本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界を救うショッピングガイド―Causebrand Handbook

20090731105748
「世界を救うショッピングガイド―Causebrand Handbook」野村尚克著は、インポッシブルをしない、ソサエティー貢献のメソッドをティーチしてくれる、ハッピーな一冊です。
このブックは、バイすることでソサエティー貢献になるシングをたくさんアピアランスしているのだけれど、ディフェンス範囲の幅がワイドなのです。
バッグ、アクセサリー、化粧シング、クレジットカード、キャンディー。いろいろあります。
ソサエティー貢献のコンストラクションは消費パースンがシングをバイし、プライスをペイすると、そのホワットカットかが問題解決のためのアクションにまわされるのです。消費パースンは、シングをバイすることでそのエクササイズを間接マークにサポートできることになるというわけです。
このブックでウォーリィなことがバイするシングが、ハイプライスすぎたり、サポートそのものがパーパスになった、デザインやネイチャーを無視したものであったケースですが、ユージュアルスーパーでハンドにしているものがたくさんあるのです。
フロントキャッスルゲートスーパーのイオンでは、フェアトレードのコーヒーを販売していますし、ポッカでも、ペーパーの容器のドリンクを販売していて、それらの売り上げのワンパートがカントリーのフォーレストメンテナンスに当てられるようになっているのです。
ソニーの乾電池をバイすれば太陽光発電のスタディーを、ホワイト元のカイロ、森永のチョコレートは発展途上国のチャイルドたちを、トンボのカラーペンシルは絶滅のクライシスにあるアニマルたちを、それぞれサポートすることができるのです。サポートはけっこうシンプルにちょっとスピリットをつければ、できることってあるです。
ハイプライスなブランドシングもあります。グッチには、ユニセフサポートのためのコレクションがあります。ハンティングワールドにも、フォーレストをプロテクトするアクションにつながる商品があります。ブランドロゴがエレファントだからですね。
アルマーニにも、ブルガリにも、そういったコレクションがあって、ソサエティー貢献というものに、企業が敏感になりつつあるステートが伺えます。
こういった品物は、コーズブランド、つまりcause、リーズンのあるシングと呼ばれています。今後ノーティスされるフィールドになりますね。
もちろん、ピープルツリーやマザーハウスといった、発展途上カントリーをダイレクトサポートしているブランドもアピアランスされていますが、このブックのいいところは、ジェネラルの暮らしのインサイドで選べるシングがメニーなことだとシンクします。
スポンサーサイト

オールドレンズ パラダイス

20090730105122
「オールドレンズ パラダイス」澤村徹・和田高広(監修)著は、昔のレンズのお話しですが、カメラ好きの人は、オールドカメラを捨てられずにいる方多いのです。ユーズすることなんてないのにです。
一眼レフカメラをユーズするケースには、レンズをいろいろとチェンジすることができるのですが、オールドレンズと言われるオールドなレンズをフルに紹介したものなのです。カメラのことをまるで知らないヒューマンでも、つい見入ってしまう魅力があります。
レンズがビューティフル。重厚で、アンティークのアートシングソートオブ。カレントでは製造されていなかったり、販売されていないものがたくさんあるのです。ライターバイワンセルフ、ヤフーオークションなどでファインドを探されているようです。
オールドレンズをデジタル一眼レフカメラでユーズするメソッドを紹介してくれています。ヒストリーマークファインプロダクトと言われているオールドレンズも、シンプルにユーズすることができるのです。
用意するのは量販ストアーでもハンドにゲットインするマウンドアダプタで、これとデジタルカメラとレンズをつなぐことができるようになるのです。
オールドレンズをユーズすると、オートフォーカス機能が使えなくなるのですが、液晶モニターで確認しながらピントオポジットをすればよいのです。ホワットでもテストしテイクしができるのがデジカメの利点なのです。
カールツァイスメイクの広角レンズ、フレクトゴン20mm/f4が写真に載っているのだけど、シルバーとブラックのストライプのデザインがレンズのふちに施されていて、なんともいえないスタイルを感じさせている。
ライカ、ハッセルなど、ディアーなネームのメーカーのレンズも、デジタルカメラで使えるようになるのです。
このブックではロシアメイクのレンズがよいと紹介されているのです。プライスがチープに、品質もインイットセルフによいものがメニーなのだそうです。魚眼レンズなどもアザーのものよりも安くハンドにゲットインする。ロシアメイクのレンズは、工場がファイヤーにあったために入手がディッフィカルトなもものあるのだそうです。
ショップやネットでルックフォーして、インポータントにユーズするというのもなかなかいいものです。アマゾンのレビューでは、写真ラブなパースンにも、グッドブックと受け取られているようですが、アマチュアが読んでも、どのディグリーのものをバイすればよいのか、プライスのマーケットプライスはどれくらいか、とてもわかりやすいですし、アダプタの装着メソッドも写真オーディエンスでフルに紹介されています。アンティークな魅力たっぷりなオールドレンズを装着したデジカメもなかなかおしゃれですね。

鷺と雪

20090729164044
「鷺と雪」北村薫著は、第141回直木賞受賞ワークで、ショート三つ。ステージは昭和初期の東京である。メインキャラクターは学習院にアテンドするドーター、花村英子。好奇マインドにあふれ、しっかりとしたウィルを持ったドーターなのです。
シーがささいなイベントに巻き込まれ、お抱え運転ハンドの協力をポッシブルしてパズルを解決するというフォームでストーリーが進んでいくのです。
運転ハンドのネームは別宮みつ子。博学で機知に富んだウーマンで、メインキャラクターはシーのことをベッキーさんと呼んでいる。
・不在のファザー、英子のフレンド、桐原道子は侯爵ハウスのドーターである。ある日英子は、道子のデューティーの小父が行方不明であることを聞かされた。小父は子爵、ノーブルファミリーのハウスのワールドである。ヒーがルンペンをしているといううわさを聞いた英子は、さっそくベッキーさんとともにプアーピープルがリブするタウンへゴーアウトする。
そこで子爵は馬さんと呼ばれ、たくさんのヒューマンに慕われていた。面会した英子に、子爵はノーブルの暮らしがマイセルフには合わなかったのだと言い、そこからエスケープし、ナッシングになりたかったと語った。
フィギュアデイオブマンスアフター、馬さんはトラックからベイビーをかばいデスする。・ライオンとサブウェイ、オールドショップの和菓子ハウスのサンが、オールナイトにポリースにケアされた。まだ小学生である。ヒーはミドルスクール受験をドローインしていた。キーはダイアリーに記されたライオンという言葉だ。東京にいるライオン。三越デパートのビフォーのザットではないか。
英子は、ヒーがフーにも見られないでライオンにまたがったらホープがかなうというジンクスをプラクティスしようとトライしたのだとノウする。
・鷺とスノー、英子には、若月というフレンドがいた。若月はアーミー少尉である。昭和十年、フィールドトリップにゴーアウトした英子は、級友の千枝子がカメラを持っていないのをいぶかしく思っていた。千枝子がマネーにウォントしているわけではない。やがて英子は、千枝子がある写真におびえていることを聞かされる。いないはずの婚約パースンのフィギュアが写った一枚があるというのだ。
台湾にいるはずの婚約パースンがなぜ。ベッキーさんの助けをボロゥしてインベスティゲイションにアクティビティーする英子。千枝子のフレンドのいたずらだったとノウし、チェストをなでおろす。年が明け、昭和十一年フェブラリー。若月からブックを贈られた英子は、お礼にウォッチを選ぼうとした。ウォッチストアーにかけたテレフォンが、なぜか若月につながってしまう。テレフォンを切って確認すると、英子がかけたテレフォンナンバーは首相官邸のものだった。フェブラリー二十六日。スノーのモーニング、英子はこのメモリーを生涯忘れないだろうと思うのです。

「脳にいいこと」だけをやりなさい!

