本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銃・病原菌・鉄〈上巻〉─1 万3000年にわたる人類史の謎


「銃・病原菌・鉄〈上巻〉─1万3000年にわたる人類史の謎」ジャレド ダイアモンド著・倉骨影訳は、朝日新聞社がチューズする2000年から2009年までのベスト50とプランで、一プレイスに輝いたブックです。トピックのブックで、興奮とインプレッションでヘッドがぐちゃぐちゃになってしまった。オールレディー読のパースンもメニーとはシンクするのです。アースオーバーのウェルスとパワーはユーラシア大陸にリブインするヒューマンとそこをソースとするヒューマンに集中している。それはなぜかというのがこのブックのテーマなのです。ライトしスタートしたきっかけはダイアモンドファミリーネームがパプアニューギニアの友人にこう尋ねられたからだ。ホワイトパースンはいろいろなものを発達させた。だが我々には独自といえるものがない。それはなぜか。ウェルスとパワーが一方に集中し、ルールするサイドとされるサイドにブランチオフしたのはなぜか。ダイヤモンドファミリーネームの考察は氷河期のフィニッシュし、1メニー3サウザンドイヤービフォーに遡る。マンカインドは紀元前700メニーイヤー頃にアフリカでボーンし、紀元前一メニーイヤービフォータイムにはアメリカ大陸に上陸している。マンカインドがアメリカ大陸に上陸したのと同時に、そこにいたラージ哺乳類が絶滅した。テキストでは、狩りのアートが発達したワールドがアライバルしたことがそのコーズだとされている。ビギニング、マンカインドはみな狩猟採集ネイションであった。次に農耕が発展するのだが、それに適した環境と、そうでないアースオーバーには環境が存在する。マンカインドのヒストリーの中で、ビギニングに農耕をスタートしたのがメソポタミアの肥沃三サンアンドムーンエリアだということはよく知られている。このロットには改良しやすいプラントがメニーにネイティブしていた。麦やえんどうタイニー、カレントでも食べられるプラントが、アットザットタイムからハンドに入っていたのだ。農耕がビギンし、定住がかなうと、イーチパースンの暮らしはリッチになる。チャイルドのフィギュアが増えるし、食料がメニーにハンドにゲットインすることで、食糧リブバースに携わらないヒューマンが発生する。キングや神官、官僚、ソルジャーといった、食糧リブバースに寄与しないヒューマンを、農耕ソサエティーは養うことができるのだ。家畜をハンドにプットインすることができたのも、アザーの大陸にコンペアーして大きなドライブとなった。特にホースは、荷物を運ぶことができ、軍事タスクにも大きくユーズすることができた。家畜をキープし、クラウドしてリブすることは伝染病への抗体をポッシブルすることにもつながった。伝染病は、アニマルからヒューマンへうつることがメニーだった。早くからその病原菌にさらされたゼイは、抗体をプロヴァイドフォーしたボディーにチェンジしていた。食糧リブバースに携わらないエリートたちがプロデュースする発明シング。メタル加工のアートや、レターがそれにあたる。レターはすばらしい発明だった。ナレッジを積み重ね、オーダーのワールドへ引き継いでいくことができる。ナレッジをファンデーションにして、コロンブスは新大陸へ向かった。このとき、ホース、ガン、そして病原菌という武器をゼイは持っていた。アメリカ大陸のラージ獣はファーなフォーマーに絶滅している。家畜とできるラージ獣はいない。つまりアメリカ先住民には、荷物を大量に運搬するメソッド、バトルアワーにおける機動
フォース、家畜から派生する病原菌への抗体、そういったものがまるでなかった。新大陸には農耕に適したプラントも少なかった。よって、大ナンバーオブピープルの集権ステートはカウントするほどしか存在していなかった。ステートにしても、レターを持っていなかった。ゼイはホワイトパースンとは何か、白人がホワットをリクエストしているのか、ポリースすることができなかった。抗体のない病原菌にさらされて、新大陸の先住民のメニーがデスに至った。9カットニヤーものイーチパースンが、この病にブレイクダウンしたという。フロントカバーカバーに描かれているピクチャーは、インカ帝国のアタワルパエンペラーが、ピッグペンでボーンしたアドベンチャーハウス、スペインヒューマンのピサロによって捕らえられるシーンを描いている。アタワルパにはフィギュアサウザンドのソルジャーがあった。対してピサロには200ネームビローのカンパニーだけである。なのにピサロはインカ兵を虐殺し、エンペラーをキャプチャすることができた。当時インカ帝国は、ホワイトパースンがもたらした天然痘のせいでレイトエンペラーをルーズし、内乱コンディショ
ンにあった。アタワルパは混乱のインサイドにあり、レターによる知織もなかった。ガンもなく、ホースもなかった。インカの兵は刺し子の鎧にストーンのスティックである。なすすべもなく殺されていった。ピサロにはナレッジがあった。前もってメキシコを征服したホワイトパースンのパーソナルエクスペリエンス談を、ヒーはよく学んでいたのだ。セイムアメリカ大陸の先住民でありながら、アタワルパはそれを知らなかった。リポートするアート、レターがなかったからである。これこそ、新大陸と旧大陸の出会いのシンボルマークなシーンであるとライターは言う。新大陸のイーチパースンは、旧大陸のガン(アイアン)と病原菌のビフォーにコンテストするすべを持たなかった。なぜアタワルパがピサロをアタックしてキャプチャすることができなかったのか。新大陸にはなぜ旧大陸のような発展が見られなかったのか。

