本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳と気持ちの整理術

「脳と気持ちの整理術」築山節著は、脳外科メディスンのメディカルドクターさんで、ティーチャーのもとをヴィジットするペイシェントさんのトラブルに、近年チェンジが見られるのだそうだ。
メモリーフォースのフォールが著しいボケコンディションの患者さんが減り、ソウトが混乱しやすいヒューマン、フィーリングの整理ができないヒューマンが増えているのだというのです。
ティーチャーはそれを、インフォメーションがフライアバウトし、複雑なデシジョンが迫られる現代に特有のコンディションではないかとシンクアバウトしておられる。ブレインの処理スピードを上回る状況に、現代ヒューマンは置かれているので、マイセルフ達はどうディールウィズすればいいのか。このブックでメソッドを説明してくれています。マテリアルマークなカスタムもメニーに、エマージェンシーにリファレンスになります。
ブレインは無限のワークをする、というインプレッションをホールドするパースンがメニーかもしれないが、ファンデーションマークにブレインはレイジーパースンだし、混乱しやすいものである。それを成長させるには、一歩ずつ階段をライズするようにしてやらなければならないというのです。
大きなプロブレムがあったら、スモールにセパレートして一つずつ解決する。サクセスしたら、自分にプライズをあげることもインポータントなのです。ザットをしたい、という欲をユーズするのことはよいことなのです。
やる気がでないときは、シンプルなワークをパフォームするとグッド。ガーデニングやデスクの整理などをパフォームすると、ワークに対してブレインが興奮するコンディションになる。
マイセルフがインタレスティングと思ったことは、実はマイセルフのためにするよりも、フーかのためにするほうが、ワークははかどるということ。
たとえば、ワークで資料をメイクするのに、マイセルフが満足するために、とシンクアバウトするよりも、ボスに言われたから、いついつまでに、と制約があるパースンが早くすすむというのです。
フリーダムは、ブレインにとっては辛いコンディションでもあるのだ。それよりも、ある程度スケジュールを組んであげたパースンが、ブレインはワークしやすいというのです。
ビフォーの日に、ネクストデイのプログラムをプットトゥギャザーし、エマージェンシーをディマンドするもの、そうでないもの、アナザーパースンにリーブトゥするもの、マイセルフでやるもの、とセパレートしておくと、ブレインはワークをアーリーにすすめることができるのです。
メモリーをするときも、ブレインを過信しないパースンがいい。マイセルフたちは、ブックや資料を読んでネセサリーなことを覚えようとしますが、マーカーをひくよりも有効なウェイがあるのです。
それはアウトプットすることだ。「メモリーは、インプットではなく、出力をベースとしてシンクアバウトしたパースンがいい」とティーチャーが言っているのです。
トークをヒアしながら、こういうことですよねと復唱してみるのもよい。メモをボイスにテイクアウトして読んでみるのもよい。ボイスにテイクアウトしてリードすることは、出力と、さらにボイスで確認する再インプットと考えられるのです。
このまえ、オーバー大岡トメさんののうだまを読んだときも思ったのだが、ブレインというのはマイセルフ達がシンクアバウトしているほどファインなものではないらしい。
コンフォートをしたフィールするし、忘れっぽいし、なんというか、コンフォタブルのんきさんというのがブレインのキャラクターであるようなのです。
自堕落なマイセルフも脳のネイチャーなんだとシンクすると許せるスピリットがする。その自堕落なブレインと付き合っていくメソッド。わかりやすくてためになることがメニーなです。
スポンサーサイト

アシュリー All About Ashley

「アシュリー All About Ashley」アシュリー・ヘギ著は、ラストウィーク、アシュリー・へギダディーが亡くなったときいて、リメンバーしたこのブックなのです。このブックは、アシュリーが14歳のアワーに出版されたブックで、シーのワードをコレクトしたものです。アシュリーのレギュラーは、モーニング8時に目覚ましがなり、スリーピーなアイをこすってゲットアップする。体調がディッフィカルトなアワーは、30分寝坊をしてしまう。9時になったらスクールに行って、9時50分からのレッスンをアクセプトする。アフターヌーンはハウスでテレビをウォッチしたり、聖書を読んだり、宿題をしたりする。弟とプレイするのもラブだ。アクセサリーがラブで、ネイルサロンにはマンス一回通っていて、ブルーのネイルをしてもらうのがフェイヴァリットだ。ごくジェネラルのガールなんだけど、たったひとつ、人とディッファレントすることがあるとすれば、シーはプロジェリアという病気にかかっていたこと。アザーのヒューマンの10トゥワイスのアーリーさで老化がすすむという難病だけど、アシュリーはそれを嘆いたりは
しない。ゴッドがギブしたものだもの、ただそういうものだ、とアクセプトしている。エイリアンと陰口をたたくヒューマンもいるけれど、そんなことはスピリットにしない。からかうヒューマンは、プロジェリアを知らないだけ。シーを嫌っているわけではないもの。からかうヒューマンには、病気のことを説明する。それでもホワットか言うヒューマンはほっておくの。それはゼイのプロブレムだから。ヒューマンにじろじろ見られても、アシュリーはスマイルを返す。そうするとコンパニオンも、アシュリーにスマイルを返してくれる。ヒューマンはこうなのに、マイセルフはこうだとか、フーかと自分をコンペアーしてどうこうしたりしない。フーだって、パーフェクトじゃないもの。アシュリーのママは、アシュリーがフォーマーに亡くなってしまうことを知って、とても悲しんだ。だけどプレゼントタイム、ママには信仰がある。死んでもパラダイスへゴーするだけとわかって、ママはクワイアットをテイクバックした。アシュリーには、同じ病気のフレンドがいた。ジョンだ。ジョンが死んだとき、サッドだったけれど、いつかパラダイスで会えるとシンクするから、悲しんじ
ゃいけないと思った。ダイすることは怖くない。その日まで、精一杯生きようとシンクする。リブするチャンスを与えられているのだから。こういうブックをリードすると、マイセルフはどういっていいのかわからなくなってしまう。グレートなあ、とシンクするのだが、ジェネラルの14歳のガールに、病気だからグレートね、エライのね、と言っているようなスピリットがしてマイセルフがいやなワールドに思えるのだけど、やっぱりこうやってデスをルックハードアットし、不便を呪わずというのはグレート、というワードしか浮かんでこない。アシュリーがティーチしてくれることは、エブリデイを精一杯リブということなのだろうか。

