本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電子書籍の衝撃


「電子書籍の衝撃」佐々木俊尚著は、キンドルは、ネット書店のフロントキャッスルゲート、アマゾンがプットオンセールした携帯モデルエレクトロニックブックリーダーで、ブックをダウンロードして読める端末機なのです。シンプルでユーズしやすく、電池のホールドしもよい。米国では2年余りで300万台を売ったヒット商品なのです。ipadもセールされブックをリードするための携帯端末機は、シェアの確保にしのぎをけずっている。アマゾンはブックのプライスをハングし、ipadは出版カンパニーサイドにベターなプライスをクリエイションしてブックのラインナップを充実させている。アップルの戦略は定価は出版カンパニーにクリエイションさせ、売上のインサイドから手数料をプルするというものである。ここで、フォーマーにダウンロード販売が主流になりつつあるミュージックインダストリーをウォッチしてみると、このストリームが始まったとき、ミュージックインダストリーにはヴァイオレントなリカバリーがあった。ライティングライトが侵害されるというわけである。ネット販売をイグザミネーションマークに行うカンパニーもあったが、ダウン
ロードしたミュージックにリターントゥライフピリオドをクリエイトするなどして、バイパースンの不興を大いにバイすることとなったのです。ミュージックのダウンロードがジェネラル化したのは、ミュージックを安価にし、リターントゥライフタームを撤廃し、操作がシンプルな器具がアピアランスしたからなのです。このストリームがブックにあてはまらないと、フーが言えるだろうか。ブックはインフォメーションである。インターネットのアピアランスまで、コモンピープルにとってインフォメーションは、一方的に与えられるものであった。限られていたのだからイーチパースンは、エブリバディが持っているものをホールドしたいとシンクし、ネイチャーにそれをリクエストしてきた。Butディマンドは細分化しつつあり、ホワットがラブか、ホワットをインニードオブフィールするか。マスコミがリードして作っていた流行が、当てはまらないのが現代のフィギュアである。エレクトロニック書籍がスプレッドすると、ブックの出版がプレゼントタイムよりもずっとイージーになるだろう。カレントでも、エレクトロニックブックでISBNコードをゲインし、販売
することはポッシブルなのである。出版インダストリーはイヤーバイイヤー劣化している。ライターを育てようという意気込みをルーズし、ヒットライターのワークや、セルしやすいワンセルフ啓発書ばかりがセールされるソサエティーである。エレクトロニック書籍のスプレッドはこのストリームをチェンジするポッシブルカスタムがある。小さなカンパニーが無名のライターをレイズし、売り出すことがポッシブルになるからである。個々人の小さなディマンドに、小さな出版カンパニーがこたえることが、エレクトロニックブックではできるようになるのです。このとき、キーになるのはライターの全面的なプロデュースで、マスコミの操作はポピュラーユーズしなくなる。口コミ、ネットオーバーでの評判などがインポータントになるのです。ネットオーバーでのライターの露出、ツイッターやSNSでのゲストの囲い込みが売上を握るキーになる。そのミーニングで、出版カンパニーはライターの全面的なバックアップとプロデュースをしなければならない。ブックはエッセンシャリー、プライベートパースンマークなテイストで求められる商品である。エージェンシーの力が
ビッグに、定価販売が義務付けられているカレントでは、ホールカントリーどこの書店でもシミラーしたようなブックが売られている。そうではなくて、個々人のテイストをうまくつかむことが、生き残りのための戦略になるのである。活字離れが嘆かれているが、ブックをリードするヒューマンのフィギュアは増えているのだという。ネットオーバーでのインフォメーションもほとんどが活字であるのだし、ヤングなヒューマンはアゴーよりも、活字に対するフレンドシップカスタムがハイなのである。ブックが売れないのはプライベートパースンのテイストをつかめないせい。つまらない、シミラーしたようなブックばかりが出版されるせいだとライターはシンクアバウトしている。ブックもいずれ、携帯端末機でフツウに売られるデイオブマンスが来るのだとシンクする。
スポンサーサイト

世界のフェスティバル&ス イーツ ─クリムとドリムの冒険 ─


「世界のフェスティバル&スイーツ ─クリムとドリムの冒険─」吉田菊次郎著は、キャンディーのワールドカップの本で、世界中のフェスティヴァルと、それにちなんだキャンディーをコレクトしたものです。お祭りのヒストリーやいわれ、食べられるキャンディーのミーニングを解説している。写真ウェルス。レシピもあるので、アームに自信のあるパースンはぜひチャレンジしていただきたい。取り上げられるのはカナダ、ケベックのメープルシフォン、チェコのそば粉クレープ、モンゴルのスポーツ祭り、ナーダムフェスティヴァルのヨーグルト菓子、フランスの赤ワインケーキなど。さまざまなカントリーとフェスティヴァルがアピアランスされているが、やはりここはワールドカップにリスペクトを表して、決勝リーグに残ったカントリーのものをテイクアップします。・C・ロナウドのバックシュートはすごかった。ポルトガル。ポートワインの産地、ポルトでは、エブリイヤー6月23、24日に聖ジョアンをオファーするフェスティヴァルが行われる。知名度は抜群で、国内からメニーのゲストがヴィジットするそうだ。シーのニヤーのこの
タウンで、イーチパースンは鰯をほおばり、ワインにゲットドランクし、プラスチックのハンマーでピコピコ互いをたたきあう。フレンドシップなファンなフェスティヴァルのようだ。食べられるのはカステラにシミラーした小麦とエッグのキャンディー。パン・デ・ローと呼ばれ、大セイルピリオドからイーチパースンに愛されている。エッグ、グラニューシュガー、薄力粉にワインをミックスしてベイクするのだが、ミドルが少し生焼けなのがいいらしい。・オランダ。ジャパンウォーはヘルプに熱がゲットインしました。オランダがバーンする日。それは先代のユリアナクィーンのバース日だ。4月30日、その日はクイーンズデイと定められ、ビューティフルなフラワーで飾られたフェスティヴァルカーがタウンをパレードする。オレンジのデイオブマンスとも言われており、イーチパースンは何かしらオレンジカラーのものをボディーにジョインしてタウンにアピアーするのだそうだ。オランダのイーチパースンがラブするキャンディーはホレンダリーという焼き菓子。フランスのタルトにシミラーしているが、ドイツのマジパンの手法もハーベストしている。近隣カル
チャーのエフェクトを大いにアクセプトしながら、その菓子のカラーはオレンジである。オランダらしいキャンディーなのだ。クイーンズデイは先代女王のバース日を祝うデイオブマンスであり、現クィーンのバース日はナショナルホリデイにはなっていない。カレントのクィーン陛下のバースデイオブマンスはウィンターのさなかにある。ウィンターよりもスプリングにアブセントししたいというのが、オランダナショナルのシンキングなのである。アメリカは、ブロッコリーやほうれん草、小松菜ピーマンなどをパイクロースで焼いた緑のキシュが。ブラジルは、コーヒーテイストのスポンジケーキをコーヒーテイストのバタークリームでデコレートするコーヒーのアントルメが、それぞれ紹介されている。チャイルドの頃ぼんやりビューしているのがライクベリィマッチだった。作ってくれとマザーにせがんだこともある。ハピネスなフィーリングになれる一冊です。

幸運の女神を味方にする方法


「幸運の女神を味方にする方法」森田健著は、中国にはパンツのカラーをヒットする占い師がいるのだというのですが、ピースオブマインドいただきたいのは、ヒーはホワットもクローズズのインサイドをルックスルーしてみているわけではないということなのです。占い師のビフォーに客がシットする。そのディレクションをファンデーションに、ヒーはパンツのカラーをゲスライトする。ウェストにシットすればレッドパンツ、イーストにシットすればブルーパンツと、ワンダーとぴたり、アプライするのだそうだ。ヒューマンの運命は、実は9割のパースン決まっているのである。このヒューマンのビフォーに青パンツ、もしくはレッドパンツをはいてシットすることは運命に定められていたことなのである。中国にはフェイスのトゥギャザーをウォッチして運命をデシジョンするアートがある。フェイスなど、ボーンし決まっているものなのだから、運命はほぼ決まっていると言って過言ではない。ストリームに逆らおうとしないこと。すべてをありのまま、レットイットビーでリブしていくことがグッドラックの女神に愛されるメソッドといえる。Butこの女神、実はツ
ンデレメイドさんなのだ。がつがつしているヒューマンにはあまり微笑んではくれないのですが、ヒューマンが問いかけることにはついマウスをテイクアウトしてしまう、フレンドリーなキャラクターをしている。オーネストではないが、実はカインドなツンデレ体質だ。バーやエレクトリックトレインで北京オリンピックのランドランナー、めちゃくちゃアーリーなヒューマン、フーだっけボスト?ボート?というカンバセーションがセイドトゥビーしてきたら、あなたならどうシンクアバウトするだろう?ボルトだよ、ボルトと、割ってゲットインしたくならないだろうか。グッドラックの女神はエブリデイ、サッチフィーリングで動いているのである。ヒューマンの問いかけ、これについ、マウスをテイクアウトしてしまうおせっかいなパートがある。ウィッシュするのではなく問いかけよう。マイセルフのドリームはいつかなうか。100万円貯めるにはどうすればいいか。マテリアルマークなフィギュア、期日をアスクすることが大切だというのです。すると女神はかいがいしくワークするメイドさんになって、あなたに予兆をティーチしてくれる。ライターのケースは中国の
占い師に頼っているが、ストライクホームレートはテリブルほどなのである。風水の考え方を取り入れて、女神をコールインすることもインポータントだ。玄関をきれいにしよう。きれいな玄関には、女神はふらりとドロップインするものだ。ラッキーカラーにもスピリットをつけてみよう。カラーには五ラインというものがある。ブルー、レッド、イエロー、ホワイト、ブラックがそれだ。モーニング、ディープブレスをひとつしてひらめいたカラーをボディーに着けよう。それがあなたのラッキーカラーである。インサイドをチェンジするのはディッフィカルト。外見をきれいにすることで、運気は上昇にターンするものである。ファンデーションマークに中国のウェイオブシンキングをメニーにハーベストしたもの。風水や占いしかり。この方のおすすめするのは六爻占アートという占い方法なのだけど、フリーで試せるサイトも紹介されている。

