本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悦楽王


「悦楽王」団鬼六著は、著者の自伝的ストーリーで、マガジン「SMキング」の創刊から廃刊までの三年間をつづったものです。著者は、関西で英語のティーチャーから、テレビで放映される洋画のテロップをつけるワークをハンドにプットインして上京し、ピンクムービーの脚本をメイクするようになるのです。脚本のワークはハーベストがよかった。翻訳にはリミットをフィールしていたライターは、自らムービーを製作しようとシンクアバウトしてカンパニーを辞め、いったんはサクセスしたが、いつまでも下請けでもあるまいと、とうとうマガジンの創刊をすることになったのです。ビギニングのワンイヤーは赤字スペルで、テイクアウトしているのはSMマガジンである。ゲストはエロをリクエストしているはずなのに、編集パースンがハイなソウトをフロントパートにうちテイクアウトしていたからです。ウーマンを縛るだけなど低俗。マルキ・ド・サドとは、ザッヘル・マゾッホとは。サッチハードな文面のエロマガジンが受け入れられるはずもなく、ウォリードするライターのビフォーに一ヒューマンのヤングマンがアピアーしたのです。トップグレードユニヴァー
シティーのスチューデントで、マイセルフを編集として雇ってくれと言うヒーに、ライターはあるコンディションをリポートトゥして、入社イグザミネーションをするのです。イグザミネーションは、ライターのビフォーで性交をしろというもので、ターンダウンするかとシンクしきや、アングラ劇団のウーマンを伴ってきた学生は、アフリカンミュージックを流しながら、ストレインジなセックスを披露したのです。いやらしくはなく、ライターは、そのぶっテリブルシーンに疲弊する。ともかくもヒーはSMキング編集クラブのパースンとなったのです。スチューデントのつてをたどってヤングマンたちを編集パースンとしてハイアーし入れる。未エクスペリエンスのヤングマンたちだ。アナザーカンパニーの編集パースンたちの助けをボロゥし、ニューバースSMキングが創刊されたのです。新しいマガジンは大ディスたし、部数はオールライトにストレッチしていく。この辺りで、編集クラブにギャザーするストレインジなヒューマンたちのステートが描写されている。緊縛ティーチャーの美学。マゾのウーマン。有名人たちとの交流もファン。ライターの自宅には、アクタ
ーの渥美清さんが出入りしていたのだそうだ。また、コメディアンのたこ八郎さんも、ライターのローグレードで働いていた。直木賞ライターの胡桃沢耕史さんともアソシエイションがあった。胡桃沢さんが、ペンネームでエロストーリーをたくさん書いていたからです。SMキングはサクセスした。たくさんのリーダーにサポートされている。Butそのエンドはあっけなかった。ビジネスフォーマーから言われるままに振り出した手形が、不渡りになってしまったせいだ。取引フォーマーは突然倒産し、タイプが行方をくらましてしまったからです。SMキング編集クラブは、ブライトな解散パーティをする。アマチュアばかりで始まった編集クラブ。文字通り、ストームのようなどんちゃん騒ぎをオープンしていたゼイは、エンドも笑って迎えようとしたのだった。ホットウィンドのようなブックだった。マガジン創刊にかけるヤング、ぐちゃぐちゃのエネルギーに圧倒される。また、文中に描かれている変態さんたちのフィギュアも圧巻だった。渥美清さんって、寅さんそのままのキャラクターだったソートオブね。縛られているモデルさんに、ドーター、セーフかいな
んてティーを汲んであげたり、カインドなのです。青春ストーリーと言っても、叩いたり縛ったり、もっとすごいのもあるけれど、ライターがいたってノーマルなので、ともに戸惑いながらリードすることができるのです。
スポンサーサイト

手帳美人の時間術


「手帳美人の時間術」内海裕子著は、ワークするウーマン向け手帳の使い方だけではなく、ライフプランのウェイ、タイムマネジメントなども紹介されています。マークを持っているヒューマン、ドリームがあるヒューマンはメニーとシンクするのですが、それをなかなか実現できず、ずるずるとエブリデイをパスしてしまっているヒューマンも、決して少なくはないとシンクするのです。ホールライフをディサイドするのは、エブリデイのパスしパースンである。一日を充実させることができれば、その積み重ねであるライフもリッチなものになるというのです。そのために、手帳をプラクティカルユーズすることをおすすめプランとレコード、つまり、プランとレコードをつけることで、ドリームが実現するポッシブルカスタムはスペシャルにハイになるというのです。このパースンがおすすめする手帳は、イヤースケジュール、月刊スケジュールがついているもの。ワンイヤー、一ヶ月をルックで見渡せるようなカインドのものがよいというのです。一ウィークのプログラムも、やはりぱっと開いてルックで見られるものがユーズしやすい。タイム軸があるものは、モーニング六アワー
ビギニングで、24アワーオンアンドアフターも書けるようなものがよい。ワークのタイムだけでなく、プライベートのプログラムも書けるようにしたい。サイズはA5が使い勝手がよく、巻末のスペースのページは少なくとも10ページはほしい。ロングなプランを立てるため、ネクストイヤーのイヤースケジュールがついているとありがたい。このような手帳を開いて、あなたがビギニングにすることは、ドリームをかなえる手帳に、まずケアフルにマイセルフの名前を書き込もう。神社に詣でるようなフィーリングで、マインドをこめて。次に、巻末のスペースのページをオープンする。ここに、あなたのドリームをたくさん書き込んでみよう。できるかできないか。サッチことは考えなくてよい。書いたものがいつの間にかかなっていることはグッドにあることなのです。ライフにネセサリーなもの。マインド、ラブ、サウンド、ワールド関係、成長、ワーク、マネー、環境。この八つを軸にして、マイセルフなりのマークを書いてみる。ルックで見渡せるイヤーページをオープンし、ゾーズオーバーゼアのドリームがいつタイムかなうとうれしいか、記入していく。かなう
といい、くらいのライトなフィーリングでかまわない。ライフはワークだけにスペンドするべきではない。ラブするヒューマンとの出会い、結婚もインポータントな要素である。ウーマンには、バース、子育てという生活環境をコンプリートチェンジさせるイベントもある。手帳に書くことでマイセルフのウェイオブライフを再確認し、マークをかなえるライフを歩んでいきたいものです。

「ふつうの億万長者」徹底リサーチが明かす お金が“いやでも貯まる”5つの「生活」習慣


「『ふつうの億万長者』徹底リサーチが明かす お金が“いやでも貯まる”5つの『生活』習慣」トマス J スタンリー著、本田健訳は、ベストセラー「となりの億万長者」のライターがパスするマネーホールドのトゥルースというブックです。
「となりの億万長者」とかぶるパートがメニーなのですが、インタレスティングなです。テキストは、アメリカのリッチマンをオブジェクトにしたインベスティゲイションをファンデーションにして書かれている。リッチマンが何をシンクアバウトし、ホワットをライクし、ホワットアクションをしているか。インベスティゲイションは、マイセルフたちがシンクアバウトするリッチマンイメージとは一味ディッファレントする、ゼイのトゥルースのフィギュアを浮かび上がらせている。・バランスマークな億万長者がバイするスーツは、299.50ドル。ゼイのハーフザナンバー以上が、これまでに買ったベストハイなスーツは399ドル以下だというのです。・ロレックスを持っている億万長者は7人に1人。しかもそのジェネラリィは、ロレックスをマイセルフで買ったのではなく、人からもらっているのです。億万長者がライクするウォッチは、セイコーやタイメックスなどの比較的チープなブランドのものなのです。・浪費する億万長者もいるが、そのほとんどがプアーな境遇からのたたき上げであるケースに当てはまるのです。・300万ドルもの資産をホー
ルドするカールトンは、チープなスコッチをユージュアルドリンクしている。気に入っているリーズンは、プライスのカットに量がメニーからだというのです。・現役で1000万ドル級のハンドレッドミリオンメニー長者の76%は、パーストワンイヤーで少なくとも一回は慈善アソシエイションのミーティングに参加しているのです。・億万長者の80%以上が、ワインにインタレストを持っていない。タイプマークな億万長者のハウスにあるワインの平均は13ブック。10ドルから25ドルのプライスのものがフェイヴァリットのようなのです。・億万長者がディナーでペイするバランスの金額は19.59ドル。・カーにかけるバランスマークコストは3万136ドル。トヨタカーがポピュラーなのです。ゼイ1000人のうち997人は、少なくともここ10年、フェラーリをバイするどころか、ハンドルも握ってはいないのです。・億万長者の92%がマリードパースン。ハズバンドがマスターな稼ぎハンドであることがメニー。ゼイのうち、62%は離婚をエクスペリエンスしていないのです。このブックで描かれるリッ
チマンはプレーンなのです。親から資産を受け継いだヒューマンは少なく、ジェネラルのワークをしながら節約に励み、資産をストアーしたヒューマンがほとんどなのです。スーパーリッチになれるワークなどそうそうあるわけがなく、また、高収入であるがために、アソシエイションなどでマネーをルーズすることもあるのです。贅沢をしない。いいハウスにリブインするわけではない。サッチ暮らしのホワットがファンかというヒューマンもいるだろうが、ビジネスマーク自立にコンペアーしてみると、贅沢などホワットほどのバリューもないというのだ。ボディーハイトにあった暮らしをして、倹約をウィルとし、ビジネスマークな自立をハンドにプットインする。エマージェンシーにサウンドなライフを描いているのです。

