本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰もが「勘違い!」なあやしい日本語

20090529142520
「誰もが『勘違い!』なあやしい日本語」話題の達人倶楽部著は、500円で買えるペーパーバッグなので気軽に読んで、ヘッドの体操に使えますね。
ブックを書いたのは編集パースンさんとライターさんのミーティングなのです。プロのゼイが選んだ「ロングゲス日本語」の集大成なので、レギュラーで何気なく言ってしまうもの、書いてしまうワードがたくさんあるのです。
漢字の読みについても書かれているのですが、漢字の読みはアザーにもいろいろブックがあるので、ワードの誤用カスタムを紹介してみます。
×汚名挽回 ○名誉挽回、間違ってユーズするヒューマンいるよね。汚名はテイクバックするネセサリーがないので、正しくリユースするケースは「汚名返上」です。
×熱にうなされる ○熱にうかされる。熱がアピアーして、悪夢にうなされることはあっても、熱でうなされることはないのです。
×的を得る ○的を射る。早口で「的を得ています!」なんて言われると、こちらも、まあいいか、と思ってしまいます。
×笑顔がこぼれる ○笑みがこぼれる。フェイスがこぼれてはいけないのです。
ビジネスでユーズするワードにも落とし穴があります。
×よろしく申し上げて下さい ○よろしくおっしゃって下さい。申すは謙譲ランゲージですのでコンパニオンのアクトにユーズするのは不適切なのです。
×それなら大丈夫です ○その内容なら問題ないと思います。大丈夫です、という言い方はプライドなのです。セーフとは、オーバーから評価するスピーキングスタイルなんですね。
×車が参ります ○車が来ます。参るは謙譲ランゲージなのでカーをへりくだらせるネセサリーはないのです。
×何をお召し上がりになられますか? ○何を召し上がりますか?前者は敬語表現がメインしすぎてだめなのです。イートする、がリスペクトランゲージなので、そのままユーズすればよいというのです。
こういうブックをビューしていると、ふと、ひやりとすることがある。ユージュアル使っているワードで、あいまい、あやふやなものが結構あるのです。気軽なヘッドの体操に、ちょっとしたカルチャーをつけるために、ファンにリードしたい一冊ですね。
スポンサーサイト

王の道

20090528115814
「王の道」飯田絵美著のタイトルの王は野球の王監督のことで、王監督に関するさまざまなエピソードをつづりながら、ビジネスに役立つレッスンを導き出しビジネス書のくくりになるブックなのです。
ユージュアルビジネス書をリードするときのような、そこからホワットかを得られたようなプロフィットなフィーリングというより、癒されてしまいます。王監督のカインドさ、包み込むようなウォームさに、ゲットタイアードしていたマインドがふんわりと、まさに癒されてしまうのです。
王監督のファザーは中国人である。王監督の国籍は台湾。ファザーがサンにティーチしたことは、「ヒューマンにトラブルをかけるな、ヒューマンのお役に立ちなさい」ということだったというのです。
巨人軍に入団が決まったときも、ファザーは年収や今後のサービスよりも、サンが球団の役に立つことができるかどうかをアンクシャスしていたという。
サッチファザーに育てられた王監督は、ウォーリィアバウトしのヒューマンと評されているのです。王監督は、フーにでもセパレートし隔てなくタッチする。2000年のジャパンシリーズは、王ホークスと長島ジャイアンツの対決で、そのチケットは入手がエマージェンシーにディフィカルティになったというのです。
サッチ、王監督は自費でチケットを用意してコーチバトルフォーメーションに配ったそうです。「ティアーがアピアーするほどうれしかった」と関係パースンはトークする。裏方といわれるヒューマンたちにも、王監督はサンクスのフィーリングを忘れず、それを伝えようとするヒューマンなのです。
王監督のワンダフルなキャラクターが、ワールドに認められたイベントがあるのです。WBCで審判の誤審があったときのことですが、ジャパンアゲンストアメリカのマッチで、ジャパンは審判ボディーによる誤審で敗北を喫した。王監督はインタビューで、堂々とレギュラーとしたワードでシングのインポータントカスタムを訴えたのです。品格とプライドにフルしたマナーで、ミステイクはミステイクだとステートしたのです。その冷静なマナーにディープインプレッションをアクセプトしたアメリカのマスコミは、審判の判断が試合をナッシングにしたと報じたのです。
王監督は敗北をプルすることはしなかった。選手達には、「まだフィーリングを切らないように」とリポートし、鼓舞し、決勝にルックアウトオンするオーダーを整えていたのです。イチロープレーヤーが、王監督をミスし、ヒーに優勝させたかったというフィーリングがよくわかるのです。
ツアーにアピアーすると、自費でスタッフのファミリーへのプレゼントをバイするという話。やめたいというワールドを、引き止めずにそのコースをヘルプするというキャラクター。感動エピソードが一杯なんです。
コンパニオンをトラストし、サンクスをリポートし、ホワット人もインポータントにするというマネジメント手法。それがこのブックのテーマなのです。