BORN TO RUN 走るために生まれた ~ウルトラランナーVS人類最強の ”走る民族”


「BORN TO RUN 走るために生まれた~ウルトラランナーVS人類最強の”走る民族”」クリストファー・マクドゥーガル著・近藤隆文訳は、リードアウトすると止まらず、ブックなどスローアウトしてランしてゴーしたい衝動に駆られるストロングなインパクトのあるブックです。ライトなジョギングにアピアーしたライターは、ニーにハードなペインをフィールしてドクターに、マイセルフのフットはなぜ痛むのか?ドクターはランすることがプロブレムだ。ランすることはボディーにディッフィカルト、注射を打っても治らなかった。アンダースタンディングがいかないライターはあるとき、メキシコのデザート、岩山のインサイドにハイドしリブインするワンダーなピープルのことをイアーにする。タラウマラレース。ゼイはランするピープルなのだという。ゼイのフェスティヴァルはランすることだ。トウモロコシのビールでパーティーをしたそのオーダーの日に、ゼイはサドンにレースをスタートする。普通のレースではない。ゼイはサークル二日、厳しい岩山をランしコンティニューする。スペシャルなストレッチもしない。もちろんナイキの靴なんか持っていない。
ゼイがはくのはレベルなサンダルだけだ。タラウマラレースがアメリカでネームをギブしたのは、レッドヴィルトレイル100というレースで、ホワットディグリーも優勝をフィニッシュしたからだ。レッドヴィルトレイル100とは、4680mの高低ディッファレンスのあるディスタンスを、160kmもランするグランドなものである。1983年に始まったそれに、タラウマラレースは参加して、圧倒的な走りをショーしたのです。バッドラックだったのは、タラウマラレースをコーディネイトしたアメリカヒューマンが欲深だったことだ。タラウマラレースはレースからフィギュアを消し、そのことで返ってゼイのミステリーカスタムがライズすることになった。ライターはついで、タラウマラレースに魅せられ、ゼイのローグレードでただランするだけの暮らしをしているアメリカヒューマンがいるとヒアする。そのマンはカバーヨ・ブランコ、つまりホワイトホースと呼ばれているらしい。ライターはメキシコのアースへゴーする。麻薬マフィアがたむろする国境付近のタウンだ。ろくにテレフォンラインも通っていないそのタウンで、とうとうライターはカバ
ーヨに対面することになる。カバーヨは、アメリカヒューマンのランナーとタラウマラレースのレースをこのアースでパフォームしたいとシンクアバウトしていた。アメリカにはウルトラランナーと呼ばれるヒューマンたちがいるのだ。ウルトラランナーが参加するのは、タウンインサイドをランするマラソン大会ではない。フォーレストのインサイド、マウントのインサイドをひたすらランするのがウルトラマラソンと呼ばれるゲームなのである。ここで、ウルトラランナーたちのオーネストをランアフターしながら、ヒューマンがランすることについての考察がなされている。ヒューマンはもともと、ランするために生まれたアニマルだ。ランするフォースを生まれながらに持っているのである。ランすることは本能であり、ハピネスだ。ランすれば病気はなくなってしまう。うつ病もディッフィカルトも、ランすることでリカバリーの兆しがアピアーするのである。ヒューマンはランするからエイジするのではない。ランするのをやめるからエイジするのだ。プログレスの途中で、ヒューマンはランするアビリティーをハンドにプットインした。獣をやりでハントするのではなく、獣が
ゲットタイアードしてブレイクダウンするまでヒューマンはただランし、ミートをハンドにプットインしてきた。マンもウーマンもオールドパースンもチャイルドも、エブリバディが走ってリブロングしてきた。タラウマラレースのオールドパースンが鹿のひずめがブレイクするまでランダウンしてブリングダウンしたとスピークするのを聞いたことがある。それはトゥルースだったのだ!では、なぜ現代ヒューマンのニーは痛むのか。著者はビギニングのクェスチョンにカムバックする。タラウマラレースとアメリカヒューマンのディッファレンス。ケニアのランナーと現代ヒューマンのディッファレンス。それはステップをパックする文明のコンビニエンスだ。最ハイクラスのシューズをはくランナーは、ロープライスなシューズのランナーよりも怪我をする確率が123%もハイ。靴ボトムのクッションが、フォームを乱しているのだという。フットはこき使われるのがラブだ。シンなボトムのタイアードの靴のパースンが、フットはプレザントに走れるのである。はだしでランしてきたヒューマンのフットは、クッションのある靴に未だ適応できてはいない。ライターはウルトラ
ランナーを引き連れてタラウマラ族のローグレードへゴーする。ラストで語られるレースは興奮、感涙モノ。もうモーストに興奮した一冊で、ブルースカイのローグレードでリードするのはヤバイブックです。

図解「読書のすすめ」店長が語っ た「強運をよぶ本屋さん」の成功法則実 践ノート


「図解『読書のすすめ『店長が語った『強運をよぶ本屋さん』の成功法則実践ノート」池田光著のライターの池田さんは「読書のすすめ」というネームの書店のショップマネージャーさんなのです。ユニークなストアーコンストラクションがテレビにも取り上げられたのです。池田さんはメインビルディングのルーツはテンプルであるとシンクアバウトしているのです。インフォメーションツールの少なかったピリオドに、ナレッジとカルチャーをギブするのがテンプルのパートで、そのストリームを汲んだのがメインビルディングなのだというのです。カレントは収縮のピリオドだ。コンディションもワールドも縮こまってばかり。サッチピリオドだからこそ、池田さんはお客さんとトゥギャザーになって成長していきたいとシンクアバウトしているのです。ときには説教もする。リードしたいブックをトゥギャザーになってルックフォーしてあげる。ブックをセルするだけではなく、お客さんがミートするファンなサロンになればよいと、そんなドリームを抱いているのです。このブックでは、池田さんがメニーのブックとお客さんに接しながらポッシブルしたレッスンが紹介されている
。大きなキャラクターでレッスン、そのネクストトゥに解説というフォーム。コミック、イラストもかわいい。
・メニーの80%からスリップアウトして少数スクールの20%を狙う。成功するのはチェンジなヒューマンになることなんです。うまいラーメンハウスとまずいラーメンハウスがある。どちらにゴーしたいかとアスクすると、意外にも後者をチューズするヒューマンがメニーなのだという。変わっているのを恐れないこと。サクセスパースンは常にグレートナンバースクールからスリップアウトしたパースンなのだ。
・ロングゲスだっていいんです。それが潜在アビリティーを発揮させる。ラブリーなロングゲスなら、どんどん間違ってください。バルセロナオリンピックのとき、マラソンランナーの有森裕子さんは、ルートの人々が自分のネームをコールアウトするのをワンダーに思っていた。アリモアリモとイーチパースンが叫んでいるのだ。ヘルプしてくれていると張り切ってランしフィニッシュすると、実はそのワードはスペインランゲージのアニモがんばれというミーニングであることがわかった。有森さんはロングゲスをパワーにチェンジしたのです。池田ショップマネージャーは斉藤ひとりさんの大ファンでもある。
・ディッフィカルトなワードは人に病原菌を撒き散らすのとセイム。常にマイセルフの機嫌をとって、徳があると思われるヒューマンになってください。他人のムードばかりとっていると、不機嫌になってディッフィカルトなワードを撒き散らすようになる。マイセルフのムードをとって、常にブライトなフェイスでいよう。ニコニコしたヒューマンはルームがあり、徳があるヒューマンだと思われるものだ。
・成功する考え方。シンプルにすること。パーストは変えられないが、フィーチャーは変えられることをノウすること。松下幸之助さんもおっしゃっている。レインが降ったらアンブレラをさす。それがスペースの摂理に従った経営だ。パーストを前向きにキャッチし、物事をシンプルにシンクアバウトする。サクセスとはシンクするよりもシンプルに来るものである。ショップ経営のシークレットも。ビジネス書のスペースに写真コレクションを置いたり、なぐり書きのポップをセットアゲンストしてみよう。ゲストをびっくりさせること。ゲストを飽きさせないことが、商品をハンドにとってもらうコツである。ワンセルフ啓発書からのレッスンもメニーにあり、特に斉藤一人さんと立花大敬さんにはスペシャルにページが割かれています。巻末にはおすすめのワンセルフ啓発書も紹介されている。このハンドのブックがラブなパースンにはとってもプロフィットな一冊です。

