本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハチはなぜ大量死したのか

20091030123247
「ハチはなぜ大量死したのか」ローワン・ジェイコブセン著は、翻訳がすばらしいので、フォーリンカントリーランゲージで書かれたブックだということを、ほとんど意識せずに読めます。翻訳家のアビリティー・グレートエフォートが感じられます。流暢な日本語で書かれているため、すらすらと読めますし、ハチが大量デスしたコーズをルックフォーするというサブジェクトのもので、まるで良質のミステリーを読んでいるようなフィーリングにすらさせられますが、ふとページをめくるハンドをとめると、ぞっとするような現実がアイのビフォーに浮かび上がってきます。2006年オータム、北半球から四分の一のミツバチがゴーアウトした。養蜂家たちにもそのリーズンがわからなかったのですが、実はハチが失踪してしまったのでした。ハニーをイートするカスタムがないとあまりプロブレムにはらないのですが、ハチやインセクトと食生活は密接につながっているというのです。ユージュアルイートしているフルート、ベジタブルはインセクトによる受粉がなければ実をつけることができないのです。プラントのイグジストにはインセクトがビッグに関わっているので、それ
らがいなくなると家畜の飼育もできなくなるのです。開発によりネイチャーにいたインセクトのフィギュアは年々減少しているのです。今や受粉は、養蜂ハウスがミツバチを農園に貸し出すことで成り立っているというのです。アメリカでは、ハチは農園をまわるためにトレーラーや、時にはジェット機でロングなトラベルをするのですが、これがハチに過剰なストレスをギブするコーズになっているのです。ハチをキルするのはストレスだけではないのです。このブックでは、コーズをひとつにスペシャルはしていないので、複合マークな環境のチェンジが、ハチの異常アクションをコーズしたと考えられているのです。そのひとつに農薬があるのですが、カレントの農業は農薬なしには成立し得ないので、フィールドにはたくさんの農薬がまかれていて、ヒューマンボディーにエフェクトのない量とされているが、それがストアーしたらどうなるのかといいますと、タバコも、一ブックでデスにリードトゥすることはないのですが、慢性マークな摂取がボディーにダメージを及ぼします。ハチのフードはハニーだとシンクするヒューマンがメニーとシンクするが、実際にハチのチャイルド
がイートするのは花粉なのですが、花粉はたんぱく質で、ハニーはシュガーネイチャーなのです。花粉に含まれた農薬が蓄積し、ワールドをアッドするごとにそのエフェクトをアクセプトしているポッシブルカスタムがハイというのです。実際に、イミダクロプリドという農薬を与えられたハチが、ネストに戻れなくなるという異常なアクションをレイズしたカスタムがあるのです。ハチがハニーをコレクトするのはアゴーのような牧歌マークなシーンのインサイドで行われるのではないのです。受粉のために、いわばワールドのビジネスアクションの一環に組み入れられているのです。ハチが効率マークにワークするために、養蜂ハウスはシロップをギブすることがあるのですが、これではハチの生育にネセサリーなたんぱく質をとることができず、糖尿病に冒されたチャイルドが増えるだけなのです。農薬、ダニ、免疫フォースのフォール、ビジネス効率優先の飼育アクトなど、さまざまなメインコーズにより、ハチのインサイドザボディーにはたくさんの病気が隠されている。このままハチがいなくなったら、ワールドはどうなるのか。フラワーが失われたワールド、プラントの恵みが
なくなったワールドになってしまうのです。メニーのヒューマンがレイチェル・カーソンのサイレンスのスプリングをリファレンスにテイクアウトしているのですが、ハチの生態にもフルので、インセクトがラブなパースンにも楽しんでいただけると思いますし、考えさせられることはメニーが、ぜひ読んでおきたい一冊です。
スポンサーサイト

地サイダー読本

20091029150305
「地サイダー読本」レトロモダン飲料愛好会著のブックは、地サイダーなるものを紹介しているブックで、地ビールではないのがあるのです。実は日本では、明治から昭和ミドルピリオドにかけて、ホールカントリーで70カインドものサイダーが製造され、販売されていたのです。流通はホームエリアのみ、駄菓子ハウスで売られることがメニーだったのです。プレゼントタイムではメーカーもずいぶん減ってしまったのですが、インサイドにはまだ堅実にビジネスをコンティニューしているところもあるのです。ナローなエリアで流通しているという希少カスタムや、レトロなデザインがうけて、マニアックなポピュラーをウィンしているらしいのです。エリアにより、スペシャルプロダクトシングをハーベストしたテイストだったり、名水を使っていたりと、個性はさまざまなのですが、サイダーソムリエを気取ってみるのもファンかもしれません。東北のサイダーは、フルートテイストのサイダーがメニーに売られているのですが、青森県のみしまバナナサイダー、岩手県のマスカットサイダー、宮城県の金華サイダー・シークワーサー、秋田県の仁手古りんごサイダー、山形県
の共栄パインサイダーなどがあるのです。ちなみに、みしまバナナサイダーは、バナナがハイクラスシングだった昭和30エイジにセールされたもので、アザーにパイン、シークワーサーなど、東北のサイダーには南国へのロマンが感じられるものもあります。関東地区ではおしゃれなサイダーが販売されていて、透明のびんにブルーなラベルの湘南サイダー、横浜ハーバーオープンポート150年をメモリーして作られた横浜サイダープレミアム・クリアなどがあります。愛知県は、ホームエリアのスペシャルプロダクトシングをサムライニッポンというブランドで売り出そうというプランがあるのですが、プランのひとつとして取り上げられたものに、三河カントリーサムライロックサイダーなるものがあるのです。
サングラスをかけたサムライのイラストがラベルになっているのですが、木曽川水系の水を使った、すっきりしたミーニングなのそうです。関西には、100年以上メイクし続けられてきたサイダーがある。兵庫県西宮市のダイヤモンドレモン。クラウンにシルバーペーパーがまかれていて、サイダーがハイクラスシングだったピリオドがしのばれるものがあります。和歌山県に熊野サイダーうめみかんがあり、小豆島にはオリーブサイダーがある。そこでしか飲めない独特のミーニングがありそうです。九州にフットをストレッチすると、昭和30イヤーごろからホームエリアのイーチパースンに愛されてきたサイダーがさまざま見受けられます。福岡県の菊水サイダー、佐賀県では戦前のものが復刻された、スワンサイダー、昭和27イヤーシンス製法をチェンジしていないキンセンサイダーなどがあります。このブックを読んでいると、地酒のメーカーなどがテイクアウトしているものもメニーなソートオブですが、サイダーも酒も水がインポータントなのです。よいウォーターを知っている酒造メーカーのものにインタレストが惹かれます。

不思議がいっぱい! 日本昔ばなしの旅

20091028125415
「不思議がいっぱい! 日本昔ばなしの旅」島尾真著は、ジャパン各地に伝わる昔話や民話をコレクトしたブックで、ライターはトラベル関連のライティングがメニーなそうですが、このブックでは物語のステージや発祥のアースがフルに紹介されているのです。おもしろいのは、エリアによってストーリーのラインやエンドがディッファレントするということなのです。ジェネラルマークによく知っているかぐやプリンセスや一寸法師にも、エリア独特の語りがあるというのがベリィインタレスティングなです。愛知県には浦島太郎のストーリーの発祥の地とされるプレイスがあるのですが、この浦島太郎のお話にも、エリアによってさまざまなディッファレンスがあるというのです。丹後半島にゴーアロングするお話では、太郎が亀をヘルプするのではなく、フィッシュの代わりにレイズすることになっているのですが、その亀が乙姫にフィギュアをチェンジし、二ヒューマンはシップに乗ってディスタントカントリーという竜宮城へゴートゥするのです。丹後半島には浦嶋神社、嶋児神社というお話にちなんだ神社があり、嶋児神社のそばには太郎が釣ったフィッシュをセパレート
したカレントコレクトしがあるそうです。浦島太郎伝説、シーのないプレイスでもトークし伝えられている。長野県の木曽川には、このお話にちなんだゴートゥベッドし覚のベッドというプレイスがあるのです。この地方では、太郎は亀に連れられて竜宮オーバーにゴーするのではなく、木曽川の鉄砲水に流されて乙姫にミートバイチャンスするとなっている。太郎がフィッシングをしていたプレイス、乙姫とパートフロムして戻ってきたプレイスが、この寝覚のベッドであると言われているのです。静岡県のかぐやプリンセスはマンスではなく富士山に帰ったというお話です。山形県にはヘルプした鶴が織った曼荼羅が残されているというお話もあり、昔話にもエリア独特のカラーがあるのです。民話も集められており、インサイドに人魚のミートをイートして800年リブした尼さんの物語があったのです。ステージは福井県小浜市。あの、米国大統領チョイスでフィーバーしたタウンです。むかしむかし、ライト太夫というマンの娘が人魚のミートをイートしてしまった。シーは16歳のフィギュアのまま800年リブしたのです。親も兄弟もダイし、120年リブした
ところでプリーストし、アフターディスはイーチパースンのために働いたというのです。高橋留美子のあのマンガを、リメンバーしてしまいます。何気なく通っているロード、ウォッチしている神社、ふとたたずむシーン。サッチところにトークし伝えられているストーリーがある。サッチことを思い出させてくれる一冊です。