スポンサーサイト

乙女の密告


「乙女の密告」赤染晶子著は、143回芥川賞受賞作で、フォーリンカントリーランゲージユニヴァーシティーでドイツランゲージをスタディーするウーマンスチューデントたちを描いたものです。主人公のみか子はバッハマンプロフェッサーのゼミに参加している。バッハマンプロフェッサーは変わったヒューマンで、いつもウェストドールをハンドに持っている。バッハマンプロフェッサーはスチューデントのことをドーターとコールアウトし、すみれクラス、ブラックばら組というふたつの派閥にセパレートしていたのです。アウトサイド大ではジャニュアリーにスピーチコンテストが開かれる。みか子が参加するのは暗唱のクラブ。みか子たちドーターは、バッハマンプロフェッサーからサブジェクトを渡された。アンネのダイアリーのパッセージを暗記せよというのだ。それはアンネの日記のインサイドでもベスト緊迫するシーンだった。インベスティゲイションのハンドがスーンに迫ってくるのだ。ダイアリーのインサイドでアンネは、マイセルフがユダヤヒューマンであることをハードに自覚し、メッセージを受け入れようとデシジョンするのですが、同時に、アンネはウ
ォーが終わったらオランダヒューマンになりたいとも書いている。アンネはアンネのままでいたかったはずなのに。隠れ家の中で、アンネはワンセルフとはホワットか、懸命に問うていたのだ。スピーチのプラクティスが始まったのですが、みか子は、ホワットディグリーも同じシーンでつまづいてしまう。オーダーのワードがスムーズに出てこない。上級生に、麗子様というスチューデントがいる。ホワットディグリー留年したか知れず、スピーチに人生をかけているようなヒューマンだ。首からストップウォッチをハングし、イグザクトなスピーチができるようエブリデイ心がけている。麗子様にはよからぬうわさがあった。バッハマンプロフェッサーとライトにない仲であるというのだ。もちろんアクチュアルスポットを見たパースンはいない。プルーフもないのですが、ドーターとは、プルーフや現実よりうわさがラブなアニマルなのです。麗子様とバッハマンプロフェッサーはプロフェッサーのルームでクローズにスピークしているのだと言う。ひそひそボイスがエスケープしている。みか子はデシジョンし、ひそひそボイスがストリームするルームのドアをオープンした。そこに
いたのはプロフェッサーとあの西洋ドールだけ。プロフェッサーはドールと語らっていただけだったのです。肩透かしをイートするみか子だが、そのステートを見られたことにノーティスしあわてる。ディスタイムはみか子がうわさのオブジェクトになってしまったのです。ドーターはトゥルースを突き止めない。うわさだけが一ヒューマンウォークししていくのです。シークレットインフォメーションをフィアーするアンネとみか子の心情がメインする。みか子のスピーチは未だオンザウェイでポーズするまま。オーダーのワードが思い出せないのだ。麗子様はその言葉こそ、みか子にベストインポータントな言葉。スピーチとはインポータントなワードに出会うためのものなのだからというのです。みか子は気づいた。シーがフォゲットしていたのはオランダヒューマンというワードだった。オランダヒューマンになりたいと願ったアンネ。ユダヤヒューマンであることが許されるピリオドではなかった。シーのワンセルフをティアーアップするワードを、みか子は無意識のうちに避けていたのだった。スピーチはストリームするようになった。プロフェッサーのドールが盗まれ、みか子
は犯人は麗子様だ。一度ドールを渡されるが、やはりみか子は麗子様のハンドにプットバックすることにした。麗子様はプロフェッサーを慕っていたらしい。スクールからゴーアウトした麗子様とドールをリクエストし、プロフェッサーがみか子のハウスに来る。みか子は思わずバッハマンプロフェッサーをジルバーバウアーと呼んだ。アンネたちを連れ去ったナチスの将校だ。プロフェッサーはあわてた。否定しアナザーパースンのネームでコールアウトするなと言う。アンネ・フランクが命がけでマイセルフ達にリーブしたワード。それはアンネ・フランクというネームそのものなのだ。ホロコーストのインサイドでメニーのヒューマンがそのネームを奪われた。殺されたヒューマンにはそれぞれネームがあった。スピーチでフォゲットすることをフィアーするな。マイセルフ達がリメンバーしているべきオンリーのワード、アンネ・フランクのネームを忘れなければそれでいいのです。みか子はスピーチタワーにスタンドする。みか子はそれまで、アンネがワンセルフを否定することがアフレイドにてたまらなかった。シークレットインフォメーションをフィアーしていた。トゥルース
をネセサリーとしないドーターであったみか子も、やはりトゥルースからアイをそむけていたのだ。みか子は宣言した。アンネ・フランクをシークレットインフォメーションします。シーはユダヤヒューマンです。ラストにアンネのネームをコールアウトする。ダイアリーはどれも、シーのネームで結ばれているからだ。アンネ・フランクよりと呼んで、みか子のスピーチは終わった。

僕は、字が読めない。 読 字障害(ディスレクシア)と 戦いつづけた南雲明彦の24年


「僕は、字が読めない。 読字障害(ディスレクシア)と戦いつづけた南雲明彦の24年」小菅宏著は、スーザン・ボイルさんのブックを読んでからスタディーダメージなるものがホワットものかシンクアバウトしていたのですが、カバーにヤングマンの写真。スマイルがさわやか、非の打ち所のない好ヤングマンに見える。サッチヒーは、これまでいくつかのアルバイトをしたが、ろくに長続きするものはなかった。ワンセルフにやらない。ふざけている。これが職場で与えられたヒーの評価だ。つまづきはたいてい、ビギニングのトレーニングのときに起きる。メモをとっていない。講師のトークを聞いていない。サッチインプレッションをギブするヒーは、識字ダメージ(ディスクレシア)をホールドするワールドである。ヒーバイワンセルフの告白と、ヒーのマザーがテイクしコンティニューしたメモをファンデーションに構成されている。マイセルフバイワンセルフ、このダメージを知らなかったので、驚くばかりでぐいぐいページにひきつけられた。青年がヒューマンとディッファレントするとフィールしスタートしたのはグレードスクールスチューデント
のタイムだったという。黒板の字が読めない。ティーチャーの言うことがすぐにアンダースタンディングできないのだ。ティーチャーが書いたレターを書き写すことも、ヒーにはディッフィカルトなことだった。キャラクターを認識するウェイが、ヒューマンと少しディッファレントするソートオブだ。たとえばヒーは新潟のバースであるが、この潟というキャラクター、ビギニングにさんずいがついているなとシンクアバウトする。次にそのネクストトゥをウォッチして、どういうミーニングであるかをアンダースタンディングするらしい。高校生のときは、フレンドとムービーにゴーアウトしてもタイトルのアーリーさについていけなかった。フォース、サブジェクトがよくアンダースタンディングできず、ムービーハウスを出たアフターのフレンドの話についていけなかったという。シンクアバウトしてみれば、レターはマイセルフ達の暮らしのインサイドにあふれている。レターをリードするアビリティーも、アーリーなレイトなのディッファレンスはあれど、エブリバディがジェネラルに備えているものとシンクアバウトしている。しかしこの識字ダメージというものは、決して希
なものではないのだそうだ。トム・クルーズもそうであるらしく、ヒーは台本を読んでもらってシングルワード一センテンス暗記して撮影に臨む。マイセルフがアナザーパースンよりフォールビハインドすることが、ヤングマンを苦しめた。スタディーもついていけなくなり、悩んだヒーはマインド科のドアをストライクすることになるのですが、イグザクトなデシジョンをテイクダウンしてもらえることはなかった。入院し、メディスンにディペンドオンするライフもした。マイセルフがおかしいのだと思い、ハウスの二階からジャンプしおりたこともある。自カット癖もあり、タバコのファイヤーをアームにプレスすることさえあった。支えはマザーだった。ホワットときもアイをそらさず、ヒーをビリーブして見守ってくれた。ヒーが救われるのは、マイセルフに識字ダメージというタイトルがレディしたモーメントだった。あるボランティアコンストラクションにタッチし、そこでティーチしてもらったのだ。マイセルフが未知の病を患っているわけではないことが、ヒーを安堵させた。マザーもイコールトゥで、嘆くよりもむしろほっとしていたのだという。ヒーがリアルネームで
ダメージを告白したのは、知らずに苦しんでいるヒューマンたちにファクトをリポートしたいとシンクするからだ。識字ダメージはアイにハブアンオーディエンスしやすいダメージではない。スタディーのプレイスでも、落ち着きのないチャイルドとしてディールウィズされることがある。サッチヒューマンたちの助けになればとヒーはプレゼントタイムシンクアバウトしている。それでも、トレーニングアクチュアルスポットでもエフォートは始まっているソートオブだ。教員のパースンがトレーニングをアクセプトする際に、ベストホープがメニーなのがこの障害についてであるらしい。バイワンセルフのパーソナルエクスペリエンスがメニーに、わかりやすい。とっかかりにはいいかも。ヒーをサポートするファミリーのウォームさにも、フィールすることはたくさんある。

