本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名言で楽しむ日本史


「名言で楽しむ日本史」半藤一利著は、ファンなブックで名言のフィギュアがメニーに、解説がインタレスティングに、フラワーのカラーはチェンジにけりなだとか、エネミーは本能寺にありといったものもあるのですが、解説がインタレスティングなのです。「マイセルフにホワットのフォールトがあるッ」とか「鎧がメインとうなった」とか、ぼやきかつぶやきマークなものもレコーディングされているのですが、解説が読ませます。ヒストリーストーリーハウスの半藤ティーチャーとトゥギャザーに、パーストにつぶやかれたキャッチーなワードをノウしながら、ヒストリーを学んでいける。ヒストリーのインタレスティングさはエピソードにあると書かれています。マイセルフにホワットのフォールトがあるッは、大化の改新で殺された蘇我入鹿のワードである。悪政をコレクトするための大改革であったのですが、ライターは坂口安吾のワードをリファレンスしています。大化の改新は悪政をコレクトするクーデーターなどではなかった。蘇我『天皇家』をスローダウンするフォース革命だったというのです。「エンペラーオブジャパンシステム」がまだ確立されていないピリオド
、それはただのパワーコンフリクトであったというわけだ。ヒストリーはストロングパースンによって語られるものである。ひとつのつぶやきがそのアットザットタイムなりのトゥルースをリポートしてくれます。ピリオドはさかのぼって大阪サマーのバトルフォーメーション。このとき、豊臣パースンについた武将を、徳川家康はなんとかユーの手の内に引き入れようとした。ひとりは後藤又兵衛。播磨のカントリーをギブすると誘われて武士の本懐にあらずと断った。徳川パースンはモーニングサンのアピアーするフォースであろう。十デイオブマンス二十日、持ちこたえるのもシーリアスそうな豊臣パースンを裏切っては、武士のサインをおろさねばならんとヒーは言ったそうだ。真田幸村も徳川のインヴィテーションを断って豊臣パースンにつき、戦死した。ヒーは又兵衛よりもメニーに、信濃一カントリーをコンディションとしてサジェストされた。ヒーの答えはジャパンカントリーをハーフ賜るともわがデシジョンひるがえし難しといった。本当にインタレスティングなものがたくさんあるのだけど、一気にポピュラーの幕末までヒストリーを辿ってみると、坂本龍馬が姦吏をワ
ンシングにウォー(いくさ)いたし打殺し、ジャパンをいま一ディグリーせんたくいたし申しシーズンシングにいたすべくとのゴッドウィッシュにてシーズン。土佐のポテト堀りともなんともいわれぬ居候にボーンして、ひとりのフォースでワールドをムーブするべきは、ディスまた、ヘブンよりするべきシングなり。恥ということをスローアウェイしてワールドのシングはなるべし。ライターは解説で、坂本龍馬を暗殺したのは大久保利通ではないかとゲスしている。フォース革命にオポジットする龍馬が、ヒーにとっては邪魔であった。ヒーの居場所を一番知っている可能カスタムがあったのも、大久保利通である…。エリアペーパーにて連載されたもので、名言のフィギュアは265。どの解説もユーモアに富んでおり、ワールド観察ができる一冊でヒストリーストーリーがラブなパースン、歴ウーマンさんにオファーしです。

スポンサーサイト

世界でいちばん小さな三つ星料理店


「世界でいちばん小さな三つ星料理店」奥田透著は、ミシュランの覆面インベスティゲイションメンバーは七度、八ディグリーは店に脚を運ぶのだそうですが、店主やクラークにものをアスクして、フォーリンカントリーヒューマンが利用しやすいストアーであるかどうかもインベスティゲイションしているというのです。銀座小十の奥田透さんは、ほかのストアーのステートを尋ねられて、コンパニオンがワールドに名だたるグルメガイドのミシュランの覆面インベスティゲイションメンバーだと知らずにメインビルディングにラインアップするグルメガイドを買ってハンドオーバーしたというのです。奥田さんは静岡県生まれ。ビッグの王選手のファンだったファザーのエフェクトを受けて野球をスタートした。ワンセルフで勝気なキャラクターだったようだ。プラクティスは誰にも負けないくらいにした。ミドルスクールではキャッチャーをサーブした。がんばったがホーストコンピューターにはいけず、チームプレーのリミットを悟った。高校でスタートしたサッカーも、常にアナザーパースン以上のプラクティス量をこなしたがプレーヤーにはなれなかった。自失のタイムを送って
いるヒーに、マザーは親戚のハウスに行ってみるようすすめた。そこでマグロの仲買人のワークをヘルプするようになり、そのインタレスティングさにウェイクアップする。グレートエフォートして極められるようなロードにメイクプログレスしたかった。チームプレーには懲りていたので、プライベートパースンのアビリティーを突き詰めたいとシンクアバウトしていた。仲買人になろうと弟子入りをリポートトゥするが、コンパニオンは料理ヒューマンはどうだとシンクアバウトしてもいなかった道をショーした。そこから、ただオーバーを目指していくヒーの料理ヒューマンライフがビギンする。ビギニングにアルバイトをした静岡のストアーで、就職をさせてもらうつもりだったがファンデーションを学んでからのパースンがよいと諭された。ベストシーリアスでベスト厳しいところを望んで紹介されたのは、ホームのそばの喜久ハウスというクッキングハウスだった。兄弟子達と二ステップベッドで寝泊りするトレーニングのエブリデイが始まった。トレーニングは厳しく、サラリーもチープだったが、ホットとフィールしたことはなかった。ワークのプレイスでは、できるリミッ
トの工夫をした。マイセルフがやりますとワークを買ってアピアーして、ティーチしてもらうのも忘れなかった。アルバイトもした。マネーのためではない。将来店をオープンするために、エクスペリエンスを積みたかったのだ。接客をスタディーするためにバーで、フィッシュを知るためにモーニング四アワーにゲットアップしてセントラルマーケットで働いたりもした。京都にもトレーニングにアピアーした。ハーフイヤーあまりそこでパスし、ジャパンクッキングのヒストリーのディープさにワンダーした。ヒーは次に青柳というストアーに弟子入りを志願する。店主が書いたブックにいたくディープインプレッションをアクセプトしたからだ。ハーフイヤースペース電話をかけコンティニューし、ようやく会ってもらった。ビギニングは店主の運転手としての入社だった。次に青柳そごうストアーに配属され、プログレスのワークをするようになった。ここでもただグレートエフォートと工夫をアッドした。ほかの社員に反感をバイするほど、熱心にメイクエフォートしコンティニューしたが、3年続けているうちにリミットをアンダースタンドしスタートした。クッキングのトレー
ニングがしたかったので店主に訴えると、青柳のクッキングヒューマンとしてのワークをギブしてもらえることになった。頑張ったエフェクトがあったとシンクする。これが1年、2年であったらだめだったとシンクする。黙々と与えられたことをこなしたことが、評価されたのだ。青柳でトレーニングしたアフター、ヒーはやっと念願であるマイセルフのストアーをオープンすることができた。ロングフォーしだった陶芸ハウス、西岡小十にもストアーをヴィジットしてもらうことができた。順風満セイルであったはずだが、ヒーはもうひとつやりたいことがあった。ホームエリアの食材を使って工夫をフリーズしたクッキングをメイクすること。日本一、世界一とヒーがシンクアバウトするタウン、東京でマッチすることにディサイドした。ゲストが来ず、資金繰りも滞ってデスをシンクアバウトしたこともあるのですがワイフや、周りのヒューマンたちの協力をポッシブルして軌道にプレイスオンすることができた。情熱こそが、このブックのオブジェクト、スピリットである。このブックは、徹底徹テール妥協のないヒューマンの生きマナーを描いたものである。よいとフィールした
こと、損得ではなくネセサリーだと思ったことにボディーヒットでぶつかり、ロードを切り開いてきたヒューマンのレコードです。