森に眠る魚

20091027111102
「森に眠る魚」角田光代著は、東京都文京区の「お受験マーダー」をモチーフにしているようなのですが、イベントのシーンはぼかして描写されているのです。イベントそのものよりも、そこに至ったウーマンたちの心理描写がすさまじく、テリブルなのです。
・繁田繭子:デューティーのファザーの遺産をあてにして、東京で分譲マンションをハンドにプットインしたウーマンで、娘の名前は理央。家事はプアー。
東京のマンションは、シーには分不相応だったのですが、住人の江田かおりと知り合いになるが、シーとはライフレベルがまるでディッファレントする。かおりにチャイルドのオールドクローズズなどをたかるようになり、やがて消費者金融にハンドをテイクアウトしてしまうのです。
・久野容子:長野県の出身で、スチューデントピリオドも東京でパスしたのですが、リッチマンでリッチインしている同級生を、まぶしいソウトでルックハードアットしながらもマイセルフとはディッファレントするのだとウォーンしてパスしてきたのです。チャイルドを生んで、繁田繭子、江田かおり、高原千花、小林瞳らと、いわゆるママフレンドになる。依存しがちなキャラクター。チャイルドは人見知りをしがち。お受験にウォリードし、小林瞳にディペンドオンしきりになる。
・小林瞳:プライベートプルーフに通っていたのですが、登校拒否、拒食症をエクスペリエンスしていて、それがきっかけである宗教アソシエイションに関係し、ハズバンドとはそこで知り合ったのです。プレゼントタイムはボランティアなどもして、マインドマークにはハードになったのですが、チャイルドをプライベートにプットインしたいとシンクしマイセルフがプライベートプルーフに通っていて、登校拒否をしたときもケアがしっかりしていたからなのです。お受験にはインフォメーションがネセサリーだが、ママフレンドの高原千花が一ヒューマンだけ抜けがけしているようにフィールする。お受験にサクセスしたのはアイのチャイルドだけなのです。
・高原千花:フリーダムワイルドにリブする妹にコンプレックスを抱いていたのですが、ハズバンドは高収入で申し分ないライフを送っているつもりなのです。ママフレンドの繁田繭子には、その無邪気さにグッドウィルをハーバーするが、やがてシーのずうずうしさにあきれるようになるのですが、繭子を通じて江田かおりとも知り合いになり、シーのフレンドにお受験のディスカッションをする。そのフレンドとは、江田かおりとロングタイム不倫関係ある男だったのです。
・江田かおり:編集のワークをしているのですが、ドーターは一度プライベートの受験にミステイクしている。不倫コンパニオンのドーターがいるスクールに通わせたかったのです。かおりはワークも家事もパーフェクトにこなしているつもりだったのですが、ドーターがスクールにゴーしたくないという。ドーターは、セイムマンションの繁田繭子のハウスに出入りしていたのです。ルームに合わない粗末なファーニチャーのある繭子のルーム。クリーニングも行き届いていない、スナック菓子をバッグからそのままイートするような繁田繭子。ヘイトしていた繭子から、かおりはテリブルなことを聞かされる。ドーターのアクシデントにノーティスし、かおりはこれまで築いてきたワールドが崩れたことを知ったのです。
五人の主婦がビギニングは仲がよく、受験なんて、チャイルドはのびのびとレイズしたいと話し合っているのですが、少しずつスライドしていき、追い詰められていく心理描写がこのブックのキモです。

KOKOROZASHI 志

20091026132457
「KOKOROZASHI 志」久恒啓一著は、名言コレクションで、現代のヒューマンもいるのだけど、フォーマーのヒューマン、歴史オーバーのグレートマンのものがメニーなのが特徴なのです。これまでにいろいろ名言コレクションが出版されてますけれど、フォーマーの日本人のワードにはインポータンスというものがあってフレッシュな気持ちになります。巻末には、テキストでテイクアップしたキャラクターのメモリーハウスガイド付いています。
・一燈を提げて暗夜を行く。暗夜を憂うことなかれ。ただ一燈を頼め:佐藤一斎 1772-1859 渡辺華山らをレイズした儒学パースン。
・九十歳よりは、又々画風をあらため、百歳の後に至りては、此道を改革せんことをのみ願ふ:葛飾北斎 1760-1849 ペインター。
・横浜市の本体とは、市民の精神であります:プライマリー三渓 1868-1939 インダストリーハウス。横浜マーケットが大ブロゥをアクセプトした関東大震災のアフターに。カントリーもタウンもファンデーションストーンになるのはヒューマン。ビルディングではない。プライマリーファミリーネームは横浜の復興のために私財をスローしたのです。
・物の成る人、朝起きや身を働かせ小食に忠考ありて灸をたやさず。物の成らぬ人、夜遊びや朝寝昼寝に遊山ずき引き込み思案油断不根気:細川幽斎 1535-1610 戦国ピリオドの武将。
・勤勉、誠実、協同一致:蒲田三之助 1863-195 政治ハウス。大地主のハウスに生まれ故郷の改革をすべく、オールの報酬をターンダウンし、ラフな衣服をボディーに着けてアクティビティーしたそうだ。このワードはヒーがリーブした村ディスだそうだ。平成のワールドに叫ばれる行政改革を、ヒーならどうウォッチしただろうか。
・憂きことの尚この上に積もれかし。限りある身の力ためさん:山中鹿之助 154?-1578 戦国武将。トラブルをもっとギブしたまえ、マイセルフの力をテストしてみたい、というミーニングになるのかな?。どうやったらサッチ心境になるんだろう。とうてい真似はできないが、一ディグリーは言ってみたいワードかも。
・井を掘りて今一尺で出る水を掘らずに出ぬといふ人ぞ憂き:新渡戸稲造 1862-1933 農学パースン。あと少し、辛抱してディグすればウォーターが出る。だけどほとんどのヒューマンはその少しの辛抱ができない。ヒューマンにはエブリバディ、生まれながらにマイセルフのウォーターを与えられているのだろうか。ビリーブしてディグすればいいのだろうか。
・智、仁、勇:乃木希助 1849-1912 ソルジャー。チャイルドたちにリーブしたワード。智は、ばかげた遊びやいやしいことをせぬように。ヒューマンは、ウィークなものをいじめぬよう、ヒューマンを思いやるよう。勇は、小競り合いをせぬよう、こうとビリーブすることはあくまでしおうせるよう。フォーマーのヒューマンは、チャイルドにこういうアダルトになってほしいと願っていたのです。