こんな城もあったんだ~日本名城 ・奇城ガイド


「こんな城もあったんだ~日本名城・奇城ガイド」本岡勇一著は、ライターの本岡さんが兵庫県出身で、これまでホールカントリーのキャッスル約2000をゴーアラウンドし、ウェブサイト「城めぐドットコム」の管理ヒューマンでもあるのです。テキストでは、ホールカントリーのキャッスルが見開き2ページで紹介されている。有名どころももちろんあるが、城跡だけというページもあり、なかなかにベリィインタレスティングなブックです。有名どころのキャッスルではなくて、ストーンウォールだけ、そのメモリーだけというそこはかとなくロマンチックなものも取りあげています。例えば・竹田城:フロントカバーの写真にも使われている。兵庫県。築いたのは山名ファミリーネームだが、秀吉によってキャプチャされ、赤松氏が預かることに。赤松氏は関が原でウェストウォーからイーストウォーに寝返り、戦後家康に切腹を申しつけられる。竹田城はこのチャンスに廃城となったのです。竹田城の魅力は往時の総ストーンウォールがきれいに残っていること。写真をウォッチすると、クラウドのかかった山間にストーンウォールが浮かんでいて、これはまさに天空の
城です。・品川台場:お台場といえばヤングマンがギャザーするポピュラースポットととされているけれど、砲台プレイスだったのです。品川台場は黒船アタックにプロヴァイドフォーして作られた砲台プレイスである。ストーンウォールで作られたヒューマンワークのアイランドが二ステップになっていて、六つの台場がファイヤーをブロゥする算段になっていたらしい。作ったヒューマンは、プレゼントタイムのお台場をウォッチしてどうフィールするのだろう。・安土城:
信長が築いた城で、当時イエズスアンダースタンディングの宣教師も大ハイプレイズするほどのブリリアントワンダフルさであったそうです。信長のアフターデス、焼失するがそのコーズは未だに謎。写真をウォッチするリミット、残されているのは長い石段とストーンウォールだけです。史跡として指定されており、信長のハウスもあるそうなので、エンジョイワンセルフすることができそうです。・今帰仁城:なきじんじょうとリードする沖縄の城で、琉球王国の城であったが、薩摩に攻められ廃キャッスルとなる。ワールド遺産になっていて駐車プレイスからすでに場内で、一枚岩がパスオーバーしてあるゲートをくぐっていき、ストーンウォールがロングに曲がっていて、ジャパンのキャッスルとは少しインプレッションがディッファレントする。万里の長城ソートオブなフィーリングがする。ゴッドをオファーするフェスティヴァルのプレイス、神聖な場でもあったそうで、エキゾチックなムードを味わえそうです。ひっそりスリープするキャッスルというのもジャパンにはたくさんありますし、ニヤーワンセルフにも目立たないけれどあります。写真が少なく、見開きで紹介して
いるのでマニアのパースンには物足りないかとはシンクしますが、知らないヒューマンにはウォッチしてるだけでも十二ミニットにインタレスティングとシンクします。

結局、自分のことしか考えない人 たち


「結局、自分のことしか考えない人たち」サンディ・ホチキス著、江口泰子訳は、チャイルドはフーでもワンセルフラブワールドになるよう生まれついているので、ボーンしたばかりのチャイルドは万能感で満ちているのです。マイセルフをケアしてくれるワールド、メニーはマザーとマイセルフをアイデンティティ視している。ワンイヤーハーフほどはこのセンスが続き、叱られることで恥をリメンバーするようになる。このとき、過剰な恥の意識を持たせることはチャイルドのライフに大きなエフェクトをリーブする。1歳ハーフくらいで、チャイルドはマザーとマイセルフがアナザーのワールドであることをアンダースタンドするようになる。万能フィーリングがフェードし、アングザイエティーになる。このタイムにアッパーパートに分離を覚えないと、後の人生でもマイセルフとアナザーパースンの境界がよくわからなくなる。このように、ワンセルフラブワールドのファンデーションは幼少期に作られる。そのヒューマンがホールドする病ではないとシンクアバウトしたいのですが、ジェネラルのワールドがフィックスすることはディッフィカルトと言える。ニヤーワンセルフに
ワンセルフラブワールドがいるなら、すばやく認知し、自分をプロテクトするメソッドをシンクアバウトするべきである。ワンセルフラブワールドの特徴は、・恥を知らない:フーでも恥はかくものだが、メニーはマイセルフのインサイドで処理し、クライムオーバーしていくことができるのですが、ワンセルフラブワールドは恥を致命マークなものとレシーブする。処理をするメカニズムがないため、恥はアウトサイドのせい、アナザーパースンの責任になる。冷淡さ、アナザーパースンへのブレイム、アンガーをエクスプレスするのがエヴァーだ。・現実を歪曲し、幻想を作り出す:ゼイは現実を捻じベンドし、マイセルフにコンディションのいい幻想をビリーブしている。アナザーパースンをネセサリー以上にこき下ろすのも同じ心情によるもの。現実をライトアップすることは、劣ったマイセルフをライトアップすることなのである。・ねたみのオブジェクトをこきおろす:ゼイはプライドである。うらやましいとシンクするオブジェクトをオーネストに認めることができない。憎悪にニヤーなフィーリングをハーバーし、さげすんでみせることでマイセルフを保っているといえる。
・スペシャルサービスをディマンドする:ベイビーピリオドのワンセルフセンターマークなグレードを引きずっている。スペシャルライト意識があり、マイセルフがスペシャルなサービスをされることを当然だと思っている。ディマンドが拒否されるとヴァイオレントにゲットアングリーしテイクアウトする。スペシャルライト意識からなるアンガーは、ワンセルフラブワールドの大きな特徴である。・アナザーパースンを平気でユーズする:健全なワールドは、アナザーパースンへの共感を知っている。Butワンセルフラブワールドはアナザーパースンと自己の区別がついていない。共感するフォースを持っていない。アナザーパースンはマイセルフのために存在するのである。ワンセルフの欲求を満たせないアナザーパースンに、思いやりのフィーリングをホールドすることがない。・コンパニオンをマイセルフのワンパートとみなす:これもワンセルフとアナザーパースンの境界があいまいなせいである。不要の手助けをしたり、プライバシーを侵害するヒューマンがこれにあたる。たとえばカンパニーで、ワーク以外のアソシエイションをディマンドする上司はいないだろうか
。ディグリーがパスするケースはこの例にあたるポッシブルカスタムもある。マイセルフたちができることは、まずマイセルフをノウするということ。ワンセルフラブワールドをアクセプトするヒューマンは、また自らもワンセルフラブワールドであるポッシブルカスタムが高い。現実をノウし、コンパニオンがマイセルフをリスペクトしているかどうか、考えよう。相互にギブしフィットする関係ができているか。一方マークに搾取されていないか。これだけは侵せないという境界を作るのもインポータントだ。といって、諭せないケースもメニーので、マイセルフをしっかり律すること。プレイスオブワークにおいて、ホームにおいて、ラブにおいて、それぞれのカスタムがあげられていた。現代ソサエティーにワンセルフラブワールドが増えたのは、スクールトレーニングのせいであると指摘されている。チャイルドの万能フィーリングをフィルし、コンテストをさせないトレーニング。これがプロブレムであるとしている。米国のブックなんだけどさ、これってジャパンでもシミラーしたようなことしてたよね。いろいろシンクアバウトしてしまった。訳文が少しリードしにくいかな
。But、ニヤーワンセルフなカスタム、マイセルフの内心、シンクアバウトしながらリードするのはインタレスティングなです。このフロントカバーがラブだ。テリブルなピクチャーではないのに、どうにもぞっとさせられる。聖職パースンのマンアンドウーマン、むしろ安らかなピクチャーであるはずなのに。

