本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶対ボケない生活


「絶対ボケない生活」フレディ松川著は、テレビプログラム「エチカの鏡」で紹介されて、大人気のブックで、ティーチャーの語り口が親切で、とてもリードしやすいです。ティーチャーは、認知症外来を開いてたくさんの患者さんに接している。一回のメディカルイグザミネーション時間は40ミニット。予約システムで、じっくりとトークをヒアする。ベストインプレッションに残ったのは、認知症の進行はアーリーが、突然ヴィジットするものではないということ。なりやすいヒューマン、なりにくいヒューマンの説明もあり、ならないための工夫にもリファレンスされているのです。実は認知症は、なぜ発症するのか、はっきりとしたコーズはわかっていないそうです。遺伝子のプロブレムもあるらしい。ワンダードラッグもないのだがティーチャーは、ボケはライフカスタム病のようなものだとおっしゃっているのです。例外はあるし、必ずしもそうだとは言い切れないが、ティーチャーのペイシェントさんになるのは元公務員の方がとりわけメニーなのだそうです。ウーマンのケースは専業主婦がグレートナンバーである。これももちろんディッファレントオピニオンがあること
はライトアップしているが、ジェネラルに公務員のワークはクリエイションカスタムがなく、ヘッドを使わないものと思われる。ロングなスペースヘッドを使わないライフをしているために、ブレインの機能がビカムウィークするのだというのです。政治家は年を取ってもファインである。ゼイは欲があるからだ。出世欲、名誉欲、もちろんマネーに絡んだ欲もあるだろう。公務員にはワークウィルがないから、ボケやすくなるともいえるのである。ワールドに欲はインポータントなのです。几帳面なヒューマン、依存マインドがハイなヒューマンもボケやすい。エッチなヒューマン、楽天的なヒューマンはボケにくい。エッチでることは褒められるべきではないかもしれないが、いくつになってもときめきを忘れないこと。これはインポータントなことだ。ランアウトするワイフをホールドするよりも、浮気っぽいワイフのパースンが、ハズバンドはボケにくい。また、できた嫁よりも、デビル嫁のパースンが、お姑さんはボケにくい。定年アフター、することがなくなるとボケがビギンする。クッキングをしたり、プログラムをいっぱい書いたカレンダーを作ったりして、ライフにストレ
ッチを取り戻そう。認知症は、周りのワールドのちょっとしたケアで進行をスローダウンすることができる。老人が、いつもとちょっとディッファレントすることをスタートしたらアテンションしよう。イエスタディイートしたお団子をルックフォーしスタートしたら、これは認知症のビギニングである。だがそこで、イエスタディイートしたでしょ!と叱り付けると、萎縮してワイルドアイディアに迷い込むことになる。またイートしたいの?イエスタディはあったのにねとカインドにトークし、チャイルドのタイム、こういうのイートしたの?などと、会話をホールドするようにしたい。認知症のヒューマンは、酒に酔ったとき、または迷子のようなフィーリングなのである。わからない、アフレイドと戸惑っている。そのフィアーをグローするような言動は、コンディションを悪化させるだけ。アーリーグレードでの対応を誤らないようにすることが、インポータントなことである。ボディーをムーブし、ハンドをムーブし、エブリデイ感動し、ヘッドをユーズすることがインポータントなんだそうです。

スポンサーサイト

お客様に信頼される プロ店員の話し方


「お客様に信頼される プロ店員の話し方」山田みどり著は、ちょっとしたワードの使い方で、インプレッションががらりとチェンジすることをティーチしてくています。クラークさんのみならず、ソサエティーヒューマンなら読んで欲しいブックです。・入院ペイシェントが、ナースティーチャーにこう言われた。「メディスンとか、飲まれましたか?」言われたパースンはアングザイエティーになる。メディスン「とか」、アザーにホワットかあっただろうか。最近よくヒアする言い回しだが、アザーにパラレルするものがなければ「とか」をユーズするのはやめよう。フォーマーのカスタムでは、「メディスンは飲まれましたか」でよいのです。・「ゴーしませ」。このワード、ついマシンマークに言っていませんか?グリーティングをアッドトゥすると、ゲストのマインドにアプローチすることができるのです。「ゴーしませ、こんにちは」「ゴーしませ、トゥデイはコウルドなですね」などです。ウェザーの話はフーにでもポピュラーユーズするのですが、クラークはアウトサイドに出ないのでステートがわからない。サッチとき「まだレインは降っていますか?」などとア
スクしてみるメソッドもあるのです。・インポッシブルなディマンドには「かねます」をユーズすればよいというのです。できませんとターンダウンするのではなく「いたしかねます」「わかりかねます」など、ソフトな断り文句をリメンバーするとよいのです。・言いにくいことは、クッションワードをはさんで伝えよう。「フィアーいります」「あいにく」「恐縮ですが」「お差支えなければ」などです。これらがさっとアピアーするようになると、アフターのトークがスムーズになるのです。ゲストも、いやなことをヒアするマインドのリザーブができるのです。・電話の応対も。ベルは三回インサイドオブに。クイック、イグザクト、ケアフルに。また、カンパニーの業務や地理もキャッチしておこう。カンパニーに来るゲストからの問い合わせに、すばやく対応できるようになるのです。テレフォンでの受注は「いつ、フーが、ホワットを、どこで、どのように、なぜ」の5W1Hをつかむことです。ある物産展。スペシャルセール商品にラージクラウドのクラウドで、アカウントにラインアップするヒューマンがずらりと列をサクシードインしたそのインサイドに、ビサイドオー
ディエンスするウーマンがいたのです。そこでクラークさんがシングルワード。「ビューティフルパースンは後回しよ。並んでね」言われたウーマンもにこにこしてアフターにターンし、そのプレイスにいたゲストたちも、ほっとスマイルをフロートしたのだそうです。ゲストに商品をすすめるときのトークや、クロージングのウェイなども紹介させています。タームオブリスペクトについて、ケアフルに解説してくれているのです。イグザンプルがメニーに、リードしやすく、ケアフルで、ちょっとスピリットをつけるだけで、コンパニオンによいインプレッションをギブすることができるのです。

すべては宇宙の采配


「すべては宇宙の采配」木村秋則著は、奇跡のりんごの木村秋則さんのブックで、木村秋則さんはインポッシブルと言われた無農薬りんご栽培を、ビューティフルフィニッシュしたパースンなのです。無農薬のりんごの栽培には、周囲のストレングスなオポジットがあったのですが、りんごが実らず、収入がストップしてディッフィカルトなライフを余儀なくされたのです。マイセルフのロードを誤らず、初心を貫き通したそのライフには、神がかりマークなものすら感じられるのです。「奇跡のりんご」を読んで、木村さんには本当にゴッドがついていたようです。木村さんはスピリチュアルだとか、神仏だとか、宗教めいたことにはオールインタレストがないそうです。初詣にももうロングなスペース、行ってはいないというのです。木村さんはヤングなタイムからワンダーなパーソナルエクスペリエンスをメニーになさっているのです。高校生のとき、下校オンザウェイで龍をウォッチした。龍は松の木にリメインし、ヘブンに昇っていったのだそうです。UFOもよく目撃しているというのです。ヒーがリブインする青森には、フォーマーからワンダーなイベントがメニーに、フ
ァミリーも目撃したので、それほどおかしなものとは思わなかったのです。りんごが実らなくて収入が得られず、トラックに乗ったこともあるのです。ブレーキがブロークンしてアバウトトゥダイしたが、ハンドルを操って修理ファクトリーにアライブアットし、親切に修理をしてもらった。ヒューマンの生死は、ささいなチョイスに左右されるものなのです。ヒーは宇宙ヒューマンにも出会っている。バイクに乗ってハウスに帰ろうとしたとき、ホールボディータイツのようなシェイプの、アイだけがビッグに光っているヒューマンをウォッチしたというのです。スペースシップにもリードして行かれることになるのですが、そのとき、アースの消滅するデイオブマンスをスペースヒューマンから伝えられたというのです。アースの消滅は、「意外に早く消滅を迎えるのだなあと、驚かざるを得ない数字だったというのです。口外するなと言われているので、ライフが脅かされることになっても、言わないでしょう。インポータントなのはタイムがないということだというのです。木村さんは、アイに見えるものだけをビリーブしてはいけないとシンクアバウトしている。スペースシップの
インサイドで、スペースヒューマンから「人間は、アースにある元素のすべてを使っているわけではないと知らされたからなのです。ワールドは万能ではない。そうシンクアバウトする木村さんは、ヒューマンにフールにされてもりんごのツリーにアドレスすることをやめない。りんごを実らせてくれる木は、ファミリーのパースンだというのです。木村さんのフィールドにあるりんごのツリーのうち、木村さんがトークすることを怠ったツリーは、すべてダイしてしまったというのです。ワンダーなことはたくさんある。サイエンスは万能ではない。だから、農薬を使わず、本当にグッドなフードをレイズしたい。この小さなストリームを、いつかリバーのようにレイズしていきたいというのです。