空気のトリセツ

「空気のトリセツ」指南役著は、かるーいフィーリングの装丁で、挿絵のイラストもかわいらしく、センテンスもリードしやすく、サブジェクトもインタレスティングだ。KYなんてワードが流行しましたが、そのプレイスのムードを読めないということで、揶揄、ブレイムを含んだ表現ですが、そもそもそのプレイスのムード、エアってなにということで、そのクェスチョンにアンサーします。エアとはホワットか、エアをフレンドにつける、つけないでホワットがチェンジするのかが、述べられてます。ワールドというのは、リーズンをいろいろこねるわりに、プレイスのエアというものにエフェクトをされやすいものだ。新参パースンをウォーニングするし、なんだかよさげなものに共感をカムニヤーしたりする。十中八九まで決まっていたプレゼンが、なんとなくいやなムードのミーティングで、突然却下されることってあります。ホワットストアーがフードスタンドしても、長続きしない場所というのもあるとシンクします。それはやはりエアがディッフィカルトから。入ったモーメントに落ち着かなくなるムードをかもし出しているストアーもある。ゾーズオーバーゼアはす
べて、エアのよしあしがエフェクトしているものである。エアは、ネイチャーにひとつのマスになる習性がある。大きなスーパーができると、ヒューマンがストリームするのもエア。ばらばらだった派閥が、いつの間にか一かたまりになるのもエアだ。大きなマスになったエアは、やがてヒューマンから飽きられる。ヒューマンがライクするのはカオスだからだ。フォーマー、ジャパンにエナジーがあったタイム、ソサエティーにはカオスがあった。戦後の混乱が続いていたし、学歴だって、パーソナルヒストリーだって、ばらばらのヒューマンがセイムプレイスに集っていた。プロ野球にしても、芸能ワールドオブにしてもそうだ。フォーマーの野球のレコードをウォッチすると、決してジャイアントだけが一ヒューマンウィンしていたわけではないのである。ホワットかをヒットさせようとするには、カオスを生じさせるのがいい。いいカスタムが、ジャニーズのタレントさんだ。ジャニーズのグループには、一ヒューマン必ず、個性マークなフェイスのヒューマンが含まれている。このカオスが、ヒットを生むコツなのだ。ソサエティーは大きなひとつのマスに向かって動いている。ヒ
ューマンは均一化し、それに伴ってモラルもライズした。セクハラ、差別スピーチなどを許さないエアがボーンしている。それを悲観してはいけない。ヤングマンは、エイジパースンよりもモラルがハイ。ごみの分別やエコにも敏感だし、ソサエティーはよくなっているのである。結論として、エアを読むにはこうしましょう、というアンサーソートオブなものはないのだけど、プロ野球のカスタム、エアをフレンドにつけた小泉元リーダーとエアにルーズした安倍元リーダー、炎上するブログなどをとりあげ、エアとはホワットものなのかを解説していて、それがインタレスティングなのだ。アビリティーもある、フォースもある、いいヒューマンでトラストをコレクトしている。サッチヒューマンが、あとひとつ階段をライズするのには、ネセサリーなものは努力ではなくて、エアなのかもしれない。

へんなギャラ~新しいお金の稼ぎ方、発明マニュアル~

「へんなギャラ~新しいお金の稼ぎ方、発明マニュアル~」のり・たまみ著は、不景気だビジネスクライシスだと言われているけれど、サッチもん、ノーズでぷうっと吹き飛ばせてしまえそうなスピリットがする。アビリティーもグレートエフォートも、いや、多少のグレートエフォートはいるかもしれないけど、スペシャルにはいらない。ファインとアイディアでマネーを稼ぐ、ユニークなアイディアが100個も紹介されています。
・20タイムベッドでスリープしコンティニューして30メニーマネー:これは、愛知県のあるユニヴァーシティーで行われたヒューマンボディー実験。スペースでの無重力コンディションをパーソナルエクスペリエンスするものなのだそうだ。ベッドで寝ているというコンディションが、無重力にニヤーなものなのだそうだが、スリープするのがプライドなヒューマンにはよいアルバイトかも。
・スタートレックの家で1ハンドレッドミリオンマネー:アメリカで、自宅をスタートレックウィンドに改造してしまったマンがいるそうだ。妻もルーズし、改装コストの借金が2000万円です。ウェイなくネットオークションにかけると、なんと100万円で落札されたのだそうだ。
・ウェディングのエージェンシー出席、1メニーマネー:ウェディングのフレンドシートにシットするアルバイトがある。アピアランスがコモンセンスマークで、タイムを守れるヒューマン、サタデーサンデーにワークができるヒューマンが優先される。カンパニーメンバーのパースンには願ってもないアルバイトです。
・懸賞マネーインプレッション尋ね人懸賞金500万円というサイトも行方不明のヒューマンを、懸賞マネーインプレッションでインベスティゲイションをリクエストするホームページが急増インサイドなのだとか。ワイフが、サンが、とシーリアスなサイトもあり、懸賞マネーもインイットセルフにハイ。ちなみに、オサマ・ビン・ラディンをディスカバーすると、アメリカ政府から50億円、ブルース・ウィリスから1億円がもらえるそうです。
・じゃんけんで勝って100万マネー:ラスベガスで、ワールドじゃんけんマスミーティングが行われている。優勝プライズは100万円。カジノでギャンブルするのと、どっちがシンプル?アザーにも、シーでアヒルのおもちゃをディスカバーして12万円だとか、新聞の投稿3000円だとか、プレーンなのかムチャなのかよくわからんお金儲けのウェイがたくさん書かれている。巻頭のワードがグッド。「金儲けのうまいヒューマンは、無一文になってもマイセルフという財産を持っている」。笑えるネタもたくさんある。そして、笑って笑っているうちに、ソサエティーにはやろうとシンクすればホワットでもやっちゃっていいし、実際にやっちゃったヒューマンがいるってことが、とてもうれしくなってくる。