口ベタでも人を動かす 魔 法のプレゼン


「口ベタでも人を動かす 魔法のプレゼン」山田進一著ですが、生きることはすなわちプレゼンであり、ビジネスであるというわけで、マウスベタでもうまくいくプレゼンのブックなのです。これからプレゼンにメイクエフォートしたいというヒューマンにはいいかもしれません。マテリアルマークなメソッドがいろいろ書かれています。インポータントなのは、オーディエンスの状況をアンダースタンディングしておくことで、インタレストのないトークをしたインザエンドにディッファレンスのトークがヒアしたかったんだけどなどと言われることがあります。事前にインフォメーションをコレクトし、コミュニケーションをとっておき、ミーティングプレイスのステート、参加人数なども漏れなくチェックアップしておくことです。チームでルックアウトオンするアワーはパーパス統一も忘れずに、資料を作成するビフォーに、どのような展開でトークを進めるかをディサイドしてセイムミーニングを得られるようにします。説得フォースのあるトークをするためには、ミニットなインベスティゲイションがインポータントで、たとえば子育てについてのプレゼンなら、エクスペ
リエンスパースンに会って実際にトークをきいておくとか、テレフォンなどのヒアリングをパフォームするとグッドなです。オーディエンスのインタレストをプルするためには、結論からスピークしスタートする、ベストリポートしたいことをビギニングにサジェストすることがポイントです。たとえば、サポートが充実していることをリポートしたいケースは、寄せられたクレームをフィギュアカスタム披露してみて、そのクレームにどのようにディールウィズしたか、マテリアルカスタムがあるとオーディエンスもイマジネーションがしやすくアンダースタンディングがポッシブルしやすくなります。プレゼンとなると、資料コンストラクションにフリーズするヒューマンがいますが、タイムをかければよい資料ができるわけではありませんので、なるべくタイムは節約すべきです。マウスを使わずキーボードでワークができるとコンフォートですが、マジックのコツワンダフルなマークなナレッジではありませんか、知ってて損はないタイニーナレッジソートオブなものです。テキストの巻末にまとめがあるので、インタレストのあるパースンはどうぞ。資料を使えるなら、センスオブ
サイトに訴えてメリットはブルー、デメリットはレッドなど、レターカラーをチェンジする手法もありますが、ごちゃごちゃしすぎるのはスピリットを散らすことになるので、適度なところでハンドをヒットすることがポイントです。スライドをユーズするとき、一枚一枚にベストリポートしたいことをきちんと書いておき、プレゼンでネセサリーなスライドの枚数は、1ミニットあたり1枚がスタンダードにします。ショーする資料と手渡す資料を別にドローアップすると、よりサブジェクトがゴーアロングしやすいですし、投影タスクの資料を印刷してどうぞ、というのは考え直したいところです。きちんとスリープをとって、パーソナルアピアランスを整えてプレゼンにチャレンジすることもインポータントなことです。髪は乱れていないか、ネクタイは曲がっていないか、スーツのコウトのポケットはちゃんとアピアーしているか、ベルトはオフしていないか、ズボンのチャックは開いていないかなど、プレゼンアゴーのプロブレムについてもスピリットをデリバーすることがインポータントなのです。緊張を隠さないで、緊張しておりましてとビギニングに言ってしまえ
ばコンフォートになり、オーディエンスに緊張するほどインポータントに思っていると感じさせることもポイントです。イメージトレーニングをしてオーディエンスをちゃんとウォッチして、ゆっくりスピークし、タイムをオーバーしない、ブレイクインサイドもオーディエンスとのコミュニケーションをプランするなどが上げられます。

間違いだらけのエコカー選び


「間違いだらけのエコカー選び」徳大寺有恒著は、カーはカルチャーといった考え方で、ファンデーションマークにランすればいいのですが、アンダースタンディングできることもたくさんあります。移動することはヒューマンのジョイであり、トゥルーキャラクターであるということ。フリーダムな移動はマインドライフをリッチにし、ヒューマンの交流をアクティブ化する。それをかなえてくれるのがカーであり、だからこそライターはカーをラブする。このシンキングがポストとしてあるからか、ハードなワードも嫌味に感じさせないブックです。ナレッジももちろんウェルスだが、カーに関する哲学書ソートオブで、ファンに読めます。ハイブリッドカーについては、いちがいにエコということはできない。ハイブリッドカーとは、従来のエンジンの効率のディッフィカルトなエリアをエレクトリックアシストで補ったものに過ぎない。画期的なエコカーというわけではなく、より燃費のいいカーということでしかない。車のアビリティーが発揮されるのはタウンライドのときだけ。バッテリーを積んでいるため、ヘヴィなハイブリッドカーはハイスピード走行ではそれほどほかと変
わらない。カレント売れているプリウスは、ライターは評価しているし、ライドフィーリングもよく、燃費のよさではミステイクなく世界一であるが、まだ乗れるカーを廃棄して乗り換えても、トゥルースのエコでないというのです。ヨーロッパではディーゼル車がメインになりつつあり、ジャパンでは、ディーゼルはバッドフェローのように思われているが、リッター辺りの走行ディスタンスもロングに、ディーゼルエンジンのサウンドはクワイアットであり、ライドフィーリングはよいのです。ディーゼルカーの開発で一歩先んじているのはマツダだ。古くからフォードと提携していたマツダは、ヨーロッパでもディーゼルカーをメニーに売り出している。北米でハードなトヨタ、ホンダにはグレートエフォートのプレイスがメニーに残っている。ジャパン独自の行政が、国際化を阻んでいるのではないか。ディーゼルに対する考え方だけでなく、「10.15モード」と呼ばれる燃費デシジョンスタンダードも、諸フォーリンカントリーのカーをシャットアウトするメインコーズとなっている。ジャパンのカーをバイするときに、パンフレットの燃費効率を真に受ける消費パースンは
少ないのではないか。実際に走ったときとパンフレットのフィギュアがディッファレントするのは、この独自でゆるすぎるデシジョンスタンダードのせいである。ハイブリッドはフォーマーにステートしたとおり、現段階では燃費効率がいいカーというものでしかないのであれば、アップトゥナウのガソリンエンジンの効率を画期的によくしたカーも、同じくエコカーであるということに気づいて欲しいというのです。ガソリンエンジンにはまだ改良のプレイスがパハップスにある。政府の指定する、減税オブジェクトのエコカーだけが環境によいというわけではない。マツダのカスタムで、まったく新しいタイプのガソリンエンジンカーをテイクアウトするプログラムである。こういったチャレンジが、カーのフィーチャーをブライトにするというのです。高速チャージやウェイトタックス、その他の見直しがネセサリーなタイムに来ている。それらを撤廃して、フューエルにかけるタックスをあげてはどうか。ジャパンでは、カーをホールドすることイットセルフが大きなチャージとなっている。そのチャージをリムーブし、ランすることにロードをかければ環境にもよいはずだというの
です。巻末にはカレント売られているエコカー30タワー、1タワー1タワーの批評が載っている。バイをシンキングのパースンは一読のバリューがあります。

