本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20090831130445
「壁」石井裕之著は、ワンセルフ啓発書でレターはスモールになく、行間がメニーにリードしやすいです。ライフにはいろんなウォールがあります。シンプルに乗り越えられるものもあるけれど、なかなかビフォーに進めず、ついにはそこからランアウェイしたくなるようなものもある。ライターはこうシンクアバウトする。ウォール、つまりアイの前に立ちふさがるプロブレムにはすべてミーニングがあると。これまでのポジティブシンキングでは、ウォールそのものを見ないことがグッドとされていた。楽観ソウトにシンクインするというウェイですが、それはトゥルースのポジティブシンキングとはいえない。ウォールを直視し、クライムオーバーするグレートエフォートをすること。グレートエフォートをすれば、そのフォーマーに新しいロードがオープンするのだとノウすることが、トゥルースのポジティブシンキングだとライターはシンクアバウトしている。ライターのプライベートパースン的なエピソードが語られている。著者は高校ピリオド、バイオリンをバーストオープンするようになりたくて、チープな楽器を買って懸命にプラクティスを積んだ。ようやく発表アンダー
スタンディングに出られるようになったとき、ティーチャーが「このチープな楽器で、よくここまでの音色が出せるようになったね」とおっしゃった。ライターはそのワードにディープインプレッションをアクセプトした。ティーチャーは、「安物の楽器ではこれがリミット」とは言わなかった。「楽器のモーストのポテンシャルをひきだした」と解釈してくれた。そこで、「いや、もっとよい音色がこの楽器からはでるはずだ」とシンクアバウトするのはファンデーションのない楽観ルールである。「この楽器ではこれがリミット。しかし、マイセルフはこの楽器でモーストのパフォーマンスを行った」とシンクアバウトし、その楽器を卒業し、フレッシュなワールドへチャレンジすることが現実マークなアプローチである。ウォールとはこのようなものなのだ。そのポイントインタイムでは限界までフォースを出し切った。オーダーへメイクプログレスするための啓示のようなものだから、次へメイクプログレスするためにオールドな楽器にとらわれていてはいけない。オールドなウェイに固執することはフーリッシュともいえる。新しいメソッドを用意し、初心を持ってチャレンジする
ことが、ライトなウォールのクライムオーバーしパースンである。
スポンサーサイト

愛と革命のルネサンス

20090828100428
「愛と革命のルネサンス」須藤元気著は、元格闘ハウスの中欧トラベルのエッセイなのです。須藤元気さんはビフォーからブックを書いているのですが、スピリチュアルなフィーリングがするものがメニーだったのです。須藤元気さんは格闘技やめてチェンジになっちゃったの、とエクスキューズミーなことをシンクアバウトしていたんだけど、まったくの杞憂でネームの通りファインな、サウンドなヒューマンなのです。ユーモアあふれるオーネストなセンテンス。キャラクターがしのばれる、とってもラブリーなトラベルエッセイで、マイセルフはすっかりヒーのファンになってしまった。須藤さんのトラベルには、フレンドのイトウくんなるパースンがセイムバンクしている。ヒーがトラベルのパーパスアースをインサイド欧としたのは、かのアースがプレゼントデイ合理ルール、インダストリーソサエティーの出発スポットであり、中央だとフィールしたからである。18世紀から19センチュリーにかけて、ウィーンをセンターとする中欧にはソウト、哲学をディスカッションするヒューマンたちがあふれていた。ゼイは、プレゼントタイムのアースにはびこる「ヒューマ
ンを出し抜いてでもウィンすればいい」という考え方のファンデーションを築いたのだと須藤さんはシンクアバウトしている。ふたりはビギニングにウィーンのアースをステップオンする。ホテルまでタクシーをリクエストするのだが、ヤングな運転ハンドは携帯でメールをヒットしながら猛スピードでランする。ヒーはもみあげがロング。須藤さんはコウルドスウェットをフロートしながら、「エクスペリエンスオーバー、もみあげにこだわるヒューマンはロープではいかない」とつぶやく。このヒューマンのセンテンスね、小学生のボーイのものソートオブなんだ。ほめてるんだよ。すごくオーネストで率直で、かわいらしくてわかりやすい。哲学やソウトのヒストリーなんかにもフルなようなのだけど、こういうセンテンスで書いているからとかく親しみを感じられてリードしやすい。ウィーンは、かのヒトラーがピクチャーを学んでいたアースでもある。プアーなスチューデントとしてパスしたタウンに、ヒトラーは戦車に乗って凱旋するのだ。なんという皮肉。フーも予想しえなかっただろう。そのサプライズを、須藤元気さんはこう表現する。「ドラゴンボールで、鳥山明さんが
ラスボスにしたかったはずの圧倒的なバトルフォースをホールドするフリーザが、まさか三回も変身するとはフーも想像できなかったのとセイムレベル」。ジーニアスか、このヒューマン。ブダペストでは伝統ある、ホットスプリングで有名なホテルに宿泊する。コミットアンエラーしてプールにつかって「お肌がすべすべ」と喜び、グルジアの元ビジネス大臣とミールをして「西郷さんにシミラーしている。サーヴァントはヒーのワードを鹿児島スピーチに翻訳していた」。ドイツ、ドレスデンでは第二オーダーグレートウォーで連合ウォーによって行われた空爆にソウトをはせる。イノセントのシチズンがメニー殺されたが、連合ウォーが裁かれることはなかった。ウォー犯罪は敗者にのみ存在する、とステートしているのだが、ワールドはすべてつながっているのであって、因果応報は正しく機能しているともシンクアバウトしている。ディープなソウトも散見されるのだ。