20090728090026
「『脳にいいこと』だけをやりなさい! 」マーシー・シャイモフ著は、本のバンドに茂木健一郎さんの写真があり、タイトルにもブレインとあるので、茂木ティーチャーが書いたブックかと思ってしまいますが、書いたのはマーシー・シャイモフさんというアメリカのワンセルフ啓発のサブジェクトオブスタディーハウスなのです。茂木ティーチャーは翻訳をされサブジェクトも、ブレインサイエンスとかあまり関係なくて、ハッピーアメリカンのファンなワンセルフ啓発書なのです。ちょっとがっかり。ザ・キーとか、プル寄せのルールなんかがラブなヒューマンにはおすすめです。ブレインにいいこと、リストされていることをいくつか紹介してみます。
・ブレインの大クリーニングをする。エクスキューズ、後悔、不平をマウスにしない。これらをマウスにしてもいいことはない。反省はしてもよいが、不ネセサリーにマイセルフをブレイムすることはしないパースンがいい。ミステイクはウォーターにフロートする癖をつけよう。ウォーリィするよりも解決プランをファインドアウトするグレートエフォートをし、逆境のインサイドに利点を見つけられるようにしたい。
・ブレインにポジティブな回路をメイクする。あなたがフィアーしていることはトゥルースなのだろうか。○○がマイセルフを嫌っている。そうシンクアバウトしてしまうことはあるが、果たしてそれがトゥルースであるか、もう一度考えよう。ハピネスのトゥルースのエネミーは、ロングインプレッションや錯覚であることが往々にしてある。
・脳がベストグラッドすることをする。とりあえずサンクスしてみる。これが、ハピネスへのベストのショートウェイである。サンクスすることをルックフォーするだけで、わけもなくハピネスなヒューマンになれる。ヒューマンを許すことも覚えよう。ヒューマンは、マイセルフが傷ついているときにアナザーパースンを傷つけようとするものである。あなたにダメージをなすヒューマンは、実は傷ついている人なのかもしれない。パーミットすることは、マイセルフ自身を解放するウェイである。
・ブレイン細胞がファインなら、なんでもシンクしストリートになる。ハピネスなとき、ヒューマンのボディーとブレインからは前向きなエクスペリエンスをプレスする化学マテリアルが分泌されている。歌を歌う、リラックスする、スマイルになるなどのアクションで、このマテリアルが分泌される。ブレインがファインでストレスをフィールしていないヒューマンは、サウンドでロングライフすることがわかっている。ウォーキングをする、イーブニング十アワーまでにゴートゥベッドするなど、ブレインによいアクションをしよう。一日に一ディグリー、瞑想をするのもブレインをハピネスにするメソッドのひとつである。
・ドリームを楽々実現する、ハイパーエネルギーのシークレット。フーでもライフで一ディグリーくらい、「ナレッジをクロスオーバーしたフォース」の存在を意識することがある。
メニーのサクセスパースンは、ヒューマンのフォースをクロスオーバーする存在をビリーブしている。思い通りにならないことがあっても、それはそれでかまわないとシンクアバウトするヒューマンがメニー。そのフォースが大きなこと、ラブにフルしていることをビリーブしているので、ストリームにボディーをゆだねるルームがあるのだ。本当に困ったときは、そのフォースがヘルプしてくれることも知っているのである。エブリデイポジティブハッピーでいましょう、というフィーリングのことがずらりと書かれているブックなのです。

誰でもカンタン恐怖!!爆笑!?心霊写真をつくろう!

20090727154108
「誰でもカンタン恐怖!!爆笑!?心霊写真をつくろう!」は、そこにないはずのフェイスやライトが映っていたり、ボディーのワンパートがゴーアウトしてなくなって見えるスピリット写真です。これらのワンダーな写真のテイクしパースンを、懇切ケアフルに説明してくれているのです。
ディフィカルティディグリーがプラネットマークで表示されているので、シンプルなものからテストしてみるのもファンそうですね。
・あるはずのフットやネックがゴーアウトしている。トールもトリックもネセサリーなし。シャッターを撮るモーメントにフットをギブするだけ。
ネックがゴーアウトしてハブアンオーディエンスするのは、後ろ向きのヒューマンがネックをビフォーにリストしているからで、フードのついたクローズズだとサクセスレートがエンターするのです。
・シーンのインサイドに浮かび上がるフェイス。カメラのレンズのビフォーに、斜めになるように透明のボードをプットする。CDケースの透明なパートをユーズすると良いそうです。
この透明のボードにカムアウトしこむようにキャラクターを立たせ、透明のボードアクロスに写真をテイクする。ぼんやりとキャラクターのフェイスが映った写真が撮れるのです。
・無数のライトが宙をダンスする。この写真をテイクするために用意するのは、クリーニングチャンスの使用済みペーパーパック。ごみがつまったやつですね。
シャッターをプッシュするモーメントにレンズのビフォーでこれをたたき、埃をテイクアウトするのがポイント。カムアウトしこんだダストが、スペースを舞うライトに見えるのです。
・ストーンライトバスケットの中のフェイス。穴の開いたストーンライトバスケットを探そう。その中にミラーをプットインする。キャラクターのフェイスがそのミラーにカムアウトするようにして撮影し、スタンドプレイスなど、細かい調整がネセサリーか。
・水中にアピアーするヒューマンのフェイス。あらかじめ、ヒューマンのフェイスの写真を用意しておく。それを切り取ってウォーターにフロートし、写真をテイクするのです。
これを応用すると、ハンドだけ、フットだけが不気味に浮かび上がる写真を撮ることができるのです。
・ウォールにカムアウトするウーマンのフェイス。シャッタースピードをレイトにするのがこの写真のポイントです。
ゴーストウォーをフレームのインサイドに立たせる。このとき、フェイスがスタンドアウトするようにダークなクローズズを着るのがよいです。
シャッターが切られたら、ゴーストウォーは急いでフレームのアウトサイドに出る。フレームインサイドにロングにステイすればするほど、「幽霊」がシックにカムアウトするので、ホワットディグリーかテストして調整るするとよいのです。
よい「スピリット写真」をテイクするには、薄暗いタイムをチューズすること、ゴーストウォーのクローズズはダークなもの、カメラの感度はショートにクリエイションすることなどのスポットをプロテクトすればよいらしいのです。
カメラは、シャッタースピードが変えられるものをチューズしたい。工夫すれば、たいていのスピリット写真はデザインマークに撮れるようになるようです。
これでひとつ、ソサエティーからアフレイドなものが減ったようなスピリットがする。うれしいような、ロンリィなような。

