本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目からハム シモネッタのイタリア人間喜劇

「目からハム シモネッタのイタリア人間喜劇」田丸公美子著は、田丸久美子さんはフリーでイタリアランゲージの通訳をされているパースン。このロード30年というベテランなのです。その田丸さんがライトする、愛すべきイタリアヒューマンのエピソードをフルロードしたアミュージングエッセイ。通訳というワークのインサイドストーリーなども書かれていて、ラストまでインタレストをひかれリーブというブックでした。イタリアヒューマンのモットーは、「マンジャーレ、カンターレ、アモーレ」、つまり「イートして、歌って、愛して」だ。ライフをマキシマムにハピネスにリブすることを何よりインポータントにしているのです。驚いたのはラストの「アモーレ」の部分。そうかい、そんなにラブがラブかい、ユーたちは。イタリアヒューマンマンは、通訳のウーマンにも当然のようにアプローチをしてくる。それが礼儀だからなのです。「いつなら空いているの」と聞かれて、とっさにヒーの帰国するデイオブマンスを言った通訳さん。日本人なら、これはボディーよく断られたなとシンクするじゃないですか。イタリアマンはディッファレントする。「なら、
帰国の日をストレッチするよ」。そしてイタリアヒューマンはアソシエイションアクションがプアーだ。観光ゲストのガイドをテイクアップしたところ、ゼイのキッチンなアクションには大ハードファイトする。ミーティングタイムを守らない。アソシエイションでアクションすることを恥だと思っているので、フラグを持ってヘッドにスタンドするとクモのチャイルドを散らすようにエスケープしてしまうのです。そこでエクセレントプランを思いついたシー、バスガイドさんをツアーのヘッドに立たせたそうだ。ヤングなウーマンが大好きなゼイは、すぐにグループになってシーのあとを追いかけたとか。通訳Butの苦労も書かれている。通訳は、ワードを訳すだけでは務まらない。そのカルチャーのディッフィカルトなディッファレンスも噛み砕いてラントゥし合わせないと、パーパスのアンダースタンディングがうまくいかなくなってしまう。イタリアランゲージで苦労するのは、イタリアヒューマンが修辞のメニーなワードをユーズするからだ。また、セイムことをディッファレントするワードで言いチェンジしたりもするのです。サッカークラグのレッジーナのことを「カ
ラブリアのクラブ」、「セリエAに昇格したばかりのクラブ」、「海峡のクラブ」とホワットディグリーも表現をチェンジして言うことがある。それをモーメントにデシジョンするのが通訳としてのサービス。これはシーリアスなのです。
スポンサーサイト

ちょっといい話

「ちょっといい話」佐藤光浩著は、ワールド各国の「ちょっといい話」を100トークコレクトしたブックなのです。ムービーやテレビで取り上げられた有名なお話がメニー。それが少しバッドラックだけど、それでもやっぱり、リードしフィニッシュするとなんとなくファンなフィーリングになるブックです。
プロゴルファーのロベルトは、あるデイオブマンスチャイルドが病気だというウーマンに話しかけられた。ヒーはチェックに優勝してポッシブルしたプライズのピクチャーをライトし、シーのハンドにパスオーバーしたのです。
フォローイングウィーク、ヒーはそのウーマンがうそをついていたことを知らされる。するとロベルトは笑って「よかった。それはよいノーティスだ」と言ったのです。
イラン・イラクウォーのとき、現地にいた日本人をレスキューしてくれたのはトルコの航空カンパニーだった。約100年ビフォー、トルコの巡洋艦がジャパンの和歌山オープンシーで難破したことがある。和歌山のヒューマンたちは、クルーメンバーを命がけでレスキューした。そのときの「恩返し」を、トルコのヒューマンたちは行ってくれたのだ。
台湾にマリードカップルと4人のチャイルドがいた。マザーが病気でブレイクダウンし、病院に入院してしまった。家計はディッフィカルトになり、チャイルド達は満足にイートすることもできない。気の毒に思ったナースティーチャーが、一杯だけあったワンタンメンをチャイルドたちにテイクアウトしてあげたところ、フーもワンタンにハンドをつけなかったのです。「ワンタンはマザーにあげるの」。このトークがニュースになり、台湾ホールネイションからはたくさんの寄付が寄せられたのです。
福島県矢祭タウンには「もったいないライブラリー」があるのです。矢祭町にはメインビルディングさえなかった。だからタウンがライブラリーを作ろうとしたけれど、予算が足りず、ブックを買えなかった。ずうずうしいと思ったけれど、ブックの寄付を呼びかけてみると、ホールカントリーから着払いでブックが届けられた。そのほとんどに、ヘルプのメッセージが添えられていたそうです。
ニューヨークのヒストリーにリメインする名市長、ラガーディア氏のエピソードです。ヒーはプアーさのあまり盗みを行ったヒューマンをジャッジするにあたり、サッチセンテンスをテイクダウンしたのです。法廷にいるヒューマンたちに「ハングリーして犯罪をコミットしてしまうようなヒューマンがいるタウンにいる罰として、一人50セントのファインを科します」と言って、ハットを脱いで寄付をコレクトした。マイセルフは10ドルをテイクアウトして、犯人のファインを肩代わりしたのです。集まったマネーを持った犯人は、ハピネスそうに法廷を去った。
バンドに書いてある。「ソサエティー、いやな出来事ばかりじゃない!」。そのストリート。きっとトゥデイもどこかでサッチラブリーなイベントがゲットアップしてるにディッファレンスないのです。