「20円」で世界をつなぐ仕事

20091024091230
「『20円』で世界をつなぐ仕事」小暮真久著は、副題に、「“想い”と“頭脳”で稼ぐ 社会起業・実戦ガイド」とあります。ソサエティー起業は、最近ノーティスされているワードですが、定義するとソサエティーマーク、パブリックの福祉になることを営利パーパスでパフォームするというフィーリングです。いいことをワークにしてマネーをゲットするということですが、いいこともマネーもライクベリィマッチで、とても魅力マークな存在なのです。ライターの小暮さんは、コンサルティング会社、マッキンゼーに籍を置いたエクスペリエンスがあるのです。カレント、NPOコーポレイトボディーTFTでワークをしているのですが、ビフォー職のエクスペリエンスを生かしてアクションを行っているのです。TFTのビジネスのパーパスは、アフリカのプアーなチャイルドたちにミールをギブするというもの。同時に、日本人のミール環境の改善にもアンオフィスバイしたいとシンクアバウトしているようなのです。企業やスクールでテイクアウトするミール。社員食堂のミールや給食のことです。これらのチャージに20円、上乗せし、その20
円でアフリカのチャイルドにミールを提供する。アフリカでは20マネーあればチャイルドが飢えなくてすむということなのです。コンセプトをきいたとき、小暮さんはすばらしいことだとシンクアバウトしたのですが、実際にワークをスタートしてみると、さまざまなディフィカルティに直面することになったのです。コンセプトはあったものの、マテリアルマークなことがホワットも決まっていなかったのです。寄付をレシーブしようにもアカウントがない。アカウントを開こうにもNPOコーポレイトボディーとしてのアプルーバルがゲットオフしていないのです。小暮さんはコンストラクションコンストラクションにアクティビティーし、TFTのビジネスをビジネスとして成立させることに腐心したのです。NPOでワークするヒューマンというと、「カインドなヒューマン、いいヒューマン」というイメージを持たれることがある。But、働いているヒューマンだって収入がなくてはリブしていけない。カインドだけではライフは成り立たないのです。フォーリンでは、NPOの幹部になると年収が3サウザンドメニーにもなる人が存在するのだとい
うのです。ジャパンでは、NPOとか、福祉というと「ボランティアでやりなさい。マネーをとるなんてけしからん」というヒューマンがいるのですが、それではヤングなヒューマンがソサエティービジネスにテイクパートすることができないのです。
よいことをするために自らを犠牲にするというシンキングもおかしいとシンクします。トップグレードのコンサルティングカンパニーのノウハウをご存知のライターですから、ソサエティービジネスで営利をテイクアウトするメソッド。センテンスもリードしやすく、サブジェクトも興味深いのです。このブックのバイプライスのインサイドからも20マネーがアフリカに送られ、チャイルドたちのミールプライスになるのだそうです。

お豆腐屋さんの とうふレシピ

20091022092414
「お豆腐屋さんの とうふレシピ」もぎ豆腐店(三之助豆腐)著は、豆腐クッキングのレパートリーをアッドトゥしたいヒューマン向けのブックです。豆腐はチープので、プラクティカルユーズできれば家計がだいぶコンフォートになるとはずなのですが、最近ではストアーにラインアップする豆腐のカインドもずいぶん増えたし、あれこれ迷ってしまいます。このブックは、豆腐のレシピが150カインド紹介されていますので、どれもオシャレ、かつシンプル。豆腐がおいしくなるちょっとした工夫もあって、アイからウロコの一冊です。豆腐をカットするだけのシンプルなレシピは冷奴ですね。冷奴には醤油がジェネラルマークかとシンクするのですけど、こればかりだとさすがにルーズインタレストインしますので、胡桃をフードプロセッサーで粉シェイプにし、塩とあわせた胡桃ソルトなるものを紹介してくれています。擦ったホワイトごまと西京味噌、みりん、酒にわさびをアッドしたわさび味噌。ソルトボイルしした枝豆をすりおろして出汁と酒をミックスしたずんだペースト。にんじん、ひじきをイタリアンドレッシングで合え、豆腐にアッドトゥするサ
ラダ。添えるものをチェンジしてるだけなのに、いつもの冷奴がレストランのクッキングに見えてきます。シンプルな豆腐。これをミールにフィットするおかずにするレシピ:豆腐をリフトして出汁につける、豆腐のレッドペッパー漬け。豆腐のステーキにはきのこのソテーをあわせます。これはウィズアウトフェイルやってみてください。水切りした豆腐を焼いて青海苔をあわせるファイヤーし豆腐。青海苔はフライパンでほぐしながらベイクし、熱したごま油を少量アッドしたもの。これ、ミールにあわせてもおいしいです。八杯豆腐というものは、アピアランスがまるでうどんソートオブですが、豆腐をロングなフェイスから、ファットなうどんのようにカットし、出汁で煮込んだもの。大根おろしをアッドトゥしていただきます。くりぬいた竹の子に水切りした豆腐をつめて蒸す、豆腐の若竹蒸し。豆腐ににんじんやひじきをミックスするとアピアランスもクリアーになります。春菊、小松菜などのウィンターベジタブルと、油揚げをごま油で合えた油揚げのナムルです。厚揚げとベジタブルのブラック酢炒め。にんじん、たけのこ、ピーマンなどとあわせて、八宝菜の豆腐エディシ
ョンソートオブです。醤油とみりんに漬けたディッフィカルトもどきをオーブントースターでさっと焼くだけのがんものつけ焼き。お酒のつまみにもよさそうですね。豆腐クッキングはチープな食材をそれと悟らせないワンダフルなアピアランス。タイムいらず。しかもヘルシーなのです。

貧乏はお金持ち──「雇われない生き方」で格差社会を逆転する

20091021113044
「貧乏はお金持ち──『雇われない生き方』で格差社会を逆転する」橘玲著は、橘玲さんのブックを読むとファンなのは、目からウロココンディションだからなのです。副題に、雇われない生き方とあるのですけれど、脱サラをオファーした本ではないです。タックスシステムをうまくユーズして、アッパーパートに手元にマネーを残そうという節税のブックなのです。橘さんはプレゼントタイムのジャパンの状況を、ムービーハウスに例えて、ムービーハウスのアウトサイドにラインができていて、ムービーハウスはフルハウスで、フーもそこからアピアーしてこようとはしない状況だというのです。ムービーハウスのインサイドにいるのは正社員で、並んでいるのは非レギュラーハイアー、もしくは失業者たちで、ムービーハウスにいるヒューマンは絶対にシートを譲ろうとはしないし、そもそもシートが足りないので、ラインはフィニッシュすることがないのだというのです。センドワークを禁止したところでビジネス状況がよくなるわけではないですし、センドのワークも減って、収入のないヒューマンが増えるだけだというのです。ジャパンはヤングマンに犠牲を強いてエイジの正
社員を守っているというのです。これからは正社員になるのがディッフィカルトなピリオドが来るし、そもそもサラリーマンがすばらしいソーシャルポジションかといえばそうでもないのです。プライベートパースンが法人をメイクすることは意外にシンプルなので、コーポレイトボディーをユーズして合法マークに節税し、資産をリーブすることもディッフィカルトにはないのです。このブックでは、サザエさん一家をモデルにして、サラリーマンコーポレイトボディーとはどのようなものかを説明してくれています。マスオさんがコーポレイトボディーをメイクし、カンパニーと契約してワークを請け負うことになったのです。自宅が仕事場になるので家賃をコストにでき、波平、フネ、サザエ、カツオ、ワカメを従業メンバーにして給与をペイし、人件コストとすることができるのです。海外にゴーアウトしたときも、そこでワークをパフォームすればコストとして認められますし、サザエさんがパーティタスクのドレスを買ったとしても、それもワークのためのコストとすることができるのです。ファミリーをサポートにし、自営業パースンのための年金をユーズするなどして、アカ
ウントオーバーは常に赤字コンディションにしながらキャッシュをストアーすることができますので、コーポレイトボディー化することによってさまざまなメリットがあるのだというのです。ライターはジャパンにはたくさんのインタレストがあり、それによって歪められていることが沢山ありますので、自営業パースンに課されるタックスシステムが、サラリーマンよりも節税しやすいこともその一カスタムだというのです。実際には、カンパニーメンバーのソーシャルポジションをスローアウェイしてコーポレイトボディー化するヒューマンなど殆どいないのは、安定したソーシャルポジションをスローアウェイすることを、フィアーしているからだというのです。オポジットにフィアーしていた「フリーダム」がビヨンドからやってきたとき、ステートの矛盾、インタレストをユーズして生き残ることができるのです。西原理恵子さんは領収書を水増しするなどのトリックで節税をしていたのですが、タックスオフィスのインベスティゲイションでは、シーはあの手この手でタックスを払おうとしなかったというのです。困った税務職員がでは、いくらなら払えるのですか?と聞かれた
そうですが、西原さんはビギニングに出されたタックスピクチャーの10分の1をサジェストし、認められたそうです。タックスシステムは複雑ですので、単純にできないのはさまざまなインタレストや思惑が絡んでいるからなのですが、あいまいなパートもメニーというのです。プラクティスできるかどうかはディッファレンスですが、こういう現実があるとノウするのも、ファンではないかとシンクアバウトしている。