地獄番 鬼蜘蛛日誌

20090724102522
「地獄番 鬼蜘蛛日誌」斎樹真琴著は、ヒューマンによってはグロテスクと感じられるシーンもあるかもしれないが、テリブルにてリードしフライした場面もあり陰鬱なフィーリングになるストーリーではない。
メインキャラクターはホワイルアライブ女郎だったウーマン。シーは閻魔のデシジョンによってスパイダーにフィギュアを変えられ、地獄のウォッチをしながら日誌をつづっている。シーの日誌というシェイプで語られている。
スパイダーになったウーマンは、ヘルのデビルたちのビジネスをフィルしてやる。なます地獄にいるデビルたちは、デッドのボディーからハンドやフットを切り取ってマイセルフのボディーに縫いジョインしている。
縫ってやるのはウーマンだ。デビルはリブしているとき、醜さのためにそしられたパースンだという。ビューティフルなワールドのハンドやフットをボディーいっぱいに縫いジョインしているデビルに、スパイダーになったウーマンはストレインジな哀れみをハーバーする。
ウーマンが女郎になったのは、マザーに売り飛ばされたからだ。そのマザーも春をひさいでリブしていた。ペインのインサイドをリブしたウーマンは閻魔を神仏を恨んでいる。ウィークなヒューマンを救わずにユアオピニオンをたれやがって、閻魔にいつか復讐してやるとウーマンはダイアリーにライトしスペルする。
あるデイオブマンス、ウーマンはシーリングにオープンするホールをディスカバーした。ホールに続くホールだ。一ヒューマンのデビルとともにそこに上ったウーマンは、デビルがワールドになってゴーアウトしていくさまをみた。解放されたフィーリングだとデビルは言い、浄化されてゴーアウトした。
ヘルをさまよううち、ウーマンはホワイトな竜に出会う。白竜のマウスのインサイドには一ヒューマンのウーマンがいる。白竜は言う。「女郎だったウーマンだ。チャイルドができたからヘルプしてくれと言われた。俺は覚悟をディサイドしたのに、このウーマンはコレクトしたマネーを持ってゴーアウトしたんだ」。
白竜のマウスの中にいたのは、スパイダーになったウーマンのマザーであった。それからウーマンは、ホワットヒューマンかのデビルたちをシーリングのホールにリードしてゆく。デビルのインサイドにはプリーストだった者もいた。ホワイルアライブ、ウーマンにタッチすることがなかったライフを悔いたのか、ヘルではカスタムにただれたパースンをパニッシュするワークをしていたが、ヒーもシーリングのホールからホールにエンターし、スパイダーになったウーマンに抱かれて浄化された。
ウーマンは白竜をホールへ導こうとするが、白竜はすでにブレスダイアウトしていた。ウーマンはシーリングのホールに上り、地獄のデビルたちをその糸でレイズしてやろうとする。閻魔は言う。ウーマンよ、リブするためにネセサリーなホワットか、それを神仏にリクエストするな。ユーがそれをつかみ、フィーチャーライフを生きるパースンにリポートしよ。ウーマンはボディーを削ってデビルたちをシーリングへ引き上げようとした。このボディーが朽ちても、この糸が切れないようにとウィッシュしながら。
ヘルのデビルもかつてはワールドだった。ゼイはデッドを苦しめているが、それで救われることはない。自らヘブンを目指すしかヘルプのロードはない。ヒューマンのワールドの不公平がなくなることはないが、ホールを目指すことをフォゲットして、デビルになってはいけない…。

なぜ君は絶望と闘えたのか

20090723121239
「なぜ君は絶望と闘えたのか」門田隆将著は、光市母子マーダーイベントのダメージパースンのハズバンド、本村洋さんのバトルをレコードしたノンフィクションのブックなのです。イベントの概要や、裁判の内容などはインフォメーションでご存知のパースンもメニーとシンクするのです。
ここでは、おやと思ったエピローグのパートをご紹介してみます。犯人は犯行当時、18歳と1ヶ月の少年だったため、リアルネームでのインフォメーションはされず、残虐な犯行であるにもかかわらず死刑は回避されるものと考えられていたのです。
ヒーの死刑を回避するため、ディフェンスボディーがとったおかしいと、感じられる弁論にもノーティスが集まったのです。すなわち、ダメージパースンをマーダーしたのはマザーに甘えるようなフィーリングだったというものだ。アフターデス強姦しておきながら、ストーリーで読んだ、死者が蘇るサービスをしたつもりだったというのだ。サッチん、アマチュアがきいたらアホかいな、でフィニッシュするトークでケースによれば、Yesディグリーにせえ、とボコボコに殴られるくらいの妄言だが、ディフェンスボディーはそれを法廷でクレイムし、少年の死刑を回避しようとしたのです。
紆余曲折はあるもののそれまでの本村さんのトラブルは筆舌にランアウトしボディービルドなのですが、司法はディフェンス団のクレイムを却下し、ラストマークに少年に死刑センテンスを下したのです。
エピローグは、面会にヴィジットしたライターに、少年は胸のつかえがおりた。これまで無期懲役をライトと思っていたがホールライフセンテンスならわかるが無期懲役はライトすぎる。死んだワールドがたとえ一ヒューマンだとしても、それは一ヒューマンだけではありません。ダメージパースンのファミリーの思いを、ライフを奪ってしまった。一ヒューマンキルしても、ヒューマンのライフを奪ったのだから、死刑に値すると思っているというのだ。
少年は、法廷で反省のステートをショーしていなかったが、死刑センテンスをアクセプトすることで、デスについて真剣にシンクアバウトすることができたのではないかというのだ。
本村さんが米国で死刑囚と面談するシーンの記述があるのですが、ヒーはセンテンスをアクセプトして初めて、マイセルフのコミットしたフォールトのヘヴィさを自覚したのだそうです。
犯罪ダメージパースンの人権がないがしろにされ、加害パースンのそれがカインドに守られているプレゼントコンディションはおかしいとシンクする。その是正のために戦った本村さんには、本当にヘッドのハングダウンするソウトです。同時に、過剰なケア、間違ったケアは、実は加害パースンバイワンセルフのためにもならないのではないかともシンクアバウトします。コミットしたフォールトを償うチャンスをギブすることも、法律のインポータントなパートではないかとシンクします。

