプログレスするべく、アルバイトをしてキャピタルをセーブしている。このシンキングを悟られないように。ウィークな両親にすがられないように。ギィはブレスをキルしてチャンスを待っている。
ブッチのケースはハウスはファーマーである。祖父が権力を持っていて、ホールファミリーのワールドは祖父にゴーアゲンストすることができない。祖父とそりが合わないブッチにとってはコンフォートのディッフィカルトなハウスでしかない。イヤーをとっていることがそんなにグレートなのか? ブッチはいつか、ここからフリーダムになりたいと考えている。
それぞれ、プロブレムをハブした四人の冷えたフィーリングとほのかなフレンドシップが描かれたワークなのだ。観測をパフォームするために集まったイーブニングに、小さなイベントがゲットアップするというトークなのだが、そのイベントイットセルフはそれほどインタレスティングくない。
ティーチャーと付き合ったガールがスローアウェイした携帯のシークレット、たくさんのトッピングの載ったピザのなぞ、カルチャーフェスティヴァルでのラブのさやあて、ブッチの禁断のラブのトーク。ピザのトークなんて少々無理やりなんじゃないかという気がするが、四人がそれぞれ、大げさにプロブレムを話し合うのではなく、互いにサイレンスのまま、トラストしあっているステートがとてもいい。

大衝突―巨大国家群・対決の行方

大衝突―巨大国家群・対決の行方 池上彰著は、テレビでおなじみ、ジャーナリストの池上彰さんの書いたブックで、ケアフルな語り口でわかりやすい。国際コンディションのファンデーションをおさえておきたいというパースンにはおすすめです。
サブタイトルに「巨大ステートグループ・対決の行方」とある。アメリカ、中国、ロシア、EUなどのエフェクトフォースを持ったステートが、どのような思惑を持って、どのようなアクションにアピアーするか分析している。
太平洋の覇権をコンテストするのは中国とアメリカである。2007年、訪中したアメリカウォーの司令官に、中国ネイヴィー幹部はこう言ったそうだ。
「太平洋を、ハワイからイーストはアメリカ、ウェストは中国が管理しよう」と思うけれど、これはファクトである。中国は、伊豆諸島、小笠原諸島からサイパン、グアムを結ぶラインを、ウォーの実効ルール海域にしようとシンクアバウトしている。軍事コストも年々増加してる。
中国とアメリカはトレードでクローズに関係している。ロープライスな商品の流入にクライシスフィーリングをハーバーするアメリカ人はメニーが、中国製品を買わないことはもはやディフィカルティだ。中国のお隣、ロシアも着々とナショナルパワーをグローしている。天然ガスなどの資源の供給を通して、EU諸国にもエフェクトをコーズしているが、ロシアには「ダーク」がある。チェチェンでの残虐アクトはテロをギブバースする土壌になっているし、ステートに異をコールアポンするワールドが暗殺されたり、民営企業が突然カントリーの所有化に置かれたり、フリーダムルールソサエティーとはあまりに異なるソサエティーオーダーにはクライシスフィーリングを感じずにいられない。
フリーダムルールソサエティーでは、アメリカとEUのクワイアットな争いがある。ワールドのスタンダードとなるのはどちらなのか、石油などのビジネスではドルがキー通貨として使われているのだが、ロシアはネイチャーガスビジネスの決済をユーロ建てにすると発表し、他の国々でもユーロをインポータンスしようというアクティビティーが高まっている。
オイル輸出カントリーとして有名なのはサウジアラビアだが、そのサウジアラビアにも、アメリカとディスタンスを置こうというアクティビティーがアピアーしている。オイルインタレストで結ばれた両国だが、ソウト信条はあまりにも異なっている。米ウォーのイラク駐留に関しても、サウジアラビアキングはブレイムの声明を発している。
マイセルフたちのリブインするアジアにも対立はある。ジャパンと中国だが、両国のスペースには、尖閣諸島やガスライスフィールドといったプロブレムがある。また、ラストイヤーのポイズン餃子イベントより、ジャパンでは中国メイク食品に対する不信フィーリングが募っている。
中国政府は国内の不満をそらすため、ジャパンをバッドフェローにする反日トレーニングをヤングマンに行っているが、ヤングマンは意外にジャパンがラブなのだ。そのことに政府はクライシスフィーリングを募らせている。