不幸を選択したアメリカ~「オバマ大統領」で世界はどうなる

『不幸を選択したアメリカ~「オバマ大統領」で世界はどうなる』 日高義樹著は、オバマプレジデントの就任スタイルの様子をテレビでウォッチしたけれど、たくさんのヒューマンがおしかけて、しかもエブリバディがハピネスそうに興奮しているのがインプレッションマークだったのです。ジャパンでもグッドウィル的なインフォメーションがされているカレントですが、アンチオバマの一冊なのです。このブックによると、オバマファミリーネームがプレジデントになることができたのは、アメリカナショナルの意識にチェンジがアピアーしたからだという。アゴーのアメリカには、ソ連というパワフルなエネミーがいたのだが、カレントのアメリカには軍事マークに脅威となるカントリーはないというのです。イーチパースンは軍事よりもピース、コンテストして出世することよりもマイセルフらしい暮らしをインポータントにしたいと考えスタートした。サッチインサイド、マケインピックがコールアポンする「ハードなアメリカ」は受け入れられなかったのです。イーチパースンはブッシュプレジデントがサブプライムローンプロブレムを放置していたのが許せなかった。金融ポ
リシーのミステイクが、テリブルなものだとシンクアバウトしたのだ。ブッシュ氏のイメージをテイクオーバーするマケインピックではなく、ブッシュファミリーネームのウェイをコメントするオバマファミリーネームにサポートが集まったというのです。マスコミは、オバマファミリーネームをサポートしたのはマイノリティーとヤングマンだとインフォームしたが、それはディッファレントする。彼をサポートしたのはメンテナンススクールのイーチパースンだ。メンテナンススクールのイーチパースンは、ブッシュファミリーネームを見限ったのだ。ヤングなオバマファミリーネームにはエクスペリエンスが少ない。これからのアメリカをまとめるにはアングザイエティーがリメインする。ヒーはプレゼントタイム、パブリックビジネスを行うことでアメリカのビジネスを立て直そうとしている。かつてルーズベルト大統領が行ったことだが、ルーズベルトはパブリックビジネスでコンディションをリカバリーさせたのではない。現実マークには、コンディションのリカバリーはウォー特需によるところがビッグだった。パブリックビジネスだけでアメリカは不況をエスケープフロムす
ることができるだろうか。オバマファミリーネームのプロブレムは、軍事フェイスと外交フェイスにブライトにないこともある。アメリカが大国たるゆえんは、そのパワフルな軍事フォースにあるのだ。オバマファミリーネームはファーイーストにもアンダースタンディングが不十分で、アジアから米ウォーを撤退させるディレクションで動いている。ブッシュプレジデントは、中国や北朝鮮には軍事フォースを盾にしてハードな圧力をかけていた。But、オバマファミリーネームはそのようなシンキングは持っていない。ディスカッションで解決をしようとシンクアバウトしている。アメリカと中国は、ビジネスマークにはディープなエンディングラックを持っていた。But、不景気のインサイド、互いに自国にベターなビジネス政策をとったケース、どのようなコンフリクトがハプンするだろうか。中国は太平洋への野望を崩さず、台湾をハンドに入れようとしているが、そうなったときのファーイーストのセーフティーはどう担保されるのか。このブックを読んで驚いたのは、ライターがブッシュ氏のことを意外とハイに評価していることだ。特にイラクプロブレムに関して
、サクセスだとディスカスしているのがインプレッションマーク。一方で、オバマファミリーネームに対してドライテイストすぎるスピリットもする。ライターのクレイムでは、アメリカがミーティングしている金融クライシスは実はたいしたプロブレムではないということになっているけど、本当にそうなのかな。オバマプレイズムードがあふれるインサイド、こういうブックを読んでみるのもこれまた一興というもの。指摘されているプロブレムスポットは、あながち的外れでもなさそう。

訪問ゼロ!残業ゼロ!で売る技術

「訪問ゼロ!残業ゼロ!で売る技術」菊原智明著は、ビジネスをなさっているパースン、また、スプリングからビジネスの仕事に就くというパースンにおすすめしたいブックです。ライターはこう書いている。「プレゼントタイムのピリオド、突然アポなしでコールしてもゲストはトラブルにシンクするばかり。突然コールして契約がとれるのはフォーマーのトークだ」というのです。ビジネスをやっていたのだけど、フォーマーのメソッドってのが通じないピリオドになっている。サッチ状況で、「コール、コール、とりあえずコール!」なんてやってると、ヤングなビジネスマンなんかはワークそのものがいやになってしまうんだよね。悪循環、負のチェーンがゲットアップするのです。この一冊は訪問しない、残業しないで売り上げをギブするメソッドをフルに説明してくれているのです。ファンデーションマークにゲストにアプローチするのはレターをユーズすることがメニーなのです。そのレターはアプローチのために、マイセルフの人となりを知ってもらうレターをライトする。ありきたりのパーソナルヒストリーではなく、ストーリーメイクするとよいのです。その
レターに、お役立ちインフォメーションを同封するのがインポータントなのです。しかしそれは値引きインフォメーションではなく、「ハイドしたいこと」を正直にライトするのです。ライターが売っているのは住宅なので、そのカスタムをとると、「ハウスをビルドしてから、テレビをプットするプレイスにウォリードすることがあります」など。ウォールやウィンドウの配置など、ゲストは現実マークなハウスのイマジネーションを働かせることになるのです。ロングなレターや資料をどーんと送ったりはしないこと言うのです。ゲストがダイレクトメールをウォッチするタイムは1ミニットディグリー。簡潔なものがよい、開封レートをギブするために、アドレスは手書きにしよう。ビジネスマンが事務所にいると、苦いフェイスをするボスが多いが、ゲストはハウスに来られることをチャージに思っているケースがメニーなのです。思い切ってオフィスに呼んでしまうと、案外とゲストは気軽に来てくれるものなのです。ハウスに来るとなると、クリーニングやティーなどスピリットをユーズする。オフィスにゴーするのは、こっちがお客さんだからコンフォートなんだという
のです。客をムーブするということは、実は契約にジョイントゥギャザーしやすいことなのだというのです。ハウスの間取りをトゥギャザーにシンクアバウトしてもらう、ファーニチャーの配置をゲストに書き込んでもらうなどすると、ゲストは楽しんでそれをやる。やっているうちに、どんどん買いたいフィーリングが高まってくるというのです。トークの癖をなおすためのトークプランフィギュアの作り方、ゲストへのヒアリングのウェイ、紹介をもらうテクニックなど、マテリアル的なメソッドがたくさん紹介されています。ノウハウがぎっちりと書かれているので、プラクティスできることもきっとあるはずです。ビジネスのワークは、プレゼントタイムはそれをエクスペリエンスできてとてもよかったと思っているのだけどやってるときはシーリアスなこともたくさんあったというのです。

つみきのいえ

つみきのいえ  平田研也 (著)・加藤久仁生 (イラスト) 著は、アカデミープライズショートアニメーション部門を受賞したムービーをピクチャーブックにしたもので、ふんわりとした、やさしいタッチのピクチャーが魅力マークなブックです。ひとりのおじいさんが、シーのオーバーにある変わったハウスに住んでいました。どうしてサッチハウスに住んでいるかというと、このタウンではシーのウォーターがどんどんあがってくるからです。ビギニングに住んでいたハウスはシーに沈んでしまった。イーチパースンはウェイなく、家の上にハウスをビルドしましたが、シーはエンターしコンティニューし、家の上にハウス、またそのオーバーにハウスと、まるで積み木のように積み重ねたハウスで、イーチパースンはリブしていたのです。タウンをスローアウェイしてアザーへムーブするヒューマンもたくさんいまいした。But、おじいさんはこのハウスを捨てようとはしません。あるデイオブマンスおじいさんはノーティスしました。またシーが上がってきているが、おじいさんは新しいハウスをオーバーにメイクするためにカーペンタートールをテイ
クアウトしましたが、ラックディッフィカルトにその大工トールをシーに落っことしてしまいます。潜水クローズズをウェアーして、おじいさんはカーペンタートールをテイクするためにシーにドライブしました。おじいさんがシーにドライブするたび、アイにカムアウトするのはフォーマー住んでいたハウスで、おばあさんを見取ったハウス、孫やチャイルド達とカーニバルを楽しんだ家、ドーターをお嫁にテイクアウトしたハウス、まだスモールだったチャイルド達とキャットを飼っていたハウス、おじいさんがおばあさんと結婚したばかりのハウス。カーペンタートールはシーのボトムまでフォールダウンしていました。そこには小さなハウスがまだランドがあったタイム、おじいさんとおばあさんはそこでボーンし、成長して結婚しました。ビギニングにビルドした小さなハウスが、シーのボトムにはあったのです。おじいさんはカーペンタートールをテイクし、オーバーのハウスにターンバックします。またハウスをビルドし、そこでいつもの暮らしがビギンします。ある日、ウォールの割れ目にたんぽぽが咲いているのをウォッチして、おじいさんはうれしそうにラフしました。
このストーリーはライフを描いたものなんだそうだ。シンプルなのに、なぜか切なくなってしまう。おじいさんが、近所のヒューマンとシップのオーバーでチェスをしたり、おばあさんのエプロンをウェアーしてクッキングをしていたり、つつましくもファンそうなライフをしているのがまたじんわりとくるのです。