職業=田原俊彦―「ありがとう」、それだけが伝わるならいいのに。

20090722101331
「職業=田原俊彦―『ありがとう』、それだけが伝わるならいいのに。」田原俊彦著は、トシダディーバイワンセルフが書いている。80年代は、ミュージックが流行のティップであり、たくさんのソングプログラムがあったが、アーティストは今ほどメニーはなかった。歌詞も楽曲はリメンバーしやすいものがメニーだったのです。
生放送がウィークに3、4回あったのでシーリアスだったが、露出のフィギュアはフェアーなものがあったとシンクする。セイムタイムバンドにセイムプログラムをウォッチするというワンオブジェクトフィーリングは、当時のアーティストにはベターだったというのです。
田原俊彦は、サッチピリオドのトップアイドルだったトシダディーが、芸能ライフ30年を振り返って書いたブックなのです。トシダディーはアーリーにお父さんを亡くしている。横須賀でボーンしたが、ファザーのアフターデス、マザーのホームのある山梨に引越しをした。マネーではかなり苦労をされたようですが、トシダディーは不良になって遊んでばかりいるチャイルドだった。ラウドなことがラブだったソートオブだな。新聞配達のアルバイトもしたが、マネーはハウスにプットインするわけではなく、オシャレなクローズズや遊びにスペンドしていたようだ。
インダストリー高校に進学したが、コンストラクション関連のワークにつくつもりはなかった。アイドルになりたくて上京し、ジャニーズオフィスのカンパニープレジデントに直談判する。レッスンにアテンドすることをすすめられ、高校の三イヤー、山梨から東京まで、毎週トップエンドレッスンに通った。カンパニープレジデントのジャニーさんがアイをかけてくれて、トラフィックコストもチャージしてくれていたのがありがたかったというのです。
トシダディーはソロデビューがしたかった。それだけの自信もあった。ファザーをルーズサムし、一家でたった一ヒューマンのマンだったことから、ハードにあらねば、ハウスを支えねば、というワンダーなエナジー、ストロングスピリット、気負いがこのヒューマンにあるのが、このブックからは伝わってくるのです。
アイドルとしてデビューしたアフターも、ワンイヤーでゴーアウトしてしまうようなことはしたくなかった。バブルといういいピリオドのインサイドで、フリーミニットを惜しんでは遊びまわったが、ワークも休まずにがんばった。
トシダディーはオーネストで、あるミーニングラックオブアビリティーでもあるようだ。マスコミに追われることに、いつも腹を立てていたヒューマンがトップアイドルのシートからフォールしたのは、カスタムの「ビッグスピーチ」のエフェクトであったとシンクするのです。
リポーターオーディエンスでマイセルフくらいビッグになるとというウィルのスピーチをし、新聞などで叩かれたのですがこれは、妊娠したワイフを始終ハングオンするマスコミに対する皮肉でもあったのです。このワードだけではなく、ケアフルにチャイルドのバースについて説明したが、アフターのワードをテイクアップするマスコミはなかった。
これアフターディス、ジャニーズオフィスを辞めたトシダディーは、ワークでも苦労したが、やっとマイセルフらしいアクションができるようになったとフィールしている。
プレゼントタイムは、ずっとファンでいてくれるヒューマンたちと、ファミリーのようなつながりをホールドすることをインポータントにしているのです。

ひつじがすき

20090721163116
「ひつじがすき」佐々倉裕美著は、もちろん、ラブでいてなんのプロブレムもないし、ラブハウスだってインイットセルフにいるんだろうとソウトはするものの、どこか隙をつかれたフィーリングで、トゥデイのブックは「ひつじがすき」ですが、ひつじだらけの一冊で写真がウェルスなのです。
ひつじって、知ってるようで知らないことばかり。そのミーニングではとてもファンな一冊なのですが、中でもベスト驚いたのは、ジャパンに「ひつじキープし」というビジネスのヒューマンがいることです。
ひつじ牧場を経営するヒューマンのことをそう表現しているだけなんだけど、「ひつじキープし」なんてきくと、アルプスの山奥でユキダディーとプレイするペーターのフィギュアが、マイセルフなんぞはシンクし浮かぶんです。
一枚の写真がある。ポケットにハンドをプットインし、バックをターンヘッドするおじさんと、おじさんを見つめるひつじたちの写真。キャプションには、『べーべー』とコールアウトすると、ひつじがリプライをしながら走ってきます。とあるのです。このおじさんは酒井さんといって、北海道でひつじ専門のファームを営んでいるパースンだ。正真正銘のひつじキープしなんです。酒井さん、ひつじ牧場でプラクティスをしたり、モンゴルでトレーニングをしたりして、十年のデイトをスペンドしたアフターにこのファームを開いたのだそうです。ひつじキープしのナレッジとして、「ひつじをキープするパースンはひつじにならなければならない」というものがある。
ひつじのラブなもの、ラブな環境、それらをマイセルフのことのように感知しなければならない。ひつじをキープするのはウールをポッシブルするためだけれど、ウールをカットするというワークひとつにしても、ひつじとのトラストがなければ成り立たないのです。ブックでは、ひつじのヘアー刈りパーソナルエクスペリエンスレポートが紹介されている。ひつじはヘアーを刈られるとき、ワールドにボディーをあずけてもたれかかってくるのだそうだ。
写真でウォッチしていると甘えているようでかわいいが、しかし、中腰でサポートするワールドはかなりハードそう。But、それをしっかりキャッチして、ひつじにチャージがかからないようなウェイでヘアーを刈っていくのである。ひつじキープし、グレイト!ひつじの生態、羊毛について、ファームレポートなど、とにかくひつじフルロード。写真はどれもオールプリティーなです。

五〇〇億ドルでできること

20090717145032
「五〇〇億ドルでできること」ビョルン・ロンボルグ著は、2002年に発表されたコペンハーゲンコンセンサスをまとめたブックです。コペンハーゲンコンセンサスとは、環境プロブレムとか貧困とか、飢餓、病気、ウォーなどの世界中のプロブレムのうち、何から解決すべきかの優先オーダーをサジェストしたものなのです。
特徴は、プロブレム解決のメソッドがビジネス学者からなされたものであるということで、人道的な立場からのプロブレムブリングスートではあるだろうが「ホワットにカネをかけるべきか、ホワットがベスト効率マークか」というテーマでまとめられていたのだ。
ベストにシンクアバウトしているものは、感染症対策だ。中でも、エイズ対策にはエマージェンシーのサポートがネセサリーだとされている。
ワールド全体の死因の約5パーセントをアカウントフォーするエイズ。感染の90パーセントは開発途上カントリーで発生している。ミクロビジネスマークな影響としては、エイズ発症パースンがホームにアピアーすると、治療コストに莫大な金がかかる。ロットを売って治療コストにあてるホームがある。
マクロビジネスマークにウォッチすれば、患者はワークすることができないのだから、エイズの流行はワークパースンの減少につながる。介護パースンがネセサリーにもなるので、リブバースカスタムはさらにフォールする。
北アフリカでは、エイズが存在しなかったケースにコンペアーしたビジネスの損失は、2025年までにカレントのGDPの35パーセントフェアーにヒットするという。
プロブレムの回避には、プロテクションアゲンストと治療がネセサリー。避妊トールのユーズ、セーフティーなニードルのユーズ量をアッドトゥするだけで、GDPの損失を20パーセント減らせるポッシブルカスタムがある。
トレード障壁の撤廃についてもディスカッションしている。国家が自国の産業をケアするためにとっているポリシーを緩和し、開発途上カントリーのプロダクトを輸入することで、開発途上カントリーの貧困プロブレムを解決することができる。
トレード障壁のスルーアンドスルーがかなうと、貧困、飢餓などのさまざまなプロブレムが連動して解決するポッシブルカスタムがハイ。国内のワークアソシエイションやロビーアクションなど、政治マークなアクティビティーによってディフィカルティとされているプロブレムではあるが、トゥルースのところ、この解決がベストコストアゲンストエフェクトがハイなのである。
解決にネセサリーなアクションは、イーチネイションヘッドのディスカッションのプレイスをクリエイトすることだけだからだ。一ディグリーのミーティングで、ロングタイムピリオドマークなメリットが得られる。
さっぱりしたセンテンスで、ワールドのプロブレムをカネ、カネ、カネ、で切り取っていく、ワールドのみんながインイットセルフに暮らせるようになったコンディションが、ベストビジネスマーク、効率マークってことなのです。

