本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女を磨く ココ・シャネル の言葉


「女を磨く ココ・シャネルの言葉」高野てるみ著は、ファッションデザイナー、ココ・シャネルのワードをコレクトしたブックです。ビギニングにご紹介するのは、シャネルの恋人であったマンのものとしてソートオブ。ヒーのキャピタルオファーのおかげで、シャネルはビギニングのビジネスをレイズアップすることができた。ハットをセルしスタートして、ビューティフルサクセスさせたのだ。ボロゥしたマネーもショートタームで返した。そのとき、恋人が述べたワードがある。
・おもちゃをギブしたつもりだったのに、フリーダムをあげてしまったね。20センチュリービギニングのフランスでは、ウーマンはマンの言いなりになってリブするのがジェネラルだと考えられていた。シャネルはサッチ生き方をよしとはしなかった。自立をリクエストしたのだ。自立のためにはマネーがいることをアンダースタンディングしていた。働いてマネーをメイクし、自らリブするウェイをハンドにしたのである。・ウィングを持たずにボーンしてきたなら、ウィングをはやすためにホワットことでもやりなさい。シャネルはプアーなバースだった。シーバイワンセルフ、ウィングなど持たずにボーンしてきたのだ。それに甘んじることなく、常にハイトを目指してきたシーらしいワードではないだろうか。厳しいヒューマンでもあった。インダストリーハウスだったが、ヘアーを振り乱してワークをするようなまねは決してしなかった。フィギュアタイムにリーチする仮縫いのときにも、きちんと化粧をし、スーツを着込んでいた。サッチシーが、ジーンズをはいてきたモデルを叱り付けたワード。・あなたはマイセルフをはじめ、他のヒューマンたちにドリームを与えな
ければいけないのよ。それがメイクもせず、ちゃんとしたシェイプもしないのなら、クリーニングでもしていなさい。フリーダムであること、ビューティフルにあることがシャネルのライフのマキシマムの指針であったにディッファレンスない。美に対する厳しいワードがたくさん残されている。・ボディーのアクティビティーはバックにいちばんよくアピアーする。すべての動作はバックからスタートするのよ。・香水をつけないウーマンにフィーチャーはない。とはいえ、シャネルは同時にプラクティカルユーズマークなものをラブするウーマンでもあった。アートハウスと実業ハウス、ときに相反するふたつの要素を並び立たせるワードもテイクアップしてみたい。・マイセルフがいやだったのは、そのハットがヘッドにちゃんと入らないことなの。シーがビギニングにハットをセルしスタートしたときのもの。アットザットタイムパリでは、ウーマンはヘッドにちょこんと乗っけるだけのハットを使っていた。それがシャネルにはスピリットに食わなかったということだ。シーは本物の宝石にはこだわらなかった。イミテーションをモードとしてワールドにテイクアウトしたものシー
がビギニングなのだという。・マイセルフが作るのはひどい偽者だけど、本物よりもずっときれいだわ。ナローなコルセットからウーマンのボディーを解放した、ココ・シャネルらしいワードではないだろうか。フロントカバーには、パールのネックレスをつけたシャネルの写真が使われている。きっちりと髪を結ったヘッドをボッスのハンドでハブし、目線は斜めビサイドにある。ホワットをウォッチしているのか、ホワットを考えているのか、わかるようでわからないワンダーな写真だった。ヤングにはない、ビューティフルに微笑んだフェイスではないのに、なぜか魅力マーク。
スポンサーサイト

横道世之介


「横道世之介」吉田修一著の横道世之介は18歳で、長崎のポートシティーでボーンし育った。ユニヴァーシティー進学で上京した、ヒーのワンイヤースペースを描くストーリー。80年代を描いているので、当時スチューデントだったパースンにはディアーなソウトがあるかも。新宿ステーションイーストエントランスの駅前広場をふらふらと歩いてくるヤングマンがいる。ふらふらしているのは体調がディッフィカルトなわけではなく、ショルダーにかけたバッグがヘヴィかららしい。上京したばかりの横道世之介の描写だが、目線のファーさに違和感のようなものをフィーリングはしないか。実はこのストーリー、20年アフター、つまりカレントから過去をターンヘッドするというフォームになっている。回想レコードであるわけだ。そのため、アピアランスキャラクターたちのその後のライフがチャンスにタッチして語られる。エピソードはどれもリアルだ。するとなぜか、80年代のジャパンのおおらかさ、コミカルさ、横道世之介のシンプルさ、ヒューマンのグッドさが際立って感じられてくる。いいピリオドだった。いいヒューマンがいた。エンプティード
リームにメイクメリーするファンさと、それからウェイクした切なさが味わえるストーリーだった。横道世之介は東京にやってきた。新入生が7000人もいるユニヴァーシティーのスチューデントになったのだ。下宿は東久留米のチープホテルである。入学スタイルで仲良くなった倉持と、サンバサークルにゲットインすることになった。横道世之介のクラスメイト、阿久津オンリーもトゥギャザーだ。世之介はサークルのエルダー、石田の紹介でホテルのボーイのアルバイトをスタートした。世之介は2000円のハンバーガーを部屋に運んでゴーする。1万円のチップをくれるゲストもいて、世之介にはサプライズドすることばかりだ。長崎からトゥギャザーに東京にアピアーしてきた小倉は、マスコミ同好アンダースタンディングに入っていた。ダブルのスーツを着こなして、インダストリーヒューマンソートオブに手帳をビジーに操っている。パーティティケットを売りさばき、テレビプログラムのオーディションの人集めまでやっているようだ。世之介はパーミットをテイクしにゴーすることになった。そこで知り合った祥子というガールは、信じられないくらいのド
ーターだった。祥子はなぜか世之介を気に入って、サマーの帰省についてくる。突然のガールのコールに、シーを妊娠させたりしていないだろうなと、両親は世之介に迫った。ビーチをウォークしていた世之介と祥子は、コウストに流れ着いたボートピープルにミートバイチャンスする。ぼろぼろになったウーマンのヒューマンから、チャイルドを託された世之介たちだが、なすこともなく、無力フィーリングにさいなまれることになる。横道世之介は、ホットなサマーのスペース同級生の加藤の下宿に入り浸っている。クーラーがあるからだ。世之介は田舎のチャイルド。のんきで、邪気のないずうずうしさを持っているのだった。加藤はガールにインタレストが持てないのだという。マンがラブなのだ。世之介はあっさりそれをアクセプトする。ヒーの親戚にも同じようなヒューマンたちがいて、プレゼントタイムはファインに美容院で働いている。加藤は20年アフター、ラブするマンとセイム家でリブしている。サンバサークルの倉持と阿久津は、いつの間にか男女の仲になっていた。阿久津が妊娠してしまい、ふたりは学校を辞めることに。不動産ハウスに就職した倉持は、カ
ンパニープレジデントのお下がりのスーツをウェアーして世之介にミートしに来た。横道世之介は、祥子とアソシエイトウィズすることになった。祥子はドーターで、やることなすこと桁外れである。デートにも、黒塗りのセダンでマザーとトゥギャザーにアピアーするようなチャイルドなのである。その横道世之介は、知り合いになったマンからオールドなライカを一タワーもらっていた。祥子にすすめられるインサイド、世之介は日常の小さなイベントにレンズをポイントしスタートする。20年アフターの祥子は、国連職員としてアフリカのキャンプで働いている。世之介とウォッチした、ボートピープルのヒューマンたちにマインドを動かされたのだ。ジャパンに戻ってきた祥子は、ふとしたきっかけで世之介のマザーに連絡をとる。そして、世之介が死んだことを知らされる。横道世之介は、エレクトリックトレインのホームにフォールダウンしたウーマンを救うため、韓国ヒューマン留学生のヤングマンとトゥギャザーに飛び込んでいた。祥子のもとに送られてきたエンベロープには、世之介が初めて撮った写真が入っていた。ホープを撮った写真だった。レギュラーにある
ささいなカインドさ、フィーチャーへのホープと祥子はシンクする。横道世之介はYesのヒューマンだった。ソサエティーのすべてをポジティブするヒューマンだったのだと。長崎バースのワールド之介が、東京にゴーバックするとシンクアバウトするところがインプレッションマークだった。そうやって、みんなマイセルフの居場所を作っていくね。

嫁のメシがまずい!