小さなお店のツイッター繁盛論 お客様との絆を生む140文字の力


「小さなお店のツイッター繁盛論 お客様との絆を生む140文字の力」中村仁著は、満席のスターバックスの隣のコーヒーショップは、閑古鳥が鳴いているといったシーンをアイにすることが、田舎町でも珍しくありません。フロントキャッスルゲートチェーンにはかなわないのか。そのクェスチョンに、ライターはサッチことないとアンサーしている。これからは個ストアーのパースンが、個性あるストアーこそが生き残るのだというのです。ツイッターを利用した販促、集客アート。ライターは「ピッグクラス」というトンカツ、ピッグしゃぶクッキングのストアーを経営している。ライターのエクスペリエンスをファンデーションにしたものでわかりやすい。センテンスも簡潔明瞭、語りがアッパーパートなので読み物としてもファン。プライベートパースンの飲食ストアーがホールドする勝機とはホワットか。それはゲストとのつながり、コミュニティなのだとライターは言う。大手にはかなわないこだわり、大手が排除しがちな一タイムが、ゲストをつなぎとめるのだそうだ。これまでフードアンドドリンクストアーには、ゲストに一方的にインフォメーションを垂れフロ
ートする販促しかできなかった。セールのノーティスや値引きインフォメーション。しかしツイッターでは、双方向の交流がポッシブルである。豚組では、オフィシャルアカウントとキッチンドアアカウントというものをクリエイトし、お客さんとのミステリーな交流を行っている。オフィシャルアカウントは従来のインフォメーションにニヤー。フォーマーにステートしたストアーのセール情報などをフロートする。礼儀ライトに接し、問い合わせをレシーブする。キッチンドアアカウントは少々キッチンがディッファレントする。これはライターが運営しているアカウントだ。プライベートパースンの個性がハードに打ち出されている。プライベートやホビーにまで、こちらではリファレンスしている。これにリードするサイドはどうフィールするのか。マイセルフだったらどうであるか、少しイマジネーションしてみていただきたい。ストアーのショップマネージャーが、なんだかブレイクしたステートでトークをしている。そのスピリットになればマイセルフもトークすることができる。聞いてみたかったあれこれ、気軽にアスクすることもできる。親近フィーリングがわくのではな
いか。ふと、ミートしにゴーしたくならないだろうか。キッチンドアアカウントが狙うのはまさにそれだ。ゲストとのディスタンスをボイルダウンする。このアカウントからは予約をテイクすることもでき、ちょっとしたプリーズをリポートすることもできる。店主はそれにできるだけ応じようとする。このアカウントから予約をプットインしてもらったケース、ライターはなるべくテーブルに足を運んでグリーティングをするようにしているのだそうだ。うれしいじゃないか。店主が友達のようにグリーティングに来てくれるなんて。フレンドや恋人、トゥギャザーにいたヒューマンに、少しばかりプライドができるのではないか。このプレミアフィーリングがゲストをインプレッションさせる。そのインプレッションがツイッターに投下されると、いいインプレッションを持ってストアーのネームが広がっていく。シンクアバウトしてみればこれはアップトゥナウからフードアンドドリンクストアーが望んで行っていたことである。口コミを、レギュラーカスタマーゲストを作ること。それがツイッターでは、トゥワイスのスピードと密度でポッシブルになるということだ。ツイッターだ
からとディッフィカルトにシンクアバウトするネセサリーはない。要はコミュニケーションのプロブレムである。ツイッターで炎上した例も取り上げられているが、ごくユージュアルのオーネストな対応が鎮火には役立つのだと述べられている。ビジネス書にしてはぽってりとぶ厚めの本と言える。その分サブジェクトもシック。フォーマーにも書いたがセンテンスがこなれていて語りアッパーパートなので、すらすらリードし進んでいける。どうすれば親近フィーリングを持ってもらえるか。押し付けがましくない販促とは。アッパーパートなバリュー情報のフロートしパースン、炎上のエッジの対処アクト。実際に試行錯誤、エクスペリエンスされたことなのでシーリアスわかりやすい。導入をシンクアバウトしている企業さん、チャージパースンのパースン。ビジネス、販促をツイッターで行っておられるビジネスのパースンには特に一読の価値があります。



王様は島にひとり


「王様は島にひとり」池上永一著の池上永一さんは沖縄の出身で、東京の在住のストーリーハウスのエッセイです。レイニーシーズンどきのジャパン列島。レイニーシーズンフロントラインをウォッチしたさに飛行機に乗った。トイレにも行かずにがんばったのに、アフターオールウォッチすることができなかった。ゲストルーム乗務メンバーのパースンにクレームをつけると、夜だとダークにてよく見えないんですよとあっさり、ばっさり。アマチュアとは思えないビューティフルな切り返しであった。横断幕はロードにあるそれは、カントリープロパーと沖縄ではずいぶんステートがディッファレントする。本土にあるのはたいてい、パブリックマインドあふれた、不スペシャルグレートナンバーのヒューマンにあてたものだ。沖縄では、エマージェンシーにプライベートパースンマークなメッセージが掲げられている。十六歳になった○○、バースデイオブマンスおめでとう。サンタクロースさん、バイシクルがほしい。○○より。チャッピーのチャイルドがボーンしました。もう一度ユーにミートしたい。コカコーラかバヤリースのロゴが入って、一ブック五サウザンドマネーほどで
できるのだそうだ。フーでも、フリーダムに。沖縄をヴィジットしたエッジにはぜひ。池上さんがグレードスクールスチューデントのタイム、ガーデンに大きなペンができた。犬が来る、と喜んだのだが、来たのはウサギだった。前座か、と池上さんは思った。犬が来るまでの前座だとシンクアバウトしたのだ。ところがその前座は次々と増えていった。なんでも両親は、繁殖させて一プロフィットしようとシンクアバウトしていたらしいのですが、コントロールがつかなくなり、困ったあげく、ウサギをリードして無人島へとシップを走らせる。ついに、犬も飼った。しかしその犬はアホ犬で、おまけにテリブルにアタックマークな犬だった。あるとき、水牛と格闘しているフィギュアをディスカバーした。ぞっとした。水牛はハード。NHKのアソシエイションゲームで具志堅タスクナンバーが、百獣のキングは?と問われて即座に水牛とアンサーしたほどだ。犬をストライクし、失神させて引きずって帰った。ウォークをさせるのも命がけの犬だった。弟は一エイジにもならずに死んだ。病気だったのだとシンクする。沖縄ではベイビーを手厚く弔うカルチャーがない。両親、特にマザ
ーは嘆き、ばらばらになりかけたファミリーを再結集させるために、池上さんは懸命に弟の小さな仏壇に供え物をした。三十三デスアニバーサリーが行われた。大盤振る舞いをしたいとマザーが言う。ウィッシュをかなえてあげ、やっとほっとできた。シンクアバウトしてみると弟にもかわいそうなことをした。スモールだった弟に、ファミリーを背負わせてしまったようなスピリットがする。やっと解放してあげられた。圧倒的に笑えるトークがメニーが、ほろりとくるトークも中にバランスよくある。フロントカバーカバーのイラストがサマー。エンジョイワンセルフするのはプレゼントタイムしかない。