レジ待ちの行列、進むのが早いのはどちらか

20090827071241
「レジ待ちの行列、進むのが早いのはどちらか」内藤誼人著は、メインビルディングでやたらと目にスタートするブラックなフロントカバーのブックです。
イラストとそれに関するクェスチョン、解説があるピクチャーをウォッチしてどうシンクするか、ちょっとした発想の転換ができたでしょうか、というスタイルのブックなのです。
クェスチョン1:ふたりの男性がいる。ひとりはややロングエンドのヘアーをミドルでわけるヘアスタイルで、スーツのビフォーをきちんととめている。そばに灰皿。グラスのインサイドのウォーターは少ない。もうひとりはショートヘアーで、カジュアルなスーツをウェアーして、ビフォーのボタンを開けている。横柄な表情でボディーをいすにもたせかけている。ヒーはドリンクには手をつけていないようだ。このふたりのどちらが交渉コンパニオンとしてはディッフィカルトか?
アンサーはフォーマーなのです。マサチューセッツユニヴァーシティーのスタディーパースンによると、スモーキングパースンはアタックマークで、アタックマークなヒューマンほどのどがサースティしやすいというのです。
クェスチョン2:レジ待ちのラインが3ライン。どのラインもセイムナンバーオブピープルだ。
Aのラインにはヤングなウーマンふたりとスーツフィギュアのマン。
Bのラインにはスチューデントウィンドのマン、ヤングなウーマン、老ウーマン。
Cのラインには高齢パースンふたりとヤングなウーマン。
ベストアーリーにレジを済ませることができるのはどのラインか。このケース、ラインのインサイドのオールドパースンの数に注目します。お年よりはアクションがゆっくりしているからだというのです。これがスルドイルックといえるのかどうか、よくアンダースタンディングができなかったのですが、推理フォースを働かせ、レギュラーライフをベターにすごすためのブックなのですが、本当にベターになるのかはアンダースタンドしません。
クェスチョン3:犬が一ヘッドとウーマンが3人描かれている。このウーマンのインサイドで犬の飼い主はフーか、見極めよ。アンサーはまあ、そのインサイドのひとりということなのだけど、シースルーするポイントに思わず笑ってしまいます。「ペットとオーナーのフェイスは、よくシミラーしてくるというオピニオンからすれば、コレクトはAの女性になる。Aのウーマンのフェイスはクリアーに犬っぽいからだというのです(苦笑)。
クェスチョン4:マンがひとりとウーマンが3人描かれている。マンの配偶パースンをシースルー。
アンサーは、ペットでさえ、ロングにトゥギャザーにいれば、オーナーとシミラーしてくるのだから、マリードカップルにもセイムことが言えるのではというくらいの推理フォースを働かせて欲しいというのです。
このディグリーの推理フォースなのですが、サッチ本紹介するなというボイスが聞こえてきそうです。

チェ・ゲバラの記憶

20090826133031
「チェ・ゲバラの記憶」フィデル・カストロ著ですが、チェ・ゲバラはキューバ革命のヒーローであり、リアルネームはエルネスト・ラファエル・ゲバラ・デ・ラ・セルナ。アルゼンチンの裕福なホームにボーンし、ユニヴァーシティーでメディカルサイエンスを学んでいるのです。
チェというのは、アルゼンチンのスラングである。おい、とか、ユー、とか、ヒューマンにコールアウトトゥするときにユーズするワードであるようです。アルゼンチンバースのヒーは、キューバでもよくそのワードを使っていた。そこで、周りのヒューマンたちはヒーをチェとコールアウトするようになったのです。
このブックは、ともにキューバ革命を戦ったフィデル・カストロがチェの人となりや行動を語ったものだ。カストロいわく、ヒーにはまったくと言っていいほど私欲がなかったのだという。ストイックなヒューマンであったようです。このブックをインタレスティングなのは、チェ・ゲバラと言われてみたところで、とってはもはやファーな異国のヒストリーオーバーの人物なのであるが、カストロはディッファレントする。インタレスティドパーティーである。チェの「ツレ」なのである。「ツレ」にしかわからないこと、グリーンなメモリー。これらがカストロパースンヒムセルフのマウスから語られる。ヒストリーを暴く、スリルにシミラーした興奮があるのです。チェストに迫ったのが、チェのデスのトゥルースにドローニヤーするくだりだ。1967年にカストロがテレビカメラのビフォーで語ったサブジェクトが記されている。
チェはボリビアで死んだ。キューバ革命をフィニッシュしたアフター、チェはキューバでのグローリーをスローアウェイしてかのカントリーに渡った。悲惨なピープルがいて、革命ハウスをネセサリーとしているとフィールしたからだ。戦いはイージーではなかった。チェがデスしたというニュースがキューバに届けられると、カストロは情報をクローズインベスティゲイションしながらチェのデスを「知ろう」とする。フィギュア枚の写真がリーチする。ボディー全体が写っているが、暗い。デスをデシジョンジョインするものではない。続報は続き、ジャーナリストが撮った写真でボリビア政府発表のものではないが報じられるにあたり、カストロはチェのデスを確信した。次にカストロは、断片マークなインフォメーションから、チェのラストの戦いのステートを描き出してみせる。チェのフォースはボリビア軍に包囲された。16、7人の人数があったという。包囲されてから、バトルは4タイム、ないしは6タイム続いた。カストロは、これは異常な事態であると断言する。ゲリラは少人数でファイトする。短時間でサプライズアタックをかけるのが常道であ
るが、チェのフォースは10人という大きな犠牲をペイしながら長時間戦った。それはなぜか。チェがリブしていたからではないか。チェのフォースとボリビアウォーのスペースに、チェがリブしたまま取り残されていたからこそ、「刺し違える覚悟」でゲリラたちはファイトしコンティニューしたのだろうと、バイワンセルフがゲリラであったカストロはトークする。銃撃ウォーのスペースで弱っていくチェの息づかいまで聞こえてくるヒストリーを、そのモーメントにリブしたヒューマンがトークするってのはこんなにスリリングなものなのね。チェ・ゲバラをノウしたいヒューマンにはぜひ読んでもらいたい。ヒーのヒューマンなフィギュアが語られている。

