本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南の子供が夜いくところ


「南の子供が夜いくところ」恒川光太郎著は、南のアイランドのトロンバスアイランドをステージにした短編集で、それぞれ独立はしているのですが、重なっているクリエイションもあるのでビギニングから読んでいくのがグッドです。ラストの「夜の果樹園」はモーストベストワークで、ベストパートで、チェンジがくるくらいです。テキストの魅力はこの一冊に凝縮されていています。
・夜の果樹園:破産したマンがリーブしてリブするチャイルドにミートしに、トロンバスアイランドをヴィジットした。バスに乗ってフェイスするが、どうやらルートを間違えたようだ。ゲットオフしたプレイスにはストレインジなワールドがいた。ヘッドがフルーツでできているのだ。ヒーもいつしか犬になっていて、ヘッドがマンゴーでできたウーマンのペットドッグにされそうになる。ランアウェイした。エスケープしたプレイスで赤ひげの小デビルに出会う。赤ひげが言うには、ヒーももともとはワールドであったが、ここに迷い込んでこのようなフィギュアかたちになってしまったのだそうだ。ヒーも小デビルになった。赤ひげとともにフルーツヘッドのワールドをアタックする。イートする。えもいわれぬ充実のテイストがした。美味だった。赤ひげは人をキルしてエスケープしてきたのだそうだ。ヒューマンにターンバックしたくないかとアスクすれば、サッドなフェイスでそのトークはしないでくれとアンサーした。小デビルになったマンは、ひとりで戻ろうとしたことがある。かかしがスタンドするフィールドを、一晩中さまよった。かかしがポイントするディレクション
を、ひたすらめざして歩いたのだ。モーニングになってみると、ヒーは元いたプレイスに戻っていた。ウォークはファンだったかいとかかしに言われて、からかわれていたことをノウする。小デビルのマンがリブするプレイスに、ウィッシュハングしに来るウーマンがいた。妹をキルしてくれと熱心に祈っている。小デビルはウィッシュをかなえてやり、ウーマンのハズバンドとなってファミリーを持った。どれだけのデイオブマンスがパスしただろう。小デビルはいつかフルーツヘッドのヒューマンになっていて、それが当然だとシンクしスタートしていた。だがある日、ワークから帰ったヒーは、無残に殺された家族のデッドボディーをアイにしてしまう。食われたのだ。かつてマイセルフがフルーツヘッドを狩ったように、ディッファレンスの小デビルに食われてしまった。絶望したマンはついに。ワンダーがワンダーのままで、現実のワールドにリンクしている。現実をブレイクするフォースを持っている。
現実のルートが揺るがされる幻想ストーリーって、ジャパンでは珍しいですね。中南米の幻想ストーリーのテイストがあるようにシンクする。マジックリアリズムとかいうやつで、コモンセンスヒューマンには到底ない発想で、ワールドをぐるりと変えてショーしてくれる。

スポンサーサイト

1分間の日記で夢は必ずかなう!


「1分間の日記で夢は必ずかなう!」今村暁著のライターは日記をライトすることでサクセスを手に入れられるといっています。ライトすることでマイセルフのインサイドを見つめ、本当に望んでいることをクリアーにできる。トゥルースの欲求があれば、おのずからアクションもついてくると、言うのです。ライターのダイアリーのつけパースンは、ノートイットセルフはなんでもいいとシンクアバウトしているのですが、メニーのプラクティスパースンのボイスを聞いてみると、ハイプライスなノートをユーズするとファン。マイセルフでフォーマットを作ってプリントアウトしている。というものがメニーだったのです。マイセルフがラブと思えるもの、ファンと感じられるノートを選ぼう。朝晩2回にセパレートしてライトする。モーニングは夢や目標。やりたいことのふたつ。そうありたいとウィッシュするフィーチャーを、なるべくマテリアルマークにライトするようにするのです。たとえば目標があって、それを年に1回リメンバーするヒューマンと、月に1回リメンバーするヒューマン、どちらがサクセスする確率がハイなだろうか。もちろん月
に1回のパースンである。抱いている目標を、リメンバーする頻度がハイならばハイほどいい。エブリモーニング確認することは、とてもインポータントなことなのです。ちなみに、この目標はエブリデイ変わってもかまわない。なぜならダイアリーをノートする目的とは、マイセルフが本当に望んでいることをクリアーにすることだからです。ビギニングからぶれないマークを持っているヒューマンなんて、そうそういないものなのです。ボロゥしてきたアナザーパースンのドリームを、マイセルフのドリームとすりかえているケースも多々ある。ピュアーに、マイセルフがホープすることを見つめなおそう。やりたいことは、ホワットでも書いてセーフ。できそうにないこと、ささいなこと、気づいたらホワットことでもライトダウンしておくといい。
イーブニングはトゥデイのイベントやトゥデイのサンクス、トゥデイのサクセスルールのみっつをライトするようにする。いやなことを書いて、フィーリングを浄化するウェイに使ってもいい。また、ほめられたことをライトしラインアップして自分のモチベーションをあげるのもいい。しなければならないとシンクしコンティニューするよりも、ほめられたことをライトするだけでヒューマンはチェンジするのだそうだ。マイセルフのダイアリーなんだから、少々ずうずうしくても、ファンなことをかけるといいです。そしてベリィインタレスティングなのがトゥデイのサクセスルール。これは意外にスピリットにしているヒューマンがメニーなのではないだろうか。ジンクスのようなものもあるかもしれない。テキストで紹介されているものでも、柿を食べればやる気がアピアーするとか、サッドなときは中島みゆきとかいったカスタムがあります。ハンドにタッチした書類からプットインオーダーしていく。2度寝をやめるとスケジュールがうまくいくなどです。ライフのインサイドで気づいたことを、イーブニングのダイアリーにライトダウンしていく。ネイチャーにうまくい
ったときのパターンをくり返せるようになる。これまでダイアリーなんかコンティニューしたことがない。そんなヒューマンでもセーフなのだそうだ。このダイアリーをライトすることで、ライフがうまくいくのが実感できる、チェンジするのがわかる。プラクティスしたヒューマンのインサイドで、サクセスをつかんだパースンも多い。マイセルフをルックハードアットしなおすというのは、やっぱりインポータントなんだと思います。



シルクのべっぴん塾


「シルクのべっぴん塾」シルク著ですけど、ヒューマンは望んだだけのものをハンドにプットインするようにできているのですが、レギュラーでどれだけそのウィッシュにかけるタイムを使っているかで、ヒューマンのありようはビッグに変わってくるのです。あるヒューマンは日がな一日、ビューティホワイトについてシンクアバウトしているとすると、モーニングゲットアップしたら日焼け止めをペイントし、トリップのときは日傘に長袖が欠かせないと思っています。リザルト30歳をパスしても、きれいなシミのないスキンを保っているのです。あるヒューマンは手芸がラブで、ミシンを扱うアームが年々プログレスし、ブックがラブで読んでいくのはアーリーなのです。没頭や集中、インフォメーションコレクションということがネイチャーにできること、そのためにカットアップするタイムをプレシャスと思わないこと。むしろ楽しみにできること。そういうフィールドに、ヒューマンはネイチャーに熟練していくのです。ホワットをウィッシュフォーするかは個性やテイストですが、かけたタイムは絶対に、いいミーニングでもディッフィカルトなミーニングでも、そのヒ
ューマンを裏切らないのです。量はいつか、ネイチャーにチェンジするのです。執念さえあれば、ヒューマンにはインポッシブルはないのだと実感させられます。シルクさんは吉本興業ビロングトゥのプレーヤーさんで、クリアーにはされていないがアラフォー世代のパースンです。ワールドだってモノとセイムで、ロングタイム使っているとインイットセルフの劣化が見られるのがジェネラルですが、シルクさんは、アラフォーとは思えないほどビューティフルなきれいなパースンなのです。テレビでも美容関連のトピックで取り上げられることがメニーに、30代のセカンドハーフにおいてはただのおばさんサービスをされることがメニーだったのだそうです。シルクさんは一念発起し、エイジしていくのは耐え難いとエブリデイさまざまな工夫をフリーズし、ビューティフルにあろうと決意したのです。フェイスの筋肉をドリルする体操が紹介されている。ディッフィカルトなものはひとつもありません。口角をあげ、スローダウンする運動を10回くり返す。マウスをロングなOのキャラクターにオープンし、ノーズのローグレードにアッパーリップをプレスする。上
下の唇をフロントトゥースに巻き込んで、ブルドッグのようなフェイスで20セカンドキープする。オーバーを向いてネックを伸ばしたコンディションで、イーと大きなボイスで言う。このとき、タングをテイクアウトするのもエフェクトあり。箸などをくわえてビフォーにテイクアウトしたりひっこめたり。イーブニングミールはアフターヌーン8アワーまでにフィニッシュする。ブレックファーストもライトめで、胃を休めることを心がけたい。バスは約15分で。半身欲をするケースは、上半身のドライにスピリットをつける。その他マッサージやライントレなどが紹介されています。巻末に乗っているポスターにフェイスのトレーニングが写真ラックで解説されています。