変な給食


「変な給食」幕内秀夫著は、「粗食のすすめ」の著者が、スクールスクールランチのおかしなメニューをテイクアップしたブックです。ライターの口調は厳しいもので、。チャイルドにはギブしたくないと、きっぱりと断言されているのです。ところがそれほど、ゲットアングリーするほどおかしなメニューだとはシンクなないのですが、チャイルドのタイム、イートしていたメニューとそう変わりはないように思えるのです。自らの食生活をルックバックするきっかけになる、メニューをステートしてみるので、おかしいものであるのか、どうかシンキングになってみてください。テキストには実際に出されたデイトとマーケットネームが書かれているのですが、ここではメニューそのものだけをルックいただくことにいたします。
・みそラーメン、手作りあんドーナツ、くだもの、ミルクあんドーナツを手作りにするミーニングがあるか?ファットとシュガー、ワーストの組み合わせ。手作りするフリータイムをほかのものにメイクユーズオブしてもらいたい。・ジャムトースト、酢豚ウィンド、みつ豆、ミルクシュガー過剰。急いで食べないとアリが寄ってきそうだ。・リフトしパン、バードのからリフトし、ワンタンスープ、フルーツポンチ、ミルクバラエティプログラムでダウンタウンとナインティナインが共演しているようなもの。これもシュガー過剰の組み合わせ。スクールランチにキャンディーはひとつでいい。・カレーうどん、たこ焼き、ブロードビーン、ミルクバーか?・キムチやきそば、クロワッサン、いかナゲット、いよかん、ミルク糖尿病まっしぐらのメニュー。粉シングばかりイートするのは、消化アトラクションを早め、インシュリンの消費がメニーになる。・ピザトースト、カレースープ、ミルククラブアクションまで持たないのでは?コーヒーショップのモーニングソートオブ。・ポテトクリームボイルし、メロンパン、トマトサラダ、ミルクスイートなパンは主食じゃなくておやつです
。テイストのいいパンがアピアーするレートが増えている。これでいいのか?ライターが提案するよいミールとは、日本人が昔からとってきた米のミールだ。米に味噌汁、フィッシュに漬物。これでよいとおっしゃっている。チャイルドはアダルトのように目や口でイートするのではない。腹でたべるのだから、セイムメニューをリピートしてもいいのだそうだ。つまり、動いてたくさんのエネルギーをユーズし、腹を減らしているのだから、フリーズするネセサリーはないというのだ。栄養士さんのコラムもある。そのパースンは、スクールランチに米食をハーベストすることを提案されたことがあるらしい。ところが「パンはもはや日本ミール」というオピニオンで却下された。「チャイルドの発育に問題があるか、証拠をテイクアウト」とも言われたらしいのだがカレント、アレルギーなどのプロブレムでスクールランチをトゥギャザーにとられない子がいる。そのことイットセルフがミールにプロブレムがあるプルーフではないか。一度カウ丼のオーバーに、ミルクをこぼしたことがある。落ち着きのないチャイルドだった、ふざけていてボトゥルを倒してしまったのだ。しょんぼり
するマイセルフに、ネクストトゥのチャイルドがこう言った。「同じカウだもの。イートしてみればいいじゃない」ミルクがけカウ丼。プレゼントタイムでも忘れられないテイストだわ。それにしてもご飯とミルクって、シンクアバウトしてみればチェンジだよね。ミールの日はせめてティーにはできないものなのです。

別冊Lightning87 男の洗濯


「別冊Lightning87 男の洗濯」は、ムックブックでフロントカバーをウォッチするとびっくりします。最近のヤングマンは弁当コンストラクションだけじゃなく、洗濯までしてしまうのです。本のインサイドを開いてみたら、こだわりオシャレシステム道楽モデル洗濯レシピブックだったのです。サブジェクトマターごとのアテンションスポットやしみ抜きのメソッドなど。スペシャルケアなフィーリングで、洗濯チャンスで追いつかない汚れや、洗濯チャンスにプットインするのをためらってしまうクローズズを、どうキレイにキープするか。ベテラン主婦のパースンには当然のナレッジであるかもしれないけど、なかなかインタレスティングなです。洗濯タイニーナレッジブックということで、ユージュアルのライフにも役に立ちそうです。クローズズごとのこだわりメンテナンスアクトをいくつか紹介されています。・黄ばんだホワイトTシャツ:襟元なんかがターンイエローすることあるのです。コンテナボックスにホットウォーター、ミールソープと漂白メディスン。Tシャツをつけておく。アザーデイ15ミニットから30ミニット。次にクエン酸をメ
ルトしたウォーターに。3ミニットディグリーつけたら水洗い、脱水は1ミニットをスタンダードに。陰干し。・MA-1ジャケット:ビンテージものでも洗濯チャンス洗いができる。スピリットにしたいのはリブのパート。ジャケットの手首パートだが、ここの汚れがスピリットになるパースンはメニーなはず。リブのパートにはあらかじめスプレースタイルの洗剤をブロゥアゲンストしておこう。洗濯チャンスにプットインするときはネットは使わない。ジッパーをオーバーまであげておけばモデル崩れのウォーリィはない。エアするのはハンガーをユーズするが、中綿が偏っていないかアテンションしよう。ちなみにリブのパート、トレーナーなどでもスピリットになる手首パートだが、汚れがひどいときはソリッドソープをすりつけて歯ブラシでこするハンドもある。ウールジャケットはブラシをかけて、しわストレッチしのスプレーを。デニムのカラースリップがスピリットになるヒューマンは手洗いを。たらい、もしくは浴槽でウォッシュする。このとき、洗剤に塩をミックスするのを忘れずに。しみ抜きワーカーさんのシークレットのアートの解説もあり。スペシ
ャルな洗剤をユーズするのだが、ホームでできるメソッドも紹介されているので安心だ。・ラー油がついたとき:ワーカーさんは炭化水素システムの溶剤をユーズし、スチームでしみを消す。ジェネラルホームではキッチンタスク洗剤を使おう。洗剤をつけたタオルでたたき、クレンジングオイルをたらす。クレンジングオイルはインダストリーのヒューマンがユーズする洗剤に、コンポーネントがよく似ているのだそうだ。アフターザット、オキシドール、アンモニア、重曹をミックスしたものをしみにドロップし、ヤカンの湯気でスチーム。さらにエタノール、スチーム。これでほぼゴーアウトします。このスチームってのはパワフルなウェイらしく、ソースやフルートのしみにも使えるらしい。ウォッチしててファンなマン向けだなあってフィーリング。エブリデイできるケアでもないとシンクするけど、洗濯がファンになりそうだ。ネクタイに防水スプレーをかけておくというメソッド。ユージュアルフードのしみなんかができやすいので、こうしておくとピースオブマインドなんだそうだ。