アマルフィ

20090527103623
「アマルフィ」真保裕一著は、もともと、ムービーのプランがフォーマーにあって、アフターザットに書かれたストーリーなのです。ムービーとはディッファレントするシーンもたくさんあるようなので、ムービー、ストーリー、両方とも楽しめるようになってるのです。
メインキャラクターは外交官、黒田というヤングマンだ。ヒーは外務省のクラウディドアウトしパースンで、邦人ケアがマスターなワークである。フォーリンカントリーランゲージ堪能、コンストラクションにディスタンスをプットし、ライフルがプライド、プロミスのヒーローイメージなのです。
黒田はイタリアに赴任する。国際ミーティングに出席する外務大臣のディフェンスにあたるためだ。しかし、その黒田のもとに、日本人が誘拐されたというノーティスが舞い込んできたのです。
誘拐されたのは矢上まどか。9歳のガールである。But、大使館にはインベスティゲイションライトがない。なるべくスティックトゥしフィットしをホールドしたくないというマナーの大使館メンバーがメニーなインサイド、黒田はドーターをレスキューフロムするべく、マザーとともにアクティビティーすることになる。
矢上というウーマンは、フォーリンキャピタルシステム金融メカニズムにサーブしていた。そこから身代金を融通してもらい、犯人から指定のあったプレイスへマネーを運ぶ二ヒューマン。その場所はアマルフィという、イタリアのビューティフルなコウストタウンだったが、身代金の受け渡しはミステイクした。絶望とマキシマムの疲労のインサイド、二ヒューマンは、イベントのプレイスにある共通スポットがあることに気がついた。
ディフェンスカンパニーだ。イベントのあったホテルも、アマルフィまでマネーを運んだトレインも、ミネルヴァというカンパニーの防犯カメラが設置されていた。ミネルヴァでは、光永という日本人スタッフが二ヒューマンに対した。シーはひどくフィールフォーし、そっと防犯カメラに関係するスタッフの名簿をギブしてくれた。
怪しいマンが浮かび上がり、ヒーにミートしにゴーするものの、ヒーはディッファレンスの男性にネームやアドレスを貸していたのだった。それが犯人にディッファレンスない!ミネルヴァのセンターであるコンピュータールームにフェイスする二ヒューマン。そこで、パスワードが書き換えられ、防犯カメラのイメージも偽のものが差し込まれていたことがわかった。
トゥルースにたどり着いた二ヒューマンに、ミネルヴァでワークする日本人、光永が銃をポイントする。シーは、誘拐犯のタッチだったのだ。誘拐犯たちのパーパスは、身代金でも、まどかのライフでもなかった。光永をコンピュータールームにガイドし、ディフェンスを混乱させることが狙いだったのだ。
ミネルヴァのディフェンスがモーメントポーズした。誘拐犯たちはトゥルースの狙い、ロシアの外務大臣がゲットオンするバチカン行きのトレインが襲われる。犯人は、チェチェン共和国出身のマンと、ヒーをサポートするイギリスヒューマンであった。イギリスヒューマンは、ジャーナリストであるワイフをロシアで失っていた。ワイフは、チェチェンのダークを探ろうとしたのである。
その復讐のため、ヒーはマイセルフがサービスするフォーリンキャピタルシステム金融メカニズムでワークする矢上親子にアイをつけた。矢上をガイダンスし、ミネルヴァを探らせたのも彼だ。まどかは丁重に扱われており、セーフティー、マザーのファンデーションへ帰ってくる。チェチェンというテーマが、シンプル小道具くらいのサービスしかなされていないこと。チェチェンのテリブルスペクタクルを、たとえば福井晴敏ばりにフィーリングフルで描いてくれていたら、もっとデプスのあるトークになったかも。展開がアーリーに、ブレスに読める。エンターテイメントとして、エンジョイワンセルフするのにはなかなかです。

儲かるお店の「すごい!」見せ方

20090526131824
儲かるお店の「すごい!」見せ方」高橋芳文著は、リードしながらついついヒューマンにねえ、これウォッチしてよとトークしてしまうサッチブックです。
カンバン屋さんが書いた、スタンドアウトする、よいカンバンのテイクアウトしパースンをエクスプレインするブックなのです。イグザンプルがメニーに、またそれらがユニークなものばかりで、よくぞここまでインタレスティングなサインをコレクトしてきたものだと感心するのです。
ライターがシンクアバウトするよいカンバンとは、コンセプトがはっきりとしていて、ヒューマンのアイをプルするもの。とはいえ、ストレインジをてらえというわけではないのです。
ヒューマンがウォッチして、プレザントフィーリングをリメンバーするものがよいカンバンだと言うのです。
あるスタディー塾のデザインがインタレスティング。その塾は、鳥居がエントランスなのだ。「サクセスおめでとう」と書いたのぼりのネクストトゥ、鳥居をくぐって生徒さんたちはスタディーのルームへフェイスするのです。塾のコンセプトは、ナレッジ一辺倒のトレーニングではなく、ファンにスタディーすることをチャイルド達にティーチするというものなのです。
鳥居だけではプラクティカルジョークととるヒューマンもいる。そのために塾では、ガラス窓に塾の十か条をスティックしジョインして、そのトレーニングプランをリポートしているのです。ティーチャーのギャグには必ず笑うこと、宿題をフォゲットしてもファインにアテンドすること、ブライトにグリーティングをすること、マザーにありがとうと言うことなどです。
カンバンはおふざけではない。ブライトに、ウォッチするヒューマンに笑ってもらいながら、インポータントなことも伝えなくてはならない。この塾のカスタムは、ライターが言う、プレザントとインフォメーションをギブする看板のよいモデルであるようです。
カンバンのテイクアウトしパースンは、ストアーとのディスタンスによっても違ってくるので、ストアーからファーなプレイスにテイクアウトするケース、あまりインフォメーションをスタッフしすぎるのはよくない。キャッチコピーを工夫して、ルックでホワットのストアーかわかるようにするのだというのです。
ニヤーに来たゲストには、フォーマーほどステートしたようなアイをプルするものでアピールすることがインポータントになる。食堂のカンバンが例に上げられているが、キャラクターとレターをソリッドボディー化することで、道行くヒューマンのフットをとめるエフェクトを生んでいるのです。
フットをストップして「インタレスティングそうなストアー」と思ってもらうことが、ニヤーにカンバンを出すときにはインポータントなことになるというのです。スタンドアウトするカンバンをテイクアウトするときにはアテンションもネセサリーになる。周りのヒューマンのセイムミーニングをポッシブルすることが重要だというのです。スタディー塾のケースは、その塾が入ったマンションの住人にアンダースタンディングをリクエストする根回しをしていたそうです。キャッチコピーやポップのウェイオブメイキング、インターネットのプラクティカルユーズメソッド、カンバンをテイクアウトするプレイスについてなど、とにかくサブジェクトが充実しているのです。