あなたより貧乏な人


「あなたより貧乏な人」岡崎武志著は、アクターやライターなどプアーだったヒューマンのエピソードをコレクトしたブックです。ベストビギニングにアピアーしてくる天本英世さんのトークがストロングで、仮面ライダーでデス博士をパフォームしたアクターさんなのです。晩年テレビでポピュラーパースンになるまで、天本さんは知り合いのクリーニングハウスで居候をしていた。ビジネスが終わったイーブニングのタイムだけ、二階のルームをボロゥしていたというのです。昼間はホームレスである。天本さんには、実は持ち家があったのだそうです。かつて天本さんには結婚をシンクアバウトしたウーマンがいた。11歳年上の、それはビューティフルな未亡人であった。結婚までこぎつけたとき、天本さんのファザーがふたりのためにハウスを用意してくれたのですが、ウーマンは去ってしまった。天本さんはハウスは結婚したヒューマンのためのネセサリーシングだから、結婚をしないマンにはネセサリーがないものだ。ファミリーがいてこそのハウスと語っている。ハウスもシングも持たないことで、かえって度胸がすわったとも言っていたそうだが、そのマインドはいか
ばかりだったのだろう。
超フェイヴァリットのプレーヤーさんにも苦労のエブリデイはあった。明石家さんまさんも、シーリアスなプアーをしたことがあるのだというのです。弟子入りをしたものの、ウーマンプロブレムで辞めてしまい、さんまさんは一度東京にアピアーした。マネーがなくてボロゥしたルームは、新小岩の四畳半、8000円のルームである。ファーニチャーも夜具もそろっていなくて、タオルケットを巻いて押入れで寝た。パチンコの稼ぎで食いつなごうとしたものの、うまくはいかずギフトの角砂糖で糊口をしのぐ羽目となった。まるでクマや曲芸のクマとセイムやうろうろして角砂糖。
プアーはマンばかりではない。ウーマンの芸能人にもいた。吉永小百合さんも、プアーなハウスの出身で苦労をされていたようです。吉永さんのファザーは、もともとはワイドなロットをホールドするリッチマンであったのだそうですが、ビジネスにミステイクし、タックスオフィスにより差し押さえを食らったのです。小百合さんが芸能ワールドオブに入ったのは、傾いた家計をヘルプするためである。ホールの米びつをビフォーにダークな目をしたファミリーを、サポートするためであったのだと書かれている。ミドルスクールではほとんどレッスンにフェイスを出せなかったため、同級生からのいじめにあい、フレンドもろくにできなかった。ジェネラルの暮らしがしたいと高校にも進んだが、このタイムになると親がワークをカムアウトすることをパーミットしてくれなくなっていた。学費を稼げと言うのである。期末テストをフィニッシュしたそのフットで、撮影に向かったことがあった。たったひとりナイトトレイントレインに乗って、金沢まで行ったのだ。パースを盗まれ3000円を失ったことに動転した。アクトレスとして、グレートコストを稼ぐボディーであったとい
うのに。プアートークをコレクトし、まとめたブックですが、ピリオドがバラバラ。昭和のトークがあれば、平成のトークもあり、中には大正のトークもある。ワンワードにプアーと言っても、ピリオドによってディッファレンスはあるはずです。ライターのシンキングによると金のあることがハピネスではない、プアーはアフレイドにないということであるようなんだけど、そのレートに笑えるエピソードがメニーにないように思える。第二ステップのために、よりインタレスティングなエピソードを手元に置いているそうなのだが、できればモアから思い切りはじけてほしかったです。

その英語、品がありません


「その英語、品がありません」D.A.Thayne、小池信孝著は、英語の表現をより上品に、よりネイチャーな言い方をコレクトしたもので、セイム表現でもワードをチェンジすることでインプレッションががらりとチェンジするのです。日本語をスピークするときにもスピリットをつけたいです。
・アンダースタンディングのチャンス、OK、と気軽にリプライをしてしまうけれど、Certainlyとリターンサムするとよりシングがよくセイドトゥビーするらしい。ボスやゲストにはこう答えよう。
・Really?とアスクインリターンするよりも、Is that right?とGood-byeと単純に言わずに、Have a good dayとするのがラブリーなカンバセーションの終わりパースンなのです。Have a goodnightと応用することもできます。
・Do you understand?ではなく、Do you kind ofunderstand?でソフトな表現になります。
Can you speak japanese?は、Have you everstudied japanese?としたほうがインプレッションがグッドなです。英語サークルのヒューマンたちも婉曲的な表現をすることはある。遠まわしなスピリットの使い方がインタレスティングなです。
・Are you on diet?はこう言いチェンジしてみよう。Are you watching your weight?
・I liedは、I stretched the truth a bid.
・She looks older than she is.は、She always looks calm and collected.。
・The flavor's really flat.は、The flavor's really delicate.と
・She' ugly.は、She's not extremely attractive.と
刺青のことはTattooと呼ばず、Body artとコールアウトすると上品であるらしい。I got fired.と言わず、I was let go.と言えばなんだかフリーダムで前向きなスピリットがします。ものをリクエストするときはCould youをユーズしましょうだとか、ファンデーションマークなことも載っています。日本語のカンバセーションでも役に立ちそうな、神経を使った発想の転換がエマージェンシーにインタレスティングなです。どこのカントリーのヒューマンも、コミュニケーションにはいろいろスピリットをユーズするものなんです。