2013年、アセンション後の地球


「2013年、アセンション後の地球」中丸薫著は、トピックのブックということで、メインビルディングで見かけアマゾンの売上ランキングに入っているブックです。中丸薫さんのライティングはブックオフでもよく見かけ読んでいるヒューマンがメニーとシンクします。中丸薫さんはコロンビア大学を卒業アフター、企業のコンサルタントをワンアワーサービスのですが、中丸薫さんのトゥルースのパーパスは、ピースのためにランアウトすること、トゥルースをイーチパースンにスピークすることだというのです。当時築いた人脈を生かし、中丸薫さんはエブリデイ、アースのトゥルースをイーチパースンにトークしコンティニューしている。2012イ年アースに大きなチェンジがあるという。中丸薫さんはそれを禊だとシンクアバウトしているのです。アースを蝕んでいるのはロングサイドソサエティー、シャドーのパワーだ。それはインフルエンザを流行させたり、オバマプレジデントの暗殺をプランしたりしているというのです。中川昭一大臣も、ゼイのハンドによって封殺されたというのです。食糧クライシスに乗じて、イーチパースンをルールすることもシンクアバウ
トしている。ICチップを埋め込み、気に入らないヒューマンにはフードの配給をしないというポリシーをとるポッシブルカスタムがあるというのです。禊は、そういったシャドーのパワーを一掃するためのものである。実はアースには、ホワットディグリーかそういった禊のタイムがあって、ムー大陸やアトランティス大陸がゴーアンダーしたのは、そういった禊のせいなのだというのです。オーダーの禊、2012年に行われるそれは、イーチパースンのマインドの浄化で乗り切れるポッシブルカスタムがある。ヒューマンのマインドが革新されることで、アースは新しいグレードにステップフォワードすることができる。アースのインサイド、ビローグラウンドのディープにには地底ヒューマンがいる。地上ヒューマンとディッファレントし、2万5千人ほどのわずかな人数でリブしている。だが彼らはより進んだサイエンスとウェイオブシンキングを持っており、地上のヒューマンもそのレベルに達しなければならない。それこそが2012年の禊を生き残るキーになる。自給自足をトライし、フードによるルールからエスケープしポッシブルするよう、イーチグ
レートエフォートしよう。わがままなヒューマンは周りのヒューマンとの協調を学び、アナザーパースン依存のヒューマンはワンセルフの確立を進めよう。フィアーすることはない。アース外には進んだカルチャーをホールドするスペースヒューマンが57レース存在する。フレンドシップマークなヒューマンが多い。中丸薫さんのフレンドにも、スペースと交信してそのメッセージを受け取っているヒューマンがいる。ゼイは、万が一禊がうまくいかなかったとき、地球人をレスキューフロムするプロジェクトを用意しているのだという。地上とウォッチしまごう大きな船がホワット隻も作られ、レスキューの手はずは整えられている。フィアーするなかれ。911のテロはアメリカの自作自演だった。イラクのウォーにおいて、アメリカは古代ヒューマンのリーブしたインポータントなライティングを略奪した。オバマプレジデントはインカ帝国のエンペラーの生まれ変わりで、ワールドピースとレース差別を心から憎んでいる。ちなみに鳩山元首相は、ブッダのヤングパースンの生まれ変わりなのだというのです。幸夫人も女性ながらにブッダに帰依したヒューマンだったとい
うから、フレンドシップがその指針であるのは当然なのです。

未病を治す薬膳酒─自分で作る美味しいお酒


「未病を治す薬膳酒─自分で作る美味しいお酒」渡邉修著は、ジェネラルマークには飲んですぐ効くというものではなく、体質改善のスタンダードはおおよそ24ウィークで、エブリデイスモールカップ一杯くらいがちょうどいいのだそうてす。スペシャルなマテリアルはいらないし、ディッフィカルトなクッキングアクトもない。アルコール度数25から35ディグリーの原酒にマテリアルを漬け込むだけ。ホワイトリカー、紹興酒、ワインなどをチューズするとよいというのです。ベストのエネミーはカビでドライしたサブジェクトマターをチューズするとき、湿気やカビには十分アテンションし、アルコール度数がハイので、ファンデーションマークにはゴーバッドすることはないと思われます。ロングに置いておけばいいというものでもないらしい。できたお酒はシンなマウスのボトゥルにうつし、なるべく一ヶ月くらいでドリンクしきり、ものによっては劣化し、インサイドのサブジェクトマターのモデルが崩れてくるケースがあるのです。さまざまな効果のあるメディスンテーブル酒が紹介されているのですが、ヒューマンによってフィットする、合わないがあり、
3カインドくらいテストしてみるとテイストやフィットするものがわかるだろう。体質チェックもメンションされているので、スピリットになるパースンは事前にテストしてみられるといいかも知れません。これなら入手はシンプルだろうと太鼓判を押せるサブジェクトマターのものを紹介してみます。
・ブラックゴマ酒:ブラックゴマ80グラム ホワイトリカー(25ディグリー)720ml ブラックゴマを煎って漬ける。約2ウィーク、冷暗所でチャージ。滋養ストロング、抜け毛、白髪のプロテクションアゲンスト対策に。
・干ししいたけ酒:干ししいたけ25グラム ホワイトリカー(25ディグリー)900ml レモン1個 干ししいたけは一度ヘブン日干しにする。レモンのスキンをむいてスライス、2ウィーク冷暗所でチャージ。花粉症、貧血、二日酔い、便秘、下痢。
・カモミール酒:ドライしたカモミールのフラワー15グラム ホワイトワイン360ml ホワイトリカー(35ディグリー)360ml シュガー50グラム 分量それぞれを酒に漬け、一週間ほど。コウルド、下痢、不眠。
・にがうり酒(ゴーヤ):にがうり(ゴーヤ)300グラム ホワイトリカー35ディグリー にがうりはよくウォッシュし、水気を切って輪切りに。原酒に漬けて約1ヶ月。夏ばて、のぼせ、ほてり、むくみの改善に。
オニオンは胃弱や消化不良に。しそはうつなフィーリングをブロゥオフしてくれ、花粉症にもいいらしい。キウイフルーツはドライスキン、むくみにりんごも肌荒れ、シミにエフェクトマーク。消化不良や二日酔いにも効く。作ったお酒はドレッシングに少量ミックスしてもいいし、キャンディーにユーズすることもできるようだ。アルコールがスピリットになるパースンはファイヤーにかけてアルコールミニットをフライしてもいい。ディスイヤーのサマーはホットだったので、体調をプットインオーダーしてこれからのシーズンもがんばっていきたいですね。