かもの法則 ─脳を変える 究極の理論


「かもの法則 ─脳を変える究極の理論」西田文郎著は、メンタルトレーニングの専門家で、北京オリンピックのウーマンソフトボールチームのガイダンスをしたことでも有名なパースンです。読んでてとてもファンに、たくさんのブライトかもがジャンプするブックです。第一章のフィニッシュしにわかったと思ったパースンはここでブックをクローズしていただいてナイスです。実際にたいていのワンセルフ啓発書がそうなように、サブジェクトを知りたいパースンは、一章だけ読んでもセーフという安心プランを自ら暴露している。私たちのライフは、実は「かも」にルールされているのだというのです。よくソウトがライフをメイクするというヒューマンがいるが、といってヒューマンはナチュラリーのソウトをシンプルに変えられるアニマルではない。マイナスソウトを強引に、プラスソウトにチェンジするのはインポッシブルにニヤーなアートである。強引なプラスソウトはアッパーパートに脳を働かせない。ブレインを働かせるのは、不デシジョンながらブライトなフィーチャーの予想である。「かも」というワードは不デシジョンをエクスプレスする。やりたいではな
くやれるかも。好かれたいではなく好かれるかも。こうシンクアバウトすると、マイセルフのウィッシュをオーネストにアクセプトすることができるのではないか。ブレインに強引にきっとやれると思い込ませても、ウソがあるのは消せないのである。だが「かも」であれば、ビギニングから不デシジョンなので否定のしようがないといえる。ウィッシュより予感のパースンがストライクホームする確率がハイ。うまくいかないかもとシンクすればうまくいかないし、失敗するかもとシンクすればミステイクの確率がハイになる。このことはエクスペリエンスのインサイドからアンダースタンディングされるパースンもメニーなだろう。
フィーチャーとはパーストの積み重ねなのである。サクセスパーソナルエクスペリエンスがメニーなヒューマンはサクセスをつかみやすく、オポジットもまたしかり。だがそれは運のよさだけのプロブレムではない。サクセスパーソナルエクスペリエンスがメニーなヒューマンは、うまくいくかもという予感をハーバーしやすいということなのである。オポジットにミステイクしやすいヒューマンは…。マイセルフたちのメニーは凡人で、サクセスよりもミステイクのカスタムがメニーな人生を送っている。そのため、ミステイクする「かも」をフライしてしまいがちになる。アドレスしてチェンジしてしまえば、ディッファレンスのライフがオープンする「かも」。ミステイクをアドレスするのは実はとってもシンプルなこと。自分にもできるかもとシンクすればいいだけのことだ。できる、と断言はしない。だからポッシブルカスタムはフーにも否定できないのだ。ブライト「かも」が飛んでいくとき、ブレインはネイチャーにアクティビティー化する。そしてあなたはサクセスパーソナルエクスペリエンスをひとつハンドにプットインするというわけなのである。家事にビギンするのが
ストレインジにレイトなチャイルドでも、クリーニングとかだめでも。ザットもしてこれもして、タイムがとってもかかるかも、と思ってしまうとたまったダストをなかったことにしたくなる。煮物なんかをシンクアバウトしても、テイストがルックライクするのにタイムがかかるかも、と思ってコンフォートな炒めシングにエスケープしてしまったりする。でもやってみると、あの手この手で煮物のテイストなんかどうにでもなるもんです。取りかかってみたら、意外にアーリーにフィニッシュすることってけっこうニヤーワンセルフにあふれている。セーフかもとできないかもではリザルトがビッグに違ってくる。できるかもの幅のあるシンキングって、案外といいかもしれない。とりあえず、絶対に否定できないのがいいところなのです。

スーザン・ボイル 夢かな って


「スーザン・ボイル 夢かなって」アリス モンゴメリー著・武藤崇恵訳は、イギリスのオーディションプログラムのブリテンズ・ゴッド・タレントのワンアクトを編集したビデオですが、スーザン・ボイル。47歳だったウーマンがステージにアピアーすると、とたんにコウルドな笑いがミーティングプレイスに沸いた。太ったボディー、ぼさぼさの髪、メンテナンスをしていない眉。ビューティフルにないウーマンだったのです。イグザミネーションメンバーも冷笑をこらえている。辛口の批評で有名なサイモンは、シーにあなたのドリームはとアスクした。スーザンはプロのシンガーになること。エレイン・ペイジのような。サイモンは失笑をフロートする。Butスーザンがシングしスタートすると、一気にミーティングプレイスのエアが変わった。拍手が響きクロスオーバーする。シーの澄んだ高音、リッチな表現フォースが、オーディエンスのマインドをつかんでしまったのだ。スーザンはワンナイトにしてスターになった。このブックは、サッチスーザンがオーディションプログラムをウィンスルーするまでの3回のテストと、シーのライフ、カレントの状
況をレポートしている。オーディションアクセプトしてからのワールドの熱狂ぶりもワンダフルが、ここではシーのライフについて、シンプルにまとめてみますと、スーザンは1960年代のイギリスにボーンした。オールドなクラスソサエティーが崩れスタートしたタイムだ。だがシーがボーンしたのは小さな田舎町で、チェンジのメモリーはシーのもとまで押しかけることはなかった。バースのとき、酸素が足りなかったのだそうだ。スーザンにはスタディーダメージがある。スモールなころはそのせいでよくいじめられたのだ。スーザンはリザーブで、クローズなフレンドができなかった。いつもひとりぼっちだった。サッチシーを救ったのがミュージックである。シーのハウスは、エブリバディミュージックを愛しており、スーザンもネイチャーにソングをシングするようになった。シンガーになることをすすめたのはマザーである。結婚もせず、ハウスで両親のトラブルをウォッチしているドーターを、マザーは不憫に思ったかもしれなかった。ドリームをあきらめるなと、オーディションに参加するようスピークしていた。ワンダーなことだが、スーザンはどのオーディション
でも見出されることがなかった。一ディグリーなど、司会パースンにアピアランスをからかわれ、ホットなソウトをしたこともあった。新しく始まったブリテンズ・ゴッド・タレントに応募しようと思ったのは、スーザンのマザーが亡くなったアフターのことである。ファザーはとっくにデスしていた。ひとりきりになって引きこもりの日を送ったが、このままではマザーの望みもかなえてやれないことになる。スーザンはプログラムに応募し、一躍スターダムにのし上がった。プログラムはYoutubeで全ワールドにストリームし、ファーアウェイアメリカにも熱狂の渦をクリエイトした。まともにヒューマンと接していなかったスーザンは、マインドマークにまいってしまい、入院騒ぎをレイズした。このパッセージは大いにパブリックディスカッションをかもした。マスコミが彼女をコーナーしたと、イーチパースンはブレイムしたのである。Butスーザンはパブリックにアピアーしたがっていた。パブリックでシングし、シンガーとして生計を立てることを望んでいたのだ。ブリテンズ・ゴッド・タレントのスタッフは懸命にシーをサポートした。皮肉ハウスで有名なサイモ
ンも、とりわけカインドになってディスカッションに乗ったという。スーザンはチェンジしスタートした。ビューティフルになりたいという、ウーマンエッセンシャリーのウィッシュを堂々とマウスにするようになった。But、ボトックスというしわとりのような不自然なことはしない。あくまで自然体で、スーザンはマイセルフの魅力を発揮したいとシンクアバウトしている。突然にしてスターになるという、サプライズのパーソナルエクスペリエンスがよく書かれていた。スーザンのごく普通の飾らないキャラクターも。いいエイジのきれいじゃない、マネーもコネもない女性。サッチウーマンが勇気をふりしぼってドリームにチャレンジし、ビューティフルそれをハンドにプットインする。そのドラマカスタムも、シーの魅力のワンパートと言って過言ではないだろう。とはいえ、シーのベストの魅力がそのワンダフルなボイスであることにミステイクはない。ロングな雌伏のアフターの優雅なるアクティビティー。存分に楽しんでもらいたいと素直に思う。