この世でいちばん大事な「カネ」の話

この世でいちばん大事な「カネ」の話  西原理恵子著は、アゴーにもいくつか読んだことがある、理論カンパニーの「よりみちパン!セ」シリーズの一冊で、中学生ノットレスザンのエイジのパースンにポイントして書かれたもので、キャラクターもビッグにリードしやすいのが特徴なのです。このブックでは、コミックハウスの西原理恵子さんがマネーと人生について語っているのです。西原さんは高知県のバース。ビギニングに住んだのはシーのニヤーの漁師タウンだった。そこには、お金がなくてもウォントしないライフがあったのです。But、マザーが再婚してタウンでリブするようになると、ライフはコンプリートチェンジするのです。ファザーがギャンブルがラブだったせいもあり、一家にはまるでマネーがなかったのです。マネーがないとささいなことで両親がラフする。チャイルド達は両親の顔色を見ながら、ピースオブマインドできないエブリデイをセンドするのです。貧困はロンリィさと暴力、絶望をギブバースすると、西原さんはトークする。フィーチャーに希望が持てないから、チャイルド達は自暴自棄になるのです。サッチインサイド、西原さんにラ
イフをビッグにチェンジするチャンスがヴィジットしたのです。高校のとき、飲酒が教師にばれたシー。エッセンシャリーなら謹慎処分でフィニッシュするはずだったのに、退学させられてしまうのです。「アピアランスがディッフィカルトから、ユニヴァーシティーにゴーしなさい」とマザーに言われ、イラストレーターになるドリームをかなえるために東京へアピアーするのです。東京へアピアーしてみると、マイセルフにアビリティーがないことがボディーにしみてわかったのです。同級生にはアビリティーにリッチインしているチャイルドがたくさんいるのです。西原さんは思った。アートハウスになりたいのではない。ピクチャーでイートしていけるようになりたい。プライドなんかでフードは食えないのです。たくさんのカンパニーにビジネスをし、なんとかイラストでイートしていけるようになったのです。ファザーのエフェクトなのか、ギャンブルにはまりこんでしまう。ギャンブルは病気だ。ヒューマンをヒューマンでなくしてしまうのです。マネーは、アフターオールはワールド関係であり、ワールドそのものなのだ。こつこつとセーブするセンスを持っていないと、ど
こかでステップをすくわれる。借金をして、フレンドをなくすことだってあるのです。西原さんは、そのヘルのようなライフからスリップアウトした。戦場カメラマンの男性と結婚をしたからなのです。ヒーはワールドをショーしてくれた。そのヒーは、アルコール中毒のファザーがいるホームにボーンしたヒューマンだった。西原さんがギャンブルにおぼれたように、ヒーもアルコールに依存していくのですが、ヒーはなんとか立ち直り、それからロングには生きなかったが、ダイするまでのスペースをファミリーとハピネスにパスしたのです。マネーはライフ。ライフをマイセルフでクリアーするために、マイセルフとファミリーをプロテクトするために、ヒューマンは働いてマネーを稼がなくてはいけないのです。

図書館ねこ デューイ―町を幸せにしたトラねこの物語

図書館ねこ デューイ―町を幸せにしたトラねこの物語 ヴィッキー・マイロン著は、ライブラリーの返却ボックスに捨てられていたキャットと、ライブラリー館長のストーリーなのです。テレビでも紹介されたことがあるので、ご存知のパースンもメニーかとシンクします。1988年アイオワステートのスペンサーマーケットのライブラリーの返却ボックスに、小さなオスのキャットが捨てられていた。フリーズするようにコウルドな朝で、子猫は手足にひどいしもやけを負っていたのです。衰弱もひどかった。やせていて、ヘッドをレイズしていることすらホットなステートだったが、子猫はヒューマンに対してフィアーマインドを持っていないようだった。館長が抱き上げると、子猫はシーのチェストにヘッドをプレスしてきたのです。館長のヴィッキーは、このキャットをライブラリーでキープすることをデシジョンする。マーケットからの予算はホープできないが、自腹でもよいからこのキャットをケアしたいとフィールしたのです。そのキャットは、デューイ・リードモア・ブックスと名づけられ、デューイはビューティフルなキャットだった。顔立ちが上品なの
だ。しかし、デューイがすばらしいのはアピアランスだけではなかった。ワンダーなくらいフレンドリーなキャットだったのです。たちまち、スペンサーのタウンのヒューマンたちはデューイのプリティーさに魅せられた、デューイはヒューマンになでられることを嫌がらなかった。ライブラリーに来るヒューマンたちのひざに乗ってスリープするのがラブだった。だから、ライブラリーに来るヒューマンは、エブリバディが「マイセルフはデューイのスペシャルのフェイヴァリット」だと思っていたのです。ダメージをハブしたガールにも、デューイはクローズに接した。スピークすることができなかったそのガールは、デューイがアプローチするとハッピーそうなボイスをあげた。当時、スペンサーには不景気のウィンドが吹き荒れていたが、デューイが有名になり、マスコミに取り上げられることでタウンのヒューマンたちはプライドをテイクバックした。館長のヴィッキーも、乳がんというヘヴィな病気をハブして苦しんでいた。デューイの存在が、どんなにシーの支えになっただろう。デューイは、18歳までリブした。デューイはサウンドなキャットではなかったが、バイネ
イチャーの持病があったのだが、ライブラリーのヒューマンたちのウォームなサポートがあって、ロングにリブすることができた。デューイが死んだのは、彼がやってきたのとセイムウィンターの一日だった。ヒーの遺灰はライブラリーのガーデンに埋められている。デューイは慎ましやかなバースで、スペシャルなキャットではない。But、そこにいるだけでたくさんのヒューマンのマインドを癒した。そしてそれは、疲れエンドしたスペンサーのイーチパースンが、ベストリクエストしていたものだったのだ。