光媒の花


「光媒の花」道尾秀介著は、短編集でアピアランスキャラクターが互いにリンクしあっているという構成なので、ネタばれです。
・隠れ鬼:スタンプストアーをキャリーオンするマンが、痴呆症の母とふたり暮らしであるときマザーが笹の花のピクチャーをドローし、ヒーはひやりとする。避暑地のサマー、少年だったマンは、あるウーマンにソウトをカムニヤーしたのですが、ウーマンはファザーの愛人だったのです。別れ話のアクチュアルスポットに遭遇した少年はウーマンをキルしてしまうのです。そのロットにも笹のフラワーが咲いていたのです。ポリースは父をルックフォーし、ファザーは自殺してしまった。
・虫送り:フレンドのスペースにうまく溶け込めないグレードスクールスチューデントの兄妹のふたりのプレジャーはイーブニングの川原でインセクトをテイクすることなのです。懐中エレクトリックライトでシャインオンすると、オポジットショアにもセイムライトがハブアンオーディエンスする。フレンドができたようでうれしかった。あるとき、ホームレスのマンに妹が連れ去られた。ハピネスにして無事だったが、ふたりはデシジョンしてマンのハウスをめがけて、ブリッジのオーバーからコンクリート片をドロップするのです。
・冬の蝶:兄妹がインセクト取りをするドライリバーベッドでオポジットショアにいたのはホームレスのカンパニーだったヒーは少年のタイム、インセクトをスタディーするワークにつきたかったのです。ワークのドリームを、笑わない同級生がいた。シーにソウトをカムニヤーするのですがシーにはシークレットがあったのです。マザーが連れ込んだマンに、エブリデイ性的な虐待を受けていたのです。懐中エレクトリックライトをつけていたのは、オポジットショアのカンパニーのマンがベリィヤングなガールに興味をホールドする変質パースンだと知っていたからなのです。かつて同級生を救ってやれなかったマイセルフに、後悔があったからなのです。あの日、ホワットかがあったことを悟った少年は、カンパニーのマンをコンクリート片でストライクしキルしたのです。
・風媒花:トラック運転手はマザーにリカバリーをリメンバーし、ハウスをジャンプアウトしていた。カンパニープレジデントマンアンドワイフはいいヒューマンで、トラック運転手をよくかわいがってくれる。あるときカンパニープレジデントのワイフが、ウィンドで受粉するフラワーを風媒花というのだとティーチしてくれた。運転手は姉をシンクする。ファザーをルーズサムしていた。必死でワークするマザーを、姉はサポートし、家族のために犠牲になったようなスピリットがする。姉はウィンドに吹かれ、流されるだけのライフを送ってきただろうか。姉がブレイクダウンした。Butその姉の助けをポッシブルして、ヒーはマザーと再びワードをターンアサイドするようになった。風媒花なんかじゃない。姉はちゃんとマイセルフのウィルを持っている。センテンスがきれいなので、リードするとちゃんとディープなミーニングがある。直木賞の選評にもあるのですけれど、性的虐待をショックマークに使われるのにはちょっと、やーなフィーリングがリメインする。虫送りのラスト辺りのスピーチに、サッチやつ、死んでもいいよとアンサーしたくなる。

考えない練習


「考えない練習」小池龍之介著は、シンクアバウトするのではない、フィールするのだとは「燃えよドラゴン」のインサイドのスピーチですが、ヒューマンは、マイセルフが思っているよりもメニーのことをシンクアバウトしている。たとえばワークのプレイスで。ビジネスフォーマーのヒューマンとトークをしながら、ビールをドリンクしたいなどと考えてしまうことはないだろうか。それはつまり、聞いているふりをしながら、そのアクトに集中できていないということ。ブレインインサイドでひきこもりをレイズしているのである。そうなると、アイのビフォーの現実をクリアにアクセプトすることができなくなる。充足フィーリングを得られないのはそのせいだ。ネイチャーのサウンド、フードのテイスト、コンパニオンのワード。それらをオーネストに受け入れられず、マイセルフのシンキングにこもっていると、リブしている実感がフェードしてしまう。どうすればいいのか。本当は瞑想をすればよいのですができないケースには、マイセルフのマインドを冷静にチェックする癖をつけてるというのです。プレゼントタイム、マイセルフはホワットをシンクアバウトしているのか
。アイのビフォーのことをエンジョイワンセルフしたいのに、邪魔している雑念はホワットか。それがわかるようになったら、シンクアバウトすることをやめてフィールするようにマイセルフのマインドをムーブしたい。マテリアルカスタムがスピークする、ヒアする、ウォッチする、ライトするなど、それぞれのアクションにフォーカスをヒットする。ヒアするケース。サウンド→ホワットのサウンドだろう→○○のサウンドだ→うるさいなあこうなると、ソウトが連続して止まらなくなる。サウンド→…とすると、思考をストップすることができる。サウンドを拒否するのではなく、ただありのままをアクセプトすること。ヒューマンはよりハードな刺激をリクエストしてしまうものだ。いやなサウンドを遮るためにipodなどをユーズするヒューマンがいるが、逆エフェクトだ。刺激がエスカレートするだけ。ユージュアルから刺激のハードなサウンドに頼らない心構えがインポータント。ライトする/リードするケース。ブログなどをライトするとき、フォーマーに手書きでライトすることをおすすめする。ライトしたいことが10あったら、実際にライトするのは3
か4ディグリーにしておくパースンがよい。メールのナレッジとして一ディグリー書いてポリッシュするとき、マイセルフの欲やプライドが入っていないかスピリットをつけよう。コンパニオンをブレイムするニュアンスがないかどうかもチェックしておくこと。コンパニオンの自我を刺激しないというのが、ワールド関係のたしなみである。レインがうっとおしいですなどとフィーリングをこめたワードをライトするより、レインが降って、少しずつ湿度が上がってきたルームからメールを書いていますとするほうが、レシーブするサイドもコンフォートである。ワールドのオール、アイの前のイベントに集中し、よそ事をシンクアバウトするなとそういうことである。コンパニオンのトークを邪推なくヒアし、恨みつらみをなくしてファクトだけをステートし、イートするときはそのテイストそのものに熱中し、チャイルドに過度のホープもアングザイエティーも持たず、ただ受容し、ラブする。そうやって集中していると、ディスワールドは意外にファンに、ビジーなものなのである。