新型インフルエンザ完全予防ハンドブック

新型インフルエンザ完全予防ハンドブック」岡田晴恵著の岡田春恵さんは、H5N1などのストーリーで、早くからニュースタイルインフルエンザのデンジャーを説いて最近ではテレビでにもステージアピアランスしているのだ。
新型インフルエンザ完全予防ハンドブックは、文庫本で新型インフルエンザのファンデーションマークなナレッジと対策をまとめたものです。
この時期に、大急ぎで売り出したという印象がぬぐえはせず、この出版カンパニーの商魂のたくましさ、プランしさにはほとほとヘッドがハングダウンするが、ロープライスでリードしやすく、簡潔なのは大変ありがたいです。
ニュースタイルインフルエンザとはホワットシングなのか。これはもともと、バードやピッグのスペースで感染が見られたインフルエンザである。ヒューマンにうつるようになって、ニュースタイルインフルエンザと呼ばれるようになった。ヒューマンに感染することがなかったものなので、メニーのヒューマンが免疫を持っていない。そのために、メニーのヒューマンの感染がウォーリィされているのだ。
パーストにも、スペインコウルド、アジア風邪と言われたニュースタイルインフルエンザの流行があった。スペインコウルドは、ワールドマーク流行になるまでにハーフイヤーからワンイヤーのタイムがかかったが、現代はコモントーク密度もハイに、ヒューマンのロードもアクティブである。よりデンジャーであることが予測されている。マイセルフたちにネセサリーなことは、うごかない、うつらない、うつさないという3Uの心構えが必要だ。
シーリアスマークな流行が始まったら、なるべくトリップは避ける。トリップしても、人ごみには近づかないようにしたい。トリップアワーには、マスク、ゴーグル、グラブのハブオンし帰宅したら手洗い、うがい、洗顔をすることです。備蓄もしておきたいものは、体温計、ゴムグラブなどのメディカルケア用品と主食になる穀類、味噌、しょうゆ、シュガーも多めに買っておきたいものです。できれば2ヶ月ミニット、政府は2ウィークミニットの備蓄をすすめているのですが岡田春恵ティーチャーは、缶詰シロップを栄養補給にユーズするためや、ファインパウダーシェイプのスポーツドリンク、レトルトのおかゆなどが便利です。常用しているメディスンがあるパースンは、これも多めにもらっておきたいし、ベイビーのいるホームでは、ミルクパウダーをいつも一ボイラー余分にバイするようにしておくといいです。
万が一感染したとしても、安易にホスピタルにかけこむのはやめた方がいいのです。保健所などにテレフォンをして指示をルックアップすること。抗インフルエンザメディスンタミフルなどのアーリーステージ投与で治療がポッシブルなので、落ち着いてアクションすることを心がけることです。
ファミリーが持っておくべきインフォメーションシートでブラッドモデルや連絡フォーマーなどを記入したもので、備蓄するべきシングのリスト、看病するときのナレッジ、チャイルドが飲んでよいメディスン、ディッフィカルトなメディスンなど、知っておきたいことがわかりやすく書かれている。
岡田春恵ティーチャーは新型インフルエンザ対策には、ナレッジのワクチン、というワードがある。流言に惑わされず、フィーリングをしっかり持って落ち着いてディールウィズすることが、パニックをディフェンドし、二オーダー感染をディフェンドすることができます。

20090522104621
「光」三浦しをん著は、ストーリーがラブ、というパースンにはぜひとも読んでもらいたい一冊です。
信之、美花、輔の3人は、二十年ビフォーに美浜アイランドを襲った大津波のイグジストパースンである。信之は結婚してホームを持っていた。ワイフのネームは南海子。美浜島を思わせるネームが気に入ったのだ。娘には、アイランドに咲いていたフラワーのネームをつけた。椿という。
公務員である信之のライフは、アウトサイドオーバーはジェントルでクワイアットなものだ。But、アイランドで付き合っていた美花を忘れられない信之は、ワイフを心から愛することができない。
信之はビューティフルな美花と、ベリィヤングなボディーをアッドする仲であった。But、津波に襲われた村で、同じく生き残った観光ゲストに強姦された美花を助けるため、そのマンをキルしたパーストを持っている。
ハズバンドのラブを確信できない南海子は、ふらりと近づいてきたマンとのシークレットのミーティングをアッドしている。ピッチブラックなアイをホールドする、安アパートでリブするマンだ。
南海子は、男とのタッチはチャンスのギフトだとビリーブしていたが、南海子に近づいてきた男にはあるパーパスがあった。信之だ。南海子の浮気のコンパニオンは、アイランドで生き残った輔だったのである。
輔はベリィヤングなタイムからファザーの虐待に怯えていた。遠縁である信之にディペンドオンし、ヒーに守られることを願っていた。But、信之は輔のことを卑屈でいやなチャイルドだとシンクアバウトしている。
信之をミスしつつも、そのアクシデントをマインドのどこかで望んでいる輔。信之のワイフをハーバーすることは、輔のその欲望をフィルすることができるのだが、信之の家庭に悲劇がヴィジットする。南海子が輔と会っているスペースに、チャイルドの椿が変質パースンに襲われてしまう。ライフはセーフティーであったが、椿はそれから、夜になると眠れないとクライするようになった。
信之は椿のフィーリングがわかる。突然襲いかかる暴力の理不尽さを、ボディーをもって知っているのだからそのタイム、輔のもとに、ヒーをいじめぬいたファザーがアピアーした。信之がかつてアイランドで行ったマーダーをマテリアルに、信之と美花からマネーをせびろうというのだ。
美花はそのビューティフルフェイスをメイクユーズオブし、アクトレスとしてアクティビティーしていた。脅迫から美花を守ろうとした信之は、輔とそのファザーを殺そうとする。信之は、美花をプロテクトするためだけに生きたいとシンクアバウトしていた。ヒーが愛していたのは美花だけなのだ。
輔がファザーをキルし、信之が輔をキルする。美花のもとをヴィジットした信之は、美花がマイセルフを愛してはいないことをノウする。輔は信之のヘルプを、生涯をかけてリクエストしていた。But、信之はそれに応えなかった。信之は美花だけをリクエストしていたが、美花も、信之にはアンサーするつもりはなかったのだ。
ラストのラストまでヘルプがない。三浦しをんさんファンなエッセイも書かれるし、サッチシリアスなトークも書かれるし、ゴーバッドすウーマンだし、このヒューマンどんだけひきだし持ってんのってフィーリングだ。