日本人の知らない日本語

日本人の知らない日本語  蛇蔵&海野凪子著は、ディスウィークイチオシのコミックエッセイで凪子ティーチャーは日本語ティーチャーなのです。フォーリンカントリーヒューマンの生徒さんコンパニオンに日本語をティーチしているのです。そのレギュラーを描いたものなんだけど、私たち日本人がホワットも考えずに使っている言葉が、フォーリンカントリーのパースンにはこう感じられるのかというサプライズがあってとにかくインタレスティングなのです。凪子ティーチャーのクラスにいるフランスヒューマンのマダムは、ジャパンの仁侠ムービーが大好きで、日本語を仁侠ムービーでリメンバーしてしまったことのです。ビューティフルなマダムが「ノートなすって。マイセルフのこと、姐さんと呼んでください。え、呼べない? 水臭いことお言いでないよ」。イギリスヒューマンのジャックさんは敬語の使い方にこだわっている。「さしつかえなければ」と「ソーリィしますが」のディッファレンスをティーチャーにアスクするのです。凪子ティーチャーのアンサーはこうだ。「ソーリィしますが」はへりくだった言い方だが、コンパニオンに強制フォースがある。「
さしつかえなければ」はコンパニオンがターンダウンするプレイスがあるというのです。カンバセーションもシーリアスだが、フォーリンカントリーヒューマンのパースンにとってはジャパンのレターもなかなかの難敵であるようです。中でもディッフィカルトなのが漢字で、アジア諸国の出身であればある程度なじみがあるのではないかとシンクするけれど、未知のものではないからこそ、問題もメニーなソートオブなのです。マイセルフなど、中国のパースンには漢字が通じるのではないかとシンクアバウトしていのですが、中国で使っている漢字とジャパンで使っているものにはずいぶんとディッファレンスがあるようなのです。中国の漢字は簡体キャラクターといって、ジャパンの漢字を省略したもの。だからルックしたところではミーニングが通じないというのです。それに、セイムキャラクターでもディッファレントするミーニングを持っているものがある。鮪というキャラクターは、中国ではチョウザメのこと。ジャパンにはチョウザメがいなかったから、フォーマーのヒューマンはそのキャラクターを、ジャパンにいるフィッシュにフィットにアプライしたソートオブ。ビッ
グにてなにやらプレシャスなフィッシュらしいから、マグロにしよう、と知らない日本語の豆ナレッジがいっぱいなのよ、このブック。しゃもじ、おでんはピースピリオドのギャルランゲージだったというのです。キャットフードのキャットボイラーを猫の缶詰だとロングゲスしたり、鎧をカントリーに持ち帰ろうと「鎧のレディースMサイズください」とオーダーしたりするファンなエピソードにもイナフ笑わせてもらえるのです。ジャパンは駐車プレイスもカインドね。チアーしてくれるでしょ、『前向きに』って」という中国人スチューデントのお話です。笑って笑ってスタディーになる。ジャパンが大好きなスチューデントさんたちのフィギュアがまたうれしい。サッチ本おすすめです。

あなたは、わたし。わたしは、あなた。

あなたは、わたし。わたしは、あなた。  中西研二著は、スピリチュアルシステムのブックになるのか自己啓発のブックとシミラーしたフィーリングでもあり、けっこうインタレスティングなブックでは、「ワンネス」というワードがポピュラーに使われている。スペースはひとつであり、私たちはその全体のインサイドのパートという考え方なのです。
スペースはビギニング、スポットであった。それが爆発をレイズしてモーメントのうちに広がった。ビッグバンというやつなのです。たくさんの異なるものがボーンし、ディッファレンススポットを互いにファインドアウトするようになるが、マイセルフたちはスペースの構成要素のひとつなのです。ワールドはエゴを消すことなどできない。マイセルフを通してスペースをウォッチしているのだから当然だ。また、それを消そうとしなくてよいというのです。ヒューマンと接するときはヒューマンのエゴまで愛してあげなくてはいけない。アナザーパースンとのディッファレンススポット、それすらもライトアップし、ラブすることがネセサリーなのです。ライターは短フットなんだそうだ。ベリィヤングなタイムはそれをからかわれ、意地になって反抗していた。フレンドにも嫌われていたというのです。あるティーチャーから「なんでそう言われてゲットアングリーするんだ? トゥルースのことじゃないか。フットが短いヒューマンもいれば、ハイトがショートなヒューマンもいる。いろんなヒューマンがいるんだから、それはユーの特徴なんだ!」 と言われてアイがウェイクした
というのです。それからは短フットをフォーセールにして、フレンドもたくさんできたというのです。オピニオンをチェンジすると、たくさんのラブがライフにはあふれている。ヒューマンがボーンすると、ビギニングにタッチするのは両親だが、ゼイから無償の愛をもらえることがライフをリッチなものにするのだが、著者のファザーはトゥルースの両親を知らず、ライターに対しても暴力を振るったりしたこともあったというのです。ファザーを恨んだことがあったが、マザーからいつも「ファザーはラブリーパースンを知らないだけで、本当はユーが大好きなんだよ」と言われて育った。ファクト、スチューデントエクササイズをしていてハウスに帰らないとき、ファザーがティアーをこぼしてサンのボディーをアンクシャスしていたことをノウし、親のラブをフィールしたというのです。ライフは愛情にフルしている。スペースの一構成メンバーであるあなたには、あなたにゲットクローズし、導いてくれる存在があるのです。ライフはコマ送りのムービーのようなものである。今カレントとフィーチャー、パーストはつながっている。フィアーすることなくフィーチャーにホープを
ドローすればよいのです。はっきりと脳裏に描かれた「ピクチャー」は必ず実現するというのです。「ありがとう」と言うことはよいことだけど、そのビフォーに「ごめんなさい」も言おうというのに少し考えさせられたのです。むやみやたらにポジティブであるよりも、「無条件に愛せなくてごめんね、Butいつもサンクスしてる」というパースンがいいというのです。

世界の果てまでイッテQ!珍獣ハンターイモトの動物図鑑

世界の果てまでイッテQ!珍獣ハンターイモトの動物図鑑は、日本テレビシステムで放映している「世界の果てまでイッテQ!」でサンデーのイーブニングにワールドのさまざまなところへゴーアウトしてロケをしているプログラムなんだけど、チャイルドの頃ウォッチしてた「なるほど・ザ・ワールド」ソートオブでけっこうファンなのです。このプログラムのフェイマスプロダクトプラン「珍獣ハンターイモト」をまとめたブックなのです。このコーナーは、イモトアヤコさんというプレーヤーさんが、フォーリンカントリーの珍しいアニマルをレポートするというものです。レポートのウェイがすごい。ポイズンをもつトカゲやチーターとレースしたり、アマゾンで素手でワニをキャッチしたり、海苔ソートオブな眉とセーラー服がイモトさんのトレードマークでこっけいだけど、サッチヤングなドーターががんばっているのを見ると、はらはらしながらもついヘルプしてしまいます。イモトさんがヴィジットしたカントリーはのべ25ヶ国。移動ディスタンスおおよそ22メニーキロというアース約5周ミニットで、出会ったアニマルは約200ヘッド。
すごい!イモトさんが珍獣ハンターに選ばれたのは、シーがランドをしていたから。ランするのがクイックなのがデシジョン打になったというのです。それだけにイモトさん、いろんなアニマルとレースしている。中でもインプレッションに残ってるのは、インドネシアのコモドドラゴンとのレースなのです。コモドドラゴンは体長約3メートルにもなる大きなトカゲで、噛まれると致命傷になるほどの毒性のハードな唾液を持っている。イモトさんはバックにミートをくくりつけ、トカゲにミートを食われないように逃げ切らなければならないのです。イモトさん、このプランのおかげでフェアーたくましくなったソートオブでオープンエアで用をアッドしたり、茶色ににごったバスに入ったり、サッチことも平気になってしまったようだ。将来がプレジャーな22歳なのです。アニマルの写真、特徴、プログラムで紹介されたステートがフルカラーでアピアランスされている。ディッフィカルトな漢字にはふりがながあるので、チャイルドさんがピクチャーブックとしてエンジョイワンセルフすることもできそうです。