お客様を3週間でザクザク 集める方法


「お客様を3週間でザクザク集める方法」高田靖久著は、空欄が設けられ、リードしながら書き込んでいけるようになっているタイトルストリートの、21日でサブジェクトをプラクティスできるように作られていて、マテリアルマークなメソッドをスタディーすることができるブックです。著者はショップ向けの販売コントロールソフトをセルするビジネスマン。ショップ経営パースンのライティングでないのがミソといえるか。集客のできるストアーを冷静に分析している。参考書籍もフルに、サードパースンのアイでショップ経営をウォッチしているのがインタレスティング。ビギニングにやることは売上をトゥワイスにするとデシジョンすること。デシジョンなきところにリザルトなし。マークのデイトを書き込もう。売上をトゥワイス。このマークにたじろぐかもしれないが、分解するとそうディッフィカルトなことではない。売上とは客数、バイ頻度、ゲスト単価をかけあわせたものなのだ。それぞれを1.25倍ずつすれば、売上はトゥワイスになるのである。グレートエフォートも1.25倍。これくらいならできそう。では、ホワットグレートエフォートを
すべきか。知るために、繁盛ストアーでショッピングをしてみよう。ここではニューズ販売のストアーがカスタムとしてあげられている。メールオーダーカンパニーがしているグレートエフォートはふたつ。フレッシュカスタマーをワイドにコレクトすること、そのゲストにリピートしバイしてもらうこと。たとえばサウンド食品のやずやというカンパニーがある。このカンパニーでショッピングをすると、アフターに10回くらいサンプルが送られてくる。一ディグリーに100円として、10回だからサウザンドマネー。継続カスタマーをレイズするため、やずやはそれだけのコストをかけている。無駄であるのか? カスタマー獲得のコストをシンクアバウトするとき、そのゲストがドロップする一ディグリーきりの金額をシンクアバウトしてはいけない。ゲストがマイセルフのストアーで継続してショッピングをするライフタイムバリューを考慮に入れるべきだというのです。チラシをまく。一万円かかったとする。来たゲストはひとり売上金額は一万円。損かとシンクするが、そのゲストがレギュラーカスタマーになってくれればシンプルに取り返せる金額だ。ロング
なアイで客をレイズすることもヘッドにプットインしておくべき。フレッシュ獲得は投資と考えよう。モノが売れるのにはタイミングがある。フードアンドドリンクストアーなどだと、イベントとしてファミリーニューイヤー、入学スタイルサマーバケーションなどのある月とないマンスの売上は大いに違ってくる。フリータイムなときにじたばたしない。このタイムにプライスをハングするなどもってのほか。ニーズがないのだからウェイがないのだ。オポジットに、ニーズがハイなタイムにはポジティブマークにフレッシュ獲得のためのアクションをしよう。このタイムにコストを集中させることがライトな販促である。ニーズがメニーなタイムにゲストの裾野をスプレッドしておくと、アフターザットも継続してユーズしてもらえるポッシブルカスタムがエマージェンシーにハイ。イベントをプランし、それを予告することで継続的にフットを運んでもらう手法がある。予告するということが、このケースのミソである。テレビプログラムでもそうではないだろうか。次回の予告が優れていれば、オーダーの放送が待ち遠しくなる。ネクストタイム、次々回くらいまでプランをシンクア
バウトして、グレートに宣伝するとゲストもプレジャーにしてくれる。ライバルカンパニーとアソシエイション戦線をプットトゥギャザーするのもリブしなのだ。美容院ならセイム美容、ファッション関連のカンパニーとイベントをプットトゥギャザーする。DMはライバルカンパニーのエンベロープをもらってきて発送したい。なじみのストアーからのノーティスなら、読んでもらえる確率が高いのですが、カスタマーインフォメーションは渡さないように。ライバルストアーには封筒だけ下さい。アドレス書きはうちでやりますと提案しよう。互いにチャージをかけず、インフォメーションはコントロールしながらゲストをアッドトゥしていくのです。このご時勢に、売上をアッドトゥするなんてとてもシーリアスなことだとシンクするし、実際にはやはりシーリアスなのだとシンクするけど、やりようはあるのだなと感心した一冊です。

毎日がおひとりさま。─ゆるゆる 独身三十路ライフ


「毎日がおひとりさま。─ゆるゆる独身三十路ライフ」フカザワナオコ著は、いやらしいとシンクしつつ、ディッフィカルトな優越フィーリングにおぼれそうになる一冊で、優越感、安心フィーリング、そして共感できるブックです。三十代ウーマンのイラストエッセイで、ライターは、シングルフリーのイラストレイターなのです。貯金もなく、ハウスにこもってだらだらパスするエブリデイを描いたものです。大してウォーには立たないとシンクするが、あるミーニングでとてもほっとさせられるブックです。フカザワナオコさんの一日は、朝十時、編集さんのテレフォンで起床する。フリーなのでレギュラータイムにアピアーしてゴーするネセサリーがないのです。フィットなブレックファーストをとって洗濯をして、ワークにとりかかるがハンドが動かない。メールチェックしているうちにネットで遊び、アフターヌーンはコミックを読みふけってしまう。イーブニングからようやくワークにビギンし、ポーズしたらイーブニングドリンク開始。一日、一歩もアウトサイドに出ず。酒を飲んで寝て、またぐだぐだのモーニングが来る。一人暮らし。ミールを食べさせる相手はいない。
フォース、マイセルフのミールはフィットなものになる。ヨーグルトにプレーンを乗っけてブレックファーストのレディし。ヌーンはたいていバッグのラーメンをボイルするか、納豆ミール。ウィンターは一ヒューマンでポットをつつく。ベジタブルがたくさんカムオフするからちょうどいいのだ。チャイルドがいて、ハウスをビルドするフレンドがいると落ち込んでしまう。高校ピリオドはセイム道のオーバーにいたのに、ホワットが違ってしまったんだろう。ワークはフリー。収入は安定せず、貯金もろくにない。フレンドに愚痴を聞いてもらうが、結婚すれば安定するのではのシングルワードで撃沈してしまう。彼氏もいないエイジサーティライフだ。マネーは作るもの。支払いのプログラムがあったので、インポータントにしていたマネー八ティーチャーのDVDを売ることにした。4万円で買ったのに、売値は3千円にしかならなかった。それでも、とライターはなんとかなるさ。トゥモローのことなんてフーにもわからないしさ。とりあえずとりあえず、小さなワークでもがんばってこなしていこう。ファンデーションのない自信だけど、つぶやいてみずにはいら
れない。おひとりさまの悲しみを実感したのは、歯ブラシスタンドを買ったときだった。100円ショップにゴーする。かわいい歯ブラシスタンドをルックフォーするが、あるのはすべて家族タスク。ひとりタスクのものなど並んではいなかった。ようやくディスカバーした吸盤で張り付くタイプのものを買ったが、ウォッチするたびにあのさみしさが甦る。読んでラフしながら、マイセルフはセーフなんて思ってしまう。ディッファレンスにどうというブックではないし、グレートウォーには立たないとシンクするけど、落ち込んでいるときに読んだらスピリットがコンフォートになりそう。トラブルメニーなエブリデイをコミカルに、そして赤裸々に描いたライターのキャラクター、アビリティーにサンクス。トゥギャザーにがんばろ、と思える一冊です。

ゲゲゲの女房


「ゲゲゲの女房」武良布枝著は、テレビドラマも大人気のコミックハウス、水木しげるさんのワイフの自伝マークエッセイです。ライターの武良布枝さんは島根県安来市でボーンしたアフターにハズバンドになる水木しげるさんは鳥取県境港市のバースで、ふたつのタウンは中湖というレイクをはさんでオポジットショアにプレイスしている。ワイフはベリィヤングな頃から、水木さんのホームタウンをビューしてリブしていたのだそうです。ワイフはパブリックにアピアーすることがヘイトし、おとなしいドーターだった。戦後はおうちのヘルプにアクティビティーし、もう少しで婚期をセットフリーするところだった。紹介されたのが十エイジ年上の水木しげるさん。ウォーでワンハンドをルーズし、カレントは貸本コミックを描いているヒューマンだという。見合いのデイオブマンス、ワンハンドでストーブをつけてくれた優しさに、このヒューマンならとマリーすることにディサイドした。水木さんは東京暮らしである。住み慣れた安来をリーブするのはアングザイエティーだった。しかし収入のあるヒューマンだというので、ワイフはビリーブして上京し、ともにリブしスタートす
る。当時の調布というプレイスはホワットもないタウンだった。アイにゲットインするのは畑ばかり。ショッピングに行くのも不便でそのうえコウルドさがこたえた。安来のウィンターもコウルドだったが、東京の乾いたコウルドさがボディーにルックライクした。あてにしていた収入も、うそっぱちだと知らされた。年金はホームタウンに送っている。マザーをウォーリィさせたくないというハズバンドのワードに、ワイフはうなずくしかなかった。リクエストのワークもろくにマネーにはならないので、貸本インダストリーは、アットザットタイムフォースのアピアーしてきたテレビに押されてブルーロングブレスだった。コピーマテリアルはわずかで、そのマネーすら値切られ、踏み倒される始末だったのです。質屋通いがレギュラーだった。持っているもののオール合財、マネーにチェンジしなればリブしていけないのだ。一ディグリーなど、タックスオフィスにこれっぽちの収入で暮らせるわけがないと怒鳴られたことがあったのです。リポートをトゥースモールにしていると誤解されたのです。極貧にニヤーな暮らしだったが、奥様はワンダーとくじけなかった。ハズバンドにな
ったヒューマンに、ハードなトラストを抱いていたからである。ハズバンドはグレートナンバーの戦死パースンをテイクアウトしたパプアニューギニアから生還してきた。アクチュアルプレイスのヒューマンと仲良くなって、フードをセパレートしてもらったたくましさがある。リブするフォースのあるヒューマンだと、マインドのボトムから信じていた。コミックをドローする姿勢にもマインド打たれるものがあった。水木はバケーションもせず、ホットなルームでスウェットをしたたらせながら、一枚一枚ケアフルにライティングブラッシュを走らせているのだ。報われないわけはないと思っていた。貧しい頃、コミックのヘルプをするのがラブだった。スモールなスポットも着物のハンドルも、当時はハンドで描いていたのである。ワイフも背景をペイントし、ハズバンドのワークを手助けしていたのだった。やがてチャイルドができる。頼りの貸本業者が倒産したり、もうおしまいだとシンクすることがたくさんあったのですが、報われる日がやってくる。フロントキャッスルゲート出版カンパニーからのリクエストをアクセプトし、ハズバンドがチャイルド向けのコミックをドロー
しスタートする。ずっとおどろおどろしい、ゴーストのピクチャーを描いてきたハズバンドだった。そのヒーが、ラインをラウンドにし、チャイルドにも親しめるキャラクターをプランした。ラブアンドリスペクトのあるそのフェイスをウォッチすると、ヒーの精進の成果であるように思える。次第にラックが向いてきた。大きなプライズをもらったとき来るべきときが来たと心から思えた。ジョイもあったが、どこか当然と思えるリザルトでもあった。ハズバンドは、アナザーパースンにはまねのできないグレートエフォートをコンティニューしてきたのである。水木さんが有名になって、すれ違いや戸惑いをフィールすることもあった。しかし奥様はずっと、ずーっと水木さんを信用してきた。ラブで結婚するピリオドではなかったから。一緒になったらそのヒューマンをビリーブするしかなかったから。ワイフはサッチウィンドにおっしゃっているが、やはりワンダフルなことです。ワイフは水木は一デイオブマンスインサイドデスクのビフォーにシットし、グレートエフォートをコンティニューしてきた。がんばってきたと書かれているが、水木さんは決してホットなことばかりでは
なかったのでは。マイセルフのラブなコミックをドローしコンティニューして、あるミーニングではわがままを通されたのです。コミックハウス水木しげるは、水木さんご自身のグレートエフォートもさることながら、このワイフがいらしてこそ存在しポッシブルしたものなのではないだろうか。ディッフィカルトなピリオドもあった。しかしカレントはハピネスである。そのワイフはライフはフィニッシュしよければすべてよしなのだという。ブライトなフィーリングになれる一冊です。