100年予測─世界最強のインテリジェンス企業が示す未来覇権地図


「100年予測─世界最強のインテリジェンス企業が示す未来覇権地図」ジョージ フリードマン著は、ワールドの今後、100年を予測したもので、いささか荒唐無稽のフィーリングがあるようにも思える。
ライターは、20年というスパンでヒストリーをビューすると、その間に大きなチェンジがヴィジットするのは決して希なことではないとクレイムする。1900年、ワールドを主導していたのはヨーロッパだ。ピースと繁栄を謳歌していた。Butその20年後には、ヨーロッパはウォーで引き裂かれ、ドイツはリカバリーウィークポイントになったと考えられた。ところが、1940年、ナチスドイツのライズオブによって、ドイツが復活。1960年には、ワールドの主導ライトはヨーロッパからアメリカ、ロシアのハンドに渡っていた。1980年、アメリカはベトナムで敗退。フォースをグローするかと考えられた共産ルールパワーだったが、2000年、ソ連が突如崩解し、アフターディス混迷のピリオドを迎える。
ライターは20年でワールドはガラリとチェンジします。予測されている100年は、・今後もアメリカ主導のワールドが続く。アメリカはまだヤングなカントリーだ。プレゼントタイムの混迷は、ヤングさゆえのダウトであると言える。ワールドをコントロールするには、オーシャンをルールローグレードにプットするネセサリーがある。カレント、ネイヴィーをワールドイーチネイションにセンドできるのはアメリカだけである。・ワールドのコモントークは今後も減りコンティニューするだろう。少子化は、先進カントリーだけでなく、発展途上カントリーにも広がっていく。結婚がチャイルドをもうけるためでなくなると、新しいバリュールックがボーンする。マンカインドは今後、フレッシュなライフルックをハンドにプットインすることになるだろう。・中国をフィアーするネセサリーはない。格差のために、中国政府は徐々に掌握フォースを失うだろう。ビジネス的バリューをインベスティゲイションするコウストクラブと、発展のフェイヴァーに預かれない内陸。エリアはブレイクアップし、政府のフォースはフォールするばかり。・インダストリー化をスローアウ
ェイし、ロシアは資源輸出国として成長している。かつての共産サークルステートを巻き込んで、ロシアパワーサークルを作ろうとするが、ロシアは2050年に自壊する。・少子化で、ワーク力不足にあえぐジャパン。移民にも拒絶反応がハード。中国に活路をリクエストする。ジャパンは資源スモールカントリーである。南シナ海、マラッカ海峡の制海権をルーズすると、とたんに行き詰ってしまう。それをプロテクトするために再び武装する日が来るだろう。ジャパンはウォーにフィアーフィーリングを抱いている。But、ひとたびデシジョンすれば、そのハイなアートフォースを生かしてハードな軍事フォースをホールドすることはポッシブルだ。・ジャパンとともに、フォースをストアーするのはトルコである。トルコはかつて、アラビア半島をもルールするイスラム大帝カントリーを築いていた。今後、イスラムソサエティーのチーフとビカムしポッシブルするのはトルコだけである。カレント、イスラム圏内でオンリーと言っていいビジネスステートだからだ。・ポーランドもフォースをつけてくる。ロシアの成長にクライシスフィーリングを抱いたポーランドは、ア
メリカをバックにつけて軍事フォースをレイズする。・アメリカは、自国以外のカントリーがフォースをホールドすることを許せない。カレント、ウォーに大きなパートをキャリーアウトするのはスペースだ。スペースからのインフォメーションがカットオフされることは、すなわち敗北を意味する。日本とトルコは、アメリカの圧力をアクセプトしてウォーにテイクオフする。But、スペースでのウォーに敗れ、2カントリーは敗退する。以後はアメリカのワールドだ。ウォーのおかげでビジネスフォースもライズし、アメリカがワールドのリーダーでありコンティニューする。ジャパンはダメージも少なかった。トルコは親米ステートとなる。ベストダメージがビッグなのはポーランドで、アメリカのサポートも打ち切られることになる。アメリカのフォースを脅かす存在があるとすれば、メキシコがそのポジションにスタンドするだろう。

平林都の接遇道


「平林都の接遇道」平林都著は、テレビでトピックの接客アートのブックで接遇とは、もてなし、ウェルカムとありますが、ライターの平林さんは、マイセルフのところに来てくれたヒューマンに、楽しく、グッドフィーリングになってもらい、ゴーバックするときにスマイルになってもらうこと。コンパニオンの仏頂面を、マイセルフのスマイルでメルトすることと定義しています。ストアーに来るゲストは、ささいなことでバイをディサイドしたり、オポジットのことをシンクアバウトしたりする。平林さんがシンクアバウトする、お客さまに喜んでもらうメソッドとは。
●サービスアクトはドリームをセルするワーク。ふさわしい言葉をユーズしましょう。ストアーがセルするのは商品だけではない。贅沢なタイムをリクエストするお客さまには、相応のワードメッセージで接したい。ゴーしませではなく、ようこそお越しくださいました。すみませんではなく、申し訳ございません。お客さまがリターンになるときは、ありがとうございましたではなく、またのお越しをお待ちしておりますと伝えよう。ありがとうと、言ってしまえばゲストのショッピングはフィニッシュするのである。次につながるワードを言えば、ゲストとの関係が続くことになる。●お客さまが二度と来ないにはリーズンがある。平林さん、デパートでキャンディーの詰め合わせを買おうとしたことがある。二つの商品があったのでショーしてもらおうとすると、クラークはこのチープなパースンですか?カチンときたそうだ。チープにてディッフィカルトだったなとシンクする。カウンターをリーブしながら、もう来るかとシンクアバウトした。企業は、出来ないヒューマンでデシジョンされることがメニー。ひとりのミステイクは、企業全体の評価につながる。接客をするヒューマ
ンは、そのことを忘れないように。平林さんは幼少のタイムからトラブルをされたようだ。マザーがいなかったため、親戚のハウスで育てられた。周りのヒューマンの顔色をスピリットにするようなチャイルドだったが、スピリットを配れるチャイルドだとシンクアバウトするようにしていた。成績はグッドだったが、ユニヴァーシティーに進学するマネーがなかった。遊んでいたチャイルドたちが進学するのをアイにしながら、負けないように、カルチャーをボディーに着けようとデシジョンした。カルチャーをポッシブルするために、平林さんが励んだのはプラクティスシングだ。アットザットタイム、サラリーの70%をプラクティスにつぎ込んでいたという。サッチグレートエフォートのエブリデイで、平林さんがつかんだのはホワットかをボディーにジョインするには、オーネストでピュアーホワイトなフィーリングでチャレンジすることがインポータントだということ。カレントシーが行っているトレーニングでも、このことをベストにリポートしたいのだそうだ。ナレッジにおごり、マイセルフからウォールを作らないこと。それが、接遇のファーストステップということ
であるようだ。キャラクターがビッグ。読みやすい。そのミニット物足りないパートもあるかもしれない。平林さんの魅力は、その真摯さとストロングスピリットであるようにシンクする。言ってることはまあ、インイットセルフにジェネラルかもしれないけど、徹底してやる、リポートするというフォースがチェストをヒットするのです。