あなたが変わるまで、わたしはあきらめない

20091020130102
「あなたが変わるまで、わたしはあきらめない」井村雅代著者の井村雅代さんは、シンクロナイズドスイミングのガイダンスパースンなのですが、ラストイヤーの北京五輪では、中国チームをガイダンスし、ビューティフルチームにメダルをもたらしてくれたのです。このブックは、シンクロナイズスイミング指導パースンの井村さんがガイダンスパースンとしてのシンキングをまとめたものなのです。ですからリーダートレーニングのためのブックなのですが、中国での悪戦苦闘ぶりもフルに、メダルをテイクするまでのスポーツノンフィクションとしてもエンジョイワンセルフすることができるブックなのです。ラストイヤーの中国では、五輪のビフォーに四川大地震があり、プレーヤーのインサイドには四川省出身パースンがおり、ゼイは泣いてゴーバックしたいと言ったそうです。井村さんはゼイをチアーし、ユーらがアクティビティーすればホームタウンのエブリバディがグラッドする。それはあたらしかできんことと言ったのです。井村さんバイワンセルフ、阪神大震災をエクスペリエンスしたのです。マスコミに、四川のヒューマンにメッセージをと聞かれたとき、井村さんは
今より絶対によくなるとアンサーしたというのです。どんなにワーストの事態に陥っても、前向きにひとつひとつ整理していけば、必ず事態は好転する。プレゼントタイムがボトムだとシンクし、座してウェイトするのではなく、自らアクションする。するとフィーチャーはオープンするのだというのです。プレーヤーをガイダンスするときにも、井村さんはセイムシンキングで望んでいるというのです。中国でシンクロをガイダンスすると決まったとき、井村さんはひそかにホープをしていたというのです。中国のプレーヤーは手足がロングに、ボディーがソフト。ホワット泳ぎができるかと、プレジャーにしていたのですが、実際にプレーヤーにミーティングしてみると、筋肉がない、長時間プラクティスする癖がついていないなど、驚かされることもメニーだったというのです。プレーヤーにはタイム厳守を守らせ、国際マスミーティングでのマナーを学ばせ、一歩ずつ進んでいったのです。プレーヤーが井村さんにライをついたことがあるのです。シンクロのプレーヤーは体重のコントロールもインポータントなのですが、中国のプレーヤーは筋肉がなかったので、井村さんはプレー
ヤーに、必ず食べなければいけない量を指示したのです。ひとりがこっそりミールをスローアウェイするのをウォッチして、井村さんは激怒したのです。井村さんはいつも、プレーヤーにはっきりとものを言いますが、ガイダンスパースンにはそれがネセサリーだとシンクアバウトしているからなのです。あれこれ遠まわしにシンクアバウトしたり、いっそコンパニオンの顔色をウォッチしたり、それではよいガイダンスができないと思っているのです。プレーヤーたちが謝りに来て、井村さんはようやくガイダンスを再開したのですが、ヒューマンをティーチするポジションにあって、嫌われることをフィアーしてはいけない。マイセルフがライトとシンクすることははっきりとクレイムすることだというのです。

男はなぜパンツ一丁で郵便局に押し入ったのか

20091019131531
「男はなぜパンツ一丁で郵便局に押し入ったのか」産経新聞社会部取材班著は、裁判の傍聴記なのですが、北尾トロさんとか、阿蘇山大噴火さんのオモシロエッセイのようなものではないのです。フロントカバーのイラストはクリアーにそのラインを狙っているのだけど、なにせ書いたのが新聞カンパニーのリポーターさんたちですから、コメントがワンセルフなのです。犯罪チェックのヘルプになればというフィーリングで書かれたブックであるらしく、産経新聞社さんのトゥーシーリアスさとグッドセンスなのです。
・男はなぜパンツ一丁で郵便局に押し入ったのか:平成19年11月、ハット、サングラスにホワイトなマスク、グレーのパンツ一枚でメールステーションに強盗に入った男の上半身は裸だったのです。男は強盗未遂で服役アフター、ソースしたばかりだったのですが強盗にゲットインすることをディサイドしたのは、プリズンに服役インサイドのことなのです。刑務官とよいワールド関係が築けず、復讐のために犯罪を犯そうとデシジョンしたのです。パンツ一丁で強盗に入ったのは、アットザットタイム持っていたクローズズが二枚しかなかったから。クローズズからパーストがばれるのをフィアーしたからだというのですが、なんと男には資産が600メニーマネーもあったというのです。
・岡田有希子のために犯行予告:42エイジの被告マンで、男は岡田有希子は自殺ではなく、あるアクトレスに殺されたと思い込んでいて、ファンデーションは2ちゃんねるのライティング。憤った男はノーティスボードに「アクトレスのアポロジーオーディエンスを開かなければ、新宿区のプライマリースクールでチルドレンを無差別マーダーする」と書き込んだのです。携帯テレフォンストアーのテスト携帯からのライティングだというのです。検察官に諭され「あのタイムは平常マインドじゃなかった。チャイルドっぽいシンキングだったので、フレンドにもディスカッションできず、書き込んでしまった」といっているのだ。男はパーストにいじめにあっていたことがあり、岡田有希子とマイセルフをアッドしてしまっていたというのです。
アザーにも、104に2602回もテレフォンをかけて女性オペレーターに嫌がらせをした男、外務省に火炎瓶をスローしたヤングマン、ムービーハウスのヒューマンにバカにされたからと、ムービーハウス前に生ゴミを撒き散らしたホームレスのウーマン。裁判の傍聴記をリードすると裁判はライフの縮図というワードが見られるのです。

園芸少年

20091018071823
「園芸少年」魚住直子著は、高校に入学してスペースもないエイプリルのミドルのランチブレイク、篠崎達也はドリンクしかけのコーラを持って校内を散策しているうちに、隠れ家的プレイスを発見したのです。倉庫ロングサイドの小さな空き地。大小さまざまな植木鉢がシンプルに置いてある。鉢にはダイしかけた草が生えていたり、エンプティーだったりしているのですが、なんとなく座り込んでいるうちに居眠りして、アイがウェイクしたら、大和田一平がそこにいたのです。ペーパーコップに残った、アイスがメルトしたあとのウォーターを、そのエリアの植木鉢にかけたネクストデイに再びおとずれたマガジン庫裏の空き地で、植木鉢にアイをやって驚いたのです。イエスタディウォーターをかけた鉢だけ、草がファインになっていたのです。リーフが下向きの∧ではなく、上向きの∨になっているのだ。ささやかなチェンジだが劇的なチェンジなのです。篠崎も大和田も驚いたのです。なんてオーネストでわかりやすい反応なんだろう。ウォーターをやっただけで、こんなにすぐ、アイに見えてファインになるものだとは。なんとなくプログレスで園芸クラブに入ったふたりだが
、さんにんめのメンバーは、エイプリルのフィニッシュしにアピアーしたのです。ダンボールをヘッドにかぶったワールドで、ネックからオーバーはダンボール、ネックからローグレードはユニフォームフィギュアなのです。相談ルームに登校しているという、庄司というマンで庄司はラックオブヘルプの空き地だと思ってやってきて、ふたりに見つかって、フーにも言わない代わりに手伝え、と大和田に誘われたのです。本当にただウォーターをやるだけだったふたりとディッファレントし、庄司は園芸のブックをリードしシンプルな園芸のナレッジを持っていたのです。エフェクトされて、篠崎と大和田も本を読んでみたので、アクションサブジェクトが少しずつ変わっていったのです。セーフティーにミスなくエブリデイをパスすることしかシンクアバウトしていなかった篠崎は、中学のときには、スピリットのディッフィカルトなクラスメイトのちょっかいを、スピリットのウィークなディッファレンスのクラスメイトに振ったり、そうやってワンセルフ保身に走ったりしていたのです。大和田はミドルスクールピリオドにつるんでいたカンパニーたちからリーブして、そのタイムの
態度や服装やユニフォームの着こなしなんかから離れられなくて、いかにも不良然としたアピアランスで、ヒューマンから誤解されていたのだ。庄司はミドルスクールでアクセプトしたイジメがもとでパブリックにフェイスを晒すことに怯えるようになり、ボックスをかぶるようになったのです。不器用な少年たちは不器用なエブリデイが、プラントのヘルプをするうちに、カンパニーたちとアソシエイションワークをするうちに、変わっていくのです。