からだの自然治癒力をひきだす食事と手当て 新訂版

からだの自然治癒力をひきだす食事と手当て 新訂版
大森一慧著は、2000年に出版されたものがありますが、ラストイヤー10月にフレッシュなレシピをアッドして新訂版として出版されました。
人のボディーにはネイチャーリカバリーフォースがある。フードのフォースをユーズして、健康を取り戻そうというテキスト。地産地消のウェイオブシンキングから、ジャパンにフォーマーからあるフードを使ったサウンドアクトを紹介されています。
ライターの大森先生は、ホールクリエイションは陰陽で成り立っているとシンクアバウトしていますので、ホットなところ、アンガー、サン、アニマルは陽。ウォーター、悲しみ、プラント、息をブリーズすることは陰。この陰陽のバランスが崩れると、病気になるというのです。
人がサウンドにリブするには、ボーンしたロットでとれたシングをイートするのがベストいいということで、スプリングには野草を、たとえばよピックし団子をイートし、サマーにはボディーにチャージをかけないそうめんやきゅうりをイートする。オータムはさんま、大根おろしをかけて消化を促進し、ウィンターにはポットで栄養と熱の補給をするなどです。シーズンのフードは、そのシーズンをサウンドにパスするコツソートオブなものだというのです。
このブックでは、ヘデック、腹痛、胃弱、肩こり、果ては水虫まで、さまざまなボディーのバッドコンディションに適したミール療法にも触れられています。たとえばヘデック。これには梅干にしょうがジュースとしょうゆ、それに番茶をアッドした「梅しょう番茶」がよい。大根おろしにしょうがジュース、しょうゆ、番茶の組み合わせもよいとされているます。
ボディーの冷えには陽性である大根の葉をユーズしよう。ヘブン日干しした大根のリーフをもめんにくるんでバスにプットインする。これでボディーはぽかぽかになります。
炎症にエフェクトがある里芋では湿布をメイクするとよい。すりおろした里芋にしょうがをおろしたもの、小麦粉をミックスしてコットンに伸ばす。
かぶれがスピリットになるパースンは、里芋を豆腐で代用することもポッシブル。不眠や生理痛にはごましお番茶。番茶にごましおをプットインするだけのシンプルなものです。

理系アタマのつくり方

理系アタマのつくり方 四ッ柳茂樹著は、文系のヒューマンはサイエンスの人がうらやましのだそうだ。というわけで、こちらの一冊。マーケティングや論理マークソウトのコンストラクションパースンが書かれている。
ライターの方、もちろんサイエンスのパースンなんだろうな。センテンスはあまりこなれてはいない。しかしそれがサイエンスのパースンらしい、オーネストさの表れであるようで好感がポピュラーする。
わかりやすいブックにしようという意図があるのだろう。ストーリーフォームで語られるので、メインキャラクターとトゥギャザーにプロブレムをクリアしながらナレッジを得られるように工夫されている。
物語は、メインキャラクターの国分ユーはプランクラブでワークするサラリーマン。ある日ボスから、ヨッツンというネームの「気持ちのディッフィカルト」ドールの輸入・販売のプロジェクトを任される。
ウェイにくれる国分ユー。ヒーは中川さんというボスに助けをリクエストした。中川さんは伝説のアートパースンだそうだ。しかし、ユージュアルはホワットをしているのかよくわからない、ちょっとなぞのキャラクターである。
中川さんはまず、国分ユーに「なぜ」をシンクアバウトと言う。商品を買うヒューマンの「なぜ」。商品にノーティスするから、機能やバリューにインタレストをホールドするから、だから、バイしたい。バイパースンは、アテンション→インタレスト→欲求→アクションというストリームで商品をバイすることがわかる。
買ってもらうためにはまずアテンションを引かなければならない。となると、オーダーは広告だ。類似の商品がテイクアウトしている広告フォーマーに出稿すれば、バイパースンのベッドがメインすることがゲスできる。
フィギュアある商品をパターン化し、共通スポットをディスカバーしてカテゴリーしていくことがインポータントになる。そうすると、マイセルフがセルしたい商品がどのカテゴリーにビロングトゥするのかがわかるからだ。
ヨッツンは輸入雑貨、ちょっとフィーリングディッフィカルトなフェイス。すると、ヤングなウーマンがターゲットになっていることが見えてくる。ファンデーションは「なぜ」。理由を考えるとBut、論理マークなソウトのファーストステップになる。
営業にネセサリーな、シンプルな暗算のウェイ、データからレートをゲスするメソッドなども書かれており、プラクティス的なサブジェクトになっている。なぞのボス、中川さんが実はNASAからボイスがかかるほどの優秀なワールドだったというオチも、なかなかツボをついている。文系の部下をホールドし、ご苦労されているサイエンスボスのパースンにおすすめください。