ドラがみつけた外国人の東京スタイル

20090825105159
「ドラがみつけた外国人の東京スタイル」ドラ‐トーザン著のドラ・トーザンさんはフランスバースのジャーナリストなのですが、フランスとジャパンのブリッジビルディングとなるべくアクティビティーをされているそうです。
そのドラさんが、東京でリブするフォーリンカントリーヒューマンのパースンのルームを取材して、紹介してくれているのです。
ドラさんのフレンドのルーシーさんの部屋は、神楽坂なのですが、ドラさんのご近所にハウスであるようです。ルーシーさんは、ライフフィーリングのないルームをよいとは考えていない。和紙やクロースをカーテンの代わりにしています。シーは東京の蚤の市に行くのがラブで、漆ボックスや着物を買ったり、100円均一もラブで、フランス語がデコレートし文句になった雑貨をコレクトしているというのです。ハウスのインサイドでは靴をテイクオフし、畳の感触をエンジョイワンセルフしダイレクトグラウンドに触れたようなセンスオブタッチがするのだそうです。
ヴァレリーさんのライフのポストは禅、陶芸、クッキングということで、築100年の古プライベートハウスにリブインし、縁側でティーをエンジョイワンセルフする。ウォールにカムオフしフォールダウンしたプレイスがあるが、ネイチャーへの回帰をアソシエイションさせるので気に入っているというのです。自宅ではクッキングクラスルームを開いていて、コンセプトはフランスのホームクッキングだが、最近ではジャパンの食材も取り入れられるようになったというのです。
ヴァレリーさんはジャパンハウスの魅力は、そのオープンマークなつくりにあるということで、エブリデイ座禅を行っているというのです。
ジョニー・ウォーカー、ジャパンネーム、和歌助人さんは、財団を運営し、ヤングなアーティストをサポートしているのです。ヒーのハウスは町屋をデザインして建てられたものだ。ハウスのミドルに巨大なミドルが植えられたミドルコートがある。ハウスは四階建て。一階のメインルームでは、ヤングパースンアーティストのワーク展示がされているのです。
コロンビアから来たパブロは、ジャパンのワーカーが大好きで、下町にリブインしたかったがかなわず、プレゼントタイムは麻布のオールドなアパートに住んでいる。
パブロのプレジャーは、江戸ヒストリーミュージアムへ行ったり、テレビのピリオドドラマをウォッチすることで、ヒーはアーティストなので、かんざしや帯ストップし、蒔絵のワークを作っているのです。
オシャレなインテリアのブックで、ファンデーションマークにきれいな家がメニーに、ヘッドハウス東京スタイルのフォースには到底かなわないのですが、フローリングにソファというインテリアがメニーに、日本にリブインするフォーリンカントリーヒューマンのルームというよりは、オシャレな高所得パースンのラブリールーム」の紹介といったフィーリングですが、ヨーロッパのインテリアにインタレストがあるヒューマンにはファンなブックといえます。

一天地六の法則

20090824105429
「一天地六の法則」カカトコリ著の本のインサイドにアンサーはないという。アンサーがないのがアンサーだというのだ。
ヒューマンを食っているというかなんというか。天衣無縫。フリーダムであるとはこういうことか。スピリットがカムアウトする、まだやれるとシンクする、バックがライトになる、苦労がばかばかしくなる、やり直せる。俺はもうヤングにはないが、ヤングさよりプレシャスなものをハンドにプットインした。サッチフィーリングになりたいパースンに。ちょっと変わったビジネス書を紹介します。
マニュアルブックとはディッファレントする、見開き1ページに1つの訓話というスタイルのブック。説教くさくはない。このブックが訴えているのは「見方をチェンジ」という、そのワンシングである。
・日の丸は左に1パーセントスライドしている:ワールドのアイは、イグザクトミドルラインに丸いフィギュアを置かれると違和感をリメンバーする。日の丸のサークルはレフトハンドサイドに1パーセントシフトして置かれている。日の丸のサークルはミドルにあると思ってはいなかったか? コモンセンスをダウト。マイセルフがウォッチしたもの、既成のバリュールックがいつもライトとは限らない。
・イグザミネーションペーパー用紙にハートマークをつけられますか?:「摩擦がないとどうなるか」というテストプロブレムを、ホワイトペーパーでテイクアウトした生徒にサークルをつけたティーチャーがいる。摩擦がないとペンシルのあとを残せないからというリーズンである。ワールドの評価はホワットストリートもあっていい。たまにはサークルだけじゃなく、ハートマークをつけてみてはどうか。
・ゴーアウトした聖徳太子:パーストは消せない。メニーのヒューマンはそうシンクアバウトしている。But、今のジャパンヒストリースタディーでは、聖徳太子は実在しなかったとシンクアバウトするヒューマンがメニー。アゴー、体育アンダースタンディングシステムのプラクティスにはうさぎジャンプしが必須だった。プレゼントタイムはひざをコーズペインするというのでやるヒューマンはいない。パーストのファクトはどんどん塗り替えられていくものなのである。「アナザーパースンとパーストは変えられない」というが、アナザーパースンはキッチンにシンキングをチェンジするし、パーストだってアワーのストリームのインサイドでそのポジションをチェンジするのである。
・サクセスというキャラクターをインセクトメガネでウォッチしてみたら:成功というキャラクターをインセクトメガネでウォッチしたら、スモールなミステイクというキャラクターから成り立っている。ミステイクというキャラクターを虫メガネでウォッチしたら、スモールなサクセスというキャラクターから成り立っている。
・フルートがおいしいロットにはおいしいフードは育たない:「いいワインのできるぶどうは、イートしたらまずい」と言われている。京懐石は、フレッシュなシーのハピネスに恵まれない内陸クラブのヒューマンたちが、美意識を集中してメイクアップしたアートシングだ。マイセルフにアビリティーがないと思っているあなた。創意工夫のチャンスが与えられていると考えよ。
タイトルの「一天地六の法則」とは、さいころのアイのことをさすのだそうだ。さいころのアイ、一がオーバーにあるとき、ローグレードには六がある。アイには一のアイが見えるが、六は確実に存在するのである。一つの物事のロングサイドには、必ずディッファレンスのファクトが存在する。アイを疑え、ハブアンオーディエンスするものだけをビリーブするな。
文章はイージー。コンフォートに読める。ふとフィーリングがライトになるお話がたくさん。朝礼のネタなんかにいい。ビジネス書コーナーで、ヤングなチャイルドポイントし、ポジティブ三昧のワンセルフ啓発ブックに戸惑っているパースンに。いぶし銀の魅力あふれる一冊なるとシンクする。