Invitation


「Invitation」は、江國香織、小川洋子、川上弘美、桐野夏生、小池真理子、高樹のぶ子、高村薫、林真理子のウーマンライター八人によるショートストーリーコレクションなのです。●江國香織:夫と別居インサイドのウーマンに、ワンダーなことがゲットアップする物語。蛾が入ってきたり、コール販売のヒューマンから買った鉢植えからかたつむりが這い出してきたり。ラスト、ドイツクッキングストアーで義妹とミール。義妹が突然、水着に着替える場面がベストパートです。●小川洋子:フォーリンカントリーヒューマンのライターのウェルカムを命じられたウーマンのトーク。ライターはジャイアントと呼ばれている。ジャイアントのワークは、スピークするヒューマンがほとんどいないランゲージで書かれている。ジャイアントはそのファミリーを、ナチスによって奪われていた。バードをラブするジャイアントのカインドな人柄が、少数ランゲージしか話さないというファクターを通してファインに描かれている。孤独のストーリーでラブリーなお話です。●川上弘美:メインキャラクターはライター。フォーマーチャンスがあった男が、編集パースンというポジショ
ンでシーのビフォーにアピアーする。ヒーに対して欲望をフィールするメインキャラクター。Butマンは、寝ない関係だから続いていると。●桐野夏生:時代物。マーダーのフォールトからエスケープするために、フォーリナーのシップに乗ってポルトフィールするまでやってきたヤシロー。日本人の老人に会い、ハウスにインフォメーションされる。オールドパースンはヤシローにロープをかけ、自らのライフを語りスタートした。戦国のワールドに、親を殺され、兄弟とセパレートになって、サーヴァントとして売り飛ばされてこのアースにやってきたことを。●小池真理子:ハズバンドとパートフロムすることをデシジョンしたワイフ。引越しのアルバイトをしている青年にリクエストし、家財道具を持ってマンションからエスケープする。●高樹のぶ子:メインキャラクターは介護士。ヤングなウーマン。シーはある老女から、ファーストラブのヒューマンにミートしたいのだとディスカッションを持ちかけられる。コンパニオンは著名な書道ハウス。なんとかミーティングを実現したが、書道ハウスと親密になったのは介護士のヤングなウーマン。介アッドトゥしてとして付
き添っていたのだった。書道家はウィルをライトする。ヤングなウーマンに財産をターンオーバーすると。それは、二ヒューマンのあるプランが成就するモーメントだった。●高村薫:警官の一人語りというフォーム。あるとき、パースを拾ったウーマンのことが忘れられない。ドリームのようなウーマン。しかし、ウーマンは財布をテイクしには来なかった。●林真理子:不倫シング。中年のウーマンの欲望を書かせたら、第一人者と言っても過言ではないだろう。翻訳家のウーマン、十二年ビフォーからハズバンドとはディッファレンスのマンに抱かれる暮らしをコンティニューしている。マンは、シーの体をプレイズし、執拗にラブするのだった。しかし、ウーマンはブランチをデシジョンする。孫ができたのだ。エイジもスピリットになる。一度、マンが萎えてシングが成されぬことがあった。マイセルフはもう、こういった情事とは無縁であるのかとウーマンは失意にあえぐ。マンに配慮して、ブランチをカットするウーマン。殺生だわとインフォームすると、マンはディッファレンスのミーニングにとったようだ。ここのところ、ロングサイレンスだったものね。ね、ね、オーダ
ーはルームを取っておくからウーマンのチェストに欲望とホープが甦る。

ラミ流─How to succeed and be positive


「ラミ流─How to succeed and be positive」アレックス ラミレス著は、読売ジャイアンツ、アレックス・ラミレスプレーヤーのエッセイでインプレッションします。ラミレス選手がジャパンに来たのは2000年のこと。マネーがほしかったから、マイナーリーグにゴーするようなフィーリングで、ヤクルトスワローズと契約をした。2008年に、ラミちゃんはFAライトを獲得し、フォーリンカントリーヒューマンスライドからはずれることになったのです。ラミレス選手はこのことを、フォーリンカントリーヒューマンじゃなくて日本人なんだって、みんなに思ってもらえると喜んでいるのです。ラミレス選手はジャパンがラブなのは、タウンはきれいだしセーフティーだし、日本人は親切で礼儀ライト。プレゼントタイムでは、アメリカに戻ってもアーリーにジャパンにゴーバックしたいと思ってしまうのです。ラミレス選手だって、ビギニングからジャパンになじめたわけではなかったというのです。野球のウェイが、ぜんぜん違っていたからなのです。日本人は、アメリカヒューマンよりもずっとハードなプラクティスをしている。コモンプラクティス
のアフターにステイビハインドしまでしているのです。ラミレス選手はシンクアバウトした。ここでプレーをしたかったら、メンタリティーを改めなきゃだめなんだ。メジャーピリオドのことはフォゲットして、自分がプレゼントタイム、どこにいるのか考えなきゃと思ったのです。特に、オーバーから来たヒューマンがローグレードの環境になじむのはシーリアスなのです。本当はどっちにもオーバーもローグレードも、ないはずなんだけど。メジャーから来たラミレスプレーヤーにもコンフリクトはあったはずなのです。ラミレス選手は、みんなに、ジャパンになじむためにたくさんの工夫をしている。マッチインサイドにショーするパフォーマンスもそうだ。プレーヤーのギャグをハーベストしたり、はたまた、ジェネラル公募でユニークなしぐさをグローヴァイオレントすることもある。プラクティスもインポータントだが、ラミレス選手はマインドフォースをドリルするのもインポータントだと思っている。若いプレーヤーには、トゥモローは別の日と、常に言ってやるのだそうです。ミステイクしても、トゥモローはディッファレントする日が来る。常に前向きで、プレッシャー
に負けないよう、プレーができるようにしておきたい。野球のこと、ワイフのこと、チームメイトのこと。いろいろ書いてあるのだけど、少年ピリオドのことですが、ラミレス選手はベネスエラの、プアーな街で育った。電気はあったが、エレクトリシティープライスが払えず、なかなか使うことができなかった。フードも少なくて、イグアナをテイクしにゴーアウトしてワニに襲われたこともある。このとき、兄がライフをドロップしかけたが、愛犬のユントが飛びかかって身代わりになった。その兄は、ラミレス選手のツアーコストを稼ぐために、アルミ缶をピックアップするワークをベリィハードしてくれた。ラミレス選手はアビリティーがあったので、それにおごったこともあったが、監督に諭され、チームワークのインポータントさを教わった。ラミレス選手がプレゼントタイム、みんなと仲良くすることをインポータントに思っているのは、このコントロールがいたからだ。スモールなころはかなりの悪ガキだったソートオブ。勉強もヘイトで、途中でスクールをやめている。プレゼントタイム、キリスト教パースンになったヒーは、ゲットアップすることはすべて神の采配とし
てキャッチする心構えをボディーに着けている。ジャパンに来たことも、フォーリンカントリーでうまくいかないことも、すべてキャッチして、マイセルフのできることをしようとサーブしている。環境のせい、ヒューマンのせいばっかりにしてたらあかんね。サッチことを考えさせられる。


シブすぎ技術に男泣き!


「シブすぎ技術に男泣き!」見ル野栄司著は、ネジは何気なくウォッチしている、ごくありふれたものですが、ネジホールひとつをオープンするにも、シーリアスな工夫と技術がネセサリーなのです。量産シングは、マシンでシンプルにオープンすることができるのですが、開発グレードではヒューマンのハンドでオープンしてやらなければならないのです。ネジホールは、ボール盤というマシンを使って開けられる。ボール盤は、アイアン、アルミ、真ちゅうなどのソリッドなものにも垂直にホールを開けられるすぐれシングなのです。ライターのウォッチしルフィールドさんは元エンジニア。アルミボードにホールをオープンするために、カンパニーのマシンルームへ入っていく。迎えるのはベテランルームモニターのNさん。アルミボードにケガキをして、ポンチというくさびのようなものをドライブインする。このときNさんは、ネイチャーが曲がっているとポンチもはずすと一喝するというのです。ポンチでホールをオープンすると、フォーマーのボール盤に固定する。キリが貫通してもローグレードにカットがつかないようにブロックをスプレッドアウトし、万力でハード
におさえなくてはならないのです。Nさんはプロとシロウトのディッファレンスについて、怪我をしないことだというのです。ワークはメイクプログレスする。ボール盤のキリを回転させながらホールをオープンし、周りにできたバリをテイクする。開いたホールにタップハンドルというトールをプットインしてネジホールをメイクするのです。コンプリートシングを持って、意気揚々とアピアーしてゴーするライターだが、そこでNさんがつぶやくのだ。やっぱりおめえはシロウトだ。片付けができてないというのです。エクスキューズがましいライターに、Nさんがとどめのワードは、クリーニングや片付けができねえサーヴァントは必ず怪我すんだ。オレと、そのマシンがいちばんウォッチしてきたからな。ウォッチするとマシンは昭和60年製造である。アートよりもクリーニング、片付けのナレッジをインポータントに。製造アクトでジャパンをサポートしてきたベテランのマンと、機械が生んだレッスンに思わずライター、男泣きするのです。