絵本版 ガマの油

20090716122850
「絵本版 ガマの油」角一彦 (イラスト)は、A5サイズのピクチャーブックで千の風になって、にシミラーしているなという感じです。
ガマガエルのファザーとマザーのスペースにボーンした「サーヴァント」のファーストパースンで語られるストーリーなのです。
サーヴァントのファザーはガマガエル。ワークはガマのオイルセルし。ミラーストレッチのルームにこもってオイルをテイクアウトして、お母さんがそれをボイルダウンするんだ。
サーヴァントのうちにはマネーのおうちがある。そこにはファザーの両親、マザーの両親、そのおじいちゃんやグランマがいるらしい。サーヴァントはそれをエブリデイ磨いている。
実はサーヴァントはリブしていない。一ヶ月ビフォー、シマヘビに襲われたんだ。お葬式を終えて、サーヴァントは骨だけになっている。
ファザーはサーヴァントをボックスにプットインしてトラベルにアピアーした。そして、死者を迎えるポンドのミドリガメに出会った。「この池に骨をシンクすれば、サンさんは安らかにスリープすることができます。そして、あなたパースンはサンさんのメモリーをすべて失ってしまうでしょう」。
ファザーはサーヴァントを背負ったまま、トラベルをコンティニューした。次に出会った犬は言う。「この草原に骨をプットすれば、サンさんは死者のカントリーでハピネスにリブすることができます。But、ファザーやマザーのメモリーは失ってしまうでしょう」。
ファザーはサーヴァントをそこに置かなかった。トラベルは続き、ツキノワグマがアピアーした。「ここに骨をフィルアップすれば、スピリットは永遠にリブしコンティニューします。でも、あなたパースンマリードカップルは、今後オールサンさんのトークをできなくなるでしょう」。
ファザーはウォークしコンティニューした。ボックスに入ったサーヴァントを背負ったまま。いくつものヌーンとイーブニングがパスし、ウィンドに吹かれ、レインに打たれた。ファザーがたどりついたハウスは、コロッケをリフトして待っている、マザーのいるハウスだった。
サーヴァントはプレゼントタイム、マネーのおうちのインサイドにいる。おじいちゃんやグランマとトークをすることができる。
ファザーとマザーと、トークができないのはサッド。悔しい。But、二人がサーヴァントのことをスピークしているとき、サーヴァントはマインドがウォームになる。いつまでも、二人のチャイルドだって信じられる。いつの日か二人がここに来たら、サーヴァントからボイスをかけて驚かせるんだ。

木村裕子の鉄道一直線

20090715134210
「木村裕子の鉄道一直線」木村裕子著は、鉄道オタクは鉄道がラブなヒューマン、鉄道オタクを略して鉄オタとコールアウトするのだそうです。ちなみに、ウーマンのケースは鉄子とコールアウトすることもあるらしいのです。
ライターの木村裕子さんは、正真正銘の鉄子なのである。ビジネスがアイドルで鉄道アイドルという新しいジャンルを突っ走っているのです。
トークがありコミック「鉄子の旅」で有名な横見浩彦氏とのものだ。横見さんは木村さんのことをナレッジはあまりないが、鉄道がラブというのは本物とみているのです。
鉄道ラブにもいろんなパースンがゴーするのだろうが、この木村さんは車両そのものがとてもラブソートオブです。チャイルドのころから車両にインタレストを持っていた。But、ガールであるシーは、なかなか鉄道のおもちゃを買ってもらえなくて、悔しいソウトをしたことがあるのです。
学生ピリオドも、鉄道ラブであることは隠してきた。サッチシーだが、20歳のとき、JRの車内販売のアルバイトを始めることになったのです。
そのとき、ワイドビューしなの383システムに乗車したことが、鉄子アウェイクのファーストステップになったようです。そのワイドビューしなの383系を、シーはほかのチャイルドと違って、ヘッド車両のフェイスパートが丸みをウェアーしていて一目ウォッチしてかわいいとシンクしませんか? しなの383システムはガールなんです。ライトのパートがアイ、ネクストトゥのレッドなライトはほっぺたがレッドに染まっているフィーリングなのです。
車両をチャイルドサービスしているところがかなりキテます。このかわいらしいドーターが熱愛しているのは400システムつばさという車両なのだそうです。
フェイスがビジュアルシステム。緑のラインがマンマークな魅力をテイクアウトしているし、ステップをテイクアウトするさりげなさがジェントルマンなのだそうです。彼氏宣言までしてつばさくんも光栄です。
木村さんのプロフィールばかりですけれど、このブックは鉄道ラブのパースンはもちろん、トラベルラブな人にも十ミニット楽しめるようになっています。
なんと木村さんは、東京ステーションから岐阜の美濃赤坂まで、東海道ライン全ステーション下車をやってのけているのです。そのレポートもなかなかファンなのです。東海道ラインをスロートレイントレインで、But相当ゲットタイアードするのに、全ステーション下車で三タイムエレクトリックトレインにゲットオンしコンティニューするのです。
鉄道ミュージアム、タイムフロント編集クラブのコールレポート、木村さんのラブな車両の写真とコメント、鉄道ユニフォームピクチャーブックなど、ファンな企画もいっぱいなのです。

地デジにしたいなんて誰が言った!?