吉祥寺の朝日奈くん


「吉祥寺の朝日奈くん」中田永一著ですけど、ムービー化やドラマ化など、トピックのストーリーが百花繚乱のタイムに、ぽこりと空き地に咲くフラワーのような素朴さがある。かわいらしい短編集なのです。
1ブック目はなんと、交換ダイアリーのフォームで語られている。このハンドのフォームにディペンドオンするねえねえ、これってちょっと独特でしょおしゃれでしょマークなストーリーなのです。ミステリアスさについアイがフォーマーのキャラクターをリクエストしてしまう。悔しいけど運ばれていく。アピアランスキャラクターたちのだらしなさ、等身ビッグであることにも、ついマウスがほころび、じんわりと共感を抱かせるものだった。
・交換ダイアリーはじめました!ダイアリーに書き込まれたセンテンスのみでつづられる。ビギニングのデイトは1986年1月。圭太なる人物が、ハレー彗星の番組をウォッチしたとノートしている。返事をするのは遥、女子高イノセントであるらしい。ほのぼのとしたラブのダイアリーがしばらく続くが、やがて二ヒューマンのスペースに亀裂がプロデュースすることに。圭太がディッファレンスのウーマンとキスをしたところを、遥は目撃したようなのだ。圭太は誤解だというが、ふたりはそのままパートフロムしてしまった。ダイアリーには、遥のファミリーの記述も見られる。妹が姉は圭太さんのビフォーでシェイプをつけているだけ、本当はホワットも続かない、だらしないとライトすれば、マザーもふたりをアンクシャスしていると独白している。
やがてダイアリーは盗難にあい、ふとしたタイムに山田というヤングマンのもとへ運ばれる。山田はワークに悩んでいたが、遥の頼りないライティングをウォッチしてリブするエナジーをテイクバックする。山田は会ったこともない遥に思いをドライブしている。あるとき、ヒーは遥と圭太、ふたりのことを描いたらしいストーリーがあることを知った。交換ダイアリーと恋人のトーク、ハレー彗星のトーク。山田は作者にレターを書いた。あなたはあの圭太なのか。ここでちょっとひねったラブのエンドが描かれている。
・三角形はこわさないでおく。スワンツトムはアピアランスビューティ、レコード優秀なヤングマン高校生。フレンドの廉太郎のアイを通して、ヒーとヒーがラブするガールについてが語られるはずが。ツトムがラブをした小山内さんは、稀有なガールと言えた。ベリーショートがよく似合って、かわいいスニーカーをはいている。ふたりのミーティングはレインの日のパークだ。互いにキャットをアンクシャスしてやって来て、雨宿りをしてトークをしたのだという。廉太郎はもちろん、ツトムのラブをヘルプするつもりだった。廉太郎は、二カウントにマイセルフのプレイスをファインドアウトしてしまうワールドなのだ。ツトムのように優れているわけでもない。小山内さんだって、ツトムがラブに決まっている。フレンドを押しのけてゴーするハードさは、廉太郎にはなかった。小山内さんと廉太郎も、ときどきスピークするようになった。昼休み、廉太郎がおにぎりをバイしにゴーすると、なぜか小山内さんがいるのだ。小山内さんは一度うそをついてまで、廉太郎がストリートがかるのを待っていた。なぜだ?ツトムの口ぶり、小山内さんのちょっとワンダーな語り口。どれも独
自のワールドルックのインサイドにあって、透明な輝きを放っている。悲痛だとか、どっぷりとクライしたくなるようなフィーリングとか、そういうのとはちょっとディッファレントするかもしれない。ワンダーなテイストのラブストーリー短編集で、特にラストのワーク、タイトルにもなった「吉祥寺の朝日奈くん」は、ラブテイスト、ラブリードラマかとシンクしきや、サドンな反転でバックがカムアウトするほど驚かされる。

「あまり人とかかわりたくない」人のための心理学


「『あまり人とかかわりたくない』人のための心理学」齊藤勇著は、あまりヒューマンとかかわりたくないヒューマンの心理をエクスプレインしていくブックで、7つのチャプターからなるそれぞれ、プレゼントデイのあまりヒューマンとかかわりたくないヒューマンからのクェスチョンにアンサーするという構成になっています。
・マイセルフはリザーブでトークフット。ミーティングでは緊張して、ポジティブマークにスピーチはしません。プライベートでもプルしこもりがち。ラブやワークのチャンスにリッチインしません。このようなヒューマンを内向的とカテゴリーする。自意識がハイに、アテンションがインサイドにフェイスすることがメニー。外交的なヒューマンは意識がアウトサイドにフェイスする。ヒューマンとスピークしていてもアンダースタンディングできたかなと、アナザーパースンにシンキングがリーチするのに対し、内向的なヒューマンは嫌われてはいないだろうかと、インサイドにフェイスするソウトをするといって、キャラクターをチェンジするネセサリーはあまりない。マイセルフのことがスピリットになるかもしれないが、アナザーパースンはそれほどあなたにインタレストを持ってはいないのである。リザーブなキャラクターはジェントルであり、サイレントであり、言い換えるとグッドポイントでもあるのだから、自信を持ってヒューマンに接すればいいのである。
・リアルよりもネットのパースンが話しやすい。本音をトークするのはネットのインサイドだけなんです。リアルなワールド関係はどうしてもわずらわしく感じられる。ヒューマンとトークをするとき、ワードだけではなく、表情からもさまざまなフィーリングをリードすることができる。表情が見えないネットのワールドでは、本音が語られるのはディッフィカルトとシンクアバウトするべきではないだろうか。ネットに依存するのは実は、本音にタッチしたくないという心理があるのかもしれない。ネットオーバーのキャラクターは美化されたものがメニー。匿名であるとはそういうことだ。同時に残酷なことも平気でしてしまう。生身でアソシエイトウィズするほど、本音を語れるプレイスではないと心得るべき。
・ノリの軽いヒューマンがトラストできません。カンパニーでもそういうヒューマンが評価されているけど、人脈ってそういうものなの?アンダースタンディングいかない。こういう心理になるのは、ノリのライトなヒューマンによってあなたが不利益をこうむっていると考えてしまうからだ。フィットなワールド関係だけで、上滑りのワークをしているようなスピリットがしてたまらない。冷静にシンクアバウトしてみよう。そのヒューマンがライトからといって、あなたに不利があるわけなど決してないのだ。ヒューマンをヘイトになることはフーにだってある。そういうコンパニオンを無理やりラブになることはシーリアスディッフィカルト。イルウィルを持ってコンパニオンをウォッチするようになってしまう。悪口を言ったり、常に勝ち負けの意識をホールドするようになる。ラブになれないまでも、ライトアップすることくらいはしよう。共栄関係をメイクするよう努めよう。ワールド関係にも遊びはネセサリー。ラブなヒューマンばかりでなくていいのだ。ヘイトなヒューマンがいることもライトアップして、インイットセルフにうまくやっていくしかない。このブックはリア
ルなワールド関係こそモースト!のオピニオンで書かれたものなのだ。あまりヒューマンとかかわりたくないヒューマンなんて、ほんとはいないんでしょ、というのがライターの本音だとシンクする。フィーチャーはばら色のマスのワールドと、八方塞りのヤングなワールドのセンスのディッファレンスをウォッチしたフィーリングがした。どちらがよい、ディッフィカルトのトークではなくて。

世界一の美女になるダイエットバイブル


「世界一の美女になるダイエットバイブル」エリカ アンギャル著は、売れてる単行本で、写真がメニーに図説エディションのようなブックです。エリカ・アンギャルさんはミス・ユニバース・ジャパンの栄養コンサルタントをされているパースンで、ジャパンをタイプする美人のウーマンたちを、文字通りインサイドからサポートしているヒューマンです。
オーストラリアのシドニーバースで、ジャパンミールには10プライスのタイムから親しんでいるのです。ジャパンミールのよさもよくアンダースタンディングしたオーバーで、日本人ウーマンにあうミールを提唱しているのです。
イートすることを我慢するダイエットではなく、よりよいものをマウスにすることで、ヒューマンはネイチャーにインサイドから変わっていけるのだというのです。あなたのボディーはたった一タワーのフェラーリ。モーストのボディにはモーストのガソリンをとエリカさんのポリシーです。モーストのガソリンとなるミールとは、ライトブラウンなフードとよいオイルである。ライトブラウンなフードとは要するに、ブラウンライスなどの未精製の食品ということです。ダイエットに必要なことは、カロリーカウントではないのです。ゼロカロリーだと安心して、スイートなものばかりをマウスにするのは感心しないのです。ケーキとフィッシュがセイムカロリーだからと言って、ケーキをイートしているばかりではビカムシンする体質にはならないのです。カロリーカウントではなく、ブラッドシュガーバリューのコントロールこそがスピリットだとナレッジよ。ブラウンライスなどの主食に、フィッシュやエッグなどのたんぱく質のエッグは一ウィークに8個くらいまでならサウンドによいのです。あわせてシーズンのベジタブル、オリーブオイルなどのよいオイルといった、バランス
のよいミールを心がけよう。食欲のあるデイオブマンスもない日も、バランスのよいミールをすることで、ネイチャーにブラッドシュガーバリューは安定してくるのです。オイルをとることをフィアーしてもいけない。鮭、ブルーフィッシュなどのオイルは進んで摂取しよう。オリーブオイル、ごま油、ナッツのオイルなどもよいのです。ごま油をチューズするときは、未精製のライトブラウンなものをハンドにテイクするように。いいオイルはイートする美容液。化粧シングよりもマネーをかけるというのです。オイルばかりをとっていてもいけないが、一日に一さじ、二さじくらいはマウスにしておきたいものです。オイルをとるオーバーででスピリットをつけなければいけないことは、トランス脂肪酸を避けなければならないということです。細胞にダメージをギブするコンポーネントが、含まれるオイルってのがあるらしいのです。揚げ物のオイルをストックして二ディグリーメッセージすることは避けたい。実はプラントオイルやマーガリンにも、これは含まれているようです。
オファーし食材、エクササイズ、一ウィークのメニューなども写真ラックでアピアランスされています。