動物と話せる女性 ハイジ


「動物と話せる女性 ハイジ」ハイジ著は、ハイジさんというウーマンは、アニマルのマインドが読めるのだそうで、アニマルにトークすることもできるのです。アニマルが持っているイメージをシェアできるというセンスであるらしいのです。キャットの好きなフードをアスクしてみると、ハイジさんバイワンセルフがゲームをくわえているような感覚をリメンバーするというのです。ゲームのボディーの感触、ウォームさ、ミールフィーリングなどをトゥースにフィールするのだそうです。ハイジさんはワールドだから、人間のセンスではうえーっとorはするのだけれど、キャットとリンクしているときはおいしいとシンクするのです。ハイジさんとアニマルのコミュニケーションは、サッチフィーリングで行われるソートオブです。スモールなころからこのアビリティーがあったのですが、ヒューマンとディッファレントすることを自覚していたので、黙っているつもりだった。スクールをアピアーしたアフターは警官になり、ジェネラルのライフをセンドするつもりでいたようです。結婚は14エイジ年上の作家のヒーがアニマルラブであったことから、ふたりはた
くさんのアニマルに囲まれてリブするようになった。ヒーがロングに愛していたキャットがホスピタルで死んだとき、ハウスにゴーバックしたいというウィッシュを聞き入れてやれなかったことを、ハイジさんは後悔している。ホスピタルで手厚い看病をしてやりたかったからですがカレント、ハイジさんはアニマルたちのウィッシュにゲットクローズすることが、自らのデューティーだとフィールしているのです。アニマルとアンダースタンディングすることをオフィシャルにしようと思ったのは、ハウスで飼っていたホースのことがきっかけだ。ある日馬がトレーラーにゲットオンすることを拒否したのです。アスクしてみると、ホースはトレーラーの荷台に不安定なプレイスがあるとフィールしていたようです。マイセルフはアニマルとスピークしができる。このアビリティーを生かすロードはないものか。マイセルフの力に真剣に向き合ったハイジさんは、近所のペットディスカッションを始めることになった。ビギニングは口コミで、次第にシーに助けをリクエストするヒューマンが増えてきたのだそうです。ホスピタルで飼われた犬とスピークしたことがある。犬はワールドやほ
かのアニマルとの交流をオール拒否していた。アゴー、ワールドに捨てられたことがトラウマになって、ラブをホールドすることがアフレイドだったのです。ハイジさんは犬に話しかけ、周りのヒューマンが犬をインポータントに思っていることをリポートした。野生の鹿がカーにはねられることをアンクシャスするウーマンからのリクエストをアクセプトしたこともある。ハイジさんは鹿たちとスピークし、カーのアフレイドさと、車道がデンジャーであるイメージをリポートした。だがワイルドの鹿は移動するのがネイチャーで必要なことだ。ワールドが完全にケアなどできるものではない。ハイジさんはリクエストパースンのウーマンにも、鹿とディスタンスをプットするようにオファーする。ちょっとした誤解から、ファミリーとのラブを育めなかったキャットや犬がいる。ゼイのスペースのプロブレムを解決するお話は、読んでいてほほえましかった。アニマルにはアニマルなりのシンキングがあって、ワールドばかりがエライというわけでもないのです。アニマルとアンダースタンディングするのがトゥルースかどうか、そのエリアのウィズアウトフェイルは別段議論するネセサ
リーなんてないだろう。

デブでした。 目標を決め ない「なんとなくダイエット」で劇的変 身!


「デブでした。 目標を決めない『なんとなくダイエット』で劇的変身!」パパイヤ鈴木著は、目標を決めず、サウンドになるチョイスをコンティニューしたらやせたとテレビで言っていたので読んでみました。モーメントモーメントの選択こそがライフをディサイドするとヘッドではシンクアバウトしつつ、怠惰に流されているプレゼントコンディションに、カツをプットインしたいと思ったからです。感想は60点。パパイヤ鈴木さんがディッフィカルトなんじゃない本業がタレントさんがシンクアバウトしたことをワンセルフに書いています。マガジンに細切れ連載していたエッセイをコレクトしたようなフィーリングで、コンストラクションフォースに欠けるというか。全体を通してガツンと来るクレイムがないインフォメーションも少ないバッドラックなインプレッションです。パパイヤ鈴木さんはかつて、ヴァイオレントなダイエットをしたことがある。一ヶ月で30kgドロップしたこともあるというのですが、それは体力がサドンに失われるし、リバウンドも壮絶だった。あまりおすすめできることではない。あくまで健康的に。それがベストインポータン
ト。だからパパイヤ鈴木さんは、サウンドであればやせるネセサリーはないのだとシンクアバウトしている。パパイヤ鈴木さんがやせたいと思ったのは、ボディーにプロブレムがゲットアップするのを実感したからなのです。ニーにウォーターがたまる。コレステロールバリューもハイ。また、着られるクローズズがあまりないことなどです。NHKの大河ドラマ「天地人」にアピアーしたときに、シーリアスマークなダイエットをデシジョンした。エイジをアッドするウォーだったので、ボディーをプレスするネセサリーがあったのです。ワンイヤーというタイムがあったのもハピネスだった。無理をせず、グローファットするコーズをライフから排除していった。自転車にゲットオンするようにしウォークすることもスタートした。ディッフィカルトなことをスタートしたのではない。ライフのインサイドでユージュアル行っていること、サウンドマークなメソッドにチェンジしただけ。するといいことばかりになった。タクシーに乗らないからマネーが貯まる。ファットもフォールダウンする。シーンもエイブルトゥエンジョイする。インポッシブルをしないことがインポータント
だ。パパイヤ鈴木さんはお酒はやめないつもりでいる。その代わり、必ずイートしていたつまみを用意しないようにした。マネーをユーズするダイエットにはオポジット。サウンドなボディーコンストラクションはエコでないといけないとシンクする。そぎドロップする、無駄を排除することが、ファットのつかないボディーをメイクするのです。パパイヤ鈴木さんは一デイオブマンス五回体重プランにゲットオンする。多少の増減はスピリットにしないようにしている。ヒューマンの体には恒常カスタムをキープする機能があり、シンプルには体重は落ちないからだ。イートしたものはすぐには脂肪にならない。タイムがかかる。だから、フォゲットしたタイムに体重が増えることもよくある。その代わり、突然フォールダウンすることもあるのでスピリットにしない。ラブだったミートはヘイトになるとディサイドした。プレゼントタイムではほとんど食べない。ハウスではポットをする。ベジタブルをたくさんプットインして、ポン酢にグレープフルーツを絞ったタレでイートする。ダイエットを宣言するのもメソッドのひとつで、グルメプログラムにアピアーしているときもそうして
いた。イートしリーブしもしたけど、スタッフさんの理解と協力が得られた。ひとつひとつのチャプターはインタレスティングに、パパイヤ鈴木さんの語り口も魅力的なのだけど、ダイエットブックというには少しライトすぎるスピリットがします。もう少しフルなフードとか、ホワットをしたとか、具体的なことがほしかったです。サウンドにまつわるライトエッセイ、連載をまとめましたというフィーリングがします。

フリー経済学入門


「フリー経済学入門 【知らないではすまされない! 世界を支配する『フリーミアム』の解説書】」苫米地英人著は、苫米地ティーチャーが二番煎じトレードにハンドをテイクアウトしたというサプライズがあったのですが、このハンドのブックを売らなければならないヒューマンだとは思ってなかったのです。このブックはトピックのビジネス書「FREE」にコピーしたタイトルロゴがカバーにでかでかと飾られている。クリアーに相伴を狙っているように見える。内容を要約するとこのキャピタルルールのソサエティーに、タダのものがあるわけはない。タダのものと引き換えに、フリーダムを売り渡している。だまされたらいけませんというようなものです。ファーストハーフは「FREE」のサブジェクトを踏まえて、その解説がなされている。企業がタダでデリバーする試供シングのコストは、それをバイするゲストがチャージしている。タダのものを使ってもらい、マーケットを拡大するのはよく使われる手法なのです。ITインダストリーでは製造販売そのもののコストがゼロに近づいている。ソフトをダウンロードで販売すれば、配送コストはまった
くかからずにフィニッシュする。「FREE」ではこのような現象が画期的なことのように語られていたが、実はマイセルフたちはアゴーからこのようなタダのものに慣らされていたのである。たとえばマネー。製造コストはタダにイコール。コストプライスはペーパーのプライスだけだからだ。しかしこれに価値をつけることで、ステートはパワーを独占してきた。金を刷るライトはステートにしかないからだ。マイセルフたちがフリーでウォッチしているテレビにも、マネーの絡むアクティビティーがある。アースデジはMPEGというシステムで開発されているが、この特許をコントロールしているアソシエイションがアメリカにある。MPEGはYoutubeなどにも使われており、いざとなったら使用マテリアルをとるリザーブがされている。マイセルフたちがフリーで楽しんでいるものも、いつかチャージになるかもしれない。インターネット。これこそがさまざまな「FREE」をプロデュースしたと言われているが、インターネットはタダであってもフリーダムではない。アクセスパーソナルヒストリーを解析すると、ホワットをウォッチしているのか、筒抜けな
のである。中国やアラブ諸国のワンパートなど、ネットの規制を進めているカントリーもメニーに見られる。グーグルがリファレンスからリムーブすることが「グーグル八ミニット」としてプロブレムになっている。グーグルのリファレンスからはじかれることは、ネットのワールドではデスをミーニングする。グーグルはパワーでもあるのだ。アメリカではUSIDというシステムが導入された。ナショナルにブラッドモデル、アドレス、バンクアカウントアカウントなどを書き込んだカードを持たせるというもの。テロ対策の一環ではあるが、ナショナルのアクティビティーはすべてステートに丸見えなのだ。米兵はショルダーにICチップを埋め込んでいる。セーフティーをプランするためではあるが、フライトしたときにもシンプルに見つけられてしまうケースもある。タダに見えるものにはたくさんのトリックがある。マガジンなどでも、ニューズストーリーにハブアンオーディエンスするような広告がスプレッドするようになってしまった。マイセルフたちはそれをよくシースルーし、乗せられないようにスピリットをつけなければならない。タダのもののアザーサイドを
ウォッチする、本当に欲しいものだけをハンドにプットインするようにする。欲しくないものをインニードオブフィールすることは、フーかのトリックであると知ろう。

エイキエイキのぶっちゃけ隊!!