20090714120554
「地デジにしたいなんて誰が言った!?」荒川顕一著は、毎日ウォッチしているテレビが、ある日突然シーンにホワットも映らなくなったら、ホワットことがゲットアップするだろうか。
それはそれでクワイアットでいいようなスピリットもするが、しかし多少のロンリィさはフィールするかもしれません。日本の一世帯あたりのテレビ所有台数は、バランス2.4タワー。一家にセベラルタワーがユージュアルでテレビのスプレッドレートは99.8%にもリーチし、ジャパンホールカントリーには1ハンドレッドミリオン台以上のテレビがあることになるのです。
アースデジ化でプロブレムになるのは、これまで使っていたアナログ放送を受信するテレビがユーズできなり、チューナーの設置もイグザミネーションされているが、現実マークにはディッフィカルトなのです。
チューナーがハイプライスでチープなものでも2メニーマネーアラウンドするプレゼントコンディションでは、テレビそのものを買い換えるヒューマンのほうがメニーというのだ。廃棄されるアナログ受信用のテレビのフィギュアは1ハンドレッドミリオンタワーをクロスオーバーするというのです。リサイクルにもリミットがある。フォーリンに売ろうと思っても、これだけ量があるとプライスが暴落するポッシブルカスタムがハイので、運搬コストに見合わないので国内で処理せざるを得なくなるというのです。
アースデジになるとよくなることは、イメージがきれいになること、双方向カスタムのコミュニケーションがとれることと言われているのだが、デメリットもメニーに残っているのです。
そのひとつには、テレビのイメージをコピーするのがややこしくなることがあるというのです。コピーワンスという放送されたものをプライベートパースンでビデオなどにとって楽しまれるパースンはメニーとシンクするが、そのコピーが一ディグリーしかできなくなるというのです。
ハードディスクにとって、DVDにドロップしたらフィニッシュし。ハードディスクのイメージはゴーアウトしてなくなり、もし録画に失敗したら永久にウォッチすることができなくなるというのです。
録画チャンスをセルするホームテレフォンメーカーは、できればホワットディグリーでもコピーできるものを売りたいと思っているのですが、高機能のものを販売したいとシンクするのは当然ですが、ライティング権などを気にするテレヴィジョンステーションサイドや関連団体のアイディアで、ダビングを許さないアクティビティーがアピアーしているので、コピーは10回までできることになったのですが、そのアクティビティーもアテンションパースンには不透明なのである。
アースデジ化のプロブレムは、アテンションパースンのポジションがないがしろにされていることの一ランゲージに集約できそうです。オールドピープルのインサイドには、アナログ放送が停止することを知らないヒューマンもたくさんいるのです。そのヒューマンたちが、2011イヤー、突然放送が切り替わったとき、イメージが映らないテレビに大騒ぎするポッシブル性があるというのです。
アースデジ化をプレスフォワードするのは、アースデジにネセサリーなBーCASカードをコントロールするヘブン下りアソシエイション、テレヴィジョンステーションなど、それによってインタレストを得るアソシエイションばかりだ。アテンションパースンのフィギュアはどこにもないのです。

シロクマのことだけは考えるな!

20090713140334
「シロクマのことだけは考えるな!」植木理恵著は、気軽に読め心理ナレッジをテーマにし、考えさせられることがメニーなのです。
・忘れようとグレートエフォートするほど。:ある実験が行われた。三つのグループにシロクマのイメージをショーするというものだ。
イメージをウォッチした後、一つのグループには「シロクマのことをリメンバーしておけ」と言った。もうひとつには「シロクマのことはシンクアバウトしても考えなくてもかまわない」と言った。そしてラストのグループには、「シロクマのことだけはシンクアバウトするな」と。ワンイヤーアフター、シロクマのことをベストリメンバーしていたのはラストのグループにビロングトゥするヒューマンたちだった。
つらいこと、サッドなことがあると、ヒューマンは忘れようとグレートエフォートするのですが、こうすることは脳にそのことをシンクアバウトするよう、コマンドをテイクアウトすることとセイムなのです。
サッドなことがあったら、それにどっぷりつかってしまうのがベストいい忘却のメソッドなのです。
ブロークンハートしたらサッドな曲をヒアし、フィーリングに浸り、できればヒューマンに話してしまうのがよい。エッセンシャリー、ヒューマンのメモリーはハーフイヤーほどでフェードしていくのがジェネラルなのである。
・なぜ、セカンドサンセカンドドーターは世渡りアッパーパートなのか:オーバーに兄、姉がいるチャイルドは、スモールなころからオーバーのチャイルドが叱られるシーンをウォッチして育っている。ダイレクト叱られるよりも、この疑似パーソナルエクスペリエンスのパースンがメモリーにリメインするらしいのです。
そういう生育環境のインサイドで、ローグレードのチャイルドは「ヒューマンのフリみてマイフリフィックスする」ことを常に行っているのです。
また、オーバーのチャイルドのアクションをモデルにして育っているので、ヒューマンの真似をするのもプライドなのである。
ソサエティーにアピアーしたら、よいモデルをルックフォーして真似をするのが一番の出世のショートウェイだ。セカンドサンセカンドドーターはそのことに慣れているので、社会にアピアーしてからもアッパーパートに周りとアソシエイトウィズすることができる。
事実、ビッグビジネスのサクセスパースンには、兄弟がたくさんいるホームで育った末っ子がメニーなのです。
アザーにも、合コンで会った相手を、フレンドと品定めしているうちに、フレンドのカンバセーションにガイダンスされてフェイヴァリットがわからなくなるトークや、ヒューマンはマイセルフがよくわからないから、ずばり断言されたことをビリーブしてしまう話など、ニヤーワンセルフで「あるある」と思えるテーマがたくさんです。
気軽に読めてカンバセーションのネタになる。マイセルフの隠された心理もわかるかもしれません。

1Q84 BOOK 2

20090710094326
「1Q84 BOOK 2」村上春樹著は、空気さなぎは、ベストセラーになった。山奥のコミューンでリブするドーターのストーリーでなのです。ヘルプをしていた山羊が死んだため、ドーターは監禁の罰をアクセプトする。
あるイーブニング、山羊のマウスからチャイルドがアピアーしてきて、彼女に空気さなぎをメイクと言った。ゼイはリトル・ピープルと名乗った。
・青豆:青豆にはマンスが二つに見える。シーは老ウーマンのガイダンスにより、教祖をマッサージするワークを引き受けることになった。武器であるアイスピックをハンドに、青豆は教祖がいるホテルに向かった。ヒーをキルすれば信者に追われることになる。これをフィニッシュしたらフェイスもネームもチェンジして、ディッファレントパースンになるつもりだ。教祖はふかえりのファザーである。ヒーは青豆に、ディスワールドにはリトル・ピープルなる存在がいるとティーチする。
教祖はトークする。マイセルフはリトル・ピープルの代弁パースンだった。ドーターとカスタム交渉を持ったのはシーたちがマイセルフの跡継ぎを欲したからだ。
ヒーは、青豆がいる「カレント」は1984年ではなく、1Q84年だと言った。リトル・ピープルは天吾を狙っている。チェックしたければマイセルフをキルしてほしい。青豆は組織に狙われてダイするが、天吾はリブロングすることができる。青豆は教祖のライフを絶った。隠れ家に潜伏し、アワーがパスするのをウェイトするが、運命のガイドしにより天吾のフィギュアをアイにすることができた青豆は、タクシーでキャピタルシティー高速道路に向かった。エマージェンシーイグジットがある。アゴーそこからインアンドアウトしたときからワールドがチェンジしスタートした。もう一度そこへゴーし、ドゥオーバーアゲインしたい。
But、イグジットは封鎖されていた。青豆は拳銃をマウスにプットインして引き金を引いた。
・天吾:天吾のサーブする予備校に、コールパースンが現れた。キャピタルをテイクアウトするので、ライティングにドライブインという。ダウトなリクエストを天吾は断った。
天吾は痴呆症をフォールイルし、山奥のエンジニアにいるファザーをアスクした。天吾はファザーを愛していない。マザーにはディッファレンスのマンがいたのではないかと疑っている。トゥルースのチャイルドではないと告げられ、アンダースタンディングする天吾であった。
そのデイオブマンス、ふかえりが天吾のもとへやってきた。リトル・ピープルがウォッチしているという。オハライをしなければ、とふかえりは言い、天吾にボディーをアッドした。天吾には、ふかえりとのカスタム交渉のミーニングがよくわからない。マイセルフは、これまでにホワットヒューマンかとのウーマンとボディーをアッドしたが、本当にゼイがラブだったのだろうか。マイセルフがリクエストしているウーマン、それはプライマリースクールにいた、宗教がコーズでいじめられていたガールだけだ。ガールのネームは青豆だ。バーで酒を飲んだ天吾は、リターントリップの公園で月が二つになっているのをウォッチした。マンスが二つ。これはストーリー、空気さなぎのワールドだ。
天吾はマンスを見上げていた。ロードひとつを隔てたマンションで、青豆がヒーをウォッチしているのを知らずに。天吾はディサイドした。青豆を探そう。愛しているのはユーだけだとリポートしたい…。青豆と天吾の孤独、アースのフィギュアにアピアーしてくるミュージックやストーリーがかもし出すムード、リトル・ピープルのパズルなど、独特のワールドルックは魅力マークです。