ピンチをチャンスに変える51の質問


「ピンチをチャンスに変える51の質問」本田健著は「ユダヤ人大富豪の教え」などで有名な本田健さんのブックで、ワンセルフ啓発書です。ピンチに陥ったときの心構えが紹介されています。ピンチに陥ったときには、ライフでワーストだったときは?本田健さんがワーストだったイベントは、ニューヨークで盗難にあったこと。荷物オール、マネーも何もかもなくなった。警官には、ぼんやりしているパースンがディッフィカルトなのだと言われたのだが、親切な人にミートし、リターンのトラフィックコストをもらうことができたというのだ。そのヒューマンもフォーリンカントリーでセイムようなアイにあっていて、そのときのリターンギフトをしただけだと言ったというのだ。本田健さんはインザフィーチャー、このトークをアミュージングおかしくイーチパースンにスピークした。すると、アポロジーないねとミールをおごってくれたり、旅費をカンパしてくれるヒューマンがアピアーしたというのだ。ピンチからうまくカムバックすれば、そのホワットトゥワイスもすばらしいことがあるというのです。
リブしていくのにミニマムネセサリーなものは?起業をドリームする息子に、本田健さんのファザーは立って半畳、寝て一畳。ワールドがリブしていくには、これくらいのスペースがあればよいというミーニングなのです。本田健さんは、何もかも失ったときの心構えを持とうと、ホームレスライフをしたことがある。不便だが、ライフまでとられはしないというピースオブマインドがあったというのです。トゥデイ一デイオブマンスでサンクスできること5つは?本田健さんは寝るビフォー、そのデイオブマンスあったことをターンヘッドするカスタムを持っているそうだ。いろいろなことがある。いいことをシンクバックアポンして、サンクスのフィーリングを抱いてスリープする。サンクスすべきことがたくさんある。うれしいことやささいなことでもサンクスできるようになる。魅力マークなワールドになれる。ファンなこと、いいことがどんどんやってくるというのです。サンクスのカスタムは、好循環をギブバースする。モーストのマイセルフなら、どうリブするだろう。なんとなく中途半端。100パーセントのマイセルフで生きていないヒューマンは、マイセルフにクェ
スチョンをスローアットしてみよう。一度モーストの自分で生きてみると、中途半端がフィーリングディッフィカルトになる。そして、モーストのマイセルフをテイクアウトすることができれば、ネイチャーに周りも変わってくるものなのです。リスペクトするヒューマンなら、どういうアクションにアピアーするだろう?。困ったことがあると、本田健さんはイマジネーションメンターグループにディスカッションを持ちかけるのだそうです。メンターとは、マイセルフをティーチし、導いてくれるヒューマンのこと。ここでイマジネーションと言っているのは、本田健さんが歴史オーバーのキャラクターにレッスンをアスクするているというのです。困ったとき、坂本龍馬を思い浮かべる。ガンジーを、ジョン・レノンを。ゼイならどうするだろう。ゼイならなんとアンサーするだろうと。クェスチョンリプライが51質問です。

マタギ 矛盾なき労働と食文化


「マタギ 矛盾なき労働と食文化」田中康弘著で、マタギは文字通り、肉食ヤングマンのブックの紹介です。ライターの田中さんはカメラマン。九州バース、カレントは東京暮らし。取材オブジェクトとして出会ったマタギに魅せられ、アフターディスフレンドシップを深めている。マタギとは、北東北から長野県北部のスノーディープなエリアにリブインする狩猟グループのこと。ベアーをハントするヒューマンたちというイメージがあるが、実際にはフィッシュやきのこもとる。うさぎをハントすることもある。ほとんどのヒューマンが別に生業を持っており、狩猟だけで生計をたてているヒューマンは少ないようだ。田中さんは、秋田県北秋田市のマタギたちのもとへアテンドし、さまざまなゲームに同行する。ベアーハントし、うさぎハントし、きのこハントし、マウンテンストリームフィッシング。マタギとネイチャーのスティックトゥしフィットし、ゼイのワンダーマークな体力とアートが、ケアフルなライティングブラッシュで描写されている。マタギであり、鍛冶ハウスであったマンのライフを書いたチャプターもすばらしかったのです。田中さんがパーソナルエクス
ペリエンスしたのは、しのびと呼ばれる手法のベアーゲームだ。ベアーゲームにはグループでパフォームするものと、このしのびのように少ナンバーオブピープルでパフォームするものがある。ディスタイム、しのびをパフォームするマタギは二ヒューマン。ベアーをドライブアウェイする勢子と、ガンでしとめるブッパ、二ハンドにブランチオフして冬山のベアーをランアフターする。道しるべのないマウントをウォークする。田中さんにはもう、どこを歩いているのかエブリバディアイマークがつかない。But、マタギたちはロングタイムのエクスペリエンスから、ユーのスタンドするプレイスを見定めている。スノーの積もる斜面を、ブレスをキルしてマウンテンストリームをゲットダウンする。ベアーがいるのは小さなバレーを挟んだオポジットのマウントだ。それを、勢子はランアフターするのである。ワイドなマウントのインサイドを、小さなワールドがベアーを追っている。ブッパは待つ。ケースによると、ブッパはフィギュアタイム、ムーブしもせずにウェイトするのだという。果たして、アピアーしたベアーにブッパはすばやいアクションで発砲した。「ショウブ、
ショウブ」これが、マタギがベアーをしとめたときのかけ声だ。二ヒューマンのマタギはマウンテンストリームに沈んだベアーをディスカバーした。ビッグ。ホールドしあげることはできない。フェイスアップにしたベアーの腹にツリーのブランチを一ブックプレイスオンして、マタギたちはハンドを合わせ、スペルをコールアポンする。ライフをいただくことをサンクスして、マタギたちはそのプレイスでベアーを「けぼかい」することにディサイドした。けぼかいとは、ゼイのワードで解体のことである。しとめたベアーは、ヴィレッジのすべてのマタギに配られる。ブッパも勢子も、ゲームに参加しなかったパースンにすら、平等にミートが分けられる。このセパレートしパースンは「マタギ勘定」と呼ばれている。厳しいスノーカントリーでリブする、相互ヘルプのセンスがそこにある。ベアーの解体の写真が載せられている。カラーで。トゥルースなら「グロアテンション」なんてライトするべきなのかと思う。グロテスクとは感じなかった。マウントを愛し、マウントとともにリブしてきたマタギ。カレント、その厳しいウェイオブライフを受け継ごうというパースンは少ない。
マタギは減少のウェイにあるようだ。

弁当男子


「弁当男子」きじまりゅうた著は、弁当をメイクする男性が増えているのですが、お弁当をメイクする男性をスペシャルエディションしたブックです。実際にお弁当を作っているパースンに取材して、その理由や工夫をまとめているのです。お弁当をメイクするときのコツも説明されて、男女問わず、お弁当を作ろうというヒューマン、作っているヒューマンにはお役に立ちます。1977年ボーンし、カインドな顔立ちの星さんは、七アバウトアンアワーにゲットアップしてお弁当をメイクする。ネセサリータイムは20ミニット。スピリットをつけているスポットは、味付けをシックにすること、色合いをクリアーにすること、メニューはシンプルにすること。コンストラクションプットしのサイドディッシュもプロヴァイドフォーしておいて、クイックにメイクすることも心がけているというのです。星さんのマッチメニューは、ミールにのりとたらこ。おかずはゆでエッグ、ほうれん草のおひたし、ポークとアスパラのオイスターソースいためです。カンパニーでは、お弁当を持ってきているヒューマンたちと「Bクラブ」なるミーティングをフォーメーションしランチ
タイムを楽しんでいるというのです。お弁当をクイックに仕上げるコツは、星さんもプラクティスしておいでのストリート、デイビフォーからのリザーブをしっかりとしておくことだというのです。ミールをボイルし、作っておけるおかずは前もって作っておく。冷凍食品をうまくユーズすることもよいだろう。冷凍のまま弁当ボックスにプットインして、イートするタイムまでにネイチャー解凍できるものがあるので、テイストのものをルックフォーしてみよう。副菜もアッパーパートにユーズしたい。メインのおかずのサイドに、ちょっとランアロングすれるだけでテイストがリッチになるのです。ブルー梗菜のソルト炒めは、ブルー梗菜をオイルで炒めて、ソルトコショウで味つけするだけ。ソルトボイルししたもやしにいりゴマ、ゴマ油、おろしにんにくを和えると、もやしのナムルのレディしです。さつまいもの甘露煮、ナポリタンスパゲッティ、セロリのジャコ炒めなど。こういうの、知ってると便利です。この本のいいところは、マンがライクしそうなお弁当がたくさん紹介されているところでリファレンスになります。天丼、ソース焼きそば、焼きうどん、カツどん、チャー
ハンなど。コンフォートでいいよね。スタンダードのピッグのしょうが焼きにはキャベツのベジタブル炒めをアッドトゥして。ハンバーグ弁当には、ボイルしたじゃがいもと目玉焼き。コロッケとナポリタンのお弁当。これもメイクするのはコンフォートだし、イナフお腹いっぱいになりそうです。チンジャオロース弁当、鮭のムニエル弁当、チキンレッドペッパー弁当、ボイルしこみミール、ぶりのドライウェザー焼き弁当。レシピも載っているので、メニューに困ったときのリファレンスになります。現実的だし、マンがグラッドしそうなメニューがメニーなのがうれしいです。