「嫁のメシがまずい!」町田かえ、松本英子、西村博之著は、2ちゃんねるのライティングをまとめたもので、マリードマンがギャザーするノーティスボードで、語られるサブジェクトは奥様が作ったトンデモクッキングのメニーなのです。スレッドのタイトルはそのままずばり、嫁のメシがまずい!です。6年続くフェイマスプロダクトスレなのですが、タイトルを読んだときは腹が立った。文句があるならマイセルフでメイクと言いたくなってしまうタイトルなのです。たまのミステイクくらい多めにウォッチしてよ。並べられているクッキングはたまのミステイクなんてかわいらしいものではないのです。フードとコールアウトするのもおこがましいシングばかりなのです。サッチクッキングをメイクするヒューマンと、イートするヒューマンがいる。コウルドと吐き気、消耗と脱力がいっときに襲ってくる。それでもなお、妻を愛しているのだというマンのワードに、すべてのげんなりフィーリングがインプレッションとフィアーにチェンジする。あるミーニングで、とてもディープなブックです。●肉、じゃがいものほかにバナナ、トマトのスライスが入った肉じゃが。
ウェスタンスタイルでもうまいとシンクするとかで、ケチャップと牛乳もプットインしスタートした。●イカスミパスタを作ろうとした嫁が、イカスミが足りなくて墨汁をプットインしたというのです。●イーブニングミールにロールキャベツがアピアーした。アピアランスはジェネラル。しかしスメル。イートすると苦く、さらにスメル。嫁いわくあっ、輪ゴムとってね。●あるモーニング。エレクトロニックレンジでチンした目玉焼きがアピアーしてきた。手抜きだなあとシンクしつつ、箸をプットインすると、バーン!!やけどしたフェイスとハンドをクールし、エッグの黄身だらけになったクローズズを着替えたら遅刻した。エレクトロニックレンジでエッグをウォームすると爆発するのです。●ミルクにイクラが浮かんでたんだけど。タピオカがなかったから代用したんだって…。●弁当に生牡蠣が入っている。●コウルドひいたら、ポカリおかゆとかポカリうどんがアピアーしてくるから、絶対にコウルドひけない。ポカリスエットのおかゆらしいです。●うちのランチはトロピカルフルーツオーディエンスミルクうどんだよ。●ジャムおにぎりには泣いた。ラムレーズンにぎり
とか、マロングラッセにぎりとかもある。自家製黒糖バナナ酢で作られた酢フードに、戻さないままのかんぴょうをプットインしてにぎられたものとか。●アソシエイトの弁当のおかずが、リフトしていないトンカツだったらしい。スーパーで売ってるパン粉がついてるザットを、揚げずにそのまま弁当に。●刺身。血まみれで粉々になったサンマがプレートに盛られてそのままアピアーしてきたことがある。●コーヒーのビサイドにウインナーがアッドトゥしてあった。●フルートが大好きな俺。でっかいピーチを買って帰ったんだ。すると嫁がそのピーチを炊き込みミールにしてしまった。ホワットかのコミックで読んだ、柿ミールを真似たらしい。それ、牡蠣ミールじゃないのか?まだまだいっぱいライトしたかったけど、もういい加減おなかいっぱいです。それにしてもすごいわ。ソサエティーってワイド。しかしこれは、ワイフの愚痴を言うためのスレッドではないのです。ワンダーなクッキングを作っちゃうワイフだけど、やっぱり愛しているんだって。ここにフィルインするだんなマナーパースンは、スペースレベルのワイドなマインドをホールドしだとシンクします。

幸福王国ブータンの智恵


「幸福王国ブータンの智恵」アスペクトブータン取材班著は、エマージェンシーにとっつきやすい一冊で、見出しフィギュアと説明、コラムのようなフォームなのでリードしやすく、わかりやすく、写真も多いので、楽しみながら読めます。
サブジェクトはおとぎ話を読んでいるようで、ブータンは中国とインドのスペース、ヒマラヤ山脈のサウスフットにプレイスするカントリーです。ロングなスペース鎖国をしており、1991年まではフォーリンカントリーヒューマン観光ゲストをアクセプトすることもなかったのです。スモールカントリーだが、ナショナルはみんなブータンにボーンして幸せとマウスをそろえて言う。政治の指標がGNHという、耳慣れないワードであることもよく知られているのです。カントリーのビジネスのプランをショーするのにGNP(国民総生産)というワードをユーズします。ブータン政府がインポータントにしているGNHとは、グロス・ナショナル・ハピネス。ナショナルのハピネスの量を計ろうというシンキングなのです。GNHは「持続ポッシブルで公平なソサエティービジネス開発」「ヒマラヤのネイチャー環境のケア」「マテリアル・スピリチュアル文化財のケアと推進」「よいルール」。この四つのガイドラインにランアロングするものです。ナショナルの幸せを第一にシンクアバウトし、プレゼントデイ化は二の次とされている。ラージカントリーと付き合わ
ず、国際政治の混乱に飲み込まれない。巨大なダムは作らず、ネイチャーを犠牲にするビローグラウンド資源の採掘もしない。憲法で、フォーレストがカントリーの六カットを割らないことを定められている。ヒマラヤのビューティフルなネイチャーをケアするためであるが、同時に、発電をウォーターパワーに頼っているという事情もある。急なストリームがメニーなブータンでは、小規模なウォーターパワー発電プレイスがメニーに存在する。ファーにまでエレクトリシティーを運ぶネセサリーがないので、送電ラインなどはあまり見られない。余ったエレクトリシティーはインドに売って外貨獲得のウェイとしているのです。ナショナルのほとんどは農業にフォローイングしている。農薬はハイプライスなので使わない。無農薬、オーガニックがユージュアルである。三家族同居もユージュアルに見られ、家族のネットワークがしっかりしている。よってホームレスや孤児などは見当たらない。離婚がメニーというのは意外だった。ただそれは、フィーメイルラインファミリーで入り婿がメニー、ウェディングも披露宴もないというカルチャーマーク、ヒストリーマークな背景があるよ
うだ。離婚しても、ボーンしたチャイルドはワイフサイドのファミリーが養うから、それほどプロブレムにもならないらしい。トレーニングコストはただ。カントリーのフィーチャーのために、トレーニングは絶対ネセサリーだと考えられている。チャイルドたちは英語をアットウィルに操る。外国のカルチャーを否定しているわけではないのです。登山パーティーは受け入れない。マウントは神聖なものであり、働いていないヒューマンが遊びでライズするのは許されないというシンキングなのです。ポーターとして、農民が雇われるのにもプロブレムがあったのです。登山パーティーがやってくるタイムが、農繁期にメインするからで農民はワークするヒューマン、登山パーティーは働かないヒューマン。外貨獲得には有効なウェイであるはずだが、以上のようなシンキングから、ブータンでは登山パーティーの受け入れを禁止しているのです。ブータンのポリシーを評価しながらも、いいとこばっかり書いてあるこのブックは、少々ばかりうさんくさいとフィールしてもいるようです。ナショナルが餓えず、エブリバディが公平であることを大前提としたカントリーづくりってのはシー
リアス興味深いです。