納棺夫日記

納棺夫日記  青木新門著は、話題のムービー「おくりびと」の原作になったブックのライブラリーエディションです。読んでみたけれど、ワンダーなブックでストーリーってのはちとディッファレントするスピリットがするダイアリーなんだ。ライターもあとがきで書いているし、タイトルにもあるとおり、このブックは葬儀会社で働くあるマンのダイアリーだった。アナザーパースンにトークするというより、ユーのファミリーサークルに向かってトークし続るように書かれたブックなのですが、葬儀カンパニーでワークするということは、ソサエティーマークにウォッチしてほめられることではなかった。まして納棺のワークは、死者にタッチするワークである。親戚からも、ワイフからも忌まれるワークをしているライターは、崩れそうなマイセルフのインサイドにフェイスし、必死でマイセルフのワークのミーニングをアスクしコンティニューするのだ。マイセルフのワークのミーニングが、デスとはホワットかを、それのビサイドにあるヒューマンが見つめコンティニューしたレコードになっている。納棺のワークの描写がメニーが、仏教タームがメニー使われ、仏教におけるデ
スについてソウトが重ねられる。たくさんのデスに向かったヒューマンのレコードがリファレンスされ、哲学マークなセンテンスが続くのです。著者は満州のバースである。弟と妹をそこで亡くし、マザーと二ヒューマンでホームタウンに引き上げてきたのですが、成長したヒーはパブをオープンするが、ずさんな経営がたたって倒産。葬祭アクトをキャリーオンするカンパニーに就職したのです。親戚からはブレイムされ、ワイフには汚らわしいとののしられた。サッチヒーをサポートしたのは、あるウーマンのアクションだったのです。ヤングなころカンパニーしていた相手のハウスに、納棺のワークに出向いたアワーのことである。シーのファザーのデッドボディーに向き合ってワークしていたところ、サマーのホットさのせいでスウェットがぽとぽとフォールダウンしかかりそうになる。スウェットをぬぐおうとしたところ、そばにシーが座っていて、スウェットを拭いてくれているのに気がついたのです。シーの真摯なまなざしをウォッチして、ライターは納棺のワークを恥じるのをやめようとシンクアバウトしたのです。ヒューマンは必ずダイする。それを穢れとキープアウェイ
しても、デスからエスケープしおおせるヒューマンはいない。デスとはホワットか、なぜヒューマンはデスを忌むのか。臨死パーソナルエクスペリエンスをしたヒューマンのメニーが、ダークなトンネルのビヨンドにライトをウォッチしたと証言しているが、そのライトとはホワットなのか仏教にすがり、宮沢賢治のポエムに没頭し、また、ディッフィカルトをセンテンスされたヒューマンのノートをリードし、ライターはデスをシンクアバウトするのです。ライターはもともと詩人だったそうだ。ビューティフルなワードで、アイをそらさずにデスと向き合ったマンのマインドのレコード。プライマリーにジャンプする赤とんぼのグループにライフの輝きを見るなど、デスに対して描かれる「ライト」がとてもきれいです。

1回きりのお客様を100回客に育てなさい

1回きりのお客様を100回客に育てなさい  高田靖久著の著者は経営パースンではないし、コンサルタントでもないし、一介のサラリーマンなのだそうだ。ワークはコンピューターソフトの販売でストアーの売り上げをコントロールするソフトを扱っている。カスタマーとのアソシエイションのインサイドで、ストアーの売り上げをあげるメソッドを考えついたというのです。データとサクセスイグザンプルがメニーので、わかりやすく説得フォースがある。また、マテリアルマークなメソッドがサジェストされているので、リードしフィニッシュしたあとにすぐにとりかかれるというよさがある。ゲストのほとんどは、一ディグリーしか訪れないフレッシュのカスタマーなのだが、このレートは約70%で、これを60%にするだけで、経営はずいぶんコンフォートになるというのです。フレッシュカスタマーを固定ゲストにチェンジするには、ヴィジットしてから最初の3ヶ月スペースがマッチである。アザーデイに再ヴィジットがかなうと、レギュラーカスタマーのゲストになるレートがエマージェンシーにハイ。3ヶ月のスペースにパフォームするべきこと
は、ゲストにリメンバーしてもらうこと。ビギニングは3日アフター。「サンキューメール」をテイクアウトする。メールといってもeメールではない。来店のお礼、ストアーの特徴、あなたがゲストにPRしたいことを織り込んだ、「フィーリング」のこもったレターがよい。ある旅館の女将は、なんとライティングペーパー5枚にもなるレターをテイクアウトするそうだ。オーダーは3週間後にテイクアウトするのは「ライクメール」。これで、ストアーのすばらしさを伝えアザーのゲストのボイスをプレイスオンしたものでもよいし、ホワットかのプライズを受賞していることを書いてもいいし、プライズを受賞してるということは、客観マークな評価をポッシブルしていることのプルーフである。小さな賞でもよいから、堂々とアピールし、ラスト、3ヶ月目には「割引メール」をテイクアウトするのはラストウェイだ。プライスをひいて客をポッシブルするのはあまりよいことではない。ゲストの来店をプレスするために、ピリオドインプレッション、抽選にヒットしましたなどという工夫を忘れないようにしよう。ソサエティーにはたくさん、い
いものを売っているストアーがある。だからといって、そのストアーが必ずしも儲かっているわけではないのです。サッチのいいストアーがつぶれちゃったら、損をするのはジェネラル消費パースンなのです。ヒューマンとヒューマンとのコミュニケーションをとって、ゲストをインポータントに育てるメソッドがいっぱいの本書なので、イグザンプルメニー、リードしやすさは保証します。