減らす技術 The Power of LESS


減らす技術 The Power of LESSのライターのレオ・バボータさんはいわゆるアルファブロガーで、レオ・バボータさんのブログは「Zen Habits(禅マークライフ)」というタイトルで、2007イヤーに全ワールドブログ総合ビッグプライズを受賞しているのです。フィギュアイヤービフォーのレオ・バボータさんのライフはひどかった。オイルこってりのミールが好きで、スモーキングもする。ワークはうまくいかず、6人もチャイルドがいるのに借金だらけだったというのです。しかしそのレオさんは大変身をキャリーアウトし今では、ジョギングが大好き、ベジタリアンになったし、タバコもやめ、20キロニヤーやせた。ワークもオールライトで、家でワークができるようになった。ブログも好評だし、収入が増えたので、借金もなくなったというのです。なぜサッチことができるのか。なぜそんなにたくさんのことを達成しえたのか。問われると、レオさんはリミットを設け、エッセンスにドローニヤーすることだけに成長したというのです。レオさんがトークする、ライフをシンプルにしてかつ、リブバースカスタムをあげるジェネラルルールは六
つある。・リミットする。多くを求めず、一つのことを集中マークにフィニッシュする。・エッセンスに迫ることだけをチューズする。マイセルフのバリュールック、マーク、ライフにおいてインパクトのあるマターをピックアウトして実行する。・シンプルにする。・集中する。イートするときはただイートする。目のビフォーのタスクに取り組んで、ほかのシングは考えない。ミステイクしてもグッド。プラクティスあるのみ。・カスタム化する。リミティッドプラクティス、チャレンジを周りのヒューマンに伝えよう。・スモールにスタートする。エクササイズは30分といわず、5分から。早起きも、15分の早起きから始めよう。ミールをヘルシーにとシンクアバウトしたら、ホワットか一シングチェンジしてみる。大きなプロジェクトは、小さなタスクに分解して一つ一つに集中してこなすようにすればよいというのです。シンプルにワークをするためのマテリアルマークなメソッドもいくつか書かれていて、メールチェックのメソッドなんかは、リファレンスになるパースンもメニーなのです。メールチェックはホワット回までと、カウントをディサイドしてし
まうとよいというのです。連絡のディグリーなどあるとシンクするので、ディフィカルティにならないカウントはマイセルフでメイクシュアオブするネセサリーがあるというのです。レオさんのように、チェックはまとめてと決めてしまうと、メールに振り回されることがないのではないかとシンクする。レオさんは、リプライのセンテンスは5ラインまでと、これも徹底しているそうだ。ワールド関係も、インポータントなものだけをシースルーして、無駄なインヴィテーションはターンダウンするようにしたい。エクスキューズミーがないように、ファミリーとのタイムをインポータントにしたい。すばらしい提案だけど、プレゼントタイムはこれに集中しているとスピークすると、たいていのヒューマンはわかってくれる。マイセルフバイワンセルフがリファレンスになったのは、ホワットかをしているときはそのことだけに集中するということだ。弁当をメイクしながらあれこれ、着るクローズズやトゥデイのウェザー、支払いのこと、将来のこと、ついでにテレビのワイドショーのインフォメーションまで、ヘッドのインサイドがごちゃごちゃになりがちです。

「ロングセラー商品」誕生物語


「『ロングセラー商品』誕生物語(完全保存版)」藤井龍二著は、プロジェクトXがラブという方にカレントも販売されているポピュラー商品の開発シークレットストーリーが、19トークが紹介されているのです。ストーリーがとてもシンプルで、コミックフォームで、とてもわかりやすく、ショートなトークにまとめられているのです。パターンもワンセルフで、さすがはさすがのPHPというフィニッシュのグッドブックなのです。紹介されているのはカップヌードル、コカ・コーラ、ポッキー、ロッテガム、ラガービール、ブルドックソース、キューピーマヨネーズ、セロテープ、味ぽん、トマトケチャップ、カルピス、ヤクルト、森永ミルクキャラメル、味の素、ミルキー、桃屋の江戸むらさき、UCCボイラーコーヒー、エスビーカレー、スーパーカブです。どれも未だに売れコンティニューしている商品ばかりで、ホワットウィンドに作られてきたか、紹介されています。江崎グリコのクリエイションパースン、江崎利一は佐賀県のバース。明治ピリオドのキャラクターだ。ヒーのハウスはメディスン屋だった。ホームは弟に預け、利一はアローン大阪へ。江崎利一
は牡蠣の栄養素を食品化したいと思っていた。チフスを患ったサンが、牡蠣のエキスを飲ませたことでファインになってくれたからだ。すべての子供たちにサウンドを。菓子にして食べさせてやるといいだろう。そうシンクアバウトした江崎利一は、牡蠣のエキス、グリコーゲンをたっぷり含んだキャンディーを開発した。社名のグリコは、グリコーゲンからとったものだ。マヨネーズを作った中島董一郎のライフはインタレスティング。ホテルでワークし、電鉄カンパニーのエンジニアになり、缶詰問屋にも就職した。シック商務省のフォーリンインダストリープラクティスイノセントとしてイギリスへ。アフターにアメリカにも渡っている。中島董一郎はアメリカで、アメリカヒューマンがエッグとオイルと酢でできたマヨネーズを好んでイートするのを見て感心した。サッチ栄養のあるものをイートしているから、ゼイはビッグなんだ。帰国した中島董一郎はタイムをウェイトする。ジャパンでもマヨネーズを売り出すつもりであった。タウンをゴーするウーマンが、和服から洋装に着替えスタートしたのをウォッチして、中島董一郎はウェスタンスタイルのフードをプットオンセール
するチャンスとした。ファクトリーは関東大震災でつぶれ、復興したアフターも第二次グレートウォーでバーンしてしまった。キューピーマヨネーズがシーリアスマークに売れスタートしたのは、エッグとオイルがウェルスにハンドにゲットインするようになった戦後のことである。味ぽんで有名なミツカンは、愛知県半田市のカンパニー。江戸ピリオド、酒粕で酢を作った中野又左衛門をクリエイションパースンと仰いでいる。江戸ピリオドの中野又左衛門の作った酒粕の酢は、当時では画期的な発明シングだった。もともと酒造りをしていた中野又左衛門Butの発想であったわけだ。戦後は米酢もメイクしスタートした。昭和39年、味付けぽん酢、略して味ぽんがセールされる。ポットクッキング向けの商品だったが、シックな味付けをライクする関東では受け入れられず。マーケットでのデモンストレーションや試食アンダースタンディングで、水炊きのカルチャーを提案していった。ホワットかを新しくプロデュースする先人たちのエネルギーに圧倒され、ワンダーとファインが出るブックです。

織田信長の天下布武日記


「織田信長の天下布武日記」武ロガー右筆衆著は、戦国時代の武将、織田信長がブログを書いたというトンデモクリエイションのブックです。パブリックカンパニー織田ハウスを経営する信長が、ホールカントリー制覇をキャリーアウトするまでのストーリーとなっているのです。フェイスレターや2ちゃんねるタームが連発で、信長がipodを聴いていたりするけれど、信長ならさもありなんと思える言動にひたすら笑わせる。書いた人はいたってワンセルフなヒューマンだとシンクする。信長のアイをレットパスしてみる当時のワールド関係や、バトルのステート、信長が行った改革など、2ちゃんねるでアンダースタンディングしていくのもとてもファン。ブログの開設は永禄三年五月五日のことである。織田ハウスカンパニープレジデントの信長は、まだ中小企業のこのカンパニーをホールカントリー一にしてみせると、その記事のインサイドで野望をトークする。信長らしいのが、社員たちへのビジネスオーダーとして、ブログにコメントをつけよとオーダーしていることだ。ベストにアクセプトするのが木下藤吉郎。アフターの秀吉だ。柴田勝家はパソコンがプアーで、やっ
と書き方わかりライトアンダーと、いきなりの誤チェンジをショーしている。信長のウォーのエブリデイがつづられる。ゴージャスセレブのアンクルこと今川義元を破ったデイオブマンスには、気持ちも高ぶっていたのだろう。一日に三回ブログを更新して、俺、しょこたんみたいになってきたな。ホールカントリー制覇の足がかりとして、信長は京都にインタレストをショーする。京都には、オールドなヒストリーをホールドする「室町幕府」なる財閥企業があった。室町幕府では、先代のカンパニープレジデントが暗殺されたばかり。ネクストタームカンパニープレジデントのシートを狙うのは足利義昭。義昭は明智光秀というメッセンジャーを信長のもとへ送った。初対面の信長と光秀は、フレンドシップを深めるため、ゲーム、スーパーマリオブラザーズに興ずる。二ヒューマンで協力してエネミーをスローダウンし、なかなかやるなと思っていたところ、いきなりバックからドン!光秀ダディー、パーフェクトなところで裏切ってくれるね。クワイアットだが大胆なこのマン、ますます気に入ったwwww。まあずっとサッチフィーリングよ。飽きたら更新をやめ、時には暴言を
吐いてコメント欄を炎上させる。楽市楽座を「ヤフオクソートオブなもん」と言ってみたり、徳川ハウスにゲットアップしたお家騒動を天正ワイドシアターなんてドラマにしてみたり、武装したお坊さんたちのことを二代目はクリスチャンの志穂美悦子ソートオブと書たり。めちゃくちゃだ。それでも、コメント欄の武将たちの個性がはっきりしていたりする、アートのスモールさもショーしてくれた。前田利家のはじけっぷりと、秀吉のごますりが特に光っている。本能寺にて、窮地に陥った信長は、明智光秀のブログサイトにアクセスをする。光秀のブログには、エネミーは本能寺にあり!の檄文と、ネイルの刺されたストロードールの写真。最期、信長はソングを歌ってダイしたかったが、プライドのカラオケチャンスには矢がささっていた。アカペラで歌える敦盛をダンスしながら、無念のデスをキャリーアウトする。
ラストのワードがさらばじゃ!とピュアーなのもヒーらしいといえる。