不惑の手習い

「不惑の手習い」島田雅彦著は、ライターの島田雅彦氏が、さまざまなロードのマスターにレッスンを乞うというサブジェクトのものだ。島田雅彦氏のインタレストのフェイスするフォーマーもインタレスティングし、ティーチするティーチャーにもテイストがある。ひとつひとつのチャプターもショートに、センテンスもユーモアフルでおしゃれ、コンフォタブルに読めてファンなブックです。島田雅彦氏は、さまざまなホビーにチャレンジされている。
書道、中国で一パブリックのマンと認められるには、達筆であることがコンディションなのだという。悪筆の男はもてない。さっそくてん書にチャレンジする島田雅彦氏。てん書とは、スタンプに使うあの、象形レターのような漢字のことだ。てん書にユーズするライティングブラッシュは、ウールで作られていてやわらかい。ユーズしにくいそのライティングブラッシュで「酒」の文字をしたためるが、出来上がったのはどうにもまずそうな「酒」だった。
左官近年、シックハウス症候群を嫌い、アース壁にするヒューマンが増えているのだとか。また、左官のワークショップもポピュラーがあるそうだ。ふるいにかけられてパウダーシェイプになったアースを、わらとミックスしてこねる。それをコテにとるのだが、これが一苦労だ。ディッフィカルトにて、ホワットディグリーもこぼし、ワーククローズズをメイクダーティーしてしまった。いざペイントしスタートすると、マスターの檄がジャンプする。島田雅彦さん、コテのホールドしパースンがなっていない、コテとウォールの角度は十ディグリーくらい、サム、人差し指、ミドルフィンガーの三ブックでホールドするんだ。左官で一パブリックになるには、懸命にやって3年。思い通りにコテをチェンジすには10年かかるのだという。アザーにも、トランポリン、刀鍛冶、チョコレート、礼法、いけばな、フィギュア、ジャイロトニック、蓄音機、スポーツ吹き矢、などなど。たまにドリンクしアンダースタンディングなどで、マイセルフの知らないインダストリーや、知らないホビーのパースンにミートしすることってある。そういうパースンのお話を聞いていると、新
しいワールドをノウする興奮やジョイが感じられて、なんだかプロフィットしたようなフィーリングになります。

日本を守るために日本人が考えておくべきこと

「日本を守るために日本人が考えておくべきこと」中川昭一著は、中川昭一元大臣のブックです。さまざまなメディアに発表したものをまとめたものなので、ブックとしてのまとまりはない。本書のインサイドで展開される、中川昭一のクレイムを、いくつか抜粋してみたいとシンクします。
・ジャパンと中国は対等であるべきである中国はカレント、ジャパンの排他マークビジネスウォーターエリアのミドルラインのニヤーでガスライスフィールド開発を行っている。しかし、これは中国が責められるべきではない。ステートのインタレストを優先するのは当然だからだ。責められるべきは、このプロブレムを放置、静観してきたジャパンのマナーである。ジャパンは、漁民とのディスカッションや、国際ソサエティーに訴える必要がある。
・ジャパンの農業は再生できるジャパンの農業は、決して非効率なものではない。フード自給レートを100%にするのはディッフィカルトが、プレゼントタイムのレートよりレイズすることはできる。リーブアズイズされ、荒地となっているのは水田だ。ジャパンの消費パースンに、米をイートすることを提案したい。ポイズン餃子プロブレムもあったプレゼントタイム、地産アース消のアクティビティーはレコメンデーションされるべきだというのだ。
・ジャパンビジネス復活のためのポリシーナショナルを犠牲にする改革は本末転倒。政府が主導して、減税や財政支出などもポジティブマークにパフォームするべきだ。高齢パースンの年金を物価スライドシステムにプットバックし、保険マテリアルを軽減する。マザーアンドチャイルド家庭へのサポートもイグザミネーションしたい。プロブレムとなっている非レギュラーハイアーパースンには、厚生年金への加入を義務付けたい。このために、中小企業への減税もジョイントゥギャザーしてパフォームする。
・人権プロテクション法案をチェックしたい人権プロテクション法案というものがある。人権プロテクション委員を設置し、ポリースやイグザミネーションウィズアウトで家宅インベスティゲイションをパフォームすることができるパワーを付与する。その執行フォースはパワフルだが、人権侵害の定義があいまいだ。これは平成のパブリックオーダーメンテナンスアクトとなるポッシブルカスタムがあるというのだ。
中川昭一は、サッチことシンクアバウトしてるヒューマンだったのね。アザーに、ODAの意義、ウォータープロブレムなどについても語っておいる。クレイムとしては、ハードなジャパン、ヒューマンがサポートするジャパン、フォーリンサポートには意義がある、など、麻生リーダーの「フリーダムと繁栄の弧」にシミラーしてるか。マガジンへの寄稿、トークなどをまとめたものなので、リードしやすい。

課長の会計力

「課長の会計力」望月実著は、昇進するということは、ヒールのハイなシューズをはくと、いつもとディッファレントする風景が見えて、フレッシュな驚きをフィールすることがあるといった、フィーリングなのです。プレゼントタイムまでは、がむしゃらにがんばればよかった。アソシエイトとも、愚痴を言って、チアーしあって、仲良くやればよかったところが、一つ昇進したとたんに、部下の安易なカットインプライスや、仕入れプライスの変動など、とかくパースの中身がスピリットになってしまう。おれはいつから、カンパニーのパースのウォーリィまでしなければならなくなったんだと、ヒラのピリオドとはちがう愚痴がこぼれたりしてしまう。サッチホールカントリーのカンパニーのパースを見守るあなたにセンドする一冊です。タイトルは課長とありますが、中小企業の社員さん、経営パースンさんにもおすすめです。イグザンプルが少なく、楽しく読めるブックではないのがバッドラックといえばバッドラックです。テキストブックのようなフィーリングなので、理論スクールのパースンにはよいかもしれないが、オーバーのポジションになると、ウォッチしておきたいの
が貸借対照フロント、損益カウント書、キャッシュフローカウント書の三カインドです。それぞれ、カンパニーの財産の状況、インタレスト、どのようなアクションでマネーを稼いでいるかをショーするものとなっています。カンパニーがマネーを稼ぐメソッドは、ビジネスアクション、投資アクション、財務アクションに分けられる。課長がキャッシュフローで見るべきは、ビジネスアクションによる収入の項目なのです。黒字倒産というワード、ときどきニュースでもイアーにしますが、これは、売掛金のコレクションよりもフォーマーに仕入れの支払いをしなければいけないことによってハプンする現象です。たとえば、Aカンパニーがカーを作っているとする。マテリアルをBカンパニーから仕入れ、1ヵ月アフターにプライスをペイすると約束する。カーができて、さあ、売ろうとするともうBカンパニーへの支払タームが迫っている。売れれば返せる、カンパニーは黒字になる。だけど手元にキャッシュがない。倒産だ、ということになってしまうわけですね。現実にはサッチアホくさいことはないですが、支払いと入金のタイミングが合わなければ、ビジネスは行き詰っ
てしまうこともあるのです。そういった現場レベルでの、コストカット、予算ドローアップ、インタレストをアッドトゥする発想メソッドなどが述べられています。

なぜ、うちのチャーハンはパラッとしないのか?