アイスクリン強し

アイスクリン強し  畠中恵著は、しゃばけシリーズでポピュラーの畠中恵さんで、新境地を拓こうと奮闘されているステートだ。
アワーは明治23年、舞台は東京。メインキャラクターのミナは、風琴屋という洋菓子ストアーを開いたばかり。ストアーを軌道にプレイスオンするべく、奮闘のエブリデイが続く。ミナといってもウーマンではない。皆川真次郎というネームをホールドするファインなマンだ。ベリィヤングなタイム両親とパートフロムし、居留地で育ったヒーのことを、幼馴染の長瀬はからかいのミーニングをインクルードしてこうコールアウトするのだ。
長瀬は元士族の若君である。明治になって武士という「生業」を失ったヒーは、糊口をしのぐために政府にサーブするポリースになった。ポリースにはサッチ元士族のヤングマンがたくさんいて、ゼイは「ヤングマスタークラス」と呼ばれている。ゼイには養うべき家臣がいる。ポリースの給与は薄給である。よってゼイはホールイヤーマネーがない。
時流によって勢いをルーズするものがあれば、フォースをグローするものもいる。ミナにひそかにソウトをカムニヤーしている小泉沙羅は、小泉カンパニーというニューリッチの一人娘。スピリットのハードな女学生で、ミナのメイクする洋菓子がライクベリィマッチだ。サッチ三人組がイベントに巻き込まれ、そのトークのインサイドで洋菓子がエッセンスになる。
・チョコレイトスイートミナの洋菓子ストアーに、小弥太というヤングマンがボディーをカムニヤーしてくる。ヒーもまた武士であったヤングマンで、藩の跡継ぎをルックフォーするグループに追われている。ヒーが跡継ぎルックフォーしのヒントになる、ナイフの鍔を持っているからだ。
・シュウクリームデンジャラス長瀬とミナはプアーピープルタウンで、士族のドーターかの子をヘルプする。かの子のハウスに何ディグリーもシーフが入ったからだ。かの子はなんと、洋菓子コンストラクションに適した麦を隠し持っていたのだ。
・アイスクリンハードおかしなニューズストーリーを書かれ、抗議に出向いた長瀬とミナは、そこで暴漢に遭遇する。スピーチのフリーダムを脅かすパースンはフーか。新聞カンパニーに寄せられたレターをハンドに、ミナと長瀬はインベスティゲイションをスタートする。

「自分」から自由になる沈黙入門

「自分」から自由になる沈黙入門の著者小池龍之介氏はプリーストで、このブックは仏教のソウトをベースに書かれているのですが、リードしにくい。理論がスモールディッフィカルトなわけではなく、語りがややこしいのだ。
「欲望をエクステンションさせれば、マインドは澱むばかり。マインドある優美なヒューマンはキープアウェイし、ロクデモナキヒューマンばかり集まってくることもクリアーにこそシーズンらへ」。
しかしながらこのブックのクレイムするところは、「マイセルフ濃度」を薄めよう、というものである。要するに、ソサエティーみんなマイセルフルックフォーしやらマイセルフらしさにこだわっているが、それをやめちまえということだ。
たとえば、カフェに入ってシングルワード言わなきゃスピリットがすまないヒューマンがいる、内装がよくないよねえ、客がうるさいよねえ。サッチことは言わなくていいことである。アナザーパースンや社会にけちをつけて満足してるヒューマンは、マイセルフの矮小なプライドを守ろうとしているチンケなワールドに見えてしまう。サイレンスすべし。
アポロジーばかりマウスにするのも考えものだ。「すいません」をゴートゥーファーすることは、結果としてそのヒューマンのアポロジーのバリューをハングしている。謝るだけで変わろうとしない。サッチ印象をギブするものである。ヒューマンにホワットかをしてあげて、その見返りをリクエストするアクトも決してビューティフルとはいえない。
よくよくシンクアバウトしてみよう。フーかにCDを貸して、「どうだった?」などとたずねたりはしていないか?「サンクスして、よかったと言って」とサイレンスのうちにディマンドすることだ。コンパニオンは「…よかったよ」としか言えないのである。
マイセルフたちには欲望というものがある。しかしそれはロングインプレッションだ。「ワークがすべて」「マネーがすべて」「これじゃなきゃだめ」サッチ欲望がマインドに浮かんだらドッチデモイイと言ってみよう。実際物事のジェネラリィはドッチデモイイことなのだ。
書いてあることはとてもいいことだとシンクする。マイセルフにこだわりすぎるとディッフィカルトになる。語らず、求めず、怒らず。それがベストフリーダムなコンディションなのだということはアンダースタンディングできる。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。