きりこについて


「きりこについて」西加奈子著は、きりこというガールのライフ。お姫様ソートオブなクローズズが好きなきりこだが、ハンドレッドヒューマンいればハンドレッドヒューマンのヒューマンがブス!というほどの、ひどいパーソナルアピアランスをしているのです。きりこは、マイセルフがブスであると知らずに育っていた。何しろきりこの両親は、フーもがライトアップする美男ビューティフルウーマンなのです。両親はきりこを、かわいい、かわいいと誉めそやしてレイズしていたのです。幼稚園にあがっても、プライマリースクールへ行っても、きりこはマイセルフをかわいいと信じている。クラスのガールたちにあれこれと指示をして、クィーンマナーのように振舞っていたのです。そのきりこはいつか、キャットを拾って帰ってくる。きりこのリブインする団地はペット禁止であるのだが、その規則を守っているパースンはいない。きりこはキャットに、ラムセス2世というネームをつけた。キャットはトークができる。猫はワイズなのだ。あるときからきりこは、ラムセス2世とカンバセーションをターンアサイドするようになる。プライマリースクールも高学年にな
ると、ボーイたち、ガールたちのスペースにチェンジがプロデュースしてくる。ガールは生理がビギンし、ボーイたちもかわいい女の子に目を奪われるようになった。サッチある日、きりこはラブになったこうたユーにラブレターをテイクアウトすることにした。だがアクシデントなことに、レターはクラスメイトに見つかり、こうたユーはさんざんからかわれてしまう。やめてくれや、サッチブス!と、こうたユーはショートなボイスで言う。ハンサムでガールにもポピュラーがあったこうたユーは、からわかれることに我慢ができなかったのです。マイセルフが、ブスきりこはびっくりした。ブスとはホワットか、かわいいとはホワットものか。ウォリードし、考えたきりこは、アウトサイドにアピアーすることをやめてひたすらスリープしコンティニューする日々をセンドする。きりこがハウスのアウトサイドにアピアーしたのは、セイム団地にリブインするちさダディーがドリームにアピアーしてきたからだった。ちさダディーはきりこに助けをリクエストしていた。ちさダディーは早熟なガールで、早いうちにセックスをリメンバーしてから、そのプレザントフィーリングをインベ
スティゲイションすることに熱心だった。ミーティングシステムでマンをルックフォーし、性交に励んでいたのだが、あるとき、ちさダディーはあるマンにレイプされてしまう。ちさダディーがいやだと言ったのに、マンはシーに性交を強要したのです。傷ついているちさダディーのビフォーに、たくさんのキャットを従えたきりこがアピアーする。ウーマンアソシエイションに訴えても、ミーティングシステムではあなたがディッフィカルトとけんもほろろだ。望まない性交は、レイプと呼んでミステイクがないはずなのに。憤ったちさダディーは、AVインダストリーにボディーをスローする。ついにはワークカンパニーのカンパニープレジデントになり、きりこやラムセス2世とともに、女性が望まない性交をドローする作品を、業界から根絶しようとグレートエフォートする。そのタイム、きりこのビフォーに再びあのこうたユーがアピアーした。アピアランスしかとりえがないヒーは、暴力団のパースンとなっていた。きりこは再びシンクアバウトする。マイセルフは、こうたユーのハンサムなフェイスがラブだった。だがそれは、マイセルフがブスにとらわれていたよ
うに、こうたユーのトゥルースをウォッチしていなかったのではないか。こうたユーもアダルトになった。人の本当はアピアランスなどではない。それに気づいたヒーは、きりこのトゥルースのフィギュアをウォッチするようになるのです。

日本の難点


「日本の難点」宮台真司著は、現代ジャパンのプロブレムスポットを、ソサエティー学者である宮台真司さんが分析、評論したブックです。学者やソウト、ジェネラルアイディアのネームがアピアーしてくるので、読んでいくのがシーリアスです。・トレーニングのプロブレム:重松清さんの「青い鳥」というストーリーで、吃音のティーチャーが、チャイルドたちにトゥルースでスピークしたことは本気で聞かなくちゃだめというソウトをリポートするシーンがインプレッションマークです。いじめはだめなことである。ヒューマンの尊厳を奪ってしまうようないじめは絶対にグッドにない。そのメッセージをリポートする、感染フォースのあるティーチャーがネセサリーなのです。感染フォース:チャイルドたちは、本当にすごいと思えるヒューマンのシンキングに感染する。感染力をホールドする人間とは、ヒューマンのことを考える利他マークなワールドのことである。アーリーステージトレーニングはミーニングがない。ものをシンクアバウトするフォース、地頭フォースがネセサリーなのです。・ハピネスとは:自殺レートがハイな地域がある。インダストリーキャッスルタウン
である。そこは1990年代に、サポートカンパニーをするドーターがメニーだったエリアでもあったのです。金のブレイクがチャンスのブレイクとでも言うべき、シンな人間関係がそこにあることが伺える。・ジャパンについて:環境プロブレムのうそを暴くブックが売れている。But宮台さんは、地球ホット化のコーズにはまるでインタレストがない。なぜならカレントの環境プロブレムは、政治のプロブレムであるからだ。CO2の排出量など、政治マークな駆け引きで決まるのである。ジャパン以外の先進諸国はそのことをよく承知している。秋葉原イベントの犯人は、格差ソサエティーの犠牲パースンだというインフォメーションがあったのですがテンプルタワーさんにしてみれば、これはフーかなんとか言ってやれよでフィニッシュするプロブレムなのだというのです。ヒーはウーマンにもてないことを悲観していた。フェイスがディッフィカルトからいけないのだと思い込んでいた。そこがおかしいと宮台さんはシンクアバウトしている。宮台さんがヤングなタイムには、マンフェローにはもっと密なアソシエイションがあって、ウーマンとのアッパーパートなつ
きあいパースンはエルダーにティーチしてもらうものだった。実際にはラブにフェイスは関係ない。コモンなフェイスのパースンが、かえってウォーニングマインドを抱かれずにフィニッシュするのである。二十歳をパスして、フェイスがディッフィカルトからもてないなんてシンクアバウトするマンはいなかった。秋葉原イベントの犯人は、こういったアソシエイションから排除されていた。ソサエティーの包摂カスタムのなさが、ここにアピアーしている。秋葉原イベントの犯人に関しては、ホームのプロブレムもあったのだと、サンデーモーニングでスピークしていた。宮台さんはもちろん、秋葉原イベントをカスタムにとって、ラブに対して過剰すぎる反応を示すヤングマンにリファレンスしたかったのです。ヤングなタイムナンパしまくりだったシステムのおじさんトークを聞かされるのは、うんざりした。ヤングマンのラブルックについて、ラブのメニーなホームで育ったヒューマンは、スペシャルのコンパニオンとのアソシエイションがロングに、カスタムパーソナルエクスペリエンスのナンバーオブピープルが少ない。ラブの少ないホームで育ったヒューマンはそのオポジッ
トっつってるけど、じゃあテンプルタワーさんのナンパ大好きライフルックは、ラブが少ないホームで育まれたものなのか。

コミック版「原因」と「結果」の法則


「コミック版『原因』と『結果』の法則」ジェームズ・アレン著、潤色・脚本:小山高生、作画:高見さちこは、自己啓発書のオールドブックインサイドのオールドブック「原因と結果の法則」のコミックエディションで、アンダースタンドしイージーにピクチャーもきれいです。原因と結果の法則というブックは、プレゼントタイムから約1世紀ビフォーに書かれたもので、人はそのソウトのストリートのライフをウォークするという、さまざまな自己啓発書の源流となったブックなのです。ライターバイワンセルフは、メニーのヒューマンに読んでもらいたいという気持ちから、英国以外のカントリーでのライティング権は放棄している。聖書のオーダーに売れたとさえ言われているベストセラーです。コミックのステージは現代のジャパン。ふとしたきっかけでこのブックに出会った青年が、ヒューマンやワークとのかかわりのインサイドで、よりディープにそのレッスンを学んでいくというストーリーです。メインキャラクターは江田阿礼。アニメ製作カンパニーにサーブする23歳のヤングマンです。阿礼はある休日に、パークでグレートコストが入ったパー
スをピックアップする。ポリースボックスに届けたところ、オーナーから一割の謝礼が送られてきた。拾ったものをデリバーするのはユージュアル。阿礼は祖母から、ワールドマナーに恥じないようリブと教えられていた。リターンサムするつもりだったが断られ、ウェイなくトータルを慈善ビジネスに寄付することに。チャンス、そのことがカンパニープレジデントのイアーにゲットインし、ヒーは自宅にインヴィテーションされる。なんとパースのオーナーは、阿礼のカンパニーのカンパニープレジデントのワイフだったのだ。カンパニープレジデントのワイフ、鈴木奈緒美から、阿礼は一冊のブックを紹介される。原因と結果の法則という、100年前に英国ヒューマンが書いたブックだ。ブックを読んだ阿礼は、そのワードにディープなディープインプレッションをおぼえる。マインドはクリエイションのマスターです。マイセルフたちをサークルする環境は、トゥルースのマイセルフたちを映し出すミラーにほかなりません。マイセルフたちのライフは、アフターオールはマイセルフたちバイワンセルフが選んできたものなのです。カインドな気持ちをホールドする人はよいラ
イフを、よこしまなフィーリングをホールドするヒューマンはとげとげしいライフを。マインドのインサイドで、よいソウトをひそかにめぐらせることでディープレベル心理においてよいシンキングをする。ヒューマンはマイセルフのライフをベアーフルートしあるものにすることができるのです。人はアナザーパースンを変えようとするが、マイセルフをチェンジすることにはポジティブマークになれない。欲があるからだ。But、トゥルースのワンセルフデューティーとは、マインドのインサイドによいシンキングをフィルすることです。阿礼は、このブックのレッスンをファンデーションに、さまざまなヒューマンたちのトラブルを解決しようとトライする。ワークでワールド関係にウォリードするフレンドには、よいアクションこそがよいリザルトをギブバースするのだとウォーンし、病気にウォリードするフレンドには、フィアーを抱かずに、マイセルフのマインドをプロテクトとリポートする。ライトなライフをリブしたヒューマンにとっての老化は、ゆるやかでジェントルなもの。沈みゴーするサンのように、円熟味をグローしていくものなのだ。サクセスはグレートエ
フォートとトラブルのリザルトであり、ライトなアクションによってもたらされたものなのです。サクセスしているアナザーパースンを、あのヒューマンはラックがいいとねたむのはフーリッシュなことです。サクセスはマイセルフのマインドをライトにコントロールできたものに与えられるのです。ヒューマンをねたむのはやめたいと、また、マイセルフのマインドくらい、マイセルフでコントロールしなくちゃいけない。