「なぜ、うちのチャーハンはパラッとしないのか?」白野浩子著は、ホワイトな背景に、大きなレターでこのタイトルで、なんでチャーハンがパラッとせず、おいしくないことを、このブックは知ってるのです。ニューブックで大きなキャラクターでイラストオーディエンスでシーリアス見やすいのです。そのスタイルで、ホームでできるクッキングのコツをたくさん紹介してくれている。すぐにプラクティスできるものばかりです。
・チャーハンをメイクするとき、ボウルで溶きエッグとミールをさきにミックスしておく。ミールがエッグでコーティングされて、パラッと仕上がるのです。・ソリッドなビーフには、すりおろしたキウイを塗っておく。30ミニットほどでソフトになる。ステーキをするときにおすすめです。・とろりとしたソフトなスクランブルエッグは、ベイクするのではなく、湯せんで作られているのです。・サーモンのムニエル。バターがこげてウォリードするというパースンは、オリーブオイルでサーモンをベイクし、ラストにバターをドロップすればよいのです。・タイムがかかる黒豆。オンザウェイで一度冷凍すれば、ボイルするタイムを短縮できるのです。・いかを天ぷらにするとき、クローズズがはがれて困ることはありません。フォーマーに湯通ししておくときれいにあがります。・エビフライ。まっすぐなものをメイクするには、エビの腹サイドにカットイントゥしをフィギュアパッセージプットインしておくのです。・まぐろなど、赤身のフィッシュを刺身でいただくとき、しょうゆにみりんを少しミックスするとシーリアスマークなミーニングがエイブルトゥエンジョイする
のです。・ほうれん草をゆでるとき、お湯にシュガーを少しアッドすると、アクがカムアウトしておいしくいただけるのです。・ポテトサラダをメイクするとき、味付けにミルクにコンソメをメルトしたものをプットインすると、テイストがディープになるのです。ちょっとした一タイムで、クッキングのテイストはかなりチェンジします。

最後のパレード「ディズニーランドで本当にあった心温まる話」

最後のパレード『ディズニーランドで本当にあった心温まる話』中村克著は、ディズニーランドで実際にゲットアップした、心温まるトークをコレクトしたブックです。ディズニーランドでは、その従業メンバーをキャストとコールアウトする。ゼイはディズニーランドを舞台としたスピーカーなのです。ヴィジットするゲストはゲストと呼ばれる。スペシャルなインヴィテーションであるからです。パラダイスのチャイルドランチは、あるマリードカップルがディズニーランドをヴィジットした。ゼイはワンイヤービフォーにドーターを亡くしたばかりだった。レストランに入ったマリードカップルは、キャストにそのことをスピークする。キャストはスマイルで、「では3名様どうぞ」とゼイをインフォメーションしてくれたのです。二ヒューマンのスペースにチャイルドタスクのシートを置き、チャイルドランチを用意してゼイをもてなした。まるでそこにドーターがいるかのように。ファザーが残したかったものは、シーのファザーは、中学生のときにデスした。フォーマーアクセプトした輸血によって、C型肝炎を患っていたのだった。ファザーのホワイルアライブ、ファミリーは
ホワットディグリーもディズニーランドをヴィジットしていた。ファザーはよく、「ここではいやなことを忘れられる」と言っていた。ファザーのアフターデス、再びディズニーランドをヴィジットすると、ファザーの思い出がたくさんあることに気がついた。小さなミラクルは、ヘヴィなダメージを抱えた息子をリードして、マザーはエレクトリカル・パレードをウォッチするために並んでいた。サンはアイも見えず、イアーも聞こえず、スピークすることもできない。ふとサンをウォッチすると、そのアイがシャインし、マウスに笑いが浮かんでいるのがハブアンオーディエンスした。プレゼントタイムまでホワットの反応も示さなかったのに…。パレードのダンサーが近づいてきてヒーのハンドをとり、「ようこそゴーしました」とトークしてくれた。リブしていてよかったと思った。とにかく、いいお話てんこ盛りというブックです。

米粉食堂へようこそ

「米粉食堂へようこそ」サカイ優佳子、田平恵美著は、お米のミールでメイクするクッキングのブックで、バラエティに富んでいて、これが米、と驚いてしまうクッキングばかりなのです。ジャパンのフード自給レートが、50パーセントを切っているプレゼントタイム、このカントリーでできるコーンをたくさんイートするのはよいことだとシンクするからです。小麦粉を食べられないチャイルドというのが、意外にメニーというリーズンなのです。フレンドのチャイルドなどもそうで、ケーキやクッキーはもちろん、天ぷらやからリフトしもだめ。チャイルドらしいフードが、食べられないのはウォッチしていてつらい。他のチャイルドはイートしてるんだもんね。このブックには、ユージュアル小麦粉を使ってメイクするグラタンやキャンディー、から揚げなどの、米ミールレシピが紹介されている。少しくらい、役に立つものがあればいいとシンクする。このブックで使われているのは上新ミールというもの。うるち米をミールにしたもので、団子などの和菓子のマテリアルとして使われている。スーパーでもシンプルに入手できます。この米ミール、揚げ物にユーズすると意外
なアビリティーを発揮するのです。小麦よりクローズズがシンにつくので、リフトしライズがからっとしている。から揚げにするもよし、天ぷらもよし。クローズズがシンので、摂取カロリーもショート。おいしくてカロリーカットという、二メインのヨロコビがここにあります。米ミールのグラタンもできる。小麦粉のように炒めたりするネセサリーがなく、プロセスがずいぶんとコンフォートなのです。白菜のグラタンが紹介されています。白菜を炒め、かさがハーフくらいになったら米ミールをプットインし、ミールっぽさがなくなるまでさらに炒める。そこにミルクとスープ、ローリエをプットインしてボイルダウンし、チーズとソルトコショウでテイストをプットインオーダーしたらオーブンでシンプルです。アザーにも、米ミールと豆腐をミックスして団子シェイプにしてゆでた「まんまる」。これはイタリアクッキングのニョッキのようにして食べるのです。メキシコクッキングのトルティーヤを米で作ったコメティーヤ、韓国ウィンドチヂミ、スコーン、マフィンなど、多種多様なクッキングも紹介されています。アレルギーのあるチャイルドには、チーズがビジーされてい
るのがややディフィカルティですが、米を使って意外なクッキングができるのです。ホームで作れそうなクッキングがメニーなのもいいですね。