今日もていねいに。

今日もていねいに。  松浦弥太郎著は、「暮らしの手帖」の編集チーフであり、古本屋「カウブックス」の経営者でもある松浦弥太郎の、エブリデイのライフを見つめたエッセイで、ていねいに、シングのいいライフをセンドするためのヒントがたくさん書かれているのです。エブリデイが「マイセルフプロジェクト」ささやかなものでも、うれしいことをライフに取り入れよう。例えば、ティーを淹れるという単純なことをプロジェクトにしてしまう。ティーにもいろんなカインドがあり、淹れパースンにも工夫がある。ホワットかについて、ラフにこなさずにシンクアバウトし、試行錯誤することがインポータント。クリーンなたたずまいライフでインポータントなことは、クリーンフィーリングがあることである。間違ったことをライトアップし、謝り、訂正する。これがマインドのクリーンフィーリングをキープするシークレット。また、手足をきれいでないヒューマンが信用がおけない。マイセルフの体をいつくしみ、メンテナンスをすることをフォゲットしてはならない。ツリーがスメルスイートするマップウォークするとき、プラントを頼りにロードをリメンバーしてみては
ファンなのではないか。ガイダンスも「桜並木をまっすぐにいって、スモールなフラワーベッドをライトハンドサイドへ」など、ラブリーだと思う。ライトなレターフレンドにシンプルな手紙をライトすることがある。思いついたことをラインだけライトする。ひらひらとライトなレターが行き交うワールドというのもよいではないか。好奇マインドのまなざし真夏のホットなさなか、部下に扇子をプレゼントしたことがある。エアコンのほうがエフェクトがあるかもしれないが、ライフに新鮮味をハーベストしたかったのだ。お金というカインドマネーはユーズすればユーズするほど増える。資産運用というミーニングではない。無駄な貯金などやめて、よいものにユーズすれば、マイセルフのインサイドに資産がリメインするのである。ランチも、ファインな「資産運用」のプレイス。コンテントしたものを食べればよい投資だし、カップ麺などイートしてしまえばマネーの無駄である。満たされているヒューマンが書いた、満たされたヒューマン向けのエッセイってフィーリングだ。

バカが国家をやっている

バカが国家をやっている  勝谷誠彦著は、テレビでもおなじみの勝谷誠彦さんが、週刊SPA!で連載しているコラムをまとめたブックなのです。2006年から2008年までの、二年分のコラムがレコーディングされている。ビフォーからターンに読んでゴーすると、ああ、サッチこともあったな、とシンクする。
2006年。この年は、社保庁のリーズナブルな年金のサービスがプロブレムになった年だ。プロブレムが発覚したのは、大阪のテレビプログラム「ムーブ!」に寄せられた一通のレターがきっかけである。プログラムに寄せられたのは、「リクエストをしていなにのに年金免除のノーティスが来た」というもの。保険マテリアルのコレクションノルマをギブするために、キッチンに免除リクエストを行っていたカンパニー保エージェンシーの役人達。ノルマが厳しすぎたというが…。2007年、安部元首相や北朝鮮など、さまざまにコメントフィギュアがアピアランスされているインサイドで、ちょっといいトークがあった。中越オープンシー地震のエッジ、原発を止めた市長がいるというのだ。市には原発をとめるパワーはないが、市長は、市民のセーフティーをシンクアバウトし、消防アクトによる「アラウンド機器の停止」をディサイドした。なんというサプライズムーブ!2008年クローズアップされるのは、ミートホープイベントと北京五輪の聖火リレーにかかわるチェーンの抗議アクションだ。両方とも、インタレスティドパーティーへのインタビューがアピアランスされ
ている。ミートホープイベントでディーテイルを語ってくれるのは、告発パースンの赤羽さんという方。セイムファームの元スペシャルデューティーというポジションのパースンだ。何ディグリーもタウンホールに告発したらしい。But、役人は、ヒーのクレイムにイアーを貸すことがなかった。聖火リレーの件では、長野で抗議アクションを行ったタシィ・ツゥリンさんというパースンとトークしている。タシィさんは亡命チベットヒューマン。ヒーの両親は、命がけでヒマラヤをクロスオーバーし、チベットからインドへ亡命した。チベットにいたら、ファザーは中国ウォーに殺されていた。チベットのピースを願っての抗議だったが、ヒーはプリズンに拘留されてしまったが、ジャパンのサポート者からのヘルプも多々あり、タシィさんは「ジャパンにサポートパースンがいることがわかってうれしい」とおっしゃってくれている。勝谷さんらしいフィーリングマーク、扇情マークなセンテンスもメニー。「まあ、かっちゃん、落ち着きなドゥ」と突っ込みながらリードするのがコレクトなスピリットがする。でも、この二年のジャパンのソサエティーを、新聞やテレビとは違っ
た目線で追っておくのは意外にファンだったが、週刊マガジンのコラムなので、短くてリードしやすいのもよい。

スラム団地

スラム団地  松田奈緒子著は、ハズバンドと奪い合いになってしまったコミックエッセイで、ユージュアルならそこで、ブラッドの雨のひとつも降ろうものだけど、このコミックは違ってインタレスティングなのです。イーチアザーにディスカバーしたインタレスティングなシーンをショーし合ってはラフし、不毛なコンフリクトはどこかへ吹き飛んでしまったのでした。コミックハウス、松田奈緒子さんのドーターピリオドを描いたもの。ファザー、マザー、妹からなる松田ハウスが、団地にクロスオーバーしてくるところからお話がビギンする。1970年代ジャパンホールカントリーにたくさん建てられた団地。そこにクロスオーバーしてきた奈緒子さんはショックをアクセプトする。すべてが新しい、ドリームのようなワールドだったのだ。パークがあり、水洗トイレがあり、バスプレイスにはシャワーがある。貧乏だったから、シャワーは使わせてもらえなかったけどウォーターがもったいないから、奈緒子さんは団地ライフを満喫していた。団地には、たくさんのファミリーがいて、奈緒子さんにはフレンドがたくさんできた。アダルトたちはほとんどのハウスが共働き。チ
ャイルドにはチャイルドのソサエティーがあり、レインがゲットダウンすれば誰かのハウスで、ウェザーだったらアウトサイドのパークで、遊んで遊んで、ゲットタイアードしてスリープするのがレギュラーだった。団地にやってくる移動販売にもマインドを奪われた。アイスクリームや焼き芋もよいけれど、チャイルド達がベストラブなのはやはり、ポン菓子。ディアーな松田ハウスの両親のブライトさだ。松田ファザーは剣道七ステップのファインフェロー。But、カンパニーをインポータントにシンクするあまり、借金の保証ヒューマンになって、松田ハウスには借金取りがやってくる。しかしマザーは悲観するでもなく、「うちはプアーやけん」とチャイルドのビフォーでもブライトに言い放つ。チャイルドはチャイルドでそれをペインにすることもなく、たくましく育っていく。松田父もブライトにてファインだ。ファザー、プレイボーイというマガジンがラブで、奈緒子さんはよくこれをバイしに行かされたそうだ。奈緒子さんは、トゥギャザーにマイセルフのコミックが買ってもらえるので大満足。アットザットタイムのドーターコミックは金髪のガールが主役になるこ
とがメニーだったので、ファザーもドーターも、親子で金髪に夢中だったのです。