独裁者 “ブログ市長”の革命


「独裁者 “ブログ市長”の革命」竹原信一著ですが、愛知県は河村たかし名古屋市長がいて、大阪府は橋下府知事がいるのだが、どちらもマスコミからはグッドウィルマークに見られている。But、ライターに関してはブレイムのインフォメーションがメニーなようなスピリットがしている。クレイムやフィーリング、ポジションがはっきりしているのでリーダーが流されることがない。ディッフィカルトなワードもそんなにメニーはなかった。ライターの竹原さんは鹿児島県阿久根マーケットの市長をサーブしておいでのパースンだ。ブログを書いているのでブログ市長などと呼ばれ、マスコミからは市政を無視した独裁パースンなどとあげつらわれている。
竹原さんはもともと、父親のアフターをついでコンストラクションアクトのワークをされていた。当時、市営住宅のコンストラクションをめぐってマーケットの理不尽さを思い知らされることになった。
竹原さんは阿久根タイムシグナルなるチラシを作ってこれを告発することにディサイドした。コストはワンセルフチャージ。メニーのチラシを作って阿久根市のホームにデリバーしスタートした。
脅迫や妨害もあったがくじけず続けていたところ、議員にならないかというインヴィテーションをアクセプトすることとなった。マイセルフがシンクアバウトする腐敗のインサイドに取り込まれるのがいやだったのだ。しかしそれではホワットも変わらぬと諭され、出馬したところビューティフル当選。市長になったのもセイムようなホールストーリーであって、竹原さんはカレントの職を決して名誉なものとはシンクアバウトしていないようだ。あくまでマイセルフがフィールした矛盾を、ブレイクするためにヒーは働いているのである。
竹原さんがフィールしている矛盾とは、シティーホール職員の給与がハイすぎる。阿久根シチズンのバランス月収のおおよそ2トゥワイス、フットをすると3トゥワイスくらいの給与である。この不景気のチャンス、イヤーバイイヤー給与が上がっていくコンストラクションにもアンダースタンディングがいかない。
公務員はソーシャルポジションが保証されているのに、なぜかアソシエイションが存在する。そしてそのワークを、エッセンシャリーのビジネスのスペースにしている職員がいるのも解せない。ヤミ専従といわれるものだ。アソシエイションのせいで、改革は進まない。サッチピリオドにも給与アップをクレイムしコンティニューし、過剰に職員をケアするばかりで、シチズンのインタレストとなる発想がない。エリアの議会はろくに機能してはいない。インタレストパースン、マーケット職員の思惑のストリートのデシジョンばかりが行われる。議員も、イヤー4回、30日ジャストアンダーの議会にアピアーするだけで4百万円の給与をハンドにしている。本業あっての議員であり、議会がサイドジョブとなっているのだ。議員のインベスティゲイションコストの使われパースンもフィットだ。トラベルに行った議員もいる。タックスが遊興コストに使われている。
市長はインターネットで辞めてインニードオブな議員の投票を行った。シティーホール職員の給与をオール公表したこともある。こういったアクションが、市長を独裁パースン、議会システム民主ルールのエネミーと呼ばれるゆえんである。竹原さんはエリア分権にもディッファレントをコールアポンしている。エリア議会はまともに機能していないのだ。そこにマネーを与えても、きちんと使われることはない。竹原市長のエクスキューズ100%なのであって、職員さんなりの見方もありはするのだろうとは思う。ディッフィカルトなプロブレムだ。そろそろチェンジがネセサリーなタイムだとシンクする。ライトショルダーライズのピリオドではないのだし、いつまでも変わらない発想でいることは、タウンホールも許されはしないのかとシンクアバウトする。マイセルフのポジションや給与を守ることだけをシンクアバウトしていては、アフターオールはこのカントリーがオール沈んでしまうのではないか。そうなってはもともチャイルドもなくなるのではないかな。シンクアバウトしてインニードオブな。ファクト、がんばっている自治体さんもたくさんある。少しずつ、よい
ディレクションにチェンジするといい。知ることがインポータントだと市長は常に説いている。監視のアイがなければ、議会も行政も腐敗する、堕落する。そのとばっちりをアクセプトするのはシチズンであるのだから、インタレストをホールドすることが何よりもインポータントということである。

どうしても嫌いな人


「どうしても嫌いな人─すーちゃんの決心」益田ミリ著は、「結婚しなくていいですか」の、すーちゃんの続編ブックで、すーちゃんは36歳で、シングルひとり暮らしで、カフェのショップマネージャーとして働いていて、正社員で年収は320万円なのです。このたびはすーちゃんの従兄弟、30歳OLのあかねちゃんもアピアランスする。ふたりのウーマンのレギュラーをドローしながら、そのファインな心理にじっくりと迫っていく。
・すーちゃん:ヘイトなヒューマンがいる。アソシエイト、正社員の向井さんだ。向井さんのカンパニープレジデントの親戚でスピリットにするほどじゃないけどイラッとすることを、実にのんきにマウスにする。ゲストの悪口を言う。バイトのチャイルドのシフトに口出しをする。スピリットにするほどのことじゃないんだけど、とすーちゃんはシンクする。ヒューマンをヘイトになるということは、タンスのロングサイドにたまるホコリソートオブだ。サッチこともシンクアバウトする。小さなことが少しずつ、少しずつたまって、クリーニングチャンスで吸い込めないほどになってしまう。仲のいいバイトのチャイルドだけに、スペシャルなバケーションをライトアップしてくれと向井さんがスピークした。すーちゃんは当然、ターンダウンする。一ヒューマンだけスペシャルケースをライトアップするわけにはいかないだろう。すると向井さんは優等生と、呆れたようにマウスにして、ジョークだよと言ってエスケープした。確信犯だ。ヒューマンがヘイトすることを言って、反応するとジョークと言ってごまかそうとする。ゲットタイアードする。ヘイトなヒューマンでもラブにな
らなきゃいけないとシンクしゲットタイアードする。
・あかねダディー:会社にプアーな人がいる。40歳なのに、未だにきゃぴきゃぴしているヒューマンだ。きれいなヒューマンだけど、40歳にしてはきれいなだけではないかとシンクする。ゲストにテイクアウトしたティーの後始末をしない。ふたりしかいないウーマン社員で、交互にやるとディサイドしているのに。パソコンの操作もリメンバーするスピリットなんかまるでなくて、ホワットディグリー教えてもなるほどとリプライをする。ありがとうとは決して言わない。彼氏はいる。妹の結婚が決まったことだし、あかねちゃんもそろそろブライトなフィーチャーがほしいけど最近、ヒーのいやなところがアイにスタートするようになってきた。ミールをしたとき、ストアーのクラークさんにえらそうにするところがイヤだ。さりげなくウォーンしてもマネーを払ってるのに、なぜケアフルにしなきゃいけないのかと、ヒーはどこブロゥするウィンドだ。サッチヒーだが、仙台への転勤がルックグッドインし、あかねちゃんについてきてくれと言いテイクアウトした。プロポーズだ。うれしい。ヘイトなヒューマンにもカインドになれる。Butそれでいいんだろうか。
あかねちゃんはシンクアバウトして、ヒーに戻ってくるまで待つとリプライをした。ストアーのヒューマンにもちゃんとしてほしいと、シンクアバウトしていることをきちんとリポートした。一方で、すーちゃんはストアーをやめた。マイセルフはディッフィカルトにない。エスケープがないルームにいちゃダメだとシンクアバウトした。フィーチャーへメイクプログレスする。職場のワールド関係にちょっとうんざりしスタートしたウーマンのパースン向けのブックかな。