VOW21


「VOW21」宝島編集部著は、アマチュアの投稿アミュージングネタというフィールドでイングッドヘルスです。VOWの初めて単行ブックは、ノリピーのレコードデビューとセイム1987年ということで、アミュージングネタのオールドショップブックです。新聞やサイン、フードアンドドリンクストアーメニューから、アミュージングネタの紹介です。ライトしミステイク:ゲームセンター、クレーンゲームのサイン。「1プイレ100円」。
焼肉ハウスのメニュー「サマーバタチェック」。パンハウス「チョコレーとパン、中身フル」。ウォールの落書き。「○○○デスろす」。キルするってライトしたかったんだ。新聞ネタ:米フロリダステート、わいせつイメージのダウンロードで起訴されたマン。「しかしマンは、マイセルフではなくキャットがやったとクレイムしている」。同じく米フロリダステート。麻薬インベスティゲイションにゴーアウトしたインベスティゲイションメンバー。売人ハウスにあるゲームチャンスWiiをディスカバーして大ジョイ、ホップしてプレイするフィギュアが、なんと監視カメラに撮影されていた。米コロラドステート。コンビニエンスストアに強盗に入った男。フェイスを隠すマスクはウーマンタスクのひもシェイプの下着。フェイス、丸見え。栃木。ミドルスクール三年生の少年がキャプチャされた。ヒーは顔見知りのマンに、「プロサッカーの選手になり、契約金がゲットインするので」というエクスキューズで、マネーをトリックし取ったのだそうだ。どっちもどっち…。ユニークなストアー:瓦のカンパニーのサイン、「瓦ぬラブ、瓦ぬおつきあい」。うまい!マンションの
エントランス。「絶対に電源を入れないで下さい。まじで爆発してダイします。本当です。マンションごとなくなります」。京都の神社。「龍馬!すべてのロードは龍馬(ローマ)にラントゥする」回転寿司のレーンにストリームしてくる「マジックします、一回120円」のノート。マージャン店のネーム「イージーマークネギ」、バスストップ「ネックカット」、スナック「古ギャル」、釣具屋「波平」。いろいろあります。大人のネタもメニーなのです。

経済成長って何で必要なんだろう?

「経済成長って何で必要なんだろう?」芹沢一也、荻上チキ、飯田泰之、岡田靖、赤木智弘、湯浅誠著は、ニューブックサイズで厚みがあり。無印良品ソートオブなオシャレな装丁なのです。ビジネス成長はネセサリーなのだろうか。アース環境やワールドカスタムの喪失といったキーワードがあって、ビジネス成長はバッドシングとシンクアバウトするヒューマンもメニーというのです。このブックの結論から言うと、ビジネス成長はネセサリーなのだそうです。それも、エブリイヤー2パーセントディグリーの成長レートがないと、職がどんどん減っていてしまうことになるというのです。ワールドがワークに慣れ、熟練していくスピードはだいたい、ワンイヤーで2パーセントなので、年に100台カーをメイクするヒューマンは、フォローイングイヤーには102台作れるようになるというのです。習熟することに伴って売り上げが伸びないでいると、一ヒューマンが熟練したミニット、エブリイヤー二ヒューマンミニットのハイアーがなくなってしまうというのです。このブックのライターがたくさんいるかというと、トーク三ブックという構成になっているからなのです。
一ブックアイ、ビジネス学者フェローのトークで、戦後のハイト成長期とはどのようなものだったのかを分析している。岡田靖氏、飯田泰之氏。
戦後ジャパンがミラクルマークなビジネス成長を遂げられたのは、まったくのゼロからのスタートだったからである。後発の優位カスタムというものがあり、ゼロのところにウェストの進んだ技術を持ち込むことができたのです。戦前のジャパンはトップグレードの民主カントリーであり、ビジネスもしっかりしていた。零ウォーをフライし、大和などの戦艦を作れたのがそのプルーフだというのです。1929年のワールド大パニックでつぶれ、昭和30年にようやくその元のウォーターレベルにアライバルした。パーストはプアーに、しかしビューティフルだったという認識はエラーであるというのです。二ブックアイ、赤木智弘氏、飯田泰之氏。司会は芹沢一也氏。赤木氏は、1975年ボーンし、ロストジェネレーションのワールドである。ヒーは報われない状況を「シャッフルするため」に、カレントの「ホープはウォー」というペーパーを発表して一躍脚光をシャワーしたのです。ヒーはアゴー、正社員になりさえすれば、ライフはうまくいくとシンクアバウトしていた。だがヒーのファザーのワールドでは、正社員でなくても、ハウスをビルドし、チャイルドをレイズするとい
うジェネラルのライフをセンドすることができた。ヒーのファザーは自営業者なのです。ホワットワークしパースンをしても暮らせるようになるためには、ビジネス成長が必須なのだとシンクアバウトするのです。ジャパンでは、プアーなヤングマンワールドからマネーをテイクアップして、裕福なオールドパースンワールドにばら撒いている。このゆがみをなくさないと、貧困が遺伝する、リカバリーのつかないソサエティーがやってくるというのです。三ブック目、センド村タイプとしてネームをはせた湯浅氏と飯田氏、司会がカインドオブプラントオーバーチキファミリーネーム。
湯浅氏は、ソサエティーの「溜め」がなくなっているという。アゴーは企業が、エッセンシャリーカントリーがパフォームするべき福祉を担っていた。また、家族もセイフティネットとして機能していた。カレント、セイフティネットからこぼれ落ちるヒューマンがメニー。また、一度フォールダウンしたヒューマンのリターントゥライフがエマージェンシーにディッフィカルトというのです。ジャパンにある「岩盤」なるものが語られている。ワンセルフデューティーや、働かざるものイートするべからずといったシンキングだ。もちろんそれもライト。But、ソサエティーのパイそのものが縮んでいるカレントと、ハイト成長ピリオドのソサエティーをアイデンティティにシンクアバウトしてはいけないというのです。湯浅氏は戦略マークだ。ヒーは、ソサエティーから落ちこぼれているヤングなヒューマンのパースンが、その岩盤マークソウトがストレングスであるとシースルーしている。派遣ワークパースンは落ちこぼれ、ワンセルフデューティー、なぜゼイを救わねばならぬとブレイムするのは、ヤングなヒューマンのパースンにメニーならしい。ヒーは、レフトウィングソ
ウトのリメインするエイジパースンに、「フィールフォーティケット」をポッシブルするというウェイで、ヒーの考えを浸透させようとシンクアバウトしているのです。