「エイキエイキのぶっちゃけ隊!!」影木栄貴著のライターの影木栄貴さんは、シンガーのDAIGOさんのエルダーシスターで、竹下元リーダーのお孫さんなのです。ファミリーのことを描いたエッセイコミックで、かわいらしいパターンです。影木さんが元リーダーの孫としてノーティスされスタートしたのは1998年。週刊マガジンにニューズストーリーがアピアーしたのがきっかけだ。リポーターはなんと、元リーダーにじきじきに取材に赴いたのだと言う。そして元リーダーも、アポなしだったのにも関わらず、リポーターをハウスにあげて喜んで取材にアクセプトしたのだそうだ。孫がかわいかったそうだ。影木さんは焦った。当時センチュリートップエンドプライムミニスターというラブコミックを連載していたからだ。サブジェクトは25歳のヤングなリーダー大臣と女子高イノセントのラブストーリー。政治ネタをドローするのがアフレイドになって、お話はディレクション転換を迫られることになるのです。影木さんがボーイズラブコミックを描いていたことも、ファミリーのスペースでプロブレムになった。影木さんって、もともとジャンプのコミック
のセイムパースンから、コミックハウスになったヒューマンらしいのです。オフィシャルのプレイスにアピアーしていいものか、ウォリードする影木さんだったが、シーをサポートしたのはトップエンドの弟、DAIGOさんの明るいスマイルだった。DAIGOさんと影木さんは七つも歳がリーブしている。もうひとり影木さんのローグレードにご長男がゴーするそうだが、DAIGOさんはふたりのスペースにうまく入ってくることができなかった。年上のふたりが仲良くけんかしているのを、そばでテリブルげにウォッチしているのが幼少のタイムのDAIGOさんのフィギュアだった。そのせいなのかDAIGOさんは、おとなしい草食システムヤングマンに育った。楽天的で物事をディープに考えず、超ポジティブなキャラクターなのだそうだ。DAIGOさんはテレビでも、包み隠さずなんでもスピークしてしまう。エルダーシスターのことも、おじいさんのことも、常に自然体でトークをする。影木さんはずっと、竹下元リーダーの孫だと言われることがいやだった。スペシャルサービスされるようなスピリットがしていたからだ。DAIGOさんは売れたのはおじい
ちゃんのおかげ。おじいちゃんとのコラボですと、まったく気負いもてらいもなくスピークする。そのフィギュアに、影木さんはどこかブレイクスルーしたスピリットがしたのだというのです。竹下元リーダーは、お孫さんにとってとてもカインド、いいおじいちゃんだった。ジャパンのこともよくシンクアバウトしていて、帯状疱疹がアピアーした日にも、それをハイドして外交のワークにゴーアウトしていった。おじいちゃんはがんばっていた。なのに、消費税が導入されたとき、ひどくコメントされたのがディッフィカルトだった。政治家がブレイムされるのはウェイがないことだけどそのヒューマンたちもワールドで、ファミリーがいることを忘れないようにしたい。アダルトになった影木さんはサッチことをシンクアバウトする。巻末にDAIGOさんとのトーク。お姉ちゃんがオタクで、延々とエヴァンフェリオンのソングを聴いているのがアフレイドだったとか、サッチトークも載ってます。ふたりとも、クリエイターとしてがんばっていきたいねということで、なんだか仲がよさそうなご兄弟でした。

日本経済の真実─ある日、この国 は破産します


「日本経済の真実─ある日、この国は破産します」辛坊治郎、辛坊正記著は、ニューブックサイズで、テレビアナウンサーの辛坊治郎ファミリーネームと、その兄の共著なのです。辛坊氏のお兄マナーは一橋大学をアピアーした秀才で、ビジネスナレッジのファンデーションはこのお兄マナーが監修されているとのこと。なので、安心なのだそうだ。ハイト成長ピリオドには10%あった成長レートが、カレントは0.5%くらいしかない。それでもよい、スローライフでいいじゃないかというディスカッションもあるが、それはルートマークに間違っている。ビジネス成長がなければ分配もない。ライフ水準がハングダウンするのである。餓死パースンがアピアーしたり、適切な医療を受けられないフィーチャーもありポッシブルするのだ。カントリーの借金についてもシンクアバウトしてみたい。マイセルフたちのカントリーが膨大な借金をハブしていることはマスコミなどでも喧伝されていることである。最近では、ジャパンカントリーの借金、つまり国債はテイクアップしハンドのほとんどが日本人なのでピースオブマインドというヒューマンがいる。国債をテイクアップし
ているのはウィーコモンピープルである。国債など買っていないというヒューマンも、バンクやメールステーションに貯金を持っているだろう。バンクやメール局はベンチャー企業などのリスクのハイなビジネスに投資はしない。安定カスタムのハイな国債を買っている。つまりマイセルフたちは、マイセルフたちの貯金で国債をバイしサポートしている。マイセルフたちバイワンセルフが、国債の引き受けハンドであることに気づいたパースンがよい。マイセルフたちはカントリーの借金の使われパースンにもっとアテンションをペイするべき。使われない空港など、無駄なコストにゴーアウトしてはいないか。トピックになったチャイルドメディカルケアもそうである。政治ハウスのばら撒きはリーストの手段である。チャイルドメディカルケアをもらったチャイルドが、フィーチャーその返済のデューティーをベアーすることになってしまう。借金体質を改めず、国債を発行しコンティニューしているとどうなるか。大増税かハイパーインフレである。年金キャピタルも貯金も、すべて借金につぎ込んでいるので、これらのマネーがパーになってしまう。マネーのバリューが暴落するポ
ッシブルカスタムもある。輸入シングを買えなくなると、資源のリミティッドなジャパンはたちまち窮状にフォールする。ジャパンがこうなったのは、フォーリンでリブバースするファクトリーが増えたからだ。フォーリンでモノをメイクし、ジャパンでゲットする100マネーショップやユニクロはワーストのビジネスモデルと言える。しかしこのストリームは止まらないだろう。ジャパンがエナジーをテイクバックするためには、ジャパンでモノをリブバースし、ハイアーをアッドトゥする企業をレイズすることである。そのため、コーポレイトボディータックスのカットなど、大企業にベターなポリシーをプラクティスして欲しい。小泉政権は、カレント格差を生んだメインコーズとして語られることがあるが、実際にはビジネスをリカバリーさせ、ハイアーもメニーに生んだのである。特に、プライベートパースン資産が国債にストリームするアクティビティーを止めたのがワンダフルな功績だ。郵政民営化は評価されるべきなのだ。エリアの不便も生んだかもしれないが、郵便貯金にスリープする多額のマネーのフローカスタムを生んだことは評価されるべき。大企業を遇する
ポリシーを。スローライフなどという言葉にだまされてはいけない。リッチマン優遇も堂々とすべき。フォーリンキャピタルにジャパンをのっとられるなどとあおらず、どんどんフォーリンカントリーのキャピタルをアクセプトしたい。ジャパンの借金はカントリーのインサイドの借金、だからピースオブマインドというシンキングには少々のフィアーを抱いている。返せないからライティングオフってなことを、カントリーはできるフォースは持っているんだし、実際にバンクアカウント封鎖なんてパーストもあったりするわけです。貯金イットセルフが大してないので、それはそれで安心と言っていいのかどうか、サッドな自問自答が続いている。