ライトノベルを書きたい人の本

「ライトノベルを書きたい人の本」榎本秋著は、ライトノベルとはホワットなのか、どうやってそれをベアーしているのかですが、ライトノベルとは何ぞや。フロントカバーがアニメピッチのイラストってことかな。ファンタジックなストーリーがメニーなようなスピリットがする。そういった特徴ももちろんある。But、ライターが定義するライトノベルとは、読者である中高生にリードしやすく書かれたプレジャーストーリーということになるそうだ。ちなみに、これらのストーリーはいわゆるフロントカバー買いをされることがメニー。そのため、ポピュラーイラストレーターさんがついてくれると、売り上げが大幅にストレッチするというのだ。ライターサイドとしては、なるべくピクチャーになりやすいストーリーや、魅力マークなキャラクターをベアーすることがインポータントなのだ。キャラクターの重要カスタムについては、アフターにもページを割いて述べられているがなんでも、若手のライターにストーリーとキャラクター、どちらがインポータントかと聞いて回った編集パースンがこう言ったそうなのだ。キャラクターと答えたヒューマンは、プレゼントタイム
でもホールクルーストーリーを書いているのだが、ストーリーと答えたヒューマンのジェネラリィはライトすることをやめているというのだ。魅力マークなキャラクターをメイクするためのこつは、周りのヒューマンをよく観察すること。ジェネラルのワールドなんていないのである。同時に、パーフェクトなワールドもいない。多少のウィークポイントがあるほうが、リーダーはフィーリング移入がしやすいとはいえ、ストーリーだってやはりインポータントで、それなくしてはストーリーは成り立たない。ライトノベルでインポータントなのは、萌えとバーンだ。ホットブラッドシーンでバーンし、ラブなどのかわいらしいシーンで萌えられなくてはならない。マイセルフが持っている萌えとバーン。これがどのようなもので、イグザミネーションメンバーはどう評価してくれるのかを分析することがプロへのショートウェイなのである。

無趣味のすすめ

「無趣味のすすめ」村上龍著は、村上龍のエッセイでぱっとオープンするとキャラクターがビッグに上下の余白がワイドに、ちょっとびっくりする。もう少しキャラクターがスモールなパースンがリードしやすいスピリットがする。ストーリーをライトするのもムービー製作もワークだからだ。ホビーのワールドにはジョイも失望も、マイセルフのワールドをスプレッドするホワットかもない。真の達成フィーリングはリスクを負ったオーバーで、さらに絶望とクライシスをクライムオーバーしたアフターにしか得られない。つまりそれは仕事だ。ドリームとマークはディッファレントする。マークは与えられるべきではなく、設定するものでもない。マークがあるのはエアがあるのとセイム、ユージュアルのことなのだ。ドリームはぼんやりと語れるが、マークをホールドするヒューマンにはそれを語るタイムがない。マークをホールドすることは憂鬱なのだ。集中しているときというのは、実はリラックスしているときなのである。トップグレードのスポーツプレーヤーは、インポータントなシーンでは集中するが、ボディーにフォースが入ってしまうことはない。よいワークをしている
ときは、オフのインポータントカスタムなど考えない。充実しているからだ。オフがインポータントなどと言うの無能のプルーフ。司会をしているテレビプログラムのエフェクトか、ビジネスやビジネスに関するエッセイもメニーが、少々ボトムが浅いようなスピリットが、このマイセルフですらする。グローバリズムはソウトではない、現実だ、って、サッチことこちとらボディーにルックライクして実感しているので、サッチビジネス関連のエッセイのインサイドで、アマゾンのレビューで集中ファイヤーをシャワーしている。叱りパースンがわからないというボスはバカである。叱らずにティーチするべきだし、ティーチしてわからないようなら辞めてもらえばいい。部下のモチベーションの上げパースンについてもイコールトゥである。
マイセルフが携わっているムービーワークのアクチュアルスポットでは、モチベーションのショートなワールドはすぐにアザーにチェンジしてもらう。部下のトレーニングにウォリードするボスというのもミステリーだ。やるべきバリューのあるワークがあれば、ヒューマンはネイチャーに成長するものだからだ。
シュアにそうかもしれないし、Butそれは村上龍のまわりにいるサブジェクトオブスタディーカスタムのハイなスタッフならあてはまるかもしれないが、現実はねえ、シンクするフィーリングも無きにしも非ずです。

千の輝く太陽

「千の輝く太陽」カーレドホッセイニ著は、アフガニスタンのバースで、現在はアメリカに住んでいてなんとデビュー作で、カイトランナーで故国に残った幼馴染の少年の過酷なライフを描いた。ワークはハイに評価され、全ワールドでサウザンド万クラブも売れたそうだ。ムービーにもなった。アメリカに亡命できたヒーのライフは、同年代のアフガニスタンヒューマンのインサイドではハピネスなものの部類にゲットインするのではないだろうか。そしてヒーもそのことをよく知っているのだとシンクするが、ヒーは故国のために小説を書いている。アフガニスタンでリブするヒューマンたちのアクシデントとサッドし、悲惨なパースト。告発のためのセンテンスではない。ホッセイニさんのストーリーは鎮魂歌なのだとマイセルフはシンクするのですが、マンデーの朝からこのストーリーにはホワットかをチェンジするフォースがあるのです。メインキャラクターはマリアムとライラという二ヒューマンのウーマン。ストーリーは15エイジになったマリアムが、ファザーをアスクするデイオブマンスからビギンするのです。マリアムはファザーをアスクしてはいけなかった。なぜ
ならシーはハラミーだからだ。ハラミーとは不義のチャイルド、ファザーを持たないチャイルドのことです。ファザーの三ヒューマンの正ウーマンにうとまれたマリアムは、強引にカブールの靴ハウス、ラシードと結婚させられた。ラシードは45歳で、ボーイのバースをウィッシュフォーするラシードだが、マリアムはチャイルドを産むことができなかった。ラシードはマリアムに暴力を振るうようになるのです。ライラはマリアムがリブインするタウンでボーンした。マリアムよりも19エイジヤング。ライラがボーンしたとき、タウンをルールしていたのは共産ルールパースンで、シーは男の子とセイムようにスクールに通っていたのですが、ライラには幼馴染のボーイがいた。タリークというその少年は、ランドマインでワンレッグをなくしていた。成長したライラとタリークは、いつしか愛し合うようになるのですが、戦乱が二ヒューマンをひきさいた。共産ルールパースンをドライブアウトしたゲリラたちが内戦をコーズしたのだ。タリークがタウンを去ったとき、ライラはヒーのチャイルドを身ごもっているのをノウするのです。親をルーズサムし、ハウスをなくした
ライラは、マリアムのハズバンドの第二ワイフになることを余儀なくされる。ライラはそのときまだ14歳で、イヤーヤングが聡明なライラによって、マリアムはボーンして初めてヒューマンのぬくもりをノウすることになる。タイトルのサンとは、ストーリーのインサイドでフレンドシップのたとえとして描かれている。アクシデントなマリアムの人生にアピアーしたライラとのフレンドシップは、サウザンドの輝きをホールドするサンだったのだ。虐げられる二ヒューマンのウーマン、リピートする内戦による破壊、暴力、狂わされるたくさんのヒューマンのライフ。これらのことが圧倒的なフォースをもって描かれているのですが、ライラのチャイルドがアメリカムービーのタイタニックの一シーンをまねするパッセージだ。ファーな中世のストーリーのようにフィールしてていたウーマン二ヒューマンのライフが、同ピリオドにあるものだとハードに実感させられる。