外国人から見たニッポン


「外国人から見たニッポン」岸周吾著は、ジャパンをヴィジットした外国ヒューマンに、街頭でインタビューを行うというもので、スケッチブックに書かれたリプライと、リプライパースンパースンヒムセルフの写真がアピアランスされているのです。インタビュアーは1984年バースのマンで、バイワンセルフの「ニッポン」を、これらのワークのインサイドでルックフォーしているように思えるのです。
Q1・ジャパンのカルチャーってどうシンクする?:礼儀ライトさ(アメリカ) 曖昧さ!(カナダ) 伝統VS流行(アメリカ) 弁当カルチャー(オーストラリア)親切なイーチパースンでフルした、すばらしいアイランドカントリー(ドイツ)フォーリンカントリーヒューマンからすると、ジャパンには現実フィーリングがない! マキシマムのサクセス、マキシマムのストレス、マキシマムの礼儀トゥルーさ(イギリス)もっと男女平等のソサエティーを!(フィンランド) ジャパンルール!(イスラエル) ジャパンカルチャーには守り抜かれるバリューがあるとシンクする。宝物だとみなそう(イギリス)フォーリンカントリーヒューマンのトラベルパースンのインサイドには、タウンのあちこちに見られるテンプルや神社が、宝物のように見えるのだそうだ。ぽつりぽつりとハイドしている宝物。ジャパンをトラベルすることは、宝物ルックフォーしのトラベルのようであるという。ぼくはジャパンがライクベリィマッチ。ジャパンは僕の新しいハウスだから!(ブラジル)
Q2・日本人ってどうシンクする?:デューティーをフォゲットするな(フランス) もっと政治にアイをポイントして。機能していないものは変えよう(オーストラリア) 祖先のように自信を持て!(イギリス) 武士ロードをフォゲットするな(ロシア)ジャパンのヤングマンよ、ディズニーをフォゲットして、マイセルフたちの遺産を思い出そう(イギリス)伝統マークなカルチャー、テクノロジー、ソサエティー化していない(ナイジェリア)ワールドは変わったのよ!ジャパンのマンも変わって!(タイ)ワークを減らして。もっとミュージックを(イギリス) ファミリーやフレンドとパスするタイムを持って下さい(ドイツ)日本人は礼儀ライトに、控えめで親切。But、それからフリーダムになりたいと思っている(アメリカ)マインドをひらいて(イタリア) 恥ずかしがらないで、あなたならできる(オーストラリア) ファンにリブ!(アメリカ)リプライパースンにもナショナルキャラクターがハブアンオーディエンスするようですな。ウェストシステムの人ばかりなのが少々バッドラックかな。なるほどとシンクすることあり、そうかな、とシンクすること
もあり、読んでいてファンだった。最近、ジャパンがフォーリンのヒューマンからどう見られるのか、スピリットにかけるヒューマンがメニーになってきただろうか。サッチことをシンクアバウトすることがある。日本人として、プライドをホールドしたいというヤングなヒューマンが増えてきたようにも思える。自国もフォーリンカントリーも、同時にセイムくらい、リスペクトし、敬愛できるヤングマンが増えればいいなとシンクアバウトする。

夢見るビーズ物語


「夢見るビーズ物語」萩尾望都著は、コミックハウス、萩尾望都ティーチャーのコミックエッセイなのです。ティーチャーはビーズがラブで、ビーズ集めのトラベルに、マイセルフで作られるときの苦労とプレジャーなどです。インタビュー、実際に作られたワークもアピアランスされているのです。インタレストがないパースンにはまったくもってアポロジーないのだけど、きらきらシャインするビーズと、ティーチャーのラブリーなイラストが載っています。ビーズは古来から、己のボディーをデコレートすることに熱心です。縄文ピリオドの遺跡からも、たくさんの装飾シングが出土しているのです。デッドマナーもティアラやネックレスをされているし、江戸ピリオドにはきらびやかなかんざしや帯留めが作られた。海外でも、アフリカのヒューマンたちはビューティフルなビーズをフェイヴァリットしているし、エクアドルではゴールデンのビーズをボディーにジョインしたウーマンをたくさんいるのです。ワールドのどこでも、いつの時代でも、ヒューマンはボディーをデコレートする。マイセルフとアナザーパースンのスペースに境界をメイクし、ワールドと対峙しようとする
。それは、プラネットやゴッドに近づこうとするアクトなのではないか。萩尾ティーチャーは、少女ピリオドからSFがライクベリィマッチだった。現代ソサエティーはウォントだ。ドリームいっぱいのフィーチャーに、スペースにロングフォーしたものだった。ビーズを編むのは、プラネットのかけらを扱っているようなスピリットがするから。アースにシミラーしたプラネットが、どこかにあるんじゃないかと、夢がスプレッドするからだ。ビーズをリクエストしてあちこちにフットを運んだ。浅草の問屋街では、あまりのチープさに大興奮。パリでは、クリニャンクールの蚤の市でワンカップいくらのものをバイした。ハイセンスなものがメニーに、ワークのイメージが追いつかないほど。韓国の東大ゲートには、ビローグラウンド一階から地上五階まで、ぎっしり手芸用品をセルするストアーがある。欲望は無限、パースはリミティッド。ダウト迷ってきりがなかったそうです。広島ビーズというものがあるんだって?広島では、オリジナルのとんぼキングを作っていらしたのです。イタリアでは、ムラーノアイランドというプレイスへ行った。ここは13センチュリー、ガ
ラスワーカーが強制移住させられたアイランドであるらしい。技術をシークレットにするために、ワーカーたちはこのアイランドからアピアーすることなく、ワークを義務づけられていたのです。ジャパンエブリプレイス、世界イーチネイションでビーズをバイしコレクトし、ティーチャーは創作に熱中しておられる。コミックをドローするときとはディッファレントするブレインをユーズするようで、ストレスの解消にもなるようです。アマチュアだとご謙遜をされているが、アピアランスされている写真はどれもラブリーなものばかり。名作コミック「11ヒューマンいる!」のアピアランスキャラクターたちのビーズドールもビューティフルです。赤坂には、ホビーで作っているパースンがワークを販売するストアーがある。ティーチャーも一度出されたことがあるそうです。作品はなかなか売れず、トゥギャザーにラインアップしておいたイラストのパースンがフォーマーに売れてしまったとか。買ったヒューマン、ラッキーです。

夢をかなえるサッカーノート


「夢をかなえるサッカーノート」中村俊輔著は、ジャパンタイプに選ばれた、中村俊輔プレーヤーのプライベートパースンマークなノートを公開しているブックです。中村プレーヤーは17歳のタイムからこのサッカーノートなるものを書きコンティニューしているのです。ノートには、サッカーに関するあらゆることが書き込まれている。マーク、マッチのイメージ、戦略、反省、他プレーヤーのよいところ、ディッフィカルトなところ、試合の感想、その他諸々。もともと、ヒューマンに見せるためにつけ始めたものではない。エマージェンシーにプライベートなものなのですが、中村プレーヤーは本当は、ヌードをショーするパースンがマシなくらい恥ずかしいとフィールしているのだそうです。ダイアリーソートオブなもので、公開に踏み切ったのは、セイムように悩んでいるヒューマンたちに勇気をギブすることができればという、前向きなフィーリングがあったようです。中村プレーヤーはいまや、フォーリンでプレーもするスターアクタープレーヤーであるわけだが、もちろんビギニングからすべてがうまくいったわけではない。このノートからは、そうなりたい、そうな
るべきだという、ハードなウィルがあったことが伺える。17歳のとき、ワールドでポピュラーユーズするプレーヤーになると書いた。それから5年ずっと、海外でプレーするというワードをライトし続けた。ビッグトーク、ワイルドアイディアにニヤーなものだったと思う。そのうち、マークはフォーリンチームからオファーが来ると、ダウンサイズされながらも現実味をウェアーしたものになった。ロングな年月をかけて、ドリームを現実にしていったのです。マッチビフォーにライトするイメージのフィギュアもインタレスティングだった。ゴール前にヒューマンのウォール、それをクロスオーバーして飛んでいくボールのピクチャーを、中村プレーヤーはノートに書き込んでいるのです。中村プレーヤーは、マッチのアフターは一ヒューマンでホテルにこもってノートにオポジットするのだそうです。フィールしたことや今後のマークなど、書いてパスするのが一番マッチするのだというのです。フィーリングを整理するのに、あれこれライトすることがとてもラブだから。ヘッドのインサイドでシンクアバウトしているよりも、よほどすっきりする。中村プレーヤーのフ
ィーリングが、よくわかるのです。すっぴんのマイセルフのフィギュアは絶対にヒューマンにさらしたくはないとシンクする。中村プレーヤーが公開に踏みきったことに、心から感心します。ノートにはオーネストにマイセルフのフィーリングをライトする。ウィークなところもショーしてしまう。中村プレーヤーは自分を鼓舞するワードもたくさんそこに書きこんでいるのです。・マイセルフのライフをビューして、ここで満足しないでもっとレベルをギブしてオーバーでやれるようになる。・ヒューマンと比べない。自分は自分。ルーズしてたらウィンすればいい。負け犬は一日でいい。取られたらリカバーする。・マイセルフが浮いているとフィールしても、フォースないとフィールしても、サッカーがうまくいかなくても、グレートエフォートだけはやめてはいけない。カベからエスケープするとオーダーのカベもまたエスケープする。カベを乗り越えようとしているときがベストきついけどベストストレッチするとき。ブリリアントなライトをシャワーしてプレーするプレーヤーも、ビギニングからスーパーマンではなかったのだと、改めて感じさせてくれるブックだった。戦略や
トレーニングメソッドなど、サッカーをされているパースンにはリファレンスになるパートも、アッパーパートにご紹介できないのだけど、たくさんある。