ラクガキ・マスター


「ラクガキ・マスター 描くことが楽しくなる絵のキホン」寄藤文平著は、ビギニングからさらさらっと、アッパーパートにピクチャーが描けるヒューマンがいますが、アダルトたばこトレーニングチェアーでおなじみの寄藤文平さんが、ラクガキのメインポイントをステートしているブックです。ピクチャーの技法書というのとは違っています。ブックのオブジェクトはマイセルフのシンキングをピクチャーにするときのキーです。もやもやーっとしたヘッドのインサイドのシンキングを、よりらしいイラストにするための線のドローしパースンチョイスが紹介されています。寄藤文平さんのピクチャーに対する考え方、ワールドルックもセンテンスのスペースから垣間見られます。寄藤文平さんにとっては、たとえば木一ブックであっても、そこからスプレッドするワールドを表現することがピクチャーのプレジャーだというのです。ツリー一本ポールを描いてフォーマーにサークルをつければそれもツリーである。だがそれではホワットがなんだかわからなくなってしまうポッシブルカスタムも大いにある。特徴をうまくキャッチサイトオブして表現することが、ラクガキピクチ
ャーのファンデーションといえる。ツリーにはリーフがついているものだけど、これを描くのは意外と複雑でディッフィカルトなように思える。しかしリーフを短冊だとシンクアバウトしてみたらどうだろう。ポールに結びつけられた短冊とムーブしてみると、シェイクするものしなるもの、アクティビティーをつけるのもシンプルである。ブランチはトーナメントフロントと考えよう。ローグレードから順にウィンし上がっていくあのフロントを、逆さにしてみるとうまいブランチの構成が描ける。ラインに丸みを持たせて、フィットにリーフをラインアップしていくとそれらしいツリーが出来上がる。広葉樹をドローするときは、リーフを開いたアンブレラとムーブしてイメージする。針葉樹は犬のシッポをたくさんくっつけたもの。マウントはペーパーやクロースをホワットかにかぶせてできたシワを真似てドローする。リバーは溝。溝にブリッジをウェアーすればタウンのリバーになるし、ロックやリーフをくわえればアッパーストリームのストリームに見えるようになる。ファンデーションができれば応用もたやすい。粘土をロングアンドナローにしたり、ちぎってみるとクラウド
になる。バードのウィングをドローするときは、ヒューマンの手の平をイメージするとわかりやすい。犬キャットと牛馬のディッファレンスだが、どちらもよつんばいのヒューマンをシンクアバウトしてドローするというのだけど、犬やキャットはフィンガーでスタンドするヒューマン、カウやホースは爪でスタンドするヒューマンをイマジネーションしろというんだ。カウやホースにはひずめがあるからだそうなんだけど、言われてみればシュアにそうなのかもしれない。ヒューマンをドローするコツが秀逸。ラクガキのフラワーはやっぱりヒューマンだとシンクするんだけど、これにも独自の工夫がされている。ラウンドなヘッド、厚みのあるチェスト、そして腹のパートはベリィシンいゴムのようにスプレッド縮みがポッシブルである。そして骨盤。これもソリッドボディーに描かれていて、ハンドやフットはただのラインだ。わかりにくいかもしれないけど、上記のようなドールをまずファンデーションとし、それから肉付け、アクションを付け加えていく。チェストと骨盤のスペースがシンになっていることが、ヒューマンのボディーのアクティビティーを表現するコツなんだそう
だ。続くピクチャーをウォッチするとアンダースタンディングがいく。この薄い部分が硬直すると、力んでいるヒューマンに見える。ベンドすると緩んでいるヒューマンになる。このアクション一つでだるそうにウォークするヤングマン、ダメワールド、ゲットタイアードしたヒューマン、ゲットドランクし、挙句のエンドにはボディーを斜めにしてウォークするチンピラにも見えてくる。ヒューマンの体のファンデーションのアクティビティーをマスターすれば、ホワットヒューマンでも描けそうになるからつくづく感心、インプレッションしてしまう。タウンを歩くヒューマンのアクティビティーも、このモデルにアプライし、分解してしまいそうなマイセルフがちょっぴりアフレイドになるハブアンオーディエンスするワールドもチェンジしそうだ。新しいマイセルフに出会えるかもしれない、なんだかとってもファンな一冊です。

革命家100の言葉

「革命家100の言葉」山口智司著は、フロントカバーがストロングで、レッドな背景にチェ・ゲバラのイラストが浮かんでいる。イラストのファンデーションになる写真があるのだが、撮影パースンはあえてそのライティングライトをクレイムしていないのだそうだ。ヒーの思い出をリポートしたいとウィッシュフォーするイーチパースンや、ワールド全体のピースパーパスのためにこの写真が複製されるならば、オポジットはしない。といっているのだ。革命家の名言では、孫文、ニクソン、佐久間象山、土方歳三、大宅壮一、ガンジー、ジョン・F・ケネディなど、さまざまな革命マークなワークを行った指導パースンたちの名言が集められている。テイクアップするワードは、トピックのノーベルピースプライズの歴代受賞パースンということで、・キング牧師:マイセルフにはしなければならないワークがある。デスをおそれてなどいられない。・ミハイル・ゴルバチョフ:すでに期限切れとなった改革をつらぬきレットパスするには、全身全霊でシングにあたり、ポピュラーするフォースをすべて集中しなければならなかった。・ダライ・ラマ14世:わたしたちすべて
はフリーダムを欲し、プライベートパースンとしてユーの運命をデシジョンするライトをリクエストしているのだ。これがワールドカスタムというものである。・ネルソン・マンデラ:私は民主マークでフリーダムな社会の実現のためにリブしている。しかしもしネセサリーとあれば、そのドリームのためにダイすることも覚悟している。レース差別はスピリットの病だ。ホワット伝染病よりもメニーのヒューマンをキルする。悲劇はその治療アクトがハンドのリーチするところにあるのに、まだつかみとれないことだ。しかしフリーダムであることは、自立、自律もネセサリーとされる。・アウン・サン・スー・チー:マイセルフのライフをマイセルフでディサイドするということは、マイセルフのマインドにマイセルフが打ち勝つことです。・バラク・オバマ:リベラルのアメリカも保守のアメリカもなく、ただアメリカ合衆国があるだけだ。ブラックパースンのアメリカもホワイトパースンのアメリカも、ラテンヒューマンのアメリカもアジアヒューマンのアメリカもなく、ただアメリカ合衆国があるだけだ。ヒトラーやスターリン、毛沢東など、人選にネックをひねるパッセージもあ
るが、マイナーな中南米のガイダンスパースンのネームがメニーに見られる。シモン・ボリバル、エミリアーノ・サパタ、パンチョ・ビラ、そして現ベネスエラのプレジデントであるウーゴ・チャベスなどです。