我ら糖尿人、元気なのには理由(ワケ)がある。


「我ら糖尿人、元気なのには理由(ワケ)がある。」宮本輝、江部康二著は、サウンドブックがいろいろと紹介されているのですが、フィットする合わないがあります。宮本輝さんのサウンドアクトが書かれたもので、ライターのプライベートをのぞきウォッチするソートオブです。トークフォームなので、リードしやすいのですが、宮本さんの家系は、糖尿病をフォールイルするパースンがメニーだったのだそうで、宮本さんも、40代にして境界カスタム糖尿病をセンテンスされたのだが「来たか」というソウトがしただけだったというのです。宮本さんにはヤングなタイムから付き合っているホームドクターがいる。もともとは物理ナレッジを学んでいたパースンで、フロントキャッスルゲート企業でスタディーをなさっていたというのです。ホームドクターは、物理でヒューマンをハピネスにできるのかと言われて一念発起、カンパニーを辞めて医学部の入学イグザミネーションを受験して、不サクセスとなり。そのとき宮本さんも、初めて書いたストーリーが、ニューフェイスプライズのラスト選考で落選していた。これでもすごいことなのに、宮本さんは失意のベリィ
ボトムで、ふたりでパークで、互いの境遇をののしりあったのだというのです。クローズなドクターに糖尿病をセンテンスされ、アフターディス宮本さんはブラウンライスをイートし、プアーフードを心がけるようになったのだが、アルコールをカットオフすることはできない。宮本さんはある日、鏑木蓮さんというライターさんから、シュガーネイチャーを完全にカットオフする療法を教えられやってみると、ハーフイヤーほどでボディーがコンフォートになった。持病の糖尿も、悪化が抑えられているというのです。このブックはシュガーネイチャーをカットオフするサウンドアクトを提唱している江部ドクターとのトークというスタイルなのだが、シュガーコンテントに依存する食生活がどれほどテリブルなものか、フルに述べられているのです。インプレッション残ったのは、マイセルフたちの食生活がここ最近でビッグに変わったということだ。フォーマーの日本人は、ミールをたくさんイートして、それでもサウンドだったのです。フォーマーのヒューマンのライフは、現代ヒューマンよりもボディーを動かすことがメニーだったのです。米に依存した食生活でも、糖尿になるヒ
ューマンは少なかったのですが、プレゼントタイムのジャパンでは、精米された米をたくさんたべることは、インスリンの過剰な分泌をプレスするのです。主食をインクルードするシュガーコンテントを摂取すると、その直後に血糖バリューがサドンにエンターし、インスリンが多量に出される。シュガーコンテントこそがエネルギーだと信じ込まされている。特にブレインにとっては、シュガーだけがそのパワーだとシンクアバウトしている人がメニーなのですが、人間のボディーにはケトンボディーというものがあって、これこそがトゥルースのエネルギーなのである。シュガーをテイクする、取らないに関わらず、脂肪酸とケトンボディーを使って、ワールドはボディーをムーブしているのである。糖類はとらなくてもリブしていける。農耕がビギンするまで、ヒューマンはそのようにしてリブしてきたのだ。また、シュガーやライスなど、摂取しやすい糖類が増えたのはここ最近のことである。宮本ファミリーネームは、主食カインドを食べず、酒は蒸留酒しか飲まない。ジャパン酒などの醸造酒は、糖類がメニーからだ。ビールはワーストである。現代の食生活と成人病、うつ病な
どの関係などです。

「ビジネス書」のトリセツ

ファイル0052.jpg
「『ビジネス書』のトリセツ」水野俊哉著は、ビジネス書には出版にいろいろなデザインがあり、ブックをライトするヒューマンのポジションがさまざまなのです。カレント進行シェイプでウォリードし、ダウトの真っオンリーインサイドというパースンに、ぜひともおすすめしたい一冊です。ワールドにあるビジネス書を俯瞰し、解説しているのです。ビジネス書とは、ワークのアートやメイクエフォートしパースンをティーチしてくれるブックで、ライフの指南書になるものもあり、ワンセルフ投資としてハイなものではないのです。ビジネス書にもいろいろなパターンがあり、ライターがホワットのために書いているのかがわかると、カレントのマイセルフにネセサリーなものをチューズするのにサーブザパーパスするのです。ビジネス書が書かれるリーズンにハイドした目的があり、6つのパターンにセパレートすることができるのです。1、テレビ、政界ステップフォワードモデルモデルケースの大前研一。有名になることをマークにブックをテイクアウトする。タレントデビューソートオブなものだ。勝間和代ファミリーネームなども、このあたりにカテゴリーされるのです。2
、インフォメーション商ウッドをセルする、セミナー参加をプレスするブックをテイクアウトすることで、マイセルフのインフォメーション商ウッドやセミナーのカスタマーをアッドトゥすることをパーパスとしているもの。CDやダウンロードアドレスが書かれていることがメニー。「誰でも儲けられる」「一日フィギュアミニットでフィギュアサウザンドメニー」などのタイトルが目立つ。3、サイドジョブ、独立モデルで、ワークを持っていながら、ブックを書いて副収入を得ようとしたり、独立を視野にプットインしているライターが書いたもの。週末起業の藤井孝一氏などがそのパターンです。4、ホビーのブログ、思い出コンストラクション書いていたブログがポピュラーになり、出版するというもので、出版アフターもオーネストにブログを更新する人がメニーなパターンです。5、プラン持ち込み、ベストセラーライターを目指す。大ヒットストーリー「夢をかなえるゾウ」も持ち込みであった。ファンデーションマークにものをライトするのがラブというヒューマンのパターンです。6、どうしても書きたいもの、リポートしたいことがある「鏡の法則」「そうじ力」
などのパターンです。これらは目次でデシジョンし、前書きにもライターのディレクションカスタムがアピアーしているものです。ブックをリードするときはアウトプットとしてフーかにサブジェクトをリポートすることをリーズンとしてリードするとグッドなのです。ビジープレイスに出回るクイック読は、あまりミーニングがないと思うのですが、たくさんリードすることでリードするのはアーリーになるのです。ポピュラーのビジネス書ライター、勝間和代氏、本田直之氏、苫米地秀人氏など、ライターの解説も紹介させています。ライターは、カスブックをつかんでも、アマゾンでセルすればそう損はしないと書いている。たいした損にはならないのだから、いろいろ読んで、マイセルフにフィットするものをルックフォーすればよいというシンキングです。書評ブログをリファレンスにするのもよい。本音の解説をしてくれている書評ルックもあります。

この、リンス泥棒! 変な寝言が忘れられない

ファイル0050.jpg
「この、リンス泥棒! 変な寝言が忘れられない」は、疲れがたまってきたタイムにふさわしい、ストレス解消の一冊です。mixiのコミュニティサイト「変な寝言が忘れられない」にライトされた爆笑寝言を厳選し、まとめたものでどのページを開いても笑えます。寝言とツッコミです。・ユーはオーバーゼアにハイドしていろ!俺はエスケープする!…男らしいチキン野郎です。・あ、手榴弾のピンなんとか抜いといたから。…トゥーマッチなお世話にもほどがあります。・サーヴァント…三万円。…ビフォータックスでしょうか?・うわー、トゥモローから室町ピリオドやん!ライントレせな。…馬力でなんとかなるピリオドだったんですね。・いや、そいつじゃない!俺が痴漢だ!…チェンジなところだけファインです。・京都って漢字で書けないの?ほら、任侠の侠にキャピタルだよ。…暴走レースによるチェンジソートオブになってます。・ハンド!おかわり!前方後円墳!…ディフィカルティディグリーの測定すらできません。・それは秀吉にヒア!家康はビジーから!…大名だらけのバイトフォーマーソートオブになっています。・副カンパニープレジデント、すみ
ません。スペアリブと俺のせいです。…フードにデューティーを分散させようとする涙ぐましさ。・ちょっと待って。鼻が詰まって聞こえない。…とてもビッグにロングゲスをされておいでですよん。・すいません。流さないんで、トイレ貸してください。…そのコンディションはなんとかならないんでしょうか。・サウザンドとグレートデプスのさだまさし…。…オールナイト続きのジブリスタッフによる一ビギニングギャグかとシンクしました。・俺のプリンとプリズナーを交換だ!…犯人が甘党だったら承諾してくれるでしょう。本当にインタレスティングなどのページもブレがない。本当にオール笑えるの。おまけにこのブック、ライターがmixiメンバーなので印税をセパレートするわけにもいかず、売り上げは「メイク・ア・ウィッシュ」というアソシエイションへの寄付になるのだそうです。大爆笑して、難病のチャイルドたちのドリームまで支援できちゃう。損なし!の一冊なのです。