苦しいけれど、離れられない 共依存・からめとる愛


「苦しいけれど、離れられない 共依存・からめとる愛」信田さよ子著の著者はカウンセラーで、家族プロブレムに取り組んできたイグザンプルがメニーにリードしやすくなっています。共依存というワードはホワットディグリーかイアーにしたことがあるとシンクするのですが、ダメなマンとアソシエイトウィズするウーマンがアプライするのです。ダメなマンから離れられないウーマンは、このヒューマンはマイセルフがいないと本当にダメになってしまうとビリーブしているのです。犠牲的、献身的な状態に、陶酔をリメンバーしてしまうのです。ライターは、こうやってこのワードがあちこちで聞かれることに、違和感のようなものをフィールするそうです。ライターがこのジェネラルアイディアを紹介したとき、それほどのエコーは得られなかった。当時のビカムクールした反応をシンクアバウトすると、隔世のフィーリングがあるのだというのです。共依存というシンキングは、アダルトチルドレンというワードとアラウンドしてボーンしたのです。アダルトチルドレンとは、エッセンシャリーのミーニングでは、アルコール中毒パースンのホームに育ったチャイルドをポ
イントしている。親からのケアを得られず、マインドにカットを負ったヒューマンということでなのです。アルコール中毒パースンであるのはマン、ハズバンドがメニーだった。ワイフはダメージパースンであると考えられていた。しかしながら、ワイフがハズバンドの飲酒癖を助長していると考えられる例もメニーに見られるのです。共依存は、アルコール中毒パースンのハズバンドをホールドするウーマンが置かれた状況をポイントしていたのです。ジャパンのウーマンにとって離婚はライフのすべをルーズすることをミーニングしていたのですが、ビジネスマークな自立がサクシードインし得なかったからなのです。飲酒癖があり、暴力をふるうハズバンドであっても、パートフロムすることができなかったのです。ですからワイフは、ハズバンドをチャイルドとしてハンドルし、ケアするポジションになって、ハズバンドをルックダウンオンしながらリブする必要があったのです。ワイフはハズバンドの甘えをアクセプトする。飲酒をやめさせる手助けはしない。むしろ助長させ、ハズバンドをアルコール漬けにしてしまうケースもあるのです。このケース、ベストのダメージ者はチ
ャイルドである。ハズバンドからケアを与えられず、ウーマンとして扱ってもらえない、ハズバンドはワイフをマザーの代わりにしている。ワイフは、チャイルドにケアをリクエストするカスタムが多々見られる。チャイルドをママとコールアウトし、身の回りのヘルプをさせ、ハズバンドからの防波堤にするワイフのカスタムがアピアーしてくる。チャイルドは思春ピリオドから摂ミールダメージになり、結婚したプレゼントタイムでもその症状からリカバーすることができないでいるのです。ウーマンは、結婚をするとウィークなポジションになり、マイセルフを失ってしまうことがメニーだった。そのように強制されていた。そのウィークなポジションを守るために、ハズバンドをチャイルド扱いしてルールする。その構図が共依存と呼べるものなのです。テキストは、ハズバンドがワイフのアルコール依存を助長するカスタムも取り上げられているのです。このケース、ソサエティーマークなポジションはワイフのパースンがハイなのだそうだ。ハズバンドはワイフのパワーを奪い、ワイフがアルコール中毒パースンになることを嬉々としてアクセプトする。こまめにヘルプもベイク
するので、ワールドマークにはいい夫され、フィールフォーをアクセプトするケースがあるのです。ワールド関係にはどのケースにもやはり、ハードなポジション、ウィークなポジションというものがどうしても生まれてくるのです。ペアに互いをリスペクトするパーパスがあり、思いやりがあれば、こういうプロブレムは生じないのです。

あらゆる病気は治らない


「あらゆる病気は治らない」塙正男著、南伸坊(イラスト)、BAL(イラスト)は、キャラクターがビッグにディッフィカルトなことが書かれているわけでもないので気軽に読めるブックです。医師である塙ティーチャーと、還暦をすぎた4人のマンのトークコレクションでサウンドがテーマなのです。雑談を聞いているようなフィーリングのブックです。・末井昭 編集パースン。ウィークエンドスーパー、写真ピリオド、パチンコ必勝ガイドなど。三年ビフォー、ガンになった。ガンになるとフィーリングが高揚するんだよね。アーリーだったからかもしれないけど。ワイフには、シークレットにしておこうとスピークしたのに、ネクストデイにはほうぼうにテレフォンをかけていた。なぜか、高揚するね。合法的にヒューマンを切ってみたい。塙ティーチャーソートオブな外科のティーチャーはいいなあ。マイセルフも一ディグリー、ヒューマンを切ってみたいよ。・秋山道男 小泉今日子、チェッカーズ、リリー・フランキーの東京タワーなどのプランを立てた。ワールドは意外とウィークなものだと気づかずにインポッシブルを通す。それが病気のコーズなん
じゃないかと思ったね。サプリメントはやりだすときりがない。フードこそがトゥルースのヘルスケアじゃないだろうか。ヘッドもボディーもヘルシーであるためには、快メール快ミールプレザントスリープに快交がネセサリー。ファンにヒューマンとクロスすることだ。孤独はポイズン、ひとりぼっちはポイズン。メタボリックなんて、プライベートパースンをコントロールできるとロングゲスしている官僚が騒いでるだけだ。塩辛いものをイートするなとか、やせろとか、サッチのプライベートパースンのキッチンだろ。太ったウーマンがラブなマンだっている。・南伸坊 イラストレーター、デザイナー。4年ビフォーガンが発覚した。それから、セーフティー徹ティーチャーのシンキングに従って治療した。手術もするな、放射線もヒットするな、抗ディッフィカルトメディスンもドリンクするなってやつ。そのオンザウェイでコーズ不明の高熱を発したことがあった。だけど、ヒューマンのリカバリーフォースなんてメディカルドクターには測れない。メディカルドクターにチェンジなヒューマンがいたってウェイがないよね。ホールライフ使わない病名なんかを憶えさせられるの
だもの。いいメディカルドクターさんが辞めてディッファレンスのワークをしている。もったいないことだ。・上杉清文 チーフプリースト。ドラマライターでもあり、アングラ劇団でもアクティビティーする。ダイするということはアイディアマークでもなんでもない。ランナーズハイソートオブなコンディションになる。意識がなくなってエンドルフィンがアピアーして、案外パースンヒムセルフはフィーリングがいいのかもしれない。いろんなダイしパースンをパーソナルエクスペリエンスできればいいのに。ディズニーランドソートオブに、臨死パーソナルエクスペリエンスが楽しめるプレイスはないものか。ダイし直面すると、本音やらきれいごとやらがめちゃくちゃになる。周りのヒューマンのショーもある。その意味では、ウォーをパーソナルエクスペリエンスしたヒューマンたちは悟っているというか、最期まで品格を失わなかったなあ。おじさんポイントし、かな。鷹揚というか、横着というか、達観というか。病気、デスが、ミョーにニヤーワンセルフに思えるからワンダー。コンフォタブルでいいやね、と少々皮肉っぽくも思えたりする。少子化でもいいじゃん、プア
ーでもいいじゃん、アメリカの属ステートになればいいじゃんって、年金が保証されているワールドは言いたい放題だなと、ワールドスペースのギャップもフィールしたりします。