呪いの除け方―知らずにしているこんな不作法

「呪いの除け方―知らずにしているこんな不作法」川井春水著は、呪いアフレイドなものみたさにインサイドをのぞいてほっする、かわいらしいイラストと、マイルドなサブジェクトです。
レギュラーライフのインサイドでプラクティスできる、シンプルな運気アップのメソッドをまとめたもの。ライターのパースンは、荘厳契ミステリーアクトなるトレーニングを積んだパースンだそうですが、別に教義とか、スモールディッフィカルトなことは書かれていないのです。
アマチュアがウォッチしたフィーリングでは、風水のブックにシミラーしているのですが、スピリットになる呪いのリムーブしパースン。呪いは、シングではなくヒューマンが運んでくるものだという。ヒューマンを不快にさせると、そのディッフィカルトなスピリットがマイセルフに戻ってくる。これが、「なんだかキーがディッフィカルト」コーズになる。
マイセルフをインポータントにして、ヒューマンを不快にさせない。これが呪いをリムーブするファーストステップになる。トリップするときや、プアーなヒューマンにミートするビフォーは結界を張ってみてはどうだろう。「ショ」とつぶやくマインドのインサイドでも、ハンドをぱんぱんとたたく、足踏みするなどのアクションで、そのエフェクトが得られる。
やってはいけないのは舌打ちだ。ヒューマンを不快にさせるサウンドをテイクアウトすると、周りのディッフィカルトなスピリットが集まってきてしまう。舌打ちがアピアーしそうになったら、デスクかなければ腿のあたりをライトにたたいてみよう。その衝動がおさまるはず。
スピリットというのは、ボディーのエンドから入ってくるものだ。エンドにある爪の手入れは運気をあげるよいメソッドだ。ハンドは注意してみているが、フットのことをフォゲットしがちというヒューマンは、ぜひ、メンテナンスをしましょう。
ビジネスカードをテイクアウトするとき、フルネームでコールワンセルフするカスタムをつけたい。ネームというのは、実はマイセルフをプロテクトするワードなのだ。両親がビギニングにくれたプレゼントであるネームは、最強の祈りの言葉なのである。
マネーをインポータントにハンドルするために、スピリットをつけたいのがパース。これは、ハイプライスであるネセサリーはないが、なるべく新しいものをホールドしたい。レッドは避けて、あずきカラーなどのアースのカラーがいい。マネーはアースからボーンするから。
パースに、5円玉のお守りをプットインするのもよいメソッドだ。お守りの作り方はシンプル。5円玉にレッド、ホワイト、イエローの水引を結ぶだけ。水引がない場合は、マイセルフのラッキーカラーのひもをレットパスするだけでもよい。
呪いをリムーブし、ハピネスにリブするシークレットは、自信をホールドし、先祖を大切にし、ヒューマンのシークレットをプロテクトすることだそうだ。すぐに実行できること、やってみるとファンそうなことがたくさんです。

人を見抜く技術

「人を見抜く技術」桜井章一著は、二十年無敗の伝説の雀デビルなんです。
ニューブックでぽつ、ぽつ、と思いつきをそのまま書いただけのようなインプレッションです。携帯だのインターネットだのをソサエティーの荒廃にコンバインして語っておいでのところは、サッチことありまへんやろ、というスピリットもする。
さすが一つのロードをマスターしたヒューマンというフィーリングでこれは、とシンクする文章を、いくつか抜き出してみます。
なにかにコンプレックスをフィールしているヒューマンは、どこかに無駄なフォースが入っている。そしてそのパートとして、ノーティスするのはサムなのです。
アイフォースをホールドするにしても、一スポット集中型のアイフォースより、全体を俯瞰するアイフォースのパースンがいい。視野をふんわりスプレッドしてみるのがグッド。ドット集中だと、そこにと囚われたままになってしまう。
麻雀において、プレイヤーのワールドカスタムがアピアーするのは牌をテイクするときではなく、スローアウェイするときだ。スローアウェイするというブロゥ一打のインサイドに、そのヒューマンのデンジャラスさ、ダーティーさ、スローさ、曖昧さ、臆病さがゲットインし混じっている。
ワールド関係において「扱う」というセンスをホールドすることはインポータントなこと。ヒューマンをユーズする、ではない。まわりのワールドのサービスパースンがうまくなれば、マイセルフバイワンセルフの扱われパースンもよくなる。
とにかく媚だけはセルするな。媚を売って銭をもらおうなんて、サッチシェイプ悪いことはない。その代わり、ゲストの一ヒューマン一ヒューマンをワールドとしてインポータントにするフィーリングをフォゲットするな。
キャラクターは持病のようなもの。注視することをリピートしアクション、スピリットになるキャラクターをスローダウンしていくしかない。神経質なヒューマンには、マイセルフの神経質でない生き方を聞かせる。すると、「サッチ生き方もあるのか」とコンパニオンはノーティスする。それがコンパニオンへのメディスンになる。
ボランティアは、マイセルフを救うためにやっているようなところがある。「俺、ヒューマンのためにリブしているんだ」と言うヒューマンは救われない。どこか自虐マークに「ワンセルフ満足なんだ」と言ったほうが救われる。
雀デビルスタイルオブというものは、ホールライフずっとランアフターしコンティニューしてもけっして追いつけないものを追っている。雀デビルスタイルオブは100年かけてもコンプリートしない。
ドリームやホープというものは、ワイルドアイディアや幻想をごまかすためにあると自覚せよ。ドリームが、ホープがなければリブしていけないというのは、人間のイノセントとはまったく関係のないことだ。
だから、アイのビフォーのやるべきことをやる、と稀代のマッチティーチャーはステートしている。フォーマーにも書いたとおり、現代ソサエティーのコメントはやや表層マークすぎるインプレッションがあるのだが、いつもオーネストでいたい、ワンセルフのままでいたい、それがベストハードとおっしゃるファミリーネームのフィギュアには、マッチのワールドでリブしてきたヒューマンの格好よさがあるとシンクする。