バカボンのパパよりバカなパパ赤塚不二夫とレレレな家族


「バカボンのパパよりバカなパパ赤塚不二夫とレレレな家族」赤塚りえ子著は、酔っ払ってテレフォンポールにぶつかって溝にはまり、ヘッドからブラッドをフロートしながらうずくまってブリーズしプットバックしているヒューマンがあたし、酔ってないよー、ファンよーと言っているような切なさがリメインする。著者は赤塚不二夫さんのドーターさんだ。レイトファザーのエピソードをまとめたブックです。メディスン工場で働いていた赤塚さんは、つげ義春さんのインヴィテーションをアクセプトしてワークを辞める。コミック一ブックでリブしていこうとシンクアバウトしたからだ。トキワ荘にリブインする石森章太郎さんのヘルプをしながらアートを磨いた。レイトフラワーだったが、昭和58イヤー、デビューをキャリーアウトし、アシスタントにカムアロングした登茂子さんと結婚。ライターのりえ子さんが生まれたとき、すでに赤塚ハウスはプアーとは無縁の家となっていた。プレイすることが大好きな両親だった。登茂子さんはアートハウススキンのセンスがシャープなヒューマンで、モダンなメイクし、サイケデリックな内装のハウスでは、仲間を招いてのホーム
パーティがよく行われていた。りえ子さんはベリィヤングながらもパーティのシートにフェイスをテイクアウトし、酒の酌をよくしていた。コモンセンスにはとらわれない両親で、ファザーからは酒を、マザーからはタバコを呑まされたこともリメンバーしている。スタディーしろと言われたことは一ディグリーたりともなかった。赤塚さんはウーマン関係がラウドなヒューマンだった。トラベルにゴーするにもカンパニーしているウーマンがカンパニーするのがエヴァーだ。マザーがプレートを割って泣いているフィギュアを、りえ子さんはそのアイでウォッチしたことがある。離婚。マザーは8歳ジュニアの幼馴染と結婚した。キータンと呼ばれたそのマンは、マザーとりえ子さんのよきアンダースタンディングパースンとなった。赤塚さんとアナザーミーティングしたのは祖父の病気が悪化したときである。ビギニングはスピリットを使っていたものの、すぐに打ち解けバカオヤジとコールアウトすることもできるようになった。破天荒な親だった。スカトロのアダルトビデオを、赤塚さんに見せられたことがあるとはいえ、AVは初見ではなかった。ラブホテルがラブなマザー
とトラベルに行って、それイットセルフはホワットディグリーもウォッチしたメモリーがある。カテゴリーの複雑さに感心するばかりだった。ファザーに言われてヌード写真を撮ったこともある。マガジンにアピアランスするのに際して、りえ子さんはバックだけが写ったものをと父とカメラマンに頼んでおいた。しかしアピアランスされたのはダーティーりビフォーが写ったものだ。抗議すると誰がユーのバックなんかウォッチしたいかと叱られ、それもそうかとアンダースタンディングしたメモリーがある。りえ子さんはイギリスにクロスオーバーし、芸術を学んでよきコンパニオンをポッシブルした。ファザーとマザー、それぞれをシーオフし、赤塚さんがリーブしたカンパニーをサクシードすることになった。赤塚さんの二番目のワイフがよいヒューマンで、手はずを整えていてくれたのだった。ディフィカルティもメニーだったが、タモリさんなど、ウォームなヒューマンのチアーしをアクセプトして、ライターはファザーのワークを守って生きようとシンクアバウトしている。レレレのファミリーなんて副題がついているので、あのお話システムのほのぼの苦労トークかな、ウォ
ームなフィーリングになれるかな、なんて思ってハンドにとったのだけど、読んでみてげんなりするばかりだった。ファミリーについてのインタビューをアクセプトして、りえ子さんは正直に、楽しいばかりをスピークした。Butニューズストーリーはなんだかサッドな論調になっていて驚いた。リポーターもいい加減だな、というフィーリングのセンテンスがあるのだけど、これにはつい、腕組みをしてうなってしまいそうになった。痛々しいと感じているヒューマンは、アマゾンのレビューすらやらせに思えてくるトゥデイこのタイム。ほかのヒューマンの正直な感想を聞いてみたい。

敗者復活力


「敗者復活力」廣田康之著は、ハートもヘッドも熱いけれども、ホットながらも経営パースンらしい冷静さが見られ、読んでためになるブックです。ライターの廣田康之さんはカレント、13のカンパニーを所有してカンパニープレジデントをホワットヒューマンもレイズし、廣田康之さんは悠々自適のセミリタイア・ライフを満喫しています。廣田康之さんは高校を中退した後、ヒューマンのグッドウィルにたかる暮らしをコンティニューしていた。バーテン、忍者、とび職、エッグ配達。職も転々として、さまざまなビジネスを経験している。廣田康之さんのサクセスストーリーは、ある格闘ハウスとの出会いからビギンする。とかく破天荒な人間だったそのマンは、ライターにすべては肥やしや。ホワットをしてもいいとティーチしてくれた。やがてキックボクシングのワールドへ。そこでヒーは、モデルを見つけることのインポータントさを悟った。マイセルフがなりたいとシンクするワールド。といって、はるかフォーマーにいるわけではない、ハンドがリーチする範囲にあるモデル。その真似をしていれば、フォースはネイチャーについていくことをヒーは知った。グレート
エフォートのインポータントさを知ったのもこのときだった。これまで負けスペルのライフだったが、エブリデイのグレートエフォートをアッドするシングでヒューマンは変わっていくのだとスタディーするシングができた。ライトなグレートエフォートは必ず実を結ぶ。アイのビフォーをゴーするモデルを観察し、マイセルフと違うところを冷静に分析する。ハードなコンパニオンとファイトするシングで、ユーのグレードをあげるシングができる。そしてグレードをあげれば、オーダー、新しいワールドがアイのビフォーにオープンする。サクセスのためにネセサリーなシングを、廣田さんはこのときにボディーに刻んだ。廣田康之さんはコンストラクションインダストリーに転進する。ボディーワークのアクチュアルスポットは、廣田さんのカスタムに合っていたようだ。もう負け犬ではなかった。ヒューマンのヘイトするワークを進んでテイクアップし、ライバルカンパニーのワークをよく観察した。損得も考えずに前のめりにワークを続け、縁あってサポートしてくれたパースンのおかげで独立を果たすシングになる。小さなサクセスを、ハンドにしたのだった。But不況の
波が廣田さんのカンパニーにおそいかかる。トラストしていたビジネスフォーマーにワークを引き上げられ、廣田さんは下請けでありコンティニューするシングをやめようとデシジョンした。ゼロからスタートしてサクセスするビジネスというものが、テキストでは述べられている。カスタマーにダイレクト販売ができるもの、ということだ。どこかの下請けでは売上は常に不安定である。エンドユーザーにじかに触れられることが、サクセスのためのキーといえるのだ。スモールに始められるワークというのもインポータントなコンディションだ。ひとりでできて、徐々にプランを拡大していけるもの。たとえばファクトリーソートオブな、大掛かりな投資がネセサリーなものはサクセスには向かない。ニッチというワードにもスピリットをつけよう。ニッチな産業になど、アマチュアがハンドをテイクアウトするものではない。認知ディグリーのハイな産業の端っこに食いついて、そこでニッチなニーズをベアーするのが吉なのです。ファンなエピソードがそこここに見られ、信頼するカンパニーこそがすべてだと言い切っておられる。ギブするシングがサクセスのキーだともおっしゃっ
ている。ポケットマネーで社員にポケットマネーをパスオーバーするシングもあるのだそうだ。廣田さんは、それはわかってくれるヒューマンにしかしてはいけないとも説いている。与えて、貪っていくだけのヒューマンはだめだ。与えられたことをサンクスし、与え返してくれるヒューマンを周りにはプットするべき。広告チラシにファミリーのパースンの写真をプレイスオンしたり、スノーのインサイド、はだしでハウスを修理したりと、とかくホット、ファンなビジネスライフが語られる。がむしゃらにメイクプログレスすれば、モア一ステップヒューマンはプログレスする。ヘルプしてくれるヒューマンも増えるというのがベリィインタレスティングなシングです。