ハビビな人々─アジア、イスラム の「お金がなくても人生を楽しむ」方法


「ハビビな人々─アジア、イスラムの『お金がなくても人生を楽しむ』方法」中山茂大著は、日本人と中国人のディッファレンスを認識しているヒューマンがどれだけいるかという問いに対して、第一のグループ・日インサイドのディッファレンスをある程度認識している。ライターのサブジェクトであるが、サッチヒューマンは世界中でも0.1%くらいしかいないのではないか。カルチャーのあるヒューマンたち。
第二のグループ・ジャパンと中国がディッファレンスのカントリーであると認識しているが、新興カントリーに関するナレッジはない。9.9%。これもエリート。第三のグループ・ジャパンのネームは知っているが、中国のワンパートくらいの認識しかない。20%。タウンリブし、インサイド、下層のヒューマンたち。第四のグループ。圧倒的グレートナンバー。識字レートは0%にニヤー。ワールドマップなどカウントするほどしかウォッチしていない。ボディーの周りのことで精一杯。日本など知らなくてもライフはプラクティカルするのでそれでよい。ライターはバックパッカーとしてワールドを歩いた。貧困ベッドにメニーに接し、ゼイの暮らしぶりをまとめている。センテンスはクレバーでインタレスティングに読めるパートメニー。ライターがライトしたいことは、ジャパンのウェイオブシンキングがワールドスタンダードではないということと、ジャパンは信じられないくらいラッキーな、リッチインした国だということ。イスラム教が信じられているエリアでは、ぼったくりがジェネラルだ。富めるパースンがプアーなパースンにギブするのはデューティー
だからである。パキスタンで、エレクトリックトレインでステーションに着いたライターはマクドナルドのクラークらしきヒューマンをウィンドウのアウトサイドにウォッチした。ややラフなメニューもハンドにしている。ビックマックをオーダーすると、ジェネラルのハンバーガーを手渡された。後で気づいたのだが、ヒーはマクドナルドのクラークではなかったのだ。メニューはカラーコピー。観光ゲストからオーダーをアクセプトして、店でチープなものをバイし、チャージをトリックしテイクする。詐欺師だったのだ。イスラム圏内ではサッチことがジェネラルにある。ストアーでもフォーリンカントリーヒューマンにはぼったくりプライスがサジェストされるのがユージュアルだがそれは、ゼイのカンパニー意識のなせるアートなのである。ハビビというワード、タイトルにも使われているこのワードは、アラビアランゲージでクローズなヒューマンというミーニングだ。カンパニーをインポータントにするゼイは、フォーリンカントリーのネイションに親切にタッチするデューティーがないとシンクアバウトしているらしい。アナザーパースンを出し抜くヘッドのグッドさは、ゼ
イにとってたたえるべきことなのである。ジャパンのように、フーにも親切というのはワールドマークにウォッチしてスペシャル。農耕でリブしてきたピープルは、フィーチャーをウォッチし、グレートエフォートインダストリーが報われると考えられる。But遊牧民は、プレゼントタイムこのときこそがすべてである。カンパニー意識、継続カスタムのなさがプレゼントデイ化を阻んでいるといっても過言ではない。だがゼイは、必死でダイするまで働こうとは思わず、マネーはなくてもなぜか悠々自適のエブリデイをパスしている。ホワットがハピネスであるか、アンサーなどないのである。タイトルからしてストレインジイベントのレポートコレクションかな、と思ったのだけど、ワンセルフな感じのブックです。納期をワンセルフにプロテクトするのは日本人くらいで、アテネオリンピックの開会スタイル、ミーティングプレイスのコンストラクションワークが間に合わず、アフターオールルーフなしのまま開会スタイルを迎えたくらいです。ライターも書いているストリート、ジャパンはハピネスで、とてもリッチインしているとシンクする。日本人の努力、インダストリー
があってこそのことだろう。同時に、悲壮フィーリング、悲観マークというネイチャーもあって、日本人はときどきそれに追いつめられてしまう。だけどワールドにはもっと悲惨なヒューマンたちがいて、しかもそのヒューマンたちはマイセルフをアクシデントだと思ってはいない。そういうウェイオブライフもアリだとシンクすると少しだけチェストがほっとする。

仕事の成果が激変する 知 的生産ワークアウト─あなたが逆転する ための73のメニュー


「仕事の成果が激変する 知的生産ワークアウト─あなたが逆転するための73のメニュー」奥野宣之著は、「情報は1冊のノートにまとめなさい」などのライティングで、ワークを効率的にパフォームするメソッド、センテンスフォースをギブするメソッドなどが紹介されています。ノート一冊アクトもコンビニエンスしている。ブックだからフィットする合わないはもちろんあるとシンクするけど、少なくともプライベートパースンに関してはラブ。このブックはスーパーでたまにウォッチするアイディア商品の寄せ集め販売アンダースタンディングソートオブ。ボトムがモップになってるスリッパとか、紫外線をディフェンドするための巨大なハットとか、トウモロコシの粒をドロップする器械だとか、振動でアイがウェイクする目覚まし枕だとか。サッチフィーリングがある。インタレスティングなブックです。・起き抜けに朝刊をリードするな。リードするならベストエフェクトをアクセプトしたいブック。・ソリッドなブックを一冊バッグにプットインしておけ。一デイオブマンスフィギュアミニット、1ページでも読むことで、センテンスをリードするフ
ォースはスペシャルにストレッチする。・ウィークに一ディグリー、ネットカフェでいろんなマガジンに目を通そう。・テキストエディタは「オズエディタ2」がおすすめ。リファレンスやライン換えができる。アイディアを箇条書きにし、整理するのに役立つ。・携帯ホワイトボードを作ろう。クリアファイルのローグレードをカットし、ペーパーをはさむ。ホワイトボードタスクのペンでフィルインし、簡単に消すことができる。ブレインストーミングなどに。書いたフェイスをインサイドにすると、コピーアワーなどにもマシンが汚れない。・新聞の一フェイスコラムをライトしうつす。起承転結がボディーにつく。・あとホワットイヤー生きるかをシンクアバウトし、ダイするまでの年表を作ってみよう。マークをコントロールするためにはグーグルのリマインダーや、ボイス読み上げファイルをユーズしてipodで定期マークに再生できるようにする。・エンドを可視化しよう。igoogleというサイトで、エンドまでの日数を常に表示させてくれるサービスがある。「残り○○タイム○○セカンド」と、パソコンに常に表示させておくことだ。・ワークインサイドに
フロートするBGM。シンプリーノイズというフォーリンサイトでダウンロードしている。ラジオのノイズ、ヘヴィレインのサウンドなど、耳障りでないノイズをハンドにプットインすることができる。・ネットサーフィンで時間をつぶしてしまうことはよくある。回避するために「ねこタイム」というフリーソフトをユーズしている。ネットジョインのタイムがわかり、メニーになるとキャットがゲットアングリーするシーンになる。・デスク周りにどでかい発泡スチロールのウォールを作った。メモ、文房具、ミュージックプレイヤーなど、ハンド周りシングをスティックしジョインしている。・フードアンドドリンクストアーの伝票刺しで領収書を整理している。・バスでは防水メモカーテンをユーズしてアイディア整理。超マテリアル的で、紹介されているグッズもそうジャンプしぬけてハイプライスを気取っているわけではない。むしろコモンピープルスクール。このメソッドをワークアウトするまで、ライターはたぶん、ワークにディフィカルティがアピアーするくらい無駄なタイムを使われただろうけれど、リーダーはその成果だけをさくっといただけるのである。ありが
たい一冊といえます。