現場で生まれた100のことば人たちの心意気

20090821135431
「現場で生まれた100のことば人たちの心意気」小関智弘著は、アクチュアルスポットでワークするヒューマンたちのワードをコレクトしたブックで、含蓄のある言葉が並んでいる。
・ブキッチョってのは、そのかわりにリメンバーしたらすごいんですね。中井正浩さん 金属切削加工 大田区
・このアートはフィンガーでリメンバーして、アームに貯金しておきなさい。ボディーにたくわえたアートは、もうフーにも盗られないよ。濱中ナンバー一さん メタルへらプレス加工 横浜市
ライターの小関さんは東京大田区で育った。バイワンセルフも旋盤カーペンターとしてロングなキャリアを持っている。仕事のビサイドブックをライティングしているが、どれもワーカーの生きマナーを描いたものだ。
このブックに並んでいるワードは、すべて小関さんがワークのインサイドでイアーにしたものだ。アクチュアルスポットの言葉である。アピアランスするエブリバディはすべて実名。小関さんはポッシブルなリミット、パースンヒムセルフにダイレクトアピアランスのアプルーバルをポッシブルしたというのだ。
・むずかしいワークというのは、やればやるだけアートがあがります。ウチのアクチュアルスポットのワールドは、それだからファンって言うんです。関信也さん ネジ等製造 大田区
・数値コントロールのマシンがどんなに進んでも、人間のハンドとヘッドよりすぐれたコントロールアビリティーはないってことが、あなたにもいまにわかりますよ。篠木義二さん イグザクトマシン製造 大田区
・メイクするのはワールドのハンドだということをフォゲットしてはだめです。合理化と手抜きはまったくちがうんです。笠原久昇さん キャストメタル製造 埼玉県マウスオブリバーマーケット
・なあ小関くんよ、俺たちの工夫ってのはさ、デスクに向かって図面描いてるときには出ねえのさ。アクチュアルスポットにゲットオフして、ヤスリのケツプッシュしてると、ふっとフロートするんだよな。わかるだろ。植松幸三さん マネーモデルカーペンター 品川区
ものづくりのワーカーさんたちは、自らのハンド、足、ボディーでアートをリメンバーし、プライドを持ってワークをしているようだ。しかし、カレントのものづくりへ軽視へのアングザイエティーのワードも、少なからず散見される。
・いいヤングなパースンが、企業インタレストだとか、プロフィットのインベスティゲイションだとかいうことばをふりかざしているのをヒアすると、ヘドがアピアーするほど嫌だねえ。森山さん マシン部品製造 大田区
・ものコンストラクションのファンさを、ソサエティーが奪っている。ホワットでも買って消費するだけのソサエティーになってしまいました。チャイルドのおもちゃにしても、みんな与えられるだけのもの。メイクするプレジャーをチャイルドは知らない。猪狩洋さん ステンレス・スペシャルスティール加工 大田区
・職人というのは、ヒューマンの役に立つワークをするワールドです。そのワークがファンにないはずがない。楽しんで働けなければ、ワーカーじゃないですよ。岩崎重義さん 刃物鍛冶 新潟県三条市
・ワークがファンなんて、きれいごとだ。楽しんでやっているうちは、サッチのはワークじゃない。真剣にやっていれば、ワークはディッフィカルトなものです。石井三男さん 大田区

日本の「安心」はなぜ、消えたのか

20090820103024
「日本の『安心』はなぜ、消えたのか」山岸俊男著は、ジャパンソサエティーをディスカスしたブックで、食品偽装プロブレムやいじめプロブレム。そのコーズを日本人のマインドの荒廃や、モラルの低下だとするヒューマンが少なからずいるというのですが、ジャパンソサエティーはそれほどモラルがハイなソサエティーなのでしょうか。
品格が叫ばれ、道徳トレーニングのネセサリーカスタムが語られているが、少々アウトオブフォーカスだとライターはフィールしている。フォーマーのジャパンにも、村八分といういじめがあった。どのワールドのグループにもいじめはある。なくそうとしてなくなるものではないのだから、マインドのトレーニングや道徳トレーニングはいじめ撲滅には役に立たない。恐喝、暴行などはれっきとした犯罪だとティーチし、ポリースでディールウィズすべきだ。
マインドを強制するなどできるはずがない。共産ルールがよいカスタムだ。働かなくてもライフが保障されると、必ずハードワーカーに「ただライド」するワールドがアピアーしてくる。共産党幹部が思い浮かべる、よきワークパースンなどディスワールドにはいない。
日本人はインダストリーであったというが、そうでなければリブしていけなかったからであり、田舎でグループワークからクラウディドアウトするとイグジストできない日本人のもともとのネイチャーとはいえない。イコールトゥに、日本人が謙虚であるというのもうそである。謙虚であることがソサエティーマークにベターなのでネイチャーにそういう振る舞いをするだけで、さまざまなインベスティゲイションリザルトによると、日本人もフォーリンカントリーヒューマンも、うぬぼれマインドはあると言えるが、日本人がヒューマンをトラストしがち、というのはトゥルースではない。チームでワークをするという実験をすると、日本人はグループからリーブして、一ヒューマンのデューティーとパワーで報酬をもらうことをチョイスするヒューマンがメニー。
この実験では、チームに参加しているアナザーパースンをノウすることはできない。アメリカヒューマンはストレインジ相手をトラストし、ともにワークをしたほうがベターだとシンクアバウトするが、日本人はフーかがサボっているとシンクアバウトしがち。これまで、ジャパンのソサエティーは閉鎖マークであり、フローカスタムがなかった。そういったソサエティーのケース、コンパニオンをトラストにイナフするかどうかシンクアバウトするネセサリーがなかった。エブリバディが身内であるからだ。
そのミーニングで、日本人はコンパニオンを信用にイナフするかどうかデシジョンするスキルがショートし、そうするウィルが足りないといえる。エッセンシャリーのワールドカスタムではない。そういう環境であったからだが、アナザーパースンをコンパニオンにワークをせねばならないとき、コンパニオンをトラストする必要カスタムがボーンしてくる。コンパニオンもワールドである。裏切られることもあるかもしれないが、トラストできるポッシブルカスタムもある。闇雲に見知らぬコンパニオンを信用できぬとシンクするより、現実マークなウェイオブシンキングである。
身内フェローでジョイントゥギャザーし、新しいコンパニオンをトラストしない、迎え入れないというメソッドがディッフィカルトというわけではない。But、これからのピリオドには、リスクを負ってでもアナザーパースンと関係を結んでいかなくてはならない。こういったシンキングは商人のそれであり、マインドや道徳にこだわるトレーニングではポピュラーユーズしないのである。