手帳美人の時間術

ファイル0049.jpg
「手帳美人の時間術」内海裕子著は、ワークするウーマン向けの手帳の使い方だけではなく、ライフプランのウェイ、タイムマネジメントなども紹介させています。マークを持っているヒューマン、夢があるヒューマンはメニーとシンクする。But、それをなかなか実現できず、ずるずるとエブリデイをパスしてしまっているヒューマンも、決して少なくはないとシンクするのです。ホールライフをディサイドするのは、エブリデイのパスしパースンである。一日を充実させることができれば、その積み重ねであるライフもリッチなものになるのです。そのために、手帳をプラクティカルユーズすることをおすすめしたい。プランとレコード、つまり、プランとレコードをつけることで、ドリームが実現するポッシブルカスタムはスペシャルにハイになるのです。このパースンがおすすめする手帳はこのようなもの。イヤースケジュール、月刊スケジュールがついているもの。ワンイヤー、一ヶ月をルックで見渡せるようなカインドのものがよい。一ウィークのプログラムも、やはりぱっと開いてルックで見られるものがユーズしやすいのです。タイム軸があるものは、モーニング六ア
ワービギニングで、二十四アワー以降も書けるようなものがよい。ワークのタイムだけでなく、プライベートのプログラムも書けるようにしたいです。サイズはA5が使い勝手がよく、巻末のスペースのページは少なくとも10ページはほしい。ロングな計画を立てるため、ネクストイヤーのイヤースケジュールがついているとありがたいです。このような手帳を開いて、あなたがビギニングにすることはホワットか。このドリームをかなえる手帳に、まずケアフルにマイセルフのネームを書き込もう。神社に詣でるようなフィーリングで、マインドをこめて。次に、巻末のスペースのページをオープンする。ここに、あなたのドリームをたくさん書き込んでみよう。できるかできないか。サッチことは考えなくてよい。書いたものがいつの間にかかなっていることはグッドにあることなのである。ライフにネセサリーなもの。マインド、ラブ、サウンド、ワールド関係、成長、ワーク、マネー、環境。この八つを軸にして、マイセルフなりのマークを書いてみる。それから、ルックで見渡せる年間ページをオープンし、それらのドリームがいつタイムかなうとうれしいか、記入して
いく。かなうといい、くらいのライトなフィーリングでかまわない。ライフはワークだけにスペンドするべきではない。ラブするヒューマンとのミートバイチャンスし、結婚もインポータントな要素である。ウーマンには、バース、子育てというライフ環境をコンプリートチェンジさせるイベントもある。手帳にライトすることでマイセルフの生き方を再確認し、マークをかなえるライフを歩んでいきたいものです。

ビッチマグネット

ファイル0047.jpg
「ビッチマグネット」舞城王太郎著は、通のヒューマンたちがこっそりとハンドにプットインし、その独特の癖にゲットドランクし、マイセルフこそがその「トゥルースの味」をアンダースタンディングしているのだとほくそ笑むサッチライターで熱狂マークなファンがいるのです。芥川賞のピックになりながら、タイトルがよくないというリーズンで減点されたのだそうです。センテンスも、ガールのファーストパースン、とめどなく続くカンバセーション、スレスレの下品さと独特さです。メインキャラクターは香緒里、女子高イノセントだ。弟のフレンド徳と仲がよく、トゥギャザーの布団でスリープしながらさまざまな話をする。香緒里たちの両親は別居している。ファザーが浮気してアピアーして行ってしまったからだ。「カレーライスなんかエブリデイ食えるか」と、リーブしエッジに言ったファザーのワードが、香緒里にはハードに心に残っている。香緒里はラブにインタレストを持てない。弟のフレンド徳には恋人がいる。セイム高校の同級生だ。テレフォンセックスをする仲なのに、あかりダディーというガールのアピアランスで、弟のラブは破局を迎える羽目になる。あ
かりダディーはきれいなガールで、ポピュラーパースンだった。あかりダディーと関わってしまったために、いじめにあう弟、友徳。香緒里はそのとき、ユニヴァーシティーに進学し、心理ナレッジを学んでいた。友徳の元恋人からいじめのパッセージを知らされ、香緒里は激怒する。友徳をビートする香緒里だが、そのアンガーは実は、ファザーにポイントしたものだと自覚した。マイセルフは病んでいるとシンクする。マザーを誘ってホスピタルへ行こうとするが、そのときのマザーのワードが笑える。香緒里は言う。「マザー、マイセルフたち、おかしいよ」マザーはアンサーする。「ちゃんとリブしてたらおかしくなるようなイベントがありました」ファザーの浮気なんてよくあること。But、それはプライベートパースンにとってはジェネラルではないイベントなのであって、香緒里はディープに傷ついていたのだった。サッチ香緒里だが、恋人ができてセックスもリメンバーした。エマージェンシーにウェイクしたアイで、キスやセックスをトークする香緒里がかわいい。そのタイム、フレンド徳はまたあかりダディー関連のトラブルに巻き込まれていた。ヒーも進学し、
ユニヴァーシティーはディッファレンスになっていたのに、あかりダディーに助けを求められ、ついアクセプトしてしまったのだ。あかりダディーがユニヴァーシティーの友達にレイプされた。友徳が怒ってマンをストライクし、怪我を負わせてしまった。入院プライスを支払わなければならない。香緒里はあかりダディーと対決する。このイベントは、あかりダディーが仕組んだことだった。あかりダディーはマネーが欲しかったのではない。友徳に執着するあまり、「少々オイタがすぎてしまった」のだと香緒里は言う。「俺、ビッチマグネットって言われてる」友徳がトークする。ろくでもないウーマン、ビッチばかりをひきつけるマグネットというわけだ。But、ビッチってホワット? オールのウーマンはビッチであり、ビッチでない。弟のクライシスを救った香緒里は、ファザーの浮気コンパニオン、佐々木花と連絡を取り合うようになった。自立してリブする花のおかげで、香緒里のワールドは広がっていく。ファザーはかわいいと花は言う。ファザーはそれに乗じているだけに見えるが、ラブとは個々人のシンキングであって、花がそうシンクするならそれでよいと香
緒里はシンクアバウトする。But、花とファザーはパートフロムした。そしてマザーもディッファレンスのマンと再婚するという。ラスト、ファミリー4人でミールをすることになり、ユーモラスなシーンが展開される。ファザーがいけしゃあしゃあと語るのだ。「このたび、離婚することになったのですが、香緒里と友徳というすばらしいチャイルドをホールドすることができたのはグレートジョイとするところであり…」ユーモラスなカンバセーションに笑い転げながら、ラブについて、ライフについてトークする香緒里に共感し、ときに涙する。リードしスタートすると止まらないです。