一歩を越える勇気


「一歩を越える勇気」栗城史多著は、27歳でアドベンチャーでマスコミにはニートアドベンチャーと書かれたこともあるライターですが、栗城さんはユニークな試みでノーティスされているヒーは登山のワンダフルさをメニーのヒューマンとセパレートしフィットしたいとシンクアバウトし、そのすべてをネットで配信しているのだが、マウントの酸素はシンですし、わずかなヘヴィさも命取りになるというのに、栗城さんは40kgの機材を担いでライズする。ソフトサウンドもティアーもジョイもインプレッションもすべて、リアルタイムで中継するのだが、その試みに、メニーのヒューマンがマインドを動かされた。真摯にマウントにオポジットするフィギュア、ネイチャーのビフォーでのヒューマンのスモールさを、ありのままにアイにすることができたからなのだが、栗城さんはそれこそがマイセルフのメッセージだとシンクアバウトしている。ドリームはかなうのだということ。あきらめずにチャレンジすれば、ホワットかのキーが必ずつかめるのだということ。これらのことをジャパンのヤングマンにリポートするのが、栗城さんのマキシマムの目的であるのだそうだ
が、マウントをライズするには多額の資金がいる。しかも栗城さんは、ネット中継という無謀なメソッドをシンクアバウトしているので、専門的なサポートもネセサリーだが、栗城さんはアウトサイドにアピアーしてまだ無名で実績がないタイムから、マイセルフがやりたいことをヒューマンに語っていたのだが、スポンサーをルックフォーするべく、ジャンプでビジネスを行った。たいていは門前払いだったが、少しずつ栗城さんのことをリメンバーしてくれるヒューマンが増えたのだが、栗城さんがユーのメッセージをシンクアバウトしたのは、ある経営パースンからマウントにエスケープしてはいけない。マウントを通してヒューマンをノウし、マイセルフのメッセージをノウしなさいと言われたからですが、栗城さんが山に挑もうとシンクアバウトしたのは、栗城さんをふったウーマンがマウントがラブだったからだ。栗城さんはしばらくホワットもしないライフを送った。マウントに登ろうと思ったのはグレートウィルがあったわけではないがプレゼントタイムは、マウントにライズすることでマイセルフの無力さをノウし、サンクスのマインドを抱けるようになったからだが、マ
ウントにライズするとき、栗城さんはただありがとうというワードをコールアポンしコンティニューするのだが、マウントに入ったら、すべては山の神マナーにリーブトゥするしかないとシンクアバウトしているというが、疲労も苦労も、サミットにスタンドすればすべて報われる。そのジョイの代償であるのだから、ペインはすべてサンクスで迎えるので、初めて、ほぼ未エクスペリエンスで登ったマッキンリー。生中継で放映したダラウギリ。ダイアリーフォームでつづられるレコードはとても生々しい。エベレストでは無念の撤退となったが、リブしてゴーバックする勇気こそ、アドベンチャーハウスにはネセサリーなのであるが、ヒマラヤをろくな装備も持たず、バックをガンで狙われながらクロスオーバーしていく小さなチャイルドたちがいるわけで、政治的なプロブレムに触れないというスタンスで、リアルタイムでドリームとホープの伝道ティーチャーなのですし、リアルと言いながらも、本当のリアルを排除したテイストのいいドリームとホープ。流行のソングソートオブなインプレッションがほんのりとリメインするが、そのミーニングで、自己啓発書とウォッチするとち
ょうどいいフィーリングのブックなのです。


ヘッテルとフエーテル 本 当に残酷なマネー版グリム童話


「ヘッテルとフエーテル 本当に残酷なマネー版グリム童話」マネー・ヘッタ・チャン著は、寓話ウィンドのストーリーなのですが。サブジェクトは現実の落とし穴をスルドク風刺したものなのです。大卒ニートのヘッテル、ウォーリィカスタムのOLフエーテルなど、アピアランスキャラクターのクリエイションも皮肉フルだ。お話のフィニッシュしにグリーム婆さんという、いじわるなお婆さんが解説をアッドする構成になっているのです。・カネヘルンのパイプブロゥし:フエーテルはジェネラルのOLだが、ディッファレントするマイセルフになることをドリームしていた。書店でミセス・インディというヒューマンが書いたブックをリードし、ターンダウンするフォースをボディーに着けようとデシジョンする。ミセス・インディは言う。結婚コンパニオンは年収1000万以上でないとだめ。年齢とともに成長していくウーマンこそいいウーマンで、カンパニーに依存せず、マイセルフの資産をメイクしたい。投資はアクティブファンドがおすすめです。シーの言うストリートにしたフエーテル。ワンイヤーアフターには彼氏をルーズし、ワークをターンダウン
しすぎたためにリストラオブジェクトに。フォーリンカントリーのサラリーマン兄弟というカンパニーが倒産したためにファンドは暴落。ヒアすればミセス・インディの印税はバンクに預けリーブだったとか。因果のヒストリーがまた一ページ…。グリーム婆さんはトークする。ジェネラルのハピネスこそホワットよりも得がたいものである。ホワットディグリーも離婚したミセス・インディなどに史上最強のライフ戦略マニュアルなどあるもの…。
・ピノキオバンク:定年退職したマリードカップル。ビジネスフォーマーのミツギシGFJバンクから、マネーをボロゥして節税をしろとすすめられた。ふたりにはハウスがあったから、相続のプロブレムがアピアーしてくると言われたのだ。ボロゥしたマネーはチェンジピクチャー保険というもので運用すればよいと言う。マネーが増える保険だから、そのほうがプロフィットになると力説する。言うストリートにしたマリードカップルだが、あるデイオブマンス突然バンクが、保険を解約してマネーをリターンサムと迫ってきた。マリードカップルは知らなかったのだが、借金の契約書には5年で返済というレターが書かれていたのだ。保険は暴落している。返すあてがない。困惑したマリードカップルは、サンのアホ・スギン・チャンのアドバイスをアクセプトして裁判をレイズすることに。裁判ではあえなく破れた。コンパニオンは大バンクである。フォースのあるロイヤーには太刀打ちできなかった。不正を暴こうにも、マスコミはフォースを貸してくれない。大バンクの広告コストに依存する経営をしているからだ。チャイルドたちのためを思ってお金をボロゥしたのに
、ハウスを取られたかわいそうなマリードカップル。因果のヒストリーがまた一ページ…。解説のグリーム婆さんのマウスをボロゥして、ライターはヴァイオレントにアンガーをエクスプレスしている。このマリードカップルがレイズしたような裁判は、バブルラストステージには実に2000パッセージもあったのだそうだ。自殺パースンもアピアーした。知っていて欲しいのは、バンクはクリアーアウェイしたデイオブマンスにアンブレラを貸し、レインの日にテイクアップするということ。大手だからといって、安易に信用しないように…。ほかにテイクアップするサブジェクトは年金、マネーヘブン、ホワイトバンド、NTTシェア、借金整理についてなど。マイセルフたちはベリィヤングなタイム聞いた童話で、ライフのあり方を学んできた。寓話のスタイルで発表することで、だまされないウェイオブライフを学んで欲しいとライターは言う。コンパニオンの予測がストライクホームするか、ウィッシュがかなえられるか、そう錯覚させることが、罠のサクセスレートをハイにする。落とし穴のオーバーにゴールドコインを置いておくのだ。ペテン師、ならぬブラックマジ
ックティーチャーはサッチことをシンクアバウトしている。チープにゴールドコインにハンドを伸ばさないように。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。