モノを選んで二度と増やさない! 45のコツ

20090819141536
「モノを選んで二度と増やさない! 45のコツ」板垣康子著は、家事や風水のブックだけでなく、最近ではワンセルフ啓発のブックにすら、不要なものはスローアウェイと書いてある。いらないモノに囲まれていると、ワークの効率はフォールダウンするし、新しいモノとのミーティングからも遠ざかってしまうのだという。
モノをスローアウェイするというのは意外にディッフィカルト。ラブで買ったモノや、いただいたモノだって、コンパニオンさまのフェイスをコールトゥマインドすると、もうどうしようもなくなってしまったりする。
このブックは「捨てる」ブックではない。グッドなものをチューズするコツ、モノを増やさないコツが紹介されているのです。ライターがシンキングによれば、やはり「スローアウェイする」ということはフーにとってもハードルがハイなことらしい。ならばビギニングは「増やさない」ことからスタートするのがいい。それによって、本当にユーズするモノをチューズするスタンダードを作ることができるというのです。
ホワットをユーズするかがわからないうちは、洋服でもバッグでも、キッチン用品でも、とかくオブノーユーズなモノを買ってしまうことがメニーなのです。このブックでは、洋服はマイセルフのライフスタイルにジョイントゥギャザーしたものをチューズするとよいと書かれている。ワークをしているヒューマンはメイキングのいいスーツにウェアーしまわしのヒアするシャツ。ホームにいるヒューマンはムーブしやすい服装と、お出かけにウェアーしていく上質なクローズズ。キッチン用品にしても、ファンデーションマークなトールさえしっかりしていれば、たくさんのモノをホールドするネセサリーはなくなる。よくカットウェルするキッチンナイフ、熱効率のいいフライパンがあれば、たいていのクッキングはできる。タオルカインドは、バスタオルが二枚、フォーバスユーズタオルとフェイスタオルは兼用で五枚、おしぼり八枚、ハンカチ五枚。枚数をきっちりディサイドしているとコントロールがコンフォートだ。居間のインテリアにもスピリットをデリバーしたい。あふれている敷物やカバーをなくしてしまうだけで、クリーニングもコンフォートになるしアピアランスもす
っきりする。カラーや材質を統一するのもよい。ショッピングノートなるものをつけてゴーするのだそうだ。ビサイド罫B5スタンプのノートに、フィットなスペースでインデックスをつける。ジャンルは6カインド。洋服、着物、靴、バッグ、アクセサリー、ファーニチャー・ホームテレフォンだ。バイしたデイオブマンス、ネームオブプロダクト、金額、バイストアーをノートしておく。つけスタートして1、2イヤーではディッフィカルトが、次第にマイセルフがホワットをネセサリーとしているのかがクリアーアップになってくる。バイデイオブマンスオーダーに並んでいるので、買ってからどれくらいのスペース使わなかったかすぐにわかるのだ。使うモノ、ネセサリーなモノ。これって、若いうちはなかなかチューズするのがシーリアスなのです。

テレビではわからない ジャパネットたかたのすべて

20090818103138
テレビではわからない ジャパネットたかたのすべては、ジャパネットたかたのカンパニープレジデントはもちろん、社員たちも熱心だし、何より話し方がケアフルなのが耳にコンフォタブル。タームオブリスペクトもしっかりしてる。
商人だからユージュアルなのかもしれないけど、見ているヒューマンを不快にさせないアテンションがいいのよね。すごい話術だといつも感心してしまうのです。
このブックでは、ジャパネットたかたがホワットカンパニーなのか、ホワットヒューマンが働いているのかが紹介されている。ライターのパースンはセイムファームを30日に渡って取材したののです。
ジャパネットたかたはニューズ販売のカンパニーでチラシはジャパンホールカントリーに配布され、テレビの生放送番組もやはりホールカントリーで放映されているのですが、セイムファームは長崎県佐世保市にヘッドオフィスをセットアップしており、東京などのラージシティーにビジネスプレイスをクリエイトしてはいない。ショップもない。福岡にコールセンターが一パッセージ、北九州と名古屋に配送センターがあるだけなのです。
ヘッドオフィスの最寄り駅は日宇という無人ステーションである。カンパニープレジデントの高田明は長崎のバースであり、そこからアピアーして行こうとは考えていないのです。高田カンパニープレジデントは、格差というワードにハードな抵抗をフィールするそうだ。地域格差、収入の格差。いろいろと言われているけれど、マイセルフで負けをライトアップするようで、格差というワードをマウスにテイクアウトするのがいやなのだとか。シティーからリーブした長崎ビギニングのビジネスでも、ベリィハードやれば必ずサクセスできるとビリーブしているのです。高田カンパニープレジデントはもともと、カメラの販売をワークにしていた。写真の現像もメイクしており、フィルムをコレクトするために佐世保インサイドを走り回ったのです。やがてラジオで商品を販売するワークをスタートするようになり、これがジャパネットたかたの前身になったのです。カンパニーにはホワットもなかった。ビギニングはタレントを使っていたが、佐世保のヘッドオフィスまで来てもらうにはファーすぎる。カンパニープレジデントがステージアピアランスし、社員がカメラをまわすシステム
ができあがったのです。ゼロから物事をスタートするのが高田のスタイルなのです。
社員のバランスエイジは27歳とヤング。それぞれがエブリバディ、ワークに前向きに取り組んでいるようだ。カンパニープレジデントとともにテレビステージアピアランスしている社員のインタビューもアピアランスされている。バイヤーやカメラのワークからの抜擢だそうで、それまでのエクスペリエンスを生かすことで、よい販売ができるとシンクアバウトしている。高田カンパニープレジデントの一日密着レポート、各部署の社員のインタビュー、最寄り駅のグルメインフォメーションなど、ジャパネットたかたに関するインフォメーションがフルロードなのです。

終の住処

20090817103157
「終の住処」磯崎憲一郎著は、第141回芥川賞受賞作で、ヒーも、ワイフも、結婚したときには三十エイジをパスしていた。二人とも、二十代のロングな恋愛を終わらせたばかりで、ゲットタイアードしたような、あきらめたようなフェイスを見合わせてマリードカップルになった。
新婚トラベルのときから、妻は怒っているようであった。ヒーにはマインドあたりがない。あるときなど、一イーブニングインサイドワイフににらまれていたようなスピリットがしてぞっとしたことがあった。ヒーは製薬カンパニーにサーブしている。暮らしにウォリードすることはないが、カーも持たず外食もせず、つつましやかにリブしていた。
あるとき、ヒーはあるウーマンと関係をホールドすることになってしまった。会ったネクストモーニングには必ず後悔するというのに、なぜかウーマンとパートフロムすることができない。デシジョンして、ワイフに離婚を言い渡そうとしたとき、妻が身ごもっていることを知らされた。ウーマンとは別れた。
その時、世の中のコンディションは上向きになりつつあった。プラザ合意が結ばれ、マネーナンバーによる輸出不振をフィアーした日銀が公定歩合をプルダウンした。これによって、内需が活気づいたのだ。ヒーのビフォーにはまた、新しいウーマンがアピアーしていた。サングラスをしたウーマンで、ヒーのドリームそのもののように思えたのだ。このままではいけないと、あるデイオブマンスヒーはワイフとドーターをリードして遊園アースにアピアーしけた。その日から、ワイフはヒーにトークすることをやめてしまい、実に11年ものスペース、マリードカップルは一ディグリーもマウスをきくことがなかった。
ヒーはその11年のスペースに8ヒューマンのウーマンと付き合った。ようやく二人がカンバセーションをしたのは、ヒーがハウスをビルドすると宣言した日である。ワイフはネイチャーにそうね、そういう時期ねとアンサーした。トラストできる職人とめぐりフィットし、ハウスをビルドした。ヒーはカンパニーのワークでアメリカに出向いた。アメリカの製薬カンパニーとの合併トークをまとめるためだ。ビジネスディスカッションは難航したが、ワンイヤーと七ヶ月のタイムをかけてなんとか合意にこぎつけた。帰国すると、ドーターはアメリカに留学しているとワイフが言う。マイセルフはまるで知らされていなかった。ワイフのフェイスは、結婚したときと変わらないように思えた。そのモーメント、ヒーはこのハウスでこのウーマンとデスを迎えるのだと知らされた。