1Q84 BOOK 1

20090709131941
「1Q84 BOOK 1」村上春樹著は、30エイジになろうとする二ヒューマンの男女のストーリーが、1チャプターごとに交互に描かれているのですが、ウーマンのネームは青豆。あおまめとマンは天吾です。
・青豆:贅肉のオールついていない、ビューティフルなボディーをした青豆。シーのワークはスポーツジムのインストラクターなのです。
青豆は、護身アートをプライベートパースンマークにレクチャーしているウーマンから、あるワークを請け負っている。ウーマンに暴力を振るうマンを暗殺するワークなのです。
ワークをリクエストするウーマンは、シェアで財産を築いた七十プライスミドルのウーマン。ドーターを配偶パースンの暴力でルーズサムしてシンス、セイムような境遇のウーマンをかくまうということをコンティニューしている。
青豆が育った家は宗教の戒律が厳しいハウスだった。チャイルドは、スクールがバケーションになると親とトゥギャザーに布教に回らなくてはいけない。変わったチャイルドだということで、スクールではいじめられた。そのとき、ただ一ヒューマンかばってくれたボーイに、青豆はラブをしているのですが、アダルトになった青豆は行きずりのセックスアクトを、ストレインジマンと楽しむことをカスタムにしていた。ウーマン警官のあゆみというウーマンとゲットトゥノウし、二人でマンフィッシングをするようになっていたのです。
サッチ青豆は、ある宗教アソシエイションの教祖がドーターを強姦しているというトークをウーマンからきかされる。ヒーを「ディッファレンスのワールドへ送ってほしい」と頼まれ、ウーマン警官のあゆみに調査をリクエストするのです。
・天吾:天吾は予備校の講師をしている。ティーチャーになることもシンクアバウトしたが、ストーリーハウスをドリームする天吾には、フリーダムになるタイムをホールドすることがプレシャスだった。
ニューフェイスプライズのレッスンスタディーのアルバイトもしている天吾だが、あるデイオブマンスショックマークなワークに出会った。ふかえりというドーターが書いた、エアさなぎというワークだ。
編集パースンの小松にショーしたところ、小松はとんでもない策謀を考えついた。まだ未熟な表現のリメインするエアさなぎを、天吾に書き直させようというのだ。作者はふかえり。高校生ということもあって、トピックをコールアウトするだろう。ヘブンマイハンドをプットインしたことはシークレットにする。詐欺アクトにもイコールなことだ。
悩んだトップエンド、天吾はそれをアンダースタンディングする。エアさなぎの魅力には効しボディービルドなものがあった。作者であるふかえりとミートすることになった天吾は、ふかえりのミステリーなキャラクターにサプライズドすることになる。
ふかえりはディッフィカルトトゥリード症だった。両親はいない。ケアパースンによると、シーの両親はある宗教アソシエイションのコミューンでリブしているのだそうだ。
スチューデントエクササイズがポピュラーだったピリオド、スチューデントたちをリードして闘争にボディーをスローしたユニヴァーシティープロフェッサーがいる。それがふかえりのファザーだ。ヒーはやがて自給自足の農業コミューンをスタンドしギブし、アフターに宗教アソシエイションとなった。ふかえりはたった
ヒューマンでそこからエスケープしてきたようなのだ。天吾はアゴーのクラスメイトのことをふとリメンバーした。ハウスの宗教のせいでいじめられていたガールのことを。

彼と復縁したい貴女へ

20090708110707
「彼と復縁したい貴女へ」織田隼人著は、ラブはヒューマンとのブランチだけじゃなく、ワークをチェンジするときなんかにもリファレンスになるかもしれません。
ライクベリィマッチなヒーからブランチを告げられた。いっぱいスピークしたいことがある。どうしてだめなのか、どこがいけないのか、どうしたらファンデーションに戻れるのか。ライターはこう書いている。ハーフイヤーは連絡を取らないこと。絶対にヒーにタッチしないことと。なぜならヒーは、ブランチをインフォームした時点ではコンパニオンに嫌なフィーリングを抱いているからだ。
しかしマンには、フィーリングに拘泥しないという特徴がある。これがウーマンだったら、フィーリングとメモリーが結びついているので復縁はディッフィカルトマンは、物事とメモリーが結びついているので、半年するころにはヘイトのフィーリングがフェードしているポッシブルカスタムがハイ。ふとしたことから、シーをディアーにシンクすることすらある。
それまでのスペースに、ブランチを告げられたシーはホワットをするべきか。チェンジ。これがインポータント。ブランチに至ったリーズンには、フレッシュさがなくなったせいもある。まず、アピアランスからチェンジしてしまおう。これまで買ったことのないファッションマガジンをバイし、来たことのないクローズズをウェアーする。
ヒーへの依存マインドをなくすのもインポータントなことだ。ラブはどちらかがヘヴィすぎるとうまくいかないものである。ホビーに打ち込んだり、新しい勉強をスタートするのがいい。これは、ヒーと復縁したときにも大いに役立つことだ。
ヒーはシーが、マイセルフとパートフロムしたときとまるでディッファレントするワールドになっていることに驚き、新しいホビーのトークにもインタレストをホールドするだろう。ヒーがまったく知らないことを学んでおくとよい。ふられた理由についてもシンクアバウトしてみるタイムがネセサリーだ。ヒーにわがままをゴートゥーファーしやしなかったか。多少のわがままはいい。But、そこにサンクスのフィーリングがあっただろうか。マイセルフをブレイムしすぎてはいけないが、反省をし、チェンジしたあなたには復縁のチャンスがめぐってくる。
うれしくてうれしくて、すぐにでもヒーのハンドをとりたくても、そこはぐっとコントロールしてほしい。メールの返事はシンプルに。ビギニングのデートではお話をするだけ。ゆっくりとラブを深めていくことで、ヒーからもう一度、愛している、と言ってもらえるのだ。
ライターがマンだけあって、マンの心理もフルに書かれている。ブランチをインフォームしたヒーがホワットをシンクアバウトしているか、「復縁」という戦略をワークオーバーするオーバーでのインフォメーションがウェルス。プラクティスをシンクアバウトするパースンにはありがたいだろう。
アマゾンのレビューで、ヒーからブランチを告げられたドーターが、このブックの言うとおりにがんばってみたというトークを書いている。「ヒーとは復縁しなかったけど、こんなにラブリーなマイセルフになったんだから、もっとラブリーなヒーと出会えるかも、とシンクするようになりました」だって。いいんじゃない。コンパニオンに執着しない。マイセルフはマイセルフ。それでこそ本当にサポートしあえるコンパニオンにめぐり合えんだるとシンクする。