お祓【はら】い日和 その作法と実践

20091016150321
「お祓【はら】い日和 その作法と実践」加門七海著は、マガジンのダ・ヴィンチの連載コラムをブックにしたもので、神道のソウト、ジャパンのカスタムなどのナレッジが織り込まれていて、アピアランスより硬派なブックなのです。お祓いとは、トイレットをリムーブし、マインドアンドボディーをリセットすることと書いてあるのです。スペシャルなご祈祷をあげたり、大げさなトリックがいるものではないのですが、ホワットかのインタレストをリクエストすることとも違っていて、ファンデーションマークにはバッドラックをドロップし、身奇麗にしておくことがパーパスなのです。ニヤーワンセルフで厄落とし、つまりお祓いに使えるものはたくさんあるのです。例えば、塩は神道にソースするものではないのですが、ソルトを清めにユーズするのは、ジャパンの民俗、マインドカスタムにコーズしますので、宗教を問わず、ソルトは清めに有効とされているのです。ソルトをユーズするお祓いでベストシンプルなのはふりかけること。フィーリングが優れないときに、ぱっとふりかけてみるとよいというのです。入浴に使ったり、ソルトを踏んだり、バリエーションはウ
ェルスなのです。古くから魔よけと考えられてきたものにミラーがあります。ミラーはクロックハンド、勾玉と並んで三種の神器に数えられていたもので、ミラーはきれいにポリッシュし、ルームに置くだけでいいというのです。もしくはニヤーワンセルフにキャリーするだけでイナフにお祓いのエフェクトがあるというのです。寝室にはむき出しで置かないこと。ドリームのワールドとミラーの世界がゲットインし混じってクワイアットスリープをプリベントすると考えられているからです。三種の神器のひとつ、クロックハンド。鋭利な武器は魔をはらう武器になり、フォーマーからゴーアロングする神楽でも、クロックハンドをユーズしてダンシングを舞うことがメニーなのです。ニヤーワンセルフにあるフォーマーのとがったもので代用がききます。ペーパーナイフ、ボールペン、指先。夜道がアフレイドとフィールしたら、人差し指を立ててウォークするだけでも魔よけのパートをキャリーアウトしてくれるというのですが、パスしたる攻撃はユーにゲットダウンしかかってくるといいますので、クロックハンドをユーズすることはイナフにスピリットをつけるようにしてください
。日本人のシンクアバウトするお祓いとは「アクシデントにならないこと」がパーパスといえます。決して「ハピネスになること」ではないというのです。アザーにお正月、節分、衣替えなどのジャパンのカスタムを通して、バッドラックを祓うメソッドを紹介してくれています。「ハピネスになる」ではなく「心身をきれいにしてアクシデントからゴーファーオフする」のです。

勝間和代の日本を変えよう Lifehacking Japan

20091015144818
「勝間和代の日本を変えよう Lifehacking Japan」勝間和代著は、賛否両論があるのですが、ストライクするヒューマンは勝間和代さんのクレイムをうすっぺらく、ワンセルフ顕示欲がハードと言っているようなのですが、ソサエティーのビジネス書の80%はサッチものかも知れません。ブックの構成は、勝間和代さんのクレイム、西原理恵子さんとのトークで、雨宮処凛さんとの対談でまとめというものになっているのです。ビギニングのクレイムは、ジャパンはヤングマンがダークというのだ。勝間和代さんは40代で、バブルもエクスペリエンスしたワールドなのですが、ジャパンの明るいピリオドを知っているからなのですが、ヤングマンはそういったムードを知らず、絶望だけがあるようだというのです。ジャパンはウーマンがワークしにくい国だというのです。フォーリンキャピタルシステム企業にサーブしていた勝間和代さんはそれが実感できるというのです。もっとチャイルドメディカルケアをアッドトゥし、保育園をアッドトゥし、ウーマンのフォースを登用できるソサエティーにしたいというのです。西原さんとのトークでは、離婚について西原さんは
、彼氏にダイヤモンドを買ってもらうと言ったドーターを叱ったことがあるというのだ。なんでもマイセルフで買えるようになれとティーチしたというのです。ウーマンも、離婚しても困らないビジネスフォースをつけるべきで、男性やステートに頼っていてはいけないというのです。勝間和代さんは発展途上カントリーをサポートするコンストラクションをスタンドしギブし、西原さんはカントリー全体がシーフだったりするので、サポートをアクセプトするパースンも、吸い取るパースンも、みんなシーフだったりするというのだ。雨宮さんとのトークも勝間和代さんは慶応出身ということで、周りにワーキングプアがいないので、さっぱりわからないとスピーチしているのです。雨宮さんのクレイムは、ワーキングプアのヒューマンたちに、ソサエティーのアンダースタンディングが寄せられないことがプロブレムであるというのです。エイジのヒューマンはワンセルフデューティーだ、マイセルフだってヤングなタイムは苦労をしたというのですが、セイムような境遇のヒューマンも、がんばっているから、文句を言うヒューマンは甘えているのだというのです。ワンセルフのアイデ
ンティティを否定されないために、ヤングマンの貧困をワンセルフデューティーで終わらせようとしているというのです。ラストのまとめでは、投票しホールライフハイアーからソフトなハイアーへファミリーに対するカントリーのサポートをカインドにしワークシェアリングすべきだというのだ。ウーマンの差別はオポジットで保育園をグローし、レギュラーのハイアーと非レギュラーのハイアーの処遇をアイデンティティにしてオフィシャルトレーニングの充実をプランし、収入の5%を寄付しようというのです。

新参者

20091014102445
「新参者」東野圭吾著は、東野圭吾のニューワークミステリーで、ショートなストーリーをアッドしてひとつのイベントをドローするというもので、ストーリーはそれぞれ、ヒューマンインタレストあふれる、読後感のいいものになっているのです。小伝馬町でウーマンが殺された45歳のシングルで、一人暮らしなのですが、イベントをランアフターするのは加賀という刑事で、赴任してきたばかりの新参パースンなのです。ライスクッキーハウスの娘は、オールドな町並みのインサイドにあるショップタウンのライスクッキーハウスに刑事がやってきて、出入りの保険外交メンバーを疑っているのですが、外交メンバーが保険マネークレイムにネセサリーな書類をテイクしに来たタイムがおかしいということで、アリバイが不確かなのですが、それはファミリーと示し合わせたプレイだったのです。祖母が外交メンバーにパスオーバーしたのはライの書類で、トゥルースの書類はディッファレンスのプレイスで受け取っていたため、プロセスのタイムとコンフリクトがプロデュースしていたのです。トゥルースの書類に書かれていた病名はディッフィカルトなのですが、ディッフィカ
ルトをハイドするために、外交メンバーはポリースにもトゥルースのことは言えなかったというのです。
瀬戸物ハウスの嫁は、ショップタウンの瀬戸物ハウス、嫁と姑の仲がディッフィカルトなのですが、そのストアーに、ダメージパースンがヴィジットしていたと聞いた刑事がカムアロングして、嫁はダメージパースンにある刃物の購入をリクエストしていたのです。加賀刑事がチェックアップしたところ、嫁が頼んだのはトゥースのディッフィカルトな姑のための、フードをカットするはさみだったのです。洋菓子ハウスのクラークは、洋菓子ハウスに、ダメージパースンはホワットディグリーもフットを運んでいたというのですが、クラークともクローズに、妊婦であるクラークに安産のお守りをパスオーバーしたこともあったのです。被害パースンにはサンがいて、彼女は離婚していたのです。ダメージパースンは、洋菓子ハウスのクラークをサンのシーだと誤解していたのですが、ファーアウェイから二ヒューマンを見守っているつもりであったというのです。
翻訳ハウスのフレンドは、ダメージパースンは翻訳のワークをしていたといっても、まだ駆け出しなのです。シングルピリオドからのドリームであったワークをサポートしているのは、翻訳でボディーを立てている友人なのです。フレンドは、近々フォーリンカントリーにリブインするヒューマンと結婚するつもりだった。ジャパンをリーブするとインフォームすると、ダメージパースンはひどく落ち込んでいたのですが、ワークのアングザイエティーがあったというのです。殺された日、ミートするはずだった二ヒューマンだが、プログラムが狂ったためにダメージパースンは殺され、自責のセンスにかられる翻訳ハウスなのです。加賀刑事はダメージパースンの足取りをランアフターするうち、ダメージパースンが二ヒューマンのためにマリードカップル箸をバイしようとしていたことをノウするのです。
民芸シングハウスのゲストは、その民芸シングハウスには、選りすぐりのシングが置かれていたのですが、店主のホビーのようなストアーなのです。そこで独楽を買っていったキャラクターを、加賀刑事はランアフターするのですが、イベントのデイオブマンス、ニヤーのストアーで独楽が盗まれていたのです。そして、ダメージパースンのハズバンドのカンパニーの税理士が、その独楽をサンマリードカップルにプレゼントとして持ってきていたのです。サンマリードカップルのチャイルドにあげようとしたその独楽には、ひもがなかったので、ひもをなくした、と税理士は言ったのです。
税理士のサンマリードカップルは贅沢な暮らしをしていたのですが、穴埋めのために、ダメージパースンのハズバンドのカンパニーからマネーを着服していた税理士なのです。税理士は、ダメージパースンからマネーのディスカッションをされていた。ダメージパースンは、ワークのアングザイエティーと、シーのサンのサポートのために金をネセサリーとしていたのです。加賀刑事は、民芸シングハウスの独楽をチェックアップし、そこからアピアーした税理士の指紋をプルーフとしてプレゼントしたのです。
さまざまなヒューマンの暮らしをドローし、ダメージパースンウーマンのキャラクター、生きマナーをあぶり出し、犯罪パースンのウィークさもイナフに伝わってくるのです。