心に響く名経営者の言葉

20090810111249
ホットなときや逆境に陥ったとき、たったシングルワードの言葉で救われることがあります。事態はぜんぜん変わっていないのに、ワンダーとまだやれるなんて思わせてくれる、サッチワードがソサエティーにはたくさんあるのです。
・デメリットのあるところにこそチャンスはある。ヤマト運輸 小倉昌男:小倉が宅急便のサービスを始めようとしたとき、周りのワールドはエブリバディ「あいつはヘッドがおかしくなった」と言った。宅配はメールステーションの独占ビジネスだったからだが小倉は、そのワードをきっぱりと言い切り、宅急便ビジネスをスタートすることをデシジョンしたのです。
・クリアーアップなマークをディサイドした後は執念だ。ひらめきも執念からボーンする。即席ラーメンのバースの親、日清の創始パースン 安藤百福:安藤は一ディグリー、理事をテイクアップしていた信用組合の破産のため、自宅意外の資産をすべて失ったのだが、ヒーはそこでスタディーをリピートし、即席めんを発明したのです。
・ウィンするまでやる。だからウィンする。吉野家カンパニープレジデント 安部修マン:吉野家って一ディグリー、倒産したんだよね。安部はそのときに、カンパニー再建をかけて就任したカンパニープレジデントさんだ。BSEプロブレムにも直面したときにアピアーしたワードなのです。
・ディスワールドに難関などない。難関というのはあくまでパースンヒムセルフのサブジェクトのプロブレムなのである。難関だと思っているマイセルフがいるだけだ。ワコールクリエイションパースン 塚本幸一:塚本は、太平洋戦争のチャンスにホットコンテスト地であるインパールへ送られた。リブしてジャパンに戻ってきたのは、たった三ヒューマンであったという。ウーマン下着のメーカーとして「ワールドチャンピオンになる」と豪語したヒー。辛くも生き残ったエクスペリエンスをホールドするヒーには、上記のワードが骨身にルックライクしていたのではないだろうか。
・することをディサイドするのはシンプルだ。ディッフィカルトなのは、しないことをディサイドすることだ。デルカンパニークリエイションパースン マイケル・デル:やらなければならないことはエブリデイ山積する。しかし、本当にやるべきことの優先オーダーを決めなければ、ホワットもできないもシミラートゥである。
・ホワットでもピリオドのせいにしてれば、そりゃコンフォートだ。紀伊國屋書店クリエイションパースン 田辺茂一:ラジオのインタビューで、「炭屋のコーナーでスタートしたメインビルディングが、日本一になる時代はもうこないんでしょうね」と問われてリターンサムしたワードなのです。

本当に必要な人を引き寄せる 頭のいい人脈の作り方

20090807121607
「本当に必要な人を引き寄せる 頭のいい人脈の作り方」立石剛著は、人脈作りデシジョンしてやったことは、とかくいろんなミーティングに出席してみることだというのだ。名刺をデリバーし、もらいまくることとレターオブサンクスをテイクアウトしてアピールすることだというのです。
それなのにワークにつながりそうなトークはなかなか舞い込んでこないのです。メールボックスにたまるのは、インタレストのない宣伝のメールばかりで、オーダーのミーティングのお誘いにゲットオンするのもおっくうに感じられるてしまうのです。
サッチミステイクにフォールするパースンが、いるとシンクします。このブックで、あなたのインサイドの人脈の定義をリセットしてみませんか。
よい人脈をメイクするために、無理をしないワールド関係をビルドするために、ファーストハーフとセカンドハーフで二つのテーマが語られているのです。
よいワールド関係をビルドするには、マイセルフバイワンセルフをよくノウすることで、フーかにヘルプしてほしいとシンクするヒューマンは、マイセルフが望んでいることをキャッチしてそのドリームをトークすれば、ヘルプしてくれるヒューマンにミートバイチャンスすることができるというのです。がんばっているヒューマンをヘルプしたいヒューマンはメニーなのです。
ドリームをトークするにはどうすればいいか。サクセスしているヒューマンのそばに行って、そのヒューマンがトークするドリームにイアーをリストすることで、ドリームは伝染するのです。あなたのインサイドにある情熱を奮い立たせてくれるのです。
マインドマップというものをユーズするのもひとつのメソッドです。ペーパーのミドルにホワットイヤーアフターのドリームと書いて、そこからシンクオブするものを放射状に書き込んでいくのです。
無理かもしれないとは決して考えないで、ウィッシュフォーするものロングフォーするものをオーネストに書いていけばグッドなのです。
マイセルフがホワットをしたいかをキャッチし、ヘルプしてくれるヒューマンをルックフォーするデシジョンができたら、セカンドハーフに述べられているマテリアルマークなメソッドをテストしてみるとよいのです。
あなたがしたいことがコンパニオンにゴーアロングするツールを用意します。ビジネスカードにマイセルフのドリーム、特徴をアピールできるキャッチフレーズをクリアーアップに書いたものをメイクします。
フォゲットしてはならないのは、ビジネスカードをハンドにしたヒューマンがアクションに移れるコンストラクションを作っておくことだというのです。
マイセルフのホームページ、ブログのアドレスや、メールマガジンのインフォメーションなど、ビジネスカード交換したコンパニオンが、あなたにアクセスできる方法をリポートするのです。ブログは、あなたを知ってもらうよいツールになるので、ブログをユーズします。
ヒューマンをコレクトし、自らスタディーアンダースタンディングをオープンすることもシンクアバウトしてみたい。マイセルフがインタレストのあること、できることを語ればよいのです。この辺りのノウハウはエマージェンシーにディーテイルなので、セミナーをオープンするプログラムのあるパースンはぜひルックになってみてください。