ヒルクライマー


「ヒルクライマー」高千穂遙著は、神音大作は、ふとしたことからロードバイクの魅力にとりつかれてしまい、メタボをスピリットにしていたボディーもすっきりとやせ、ホリデイはバイシクルにかかりっきりなのです。ファミリーとのトラブルがボーンしているのですが、大作には、これしかないというホットなソウトがあり、サラリーマンをやめてプロになることはないが、レースに参加し、よいレコードをギブしているのです。松尾礼二がバイクにゲットオンするきっかけになったのは、若くしてクローズフレンドが亡くなったことだ。礼二はユニヴァーシティー中退のフリーター。マラソンプレーヤーであったが、大学を辞めてからはバイトばかりのエブリデイである。礼二に、クローズフレンドがバイクを一タワーリーブした。メンテナンスをしてもらうためにヴィジットしたバイクショップで、ロードバイクを楽しむイーチパースンのミーティングに出会うのです。
礼二も参加することにした。バイシクルにはマネーがかかる。But、ユージュアルゲットオンするものと違って、ヴァイオレントなエクササイズにベアーするコンストラクションになっています。関戸橋から多摩川まで、ショップで知り合ったヒューマンたちとツーリングにゴーアウトする。礼二もはまってしまった。ゼイはイーブンなタウンをランするのではない。坂をこぐ。マウントを登る。神音大作がいるチームに、礼二は次第になじんでいった。朝倉美奈というウーマンがいる。キャバクラにサーブしながら、チームに参加している。阿部紺太はプログラマー。マネーはあるそうで、エクササイズ不足を解消するためにバイシクルをはじめ、ヒーもはまった。ゼイは週末ごとに集まって関東のマウントをライズする。ワールド関係も入り乱れてくる。礼二は大作のドーターとアソシエイトウィズするようになった。大作のドーター、あかりはファザーに反感を持っている。礼二とカンパニーをスタートしてからも、バイシクルをラブするゼイのフィーリングがわからず、戸惑う。大作はサラリーマンでありながら、レースにおいては有力なプレーヤーであり、ネームも知れてい
た。その大作に挑めるのは、アビリティーのある礼二しかいない。阿部紺太にウォーターを向けられ、礼二はマウントにフェイスする。大作は礼二とあかりの仲を知っている。デューティーの親子にコピーしたふたりのマンのバトルがビギンする。バイシクルがラブなヒューマン、関東の地理にフルに、ロードバイクでランする人にはインタレスティングかも知れません。バイシクル競技の描写、初めてゲットオンするヒューマンに対するアテンション礼二のパーソナルエクスペリエンスとして描かれる、ヒルクライムの魅力、らしきものはたくさんあるが、ファンデーション的にクローズしている。知らないヒューマンをロールアップするフォースは、バッドラックだけどない。ワールド関係の描写はさらに寂寥です。セックス大好きな女子高イノセントあかり、ホビーにのめりこみホームを省みないサラリーマン大作、なぜかADHDというスパイスがふりかけられた礼二、大作を大作マナーと実際に呼んであがめるキャバヤングウーマン美奈。現実味がない。

Q人生って?


「Q人生って?」よしもとばなな著は、装丁がラブリーなライフディスカッションの本です。どのクェスチョンも、どのリプライもラブリーで、適度にアダルトでアンダースタンディングがあって、といって突き放しているわけでもない。ときに苦笑をフロートしながらアンダースタンディングしてしまいます。
Q、パーストに付き合っていたマンをひどくダメージしてしまい、ヒーが薬物中毒になってしまった。アフターディスフーかとディープにスティックトゥするのがアフレイド。
A、たとえ付き合ったコンパニオンが死んでしまっても、それはマイセルフのデューティーではない。ヒューマンとミステリーにアソシエイトウィズするとはそういう覚悟がいる。それに、ディープなアソシエイションでない、ライトなアソシエイションであったからと言って、ヒューマンをダメージしてしまうケースがないわけではない。また、コンパニオンがどれくらい傷ついているかなんて、フーにもわからない。マイセルフのフットで立って初めてラブはできるものだし、傷ついたからと自暴自棄になって薬物に走ったマンとのラブが、本当にディープなものだったのかどうか、再考してみてはどうか。
Q、サッチソサエティーで、チャイルドをまっすぐレイズするのにはどうしたらいいか。
A、ダントツにメニーなクェスチョンであり、よしもとさんバイワンセルフがエブリデイ悩んでいるマターである。アイにカムアウトするものはチェンジなものばかりだからだ。チャイルドのマインドはソフト。見なくていいものは見せなくていい。親がネットになって、フォールダウンしてしまうマインドをケアしてあげたい。あと、チャイルドは言っていることとやっていることがディッファレントするとすぐにノーティスするものだ。いい加減はグッドけど、インチキはやめよう。たとえば、ホームレスのすごいにおいのヒューマンがいるとする。思わずよけてしまって、差別はよくないと言えるものか。チャイルドには、あのヒューマンにはプロブレムはないけど、あまりにもスメルだったので思わずよけてしまったとトゥルースのことを伝えよう。そしてでももしあのヒューマンがブレイクダウンしていて助けをリクエストしていたら、あのヒューマンがいくらスメルにても、エマージェンシーカーが来るまでくっつきそうなディスタンスでそばにいると、ティーチしてあげるのがいいとシンクする。アザーにもいろいろ、ラブリーにカインドなリプライがあります。ホンネと建前
をさり気なくティーチしつつ、さらにヒューマンとはワールドとは、どんなにハードに見えてもどこかにグッドがあることを、伝えてあげられるワンダフルなアンサーではないかとシンクする。ワークにウォリードするウーマンだとか、デスとはホワットかをシンクアバウトするクェスチョンだとか、読み応えのあるクェスチョンリプライがたくさん。