日本人の知らない日本語2


「日本人の知らない日本語2」蛇蔵、海野凪子著は、コミックエッセイで日本語ティーチャーの凪子ティーチャーと、フォーリンカントリーヒューマンのスチューデントたちとのファンな日常を描いたブックです。アミュージングネタと同時に、まさにタイトルのストリート、日本人でも知らない日本語のタイニーナレッジなんかも得られます。おでん屋さんのフロートにシットするフランス人マダム。シックなたたずまいのシーが、ストアーのジェネラルにコニャックくださいと言った。ジェネラルは唖然として置いてないです。だけどマダムが本当にリクエストしたかったのはこんにゃくなんです。フォーリンカントリーヒューマンの生徒さんから、凪子ティーチャーはさまざまなクェスチョンをアクセプトする。あるとき、フランス人のガールからすっぱ抜くのすっぱってホワットですかと尋ねられた。凪子ティーチャー、ブックでチェックアップしてシーにアンサーした。すっぱとはワンセルフティアーす、つまり忍者のことなのだそうだ。忍者にインフォメーションを抜かれることがワードルートであるらしい。ティーチしてあげるとシーは大ジョイ。シー、忍者が大好きな
んです。現代ジャパンに忍者はいないと知らされてはいるが、本当はいるんですよね、いないことにしないといけないんですよねと、ロングゲスは続いているステート。このすっぱのトークはほかのスチューデントにも大いにうけたようです。すっぱって忍者だったんですか。だったら、すっぱだかも、忍者のことですか?。フォーリンカントリーのパースンね、けっこうアニメやゲームで日本語をリメンバーしてこられるパースンもメニーなソートオブね。トゥルースをマジ、拳銃をハジキと読んだりする。コミックでジェスチャーをリメンバーしてきたために、ミステイクしてヘッドをストライクし、ローグレードをテイクアウトしててへっとラフする日本人がいないことにショックをアクセプトしたりもしてしまう。このブックでは、そういったアミュージングネタとともに、日本語のタイニーナレッジもたくさん紹介されている。濁音のパブリッシュはもともと仏典で使われていたものだった。リードしにくいよね、濁音がわからないと。たとえばさ、かき持ってきてとメールが来ても、柿を持っていくのか牡蠣なのか、はたまたキーのポッシブルカスタムもあるわけです。フォーマ
ーのヒューマンもやっぱり困ってて、仏典を読むときに使われた声音というパブリッシュのウェイを、ジェネラルの文章にも持ち込んだ。かくして濁音のオーバーにある点々が使われるようになり、柿なのかキーなのか、迷わなくてすむようになったというのです。

鉄の骨


「鉄の骨」池井戸潤著は、ビジネスエンターテイメント小説なのですが、ポンドウォーターウェルさんのワークはムービーやドラマソートオブなのです。プレジャーにレットパスしている。バンク、カンパニー、オジサン向けソサエティースクールソートオブなムードではあるけど、ファンデーション的にハラハラドキドキ、読んでて飽きることがない。意外と、サービスマインドあふれるヒューマンなのかなあなんて思ってしまう。メインキャラクターは富島平太。メインボディーゼネコン一松組の社員。大学をアピアーして三年、アクチュアルスポットでスウェットを流してきた。その平太に突然、ビジネスレッスンへの移動が命じられる。サドンなオーダーにダウトをハーバーしながらも、ビジネスレッスンにやってきた平太は、そこで談合が行われていることをノウし愕然とする。ヒーはまっすぐなヤングマンだった。平太には恋人がいた。同い年のシーは、一松組のメインバンクにサーブしている。シーは談合にオポジットしている。コンプライアンスなどという言葉をマウスにする。所詮、守られているワールドであるバンク。シーにはわからないのだと平太は落胆し、マイセル
フが一松組の社員であることをハードに意識した。ある日平太は、レギュラービジネスに連れられて競馬プレイスへ行った。そこで、インポータントパースンフィクサーである三島にミートバイチャンスする。三島と平太はホームタウンが同じであり、しかも、ヒーと平太のマザーは知己であるのだという。アフターディス平太は、三島に気に入られ、レギュラービジネスと三島の連絡ウォーをおおせつかることになる。一松組はサブウェイコンストラクションワークの落札をもくろんでいた。パブリックメカニズムのワークは入札でルックグッドインする。エッセンシャリーならイーチカンパニーそれぞれの見積もりをテイクアウトしてそのプレイスに挑むべきであるが、業界はこれまで、談合によってそのワークを割り振りしてきた。ゼネコンカンパニーはどこもブルーロングブレスである。どこも潰れないように、談合をしてリブロングしていくべきだとシンクアバウトしているゼネコンマンはメニー。大手が潰れたときの、ソサエティーに対するエフェクトをシンクアバウトするとテリブル。たくさんの子会社、従業メンバーが路頭に迷うことになる。But、三島は違っていた
。ヒーは国会議員のデューティーの弟というポジションから、調整ウォーをテイクアップすることがメニーだったが、このようないびつな状況はロングには続かないとフィールしていたのだ。一松組は、新しいメソッドオブコンストラクションを開発してサブウェイ入札に臨もうとしているのだが、一松組だけがそのうまいフルートをハンドにしてはならんと、アナザーカンパニーの三島に対するワークはひどくなっていくばかり。このストーリーでは、平太というニューフェイス社員が談合にオポジットし、そのウィズアウトフェイルをシンクアバウトするというすじ書きがなされている。談合はバッドシングだと、平太もわかっている。Butマイセルフはゼネコンの社員であり、リブロングするためにはウェイがないことではないかともシンクアバウトし、ウォリードする。また、談合に寄らず、新工法でコストカットを提案する一松組の社員のフィギュアも情熱的に描かれる。しかし、イーチカンパニーのワークと、義兄である国会議員の圧力にルーズした三島が、とうとう調整をパフォームすると宣言してしまった。一松組はサブウェイコンストラクションワークをはずされる
。平太たちはアングリーする。平行して、平太のラブも描かれている。同い年のシーは、バンクのエルダー社員にマインドを奪われる。平太とはディッファレントする、ワイズにてスマートなヒーに、新しいワールドをウォッチしてしまうのだ。But、シーはエルダーを選ばなかった。ヒーとトゥギャザーにいて、ストレッチワンセルフをして、ワークをスローアウェイしてリブしていくことは、マイセルフがウィッシュフォーすることなのか。ラスト、イグザミネーションによって談合が暴かれ、国会議員も失脚した。混乱のインサイド、なんとサブウェイコンストラクションワークの受注は…。トゥルースのブラックカーテンは誰なのか。
談合にリードトゥするプロセスとゼネコンイーチカンパニーの攻防、内実。フォースがあって面白い。