自分で作れるグミの本─GUMMY BOOK


「自分で作れるグミの本─GUMMY BOOK」荻田尚子著は、家では作れないと思い込んでいるものがいくつかあるのですが、エビチリソースは自宅では作れないものと思っていました。ツバメのネストやら薬草やら、中国三千年のシークレットのテイストだとキッチンにディサイドしジョインしていた。まさかそれが、ケチャップとその他ハウスにあるマテリアルですぐに作れるとは思わなかった。グミが自作できるというのもかなりのショックですよ。やってみると意外とシンプルである、バリエーションもウェルスでファンなブックです。グミそのものも、オールドなキャンディーで1920イヤーソフトなものばかりイートしているチャイルドたちのトゥースのサウンドをアンクシャスした、ドイツヒューマンがプランしたものです。ウェイオブメイキングは至ってシンプル。ラブなものをゼラチンや寒天などの凝固メディスンでフリーズするだけ。マッチなどのコツをつかんだら、どんどん好みのものにチャレンジできそうですね。ジュースやピューレなどを使ってグミをメイクすることができます。市販のジュース。ドールのフルーツジュース、オレンジジュース、コーラなど
があります。ジュース250mlに対し、グラニューシュガーを5g、ミールゼラチン10g、ウォーター大さじ1、レモンジュース小さじ1、水あめ小さじ1。ミールゼラチンはあらかじめウォーターでふやかしておくこと。ジュース、グラニューシュガー、レモンジュース、水あめのオーダーにポットにプットインして沸騰させ、ファイヤーをストップしてゼラチンをアッドする。アフターはモデルに流し込んでビカムファームするのをウェイトするだけ。ピューレを使うのもよい。いちご、キウィ、ブルーベリー、メロン。これらのフルートをミル、もしくはミキサーにかけて、すりつぶしたものをゼラチンでフリーズする。すりおろしたにんじんもキャンディーにできる。トマトはホットウォーターむきしてきざみ、ポットでボイルダウンしてユーズすることができる。ベジタブル嫌いのチャイルドにどうだろう。アダルトがエンジョイワンセルフするグミもある。なんとこのブックでは、ティーのグミというものが紹介されている。シックなアイのグリーンティーにグラニューシュガー、水あめ、そしてゼラチン。ほうじ茶、抹茶でもできる。ハーブティ、ブラ
ックティー、コーヒーでもできる。スイートさもテイストでディグリーできるし、アダルトがつまんでおいしいキャンディー、なかなかないもんな。どこか商品化されている企業さんはないものだろうか。リキュールでメイクするのもあり。しょうがや大葉をプットインするのもあり。寒天でメイクするメソッドもラストに紹介されている。フレンドにあげるキャンディー、グミというのは意外と便利かもしれないね。持ち運びもコンフォートだし、日持ちもするだろうし。ラッピングの工夫もしやすそうです。コーヒーグミというのを、ひとつ作ってみようかとシンクアバウトしている。ミルクもプットインして、カフェオレなんかにしてもよさそう。とかく工夫は無限ビッグにありそうな、アミュージングキャンディーというのがワンダフル。

国境の島が危ない!


「国境の島が危ない!」山本皓一著の山本皓一さんはフォトジャーナリストで尖閣諸島のプロブレムのチャンスに、テレビによくアピアーしておいでだったパースンです。パンフレットソートオブにシンなブックで活字も大きめで、ホワットかのイベントのパンフレットと言われてもアンダースタンディングできそうなコンストラクションのブックです。国境にあるいくつかのアイランドが紹介されているが、ビリーブしボディービルドな現実に唖然とするシーンもあります。トピックの尖閣諸島の魚釣島というネームがよく聞かれるけど、これはこの尖閣諸島マキシマムのアイランドのネームなんですね。このアイランドを発見したのは福岡バースの商売人で19世紀、古賀という商人が、探検パーティーをセンドしてこのアイランドをディスカバーしたのです。アイランドにいたアホウドリのおかげで、古賀さんはシーリアスな資産を築いたのだそうだ。ダウンなどがハイプライスでビジネスされたため。また水産資源もウェルスで、アイランドにはカツオの干物をメイクする工場が作られていた。日本人もメニーに住んでいたのだという。アイランドの住人によって、中国の
難破シップがレスキューされたことがあった。このチャンス、中国はジャパンの尖閣諸島でかようなイベントがあったウィルのサンクス状をテイクアウトしている。領有権をクレイムするようになったのは、アイランドのアラウンドでオイルなどの資源が発見されて以降のことなのです。日本人の住人がいなくなったのは太平洋戦争のラストステージのことだ。フューエルなどの輸送がディッフィカルトになったため、ゼイは石垣島にレイズしてしまった。ライターはこのブックのインサイドで、国境の島から日本人が少なくなりつつあるプレゼントコンディションを嘆いている。与那国島でもコモントークの減少が続いているようだ。与那国アイランドは東京から1900km、ジャパン列島の最ウェスタンエッジにプレイスし、111kmビヨンドのシーには台湾を望むことができるのです。与那国アイランドでは自衛隊のアトラクションエクササイズが盛んだ。アトラクションをクレイムする市長が、選挙でおよそ9カットのサポートをコレクトした。国境のアースにリブする緊張を、アイランドの住民はひしひしとフィールしているのです。同時に、島民の減少にもブレーキを
かけたかった。自衛隊が来ればアイランドにワークができる。タックスもゲットインする。自民党ピリオドに一度内定が下されたが、政権が変わってホワイトペーパーに戻されてしまったのです。国境ポリシーがまったく無策だから、フロンティアはまさしくフロンティアになってしまったというのが島民の悲痛なボイスなのです。対馬のプレゼントコンディションはアイランドのロットやビルディングが、フォーリンカントリーキャピタルに買い漁られいるというのです。自衛隊のベースが見渡せるプレイスにあるホテルが、フォーリンカントリーキャピタルのハンドにあるというのです。北方領土についても、常にフォーリンカントリーがそばにあり猟の途中でビールをバイしに、ふらりとジャパンにやってきたロシアヒューマンがいるというのです。パスポートも持たない不法入国で、国境は溶け合っているというのです。