機関銃英語が聴き取れる!

20091013161858
「機関銃英語が聴き取れる!」上川一秋、ジーナ・ジョージ著は、英語トレーニングは一ストリートアクセプトしワードもそこそこ知っているし、グラマーも受験にネセサリーなナレッジくらいはプロヴァイドフォーしているけどどうしてもリスニングがプアーで、聞き取れないというパースンには飛びつきたくなるタイトルだとですね。実際よく売れていて、役に立ったというヒューマンもメニーというのです。ブックに書いてあることがアンダースタンディングできるというパースンには、ホワットかの役に立つのではないかと思います。日本人は英語のシラブル、音節をアンダースタンディングできないから英語が聞き取れないのです。「good morning」 日本人は ぐっ・ど・も・お・に・ん・ぐとアンダースタンディングする。ネイティブの発音はこうだ。good・morn・ning。子音、母音、子音のマスがひとつのシラブルになる。picnicは、pic・nicと分けられる、ふたつのシラブルからなるランゲージである。日本語と英語はビートがディッファレントする。日本語は2ビート、英語は3ビートなのです。日本語の
ビートはダダダ、英語のビートはボンボンボンなのです。「tennis」日本語ビートではte・ni・su。ダダダ。英語ビートではten・nis、ボンボンというビートをよくアンダースタンディングしておきたい。英語をキャッチするとき、スロートの奥にノーティスすればヒアしやすい。英語は日本語とディッファレントし、スロートの奥で発音されるワードがメニー。日本語はマウスで発音する、マウス発音なのです。ネックのオーバーのパースンをアクビエリア、スロートの奥をゲップエリアとネームしてみる。ゲップエリアで出されるローボイスにアテンションすると、ヒアし取りのフォースがスペシャルにストレッチする。だみ声のような、びりびり響くようなサウンドなのです。日本人のプアーな「ア」の発音は、このように分析されるのです。hot、hut、hatの母音はすべて、日本人には「ア」と聞こえるのですが、hotのアはアクビエリア、hutのア、hatのアはゲップエリアでファイヤーせられている。hatは牛蛙のような独特のエコーがあり、hutはアとウのミドルのようなサウンドなのです
。日本人も、ベイビーピリオドには英語とセイムスロート発音をしている。成長してマウス発音になると、ワードをはっきりスピークするようになるのです。英語をスピークするときはあまりはっきり話さないパースンがいい。特にウーマンは、ハイなボイスをテイクアウトしてもかわいらしいとは理解してもらえない。ソリッドボディーマークで流動的なショートなボイスこそ、コンパニオンにゴーアロングしやすい音域なのです。CDがつき。ヒアし取りのトレーニングができるようになっています。

人生に幸せをもたらす物語

20091009134859
「人生に幸せをもたらす物語」箱田忠昭著のライターは2008年9月にディッフィカルトのセンテンスをアクセプトし、入院ライフをパーソナルエクスペリエンスしたのですが、ヒーのマインドを救ったのは、ヤングな頃から学んでいる禅のレッスンだったというのです。禅のレッスンをレッスンにしたビジネス書ですが、リードしやすく、寓話的なエピソードでもって、禅のソウトを説明しているのです。気軽にふんふん言いながらリードし進めていけるブックなのですけど、だんだんと違和感が胸のうちに沸いてくるのです。3章からビカムする構成のブックで、ラストのチャプターではライターの闘病ライフが語られているのだ。チャプターのタイトルは「デスを見つめて」です。ビギニングに述べられている禅のレッスンがヘヴィに、ディープなものに感じられてくるのですが、このブックでサジェストされるテーマは「マインドをナッシングにし、思い煩わず、プレゼントタイムを懸命にリブ」というもので、そうなのかとつぶやいてしまいそうになります。
・アングザイエティーは見えない:石川くんはシーに、トゥモローのプレゼンへのアングザイエティーを打ち明ける。するとシーは「そのアングザイエティーなマインド、ここにテイクアウトしてみて」と言ったのです。石川くんは考え、アングザイエティーなマインドなんて出せるわけがない。ウェイトよ、それでは、アングザイエティーなど実は存在しない、オブジェクトのないものではないのか。パーストのミステイク、フィーチャーへのアングザイエティー。それらはすべてユーのマインドのインサイドにあるものだ。オブジェクトなどない。それをフィアーする必要もないのである。テキストの最終章の闘病記に突入していく。ライターはディッフィカルトをセンテンスされ、手術をアクセプトするのだがこれはとてもディッフィカルトなものだったというのです。6週間ベッドに縛り付けられ、身動きが取れないままだったのだ。頭がクリアーしているのがよけいにホットなのですが、入院ライフを送ることで、本当にマイセルフをサポートしてくれるヒューマンをノウすることがでいた。ナースティーチャーさんにすべてを預け、ゼイのワークにゴッドをウォッチしたの
です。ファインであれば、ネクタイのハンドルだとか、サッチくだらないことばかりがスピリットになるのですが、入院ライフをするとサッチことはどうでもよくなってしまうのです。ヒューマンはいつかダイする。そのミーニングでは、マイセルフたちはホールクルー、いつか必ずダイする死刑囚なのである。それまでできることは、精一杯プレゼントタイムファンにリブすること。それ以外にヒューマンができることなどないのです。ライターはワールドは、オーダーの三つのプレイスに置かれたとき、マインドマークに成長をキャリーアウトするのだと。その三つとは、プリズン、ホスピタル入院ライフ、僧堂だというのです。
レギュラーにはあんまりチャンスがないプレイスばかりなのだけど、ビジーなエブリデイをリーブして、一人ソウトにシンクすることもまたネセサリーなのかとシンクします。