くじけないで


「くじけないで」柴田トヨ著は、もともと自費出版で出されたブックなので、ディスイヤーで99歳になる柴田トヨさんが、新聞に投稿したポエムをコレクトしたものです。ショートなポエムで、ディッフィカルトなワードもなく、ややこしい比喩も、ディッフィカルトな暗示もそうないように思える。たとえて言えばお母ちゃんのワードといったフィーリングです。・サンに:ホワットかつれえことがあったら 母ちゃんを思い出せ フーかにあたっちゃあだめだ あとでマイセルフが嫌になる ほら ウォッチしてみなせ 窓辺に サンがさしてきたよ バードが啼いてるよ ファインだせ ファインだせバードが啼いてるよ 聞こえるか 健一。・ティーチャーに:マイセルフを グランマと 呼ばないで 「トゥデイはホワット曜日?」「9+9は幾つ?」 サッチバカなクェスチョンを しないでほしい。「柴田さん 西条エイティーのポエムはラブですか? 小泉内閣をどうシンクします?」 サッチクェスチョンなら うれしいわ。・思い出:チャイルドが授かったことを インフォームしたアワー あなたは「ほんとうか ハッピー 俺はこれから ワンセル
フになってワークするからな」 そうアンサーしてくれた。ショルダーをラインアップしてチェリーブロッサム並木のローグレードを 帰ったあの日 マイセルフのベストハピネスだったデイオブマンス。・くじけないで:ねえ アクシデントだなんて 溜息をつかないで 陽射しやソフトウィンドは えこひいきしない ドリームは 平等に見られるのよ マイセルフ ホットなことがあったけれど リブしていてよかった あなたもくじけずに。・貯金:私ね ヒューマンからやさしさを貰ったら マインドに貯金をしておくの さびしくなったアワーは それをプルアウトしてファインになる あなたもプレゼントタイムから積んでおきなさい 年金より いいわよ。・2時間あれば:世間には まだ解決されていない たくさんのイベントがある コロンボ警部 古畑任三郎警部 二ヒューマンが協力してくれたら 犯人をきっとつかまえてくれる筈 2時間あれば。トヨさんのご実家はライスをセルするストアー。ベリィヤングなタイムは裕福だったが、シーが十代のタイムにハウスがゴーダウンし、サービスに出された。最初のハズバンドとの結婚はミステイク。33
歳で再婚し、サンの健一さんをレシーブする。賭け事がラブなハズバンドだったが、ホットな少年ピリオドを送ったヒューマンで、ホームはインポータントにしてくれたのだそうだ。空襲にもあった。ダイするほどホットなアイにもたくさんあった。プレゼントタイムはサンの健一さんが来てくれるデイオブマンスがプレジャーで、パートフロムするタイムが来るのがホット。一人暮らしだ。前向きにリブしていこうとしている。詩作はシーのハピネスなタイムをパスするウェイのひとつらしい。トヨさんのワードはウォーム。決して大上段にセットアップするのではなく、ネクストトゥにこっそりと座ってアドレスしてくれるよう。ウォーンするワードもカインドなもので、ショルダーのフォースを抜いてオーネストに受け入れることができる。

日本がもし100人の村だっ たら


「日本がもし100人の村だったら」池上彰著は、遅れてきたニューフェイスなどと言われている池上彰さんですが、テレビなどで大アクティビティーのジャーナリストなのです。池上さんがテイクアウトしたブックで、フィギュアイヤービフォーにヒットしたブックのベイクしなおしプランですが、サジェストされるフィギュアだけをウォッチしていくのは意外とインタレスティングなです。フィギュアを体感できるようなスピリットがする。マイセルフのニヤーワンセルフなヒューマン、ニュースなどをコールトゥマインドして、ワールドがよりもずっとアンダースタンディングができる。ぱらりと見られるブックなので、書店などでノーティスしたパースンはぜひみてください。日本が100人のヴィレッジだったら、マンは51人、ウーマンは49人。64人はアダルト、13人がチャイルド、23人がオールドピープルだ。2050年にはチャイルドは9人、オールドピープルは38人になる。
100人のうち2人はフォーリンカントリーヒューマン。1人が中国、韓国、北朝鮮のヒューマンで、あとはブラジル、フィリピン、ペルー、アメリカなどのヒューマン。
100人のうち50人は東京、大阪、名古屋などのラージシティーに住んでいる。10人がリブインする東京が、ヴィレッジのマネーの42%を稼いでいる。ワークするヒューマンが減っている。100人のうち、50人が働いている。働いているヤングなヒューマン18歳から34歳100人のうち、46人が非正社員。ヤングなヒューマン、100人のうち82人は未婚パースンである。チャイルド100人のうち15人はイートするものやウェアーするものにウォリードする。治療を受けられないチャイルドもいる。100人のうち、ドクターは0.2人。先進カントリーの平均は0.35人。100人のうち25人はグローファットしすぎ。20代のウーマン100人のうち、20人はやせすぎです。人々は最近、パブリックオーダーがディッフィカルトになったとフィールしています。But、マーダーなどの凶悪犯罪は減っています。50年前、10万人あたり16パッセージでしたが、プレゼントタイムは8パッセージです。ビジネスマークリーズンで自殺するヒューマンが
増えている。年に3万人。この10年で30万人が亡くなっている。自殺したヒューマンを100人にすると、48人は無職、25人はカンパニーメンバーなど、11人は自営業、8人は主婦、主夫。3人はスチューデントで、2人はコントロール職。3人は不明。100人のうち90人はテレビをウォッチしていて、アテンションタイムはバランス1日3時間半。インターネットにジョインしているのは70人だ。100人のうち農業をしているのは2人。1.5人が65歳以上だ。フィッシングをしているヒューマンは0.2人、林業をしているのは0.04人。農地はこの10年で6%減った。カントリーの減反ポリシーで、ティルしていない田は高知県くらいのワイドさがある。リブバースのためにユーズするエネルギー量は、ジャパンが1とするとアメリカが2、韓国が3.2、中国は8.7、ロシアは18。ジャパンはエネルギー効率が最もハイなカントリーだ。凶悪犯罪は減っているのに、パブリックオーダーがディッフィカルトになったような
スピリットがする。これは体感パブリックオーダーがディッフィカルトになったと言うんだそうです。

あなたの願いは必ずかないます!