堕落する高級ブランド

ファイル0044.jpg
「堕落する高級ブランド」ダナ・トーマス著は、ライター自身がパーソナルエクスペリエンスしたエピソードがインプレッションにリメインするブックです。ブランドと呼ばれるハイクラスなクローズズのメーカーは、もともとヨーロッパのアッパーストリームクラスをコンパニオンにしてトレードをしていたのです。アッパーストリームクラスのヒューマンたちは、クチュリエというプライベートパースンのアトリエのような洋服ハウスさんで、マイセルフだけの洋服をあつらえていたのです。近年は、ブランドはそのトレードのあり方をビッグに変貌させているのです。その立役者となったのはLVMHグループをマネージするベルナール・アルノーというキャラクターなのです。LVMHグループとは、ヨーロッパの有名なブランドを傘下におさめる巨大なファションカンパニーのことで、ルイ・ヴィトン、ロエベ、クリスチャン・ディオール、モエ・エ・シャンドン、へネシー、タグ・ホイヤーなどのブランドを所有しているのです。アルノーは強引かつクイックな手法でこれらのグループを買収していった。そしてヒーは、オールドなよきワーカーのハンドになるブランドを、
金儲けのウェイにチェンジしていったのです。ヨーロッパで、手作業でこつこつ作っていたブランドを、全ワールドで売り出すことにした。ジャパンでもたくさんのショップが作られているのです。ちなみに、ワールドのブランドシングの40%は日本人がバイしているというのです。アルノーたち、ハイクラスブランドカンパニーの幹部が考えたのは、グローしスタートしたミドルベッドにブランドを売りつけることだった。ファクトリーで大プランリブバースをはじめ、これまでとはディッファレントするカスタマーを開発しなくてはならない。ゼイがユーズしたのはハリウッドスターだった。スタイリストを買収し、ハリウッドセレブに自社のブランドをボディーにジョインしてもらうよう、必死のグレートエフォートをリピートする。ゼイがマガジンで、アカデミープライズのシートで、あるいはプライベートで、ボディーにジョインしているブランドは、すべてそういった駆け引きのリザルトであるとシンクアバウトしてよい。売れないものはアウトレットでさばくことを思いついた。アウトレットのオーナーは、定価の20%から60%カットの価格を提示するが、売れ残り
、すなわち損をフィアーするブランドサイドは、定価の70%引のプライスを自らつけることもあるというのです。ブランドをバイするのは、ドリームをウォッチすることである。すると庶民は、そのドリームさえ見られれば、偽物でもかまわないとシンクアバウトするようになったのです。米国では、近所のヒューマンたちをコレクトして偽モノをセルするパーティをオープンする主婦がいる。儲かるのだそうだ。ゼイは、偽ブランドの販売を、フーも傷つかないトレードだと思っているというのです。Butアジアには、それをメイクするためにサーヴァントのように働かされているワールドがいる。ヒューマンボディートレード、チルドレン労働。偽ブランドは、犯罪コンストラクションの収入ソースでもある。イスラムテロコンストラクションの関与もあるというのです。ブランドカンパニーにとって、最もリスクが少ない商品はバッグだというのです。サイズをスピリットにせず買えるバッグは、売れ残りが少ないからなのです。コモンピープルでも買える香水、スキンの小物、バッグを武器に、ブランドはどんどんミドルベッドにポイントして浸透をプランする。ここで、ワ
ンダーな現象が見られるようになった。カジュアルブランドと、ハイクラスブランドのクライシスがわからなくなってきたのだ。ペアのコラボ商品が開発され、ゲストはヴィトンとH&Mの両方をはしごするのに違和感をフィールすることがない。新興カントリーの消費パースンが育っている。ハイならばなんでもよいとシンクする中国のヤングマン。ベンツを買って一ウィークで灰皿がいっぱいになったからと、買い替えをリクエストするロシアのニューリッチ。ブラジルは少しステートがディッファレントする。高級ブランドをコレクトしたストアー、ダズリュでは、アッパーストリームクラスのドーターたちがゲストにエマージェンシーにパーソナルな接客をしている。かつてヨーロッパで、ブランドが少数のゲストをもてなしていたように。グローバル化するブランド。これとはディッファレンスのアクティビティーをするメーカーもある。ルブタンという靴のブランドは、ビッグになろうとか、たくさん売ろうとはシンクアバウトしていない。よいものを、それをリクエストするヒューマンに。オーネストなトレードをコンティニューしている。ブランドのリアルネーム
がきっちり挙げられ、フルなヒストリーが述べられているのです。

生き残るSE

ファイル0040.jpg
「生き残るSE」篠田庸介著は、副題に「世界で通用するビジネス・エンジニアの育て方」とあるので、システムエンジニアではなくビジネス・エンジニアなのです。ライターの篠田さんは、ヘッドウォータースというプログラムのカンパニーのタイプボードメンバーである。メニーのSEをウォッチしてきたオーバーで、カレントのゼイが置かれている状況にファイヤーベルをリングしているのです。SEとは、パソコンのプログラムをドローアップするワークだ。アート職だ。SEは、マイセルフをワーカーだとシンクアバウトし、アートさえハイならばそれでよいとシンクアバウトしがちである。But、本当に優秀で、アートだけで食っていけるヒューマンは100人にひとりもいないのだと、篠田カンパニープレジデントは言うのです。ジャパンのケース、SEというワークにテイクするのは比較的イージーである。文系で、専門マークなスタディーをしていなくても、ワークするプレイスはあるらしいのだが、アジアではディッファレントする状況がボーンしつつある。インドやベトナムでは、SEはハイサラリーがとれるスターアクタービジネス
なのである。当然コンテストも厳しく、優秀なワールドが集まってくるのです。インドやベトナムのSEは、ユニヴァーシティーできちんとプログラムを学んでおり、理論武装もパーフェクトなのだそうだ。実際にともに仕事をしてみたところ、日本人よりもワークの手がアーリーに、エブリバディを驚かせたほどだった。聞いてみると、そのインドヒューマンSEは、国内ではレベルがショートなパースンなのだという。インドのエンドのSEでも、日本人よりよほど優秀なのがプレゼントコンディションである。ジャパンは資源がない。ものづくりでカントリーをサポートしてきた。そしてプレゼントタイム、インダストリー製品にはプログラムがミスすることができない。ジャパンの製造アクトは、SEがサポートしているといっても過言ではないのです。このフォーマー、ジャパンが、そしてSEが生き残っていくにはどうするべきなのか。篠田カンパニープレジデントのカンパニーでは、SEにもビジネスをやらせている。「ビジネスがとってきたワークだから、納期にインポッシブルがある、できるわけがない」というエクスキューズが、篠田ファミリ
ーネームのカンパニーではオールポピュラーユーズしないのです。フォーマーにもステートしたとおり、アートだけでホールライフイートしていけるSEは希なのである。凡人がイチローを目指すようなものだ。SEとして働いて、ホールライフワークをしていくつもりなら、ビジネスやマネジメントをボディーに着けなければならない。それができないなら、使い捨てされてもウェイがないといえる。SEのインサイドには、使い捨てされることがユージュアルのようにシンクアバウトしているヒューマンがいる。プロジェクトごとにギャザーし、オーダーのワークをルックフォーするようなヒューマンたちだ。だがこれは、会社にとってもSEにとってもアクシデントしかもたらさない。SEはモノサービスだし、コミュニケーションやデューティーのないチームでは、いいワークができないとシンクアバウトしている。篠田カンパニープレジデントのカンパニーは、ホールライフハイアーをリーズンとしている。その代わり社員には、サンデーアットワークも残業も、終業アフターにスキルアップのための勉強をすることも、自ら率先してパフォームする意識のハ
イさを求めている。就職をホープするヒューマンにも、はっきりとそれをリポートする。それでチャンスがないヒューマンを、無理やりつかまえようとは思わない。優秀であっても、カンパニーになじめないヒューマンはいずれ、マイナスになるものだからだ。このブックに書かれている大筋はふたつある。ひとつは、発展していくアジアのインサイドで、ジャパンがいかに生き残っていくかということ。団結フォースとケア。これをテイクバックと書いてあるのです。もうひとつは、篠田カンパニープレジデントのヘッドウォータースでの社員トレーニングアクト。遅刻を許さず、スキルアップをリクエストし、マイセルフでビロングトゥ部署を決めさせる。SEをコントロール職としてトレーニングする。そして、経営状況をフェアに公開し、社員一人ひとりに経営パースンとしての意識を持たせる。SEのパースンはもちろん、カンパニーを経営なさっているパースン、ビジネスを興そうとされているパースンには超おススメの一冊です。