捨てれば入る福ふくそうじ

20091008114542
「捨てれば入る福ふくそうじ」千代里著は、元芸者さんが書いたクリーニングのブックなのですが、ノウハウブックではなく、クリーニングをするといいことがありますという自己啓発書と言ってもいいですね。著者は決してきれいラブでもクリーニングラブでもないんだそうです。ルームはきれいだったり、ダーティーだったり、デイオブマンスによってディッファレントするというのです。クリーニングをしてルームをぴかぴかにすると「なんとなくいいこと」があるのはヤングなタイムからパーソナルエクスペリエンスしている。ライフがバッドコンディションなとき、シンクバックアポンしてみればルームはいつもぐちゃぐちゃだったというのです。芸者になって気づいたことは、置屋はゲットダーティーしていることがまずないということです。たくさんの人が出入りし、モノもたくさんあるのになぜか散らかっていないのです。著者は気づいたというのです。置屋のヒューマンたちは、モノをケアフルに扱っている。ひとつひとつのモノを、マインドをこめてユーズするからあるべきプレイスに収まっているのです。芸者はホワイトな足袋をウェアーする。これもインポータント
にユーズする。座敷で使えなくなったものはお稽古に。そしてウェアーし古すと、プレゼントタイムまでありがとうとサンクスしてスローアウェイするように教わったのです。モノに対してねぎらいのフィーリングを持っていると、オブノーユーズなモノがたまらないのです。著者は、オブノーユーズなモノをカンパニーメンバーにコンペアーしています。面接に受かって社員になったものの、ろくなワークもできずに飼い殺しになっているというのです。それではモノも不憫である。使えるモノはユーズアップし、使えないモノはセルしてやるのがモノのためでもあるのです。なんでもかんでもスローアウェイしてしまうネセサリーはないというのです。思い出になるものや、年月が経てばバリューがエンターするものもあるのです。それをとっておきたいと思ったら、メンテナンスをしてやることがネセサリーなのです。ノートやブックは見返そう。捨てられないビジネスカードは、そのパースンに一ディグリーコンタクトを取ってみよう。無インタレストやほったらかしはよくないというのです。ブックのインサイドにインタレスティングなことが書かれています。サクセスするヒュー
マンは、小さなことをこつこつケアフルにやるヒューマンだというのです。著者が芸者ピリオド、アソシエイトがミステイクをやらかしたのですが、周りのエルダーシスターたちはそれを責めようとしないというのです。リーズンを聞いてみると「あのチャイルドはいつも、みんなの草履をそろえてウェアーしやすくしてくれる。ディスタイムのことだってミステイクに決まってる」というアンサーが返ってきたのです。エブリデイをケアフルに。ディッフィカルトなスピリットもするけど、やってみると爽快なるというのです。

焼肉屋は食べ放題なのになぜ儲かるのか・小倉優子と学ぶ会計学

20091007100033
「焼肉屋は食べ放題なのになぜ儲かるのか・小倉優子と学ぶ会計学」小倉優子、五十嵐明彦著は、会計雑学のブックですが「さおだけ屋はなぜつぶれないのか」とか「スタバではグランデを買え!」のようなブックなのです。タレントの小倉優子さんがイメージキャラクターをサーブする「焼肉屋小倉優子」が一応のテーマになってはいるのですが、小倉優子さんにはあんまり関係がないのです。ゆうこりんは撒き餌ソートオブなもので、ブックをセルするためのしかけなのです。サブジェクトはインタレスティングなです。ゆうこりんに惹かれて飛びついても損はしない。ヤングなパースンが知らずに買ったとしても「勉強になった。さすがゆうこりん」と思えるグッドな本だと思います。
・ポイント還元と割引はどちらがプロフィットか:10%割引と10%ポイント還元では、消費パースンにとってプロフィットなのは割引のパースンなのです。1万円で10%ポイント還元ということは、1万1千円のものを1万円でセルするということなのです。これを割り算してみると、割引レートは9.09%なのでストアーサイドのチャージが少ないのです。ポイントカードをゲストにパスオーバーすることで、再来店するポッシブルカスタムがハイになるので、ポイントはいわばそのストアーリミットの商品ティケットと考えられるのですが、ポイントをユーズアップするカスタマーが少ないことからも、ストアーに利点があるのです。使い切らない、セーブしリーブのポイントは、いわばストアーに対する寄付ソートオブなものなのです。
・なぜバーはランチをやるのか:ランチはそれほど儲からないのです。ランチのタイムにヒューマンが集中するので、回転レートがショートし、コストプライスもコモンビジネスと変わらないのです。ランチをやるリーズンのひとつに、在庫のロスを減らすというものがある。ヌーンにもクッキングを作ってテイクアウトすれば、マテリアルの廃棄レートを減らすこができるのです。広告宣伝にもなる。チラシを作ったりするよりも、ゲストを呼びやすいのですが、ランチビジネスでインタレストをテイクアウトするのはシーリアスなのです。人件コストもエフォートもかかるのです。このブックでは「焼肉屋小倉優子」ではランチを出さないほうがよいとステートしているのです。ほかにも、セットメニューは利益率のハイな商品をセルするしかけだとか、クレジットカードは手数料がハイなのでクーポンティケット支払いができないだとか、レギュラーライフに密着した会計雑学がフルロードで、センテンスはイージーで、リードしやすいです。

虫といっしょに庭づくり

20091006133324
「虫といっしょに庭づくり」ひきちガーデンサービス著は、プランターの苗に、アブラムシが大発生することがあったりして、プラントをレイズするって、シーリアスなのです。副題が「オーガニック・ガーデン・ハンドブック」とありますので、ネイチャー農薬の作り方、散布のウェイも紹介されています。プラントがあるところにインセクトがやってくるのはごくごくネイチャーなことなのですが、生態システムがうまく保たれているガーデンでは、一カインドのインセクトが大量に発生することはあまりないのです。アブラムシは、化学肥料をまいたせいでアースの窒素ミニットが少ない、風通しや日当たりがディッフィカルトなケースに大量発生しますし、アブラムシが増えるとそれをイートするテントウムシやクモもやってくるのであって、生態システムのバランスはうまく保たれるのです。オーガニックなガーデン、つまりインセクトとも共存するガーデンをつくるためには、オーダーのようなことを心がけたいです。剪定をするなど、風通しをよくする。多様なプラントをプラントし、シングルなガーデンにしない。ジャパンの気候、風土にあったプラントをチューズする。も
ちろん、害虫をディスカバーしたらリムーブすることもネセサリーだが、このブックを読んで害虫のナチュラルエネミーをノウすること、害虫のコンフォートのディッフィカルトなガーデンをメイクすることもインポータントなのです。インセクトをテイクす殺するとき、ハンドでテイクするのがベストいいのだそうだが、このことを「テデトール」というヒューマンがいるそうだ。農薬はこのブックではネイチャー農薬なるものを紹介している。ニンニク木酢液、草木灰、スギナスプレーなどがある。コーヒーや酢を撒いてもいいようだ。コーヒーはインスタントでもかまわないとのこと。本編では、アブラムシ、テントウムシ、スパイダー、ビー、バタフライ、蛾など、ガーデンに来るインセクトのあらゆる生態がスモールに述べられています。写真もメニーので、ピクチャーブックのようにプルしテイクアウトしてチェックアップすることもできます。農薬を否定するわけではないのですが、オーガニックなるものがシーリアスなことも知っていますので、マイセルフのハウスの小さなガーデンやベランダに農薬を散布するのも大げさに思えるパースンに。インセクトが苦手なパースン
が、共存とか言われても、いないパースンがいいというのが本音ですね。だけど、プラントがあれば虫が来るというのであれば、うまいアソシエイションパースンをしたいものです。