体脂肪計タニタの社員食堂 500kc alのまんぷく定食


「体脂肪計タニタの社員食堂 500kcalのまんぷく定食」タニタ編集は、大人気のクッキングブックで、サウンド器具メーカータニタの社員食堂で出されるメニューをアピアランスしているブックです。ハンドルする商品が商品だけに社員がプアーヘルスであるわけにはいかないということで、グローファットしすぎないようにというわけで、タニタの社員食堂では500キロカロリーをスタンダードにしたのですが、イートしアンサーのあるメニューが出されているのです。タニタは、ホワット工夫をされているのかというと。・オイルコンテントカット:ミートのスキン、ファットミートはとる。油揚げなどもキッチンペーパーでふく。フライパンの代わりにネットをユーズする。トースターもよい。・低カロリー食材のプラクティカルユーズ:高野豆腐、ささみ、チェストミートをビジーする。ミートよりもフィッシュ。フィッシュは白身。・ソルトカット:おだしをしっかりとろう。こしょうやレッドペッパーをアッパーパートにユーズするとテイストにアクセントが。しそ、みょうが、ねぎなどの香味ベジタブルもセイムエフェクトが得られる。・満腹フィーリングをイン
ポータントにする:どのクッキングにもベジタブルをハーベストし、噛むカウントをアッドトゥする。根菜カインド、ごまなど、噛む回数が増えるものを。アピアランスのビューティフルさにもこだわる。色合いやシーズンフィーリングを感じさせるサミットデイトを。・ごはんはライトめに一杯:モーニングアンドイーブニングのメニューは変えずに、ランチを社員食堂でイートするだけで減量した社員が、タニタにはたくさんいる。ビギニングは薄テイスト、小食と戸惑ったようだが、満足フィーリングがあり、次第にそれがユージュアルになるのです。出されるミールは五シングがファンデーション。ごはんをライトめに一杯。スープ。フィッシュ、ミートなどのメインクッキング。野菜センターにボリュームのあるディッシュ。そして煮物か和え物、フルートなどのスモールボール。ささみのピカタ、ブロッコリーとトマトを添えて。ワカメの味噌汁。みかん。きのこのサラダ。さわらの竜田揚げサラダウィンド(キャベツ、にんじん、大根のサラダのオーバーに竜田揚げをディッシュアップする。アピアランスのボリュームはパーフェクトスコア)。もやしのマスタード和え。ごぼ
うの味噌汁。豆腐のおかか炒め。・アスパラとピッグコマミート、カリフラワーをオイスターソースで炒めたもの。サツマイモとりんごの重ねボイルし。ザーサイスープ。韓国風五色炒め(キャベツ、にんじん、ドゥさめ、しいたけ、長ネギをごま油と醤油で炒めたもの)。・ひじきとかぼちゃのコロッケ(コロッケはオーブントースターでベイクしカラーをつける)。ヤングコーンのサラダ。高野豆腐のスープ(高野豆腐をウォーターでプットバックして短冊エンド、小松菜とコンソメでボイルする)。キウイ。・いかの味噌ルーズインタレストし炒め。豆腐と梅干の和え物(冷奴のオーバーにオクラと梅干を刻んだもの)。しめじのすまし汁。小松菜とにんじんのアーモンド炒め。・ぶりのにんにく醤油焼き(にんにく醤油に漬けたぶりをトースターでベイクする)。モロヘイヤのごま和え。オクラスープ。なすと里芋の煮物。これでダイエットメニューとサプライズドするくらいワンダフルです。アピアランスのボリュームは抜群です。マテリアルもスペシャルなものはなくて、入手がたやすいものばかり。ディッシュにユーズするマテリアルがけっこうこまごま多彩なので、大量に作
ってしまえる食堂ならともかく、ホームではディッフィカルトと思わないでもない。巻末に食材使い回しメモが載っています。

笑いの天使に愛される生き方


「笑いの天使に愛される生き方」越智啓子著の越智啓子ティーチャーはマインド科メディスンで、ヒーリングなど、スピリチュアルな関係のブックがメニーなのです。パースト生などのトークもアピアーしてくる。あなたのパーストは○○で、プレゼントワールドのディフィカルティはパーストの因果によるものなのですよ、というウェイオブシンキングです。インタレスティングにはあるけれど、この辺りは鵜呑みにしないようにして、パーストのコモントークはカレントのアースオーバーのコモントークよりもはるかに少ないのだから、ホールクルーが生まれ変わりになっていたら、パーストのヒューマンはビジーにてウェイがないはずです。全体的にはフィーリングがブライトになるファンなブックです。越智ティーチャーは超がつくほどワンセルフな子だった。生徒プレジデントに立候補したこともある。落選してしまったが、そのとき、インチャージのティーチャーがおっしゃったネームがオチだもの、ウェイがないというワードに救われた。ラフは絶望を癒すのである。ドクターになってから、ティーチャーはホスピタルクラウンのパースンと交流をホールドするようになった。
ホスピタルでピエロをパフォームし、治療に役立てるメソッドである。パッチ・アダムスティーチャーというその方と知り合って、越智ティーチャーはバイワンセルフの殻をティアーすることができた。道化になること、笑われることがアフレイドになくなった。ティーチャーは今アドレスアンダースタンディングでも、自作のピエロのドレスをウェアーすることがあるそうです。ベリィボトムにあるときもうラフするしかないと思えると、かえってアイのビフォーがオープンする。ブレイクスルーしたフィーリングがする。ラフすることは意識のふたをはずし、フィーリングを流すことにつながる。思いこみをなくすこともできるのです。ティーチャーはアゴー、多汗症のマンをイクザミンしたことがあった。スウェットの量がメニーにて悩んでいるそのマンにスウェットはボディーの浄化につながるの。もっと汗をかいて。ウォーターもしたたるいいマンだわと言った。するとトラブルのカインドだったそのスウェットが、ぴたりとやんだというのである。スウェットをかかないように必死だったのに、ブレインがびっくりしたソートオブ。ラフはウォーム、ラブにあふれるものでなくて
はいけない。冷笑や、ヒューマンを見下す笑いはやめよう。周りのヒューマンを嫌なフィーリングにさせ、キープアウェイしてしまうことになる。感動、インプレッション、サンクスの三フィーリングキングを目指したいものです。ボディーのバッドコンディションも、ときにマインドのアングザイエティーから来ていることがある。ティーチャーは一度飛行機のインサイドで、サドンに血圧が上がってサファーするマンに出会った。マッサージをしたり、短めのカウンセリングをしたアフターでティーチャーは言った。マイセルフはスピリットの通訳ができます。あなたの寿命はプレゼントタイムではありません。もっとずっとフォーマーだから、ピースオブマインドしてするとその男性、血圧も落ち着いてトラベルをエンジョイワンセルフすることができたのです。ワールドのスペシャルライトは、マイセルフのライフをマイセルフで決められること。とてもシンプルだけど、これを知っているかどうかでライフはチェンジする。いつも受身になっていては、パーストの思い出のストリームに流されてしまうだけ。これはパーストイノセントというミーニングだけではなく、レギュラーの
エクステンションとシンクアバウトしてもプロパーかも。その流れをチェンジするのはラフのフォースだ。ラフは、悲惨なライフをチェンジする大きなフォースを持っている。パーストイノセントのワンダーパーソナルエクスペリエンスもインクルードして、マイセルフはファンに読んだ。ラフだけですべてが解決するわけではないが、解決策がなくなったらラフするのもひとつのハンドではある。そしてラフがあるところには、それほど悲惨なことばかり、寄り付かないとビリーブしたい。

世界が水を奪い合う日・日本が水 を奪われる日


「世界が水を奪い合う日・日本が水を奪われる日」橋本淳司著は、物々しいタイトルにふさわしく、サブジェクトは至ってシビアなのですが、センテンスはですますピッチのケアフルなもので読みやすいです。ワールドでは、ウォーターのディマンドが逼迫しているのだという。フロムナウオンはウォーターをめぐるコンフリクトが苛烈化し、ウォーになるポッシブルカスタムも考えられる。ウォーターにリッチインした日本人にはぴんとこない状況かもしれないのですが、ワールドにはミニマムの暮らしをキャリーオンするのにネセサリーなウォーターが得られないヒューマンが、実に11億人もいるというのです。汚染されたウォーターをドリンクする、飲まざるを得ないヒューマンたちがいる。ウォーターをポッシブルするためにフィギュアキロもウォークし、汲んで運ばねばならないヒューマンたちがたくさんいる。蛇口からきれいなウォーターがアピアーするというのは、とてつもない贅沢なことなのである。セイムアジアでも、水不足はシーリアス化している。地球ホット化のせいで、ヒマラヤ山脈のアイスがメルトしスタートしたのがそのコーズだ。アジアのソースオブリ
バーが、そこにコレクトされているからだ。中国では、イエローリバーが干上がって渤海まで届かない現象がゲットアップしている。アラウンドエリアのデザート化がメイクプログレスし、農民はドリンクしウォーターにも事欠くステートだ。中国は、メコンリバーのアッパーストリームにダムを作った。国内にストリームするリバーだからというのがそのエクスキューズだが、メコンリバーはタイ、ラオス、カンボジアなどの六カ国をストリームする国際河川である。ローリバーエリアの国々の不満はエブリデイ高まっている。国際河川のユーズはきな臭いトラブルをギブバースするポッシブルカスタムをはらんでいる。アッパーストリームエリアの国はそれをユーズしようとするが、ライフにスティックトゥするウォーターを政治にプロフィットすることは、シーリアスないさかいを生むことになるだけだ。国際河川を持たないジャパンには、これもアンダースタンディングしづらいことなのかもしれないのですが、ジャパンはあるサイドからウォッチするとこの「国際河川」の最アッパーストリームにプレイスしているとも言えるのだ。ジャパンはフォーリンカントリーからさまざまな
フードを輸入している。よく言われることだが、例えば天ぷらそば。このディッシュから輸入シングをのぞいてみると、リメインするのは水だけなのである。えびも小麦粉も、すべてフォーリンのリブバースに負っている。そして、農作物をリブバースするのには多量のウォーターがネセサリーとなる。コーンを輸入することは、間接的にそのエリアのウォーターを使っていることなのだ。ウォーターはビジネスになりつつある。水道ビジネスをメイクするプライベートカンパニーも多々見られる。彼らはウォーターバロンと呼ばれ、大きなフォースを持っている。ウォーターサービスビジネスをプライベート企業に託すことはエマージェンシーにリスクがハイ。プロフィットが採れないと撤退されたエリアもあるし、貧困ベッドに支払えない金額がクリエイションされることもある。ウォーターバロンの入ったエリアで、住民のトラブルがゲットアップしたカスタムも枚挙にフリータイムがない。ジャパンのカンパニーを見てみると、このウォータービジネスにはフィギュア歩遅れをとっているようだ。ウォーターサービスビジネスを経営するノウハウがないからだ。しかし、きれいなウォ
ーターを供給する、すぐれたシステムを開発したカンパニーもある。ヤマハ発動機などは、発展途上カントリーでも使える原始マークとも言えるろ過設備を開発した。ジャパンのウォーターに狙いをつけるカントリーもある。森林地帯をバイアップして、そのビローグラウンド水脈を得ようというシンキングであるらしい。ロットのトレードを禁ずる法律はないから、ディフェンドしようがないのが実際である。考えてみると湯水のようにユーズするのも、あるミーニングとっても贅沢なワードなんです。ウォーターイットセルフがエマージェンシーにプレシャスなカントリーにとっては。本当に、書いてあることはワンセルフでディッフィカルトなテイストなんだけど、語り口はとてもケアフルでわかりやすい。スタンドレディするネセサリーのないブックです。