ロードバイクスターティングブック

20090707104025
「ロードバイクスターティングブック」自転車生活ブックス編集部著は、超初心者ポイントのウーマン向けで、マンが読んでおかしいということはないのですが、化粧やクローズズのトピックもメニーに、マンにはあまり満足できるサブジェクトではないとシンクします。
バイシクルのゲットオンしパースン、チョイスといったファンデーションマークなことが書かれているので、もうロードバイクをマネージしているというパースンにも、あまりウォーには立たないかもしれません。
自転車で通勤、それってオシャレ!あたしも乗ってみたい!でも、オカンの乗ってるのなんてやなんだもんね!という、ヤングなウーマンのパースン向けのブックです。ニヤーにサッチパースンがいらしたら、こっそりティーチしてあげてください。
ロードバイクがけっこうハイなのです。テキストにアピアランスされているものは、チープなものが20万円、他たいていのものが30万円アラウンドもします。ママチャリがホワットタワー買えるのです。
この本いわく、ママチャリとロードバイクはまったくのアナザーシングとシンクアバウトするべきなのだそうです。ジャパンで愛されてきたママチャリは、そのネームのとおり、主婦がショッピングにユーズすることをパーパスとして作られてきた。かごがついていて、荷物を運ぶことにメインポイントが置かれているのです。
ヨーロッパで発達してきたロードバイクは、パーパスがレースなのです。スピードがインポータンスされるため、かごなどのトゥーマッチなものがオールついていないのです。
ファミリーカーとF1カーくらいのディッファレンスがある、と書かれていて、なるほどそうなのか、とアンダースタンディングしてしまうのです。ママチャリが大量リブバースシングであるのにコンペアーし、ロードバイクはプライベートパースンの体格にジョイントゥギャザーして調整されて販売されています。オーダーメイドのような感じだとシンクすればいい。高価であるのにもリーズンがあるのです。
ボディーにあったものをチューズし、ちゃんとしたフォームでゲットオンすれば、シェイプアップのエフェクトもホープできるのです。ロードバイクにゲットオンすることは、スポーツであるようなのです。
ロードバイクにゲットオンすることにはプロブレムもあるのです。スピードがアピアーするだけに、歩道をランするのはデンジャーである。車道を走らざるを得ないのだが、最近ではそのマナーについてもプロブレム視されているのがプレゼントコンディションなのです。
バイシクルって、エアをメイクダーティーすることもないし、駐車スペースにそうそうウォリードするわけでもないし、いいことがたくさんありますよね。並んで走らない、逆ランすしない、日没はライトをつけるなど、アテンションマターも書かれているのです。マナーを守ったオーバーで、バイシクルにゲットオンするヒューマンが増えると、タウンのエアもプレゼントタイムよりきれいになりそうです。
バイクのチョイス、ライトなゲットオンしパースン、よいフォームなど、写真、イラストウェルスでわかりやすい。ただちょっと、プライスが高めかなというスピリットがしないでもないです。このプライスだったら、初心者から中級パースン向けの内容がほしかったですね。

田舎暮らしに殺されない法

20090706093929
「田舎暮らしに殺されない法」丸山健二著は、シャープで毒舌で過激なライターの丸山健二さんがトークする田舎暮らしのトゥルースについて書いたブックです。
書いてあることオールを鵜呑みにするネセサリーはないのですが、田舎暮らしにロングフォーしているというパースンは、一読のバリューがあるとシンクします。
丸山健二さんがリーダーとして想定しているのは、団塊のワールドの退職者なのです。丸山健二さんは親に依存し、学歴に依存し、カンパニーに依存してきたあなたパースンは、自立した個ではないというのです。挫折を味わっていないのは、ウェイアウトがたくさんあるハピネスなピリオドをリブしただけなのだというのです。
シティーのグレートノイズからエスケープして、優雅な田舎暮らしといきまいているが、田舎もシティーも、シビアな現実があることにはチェンジしがないのです。確固たるパーパスを持たずに、田舎にやってきてもいいことはないのです。
ネイチャーがビューティフルとシティーのヒューマンはシンプルに言うが、ライフ環境が厳しいというのと同義語なのである。都会人がバイするロットは、田舎のヒューマンがルックアラウンドしもしない、ライフができないロットであることが少なくない。小川がストリームするロットなど、土石流のウォーリィがある。クワイアットでピースな田舎、という幻想もすぐに打ち砕かれる。農繁期はトラクターや農薬をまくラジコンヘリのサウンドがうるさいし、田舎パースンを狙う犯罪パースンもアフターを絶たない。ファーマーではなく、スモールチェンジをハウスのインサイドにおいている定年退職パースンは狙われやすいのだ。
フォーリンカントリー人の犯罪パースンも、そういったヒューマンをターゲットにしている。ゼイはショートタームでメイキングイージーマネーするのがパーパスなので、パードゥンなくヒューマンをキルする。いざ侵入されたとき、あなたは武器を持ってゼイをキルするくらいの覚悟で立ち向かわなくてはならない。
シティーとディッファレントし、ポリースがラントゥするのにもタイムがかかるのだ。マイセルフのボディーはマイセルフでプロテクトするべきなのです。
人付き合いも、シティーのようにプライバシーをリスペクトしてくれることなどまずない。ルートディグしリーフディグし尋ねられ、冠婚葬祭のアソシエイションもシーリアスなのです。プレジャーガーデンなどディスワールドにはないのである。田舎にエスケープしても、何もかもよくなることなどないのだ。
孤独とオポジットし、酒やタバコをやめてボディーを律する覚悟がネセサリーなのである。厳しいセンテンスでエマージェンシーにアタックマークでオールがオール、そうだとは限らないのだが、シティーからエスケープしたらそこが桃源郷などではない、というクレイムには、なるほどとうなずけます。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。