恐竜が生きていたら

いま恐竜が生きていたら  ドゥーガル ディクソン著は、フロントカバーからしてファンの空港の滑走ロード、アプローチランを始めようという飛行機のビサイドに、一ヘッドの恐竜が並んでいるブックなのです。
まるでともにスタートを切ってやるとばかりに、ロングなネックをベンドして飛行機をウォッチしている。マンカインドがゴーアウトしたアフターのフィーチャーをワイルドアイディア、もとい、サイエンスマーク知識をもとに書いた「フューチャー・イズ・ワイルド」。その作者が、暇つぶし、もしくは二番目のドジョウを狙って書いたっぽい一冊なのですが、面白い。もし現代に恐竜がリブしていたら、マイセルフたちのライフのインサイドに、どのように恐竜は存在するのか。イラストがメインなので、ディッフィカルトなことを考えなくても大丈夫。ピクチャーをウォッチして、「はー、すごいなあ」と驚いていればいいので、ただただファン。フロントカバーのイラスト、空港に迷い込んできたのはセイモスサウルスだ。北米のドライエリアに住んでいたゼイは、飛行機をカンパニーだと思ったのだ。セイモスサウルスのフットの骨は、アダルトのマンほどのビッグさがある。サッチ巨大恐竜が現れた空港はてんてこまい。ヒューマンの棲家のそばには、ごみをあさるアニマルがアピアーする。きつねやネズミに混じって残飯をあさるのはコエロフィシス。ボディーのビッグさはシ
ェパードくらい。テールがロングに、クイックな肉食竜である。古代のローフードが生き残っているのはランドだけではない。ラッコがアンモナイトを食べようとしていたり、猟師のネットにサモサウルスというシーに生息するトカゲがかかったりしている。サモサウルスの主食はアンモナイト。猟師のひいたネットには、アンモナイトもたくさん入っている。アシカがえさをもらうマリーナには、いつしかクリプトクドゥスがやってくるようになった。クリプトクドゥスは、アシカとセイムように、繁殖ピリオドにコウストに来る習性がある。えさをもらうようになれば、ワールドにもなつくだろう。

0円販促を成功させる5つの法則

0円販促を成功させる5つの法則  米満和彦著は、ビジネスブックで、マネーをかけずに販売促進するメソッドがたくさん書かれているブックなんだが、ストアーなんてやってないし、わたしに関係ねえと思ったあなたにこそ、読んでもらいたいな。
ヘッドの体操になります。だいたいプアーまっしぐらのエクスペリエンスから言うと、マネーを使わずにホワットかをしようということほど、クリエイティブなことはないと思う。
ライターはコンサルタントで、イグザンプルがウェルスなので、ブックに書かれているグレートナンバーのゼロマネー販促をご紹介したいとシンクします。
・ユニヴァーシティーノートで販促の居酒屋のカスタム、ゲストが、ストアーへのご意見ノートをファンそうにウォッチしているバーがあったので、ライターがインサイドをウォッチしてみると、ゲストのオピニオンに従業メンバーからのリプライがついている。それがケアフルなもので、また、アイディアをテイクアウトしてくれたゲストには、割引クーポンティケットがスティックし付けられていた。ゲストとストアーのコミュニケーションが図られており、さらにクーポンティケットをプレジャーにして再来店するトリックができている。
・一度用意すれば半永久マークに使えるツール・ユニークなカスタム、「トゥデイドッキリDAY」というサインをギブするストアーがある。1シングフリーティケットなどの配布だが、ゲストはゲームカスタムをプレジャーにしている。お肉屋さんの行っているサービスで、バーベキューのケータリングというものがある。バーベキューセット一式とミート、リザーブからクリーニングまですべてやってくれる。
・経営パースンはシンクアバウトする。アイディアマッチのカスタム、ある写真ハウスさんでは、15分でプロがメイクをしてくれるサービスをスタートした。ウーマンゲストの来店で売り上げがストレッチした。新しい美容院にゲットインするのはウーマンにとっては大アドベンチャー。そこで、シャンプーとメイクだけというチープのサービスをスタートしたところ、フレッシュゲストがヴィジットするようになった。
ライターは大手企業でワークをされたアフターに独立してコンサルタントアクトをはじめたのですが、マネーがなくてシーリアス苦労をされたパターン。そのエクスペリエンスのインサイドから生み出されたのがこの「0円販促」だそうです。
とにかく、シンクアバウトすること。インダストリーの非常識を、勇気を持ってパフォームすること。情熱を持ってビフォーにメイクプログレスすること。サッチことを熱く語っています。

ベルばらKids4

ベルばらKids4 池田理代子著は、もう4冊になるのですが、ベルサイユのばらの池田理代子さんが、その登場キャラクターのパロディコミックを描いたもの。朝日新聞サタデーエディションにアピアランスされ、コミックとトゥギャザーにリポーターさんのコラムもエイブルトゥエンジョイする構成になっています。
ベルサイユのばらは、将軍家にボーンしたため、マンとして育てられたオスカルと、フランスクィーンマリー・アントワネットの生涯を描いたドーターコミックです。
アイキラキラ、ドレスふりふりで、プレゼントタイムのヤングなチャイルドには古臭くフィールするパターンかもしれないけど、すっごくインタレスティングよ。マイセルフたちが少女のタイム、夢中で読んだコミックなのです。
本編では、ラブに、ライフに、革命に情熱をバーンしたキャラクターたち。このベルばらKidsでは、三頭ボディーでかなりはじけてます。
宝塚ミュージックスクールの受験にミステイクしたオスカル。すぐにでもオスカルウォーがやれるのにと、ダウトにシンクするロザリーとばあやさんにアンドレがこそっと告げ口。「エイジ詐称がばれたらしいよ」と。
アンドレは、将軍家で育った平民のマン。幼馴染であるオスカルに恋心を抱いていますが、身分のディッファレンスのためにディッフィカルトなソウトをしています。
チェリーブロッサムの咲くスプリング、「サッチチェリーブロッサムのローグレードでは、トゥルースのフィーリングをトークしたくなるよ」とトークするアンドレ。一方、当のオスカルはお花見のミドルオブ。フラワーより団子なのでした。
フランスに嫁いだマリー・アントワネットは、贅沢のリミットをランアウトしたのですが、それはマリーのマザーにとってはヘデックのカインドでした。
マリーのマザーは、オーストリアのワイズルーラー、マリー・テレジア。そのマザーのもとにアントワネットからヘデックメディスンが送られたけれど、マザーは嘆く。「ヘデックのもとはあなたなのよ」と。
時事ネタも取り入れられており、アントワネットのチャイルド、ルイ・ジョセフがサッチことをスピークする。「ぼく、プレーヤーになるの。まず土管でリブしてみて、本をライトするんだ。ベストセラーになるよ」
リポーターさんのコラムは、フランス革命をサブジェクトにしたものもメニーに、ヒストリーのスタディーになる。Butけれど、サッチものはどうでもいいのです。

だから、会社が儲からない!