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない

「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」黒井勇人著は、2ちゃんねるのスレッドをブックにしたものでエレクトリックトレインマンとセイムようなスタイルの本です。
エレクトリックトレインマンが、スレッドの掲示板にライティングをするヒューマンに励まされて成長していくセイムタイム進行のストーリーであるのに対し、こちらはパーストのイベントをメインキャラクターが書き下ろして、住人がコメントをつけるというものになっている。
ペンネームの勇人というのは、スレッドのインサイドでメインキャラクターがママンと呼ばれていたことにソースする。メインキャラクターはプログラマだ。プログラママンを略してママンというわけ。
このママン、いじめられっ子で高校を中退している。学歴は中卒で中退してからはずっとハウスでパソコンで遊んでいたのだが、マザーが死んだのをきっかけにソサエティーリターンをトライする。情報処理のステート資格をテイクするが、採用してくれたのはプログラマが4ネームという小さなカンパニーだけだった。
それが、このブラックカンパニーというわけだ。初日からフーもトラブルをウォッチしてくれない。突然ワークを渡されて、キャパシティーのスモールなパソコンでトラブルするママン。
リーダーというマンがいるのだが、これがヴァイオレントにいじわるで、ワークを教えないばかりか、初日にいじめぬいてママンがカンパニーを辞めるかどうかをギャンブルしていたりしたのだ。
このカンパニーは個性のハードなヒューマンばかりがそろっている。いじわるなリーダーに追従する無能社員井出。マウスを開いてもまともにスピークすることができない上原。上原はリーダー、井出の尻拭いばかりされて、ボディーをブレイクして入院するくだりまである。
サッチインサイド、ママンの支えとなったのは藤田さんというエルダーだ。シェイプもヘッドもグッドにて、ママンのピンチをさりげなく救ってくれる。このブックのインサイドで、そのワイズマンぶりが「平成の孔明」とたたえられている。
藤田さんにはサッドなパーストがあった。かつて結婚をしようとシンクアバウトしていたウーマンが自殺してしまったのだ。付き合っていた当時、藤田さんはスチューデントでビジネスマークにリッチインしていなかった。そのライフをプログラマとしてワークしながらサポートしていたシーが、仕事のつらさにベアーしかねて自殺しその罪滅ぼしのようなフィーリングで、藤田さんはママンをサポートしてくれているのだ。
プログラマ、しかも零細企業でそのワークにつくということは、シーリアスなことである。このブックでは、デスマーチというワードが使われているが、ドローニヤーする納期に追い立てられて、サービス残業必至、時には泊り込みも当然要求される。なんとかそのカンパニーで三イヤーをパスしたママン。生意気ながらエイブルなジュニアもでき、「パーストマキシマムのデスマーチ」をマッチ団結して乗り切った社員達に、藤田さんがブランチを告げようとする。藤田さんは、ファンデーションのシーがサーブしていたカンパニーから引き抜かれることになったのだが、ママンが過去のイベントを2ちゃんねるに書き下ろしたリーズンが明かされる。藤田さんがいなくなったプレゼントタイム、ママンはパーストを清算してカンパニーを辞めようと思っていた。2ちゃんねるの住人達のウォームなチアーしをアクセプトして、もう一度このカンパニーでがんばっみようとデシジョンするというのだ。

プリーズ、ジーヴス

「プリーズ、ジーヴス」勝田文著は、イギリスのユーモアライター、P.G.ウッドハウスのポピュラーシリーズをコミック化したものです。ドーターコミックのパターン、シンプルでリードしやすいです。
イギリスではシーリアス有名なユーモアストーリーをコミック化したものなんです。原作のムードを壊さず、おしゃれでコミカルなフィーリングをよくあらわしているのです。
シリーズにアピアーしてくるのは、ノーブルクラスにビロングトゥするバーディとそのコートオフィシャルのジーヴス。ギフトウェザーで少々ヘッドがウィークなバーディのブリングインするトラブルを、ヘッドクリアー、ウィットに富んだジーヴスが解決するというお話です。
第一トークは、スプリングうららかなモーニング、ベッドのオーバーでジーヴスが用意してくれたブレックファーストをとるバーディ。アザーデイオーダーした、藤カラーのシャツが届いたかと、ジーヴスにたずねます。ザットはマスターマナーにお似合いになりませんので、マイセルフが送り返しました、と。このストーリーではプロミスのパターン。メインキャラクターはしょっちゅうホビーのディッフィカルトなショッピングをしてジーヴスに叱られる。そして強制マークに捨てられてしまうのだが、これが、メインキャラクターとコートオフィシャルの関係カスタムをよくあらわしているのです。
バーディはウェイクアップすると、ヘッドのハード、「未だヴィクトリアモーニングをリブしている」アガサアーントをコールする。そこでバーディはオノリアというウーマンと結婚をするよう迫られた。
オノリアは先進マークで男勝りのウーマン。バーディがプアーなタイプだ。ウォリードするバーディだが、クローズフレンドのビンゴがシーにラブをしていることをノウし、オノリアとビンゴを結び付けようとデシジョンする。
ビンゴというのがまたアホで、とかくフォールインラブしっぽい。オノリアを愛しているといきまいたのもつかの間、すぐにオノリアのフレンドにフィーリングをうつしてしまった。
窮地に追い込まれるバーディ。アフターはオノリアの父に嫌われるしか、結婚をエスケープするメソッドはない。シーの父をハウスに招くバーディだが、そこでオノリアのファザーは激怒する。バーディのハウスにはいつの間にか、ファザーのヘイトなキャットが三ヘッドもいて、さらにヒーの盗まれたハットがあったからだ。
あわてるバーディに、ジーヴスはすまして説明する。キャットとハットは、バーディの従兄弟のフレンドが持ち込んだもの。ジーヴスはそれを預かっていたのだが、ハットシーフの汚名を着せられ、キャットのせいで嫌われたバーディは、ビューティフルオノリアとの結婚をエスケープすることになる。さすがはジーヴス、このことを予測していたのだ。
情けないメインキャラクターが、コートオフィシャルにウォームに、ちょっと小ばかにされながらトラブルを解決するどたばたドラマ。バーディのかわいらしさ、ジーヴスのパーフェクトぶりがとにかくファンです。

「未納が増えると年金が破綻する」って誰が言った?