食堂かたつむり

ファイル0039.jpg
「食堂かたつむり」小川糸著は、岩舘真理子のコミックで、ストーリーをライトする女子高イノセントのトークがあり、シーのフレンドにこのストーリー、あなたがメインキャラクターと言われた。メインキャラクターは、四畳半のルームから一歩もアウトサイドに出ようとしないのだ。ムービー化で再びトピックとなったストーリーで、高校生が書いたようなトークだった。文芸クラブの、ちょっとワイズな女子高イノセントが、ベリィハードシンクアバウトしてライトしましたというフィーリングです。ストーリーハウスになりたいんだったら、ワールドを知って、ヒューマンに揉まれてきなさいと、アドバイスしたくなるのです。メインキャラクターの倫子は、クッキングヒューマンになることをドリームしていた。恋人と二ヒューマン、ストアーをテイクアウトすることをマークにマネーをセーブしていたのだが、恋人は突然失踪する。セーブしたお金も家財道具も、オールがなくなっていた。失意でボイスが出なくなる倫子。十五年後、リカバリーして飛び出したマザーのもとへターンバックするため、ナイトトレインバスのティケットを買った。マザーはスナックを経営している
。田舎のワイドな敷地にハウスとスナック、愛人がくれたモデルハウスのビルディングを持っている。倫子はそこに住んで、モデルハウスで食堂をやっていくことにディサイドした。マザーのペット、ピッグのエルメスのトラブルをウォッチしながら、倫子は着々とリザーブを整える。倫子の手助けをしてくれる、ベアーさんというマンは外国ヒューマンのワイフに逃げられたヒーは、倫子のマザーに愚痴を聞いてもらったことにフェイヴァーをフィールして、何かと倫子に協力をしてくれる。ベアーさんのアピアランス、人となりがあまりにもコンディションがグッドすぎる。また、食堂を開いてからのとんとん拍子ぶりもまた、コンディションは良すぎるのだが、ラブするヒューマンを失ったオールドウーマンが、倫子のマインドづくしのクッキングをイートして、生き生きとリカバーするシーンなど、ありがちながらYesなんやないマークな描写もある。ざくろのカレー、シーズンベジタブルをいっぱい煮込んだスープなど、スモールなクッキングの描写も、グレートエフォートプライズに値するくらいのライトしこみではある。ほんわかスイーツファンタジーでフィニッシュす
ればよかったのに、セカンドハーフクラブで突然、ストーリーが俄然リアリティをウェアーしてくる。リアルといっても、所詮高校生がフィールするディグリーの現実なんだ。テリブルなラストシーンがライインウェイトしている。倫子のマザーが突然、アタシ、処女なの。ラブなヒューマンがいたけどかなわなかったから、フィットなマンの精子をもらって、水鉄砲でアンタを身ごもったの。マザーの恋人がアピアランスしずっと行方が知れなかったはずなのに、思い出のヒューマンが突然マザーのファミリードクターとしてアピアランスして、マザーがラストステージディッフィカルトであることが明かされるのだ。マザーをセンドするパーティのため、倫子はペットのピッグを解体してクッキングをメイクする。ライフをインポータントにすることを学んだ倫子は、ハウスのビフォーで死んでいた鳩をクッキングしてイートする。

築城せよ!

ファイル0035.jpg
「築城せよ!」原案:古波津陽、漫画:米良仁著は、ラストイヤー公開されたムービーをコミックにしたものなのです。「キャッスルコンストラクションせよ!」のムービーは、その発想のグランドさ、バカっぷりにくらくらきそうです。このムービーは、現代に甦った戦国武将が段ボールでキャッスルをビルドするというものなのです。段ボールでキャッスルですが、バッドラックながら、ムービーはシアターでは観られないまま。近所のゲオでも、DVDはいつも貸し出しインサイドなので、ディスカバーしたのがこのコミックというわけなのです。ステージは愛知県の猿投という小さなタウン。豊田マーケットのニヤーにある、ネイチャーがリッチなタウンでは、空き地のユーズについて町民がオピニオンを戦わせていた。ファクトリーをアトラクションするというタウンホールのオピニオンと、かつてあったキャッスルを再建したいという町民たちのウィッシュ。ある日、そのコンストラクションプログラムアースでアクシデントがゲットアップした。古ウォーターウェルに、ホームレスのマン、カーペンターのチーフサポート、シティーホールの職員がフォール
ダウンしてしまったのです。シティーホールの職員は頼りない若者で、フラボンと呼ばれていた。ふらふらしているボンボンなのです。なんとそのフラボンのボディーに、戦国ピリオドの武将のスピリットが乗り移ってしまうのです。フラボンは、戦国大名フェイヴァー大寺隼人祐になってしまったのです。隼人祐は、コンストラクション途中だったキャッスルの落城をアイにすることなく無念のデスをキャリーアウトしていた。部下の裏切りにあって、自害する羽目に陥ったのだ。隼人祐は言う。なんとしても悲願を達成させたい。キャッスルをビルドしたいのです。コンストラクションをスタディーする女子大イノセントが協力することになった。女子大イノセントナツキは、アクシデントに遭ったチーフサポートのドーターなのだ。チーフサポートも、隼人祐の部下の武将のスピリットに取り付かれている。ファザーを救うためにも、隼人祐のウィッシュをかなえなければならなかったのです。マテリアルがない。タイムがない。ナツキたちは、ホームレスのセンスをボロゥして段ボールでキャッスルをビルドすることにしたのです。タウンのヒューマンたちやスクールのフレンド、プ
ロフェッサー、カーペンターさんたちのフォースをボロゥして、猿投のタウンにキャッスルが建つ。段ボールのキャッスルが、ヘブンに向かってストレッチしていくのですが、ファクトリーアトラクションスクールのマーケットの職員たちも黙ってはいない。ヒストリーファンをコールして、キャッスルアタックのイベントを行おうとカムアライブする。ホワットも知らないファンのフォースをボロゥして、段ボールのキャッスルをぶち壊そうというのです。落城の日は来た。猿投に古くからゴーアロングするお手玉を武器に、ヒストリーファンたちと、キャッスルを守ろうとするナツキたちのバトルがビギンするのです。お手玉のアタックにシェイクするキャッスル。隼人祐はキャッスルタワーにライズする。段ボールでできたしゃちほこをつけて、キャッスルをコンプリートさせるためだ。ライズするサンをハイトにしゃちほこをルーフにつけ、隼人祐の悲願は成就したのです。フォールインする段ボールのキャッスル。戸惑うナツキ。隼人祐はゴーアウトしてしまった。残されたフラボンはアゴーのストリート。頼りない表情できょろきょろと辺りを見渡しているのです。隼人祐と現代
のヒューマンたちのセンスのずれ。次第にひとつになっていくタウンのヒューマンたち。すごくファンなストーリーです。ムービーでは、本当に段ボールでキャッスルを作ってしまったのだそうです。