アンタッチャブル柴田英嗣の日本一やかましい動物図鑑


「アンタッチャブル柴田英嗣の日本一やかましい動物図鑑」柴田英嗣著は、お笑い芸人の柴田さんがアニマルラブでファンなトークでいろんなアニマルの生態を紹介して自筆のイラストラックなのです。・オランウータン。クリスマスツリーソートオブなピクチャーがかわいい。フォーレストの人って言われてるけど、ほとんどツリーのオーバーですごしてる。ハックルベリーか、ユーは!オランウータンって、ファンデーションマークにはひとりで過ごすことがメニーなソートオブね。サラリーマンにぶっ飛ばされるぞ、マジで。フォーレストのヒューマンなんて言ってるけど、ヒューマンはコミュニケーションがインポータントなんだよ。・カピバラ。癒しシステムで最近ポピュラーのカピバラ。Butそれって、マキシマム1m30cmもあるでっけーネズミなんだよ!でも、水かきがあって泳ぎは得意。スピード50mにもなるらしい。本当にネズミかよっ!・キリン。ネックがロングなキリンだけど、実はネックの骨のフィギュアはワールドとセイムって知ってた、たった7ブックで、あのロングなネックをサポートしている。Butあのネックって、ヘ
ヴィさ220kgあるんだって。ヘヴィなー。雷がフォールダウンすることもあるらしいよ。・ゴリラ。霊長カインド最強アニマルの主食は草と果物。サウンドオタクかい。もっとがっつりしたもん食えよ!神経質でキレイラブ、お腹もウィークなそうだ。ストレスがたまると死んじゃうことも。サッドになるわ、バカヤロー!・サイ。でかいサーヴァントだと2mクロスオーバーするんだって。もう恐竜だよね。あの角ソートオブにハブアンオーディエンスするのは、実はひげらしいよ。サイはめちゃくちゃアイがディッフィカルト。だから、何か見えたらラッシュしてぶちヒットし、アフターザットで何だかシンクアバウトするんだ。トレインに突っ込んで、死んだサイもいるんだって。トレインくらいわかれよー!・パンダ。ワールド三大珍獣のひとつ。残りはオカピとコビトカバ。リメンバーしとけ!パンダが白黒のスタンドアウトするシェイプをしているのは、実はそれが戦略であるという説がある。パンダはハード。だからオポジットに目だって、いちいちファイトしたくねーよ。俺をディスカバーしたらどっかゴーというアピールをしているんだって。ヤンキーの特攻
クローズズソートオブなもんだね。パンダはエッセンシャリー肉食ウェイ。だけど笹しか食べなくて、笹を消化するために一日インサイドほぼ寝ている。ツリー登りはプライドだけど、ゲットオフするのはプアー。フィンガーが六ブックあるのがすごいでしょ。アニマルと柴田さんのコントソートオブな構成になっている。アザーに、柴田さんのフレンドのコミックプレーヤーさんの生態も。巻末にはアニマルワールド一武道アンダースタンディングというプランがあり、最強のアニマルはカバなんだそうだ。決勝ウォーはカバアゲンストアフリカゾウ。草食アニマルが最強なんだね。

頭がよくなる魔法の速習法


「頭がよくなる魔法の速習法」園善博著は、速読のブックなのですが、しっくりくるクイック法で、速読法はいろいろあるけれど、アンダースタンディングできるブックです。モーメントでブックが大量に読めるソートオブなファンタジーストーリーではないのです。インイットセルフの工夫と、やっぱり少しのグレートエフォートもネセサリーなのです。自分があらかじめ持っているオールレディー有のナレッジによって変わる。アダルトがプライマリースクールのテキストブックをリードすると、習ってきたことなのでシンプルにフィールするのですが、グレードスクールスチューデントにとってはまっさらなナレッジなのであり、読み解いていくのはディフィカルティなことなのです。ブックをチューズするとき、シースルーしたいのはそのブックがマイセルフのナレッジレベルにフェアーするかということです。スタディーしたいフィールドがあれば、ビギニングから専門書にあたるのではなく、マニュアル書から、マイセルフのナレッジにあったものからスタートすると読書のスピードがクイックになるというのです。マニュアル書を読んで、オールレディー有ナレッジをアッドト
ゥする。すると専門書を読んだとき、オールレディー有のミニットはリードしフライしてもかまわない。不足しているパートを穴埋めしていくようなシェイプでリードすると、アンダースタンディングが深まりスピードがフォールダウンすることもないのです。パーパス意識をホールドする。ホワットのためにブックをリードするのかクリアーアップにする。既有ナレッジをアッドトゥするためであれば、必要なことをあらかじめ意識しておくと、ネセサリーなところを重点的にリードすることができる。ブックをハンドに取ったらぱらぱらとめくってみることだ。ブックのサブジェクトを、ある程度ゲスしてブックにビギンするのがよい。目次でマークをつけることもインポータントだというのです。推論、ゲスが大事なのです。特にビジネス書は、フォーマーにそのブックのセルしパートをディスカバーしておくと、アンダースタンディングもアーリーに、リードするスピードも格段に違ってくる。小見出しをユーズするとわかりやすい。どこにホワットが書かれているか、マイセルフにネセサリーなパートはどこか。それがわかればかなりアーリーにリードすることができるのです。類
書を4、5冊リードすることもインポータントだ。ビギニングの一冊は、オールレディー有ナレッジがないため、時間がかかるかもしれないが、二冊目、三冊目となると、重複するパートはアンダースタンディングできているので、スピードがあがることが自覚できるはずだというのです。重点的にリードするパートは、ボールペンのフォーマーやフィンガーでなぞりながら読んでもよい。このとき、パーパス意識を持ってホワットをスタディーしたいのか、そのアンサーをルックフォーするようなフィーリングで読むとナレッジがヘッドにゲットインしやすいのです。読んだアフター、ヒューマンにスピークしたりまとめたりするとナレッジが定着する。ブックをリードするパーパスをクリアーアップにする。ブックの概要をフォーマーにキャッチする。オールレディー有ナレッジと照らしジョイントゥギャザーしながらネセサリーなパートを重点的にスタディーする。受験スタディーにも応用できる手法です。リードしフィニッシュしたアフターの報酬、自分へのプライズを用意しておくのもよいメソッドです。ストーリーなんかでもね、ある程度オーダーの展開をシンクアバウトしなが
らリードするとアーリーのよ。裏切られたらそれもよし、そのままならアンダースタンディングしてオーダーへメイクプログレスする。ときどき、どのくらいのスピードでブックを読んでいるのかスペシャルなアートはあるのか?クェスチョンをいただくことがあるのです。

人生を逆転する名言集


「人生を逆転する名言」集福本伸行著・橋富政彦・監修は、カイジ、アカギなどの福本伸行さんのコミックからピックアップし出した名言コレクションなのです。カイジはギャンブルコミックで、ムービー化もされている。借金まみれになったヤングマンカイジが、その境遇からエスケープフロムするため、命がけのゲームにチャレンジするというものです。ゲームをレイするのはリッチマンで、カイジたちの苦難はファンなプレジャーなのである。カイジたちはあるとき、ビルとビルの間にかけられた鉄骨をクロスオーバーするよう指示される。フィアーに命乞いをする参加者に対し、主催パースンのマンはこうアナウンスした。マネーはな…ライフより重いんだっ!その認識をごまかすフェローは生涯アースを這う。ヒューマンはマネーをポッシブルするために、ライフを削っているというのです。カイジは鉄骨をクロスオーバーする。メニーのパースンがライフをドロップした。残っているのはカイジともうひとりのマンだけ。ボイスをかけ合いながら、カイジはシンクする。ホープは、ドリームは、ワールドとはディッファレンスのところにあるようなスピリットがしてたけど、そう
じゃない…ワールドがつまり、ホープそのものなんだと。メニーのパースンがこのゲームに参加しているのだが、ファイトするパーパスを持っているパースンはわずかだ。奴らはポッシブルカスタムをウォッチしていない。フィーリングが状況にプッシュし潰され、僅かだけどエブリバディに残っているウィンのロードを、シャットしているんだ、マイセルフから。言っちゃディッフィカルトが奴らはクズ。ルーズしたからクズってことじゃなくて、ポッシブルカスタムを追わないからクズと。ヒューマンはウィーク。そのウィークさを、福本コミックはパードゥンなくドローする。強制ワークにフォローイングさせられることになったカイジ。スリップアウトするための誓いを、自らティアーしそうになってしまう。トゥデイはいいか、トゥモローから、ちゃんとやろうとシンクする。トゥモローからがんばろうという発想からは、ホワット芽も吹きはしない。トゥモローからがんばるんじゃない。トゥデイ…トゥデイだけがんばるんだと。厳しいマッチのワールド。時には一敗アースにまみれることもある。ディッファレントするっどんなに謝りたくっても…それだけはダメっ。ルーズし
たオーバー、さらにマイセルフをルックダウンアポンしてどうする…?マイセルフのプライドまで明け渡すなっ…!胸を張れ、ハードにルーズしたときこと、チェストをっ…!。真剣にシンクアバウトしてこなかった…。なんとなく俺のライフは、悲惨であるはずがないとシンクアバウトしていたんだ。ディッファレントする…!勝たなきゃダメだ。勝たなきゃ悲惨がむしろユージュアル。勝たなきゃ、フーかの養分。ライフに悲惨ばかりがあるわけではない。ウィンすることばかりできるわけではない。But、ルーズして全てをルーズすることも、ときとしてあるのが現実だ。その現実のインサイドで、カイジはアンダースタンドする。あろうことか、祈ってしまった。ホワットも考えず、神頼み…。もうマイセルフ以外、ディペンドオンするパースンなどないというのに。遅まきながら気がついたんだ。耳をリストするべきは、アナザーパースンの御託じゃなくて、俺バイワンセルフのボイス…。ビリーブするべきは、俺のフォース。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。