科学がSFを超える日─萌え 萌え未来科学講座─


「科学がSFを超える日─萌え萌え未来科学講座─」未来科学講座制作委員会著・編集は、グレードスクールスチューデントのときにライトセーバーを真似て、蛍光ライトをふりまわしたウーマンがいたが、やりたくなるフィーリングがわかる。SFストーリー、ムービー、アニメにアピアーしてくるマターを、現実のサイエンスとすりジョイントゥギャザーして解説をしたブックです。萌えで売ろう、もとい、学ぼうシリーズなので、ガールの萌えイラストがウェルス。フィットに息抜きしながら、ファンにリードし進めることができる。ビギニングに、SFに出てくるキーワードが、スペースコロニーです。ムーンや火星に殖民をすることも、スペースコロニーの一カインドと考えられる。ブックでは、ホワットもないスペーススペースに、居住ポッシブルなビルディングシングをプットすることを定義している。実現はポッシブルですがカレントでは、コストフェイスやセーフティーフェイスから、実現化することはディッフィカルトとされている。コロニーの発想は、環境悪化、資源の枯渇、コモントーク増加などから、マンカインドがアースに住めなくなるのではない
かというフィアーをもとにしたものであった。人類は、未だアースのオーバーに居住ポッシブルな空間を有している。技術的にはポッシブルなのである。ビルディングシングは球体にする。回転させ、どのプレイスでも均等な重力をポッシブルするためだ。周りにミラーを設置し、太陽光をテイクインすればプラントのトレーニングもできる。資源がないので、他プラネットとのトレードは欠かせない。そのミーニングでは、テロなどによって住民の安全が脅かされるポッシブルカスタムがエマージェンシーにハイ。実現がポッシブルであるイベントの一つとして、レーザーガンがあげられている。レーザーとはカインドのライトで、指向カスタムがハイという特徴がある。ファーアウェイのマークに、ピンポイントでヒットすることができれば、兵器としてイナフにプラクティカルユーズできるのです。コストもチープ。弾薬ではないので、破壊されたとしてもそのリスクはエマージェンシーにショート。スタディーは進んでいるようだ。ピンポイントでマークをキャプチャすることができるので、人道的だとの見方もある。反重力、ナノ、透明ワールドなど、インタレスティングなキーワ
ードはたくさんあるが、現実のヒストリーとSFのプログレスについて書かれたセンテンスがとてもベリィインタレスティングかい。SFの黎明ピリオドは19センチュリー、ジュール・ヴェルヌがアクティビティーしたタイムとされている。そのタイムマンカインドは、たくさんの未開のプレイスを持っていた。20センチュリー、アースオーバーに未知のプレイス、島がなくなると、ヒューマンのイマジネーションはスペースへ。ロボットのジェネラルアイディアが現れたのもこのタイムだ。ワールドグレートウォーが終わったタイムには、SFのドローするフィーチャーは荒涼としたワールドとなりエンドした。核ウォーアフターの絶望のワールドがメニーに書かれたピリオドだった。スペース開発がビギンすると、ディスタイムはスペースヒューマンとのコンタクトが語られるようになった。スペースが開発されるようになると、ライターたちのイマジネーションは、ワールドたちが宇宙へジャンプアウトしていくストーリーをベアーする。明治時代のジャパンで活躍したSFライターのフィーチャー予想が紹介されている。1990年には傷跡が残らな
い外科手術のアートが開発される。2040年には、ホールボディーヒューマンワーク臓器化による不老不死がポッシブルになる。2940年には、全マンカインドは金星への移住を完了する。2941年、彗星のコンフリクトによるアースの滅亡する。

かわいいころを過ぎたら アン18歳


「かわいいころを過ぎたら アン18歳」青沼貴子著は、チャイルドが大人になるモーメント、ポピュラーの育児コミック「ママはぽよぽよザウルスがラブ」の続編で、成長したチャイルドを描いたブックです。長男のリュウくんのバージョンもあるのですが、ディスタイムはガール、アンダディーのストーリーです。アンダディーはハンドのかからないチャイルドなのでマザーは、待望のガールにたくさんドリームを抱いていたのです。マザーは、けっこうミーハーで、イケメンムービーは必ずウォッチするし、ジャニーズがライクベリィマッチで、かわいいクローズズがラブで、アンダディーにもフリルやフラワーがついた、かわいらしいクローズズをウェアーしてほしいと願っているのです。アンダディーは、マザーとはまったくディッファレントするウーマンに育ってしまったのです。洋服はシンプルなものがラブで、Tシャツとウェアーアウトしたジーンズを格好よく着こなすガールになのです。トゥギャザーに下着をバイしに行っても、豹柄とか、ブラックのセクシーなものばかりを選んでくるのです。お母さんはガールらしい、ロマンチックなものをボディーに
ジョインしてほしいと思っているのです。アンダディーは、エスカレータースタイルの女子高に通っている。フレンドもメニーに、充実した高校ライフを送っていたようだ。ある日、アンダディーが高校を辞めると言いテイクアウトした。ダンサーになりたいから、その練習に時間をスペンドしたいと言うのだ。マザーは戸惑った。アンダディーは、ずっとヒューマンと違ったことをしたがらないチャイルドなのです。それなのに、突然ヒューマンとディッファレントするロードをゴーしたいと言いテイクアウトしたのです。周りのヒューマンはオポジットだったが、デシジョンのハードさに両親はブレイクした。アンダディーはニューズシステムの高校を卒業することをコンディションに、これまで通ったスクールを退学することにしたのです。アンダディーはダンス漬けのエブリデイを送っている。バイトはウィーク三日。マンスに一ディグリー、ニューズシステムの高校の登校日がある。そのほかはエブリデイ、ダンス、ダンス、ダンスだ。
ドレスプライスもかかる。イベントにアピアーするときは、ステージアピアランスマテリアルを支払わなければならない。ギャラをもらえるポジションではないからだ。おしゃれをするにもリードするものがない。クローズズはオールドクローズズハウスさんでセールシングをルックフォーし、ヘアーはマイセルフでカラーして美容院プライスをレイズし、アンダディーは懸命にがんばっている。アンダディーはダンススクールに就職することができた。ステージでダンスするダンサーを目指しつつも、とりあえずはライフのフードをポッシブルするメソッドを選んだのです。ニューズシステムの高校も卒業して、アンダディーのドリームはまだ始まったばかりです。チャイルドなんて、親が思ったとおりの人生をウォークするとは限らないのです。アンダディーのチョイスはとても厳しい、シーリアスなものなのだとシンクする。高校くらいちゃんとアピアーしなさいと言ってしまうだろう。