臼井儀人傑作集スーパー主婦月美さん

「臼井儀人傑作集スーパー主婦月美さん」臼井儀人著は、クレヨンしんちゃんの作者で四コマコミックです。メインキャラクターは主婦の川越月美さん。ファミリーは、朝美ちゃん、星美ちゃんという女の子ふたりとマスターの日出夫さん。
昼寝インサイド、ハズバンドがトラフィックアクシデントにあうドリームをウォッチした月美さん。ワークインサイドのハズバンドにテレフォン。スピリットになる、愛してるものと言いながら、切るジャストビフォーに大根としょうゆ買ってきてねと本当に愛されてるのかと嘆くハズバンド。月美さんは朝寝坊。パパのブレックファーストはカップラーメン。マイセルフでホットウォーターをそそぐのだ。それではいかんと珍しく、月美さんがアーリーににゲットアップしてくる。やっぱりラーメンにホットウォーターをペイするワイフにハズバンドはトゥモローからまた寝ていいよという。ヤング、高校生にハブアンオーディエンスするとおだてられ、セーラースートをウェアーする月美さん。新聞のセールスにも、高校生のふりをして対応した。ラントゥした、と思ったところ、セールスマンがぽつり。ヘッドチェンジだな、ここのワイフ。ハウスにワークを持ち帰った日出夫さん。オールナイトだというハズバンドのそばで、月美さんも腕まくり。マイセルフも、たまっていた用事をプットインオーダーしちゃおう。月美さんの用事は、録画したテレビプログラムをウォッチすること
だった。一日インサイドコタツにゲットインしリーブ。ダイエットをデシジョンし、コウトをプットオンする月美さん。ランするのかとシンクしきや、ストーブをたいてコタツにもぐり、サウナ。月美さん、チャイルドを叱る。横目でアニメをウォッチするチャイルドに、叱られてるときはよそ見をするなと。But、ワイドショーに変わったとたんにちらちらとテレビをウォッチするのは月美さんバイワンセルフだった。酔っ払って帰ってきたハズバンドがフーのせいでフードが食えると思ってるんだとネクストトゥでスリープしながら、何気ないショーをしてハズバンドのフェイスにパンチ一ビギニング。寝言を装ってアナタ、愛してるぅとハーフアスリープしているのかと、リーブするしかないハズバンドの日出夫さん。ルームが汚い。日出夫さんはプランをアンクシャスする。玄関のアウトサイドからワイフにポイントして、モップのお取替えに来ました使っていないモップはまるでゲットダーティーしていない。このままテイクアウトしては恥だと、月美さんはあわててホールファミリーの大クリーニング。畳を干そうというトークに。月美さん、ふと思いついた。忍法タタミ
返しって本当にできるのかな?。畳を叩いてまくりギブし、フィギュアをハイドする忍術に、マリードカップル二ヒューマンでチャレンジする。二タイムアフター、ディープレッドになったハンドをウォッチしながら、ディスイヤーは畳をエアするのやめようという。街頭でのティッシュデリバーし。ストリートがかった川越マリードカップル。Butラックディッフィカルトに、アルバイトのエルダーシスターはティッシュを補充するためにバックを向いていた。月美さんは後ずさり。もらえるまでそこをパスするのだ。めちゃくちゃ笑えるアダルト向けのブックです。

朝食を抜くと、なぜ健康になるのか

ファイル0028.jpg
「朝食を抜くと、なぜ健康になるのか」松井二郎著は、朝食をとらないチャイルドはヘッドがディッフィカルトになると言われて育ったヒューマンもいるとシンクするのですが、ブレックファーストをイートするライフカスタムのヒューマンがほとんどなのです。ところが、ブレックファーストをとらないパースンがサウンドにグッドというのです。ライターの松井二郎さんは、バイワンセルフのボディーのバッドコンディションから、ブレックファーストをとらないサウンドアクトに行き着いたのだそうです。松井二郎さんはロングなスペース、慢性的な疲労に悩まされていて、モーニングすっきりゲットアップすることができない。クローン病もわずらって、トラブル苦しんだ挙句、一冊のブックにめぐり合ったというのです。メディカルサイエンス博士の甲田光雄先生が監修をサーブする「長生きしたければ朝食を抜きなさい」というブックだそうです。実はブレックファーストをとらない理論は、最近できたばかりの新しいシンキングではないのです。西勝造先生というパースンが1927年に発表されている。それを受け継いでプラクティスされ、ジェネラルのヒューマンにもメ
イクエフォートしやすいようにまとめらえたのが甲田先生というわけなのです。ウェストスタイルサウンドアクトとも呼ばれるこの理論では、ボディーのバッドコンディションのコーズは、イートしすぎにあるのだと結論ジョインしているのです。ミールは、ボディーに栄養と疲労を同時にブリングインするというのです。マウスはおいしくいただくだけだけど、フードをフロートしこまれる胃にとっては、処理すべきワークがオーバーからフォールダウンしてくるようなものだというのです。胃に取っては結構シーリアスなワークで、ボディーがフードを完全に消化、アトラクション、排泄するのには18時間というタイムがネセサリーなのだそうです。18時間というシーリアスなワークを、バケーションなしで行わせては、胃も腸も弱ってしまうというのです。胃腸が弱ることが病気のもとであり、慢性疲労が解決しないリーズンだというのです。ボディーにインポッシブルをさせないのが大切なことなのであって、ブレックファーストを抜いたからといって、ホワットでもイートしていいわけではないというのです。ウォーターサービスウォーターでかまわないのでモーニングはウォ
ーターをドリンクし、クリーンウォーターボールをレットパスしたものが望ましいのですが、アルカリ性クリーンウォーターボールはあまりよろしくトゥギャザーないというのです。胃は酸性であるべきなので、中和してしまうのはよくないというのです。ウォーターはたくさんドリンクするべきで、お茶やコーヒーはレコメンデーションされていないのです。アルカリ性だから胃のアクションを弱めてしまう。ティーをドリンクしたければ、柿リーフティーというものをルックフォーしてドリンクすればグッドというのです。ランチも、イーブニングミールも控えめに。一日二食だからといって、ヘヴィドリンキング暴食はよくないというのです。オイルとシュガーをとらないようにして、プアーフードを心がける。主食はなるべくブラウンライスにして、ベジタブルをメニーイートする。プラクティスしてみるとボディーがライトになるのがわかるというのです。体重も、リーズナブル体重にターンバックするヒューマンがメニーというのです。松井さんバイワンセルフ、プアーフードを心がけていても、たがが外れてしまうこともあるというのですが、松井さんはマイセルフも、リーダ
ーも責めない。おいしいものをイートしたくなるフィーリングはわかる。アザーのヒューマンと、ファンにミールをしたいフィーリングもわかる。ハピネスになるために、ヒューマンはリブしているのだから。ブレックファーストをとらないサウンドアクトをプラクティスするのは、サウンドでロングライフ、充実したライフを送りたいからなのだそうです。ライフの充実が第一、サウンドのためのサウンド法になってしまってはいけないというのです。チャイルドにはブレックファーストをとらないメソッドをプラクティスさせてはいけないというのです。十歳まではちゃんと三食食べさせて、アフターザットも、パースンヒムセルフから言い出さないリミット周りが強要することは絶対に避けてほしいとライターは言っているのです。

働かざるもの、飢えるべからず。

ファイル0026.jpg
「働かざるもの、飢えるべからず。」小飼弾著は、ベーシックインカムについて書かれたブックなのですが、ベーシックインカムとは、ナショナルひとりひとりに、一定の金額を無条件でギブするという考え方なのです。老若男女関係なし、働いていても働いていなくても、ホールクルー、ユニフォームの金額を「もらえる」という制度なのです。ライターはカレントのソサエティーがハブするアングザイエティーについて語っています。チープなものばかりが売れるソサエティーであるが、リッチマンになるためには、チープなものを作って売らなければならない。ウェルスは蓄積せず、リッチマンのヒューマンも、いつ転落するか知れぬフィアーにさいなまれているというのです。マネーはソサエティーをサイクルするのがベストいいのだが、マネーがストリームすればコンディションはよくなり、フォールのフィアーからもまぬがれることができるというのです。リッチマンの資産は、身内に相続させるのではなく、ソサエティーに相続させればよい。ライターはここで、ソサエティー相続というジェネラルアイディアを提唱しているのです。専門のメカニズムを作って、遺産はすべて
そこがコレクションする。そして、ベーシックインカムとしてソサエティーにリターンカレントさせるべきだというのです。ベーシックインカムはワークしパースンもチェンジするのです。ベーシックインカムのトークになると、働かなくてもお金がもらえるなら、ワークするヒューマンがいなくなってしまうというオピニオンが必ずアピアーするのですが、ユニフォームの収入が保証されていれば、フーでもラブなワークにフォローイングすることができるのです。これからは、やりたいワークをやれるようにしなければならないというのです。グレートエフォートが報われるピリオドはフィニッシュし、インダストリーなどグレートエフォートオーダーでウェルスがギャザーするインダストリーは、あるユニフォームのピリオドをフィニッシュするとプライスが暴落してしまうか、よりハイトに成らざるを得ない。プレゼントタイム、ジャパンにある貧困は豊作プアーのリザルトだというのです。サクセスはラックオーダーというピリオドがしばらく続く。必ずしもマネーにならないかもしれない、サッチワークをしなければならない。ラブなことを、好きなヒューマンがやる。ワークは
こうあるべきだ。そのリザルト、ウェルスをストアーすることにサクセスしたヒューマンは、アフターデスソサエティーにリターンカレントすればよいというのです。ホワイルアライブはラブなだけユーズし、アフターにリーブしてやるのだとチェストを張ってダイすればよいというのです。お金のバリューがアゴーとは違っているのである。フォーマーは、ハイなものをバイすればうらやましがられたのですが、プレゼントタイムのヤングなヒューマンはボディーハイトの消費をライクし、ハイプライスなものに対する評価はシビアである。ロレックスのウォッチより、カシオの2メニーマネーくらいのウォッチのパースンが、機能も優れておりコストパフォーマンスもよいとシンクアバウトしがちなのです。マネーのバリューはチェンジしている。やみくもに所有することにミーニングはない。ソサエティーに還元し、貧困ベッドをなくし、トレーニングを充実させる。そして、ハイなパフォーマンスのワークができるワールドをギブバースすることが、これからのソサエティーにはネセサリーだというのです。ブックのハーフは、仏教パースンのスマナサーラさんとのトークで、ベーシ
ックインカムやソサエティーについてのディスカッションが、少々ばかりスピリチュアルなフィーリングでぼやけてしまっています。