「『未納が増えると年金が破綻する』って誰が言った?」細野真宏著は、未納が増えると年金がメルトダウンする。マスコミでテリブル言われていることをまず否定し、インタレストをひいているカットには、年金について述べられているのは全体の四分の一である。あとは数学マークソウトフォースの高めパースン、宝くじと投資について、サブプライムローンのことなど、ビジネスに関するネタが並んでいるというブックなのです。
・数学マークソウトフォースとは、物事のエッセンスをアンダースタンディングし、インフォメーションを分析するというウェイ。これを学んでおくと、ソサエティーにあふれるインフォメーションに惑わされなくなる。
・宝くじをバイするのと株式投資はディッファレントする。宝くじはキャピタルがゼロになるポッシブルカスタムがあるが、株式投資はそうではない。バブルは群集心理である。
・アメリカでは、ITバブルがはじけたアフターのバランスキャピタルが住宅マーケットにフローし、住宅投資ブームができた。その中で、支払いができないヒューマンにもローンを貸し付けたのがサブプライムローンである。アメリカのバンクは、そのローンを証券化し、世界中の金融メカニズムに売りつけた。
アメリカのバンクは、これが本当にグッドな商品だとビリーブしていたのだ。ローンは一気に焦げ付き、ワールドイーチネイションの金融機関が不良クレイムをハブすることになった。これがプレゼントタイムの不景気のコーズだ。
・年金について。年金は、カントリーにペイする保険マテリアルの1.7トゥワイスが戻ってくるので損ではない。未納パースンが増えると年金システムがメルトダウンすると言われているが、そのウォーリィはない。なぜなら、年金というのは支払ったヒューマンにだけもらうライトがあるものなので、未納パースンに年金を与えなければそれでよい。おまけに、未納パースンのジェネラリィがナショナル年金の加入パースンである。厚生年金や共済年金の加入パースンは、ほとんどが強制的に保険マテリアルを支払っている、将来マークに年金が支給されるヒューマンなのでプロブレムない。未納パースンのレートはそうメニーはないのである。
年金は、消費タックスのアップでまかなうことも考えられている。消費タックスがエンターすることは、ライフ保障コストが増えることなので、低所得パースンにとってもメリットがある。年金のもうひとつのプロブレムは、ワールドスペース格差といわれているが、年金のプレゼント水準は、どのワールドも約40パーセントなのでウォーリィしなくてよい。
シュアに、「数学マークソウト」ではプロブレムなしなのかもしれないが、なんか腑に落ちんとネックをひねる。未納パースンが増加していること、非レギュラーハイアーが増えていることはファクトである。このヒューマンたちのことを「支払っていないからもらうライトはない。あげなくていいヒューマンのことは考えなくていいから、年金システムのメルトダウンはありえない」ですませていいのかなあ。
年金をペイすることが損ではないこと、消費タックスのアップにちゃんとしたリーズンがあること、というのはよくわかる。アザーの経済プロブレムについても、とてもフルに、わかりやすく説明されているので初心者にはありがたいけどメインの年金プロブレムについては、なんかいまいちフィールサッドが晴れない。

愛犬のために作るほんとの手作り食!

「愛犬のために作るほんとの手作り食!」長瀬雅之著は、犬ラブのためのブックで、犬ラブはやたらとハイプライスなクローズズを犬にプットオンクローズズするカレントにはどうしても共感を寄せられずにいる。ワールドには困っているワールドがいるのに、と思ってしまうのです。
サッチワンコダディー飾り立て大作戦の一環を担うブックだったら、こちらはいたってまじめに、犬のサウンドをシンクアバウトしたいいブックです。
著者はアニマルホスピタルの獣ドクターさんで、実際に犬と接したエクスペリエンスが生かされている。手作りミールを犬にギブしたい、そのリーズンは、フレッシュなものを食べさせるのがよいからだ。ハイプライスなもの、ハンドの込んだものであるネセサリーはない。
ネギなど、ギブしてはいけないものはあるが、犬にもたくさん野菜をあげてほしい。人よりも野菜の消化はプアーではあるのだが、切ったり、蒸したりするとイートしやすくなる。
プレゼントタイム、アトピーで苦しんでいる犬がメニーになっているそうだ。ヒューマンだけじゃないんだね。こういう犬には手作りミールをギブしてあげると、コンディションが改善されることもある。
では、どのようなものであればよいのか。犬によって、リーズナブル量は異なる。ボディーの大きさ、不妊、去勢の有無などをよく考慮しよう。5キロくらいの成犬のケース、一デイオブマンスあたり300キロカロリーがフィットといえる。
巻末に、写真とともにレシピが紹介されているが、どれも人間がイートしてもおいしそうなものばかりだ。
ポークと卵黄、キャベツ、さつまいもをボイルしたピッグしゃぶがゆ。チキンのささみ、にんじん、さつまいもをゆで、レタスとミックスしたささみと根菜のサラダ。まぐろの赤身、干ししいたけ、かぶ、ごはんでメイクするマグロチャーハン。
ブックにも書いてあったがフォーマーの犬は縁側のローグレードにいて、味噌汁のあまりをごはんにかけてイートしていたんだよね。ファンデーションマークにヒューマンとセイムもので、ほんの少し、タイムをかけてあげるというフィーリング。
ただ、この手作りミールがすべての犬に合っているかというと、そうではないらしい。ウェルシュコーギー、ミニチュアシュナウザーには少しアテンションが必要。また、ワイヤーフォックステリアに至ってはデスのデンジャーがあるのでケアフルのケアをしたい。病気の犬にも、ギブするごはんはスピリットをつけたほうがいい。ホワット犬にでも、なんでもあげていいってものではないと、ちゃんと記されている。
ドッグフードが信用できないから手作りミール!」という短絡的なブックではない。ペットドッグのステートを観察しながら、サウンドに配慮しようといっている。