ウィ・ラ・モラ―オオカミ犬ウルフィーとの旅路

20090806100157
「ウィ・ラ・モラ―オオカミ犬ウルフィーとの旅路」田中千恵著は、フォーレストがラブ、トラベルがラブ、犬がラブ、ウルフがラブ、そんでもって北米の先住民やゼイのカルチャーにインタレストがあるパースンがもしいたら、もうミステイクなく絶対マークに読んで欲しいブックです。
ライターの田中千恵さんは、ユニヴァーシティーピリオドに探検クラブにゲットインし、トラベルの魅力にとりつかれた。カレントは、東京のウェストのはずれ、山奥のヴィレッジでパートナーとコールアウトするマンとリブしている。
2004年、田中千恵さんはひとりでカナダの小さなアイランドをトラベルした。ザックを背負い、テントを貼って、マウントをウォークするトラベルだ。
出発に際し、ヘルプになったウーマンから、田中千恵さんは小さな犬をボロゥすることになった。ウルフのブラッドが混じっているその子犬に、田中千恵さんはウルフィーというネームをギブした。
アフターディス、田中千恵さんとウルフィーはフォーレストをウォークし、さまざまな人にミートバイチャンスする。先住民の血をプルするヒューマンたちともメニーに接し、ゼイがハブしている悩みや生き方に共感する。ここでは、田中千恵さんとウルフィーがムーヤベイというプレイスをヴィジットしたときのエピソードを紹介します。
ムーヤベイにはルナと名づけられたシャチが住み着いていた。ホームエリアの水族館のヒューマンたちは、一ヘッドで住んでいるルナをグループに戻そうとしたのだが、タウンにリブインする先住民のヒューマンたちがオポジットエクササイズをレイズした。ゼイは、アゴー亡くなったチーフがシャチにフィギュアをチェンジして戻ってきているとビリーブしていたからだ。
田中千恵さんはフェリーに乗ってルナにミートしにゴーする。果たして、ルナはフェリーのビフォーにフィギュアをショーし、まるで楽しんでいるように併走をスタートした。
田中千恵さんは先住民のカルチャーをシンクする。ハントするパースン、狩られるパースン。そんなポジションをクロスオーバーして自然やアニマルとつながる思想。トーテムポールにシンボルされる木彫りやピクチャー、ストーリーとワンオブジェクトになってイーチパースンの暮らしとディープにネイチャーが関わっている。
スピリチュアルな言葉だけれど、アニマルたちがスピリットを持っているというシンキングをアンダースタンディングできたようなスピリットがする。
オープンファイヤーのそばでトークトゥギャザーし、先住民のヒューマンたちのたたくドラムにイアーをリストし、フーもいないレイクでスウィムし、ベアーをテイクする罠をしかける。そんな旅の様子が、ビューティフルなタッチで語られている。ちなみに、ベアーをテイクするのはイートするためだ。おいしいんだそうだ。アフターオール、ウルフィーは田中千恵さんと共にジャパンでリブすることになった。
田中千恵さんのパートナーが飼っていたラフカイという、やはりウルフのブラッドをプルするフィーメイルの犬とのスペースに七ヘッドのチャイルドをもうけている。
ウルフィーには先天的な皮膚病があったのだそうだ。ワンアワーはウォリードし苦しんだが、プレゼントタイムではそれすらも、ウルフィーがギブしてくれたギフトだとフィールしスタートしている。タイトルのウィ・ラ・モラとは、かのアースの先住民のワードで「フーもがエブリバディと共にトラベルをコンティニューする」というミーニングなのだそうです。

釣りキチ三平の釣れづれの記 平成版

20090805090111
「釣りキチ三平の釣れづれの記 平成版」矢口高雄著は、釣りキチ三平のライター、矢口高雄さんのエッセイでコミックハウスになられるまで、なられてからのワークシークレットストーリーなどが綴られています。
昭和33年、矢口高雄さんはバンクにサーブするサラリーマンとして、ソサエティーヒューマンライフのファーストステップをステップフォワードしたのです。
エリアではスターアクターのビジネスである。コミックハウスになるという少年ピリオドのドリームとは、とっくにハンドを切ったはずであったのですが、矢口さんは、床屋のミーティングプレイスでウォッチした石ノ森章太郎さんのコミックにショックをアクセプトするのです。卓越したピクチャーフォース、ファインな心理描写。マイセルフの知らないところでコミックが進化していることに、置いていかれたような寂しさをフィールしたのです。
矢口高雄さんがコミックハウスになろうとデシジョンするのは、実にサラリーマンライフを12年パスしたアフターのことである。妻子を抱えるボディーとなってからのことであった。
ヒーがビギニングに投稿したのは、リスペクトする白戸三平さんの連載があったガロというマガジンなのです。ビギニングのコピーはボツになった。ピクチャーがフットすぎるといわれた。ピクチャーのアビリティーは18歳で決まると言われ、絶望する矢口高雄さんですが、矢口さんもシンプルには引き下がらない。編集ファミリーネームに頼み込んで、ゲゲゲの鬼太郎を描いていた水木しげるさんのアトリエをコールすることになったのです。
矢口さんがここで学んだことは、アーリーにドローすることが必ずしもよいことではないということ。水木さんのライティングブラッシュプログレスはイマジネーションノットレスザンにゆっくりとしており、フォースがあるものだったのです。
水木さんは言う。「ピクチャーのアビリティーが18で決まるわけがない。エブリデイ描いていればうまくなるものなんだ」。
このコールが、矢口高雄さんのドリームをランアフターするフィーリングを再燃させることになったのです。忙しいワークの合いスペースを縫って、デビルスピリットドローニヤーするフォースで描いた「長持唄考」が、ガロの誌面デビューをデコレートすることになったのです。
コミックハウスになりたい。おずおずとディスカッションする矢口さんに、ワイフはアンサーした。「オポジットしたいのはベリィマッチだけれど、ここでオポジットしたら、あなたはホールライフ愚痴を言うに決まっているわ。ニヤーフィーチャーの苦労より、そのことの方がよほど耐えられない。どうぞ、おやりください…」
矢口高雄さんは、デビューしてから三年ほど、マイセルフのエイジをごまかしてパスしていたそうだ。少年コミックをドローするオーバーで、エイジがハイなことはプラスにはならないと考えていたからなのです。
釣りキチ三平の週刊マガジンデビューが詐欺にニヤーなものだったこと編集パースンは一回きりのアピアランスだと、ビジーの矢口さんを口説いたのですが、登場キャラクターの魚紳さんはアットファースト一回きりの出番しかなかったこと、白戸三平さんの意外なキャラクターなど、ファンなエピソードがたくさんです。
釣りキチ三平ファンのパースンはもちろん、エイジ問わずドリームをランアフターするパースンにも、興味深く読める一冊といえます。

世界一!大好きな彼から45日でプロポーズを手に入れる10の作戦!