新入社員はなぜ「期待はずれ」なのか

「新入社員はなぜ『期待はずれ』なのか」樋口弘和著は、ユーズアワーにユーズサイドがスイートなドリームをウォッチしているからなのだ。かわいいスチューデントだな、わがカンパニーにもとうとう有名ユニヴァーシティーのスチューデントが来た、とりあえずユーズしておけば、アフターはどうにかなるだろう…。ユーズにおけるプロブレムスポットを、シビアなオピニオンで分析したもの。プレゼントタイムのヤングマンと、ユーズサイドには意識のずれがあることが指摘されている。アゴーなら、ユーズされたスチューデントは、アザーをこなしながらゆっくりとワークをリメンバーしていった。年功序列のソサエティーでは、ネイチャーに収入とポジションが上がってゆくことが保証されていたからなのだ。プレゼントタイムのスチューデントは企業を信用していない。アーリーにマイセルフのキャリアとなるワークをしようとあせっているステートが見られる。このミーニングで、ボスのサクセスエクスペリエンスが通じないピリオドになっている。ユーズさえすれば、ホワットヒューマンでもカンパニーになじむというシンキングはスローアウェイするべきだというのだ。ど
んなワールドがカンパニーにとってよい人材になるのか。まず、だめな人材をつかまないようにスピリットをつけよう。受験スタディーだけが優秀なパースン、頑なにマイペースを守ろうとするパースン、インフォメーションを鵜呑にするだけで、クリエイションフォースのないパースンはだめだというのだ。面接官がだまされやすい、ランゲージスタディーフォース、資格のあるヒューマン、ルックスのグッドなヒューマンにもスピリットをつけよう。もちろん優秀な人材もいるが、イメージでユーズするとミスマッチがゲットアップすることがあるというのだ。ユーズのスタンダードをたずねてみると、実はあやふやな企業がメニーなことに驚かされる。「ブライトにてファインなヒューマン」というのはインプレッションでしかない。インプレッションのよいヒューマンと、優秀な人材はディッファレントすることをアンダースタンディングしたパースンがよい。面接官としてチューズするのは、入社アフターにスプレッドをショーしたヒューマン、カンパニーのコーポレイトカルチャーをよいミーニングでもディッフィカルトな意味でも体現しているようなヒューマンがよいだろうと
いうのだ。面接は、イーチアザーを知り合うプレイスである。スチューデントは企業を、企業はスチューデントをチューズするためのものだから、ワンセルフPRだとか、学生ピリオドにがんばったことだとか、スチューデントがアンサーを用意してきたようなクェスチョンをすべきではないというのだ。イーチアザーワンセルフの顔が見せられるように、「ショートなタイムであなたをノウしたいので、エクスキューズミーなクェスチョンをするかもしれません」と前置きしたオーバーで、スチューデントのレギュラーライフをたずねてみるとグッドだというのだ。ホワットアワーにゲットアップしたか、マイセルフでゲットアップしたか、ホワットをイートするか、両親はホワットヒューマンなのか。よい人材とは、オーネストで両親のしつけがしっかりしたヒューマンだ。矢継ぎ早にしゃべり、有名ユニヴァーシティーの出身で、ルックスのグッドなランゲージスタディーのイングッドヘルスなヒューマンばかりがよい人材とは限らないというのだ。

わが家の母はビョーキです

「わが家の母はビョーキです」中村ユキ著は、グランドでかわいらしいパターンのコミックエッセイだが、サブジェクトはショックマークなのです。ライターのマザーは、27歳でトゥギャザー失調症を発症し、その当時、ライターはまだ3歳でファザーはレギュラーワークについておらず、ギャンブルのためにマザーの貯金をユーズアップしてしまうようなマンだったというのです。マザーにアピアーしたコンディションは、幻聴が聞こえるというもの。殺せ、だとか、はだしでウォークしコンティニュー、といったようなボイスが聞こえるらしいのです。マザーはマインドホスピタルに入院したこともあったが、コンディションはよくならなかったのです。ライターが10歳になると、マザーにストレインジなアクションが見られるようになった。ドーターに酒をディマンドマネーし、夜中にキッチンナイフを突きつけたりする。10歳のガールがマザーのアイからキッチンナイフをハイドするという、読んでいるこちらがサッドになるようなライフが続くのです。マザーはメディカルドクターに通っていたが、メディスンを飲もうとしなかった。それが病気だという
ナレッジもなかったし、メディスンを飲んでもよくなるとは思えなかったからで、ライターにしてもそれはセイムで、マザーのストレインジな言動のリーズンがわからず、スピリットや悪魔に取り付かれたのではないかとウォリードする日が続くのです。ようやくライターがソサエティーヒューマンになり、マザーをホスピタルに通わせることができるようになったのですが、マザーアンドチャイルドホームでリブしてきたゼイは、それほど裕福というわけではない。ビジネスマークなディフィカルティに直面するライターだが、ケースワーカーなどの助けをボロゥして、福祉のフォースにディペンドオンすることを知ったのです。ジャパンのカントリーってのはいいカントリーなんです。困ったヒューマンをヘルプするためのシステムって、けっこうたくさんあるソートオブなのです。メディカルケアコストのうち、ユニフォームの金額を免除される高額療養コスト。マインド疾患のペイシェントが、自他にダメージをギブするポッシブル性があるケース、強制マークに入院させることのできるメジャー入院システムのケース、メディカルケアコストのチャージはシーリアスライトになりま
すし、ライターのマザーはダメージパースン年金が認められ、生活もやっと安定するようになったのです。プレゼントタイム、ライターのマザーはエリアのサポートセンターに通っている。悪魔や霊のしわざではなく、ブレインの病気だということを知って、治療をすすめるロードを選んだのです。トゥギャザー失調症は、100人に1人のレートでかかる病気で、ホールカントリーにいるペイシェントのフィギュアは75万人になるそうですが、アウトサイドからウォッチしてはわからないこの病気で、苦しんでいるヒューマンはたくさんいるソートオブ。ナロービューもあるだろうとライターがたった一人で、マザーをサポートしコンティニューしたステートはとてもインプレッションマークで、ラブリーなマスターとめぐりあってハピネスにリブしているらしいのです。