筆談ホステス

20091005102452
「筆談ホステス」の著者の斉藤里恵さんは青森県バースで、1歳10ヶ月で髄フィルム炎にかかり、聴力を失ってしまうのです。病にブレイクダウンしたとき、里恵さんは入浴インサイドだった。そのことと病気にはなんの関係もないはずだが、マザーは里恵さんからアイをパートしたことをディスタントフィーチャーまで悔いたそうです。里恵さんはマイセルフが耳の聞こえないチャイルドであることを意識したことはなかったそうです。シーの兄弟も、クローズフレンドの美幸さんも、そのことはまるでスピリットにかけずに遊んでいたそうです。プライマリースクールはジェネラルプルーフにメイクプログレスすることができたのは「きこえの教室」という、聴力ダメージパースン向けのクラスがあったためなのです。アンダースタンディングのないティーチャーもいたそうですが、里恵さんはそこでよい成績をペイして卒業したのです。中学校も普通プルーフでミドルスクールにゲットインするとアクション範囲もスプレッドし、里恵さんはさまざまな遊びをリメンバーするようになったのです。カラオケをエンジョイワンセルフし、タバコも嗜むようになり両親とコンフ
リクトし、レコードもだんだんと下っていったそうです。高校はプライベート校に入学したものの、だんだんと通学しなくなってしまい、ポケットマネーももらえなくなり、とうとう里恵さんは洋服を万引きしてしまったのです。万引きしたストアーで、なんと里恵さんはアルバイトをすることになるのです。ショップマネージャーがいいパースンで、働いてみないかと誘ってくれたのです。里恵さんはそのストアーで、接客業のプレジャーを知ったのです。自分には接客のワークが向いている。そうシンクアバウトした里恵さんは、青森でホステスとしてワークしスタートしたのです。耳が聞こえず、話せない里恵さんは筆談でゲストとカンバセーションをするのです。里恵さんはがむしゃらにワークし嫌なソウトをしたこともあったのですが、どんなことにも真正面から取り組んできたのです。里恵さんが東京にアピアーしたのは、OLの仕事をしたかったからなのですが、事務職は合っていなかったようで、青森ピリオドのお客さんのヘルプもあり、里恵さんは銀座でホステスの仕事をポッシブルすることができたのです。銀座に来るゲストに、里恵さんは懸命に筆談でアドレスす
るのです。出世コンテストに敗れた男性に、「少し止まると書いて歩。着実に進んでいます」。ワークが減って「辛」と書いた男性には、辛に一本のラインを引いて幸、と返す。「辛は幸になる途中です」。
里恵さんのドリームは、ダメージパースンも健常パースンもともに働けるストアーだというのです。来るヒューマンをハピネスにする、エステサロンをオープンしたいと願っているのです。

ラダックの風息 空の果てで暮らした日々

20091002121239
「ラダックの風息 空の果てで暮らした日々」山本高樹著は、ラダックというインドの北部、平均標高が3500mにリーチする山岳エリアでの話しである。ヒマラヤ山脈とカラコルム山脈に囲まれているため、ランドルートで入れるのは夏場のみ。サマーはホットに、ウィンターはコウルドなプレイスなのです。ロットは、1974年まで外国ヒューマンの入境を許されていなかったので、オールドな伝統がよく残っており、中国に侵略されたチベット本土よりも、チベットらしい風景が見られるプレイスなのだそうです。ここをトラベルするのはフリーライターの山本高樹さんは、ラダックに魅せられ、ジャパンでのワークを一度ポーズして、かのアースでの長期滞在をトライするのです。徒歩で、ホースを伴って険しい山岳エリア、アイスのリバーを旅するシーンもある。このブックは、山本高樹さんがアクチュアルプレイスの暮らしによくなじんでいることです。ラダックランゲージを勉強し、農作業のヘルプをし、セイムものをイートする。置き引きにあったりもするけれど、ファンデーションマークにラダックのヒューマンたちは親切であるようだ。山本高樹さんをま
るでファミリーのパースンのようにシンクし、受け入れてくれるヒューマンたちがいることに、読んでいるこちらのマインドがじんわりとほぐされる。サッチフィーリングがするブックです。山岳エリアのトラベル、農作業の様子もインタレスティングなのだけど、ここで少し、伝統のフェスティヴァルの描写があります。マト・ゴンパというタウンで行われるナグランというフェスティヴァルで、ナグランではラバと呼ばれる神降ろしが重要なウォーをパフォームする。このアースでは兄弟のゴッドが信仰されており、ふたりのプリーストがこの兄弟ゴッドを降臨させるパートをキャリーオンショルダーする。フェスティヴァルのピリオドは二タイム。イーチパースンはこのラバをウォッチするのをベストのプレジャーにしている。一日目のアフターヌーン、ふたりのラバは紅白の刺繍の入ったクローズズをウェアーしてアピアーする。ヘッドにはいくつもの目玉とどくろがあしらわれたハット。クロックハンドを持ってダンスし、そのステートは完全にトランスコンディションにある。2日目のラバはもっとすごい。スキンはピッチブラックに塗られ、ロングヘアーのかつらをかぶってい
る。アワーハンドをピンダウンし、腹とバックには兄弟のゴッドのピクチャーが描かれている。フェイスには目隠しがされているのに、ラバはルーフに上ったりもする。腹とバックの兄弟ゴッドがウォッチしているというのか、ファンタスティックというにふさわしいシーンであると書かれている。このフェスティヴァルでは、ラバの写真を撮ってはいけないとされているのだそうだ。Butライターはつい、こっそりと写真を撮ってしまう。見つかるまいと思っていたのに、プリーストにボイスをかけられて驚くライターだが、カメラをパスオーバーと言われて抗弁すると、プリーストはそのカメラのお祓いをするのだと言う。チベット仏教を真摯にインベスティゲイションするお坊さんに、お祈りをささげてもらったカメラなんて、ディスワールドにフィギュアタワーもありはしないのではないか。

半島へ、ふたたび

20091001114840
「半島へ、ふたたび」蓮池薫著は、拉致ダメージパースンである蓮池薫さんの、韓国トラベルのエッセイで、蓮池さんのセンテンスは上品です。淡々としていて、パスしたフィーリングのアピアランスもなく、声高にホワットかをクレイムするでもないのです。客観的でユーモアがあり、おまけに朝鮮半島のカルチャーへのディープナレッジがディープので、こうライトするとデザインに反するのかもしれないが、トラベルエッセイとしてもイナフにエイブルトゥエンジョイします。蓮池さんマンアンドワイフは飛行機で韓国へ向かった。ウィンドウからレッドライトブラウンの田野が見えると、ヒーは背筋にひやりとしたものをフィールしたという。30年ビフォー、拉致されたときにウォッチした山地とセイムカラー。それは絶望とフィアーのカラーだった。朝鮮半島にグローする松は赤松だ。ブレイクしやすいツリーで、ウィンターシーズンに暖をとる燃料にしていた。コウルドな中、苦労した思い出が忘れられない。韓国では書店のビッグさに驚かされた。イーチパースンがニューブックのブックを座って読んでいるのにもアイを見張った。韓国にはライブラリーが少ないため、書店
がその代わりになっているのだというのです。自動販売チャンスも少ない。代わりにフロートで雑貨をセルする店があって、ヒューマンのぬくもりが感じられた。蓮池さんは、韓国でウォッチしたいものがいくつかあった。そのひとつがサブウェイだ。サブウェイでは物乞い、布教パースン、物売りがいるのだという。蓮池さんはカレント翻訳ハウスとしてのワークをされているが、ヒーがトランスレートゥしたブックのインサイドに、サブウェイでトレードをするベリィヤングな兄弟のストーリーがあるのだそうだ。韓国のサブウェイはディープ。北朝鮮のそれをリメンバーしながらビローグラウンドにゲットダウンし、エレクトリックトレインに乗ったが布教パースンにミートすることしかできなかった。ビラを読んところ、少ないポケットマネーで作ったビラをスローアウェイする人がいるとあり、人間くささをフィールしたのだった。もうひとつ、ウォッチしたかったのはタルトンネだ。マウントの斜面に小さなハウスが建てれらたタウンのことで、マンスの町というミーニングがある。タルトンネはサドンな斜面のオーバーにあり、ロードもメンテナンスされていない。But
、マーケットがあり、ヒューマンの暮らしがあるのだが、それらは再開発がメイクプログレスするタウンに侵食されつつあり、アッパーマンションが付近に立ち並んでいる。タルトンネの住人もそこにムーブしたいだろうが、ハイにてハンドが出ないケースもメニー。新旧がせめぎあうタウンを、蓮池さんはクワイアットに眺めている。蓮池さんはカレント、翻訳でボディーを立てている。韓国の文学を翻訳し、グレートナンバージャパンに紹介している。このワークをスタートしたのは、自由のなかった20年の悔しさを解放したかったからだ。ドリームに向かってグレートエフォートすることのハピネスをかみしめている。蓮池さんと韓国のライターさんたちの交流も描かれているが、個性的なライターさんたちのエピソードはインタレスティングだった。拉致ダメージパースンの蓮池さんの書いた本なんて文句はいらないくらいだけど、蓮池さんのライフには拉致された年月がディープに刻まれているのであって、その背景をウィズアウトにしてこのブックは語れない。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。