あたりまえだけどなかなかできない 起業のルール

ファイル0023.jpg
「あたりまえだけどなかなかできない 起業のルール」四ッ柳茂樹著は、ホリエモンソートオブなリッチマンになるという起業もあるのですが、周りをよくルックアラウンドしてみると、ボディーハイトにあわせた、プレーンながらもハピネスな起業ハウスというのも、確実にあるのです。ボディーハイト起業をヘルプするブックですが、サイエンスなのかワンセルフなのか、びっしりと101個ものルールが紹介させています。ドリーム、希望、ヤッホーといったフォースだけのブックとはディッファレントし、安心して読めるとシンクします。ライターは起業は特別なものではないというのです。起業したら命がけ、生涯をそれにささげるというような、悲痛な覚悟は持たなくてもいいようです。起業して、またカンパニーメンバーにターンバックするヒューマンもいるのです。カンパニーメンバーとしてワークしながら、ワークのノウハウをボディーにジョインし、再び起業することだってポッシブルなのです。起業はしてみたいが、ホワットをすればいいのかわからないというヒューマンもインサイドにはいるのです。ユージュアルのライフのインサイドでヒントをルックフ
ォーし、ラブなことを突き詰めるのもハンドなのです。フラワーがラブで、フラワーをセンドすることをワークにしているウーマンがいるのです。シティーで流行したものを田舎に持っていくギャップをユーズする方法、ライブラリーにファミレスのフリードリンクを掛け合わせる掛け合わせメソッド、ウーマン向けの化粧シングをマン向けに開発するチェンジのメソッド。アイディアはいくらでもあるのです。アイディアがわくと、オーダーはそれをシェイプにしていかなければならないのですが、ビジネスプランをライトするとそのデザインがクリアーアップになるのです。ビジネスプランは、書かなくてはいけない、というものではないのですが、プランをライトすることでマイセルフのシンキングがはっきりするし、キャピタル調達のエッジにコンパニオンのセイムミーニングをポッシブルしやすくなるのです。たくさんのヒューマンに見てもらって、さまざまな角度からイグザミネーションすることも忘れず、ゲストの目線から出されるオピニオンはプレシャスなのです。起業をシンクアバウトしたら、セミナーなどに実際に参加してみることも、役に立つなのです。目上のパース
ンにレッスンをアスクするのもよいことだが、セイム状況にいるカンパニーができると、励みにもなるし、よいインフォメーションが得られるのです。起業に際して、スピリットをつけたいのは、まっすぐにプッシュオンし、軌道フィックスができないシャーペンのハートタイプ、ヒューマンのハンドを借りようとせず、フリーのサービスばかりに固執するノベルティグッズタイプ。ネセサリーなコストはけちらず、ワークをアウトサイドオーダーすることもときにはインポータントなことなのです。起業ではレンタルオフィスをユーズすることができるし、パソコンを持ちこんで、カフェでワークをすることもできる。起業ハウスフェローのつながりをインポータントにし、行政にもディペンドオンするべきところはディペンドオンし、サポートのハンドはいくらでもルックフォーすることができるのです。行政は、ファンデーションマークには起業ハウスのフレンドなのです。起業をシンクアバウトするパースン、実際にプレゼントタイム、取りかかっておいでのパースンには役に立つこともメニーそう。また、経営パースンの視線をホールドするというミーニングで、カンパニーメンバ
ーのパースンにとってもファンに読める一冊になっているのです。

妻の口 一度貼りたい ガムテープ

ファイル0021.jpg
「妻の口 一度貼りたい ガムテープ」綾小路きみまろ著は、ヤングなタイム、ティーをプットインしてくれないかというと、Yes、あなた、おせんべいもトゥギャザーにどうぞとエンジェルのようにカインドなリプライ。ザットから四十年。ティーをくれというと、120円くれるようになりました。ヤングな頃はラブにフォールダウンしたことがありました。ザットから四十年。プレゼントタイムは溝にフォールダウンするようになりました。フォーマーはワイフにマインドを奪われました。ザットから四十年。プレゼントタイムは財産を奪われています。ヤングなタイムはトゥースを食いしばってがんばりました。ザットから四十年。プレゼントタイムは、食いしばるトゥースがありません。ヤングなタイムはダンナのバックを三歩さがって、ついてきました。ザットから四十年。今ではダンナを置いてどこへでもゴーします。美空ひばりに石原裕次郎…。若いタイムはスターをランダウンしました。ザットから四十年。ランダウンしたスターはもういません。スチューデントピリオドはロードのミドルをスタイルがって歩いていました。ザットから四十年。プレゼン
トタイムでは、ロードのエンドでブレスが上がっています。中高年のスーパーアイドル。Butこのパースンも、売れるまでには苦節30年、ロングな潜伏のピリオドがあったそうなんです。鹿児島県の田舎でボーンし育った。リバーでドジョウやウナギをテイクし、マウントではキジにハト、カモ、イタチ、ムササビ、タヌキにイノシシをイートするために捕ったというのです。アニマルがダイする。近所のオールドパースンが死ぬ。デスはレギュラーだった。道端にストーンを置いただけの墓から骨が見えて、ああはなりたくないと思った。トイレのペーパーもなかったから、ヘラでふいていた。東京育ちのワイフは、着いたベリィデイにゴーバックしたいと言いテイクアウトしたのだそうです。きみまろさんには長い苦労のピリオドがあった。売れスタートしたとき、レコードカンパニーの対応が変わったのがインタレスティングだった。親戚も増えたのですが、芸能ワールドオブはフルート。ネイチャー育ちのワイルドチャイルドが、華やかなワールドでリブすることにも不思議なフィーリングを抱いている。またいつか、プアーな暮らしにターンバックするかもしれない。
そのソウトもマインドのどこかにいつもあるというのです。フォールローしたらまたファンデーションにターンバックするだけ。アフレイドにはない。いつまでもあるとシンクするな人気とヘアー。きみまろさんは、河口湖のそばにロットを買ってハウスをビルドしたのだそうだ。ハウスのニヤーにはフィールドがあって、メンテナンスをするのがたのしみになっている。カーはなんだっていい。ベンツなんかに魅力は感じない。ハウスのニヤーをジョギングする習慣ができた。ジムなんかに行って、ゴムのオーバーをランするよりよほどいい。アースのオーバーをウォークするのはタダだから。全国を飛び回ってライブをこなす。笑ってもらえなくて、よくよく聞いてみると、エブリバディイアーがファーからなんてアンサーも返ってくるのです。バカなことをスピークするワールドがいる。マイセルフはなんとましなんだろう。そう思ってくださるパースンがいればうれしいことです。バカで間抜け。それもまた、ワールドのエッセンスの一つだとシンクするのです。どうか皆さま、バカで間抜けなパートもインクルードして、マイセルフを愛し、周りのヒューマンを愛し、ハピネスにな
ろうじゃありませんか。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。