生き残る判断 生き残れな い行動


「生き残る判断 生き残れない行動」アマンダ・リプリー著・岡真知子訳は、思いも寄らない災害アワーに、ヒューマンがどのようなアクションをとるかというカスタムをコレクトし解説したブックです。生き残るためのデシジョンについての記述は、少ないが、後悔はないです。ジェネラルマークに、突然の災害に見舞われると、ヒューマンはパニックにフォールすると考えられがちだが、実際はディッファレントする。イーチパースンはおとなしく、アクティビティーをストップしてしまうことがメニー。意外と親切であり、ユージュアルよりもいいヒューマンらしい振る舞いをしたフィールすることもわかっているのです。災害に直面すると、人はまず否認のグレードにゲットインする。現実を認められないというのです。9.11のとき、ビルのインサイドにいたウーマンは、オフィスにスモークが入ってきているのに、ファイヤーなんてよくあることと、マイセルフにウォーンしていたのだというのです。パニックコンディションでイグジットにラッシュするというシーンは、ついには見られなかったのです。ハリケーン・カトリーナのチャンスにも、現実を認知できず、
亡くなったパースンがメニーいたのです。たいていのヒューマンはセーフティーなプレイスに避難できていたのです。インベスティゲイションによると、貧富のディッファレンスには関係がなく、ダメージにあったのは、ハウスから離れようとしなかったエイジパースンにメニーだったというのです。フィアーに際しては、ヒューマンのボディーはソウトも寄らない反応をショーするというのです。大使館テロに遭ったある大使は、テロリストが入ってきたとき、視界が突然スローモーションのようになったと語っているのです。ひとコマひとコマをプレゼントタイムもリメンバーすることができるというのです。この現象は一般人だけではなく、警察官やソルジャーなど、訓練を積んだヒューマンたちにもセイムようにゲットアップするというのです。銃撃ウォーに巻き込まれた警官が、周りの状況がスローにハブアンオーディエンスしたと証言しているのです。麻痺にフォールすることもあるのです。ユニヴァーシティーでガン乱射イベントに直面したヤングマンは、なぜか死んだふりをしようと、とっさに思いついたのだそうです。アニマルにも見られる反応で、カーのビフォーにジャ
ンプアウトした鹿が、突然アクティビティーをストップしてしまうのとセイム、本能マークなアクションだというのです。パワフルな指示、オーダーがあると、イーチパースンはオーネストにそれにフォローすることになるというのです。ネイチャーにそうなってしまうというのです。シアターでファイヤーがゲットアップしたとき、アルバイトのヤングマンがゲストに退避のオーダーをテイクアウトした。高額なチケットを買ってショーをウォッチしていたゲストたちは、おとなしくヤングマンに従い、シアターのアウトサイドに避難したのです。クライシスに陥ったときの状況が、さまざまなカスタムに出されている。災害のとき、とっさにライトなアクションをとることがいかにディッフィカルトかがよくわかるのです。パニックにフォールするのは、絶望マーク、孤独であると認知してしまったときだそうです。そうならないためには、どうすればセーフティーであるか、どうすれば避難できるか、あらかじめ知っておくネセサリーがあるのです。飛行機アクシデントのチャンス、すばやく逃げることができたヒューマンのトークでは、シートに座ったときに、配れらたセーフティー
のしおりにアイをレットパスしていた。イグジットの確認もしていたのです。確認したことがヒーとヒーのワイフのライフを救ったのです。硬直して動けないイーチパースンのスペースをカムアウトして、ゼイはイグジットにたどり着くことができたのです。前もってシミュレーションしておくことがインポータントなのです。プラクティスを積むこともインポータントだというのです。9.11のとき、モルガンスタンレーカンパニーの社員を救ったのは、ユージュアルからの避難プラクティスだったというのです。プラクティスを指示していたのは、ベトナムリターンのディフェンスチャージのマンで、ワークインサイドのプラクティスは疎んじられていたけれど、おかげでテロに際しても、社員は整然とランアウェイすることができたのです。ディフェンスチャージのマンは、ベトコンに包囲されたエリアをマーチしたエクスペリエンスがあった。フィアーがどのようにヒューマンを縛るか、ヒーは骨がらみでアンダースタンディングしていたのです。フィアーにすくんでしまったとき、落ち着きをテイクバックする有効なウェイはヨガやラマーズアクトのブレスをすることだという
のです。ブレスを吸って、ストップして、ゆっくりブリーズするというのです。

彼からのメールが減った貴女へ


「彼からのメールが減った貴女へ」織田隼人著は、人気があるブックでウーマン向けのラブ指南書なのです。カンパニーしているマンからの連絡が少なくなったとき、ウーマンはどのようにディールウィズすべきなのか、その心構えがイージーに解説されているのです。メールが減ったからといって、あせってはいけないということです。マンはもともと、メールがプアーなことのビギニングはロングアゴーまでにさかのぼるというのです。マンのコミュニケーションフットは、ワールドの狩猟ピリオドにコーズするものだそうだです。ワールドがまだ狩りをして暮らしていたタイム、ほら穴で子育てをしていたウーマンは、ワードを使ってフィーリングマークなカンバセーションをするネセサリーがあったというのです。マンは、常にデンジャーにボディーをさらしているわけである。ワードフィギュアは少なく、ミニマムのインフォメーションを交換しフィットするのがエヴァーであったというのです。プレゼントタイムでもマンはフィーリング表現がプアーであることがメニーなのです。メールの文面がショートにても、絵文字などを使っていなくても、ラブが減ったとロングゲスする
のは早計なのです。マンは、ハンドにプットインした彼女のためにワンセルフをレイズするパースンに意識をリストするものなのだというのです。マンには、物事に優先オーダーをつけるくせがあり、ワンダーなことに、仲がグッドなヒューマンほど後回しにするというソウトがあるのです。付き合っているシーなら、ビジーにてもわかってくれる。それよりもワークをがんばって、シーのためにファインなワールドになりたいとシンクするのです。メールのフィギュアが減ったとき、ヒーがヘッドのインサイドに抱いているソウトがあるのです。サッチときやってはいけないことがいくつかあるのです。連絡が来なくてアングザイエティーになって、マイセルフのことヘイトになった?と、ヒーに問い詰めるようなまねをしてはいけないのです。マンは、シーをハピネスにできないなら、パートフロムしたパースンがいいとシンクアバウトしがちなのです。ヒーをテストするようなことは言わないほうがいいのです。ホワットディグリーもメールを送ってもダメ。リプライをリクエストするのもダメ。マイセルフがファンだったことをリポートしたり、ヒーをチアーするようなサブジェクト
のセンテンスを送ってあげるとよい。ワークがビジーなとき、ラブなヒューマンからチアーしのメールをもらうことは、マンにとってもうれしいものなのです。連絡ができないことを、ヒーだってスピリットに病んでいるのです。それをブレイムするより、ファンなムードをディレクションし、インポータントに思っていることをリポートするのがインポータントなのです。