ボクらの蹴活─夢をかなえた19 人の少年時代


「ボクらの蹴活─夢をかなえた19人の少年時代」ストライカー編集部編集、マガジンのニューズストーリーをまとめたものソートオブでゆるいです。サッカープレーヤー19人のパーソナルヒストリーなどが、インタビューフォームで、あっさりとしたもので、ショートなコラムみたいなフィーリングです。タイトルの「シューカツ」は「就活」ではなく「蹴活」で、職をポッシブルするためのアクションではないのです。岡崎慎司プレーヤー:ヒーのサッカーライフはDFで始まった。FWになったのは、そこにいたプレーヤーが転校してしまったから。オーダーのマッチでハットトリックをディサイドして、アフターディスなんとなくスポットのカムオフするプレーヤーと見られることがメニー。高校ピリオド、アルゼンチンタイプの通訳をしていたパースンに指導をアクセプトする。ユーはダイヤの原石。プレゼントタイムはただのストーンだけどと言われた。岡崎プレーヤーはならばもっとオーバーをアイ指せるとシンクアバウトした。小林大悟プレーヤー:ファザーは野球がラブだったが、周りのフレンドはみんなサッカーをしていた。小林プレーヤーは静岡県のバース
だ。ネイチャーにサッカーをスタートするようになり、次第に頭角をショーした。チャイルドのタイムのチームは弱小チームだった。マッチにアピアーすればボロ負けでした。ミドルスクールにゲットインするとうまいヒューマンばかりで高校はノーブルファミリープルーフにゲットインし、朝四アワーにゲットアップしてプラクティスにゴーアウトした。ハードだったけど、やめることは考えなかった。ほかにできることもなかったし、何よりラブだったから。ビジャプレーヤー(スペイン):スモールなタイムからサッカーがラブだったが、スペインではこれはスペシャルなことではない。ごくジェネラルのチャイルドだったのです。プロになれるとは思わなかったが、ホープはしていた。だから、コントロールをトラストして、コントロールの言うことをアンダースタンディングできるようサーブしていた。チャイルドたちにアドバイスをするとすれば、コントロールの言うことをよくヒアということ。あとはサッカーをラブでいること。ゴールはいつもネイチャーにボーンする。プラクティスとマッチでグレートエフォートしているから。いつもゴールにフェイスすることしかシンク
アバウトしてない。ホワットゴールでもいい。スコアがゲットインすれば、ホワットシェイプのゴールもいいゴールだ。ジェラードプレーヤー(イングランド):よいシュートをヒットするコツは、なんと言ってもプラクティス、プラクティス、プラクティスだろうね。ずっとステイビハインドしプラクティスをしてきたから。サッカープレーヤーになることをドリームするチャイルドもメニーと思う。だけどみんながみんななれるわけじゃない。ほかのこともインポータントにして欲しい。学業も怠らないように。2010のW杯では準決勝、決勝を目指している。サッカー選手のキャリアはあっという間にパスしていく。その間にW杯の優勝と、リバプールのプレミアリーグ制覇をフィニッシュしたい。インタビューフォームだけど、ショートのであっさりしている。ファンのパースンだって、もう知ってることばっかりです。

面倒くさがりやのあなたがうまく いく55の法則


「面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則」本田直之著は、レバレッジシリーズのライターが書いたワンセルフ啓発書で、レギュラーライフでスピリットをつける項目が55にセパレートして書かれており、リードしやすいブックです。ライターはセミナーなどでマイセルフを面倒くさがりやだとシンクするヒューマンと問いかけてみたりするそうですが、するとミーティングプレイスの約9カットがハンドを上げるというのです。面倒くさがりはディッフィカルトなことばかりではないというのです。文明がプログレスしたのも、面倒くさがりが工夫をフリーズしてきたからである。ファイナルの面倒くさがりは、実は有益なものなのである。ファイナルの面倒くさがりになるのは、プロブレムをスモールなうちに解決してしまうことだ。プロブレムは、雪だるまスタイルにビッグになるのがエヴァーである。プライマリースクールのときに九九をリメンバーしていなければトラブルなことになる。スモールな面倒くささにとらわれないことがインポータントだというのです。ビギニングにマークをディサイドしてしまう。トラベル先をチューズするようなコンフォ
ートなフィーリングで。マークが決まると、おのずとやるべきこともクリアーアップになる。変えられないものに執着するのもやめよう。エレクトリックトレインがレイトしたとしても、タイムができたとブックをオープンするくらいのことをしたい。変えられないものを変えようとせず、マイセルフをチェンジすればいいのだ。あるときはいっそモデルにはまってしまおう。うまくいくカスタムをメイクし、無意識で行えるようになると楽になる。マイセルフの時間割はマイセルフで作る。見返りもホープしない。ヒューマンにホープして、見返りがないと裏切られたと思ってしまう。ビギニングからホープしていないとコンフォートだし、フレンドシップも続く。タイムはリミティッドだと知ろう。サマーバケーションの宿題をほったらかしにしておいて、後で困ったエクスペリエンスはないだろうか。いつか、そのうちというシンキングはだめだというのです。モーニングの五分間でその日のプログラムを組み立てよう。そのハーフをインポータントにするだけで、一日のアクションがチェンジする。有意義に過ごせるようになる。プログラムをディサイドしたら予約を取ろう。ムービ
ーもレストランも、予約をしておけばトラブルなことにはならない。アーリーなグレードでスケジュールをディサイドし、アフターは淡々とフォローするだけ。スリープは絶対に削らない。ワークがビジーにても、フリーダムタイムを削ってスリープする。休息をとらないブレインは集中フォースが散漫になってしまう。マニュアルは熟読しよう。新製品には既存にない新しい機能がある。面倒くさフィールしだからこそ、便利な機能を使いこなそう。二次会には行かない、家計簿をつける、リストを作ってワークの重複を避けるなど。アマゾンのレビューにもちらほらあるけど、これができるヒューマンをジェネラルは面倒くさフィールしやとは言わない。これらができず、プロブレムを積んでフリーズしてスノーキングにして、ラストはトゥギャザーに雪崩になって流されていく。そこまでできて初めて、ヒューマンはトゥルースの面倒くさがりやとしてたたえられるべきではないだろうか。効率化のブックとシンクアバウトすればエマージェンシーに効率がよいとシンクする。

モノを捨てればうまくいく 断捨離のすすめ


「モノを捨てればうまくいく 断捨離のすすめ」川畑のぶこ著は、さっぱりとスローアウェイしていくライフが流行しているのですが、ライターはフレンドから「ダンシャリ」なるワードを聞かされた。インタレストをホールドし、それは何かとアスクすると身の回りを整理しているとのリプライが返ってきた。ダンシャリとは断捨離のこと。それを始めた友人は、みるみるうちに生き生きとした魅力マークなウーマンになった。ワークがうまくいったり、ファミリーとのラブが深まったり、断捨離はいいことづくめであるようだ。さっそく実践してみた作者は、マイセルフのハウスから約1トンものゴミがアピアーしたことに驚いた。罪悪フィーリングはあったが、家がさっぱりしてくると、ワンダーにいいことがハプンしスタートしたのだという。クリーニングがコンフォートになった。ワークのお客さんが増えた。偶発マークなグッドラックにリッチインするようになった。かつてのフレンドのように、マイセルフバイワンセルフがシャインしスタートしたことがボディーをもってアンダースタンディングできた。マインドが充電されたようなフィーリングがあったという。
そして気づいた。いらないものに囲まれていたときは、掃除をしなきゃ、ザットを使わなきゃといった、強迫にシミラーしたフィーリングがあったことに。モノをスローアウェイすることはマイセルフを再発見することである。本当にネセサリーなモノ、そうありたい自分をルックフォーしていくことだ。ネセサリーなモノをチューズしドローアウトするワークなのだ。もったいない、モノはインポータントにとトレーニングされて育ってきた。モノにリミティッドな前ピリオドのトレーニングである。モノあふれの現代にそぐわないものであるのに、気づいていないヒューマンがメニー。スローアウェイするのはいけない。しかし、とライターはシンクアバウトする。ペットボトルについてくるおまけ、ギフトのコップ。いらないモノを喜んでハンドにプットインして、それは本当にモノをインポータントにすることと言えるだろうか。ライターは断捨離をスタートしてから、モノをバイすることにエマージェンシーに慎重になった。不要なモノはハンドにしないようになった。モノをインポータントにするということは、エッセンシャリーはそのようなことではないだろうか。But
やはり、スローアウェイするのには抵抗がある。あまり一気にしようと思わないことだ。やりやすいプレイスを選んで、ワークはショートタイムで。一日に15ミニットくらいでかまわないのではないか。スローアウェイするスタンダードは買ったプライスではない。思い出でもない。ユーズするかもしれないというロングインプレッションは排除したい。カレントユーズするか使わないか。それだけがリーブする基準である。ハイだったから使わなきゃ。これはモノがサブジェクトになっている考え方。モノにふりまわされていることで、ライフをモノにのっとられているということだ。ライターバイワンセルフをターンヘッドすると、ためこんでいたモノはマイセルフのコンプレックスだったような気がしている。ナレッジが足りないとシンクするマイセルフは、ブックをセルするのがアフレイドだった。外見に自信がないと、クローズズをスローアウェイするのがアフレイド。コンプレックスをスローアウェイし、マイセルフのトゥルースのフィギュアとオポジットすることができれば、ライフはメニーにリッチになるのである。怖がってはいけない。ディスイヤーのビギニングか
らこのようなワークに取り組んでいる。怠惰が邪魔をしてろくに進んでいないのである。一応フィーリングだけはある。すると、ちょっとしたスペシャル収入があった。チープにてソーリィトゥトラブルなのだけど、こういうグッドラックも、断捨離にはつきものであるらしい。