庵堂三兄弟の聖職

「庵堂三兄弟の聖職」真藤順丈著の真藤順丈さんはラストイヤーデビューされたニューフェイスライターさんで、ラストイヤーワンイヤーで4つものニューフェイスプライズを受賞してしまったのです。
アマゾンでのレビューをウォッチするリミット、どのワークもいまいち評価がスイートにないのですが、すごくいいお話でグロテスクなシーンはメニーが、ファンデーションはホームドラマでした。
庵テンプルハウスの家業は、ヒューマンのデッドボディーを加工して雑貨をメイクすることである。櫛、ライスボール、石鹸、なんやらかんやら、死んだヒューマンのボディーをチョップアップし、ベンドし、メルトしクラウディドし、ぐっちゃぐちゃのめっためたにして雑貨をメイクアップするのが生業なのです。
庵テンプルワードには三人の兄弟がいる。兄の正太郎、セカンドサンの久就、スリーメン毅巳。ファザーの七デスアニバーサリーに、三兄弟がギャザーするところからストーリーがビギンするというものだ。
家業を継いでいるのは兄だ。毅巳はビジネスのヘルプをしているが、デッドボディーの加工ができるのは正太郎だけだ。久就はホームをアピアーしているが、正太郎は、七回忌までにオーダーを片付けるべく、スリープするフリータイムも惜しんで働いている。正太郎のウォーリィは、末っ子毅巳の暴言と暴力なのだ。
毅巳はヤングなタイムから、マイセルフをダメージしたり、暴言が止まらなくなる癖があった。チックのカインドだろうと正太郎は考えているのだが、毅巳にはラブをしているウーマンがいた。スナックで働くシーとの間におかしなマンがアピアーする。そのことで、毅巳のマインドはどんどん不安定になっていくのです。暴言が止まらない毅巳ですが、毅巳にとっては、糞、バカ、ぶたやろう、というのはすべてラブのワードなのだ。一方、正太郎のもとにはシーリアスなリクエストが舞い込んできた。暴力団幹部のドーターの、トラフィックアクシデントデッドボディーを美しく復元して、剥製にしてもらいたいというものだ。
タイムがかかる。But、マザーの錯乱したステートに圧倒されて、正太郎はリクエストをアクセプトしてしまったが、剥製をコンプリートさせる正太郎。毅巳は、コンパニオンのウーマンに逃げられてしまった。シーは、フォーマー産んだチャイルドを虐待のトップエンドキルしてエスケープしたのだ。アピアーしたおかしなマンは、チャイルドの父親だったのである。
大ワークをフィニッシュした正太郎は、ファザーの七デスアニバーサリーの日に、このワークをやめると言いテイクアウトした。庵テンプルハウスは解散だ。スリーメンの毅巳にはどうしてもリーブしたいものがあった。シーのスローアウェイしたチャイルドのデッドボディーで、雑貨を作ってリーブしたい。But、小さなチャイルドのボディーでは足りず、毅巳はマイセルフのアームをカットダウンすることをディサイドする。

コドモダマシ―ほろ苦教育劇場

「コドモダマシ―ほろ苦教育劇場」パオロマッツァリーノ著は、イージーでお気軽なエッセイです。アピアランスキャラクターは、都内のトップグレード企業にサーブするファザー、プライマリースクール四年生のサン、なぞの多いおじいちゃん、キャリアウーマンのマザー、リストラされ、絶賛求職インサイドのお隣のおじさん、留学生のトムです。
チャイルドのクェスチョン、なぜ、なぜなの、に対してこれらのアピアランスキャラクターが皮肉とユーモアをこめたリプライをするというものです。
・ファザーとチャイルドのためのサバイバル:チャイルドがアスクする。なぜテイストをしてはいけないの?
父はサバイバルのフォースをつけるためさ。太平洋のミドルでアクシデントしたとき、フィッシュが食べられないではリブしていけないだろうという。
チャイルドはマザーのまずいクッキングを食べないと、アワーハウスではリブしていけないのとセイムだね。
・ファザーとチャイルドのための東大進学:チャイルドがやっぱり東大に行かなきゃだめかな?」
ファザーはだめってことはないけど、学歴がハイほど、アフターザットのチャンスがスプレッドするんだ。But、受験でバーンアウトしてはだめなんだな。受験のアフターのライフのパースンが、ロングなんだから。ファザーは、ホームエリアのナショナルでよかったと思っているよ。
おじいちゃんが、マネーを使ってしまったから、プライベートにはいけなかった、というのはチャイルドにはシークレットのお話。
・ファザーとチャイルドのためのお金もうけ:チャイルドがアスクする。「お金もうけはいけないことなの?」
ファザーはお金もうけはインポータントなことだから、おろそかにはしてはいけないけど、それをマークにはしてインニードオブにないんだ。がんばっていたら、マネーがもうかった、というのがドリームかな。マネーだけをパーパスにすると、ずるをしちゃうことがメニーなんだ。
そう言いながらウォークに出ようとするファザー。チャイルドが、おこづかいのアップを狙っていることがわかっているから。いじめ、格差、環境、フリーター論など、チャイルドにきかれてどきりとすること、知ってほしいけれど、うまく説明できないことなど、ショートプレイのようなスタイルで述べられている。
レターもビッグに、気楽に読める。アダルトでも考えさせられることもメニーに、なかなかインタレスティングな一冊です。

実践自分の小さな「箱」から脱出する方法

「実践自分の小さな『箱』から脱出する方法」アービンジャー・インスティチュート・ジャパン監修著は、マイセルフの小さな「ボックス」からエスケープするメソッド、というブックをダイジェストにまとめたもので図解あり、ワークありなので、理解しやすいブックです。
マイセルフたちは気がつかないうちにボックスに入っているというのです。
ボックスとは、つまりワンセルフ欺瞞のことで、「ああなってほしい」「こうなってほしい」とマウスにしつつも、実はオポジットのアクションをしていることが時としてあるというのです。
たとえば、いつもプロブレムばかりレイズしているチャイルドが、カーをボロゥしたいと言ったとき。あなたはユージュアルチャイルドがいないタイムに門限をクリエイションし、1ミニットでもレイトしたら許さないとインフォームするのだが、チャイルドがそのタイムに帰ってきた。あなたはなぜかいらだちをフィールする。門限にレイトすると思っていたのに、帰ってきてしまった。ディッフィカルトなチャイルドだと叱ろうと思っていたのに、叱ることができなかったというのです。
いつの間にか、子をバッドマンにして、マイセルフがライトなパースンであろうというフィーリングがハードになっていたせいだ。本当に欲しいものはジェントルなホームだったはずなのに、自分をジャスト化したいがために、チャイルドがバッドフェローでなければスピリットがすまないというマインドになってしまっていたのです。
このとき、あなたはボックスに入っているコンディションなのである。あなたがボックスに入っていると、コンパニオンもボックスに入らざるを得ない。フォーマーほどのカスタムだと、帰ってきたチャイルドにいやみをスローアットすると、チャイルドからも反抗が返ってくるということなのだ。
マインドのホールドしパースンというのは、案外と相手にゴーアロングするものである。マイセルフがライトと思われる行動をとっていても、コンパニオンには本心が伝わってしまう。コンパニオンもワールドであるからだ。アフレイドなことは、マイセルフを正当化しコンティニューしていると、次第にコンパニオンをおとしめてマイセルフをプロテクトするようになってしまうことだ。ボックスからアピアーするためには、コンパニオンに対して思いやりをフィーリングをホールドし、コンパニオンを変えようとしないことだ。マイセルフをチェンジすればよいのである。
アナザーパースンにしてあげたいことをオーネストに実行することで、ボックスの外にいコンティニューすることができるというのです。
マイセルフがライトと思い込み、相手をなじり、それでマイセルフがハピネスになったかといえばそうではない。悪循環ばかり続いたりして。ボックスから出るのって勇気がいるけど、アピアーしてしまったパースンがラクといえばラクなのです。