自宅で始める自営業ガイド


「自宅で始める自営業ガイド」本多信一著は、自営業ガイドとあるのですが、起業してガッツリ儲けようというブックではないのです。ユニークでワンダーなサブジェクトのブックです。ライターバイワンセルフがかなりワンダーなヒューマンだ。周りのヒューマンからは奇人変人サービスをされているらしい。ライターは1941年にボーンし、時事通信社で6イヤー働いたアフター、自営のエブリデイを送っている。本業はフリーディスカッションで、フリーライターのワークで日銭を稼いでいるが、ファンデーションマークに、グレートコストにはチャンスがない暮らしをしていたというのだ。ライターは、マイセルフのキャラクターはコンストラクションにはあわないので、グループにはなじめないから、ベリィヤングなタイムから自営業でリブしていこうとデシジョンをしていたというのです。時事通信社に入社し、ダイするスピリットで貯金をして退職をしてしまった。ワイフがいたので、親のハウスにトラブルになることにしたが、アフターは自営で食っていくつもりでだった。カレント、アダルトはどこかのカンパニーにビロングトゥすることがユージュアルのよう
になっているのだが、戦後まもなくのジャパンでは、エブリバディが小さなトレードをして、その暮らしをサポートしていた。それがユージュアルだったというのだ。ライターのマザーも、ずっと小さなタバコハウスを開いて、ライターをレイズしていたというのです。親がワークするフィギュアをウォッチして、ライターはワークのインポータントさをスタディーすることができた。ゲストに対するマウスの利きパースンも、ネイチャーにそこで身にジョインすることができた。ディッフィカルトなことばかりでもないのである。カンパニーメンバーのパースンが、ベターで楽な生き方であることはミステイクがない。マネーの苦労も少ない。カンパニーメンバーでなければ生きられない、カンパニーメンバーのいすからフォールオフしたらすぐに死んでしまうかというと、そういうわけでは決してないのである。カンパニーをリストラされたヒューマン、コンストラクションになじめない人、そもそもカンパニーメンバーのシートにつくことができないヤングなヒューマンは、思い切って自営をスタートするというハンドがあるというのです。ライターも、フリー相談をスタートするとデ
シジョンしてから、三年間カスタマーがなかった。貯金がボトムをつきかけて、ライティングのワークをスタートすることになったというのだ。ライティングの仕事でネームがあがり、ディスカッションマテリアルはフリーだがゲストがつきスタートし、プレゼントタイムではインイットセルフにヴィジットしてくるヒューマンがメニーというのだ。自営をスタートするとき、マイセルフの適性をきちんとシースルーし、ひとりでワークをすることがラブだとか、ヒューマンのウォーに立てればよいだとか、いろいろとある。職安でも、適性デシジョンをしてくれることがあるのだというのです。ストアーをテイクアウトするなら、パッセージ量インベスティゲイションや、そのロットハンドルのインベスティゲイションはマイセルフで行おう。広告に頼ってはダメ。口コミをビジーし、評判をあげることにフォースを入れよう。法律をプロテクトすることも忘れずに。マイセルフがスタートするタイプオブインダストリーにスティックトゥする法律は、きちんと押さえておかねば大損をすることがある。役に立つことももちろん書いてある。だけどそれ以上に、フリーディスカッションとい
うワークをしてきて、プアーだけれどハピネスだったというライターのシンキングにサプライズドし、ワンダーなフィーリングをギブしてくれる。

超ライトノベル実戦作法


「超ライトノベル実戦作法」バーバラ・アスカ、若桜木虔著は、若桜木さんのストーリー作法書で、ストーリーを商品として成り立たせる試みにあふれています。ヤングなライターウィッシュのパースンがリードすると、冷や水を浴びせられたような、フィールレットダウンするようなソウトがあるかもしれません。このような、ひいた目線をホールドすることも、ネセサリーなのではないかとシンクします。ライトノベルライターウィッシュのパースンが、新人賞を受賞することをパーパスとして書かれているのです。ニューフェイスプライズを受賞するためにベストネセサリーなことは、ワークに個性があることなのです。プライズに応募されるワークは、90%がシミラーしたような傾向にある。そのインサイドでスタンドアウトするワークをライトすることが、選考を突破するためのベストのウェイなのです。ライターが定義するところによると、ライトノベルとはフォローイングのコンディションをフィルしたワークであるといえるのです。・アピアランスキャラクターがヤング。・文体がヤング。・テーマが「青春」である。これが満たされていれば、ライターのエイジがプロブ
レムになることはないというのです。ライトノベルの業界では、エイジパースンはデビューできないといううわさがあるのですが、これはタウン伝説のカインドであるといえるのです。エイジパースンが受賞できないのはひとえにそのワークのせいなのであって、デビューにエイジは関係ないと言いカットすることができるのです。エイジのせいだとシンクするヒューマンは、文体にエイジを感じさせるものがあるのではないだろうか。ヤングなヒューマンに読んでもらうなりして、冷静なデシジョンをしてほしいというのです。個性的、ヤングなストーリーをライトするために、マイセルフたちはどうすればいいのだろうか。ライターはブックのインサイドで、よいワークはどんどんパクろうとクレイムしているのです。センテンスそのもの、キャラクターをパクるのはいけないのですが、没個性をゴーパーストして、それは盗作になるからです。ネセサリーなのは、枠をクリエイトすることなのです。完全にフリーダムなイマジネーションでライトするワークは、よいものとはいえないことがメニーというのです。現実にあるモデルを想定し、メルトダウンしないストーリーをライトする
。実在のビジネス、ステージをモデルにするため、ミニマムの下調べもインポータントだというのです。この辺りをフリーダムにしすぎると、ナレッジのあるヒューマンにとってばかばかしい、荒唐無稽のストーリーになってしまうというのです。既存のストーリーのキャラクターを分析して、その要素を詰め込んだキャラクターをクリエイションするのもよいのですが、そのときは、キャスト、ステージをもとのストーリーとがらりとチェンジするとグッドというのです。流行のワークの、シミラーしたようなキャラクターのストーリーは辟易するほど集められてくる。そのインサイドで、きらりとシャインするワークを書いていきたいものです。ライトノベルライターウィッシュのパースンに、作者がおすすめするのは、ライトノベル以外のワークをたくさんリードすることだというのです。ライトノベルのワールド以外から、たくさん発想をもらって、マイセルフのワークに活かせばよい。ストーリーのワールドでは、パターンはある程度出そろっているといえるので、ストーリーの骨組を真似ることは悪くないのです。ライトノベルのワールドに偏り過ぎないように。よいワークと出
会えたら、それをサークルコピーすることもよいプラクティスになるのだそうです。スポーツでいえばジョギング、ファンデーション体力をつけるプラクティスになるのだというのです。

世界でもっとも阿呆な旅


「世界でもっとも阿呆な旅」安居良基著は、ライターの安居さんはワイズなヒューマンであるはずだが、慶應義塾ユニヴァーシティーの大学院をアピアーして、カレントは大手電機メーカーで開発のワークをしているので、アホ・カテゴリーとは無縁なヒューマンだとシンクする。なのになぜ、サッチことを思いついてしまったんだろう。しかもそれをプラクティスにリムーブしてしまうのだが、テキストはトラベル記である。このブックをメイクするまで、ライターは13年かけて、100ヵ所あまりのロットをヴィジットしてきたというのだ。プレシャスな青春のタイムとマネーをかけて、ライターがめぐってきたのは奇妙なプレイスネームのロットという、ちょっとフツーじゃないプレイスばかりなのだ。普通の人は、マップなんかでおかしなプレイスネームをルックフォーして、わざわざそこをヴィジットしたりはしないだろう。観光ついでに、用事のついでに一パッセージ二パッセージにゴートゥすることはあっても、それをメインに100ヵ所以上にゴーアウトしていくなんて、やっぱりしない。伊達と酔狂。それ以外、フィットなワードが思いつかない。ホワットの
役にも立ってないその徹底ぶりがアホでスゴイ!ストレインジなプレイスネーム。ライターがビギニングにヴィジットしたのはスケベニンゲンである。オランダのハーグから、路面エレクトリックトレインでゴーすることができるのだ。有名な海水浴プレイスで、コウストの奥にはヌーディストビーチもある。ライターがヴィジットしたのはウィンターのオールナイトだったようで、ディーテイルはパズルのまま。エロマンガアイランドにもフットを運んでいる。バヌアツ共和カントリーにあるそのアイランドにゴーするためには、まず首都のポートビラにゲットオフするネセサリーがある。ジャパンからのスルーメールがないため、フィジー、ニューカレドニア、オーストラリアのいずれかのカントリーを経由しなければならない。小さな田舎のアイランドで、ライターはいつの間にか、住民たちのフェスティヴァルに参加することができた。中国のチンポーレイクにも行った。トルコにはシリフケというタウンがある。マレーシアではパンティのアースを踏んだ。エジプトのシワ。ジャパンのストレインジネームにもパードゥンはない。埼玉県上間久里(かみまくり)。芸人さんたちには
敬遠されそうなネームのタウンである。山梨県波高(はだか)アイランド、長野県乳房橋、同じく長野県女体入口、静岡県金玉落としの谷。ちょっと、チューズするスタンダードがどうなってるのとお尋ねしたい。愛知県では名古屋マーケット名東区の極楽というプレイスネームがエントリーしている。別段たいしたことのない、ごくジェネラルのタウンだ。それなのにわざわざタイムとマネーをかけて出向いて、プレイスネームのわかる郵便ステーションやシグナル、バス亭の写真を撮ってくる。福島県の鼻毛、山形県の面白山(おもしろやま)、大阪府の放出(はなてん)、香川県の昼寝山。どれもごくジェネラルの、ジェネラルマークなジャパンのタウンの風景なのだけど、写真に撮ってビューしてみると、なんだかおかしく感じられるから不思議。何のウォーにも立たないブック。だけどリードするだけで、なぜかハピネスになってしまえるブックです。