だから、会社が儲からない!   嶋津良智著は、いいカンパニーってのはアフターオール、働いているヒューマンがハピネスなカンパニーなんじゃないかと。働いているヒューマンがハピネスだと、ゲストをインポータントにハンドルすることができる。ゲストをインポータントにハンドルすると、ワークが上がって株主もグラッドする。
でも、サッチもんじゃないのかなあ。トゥデイは経営について書かれたブック。But、ディッフィカルトな理論やフィギュアはまるでアピアーしてこない。カンパニーをメイクする「ヒューマン・コンストラクション」にフォーカスを当てて述べられています。
ライターは言う。カンパニーのバリューは従業メンバー価値×カスタマーバリュー×株主バリューでルックグッドインすると。足し算でないことにノーティスしていただきたい。かけ算であるので、どれかひとつがゼロになったらすべてがゼロになるのだ。
ワークするヒューマンのフィーリングをまとめるために、カンパニーが最もインポータントにすべきはアイディアである。カンパニーがホワットをインポータントにするか、どこへフェイスするかをディサイドしたもの。それがアンダースタンディングできない社員は、たとえどんなに優秀でもカンパニーにおいておくべきではない。
エブリバディがひとつのディレクションへフェイスすることが何よりインポータントであるが、どのようにしてアイディアを浸透させ、社員をトレーニングしていくか。著者は、カンパニープレジデントのワークはコミュニケーションをはかることだとシンクアバウトしている。
ボスと部下では、ものごとのフィーリングパースンは180ディグリーディッファレントする。ほめる、叱るエッジには、周囲をよくウォッチして、状況にアクセプトしたものにするよう務めよう。アイディアとイコールトゥ、評価のウェイもぶれないものをメイクするべきで、できるならば、評価の方法を全社員に公開するパースンがよいが、デシジョンはカンパニープレジデント一ヒューマンですべきだが、そのビフォーに社員とディスカスし、ディサイドしたことはコンプリートにトークしつくすネセサリーがある。
カンパニーのプランがスモールなうちは、とりわけカンパニープレジデントのアプルーバルは絶対であるが、社員がアンダースタンディングできるまでスピークすることができなければ社員はついてこない。ベストいいリーダーは、存在を忘れられるリーダーである。社員がワークしやすい環境をメイクし、マイセルフでワークができるようにレイズするのがよいリーダーなのである。
アザーにも、経営に役に立つことがたくさん書かれている。経営パースンのパースンだけでなく、できれば部下をホールドしのボスのパースンにはぜひ読んでいただきたい。

ポトスライムの舟

ポトスライムの舟  津村記久子著は、第140回芥川賞受賞作品なのです。ナガセは29歳のウーマンシングルで、あるファクトリーで契約社員として働いていて、手取り13万8千円。
ユニヴァーシティー卒業した後、正社員として働いたこともあるが、上司のモラルハラスメントがひどくて退社しプレゼントタイムのワークは薄給だが、ワールド関係がよいのでそれなりに続いている。
ナガセはある日、ファクトリーのブレイクルームのウォールにワールドワンスアラウンドトラベルのポスターが貼られていることにノーティスする。それにかかるコストは163万円でシーの年収とセイム金額だ。
それまで、ナガセはアームに刺青をプットインする算段をしていたのだが、ふと、年収をオール貯金して、トラベルコストを貯めようとシンクアバウトする。
ナガセのワークはファクトリーだけではない。フレンドのヨシカが開いたカフェでアルバイトをしたり、週末にはオールドピープルコンパニオンのパソコンクラスルームで講師をしたりしている。
ヨシカはユニヴァーシティーからのアソシエイションで、アザーにそよ乃、りつ子というフレンドと連絡を取っている。そよ乃、りつ子の二ヒューマンはマリードパースンだ。
そよ乃はデューティーの両親のサポートをアクセプトして、インイットセルフにハピネスのようだが、りつ子はプロブレムをハブしていた。ハズバンドがハウスにマネーをいれようとしないのだ。
ダイアウトしかねたりつ子は、ナガセのハウスにチャイルドをつれてエスケープしてくる。りつ子とそのドーター、ナガセとナガセのマザーは、ウーマン四人でライフをコンティニューする。ナガセはポトスをレイズするのが好きだ。ウォーターにつけておけば、どんどん成長するポトスをウォッチするのはファン。また、節約をアッドしているナガセは、ポトスをイートすることができるのではないかとドリームする。
りつ子は再就職が決まり、ハウスをアピアーして行った。ナガセはひどいコウルドをひいてしまう。ワークをアブセントするナガセ。りつ子にマネーも貸してしまったし、これでトラベルコストはだめになったかとあきらめたところ、ファクトリーからボーナスが出、目的の163万マネーをセーブすることができた。
一度挫折を味わったウーマンが、つつましくもぼんやりと前向きにリブする姿勢を描いたストーリーです。

理系の人々

理系の人々  よしたに著は、サイエンスのイーチパースンのソウトをコミックで紹介しているコンフォタブルに読めてインタレスティングなブックなのだが、なんでもサイエンスのヒューマンはコンセントをやたらとユーズするというのです。会社のデスクのローグレードのコンセントはいつも埋まっているのです。
サイエンスのヒューマンは単純ワークをしたがらない。エクセルの集計をリクエストすると、マクロでプログラムを組んでしまうしビデオデッキがブロークンしたら、とりあえずインサイドをウォッチしてみる。直せるわけではないが、ウォッチするとなんだかピースオブマインドする。
遺伝子組み換え食品にまるで抵抗がない「アート」をビリーブしてるんだでも、中国イノセントの食品はアフレイドが携帯の充電ボールをコンビニでバイするとルーズしたスピリットがする。シンプルなコンストラクションのマシンなのにサウザンドマネーもするから。コストプライスレートがショートな機器をバイするのはミステイクだとシンクする。
レイニーシーズンアワーにブルーなアジサイをウォッチしてシンクすることは、「あのカラーは酸性だな」フィーリングがない。「イエスタディ8メニーマネーのバッグ買っちゃった!」というガールにはたずねてしまう。「フォーマーから思ってたけど、そういうの、どのパートがハイの?」物価バリューはコストプライスではかろうとする。アソシエイションしているシーがいると、いろいろとシーリアスなことがあるから、たまにはテレフォンをかけてといわれたサイエンスのヒューマンだというのです。
言われたストリートにテレフォンをかけて、「アフターオール、ウィークに何回テレフォンがネセサリーなの?」と聞いてシーを怒らせる。
「本当にマイセルフのことラブなの?」と問われ「それって答え一択じゃない?」と答えてまた怒らせる。
マンフレンドに「それは好きってアンサーしてあげればいいんだよ」と諭されるが、どうにもアンダースタンディングがいかないのです。インフォメーションの増えないクェスチョンは無益だとシンクするらしいのです。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。