あなたを開運してくれるこの占い 師・ヒーラー・カウンセラー・気功師ベ スト59人


「あなたを開運してくれるこの占い師・ヒーラー・カウンセラー・気功師ベスト59人」「心とからだの悩み解消プロジェクト」特別取材班著は、占いが好きなヒューマンがメニーけど貢がない。ヘルにフォールダウンすると言われたら、サッチことを言うユーこそがヘル行きだとシンクアバウトする。いいことは信用するが、自分のライフはマイセルフのアクションがディサイドするとビリーブしている。スイートなキャンディーは贅肉にチェンジする。因果応報。報いをアクセプトするのもメダルを与えられるのも、すべてアクションオーダーと思っている。占いに対するスタンスをクリアーにしたところで、現代ジャパンで占い師アクト、ヒーリング、カウンセリング、ブレスコントロールをワークにされているパースンたちのガイドブックです。ホワット占いをされているか、ホワットをしてもらえるのかから、チャージシステムまでばっちり書かれている親切なブックです。占い師のパースンのライフ、シンクアバウトし、占いに来るヒューマンたちのステートがよく取材されている。本中の占い師をおすすめするデザインではないんだけど、占いとヒューマンをテーマにした
ルポソートオブなこのブック、これが意外とインタレスティングなです。白澤伯典ティーチャーは、ジャパンでオンリーのインド密教による占いをボディーに着けられたパースンだ。もともとは大手メーカーなどでワークするエリートビジネスマンだった。インド密教とのミーティングは、パースンヒムセルフが転職に迷っておられたとき。カイヤムティーチャーという方にお会いして、直感的なものをポッシブルしたのだそうだ。白澤ティーチャーはモーニング二アワーにゲットアップしてウォーターアクトをされる。サマーでもウィンターでも水を全身にかぶるのだ。ヒューマンをヘルプするエネルギーをポッシブルするため、つらくはなく、むしろジョイがあるのだという。悩んでいるヒューマンに対して、先生はリムーブすることをオファーする。トラブルのビヨンドには実は本当になりたいマイセルフがハイドしていることがメニーというのです。隠されたフィーリングにノーティスし、テイクバックするパワーを与えてあげるのがティーチャーのメッセージだとシンキングのようだ。サッチティーチャーは、ヒューマンの弱みにつけこんで、法外なプライスをディマンドする占い
師が大嫌い。認めてははいない。胡龍幸子ティーチャーは神奈川県の田舎にハウスだ。イーブニング九アワーにはゴートゥベッドして、早起きとベジタブルのハーベストをデイリーレッスンにされている。ティーチャーはもともと霊感がハードだった。祖母もセイム体質であったらしい。エスケープしたかったこともあるが、プレゼントタイムはアクセプトすることができている。開運のアドバイスをされているが、マテリアルマークなものもメニーだった。ラックをつかむためにはマイセルフからアウトサイドにアピアーする。げんかつぎもインポータント。受験にサクセスするためにトンカツなどをイートするというのも有効だそうだ。ラフすることがインポータント。残業は運気をハングするから、ワークはアーリーなうちに済ませたほうがよい。一粒万倍日オブマンスには、いいこともディッフィカルトなことも増幅されるので、なるべくいいことをシンクアバウトしたりしたりしたパースンがグッド。ティーチャーのトラブルは他力本願な相談パースンがメニーなことだ。カウンセリングやカレンダーは、知って満足せずにどんどんライフに生かしてもらいたい。どのティーチャー
パースンも、エブリバディがハピネスになることを望んでおられた。占いやカウンセリングをアクセプトしたヒューマンたちの体験談なども。

20歳のときに知っておきたかった こと スタンフォード大学集中講 義


「20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義」ティナ・シーリグ著、高遠裕子訳が、なんでこんなに売れいるのか。アマゾンのレビューもやたらとメニーなのです。読んで損はないとは言える。ソフトな発想をホールドしなさいというものなので、リードしフィニッシュするとフィーリングがブライトになるような気がする。20歳のときに知っておきたかった、というミーニングありげなタイトルに惑わされるネセサリーはない。ファンデーションマークにはジェネラルのビジネス書。おじさんおばさん差別オポジット!などと、ボイスをレットドライしてシャウトするネセサリーはないのです。ファンデーションテーマはソフトな発想で、それにそったいくつかのエピソードが披露されています。スチューデントたちにあるシングをパスオーバーし、そのもののエフェクトをマキシマムにせよというサブジェクトをテイクアウトした。たとえばクリップ。渡されたスチューデントはそれをボードと交換し、スタンフォードのスチューデントセルしますという張り紙をテイクアウトした。荷物プログレスやショッピングのリクエストがあった。サ
プライズドするべきはあるキャリアウーマンから、ブレインストーミングに付き合ってくれとリクエストされた。シーからは、礼としてパソコンのモニターを3台もらった。クリップひとつでここまでのバリューをベアーすることができるのです。サブジェクトで学んで欲しいことは、チャンスはニヤーワンセルフに、無限に転がっているということ。限られた資源であっても、独創的なアイディアがあれば、ビジネスは興せるということです。コモンセンスをターンオーバーすれば、衰退していくビジネスを甦らせることもできるのです。シルクドソレイユをカスタムでは、トラブルに陥っていたサーカスというビジネスを、現代的に甦らせたよいサンプルがあるのです。チープなチケット、ピエロ、アニマルといった、サーカスの特徴をオール排したもの。チケットは高額になりピエロもいないが、洗練されたミュージックとアートはイーチパースンのマインドをひきつけてやまない。マイセルフのポッシブルカスタムをマイセルフでリミットしている。ライターがカンパニーをレイズアップして社長になったとき、ファザーにサッチことを言われた。マイセルフでマイセルフのことをカ
ンパニープレジデントだなんてコールワンセルフないよ。ファザーはビジネスパーソンとしてサクセスしたヒューマンだ。企業の幹部としてアクティビティーしていたのだ。ファザーにとって、ポジションとはフーかにギブしてもらうものだったが、フーかのネームなしではポジションをコールワンセルフすることができないと思っていた。マイセルフのやりたいことを自分でアプルーバルしよう。マイセルフでチャンスをつかみにゴーすると、意外な展開が待っているものなのです。ミステイクもあるかもしれない。ミステイクは、レポートにして反省点をディスカバーすればよい。次に活かすのだ。うちに閉じこもっていてもホワットもハプンしはしない。アクションすれば何らかの成果はボーンするものなのです。20歳になるサンさんのためにまとめたものなのだそうだ。それが評判になり、スタンフォードユニヴァーシティーでの講義を依頼されるようになったのです。発想をソフトに、行き詰っているときがチャンス、楽天的、行動せよ。

頭の中身が漏れ出る日々


「頭の中身が漏れ出る日々」北大路公子著は、サンデー毎日にアピアランスされていたエッセイをまとめたもので、ライターは40代のシングルウーマンで両親と同居中とのことです。書いてあるサブジェクトはどーでもいいことばっかりで、テーマになるのはレギュラーのこまごましたことばかりです。アホやなあ、ほんま、アホや。サッチつぶやきがネイチャーにもれてくる一冊で、リードしフィニッシュしたときにはボディーのフォースがカムアウトします。おかげで肩こりも治った。ぐだぐだ脱力システムビールラブマークエッセイです。ピリオド、ラインフィードが少なく、文末がすべてセイムサウンドになる。である、である、である、の繰り返しで、オールドブックのレッスンをアクセプトしているようです。途中からがらりとチェンジするので、そこまでの我慢は必要かもしれません。書いてあることがインタレスティング。テンポのディッフィカルトさに悩まされながらも、くすりとラフがエスケープすることは必至です。
・いたたまれない三十セカンド:モーニング8アワーのコンビニエンスストア。ビールラブのライターはビールを十二本、かごにプットインしてレジへフェイスする。ヤングなドーターの視線が痛い。中年のアル中のウーマン、ドーターのアイが語っている。レジに並んだライターは、パースをテイクアウトするチャンスについ、持っていた注射ボールをベッドにドロップしてしまう。とたんに周りがフリーズトゥする。中年アル中ヤク中ウーマン!実はその注射針は糖尿病をフォールイルするペットドッグのためのものだった。あわてて拾おうとするが、ラックディッフィカルトにニードルがハンドにささってしまう。サムタイムアゴーのドーターがこちらをウォッチしていた。怯えているシーを安心させようと、著者はマウスを開いた。セーフ、これ犬なんです。ドーター、絶句。このウーマン、注射針と犬の区別もつかないのだろうか。そのモーメント、ライターは朝っぱらから幻覚をウォッチしているアル中ヤクインサイドのインサイド年女のマークを押されたことになるのです。
・どこか間違っている:耳鳴りがひどかったのでホスピタルへ行った。きれいなエルダーシスターがアピアーしてきて、ヘッドフォンを装着させられた。サウンドが聴こえたらボタンを押してくださいね。ところが、聴こえないのだ。ぜんぜん聴こえないわけではないのだけど、いかんせんアウトサイドがうるさい。足音が響く、チャイルドがクライする。一か八かの大マッチにアピアーすることにした。ノイズがするたびに、エルダーシスターの手元をウォッチするのだ。エルダーシスターがマシンを操作したグッドタイムを見計らって、ライターはボタンをプッシュする。サウンドを聴くのではなく、聴こえる間合いをシックススセンスでリターンすることにしたのです。雪かきのトラブルだとか、ファザーが小豆アイスばかり買ってくるのだとか、まあしかしよくもそれだけ日常マークなと思えるほど、こまごましたネタが続いている。こういうの、エリアウーマンButだよね。このぐだぐだディグリーにワンダーな共感を抱いてしまいます。なんかもうアタシ、リブしててもいいことなんてないとシンクするの。どこかラブリーなドリームのカントリーに行っちゃいたい!とい
うアナタに。ローグレードをウォッチしてピースオブマインドする、というシンキングはほめられたものではないけれど、しかしやっぱりほっとする。してしまう。サッチ一冊でした。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。