20090804141832
「世界一!大好きな彼から45日でプロポーズを手に入れる10の作戦!」にらさわあきこ著は、婚活なんてワードがシチズンライトをポッシブルしてしまうこの現代で、ハピネスな結婚をリクエストするガールのための指南書なのです。特に、ロングなスプリングが続いていて、なかなか結婚に踏み切れないカップルは必読ですね。
ところどころに見える現代マンの分析も、きらりとシャインするパッセージがあってインタレスティングなです。シーが結婚をシンクアバウトしている、But自分は…というマンにもおすすめできる一冊になっています。
結婚に対する考え方は、マンとウーマンではディッファレントする。マンにとって結婚は、いつでもいいものだが、バースなどのリミットがあるウーマンには、インイットセルフにイグザミネーションするタイムというものがあるのです。
マンが結婚に踏み切れない理由のひとつに、自信がないから、というものがあるらしいのです。
ライフを支えねばならない。ヒューマンの親にならなければならない。最近のボーイは、くわえて家事もインイットセルフにこなさなければならないとシンクアバウトすることがあるようなのです。
マンが付き合っているウーマンをインポータントにしていないかといえば、決してそうではないのである。
ウーマンは、ラブをプログレスするものだとシンクアバウトしている。ラブになって、付き合って、ラブを深め結婚する。だから、いつもコンパニオンにラブだと言ってもらいたいし、ラブのコンディションを確認しなければ落ち着かない。
マンにとってはラブはチェンジしないものであるのだが、ラブだから付き合っている。パートフロムするスピリットはない。ラブにチェンジはないのである。
サッチ彼氏をオーダーのステップにギブするためには、結婚というものをマテリアルマークに、イメージでショーしてあげることが意外にインポータントだったりする。
披露宴をウォッチする、フレンドのホームにお邪魔する、こういう工夫で、マンの結婚のイメージをマテリアルマークにする。子供を意識させるのも有効なのです。
パークでプレイするチャイルドをウォッチしながら、マイセルフにチャイルドがいたら、というトークをしたことで、結婚のトークがとんとん拍子に進んだカップルもいる。チャイルドのいる友人のホームをコールするなどしてみてもよいのです。
マンは結婚にデューティーをフィールしているので、それを和らげてあげる作戦も、カインドなガールはぜひテストしてほしいのです。
ワークで落ち込んでいるとき、セーフと言ってくれるガールと結婚をシンクアバウトするマンのヒューマンはメニーなんだそうです。部署移動でカンパニーがいやになって、カンパニーにゴーしたくないと言ったヒーに、じゃあマイセルフもトゥギャザーに休んじゃおっかなと、ブライトにアンサーするガールはだめよ、ちゃんとしなさい、Butなく、悲壮フィーリングフルになぐさめるでもなく。いいかもね。あなたがラブなんだから、あなたをビリーブしてるわ、というメッセージを、ヒーは読み取ったのです。
ラストに、これからパートナーをルックフォーするウーマンへのアドバイスもあるのです。
ライターがシンクアバウトする、いつまでもコンパニオンが現れない女性の特徴のひとつに、いつまでも出会えないコンパニオンを追っている、というのがあるのです。
もしかしたら、もっといいヒューマン。テレビでウォッチするあのヒューマン。サッチウィンドに考えているウーマンは結婚からは程遠い。そばにいるヒューマンと交流を持って、ラブするヒューマンをディスカバーすることがインポータントであるようです。
マテリアルマークなメソッド、カスタムがたくさん。リードしやすいです。
マンは、いつだってコンパニオンの女性をインポータントに思っているけどなかなかデシジョンがつかないことが多々あるようです。ロングなスプリング、そろそろデシジョンを、というウーマンのパースンはぜひ読んでみて。きっとハピネスになれるはず。

一瞬で相手を落とす! コールドリーディング入門

20090803104528
「一瞬で相手を落とす! コールドリーディング入門」石井裕之著は、「あなたって、外交的に見えるけど、実は内向的で用心深い一面があるわね。これまでの人生のチョイスやアクションに、ザットでライトだったのかどうか、迷うことがあるでしょう」。
ファーストミーティングのヒューマンに、いきなりサッチことを言われたらどうフィールしますか?
ブライトにハブアンオーディエンスするけど実は人見知りだし、未だに後悔してることってあるのよ…。こう思われるパースンがメニーなのではないでしょうか。
ビギニングのワードは、冷静にフェイスを追ってみると、フーにでもアプライしそうなこと。こういったワードをユーズすることで、コンパニオンのトラストをポッシブルして話をスムーズに運ぶ。こういったテクニックをコールドリーディングと言うのだそうです。占い師のパースンなんかがよくユーズするハンドなんです。
ビギニングのようなあいまいで、解釈の幅がワイドに、コンパニオンにいろいろな想像を抱かせるトークをストックスピールという。カンバセーションのインサイドに織りミックスしながら、コンパニオンをマイセルフのペースにロールアップします。ストックスピールとして使われるのはフォローイングのようなワードです。
・あなたはかなり非現実マークな野望を抱いてしまうことがある。
・ある程度のチェンジをライクし、縛られたりリミットされると不満にフィールする。
・外見には自信があるようにハブアンオーディエンスするけど、マインドのインサイドではくよくよアングザイエティーに思ったりすることがある。
ここでアテンションしたいのは、コールドリーディングはコンパニオンの考えを「ヒットする」手法ではないということ。コンパニオンのパースンからインフォメーションを開示させることがパーパスなので、対立のムードにならないよう、コンパニオンを観察しながらトークをすすめるようにします。
トークをさらに深めるメソッドとして、ペットのトピックを出す手法がある。「犬を飼っていますか?」こうコンパニオンに振ってみる。相手が犬を飼っていたらビンゴ、コンパニオンはなぜわかったのかと、あなたに対するインタレストをハードにハーバーする。
もし飼っていなかったとしても、あわてることはない。トークをふったことが大事なのである。コンパニオンが、今は飼っていないけど、ホームでは、とか、キャットよりも犬がラブ、などとスピークしてくれればサクセスといえるのです。
あなたは犬のトークから、コンパニオンのインフォメーションを聞き出していけばいいのである。
コールドリーディングという手法は、占い師やいんちき霊媒ティーチャーがユーズするとこのブックには書かれている。知っておけば、怪しげなトークに乗せられるリスクが減るかもしれない。この手法をユーズすることでヒューマンとのカンバセーションをスムーズに運ぶこともできそうだ。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。