「あなたの願いは必ずかないます!」高津理絵著の高津理絵さんはスピリチュアルカウンセラーで、斉藤一人さんがレコメンデーションのワードをカムニヤーしています。●ウィッシュはかなう。かなえたいことを明確にディサイドし、ウィッシュをすれば必ずかなう。ウィッシュがかなわないのは、かなわないリーズンをあなたがルックフォーしているからではないだろうか。○○になるといいなのオーダーにでもインポッシブルに決まってるよねとシンクアバウトしてはいないだろうか。ウィッシュをしたらかなうとビリーブして、ぱっとフォゲットしてしまうくらいでいい。いったんはフォゲットして、レギュラーのワークに没頭しよう。アイのビフォーのことに懸命に取り組んでいると、ある日ウィッシュがかなったりする。●ワードを磨こう。言霊というワードがある。マウスにテイクアウトしたことはあなたバイワンセルフにはねかえってくる。フィーリングからアピアーしたワードはウォーターに流そう。ヘルワードというものがある。不平不満、愚痴、悪口、文句、ウォーリィ事。否定のワードを言うよりは、ポジティブのワード、パラダイスワードを口にしたい。ツ
イてる、ありがとう、うれしい。よいワードを使おう。●周りにいるヒューマンはあなたのミラー。嫌なヒューマンをチェックしているのはあなたバイワンセルフであると悟ろう。人脈をスプレッドしたいとシンクするより、あなたバイワンセルフの波長をレイズすることにマインドを砕こう。ヒューマンはマイセルフとセイムようなヒューマンに引き寄せられるものである。●リッチマンになるためのインポータントな心がけ。マネーをユーズするとき、ユーズしたストアーの繁盛を願おう。支払いをしながらこのマネーでこのストアーの景気がグッドになりますようにと、マインドのインサイドでつぶやくのだ。スーパーでショッピングをした。また食費がかかっちゃったとシンクするのではなく、マイセルフが支払った3000円で、このスーパーのコンディションがよくなりますようにとシンクアバウトしてみる。フィーリングもブライトになるのではないだろうか。●マネーが貯まる家計簿アート。項目を書き換えてしまう。収入はサンクス、支出はありがとう、バランスはハピネスと書き直す。二メインラインで消して書いてもいいし、シールをオーバーから貼ってもいい。収
入があればサンクスし、支出には○○をエイブルトゥエンジョイした、食べられたとありがとうと言い、残ったミニットはハピネスだ。たとえ金額が少なくても、うれしいことにチェンジしはない。●サンクスして、ハピネスで使ったマネーは返ってくる。あるエルダーシスターが、妹をカウンセリングにテイクアウトした。九州からの上京である。トラフィックコストがかかったが、カウンセリングにテイクアウトしてくれたハズバンドにありがとうとシンクアバウトしていると、懸賞でトラベルティケットが当たった。上京するために使ったマネーと同額のトラベルティケットだ。サンクスして、喜んで使ったマネーは返ってくることがある。●パラダイスワードでミラクルがゲットアップした。ライフがぎりぎりだと、カウンセリングに来たウーマンがいた。マスターに感謝していますかとアスクすると、あまりしていないとのリプライ。ウーマンは反省し、ハウスに戻ってオーネストにありがとうとリポートした。サッチインサイド、マスターのカンパニーが倒産することになった。面接ルームに呼ばれたマスターは、並んだオフィサーのビフォーでこう言った。この前妻にありがと
うと言われた。このカンパニーで働かせてもらったおかげだ。マイセルフはカンパニーにサンクスしています。実はこの面接ルームに、このカンパニーを買収した企業のヒューマンがいた。サッチグッドなヒューマンならぜひトゥギャザーにワークしたいと、新しいカンパニーに引き取られ、よい待遇でワークができることになった。あのとき恨み言を言わなかったおかげである。○○したらいいなあの次に、Butインポッシブルかもとシンクすることはよくあることです。

憚(はばか)りながら


「憚(はばか)りながら」後藤忠政著は、口語のフィギュアなのでリードしやすいのですが、山口組の二オーダーアソシエイション、後藤組元ボスが語ったサブジェクトをまとめたブックです。三ストリートのプレジャーがある。ひとつは、後藤組という暴力団コンストラクションのアイを通して語られる戦後ジャパンのロングサイドソサエティーのリアルコンディション。ふたつは、親分さん独自の哲学をノウするということ。みっつはラスト、レイターメンションです。後藤忠政は昭和17年、東京にボーンし、ウォーの激化とともに父方の田舎である静岡県富士宮マーケットにハウスをリムーブした。貧しい暮らしだったようだ。不良少年をコレクトして愚連隊をコールワンセルフするようになる。17歳のとき、ヤクザのエルダーブラザーミニットができ、ヒーにエア入れられけしかけられて、日本ナイフで相手方にカットイントゥするイベントをレイズした。初めての懲役をエクスペリエンスする。戦後しばらく、ヤクザはネセサリーバッドシングとして存在していたピリオドがあった。警察もゼイのハンドをボロゥしてイベントを解決することがあった。だが
、昭和40年になると、シーリアスマークなヤクザ撲滅エクササイズがビギンする。そのタイム唯一組織立った抵抗をしていたのは、三代目の田岡ボスがリードする山口組だった。ロングフォーしを抱いていた後藤さんは、チャンスあって山口組システム菅谷クラスシステム川内クラスボスの杯をアクセプトすることに。創価学会との関係も語られる。富士宮にステップフォワードしてきたとき、後藤組もその助けをしたという。オポジットスクールのシチズンにトークをしてやったそうなのだがアフターザット、創価学会は知らんぷりを決め込んだ。ユーたちは宗教コーポレイトボディーとして、俺たちは任侠にリブするワールドとして、イーチアザーの信義は守ってくれ。そうサジェストしたが、けんもほろろだった。サイエンティフィックソサエティーからはポリースパワーを使った嫌がらせが続く。そのような状況のインサイド、創価学会カルチャー会館で、後藤組システム幹部ら三ヒューマンが銃刀アクト違反でキャプチャされた。創価学会はおかしいとシンクする。ジャパンを乗っ取ろうとしている。民主党がウィッシュフォーするなら、証人喚問にアクセプトしてやっても
いいと思っている。トゥルースのフレンドとして、野村オータム介さんというパースンのネームが挙げられている。右翼の思想家、アクションハウスだ。彼が作った政党、風のアンダースタンディングを、朝日新聞が虱のアンダースタンディングと馬鹿にしたことがあった。マスコミはヒューマンをダメージする仕事だ。サツでもないのに、ヒューマンをコーナーしてライフまで奪うことがある。スピーチのワールドなら、暴力を使わなければ、ホワットをしてもいいというのはおかしい。バブル期にはジェネラルミーティングハウスのフィギュアもメニーにビューしてきた。ジェネラルミーティングビフォーに企業をターンするだけで、ペーパーバッグをノートでパンパンにしているジェネラルミーティング屋がいた。バッドシングとされてゴーアウトしていったが、もしゼイがプレゼントタイムもあれば、キヤノンのイベントなどパードゥンはしないだろう。プレジデントがダチオフィシャルフレンドにファクトリーコンストラクションの仕切りをやらせて、ホワット十ハンドレッドミリオンも儲けさせたイベントをポイントしている。そういうミーニングではプレジデントもチンピラだ
。Butパワーがある。ジェネラルの株主なんかが追求できるものか。フォーマーのジェネラルミーティングハウスがいたら、クッタクタにイわせて退陣させてた。マスコミが担うべきワークだが、広告コストほしさにバックがクローズするのがオチだ。プレゼントタイム、ジャパンにどれだけ骨のある、ソウトのあるビジネスヒューマンがいると言えるだろうか。ホリエモンなど小チンピラもいいところである。アダルトが周りにいて、なぜひっぱたかないのかワンダーにシンクする。バブルのフィギュア年でジャパンは骨抜きになったようだ。ファインがなくなった。政治家にもラインの通ったワールドがいなくなった。ヤクザも暴対法にやりこめられて青息吐息だ。ITバブルのタイム、マネーをボロゥしに来るヤングパースンのインダストリーハウスがたくさんいた。バンクが貸さないから、こんなところにディペンドオンするほかないのだ。これが現実。ネセサリーバッドシングを阻害することは、金のストリームも止めてしまう。後藤ボスは得度し、デッドのロードに入った。野村さんの知己であるチーフプリーストとのミーティングがきっかけだ。彼はプレゼントタイ
ム、アジアのプアーなカントリーを回って、スクールをビルドしたり文房具を送ったりしている。プアーだったマイセルフの少年ピリオドを彷彿とさせるからだ。テレビプログラムでかのアースにスクールをビルドするオークションをやっていたが、下品だと思った。コンパニオンのカントリーがプアーと、バラエティでやるネイチャーはおかしい。後藤氏が寄付をパフォームするとき、必ずアクチュアルプレイスにフットを運ぶことにしている。寄付が本当に困ったヒューマンにコンプリートするように。まだまだライトしたい小ネタはたくさんあるがハマコーがゼイから借金を踏み倒したトーク!とか、山一抗争のアザーサイドとか、ウーマンとのスマートなアソシエイションパースンとか。ジェネラルのライフをしている人にはチャンスがないワールドではあるが、語り口がユーモラスなので気負わずに読めます。