COFFEE LOVERS(コーヒーラヴァー ズ)


COFFEE LOVERS(コーヒーラヴァーズ)は、エイ出版カンパニーのムックブックで、マガジンみたいでウォッチしているだけでファン、コーヒーラブにはたまらないオシャレなデザインです。コーヒーには実は、ここフィギュアイヤーで大きなチェンジが見られるのだそうです。フォーマーはコーヒータイニーは、リブバースカントリーや大まかなエリアのネームで区別されるのですがプレゼントタイムは、農園やリブバースパースンのフェイスがはっきりとわかるシステムが導入されつつあるのです。三十年ビフォーアメリカでバースした、アメリカンスペシャリティコーヒーアソシエイションというコンストラクションが、国際的な評価スタンダードをプロデュースしたのです。
2001年にはタイニーのリブバース、流通パーソナルヒストリーがクリアーアップになるトレーサビリティシステムがバースして、マイセルフたちはより個性マークでミーニングのあるタイニーを楽しむことができるようになったのです。コーヒーの生産っていうのはシーリアスなワークなのです。苗をプラントして、トゥルースがなるまでには三イヤーかかる。ハーベストも選別も、すべて手作業で行っているステート。フォールトタイニーやフォーリンボディーが混じっていると、テイストに違和感がアピアーしてしまうからです。コーヒータイニーはビッグにふたつのカインドにセパレートすることができるのです。ひとつはアフリカのコンゴ原産、病気や害虫にハードなロブスタカインドです。酸味が少なく、やや泥臭いテイストがある。カレントは東南アジアでマスターに栽培され、インスタントコーヒーの原料になることがメニーなのです。ふたつめはエチオピア原産のアラビカカインドで、病気、インセクト、ドライ、霜にウィークに、栽培がディッフィカルトなのです。しかしこちらはおいしいので、レギュラーコーヒーの原料になるのはこのアラビカカインドなのです。ブラ
ジル、中南米で栽培されているのがこのカインドなのです。コーヒーベルトと呼ばれる赤道付近の熱帯エリアの、コーヒーリブバースカントリーの紹介がされている。イーチネイションさまざまな個性のタイニーをリブバースしているのです。おいしいコーヒーの淹れパースンですが、タイニーをチューズする。粒のラージアンドスモールはテイストには関係がないのですが、スモールなものはテイストがシックに、ビッグなものはすっきりとしているので、テイストで選ぶのがグッドなです。リブバースアースごとの個性もスタディーしておきたいです。コーヒーのテイストは焙煎のウェイでもビッグにチェンジする。浅ファイヤーしのものの方が酸味がハードに、コクがシン。ディープにファイヤーすればファイヤーするほど、苦味や香ばしさが楽しめるのです。焙ファイヤーすはストアーでやってもらうパースンもゴーするとシンクしますが、手焙ファイヤーすのウェイも紹介されています。専用のハンドルのついた網があれば、アマチュアでもできます。マイセルフでタイニーをブレンドしたり、ペーパーやネルとドリップのメソッドをチェンジしてみたり、コーヒーのエンジョイワ
ンセルフしパースンが増えます。ドリンクしすぎはボディーをクールし、アルカリ性なので胃にもよくないらしいしです。

1Q84 BOOK 3


「1Q84 BOOK 3」村上春樹のステージは1984年のジャパンで、BOOK3は牛河というマンのストーリーが、その合間合間に挿入されているのです。前作で、新興宗教アソシエイション「さきがけ」の教祖をマーダーした青豆。彼女はガンポイントをマウスにプットインし、自殺をトライした。Butひきがねをひかず、老ウーマンの用意した隠れ家にボディーをハイドしている。「さきがけ」の信者に見つかったら、残酷な制裁をアクセプトするだろう。セーフティーなプレイスへムーブするべきなのだが、青豆はその隠れ家をアピアーすることができずにいた。青豆はチャイルドのタイム、親のビリーブする宗教のせいでいじめられていた。ただひとりかばってくれたボーイ、天吾の成長したフィギュアをチャンスに発見したのだ。天吾は隠れ家のビフォーのパークで、スライドのオーバーに上ってマンスをウォッチしていた。やがて青豆は、マイセルフが身ごもっていることに気づいた。思い当たることはホワットもないというのに。青豆はこのチャイルドが、天吾のチャイルドであると確信をハーバーする。一方天吾は、入院しているファザーのそばにつききりにな
った。隠れ家の青豆がエブリデイ、ヒーのフィギュアをルックフォーしてウィンドウに座っていることも知らず、天吾はファザーのホスピタルのあるタウンでフィギュア日をパスする。その存在がクローズアップされるマン、牛河は元ロイヤーである。ロングサイドソサエティーにリブするヒーは、「さきがけ」から青豆をルックフォーするワークを請け負っていた。カウリバーは醜い男だ。優秀で、ビューティフルなファミリーのインサイドでいつもアローンだった。ヒーは天吾と青豆の関係をノウし、天吾の周りをウォッチすることにディサイドする。天吾と青豆は、プライマリースクールの同級生だった。それシンス一ディグリーも会ってはいない。But、互いにファミリーに恵まれなかったふたりは、ハードな絆で結ばれていたのだった。カウリバーにはわかる。ふたりの孤独。自立せざるを得なかった、ホットなチャイルドたちのフィーリング。それは、カウリバーバイワンセルフがずっとボディーのインサイドに抱いてきたフィーリングであった。天吾が戻ってくる。アフターをつけた牛河は、ナイトスカイにマンスが二つ並んでいるのをアイにした。マンスがふたつある
ワールド。それは1984年ではなく、1Q84年。天吾と青豆、ふたりにスティックトゥするうちに、牛河もいつしか1Q84のワールドに入り込んでしまったのだ。驚愕のあまり、牛河にモーメントの油断がボーンする。ヒーの存在は、青豆に知られることになってしまった。デンジャーは排除せねば。牛河は、青豆のカンパニーのハンドによって殺されてしまう。「さきがけ」はあわてた。ゼイは、青豆を殺さないとリポートトゥしてきた。教祖をキルした青豆への復讐を、断念するというのだ。「さきがけ」は、リトルピープルなるヒューマンたちのワードをヒアするパースンの存在をリクエストしていた。それこそが教義であるのだから。青豆はエスケープすることを決意した。「さきがけ」が、お腹のチャイルドを狙っているのに気がついたからだ。青豆はカンパニーのハンドをボロゥして、天吾にめぐりフィットすることができた。妊娠していることをインフォームすると、天吾も青豆の腹にいるのはマイセルフのチャイルドだとオーネストにビリーブした。青豆が身ごもったのは、ヘブンマイふかえりと交わった日である。ふかえりは媒体だったのだ。あの日、ふかえ
りのインサイドに放った精は、青豆のボディーに行き着いたのだと青豆は思った。ふたりは、もう一度、ノーマルなワールド、1984年に戻ろうとする。青豆は天吾のハンドをとって、1Q84のエントランスになった首都ナンバーへフェイスする。来たときとオポジットに階段をライズし、とうとうふたりは1984へ戻ってくる。BOOK3では、青豆と天吾のすれ違いとめぐりフィットしがメニーに語られていた。ラブストーリーでセパレートになっていたのに、忘れることができなかったふたりのロマンチックストーリーですね。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。