日本でいちばん大切にしたい会社2


「日本でいちばん大切にしたい会社2」坂本光司著は、2008年クチコミでトピックになった「日本でいちばん大切にしたい会社」の第二ショットのブックです。8カンパニーが取り上げられているうちのいくつかのアバウトをテイクアップしてみます。
・株式会社富士メガネ:富士メガネは昭和14年の創立シンス、一貫してゲストインポータンスの姿勢を貫いてきた。メガネの製作ピリオドを早めるため、当時としてはスペシャルの設備投資をしたが、経営パースンは採算よりも、ゲストをお待たせするのがアポロジーないと語っていたという。カレントでもそのマインドは受け継がれている。あるときなど、新しいメガネをバイしに来た客に、クラークがステートしたことがあるのです。ゲストのディグリーは進んでおりませんし、緩んでいるツルをフィックスすればまだイナフに使えます。どうぞそのメガネをインポータントに使ってあげてくださいとスピークしたのです。社員は見えるジョイをイーチパースンにというメッセージフィーリングにバーンしている。ジャパンだけではなく、ワールドのプアーなイーチパースン、故国を追われた難民の方々にボランティアでメガネを配布している。坂本龍馬の海援隊にちなんで、視援隊と名づけられたそのエクササイズは、ワールドエブリプレイスにまで及んでいる。タイのバンコクから120kmリーブした難民キャンプ、アゼルバイジャン、アルメニアなど、ファーアウェイの
カントリーまでゴーアウトしていって、ゼイは見えるジョイをイーチパースンにギブしている。富士メガネはジャパンでスタートしてナンセン難民プライズを授与された企業だ。国連難民ハイクラス弁務官オフィスが、そのワークをライトアップしたのである。そして富士メガネのカンパニープレジデントは、受賞のエッジに贈られたプライズで、アゼルバイジャンの難民キャンプにウォーターウェルを掘った。・パブリックカンパニー沖縄教育出版:このカンパニーの朝礼は変わっている。そして、ロング。なんと朝礼に1時間45分もかけているのだそうだ。ジェネラルのカンパニーでそれだけの時間を朝礼に拘束されたら、さすがにモチベーションもノーズダイブしそうなスピリットがする。Butこの会社の朝礼は、ほかとは一味ディッファレントするものなのである。2名の司会が朝礼を進行する。ゲストのジョイのボイス、サンクスしたい社員の紹介、プライマリースクールピリオドの思い出、紹介したいプライドマナーのことなどが、次々と披露される。ライターが参加した朝礼では、マインドのこもったワークをするヤングパースンマン社員に対して、エ
ルダーのウーマン社員がゲストにもらったレターを手に、サンクスのワードをステートしていた。マン社員はティアーをフロートしたのだという。エンジニアで育ったヒーはこれまでホットなことばかりだったけど、このカンパニーに入って、エブリバディにカインドにしてもらえてうれしいと言った。沖縄教育出版は、そのネームにチェンジしてサウンド食品と化粧シングをセルするカンパニーである。もともとはトレーニング関連の商品を扱っていたが、ガンを患ったカンパニープレジデントが、サウンドの大切さにウェイクアップしてビジネスを転換した。マスターにニューズ販売であるが、セールスよりもゲストとの交流にフォースをプットインしている。絵手紙をテイクアウトしたり、ちょっとしたテレフォンをかけてみたり。オペレーターからのテレフォンやレターを、心待ちにするゲストもメニーなのだそうだ。ダメージパースンのハイアーにも率先して取り組んでいる。当社にはダメージパースン、健常パースンの区別はありません。あるのは個性だけですというのがカンパニープレジデントのシンキングである。ライターの前書きで不況、不景気、コストダウンが叫ばれる
ソサエティーではあるけれど、アクチュアルスポットを歩いてみると感動マークなトーク、ヒューマンインタレストのあるトークが実はたくさんある。エリアのため、社員のためをシンクする経営者というのも、決して少なくはないようである。

論語が教える人生の知恵


「論語が教える人生の知恵」岡戸妃里著は、論語というのは、中国の思想家孔子の言葉をヤングパースンがまとめたもので、プレゼントタイムから約2000年ビフォー、群雄割拠の春秋ピリオドを生きたヒューマンのワードなのです。このブックは、論語のインサイドの名言をコレクトし、解説されていて、なんと見開き1ページにつき、名言ひとつという内容です。かわいいイラストが添えられてリードしやすく、わかりやすいサブジェクトです。名言はそれぞれ、人付き合いのこつ、家族やレギュラーをインポータントにするメソッド、ビジネスシーンで役立つ名言、ワンセルフ研磨に励むためのものにカテゴリーされています。
・巧言令色、鮮なし仁:鮮なし仁は、すくなしじん、とリードする。お世辞、おべっかばかり使っているヒューマンには真心がないと、そういうミーニングだ。そういう人が幅を利かせるソサエティーを嘆いたワードととれるかもしれない。同時に孔子は「徳は弧ならず、必ずネクストトゥあり」というワードもリーブしている。徳のあるヒューマンは孤立しない、必ずアグリーウィズパースンがアピアーする。仁のある人付き合いを心がけたいものだ。
・子曰く、これを愛して能く労せしむることなからんや。忠にして能くおしうることなからんや:ラブするヒューマンには苦労をさせなければトゥルースではない。ヒューマンにオーネストであろうとすれば、リーズンを教えないではいられない。インポータントなヒューマンだからこそ、ディッフィカルトなソウトをさせることがあるし、厳しいことも言わずにはいられない。馴れ合いのような関係では、互いの成長は得られないのである。・子曰く、速やかならんと欲することなかれ。小利を見ることなかれ。速やかならんこと欲すればすなわち達せず、小利を見ればすなわち大事は成らず。フォーマーをハリーするな、ハリーするとパーパスを果たせない。小さなプロフィットをリクエストするな、小さなプロフィットにこだわるとインポータントをサクシードインすることができない。
・子曰く、知者は惑わず、仁者は憂えず、勇者は懼れず。物事のリーズンをよく知っているヒューマンにはダウトがない、ヒューマンを愛するカインドなヒューマンは、くよくよウォリードすることがない、ブレイブなヒューマンにはフィアーがない。この3パースンの特徴をホールドするパースンが、ワイズマンとコールアウトするにふさわしいワールドであると孔子はステートしている。ユージュアルからライトなことをして迷わず、オーネストにリブして悩まず、勇気をもってライフを切り開いていく。そういうワールドであれと言っているのです。
・我が道は、一以って之を貫く。孔子がシンクアバウトするディスとは、忠恕、すなわちマイセルフの良心に忠実であることだったのです。誘惑ばかり、サイドストリートばかりのライフで迷い、戸惑っても、ラストにフォローするべきはユーの良心。背筋がストレッチするワードではないか。論語はプレゼントタイムでもよくストーリーとかコミックとか、はたまたボスのお説教とか、ぽんとリファレンスされることがあります。義をウォッチしてせざるは勇なきorというライトとわかっていてできないパースンは臆病者であるとか、十五にしてナレッジにプランする、三十にして立つとか。いちど読んでおくといろいろ役に立つことがありそうですね。

心の野球


「心の野球─超効率的努力のススメ」桑田真澄著は、桑田真澄さんの野球ディスカッションが語られていますが、ワンセルフ啓発や宗教書と言ってもいいようなサブジェクトのブックです。桑田真澄さんは、少年野球のガイダンスをされているのですが、桑田真澄さんのエクスペリエンスを踏まえて、スポーツをプランするヤングマンにどんなワールドになってほしいか、ウォーンするようなシーンもメニーに見られた。桑田真澄さんはリポートするポジションのヒューマンになったのだという気持ちです。桑田真澄さんは野球をするチャイルドたちに野球ばかりをするチャイルドにはなってほしくないとおっしゃっているのです。チャイルドには、学んだり遊んだりするタイムが絶対にネセサリーで、野球のプラクティスだけで一日をフィニッシュするようなことがあってはならないというのです。そのためには、プラクティスは量をこなすばかりではいけない。だいたいチャイルドが1000回マナーなんかして、まともにこなせるわけがないのだ。ハンドを抜くことをリメンバーするのがオチ。短時間で集中して、効率のよいプラクティスをする。小さなことでもコツコツ積み重ねて
いれば、突然プログレスするときがやってくる。まじめに継続することがインポータントだ。桑田真澄さんが高校生のとき。コーチとシックな練習をした。コーチがセットアップしたミットからボールがそれると、コーチはヒーにボールをスローし返してはくれない。コーチのバックにそれたボールを、テイクしに走ってまたターンバックし、投げなければならなかった。タオルを振ってろうそくのファイヤーを消すスペシャルトレーニングをしたり、ひじのストレッチをエブリデイするよう命じられた。そのミーニングはよくわからなかったが、頑張ってコンティニューしていると突然リザルトがアピアーした。できなかったカーブボールが、サドンに投げられるようになったのだ。グレートエフォートはエブリデイコンティニューすることにミーニングがある。ノーミーニングにホットなプラクティスを、ボディーがブロークンするまでするのは間違っている。チャイルドたちには、グリーティングとサンクスの心を徹底してティーチしている。グリーティングができないチャイルドはハウスに帰らせることがある。トールをラフにハンドルするチャイルドには、厳しくアテンションをす
るようにしている。ミールを食べさせてくれて、プラクティスにテイクアウトしてくれる両親にもサンクスするようティーチしている。そのために両親は、ベリィハード働いているということを、徹底して学ばせている。桑田真澄さんは移動のスペースにブックをたくさんリードするのだそうだ。オールドブックにもアイをレットパスしている。野球ができればエリートなのではない。教養があり、リスペクトされるワールドにならなければいけない。理路整然としており、簡潔でとてもわかりやすく、キャラクターもビッグので読みやすくおすすめです。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。