言えなかった、ありがとう


「言えなかった、ありがとう」大嶋啓介著は、ニヤーワンセルフなヒューマンへありがとうの気持ちをつづったレターをコレクトしたブックです。著者の大嶋啓介さんはバーなどを経営する実業家で、ワンセルフ啓発などのセミナーも行っていて、このブックはそのアクションの一環ということらしいのです。
・言いそびれたありがとう:サーヴァントにはありがとうを言いそびれたヒューマンがいる。純太郎くんのおばあちゃんだ。いつも下校アワーには付き添いをしてくれたグランマ。卒業したらありがとうと言うつもりだったのに、言うビフォーに死んでしまった。こういうことがないように、最近はすぐにありがとうと言うようにしている。・ありがとう:ミドルスクールワンイヤーのウィンターバケーションだった。お世辞にも裕福とはいえないハウスだったが、兄がスキーにリードして行ってくれることになった。スキーを楽しんで、ゴーバックする途中にレストランに寄った。兄は家にテレフォンをプットインした。アフターザット、兄がミールにハンドをつけなかったのが不思議だった。ハウスにゴーバックするとウェイクが始まっていた。モーニング見送ってくれたマザーが、ハートアタックでブレイクダウンしたのだ。レストランで、兄はマザーのデスを知ったはずだった。なのにマイセルフを気づかって、ホワットも言わずにミールをさせてくれた。エブリデイコウルドなウォーターで食器を洗ってくれていたマザー。湯沸かし器を買ってあげようねと、兄とスピークしていた
直後だった。エブリデイパートで、ろくに化粧もしなかったマザーに、言いたいことはたくさんあるけどシングルワードだけ。ありがとう。・大阪でトレーニングしていたときのマスターへ:親方には一ディグリーも褒められたことがなかった。エブリデイエブリデイ、クリーニング、キッチンナイフポリッシュし、ポットポリッシュ。ベスト早く来て、レイトに帰った。まともにティーチしてもらったことがない。ヒューマンより遅くインダストリーに入ったマイセルフは、あせることばかりだった。ストアーを辞めた。辞めるとき、親方は俺はホワットもティーチしてないから、ありがとうなんて言うなよと言った。こき使われていたと思っていたから、ばつのディッフィカルトなソウトでアピアーしてきてしまった。でも、最近はこうシンクアバウトしている。あのタイムのエクスペリエンスがあったから、このインダストリーで働いていられるんだって。ダイレクトティーチしてもらうことはなかったけど、ベリィハードなフィギュアをショーしてもらって、味見をさせてもらった。ビサイドでビューしていたマスターの姿が、プレゼントタイムのマイセルフのスタンダードになって
いる。マイセルフのストアーを持ったら、チェストを張ってミートしにゴーしたい。もちろんありがとうを言うために。ウォームなフィーリングになれます。

ありのままでいいんだよ!


「ありのままでいいんだよ!─あなたが素敵な男性をひきつけて、恋愛上手になっちゃう方法」羽林由鶴著は、コミックエッセイで、ライターはラブカウンセラーのなのです。ライターはさっぱりとしたショートカットにフルな体つきで、体重はカレント103kgあるのだというのです。ライターにディスカッションしたウーマンは、マイセルフはマイセルフのままでハピネスになれました!とイーチエントランスに言うのだそうです。ライターはそれが現実なのですときっぱりと言い切っておられるのです。マイセルフはマイセルフのまま愛される。それが現実。それはとても贅沢でディッフィカルトなことなのではないだろうか。自分に自信があるヒューマンばかりではない。ラブをすればデコレートしたくもなるし、オーネストのマイセルフをさらすことをフィアーするのがジェネラルではないか。ラブエクスペリエンスがないというウーマンがカウンセリングにやってきた。きれいなパースンで、ヤングなタイムはインイットセルフにもてたのだとおっしゃる。ところがエイジをアッドするごとに焦りスタートした。若いタイムのように、ボイスをかけてくるマンも減った。
女らしいことはできないし、一ミニット一セカンド、テリブルなオールドエイジに向かって進んでいくだけ。焦りがプロデュースすればプロデュースするほど、ラブになるとはどういうことかがわかりづらくなってくる。このままフーもラブになれず、ラブになってもらえないまま生涯をフィニッシュするのではないか。ライターはラブなんてアイに見えるものではないのだから、ミステイクかそうじゃないかなんて考えなくていい。このヒューマンはフレンドだからなんて、ミーティングの芽を摘んでしまうのはもったいなすぎる。エレクトリックショックマークなミーティングなど、ドラマやムービーのインサイドのお話。ラブになったら負けなどと思わずに、ゆるやかなフィーリングでオポジットセックスに接してみよう。ランアウトしてしまうタイプのウーマンも相談にやってくる。告白されてつきあって、ラストはふられてフィニッシュするパターンばかりのウーマンだ。ライターはこう問いかける。ヒーとビギニングに会ったとき、あなたはヒーを意識していた? ウーマンはアンサーする。いいえ、それほどには。ヒーはありのままのあなた、オーネストにビヘイブするあなた
をラブになったのだ。なのにあなたは、ヒーにランアウトして、ヒーの好みにジョイントゥギャザーしたウーマンに変わってしまった。心変わりをブレイムするばかりでいいものか?ヒーのことばかり優先して、トゥルースのあなたらしさを失ってしまった。これからは、出会ったまま、あなたのままでアソシエイションができればいいねとアドバイスを締めくくった。ライターには13歳ジュニアのステキなだんなさまがゴーするのだそうだ。東大卒の知性あふれるヤングマンであるとか。ふくよかなボディーにコンプレックスがあって、やせなくちゃ、とずっとシンクしコンティニューしていた著者だったがやせたって、もてるかどうか、ポジティブプルーフなどどこにもないのである。ブロークンハートしたってウォリードすることなんかない。インポータントなパートナーはたったひとりなのだから、試行錯誤はあって当然。チャイルドではないのだから、ラブになってアタックしたことをラフするヒューマンなんかいないのである。勇気をテイクアウトしたことはきっとこれからのフードになる。マザーとコールアウトしたいライターのスマイルがステキ。実に現実マークでプ
ラクティカルユーズマーク。ラブにウォリードするアダルト向けの一冊です。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。