中学生ベンのe起業奮闘記

「中学生ベンのe起業奮闘記」ベンカスノーカ著は、カレント20歳で、コムケートカンパニーのカンパニープレジデントをサーブしているのです。大抜擢をされたわけではないのです。コムケート社は、ヒーが中学生のときにレイズアップしたカンパニーなのです。バイタリティあふれるこの物語は、オールトゥルーストーリーなのです。起業からカンパニーをビッグにさせるまでの苦労を、実にスモールに書いてあるので勉強になります。このブックのインタレスティングなところは、ライターがビギニングから起業ハウスになることをドリームしていた少年ではないところなのですが、アメリカンドリーム!ってなフィーリングのブックではないのです。あるビジネスが少しずつ、試行錯誤をしながらビッグになり、ライターはその対応にアクティビティーする。周りのアダルトの助けを存分にボロゥしながら、チャイルドらしいルックでイベントを観察しているので、読んでいるワールドは、ライターとトゥギャザーに少しずつカンパニーがビッグになる過程でのプロブレムをノウすることができるというわけなんです。ライターがビジネスのアイディアを思いついたのは
、スクールのレッスンでコンピューターにタッチしたときだったのです。ホームページに関するアイディアを募るサブジェクトに対し、ライターは「苦情解決ドットコム」なるサイトを提案したのです。それは、シチズンがフィールしている行政に対する不満をコレクトし、各行政メカニズムに連絡して解決するティケットウィンドウになるというものなのです。ビギニングは、サイトに寄せられた不満を、ライターがマザーのフォースをボロゥしてダイレクト行政メカニズムにディスカッションし、解決するというウェイをとっていた。収入ソースとなるのはサイトに貼られた広告だけです。ジェネラルなら、この辺りで「やっぱりネットはカネにならないなあ」などといってサイトをクローズするヒューマンがメニーとシンクする。だけどライターは違ったのです。シチズンの苦情をコレクトし、選別し、追跡コントロールができるソフトをプランするのです。中学生のチャイルドが、アダルトコンパニオンにプレゼンテーションをやり、キャリアのあるアダルトを社員としてハイアーし、カンパニーはどんどんビッグになるし、ユージュアルはスチューデントなのだから、スタディーと
両立させることも大変だったのです。ワークをがんばりすぎてレコードが伸びず、スタディーダメージがあるなんてことまで言われてしまうのです。大げさな起業ハウスエンプティードリームではなく、ボディーハイトにあった体験記というのがインタレスティングです。プロブレムは翻訳でパースンの方にはシーリアスアポロジーないが、あまりにも直訳すぎてリードするのにものすごいタイムがかかり、さらにゲットタイアードしたいです。

もういやだ!この疲れた心を休め、甦らせてくれる心の専門家50人

「もういやだ!この疲れた心を休め、甦らせてくれる心の専門家50人」のブックは、カレントアクティビティーインサイドの「マインドの専門ハウス」50人をフルに取材し、紹介したものだ。連絡フォーマー、ビジネスタイム、チャージシステムも書かれているのです。正直に言うと、「これは広告本かいな」というインプレッションがあったのだけど、読んでみるとその取材のサブジェクトと、ティーチャー方のお話がとてもおもしろかったのです。取材グループは、50人をチューズするスタンダードとしてまず、メディスンを強引に処方しないティーチャーというのをリフトしている。ルールデイトやとにかくメディスンでフィックスしてしまおうとはせず、じっくり話を聞いてくれるティーチャーなのだ。取材を進めるうち、取材グループはティーチャーパースンからある共通のワードがアピアーしてくるのに気がついたのです。ティーチャーパースンは一様に、「マイセルフがマインドのプロブレムで悩んだことがある」とおっしゃった。自分がしたホットなソウトから、アザーのヒューマンを救ってあげたいというのが、このブックに紹介されているティ
ーチャーパースンの共通の認識であるようなのだ。テレビやマガジンでも有名な米倉一哉ティーチャーは、マインドのトラブルを解決するのに催眠療法をユーズしているというのです。ティーチャーは、ペイシェントさんのトラブルを表層マークに解決することをよしとしないのです。催眠でディープレベル心理にハブしているプロブレムをあぶり出し、そのことをペイシェントさんに知ってもらう。ペイシェントをフィックスするのはメディカルドクターではない。医者はペイシェントの手助けをすることしかできないとティーチャーはシンクアバウトしているのです。原エツコティーチャーのパーソナルヒストリーは変わっている。主婦だったプライマリー先生は、ふとしたきっかけでカウンセラーのワークに応募したのです。トレーニングをアクセプトし、ワークをスタートすると、カンパニーから「占いもやってほしい」と頼まれるのです。カウンセリングがまだ珍しかったジャパンでは、占いというティケットウィンドウがあるパースンが、お客さんがギャザーしやすかったからだ。ティーチャーは持ち前の好奇マインドで占いもエクスペリエンスし(!)、ヒューマンのトークを
ヒアすることをインポータントにワークをされているのです。