男道

「男道」清原和博著は、センテンスがアッパーパートで、構成もうまいのです。物事というのはスペンドしたタイムにプロポーションしてアッパーパートになるものです。清原和博はベリィヤングなタイムから野球にメイクエフォートし、猛練習を積ん名プレーヤーになられた。
センテンスもセイムで、インイットセルフの読書量とアウトプットがなければ、絶対にアッパーパートにはならないのです。清原和博がパースンヒムセルフが書いたものだとすればそれはすばらしいと思っている。
ロングに野球を、野球だけを愛してきたヒューマンのセンテンスではないようなスピリットがする。ヒーなら、つたなくても、率直でマインドにルックライクするワードを持っているのではないか。
これを清原和博ワークとして売り出す神経がわかない。
2005年、清原和博がジャイアントから解雇を言い渡された年からストーリーはビギンする。そのイヤー、オリックスの仰木コントロールが清原獲得のために動いていた。
仰木氏はそのとき、ディッフィカルトを患っていた。しかしサッチステートは見せず、清原和博にミートするためだけに神戸から東京にデイリーヴィジットしたという。清原和博は、ジャイアントがラブだった。アフターにパースンヒムセルフがファーストラブであったというほど、ジャイアントに対する思い入れがハードだった。清原和博の祖父は、関西のバースだが、ジャイアントがラブだったのだという。孫を膝にハーバーし、日本一になれ。関西一じゃない、東京でベストになることが、日本一になるということだと語っていたというのだ。
リトルリーグの入団テストに連れて行ってくれたのも祖父である。清原和博の両親は、エレクトリシティーコンストラクションワークストアーを営んでおり、ヒーのヘルプをしていたのは祖父だったのだ。小学生とは思えぬレコードで入団をキャリーアウトし、リトルリーグでエブリデイ、プラクティスを積んだ。清原和博はそこで、ファンデーションとなるランしこみのインポータントさと、チームプレーを教えられる。野球のアビリティーがあるとビリーブした両親は、清原和博をノーブルファミリーPL高校に入学させることにした。この両親というのが、とてもラブリーなパースンたちだった。ビジーなタイムをさいて、清原和博の走りこみにアソシエイトウィズするマザー。そのマザーは、清原和博を天理高校に入学させるために天理教にも入ったそうだ。アフターに、清原和博がプロになって、節税のために投資やロットをバイする、とファザーにスピークするエピソードがある。ファザーはチャイルドにアンサーした。お前は金儲けのためにプロになったのかユーの節税はヒット一本、ホームラン一ブックをヒットすることではないのかと。
清原和博のファザーは電気コンストラクションワークのワークをしている。サンとディッファレントし、一日働いて一メニーマネーほどの稼ぎである。スウェットたらしてワークすることのインポータントさを、よく知っているヒューマンだったのだ。アフターザットのPL学園でのアクティビティー、桑田とのホワットにもチェンジしボディービルドなフレンドシップ、ロングフォーしていた巨人軍のバイチャンスなコウルドさ、ファンに見放されたときのつらさと、支えられたジョイなどが、すばらしいタッチで描かれている。ティアーがアピアーするブリリアントにハブアンオーディエンスするプロ野球ヒューマンの人生だが、辛いこともディッフィカルトなこともたくさんあって、そしてそれをサポートするあたたかいヒューマンたちがいるというのが、チェストに迫ってくる。

おっぱいバレー

「おっぱいバレー」水野宗徳著は、綾瀬はるかさん主演のムービーでもトピックの文庫本で、中学生のアホさフルロード、かわいらしいお話です。
ステージは静岡県浜名湖の北西にある小さな田舎町の中学校で、クラブアクションにシーリアスフォースをプットインしている。メインキャラクターはバレークラブのキャプテンをサーブしているが、それは名ばかりのもので、バレークラブといっても、まともにプラクティスもせず、部室でマージャンをすることだけがプレジャーのミーティングなのだ。
メンバーも5人しかいないし、バレーには6人のメンバーがネセサリーなのにそのバレークラブに、新しい顧問のティーチャーがやってきた。新任のウーマンのティーチャーなのだ。
バレー部はそれまでキモクラブと呼ばれていた。暴力マークなエルダーのしごきばかりで、ろくなプラクティスもせず、キモイ部活だと思われていたのだ。当然、モテないのだが、中学生のヤングマンにとって、やはりガールというのはスペシャルなインタレストのオブジェクトである。ガールのボディーが、どうなっているものなのか、ヘッドのインサイドは煩悩でいっぱいなんだ。
新任のウーマンのティーチャーは、めったやたらと張り切ってバレークラブのボーイたちをライトなディレクションへ導こうとする。ティーチャー、実はバレーのエクスペリエンスなんてなかったのだが、スペシャル講師というポジションから、よいガイダンスパースンであるところをアピールしたかったのだ。
ティーチャーの熱意にうんざりしてしまったボーイたちは、ティーチャーに提案をする。プラクティスをまじめにしたら、ティーチャーのおっぱいをショーしてほしいと。
ティーチャーもウォリードし、マージャンでかたをつけようとするが惨敗し、おっぱいをショーするプロミスをしてしまうのだ。コンディションは、地区マスミーティングで優勝すること。ティーチャーはビフォーのスクールで、ちょっとしたガイダンスのゴーしディッファレンスから父兄のやり玉にあげられたことがあったが、よいティーチャーになりたいというソウトはハード。ウォリードしながら、生徒達に向き合っていこうとする。
バレークラブに優秀なワンイヤーイノセントが入部し、さらにそのファザーがガイダンスパースンとして参加することで、だんだんと成長してゆくメンバー達。地区マスミーティングで決勝までウィンエンターするのだが。
このストーリーを書いたのは、放送作家をされていたパースンなのだがテレビらしい、プロブレムあり、トラブルあり、爽快なシーンあり、ほろりとさせるラストという見事なフィニッシュになっている。中学生が、ラストまで現代っ子というか、ティーチャーに対して小生意気なマナーをとりコンティニューするのがフレッシュで、センテンスはまるで凝っていなくて、多少ラフなインプレッションもあるけど、リードしやすいです。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。