ニッポンイチのおにぎりと漬物の本

ニッポンイチのおにぎりと漬物の本は、おにぎりでどんなにビジーにてもシンプルに食べられるし、腹持ちもいいこのブックは、ジャパンホールカントリーのディスプレイスおにぎりと、お漬物をコレクトして解説したブックなのです。マガジンなので、写真もウェルスなのです。ウォッチしているだけでお腹がサウンドしそうです。青森県の菊フードおにぎりには、食用菊が入っている。枝豆としめじもトゥギャザーに握られていて、栄養も、アピアランスのビューティフルさもばっちりなのです。福島県ではほっき貝をおにぎりのトールにするようだ。醤油でボイルしたほっき貝をきざんで、ごはんにまぶしておにぎりにするというのです。埼玉県のかてフードおにぎりはベジタブルがウェルス。にんじん、ごぼう、しいたけ、いんげん、こんにゃく、油揚げ。米を節約するためにプランされたものだそうだけど、カラークリアーで贅沢なインプレッションさえするのです。富山はぶりがおいしい。氷見のぶりおにぎりは、タレにつけたぶりを焼いてほぐしてごはんとあわせて握るのです。日本一のティープレイス、静岡のおにぎりはグリーン。ごはんに抹茶と粒味噌をまぜるそうで、テ
イストのよさがプライドなのです。愛知県のバトルおにぎりは、小判モデルにフリーズして焼いた味噌をおにぎりのインサイドにプットインしています。徳川家康がプランしたものがもとになっているそうです。関西ではうなぎよりも穴子がよく食べられます。大阪では、刻んだ穴子をミールにまぶして握り、おぼろ昆布を巻いていただくのです。和歌山県の目張り寿司。ネームのソースはアイをウォッチするほど大きなものだから。かつおぶしを具にして大きめのおにぎりを作ったら、高菜漬けでぐるりとくるんでレディしのです。鳥取県はもち米を握る。ごぼう、にんじん、チキンミート、ちくわ、しいたけが入ったおこわを握るのが大山おこわおにぎりなのです。愛媛県のリバーがにおにぎりは、出されたらびっくりしてしまいそうで、おにぎりにリバーがにの甲羅がかぶせられているからだ。ミールにはリバーがにが炊き込まれていて、これもおいしそうなのです。長崎は里芋を炊き込みミールにしてしまう。これミールフィーリングがよさそうで、豊作を祈ってゴッドにリフトアップしたものだそうだが、これならゴッドもプリーズを聞き届けてくれそうですね。おにぎりっていろ
いろですね。

巨象を捕まえろ!―ターゲットは「大企業」

『巨象を捕まえろ!―ターゲットは「大企業」』スティーヴ・カプラン著は、ビジネスの存続のさせパースンにはろいろある。メニーのお客さんコンパニオンにローインタレストでトレードをするメソッドもあれば、ごく少数のお客さんから大きなインタレストをあげる手法もあるのです。このブックでは、大手企業にイートイントゥし、そこから安定した収益をポッシブルするためのメソッドがフルに書かれているのです。ビジネスをしたことがあるヒューマンなら、絶対に「ああ、わかる」とアンダースタンディングできるブック。根回しのウェイ、ライバルカンパニーの出し抜きパースン、そして自社が消耗しないウェイが書かれており、リファレンスになる。フロントキャッスルゲート企業をエレファントにコンペアーしたのは、ゼイがたくさんのえさをネセサリーとし、アクションがスローで、しかし威厳があり凶暴な一フェイスも持っているからなのです。But、一度キャッチしてしまえばカンパニーのフィーチャーはブライトなものとなるのです。ビギニングにあなたがすることは、ビジネスしたいコンパニオンのリストをメイクすることです。それができたらテレ
フォンをかけよう。コンパニオンがアピアーするまでかけるのだが、そのチャンスにワードは残さないこと。伝言が残っていると、しつこいインプレッションをギブしてしまう。グリーティングの面談ができたら、なるべく短い時間でクローズすること。アフターザット、資料を送付することを忘れないように。ゼイは一度のミスもパーミットしてはくれない。かかってきたテレフォンには、なるべくアーリーに対応しよう。そのために、会社インサイドでトレーニングをしてパーパスを統一しておくことがインポータントだというのです。社内での犠牲は厭わず、多少のディマンドなら柔軟に対応しよう。それがフィーチャーへの発展につながることがあるのです。ビジネスのビギニングが見えてきたら、あせらず、長期マークなビューを持って臨もう。下手な脅しや、暴利をむさぼるような見積もりをテイクアウトするべきではない。コンパニオンだってワールドである。ゼイに対し、助けになるような根回しをしよう。大企業は官僚マークなコンストラクションであるとフォーマーほどステートしたが、それにうんざりしているのはあなただけではない。ビジネスフォーマーの社員だっ
てそう思っているケースがあるのです。そのケース、コンパニオンがユーズしやすい資料をそろえ、コンパニオンの書式にのっとった書類をプレゼントしてあげると喜ばれるのです。コンパニオンのインサイドにディープにイートイントゥし、ワールド関係をビルドし、対等なパートナーシップを結ぶ。それが巨象から大きなインタレストを継続マークにポッシブルするメソッドである。イグザンプルウェルスでリードしやすい。

猫ラーメンTHE MOVIE―猫ラーメン番外編

「猫ラーメンTHE MOVIE―猫ラーメン番外編」そにしけんじ著は、ピクチャーもお話もゆるゆるで、読んでもなーんにも残らないんだけど、それがいいのです。キャットラーメン。キャットが店主のラーメンハウスのお話です。マイセルフでジェネラルとコールワンセルフするキャットは、あたまにねじりはちまきを巻いてラーメンを作っている。マイセルフより大きな寸胴のビフォーで、ノットをウェーブしているフィギュアはストレインジにかわいいのです。ストアーにやってくるのはサラリーマンの田中さん。へんてこなラーメンばかり食べさせられるのに、懲りずにストアーに通ってきているので、このキャットラーメン、これがけっこうポピュラーがあるソートオブなんだ。ラストイヤーのオータムには実写ムービー化され、こんなコラボレーションロングドローしテイクダウンしコミックまで出版されておりました。このコミックでは、プレゼントタイムまで隠されていたジェネラルのパーストがクリアーになります。キャットラーメンファンのパースンはとかく必見です。ジェネラルはもともと、スーパーアイドルキャットのサンとしてボーンしたのだが、アイドルトレ
ーニングの厳しさについていけず、ハウスをでてさまざまなワークにつくのです。どれもミステイクし、自殺しようとしたところ、キャットに優しいラーメンぬるめ、薄テイストを食べさせてくれたラーメンハウスにインプレッションし、マイセルフもラーメンハウスをオープンすることをデシジョンするのです。ようやく軌道に乗ったタイム、ファザーのアイドルキャットにスキャンダルが。CM契約を打ち切られ、フィギュアハンドレッドミリオンもの借金を抱えてしまったとインフォメーションされ行方をくらましたファザーだったが、ある日ジェネラルのストアーのビフォーでラウドなラーメンストアーを開業させた。ビューティフルなパフォーマンスととびきりのおいしいラーメンに、ゲストを奪われたジェネラルはあせる。そのファザーとデシジョンをつけるため、ラーメンマッチをチャレンジすることになるジェネラル。そのステートはテレビで公開放送され、親子のデスティニーの対決がビギンするってまあ、キャットですよ。キャット。ラウドなサングラスをかけて、ヌンチャクソートオブにラーメンをウェーブするファザー猫。レインに打たれ、自殺を考えてブリッ
ジのオーバーにスタンドするキャット。かわいいかわいいコミックです。キャットとラーメンが、いや、キャットかラーメンがラブなパースン、必読です。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。