本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野宿入門


「野宿入門」かとうちあき著のかとうさんは野宿をベストに愛しているのですが、ディッフィカルトなことではないのです。ふらりと寝袋を持って、ときには段ボールにもぐって、アウトサイドでスリープすることを自由自在に楽しんでいるのです。
かとうさんが野宿をしたいと思い立ったのは高校生のときで、そのときかとうさんには野宿=青春、プレゼントタイムしかできないことであり、やってみるしかウェイがないのではないかと焦れるようなソウトがあったのだそうです。やってみて、意外とシンプルだったので、アフターディス野宿のファンさにはまり、ソサエティーヒューマンとなったプレゼントタイムでも寝袋をワンハンドにトラベルにアピアーすることをコンティニューしているというのです。
かとうさんは寝袋の所有はアダルトのしるしだと思っているのです。寝袋は大いに役に立つもので、フレンドがサドンにヴィジットしてきたときにも、リザーブの布団として使うことができる。それにいつなんどき、アウトサイドでスリープするようなことがプロデュースするかもしれません。寝袋があればあわてずにフィニッシュし、エマージェンシーアワーの備えなのだから、ソサエティーヒューマンになったプルーフとして、初任ギフトでハンドにプットインするくらいの心がまえがあってもよいのではないかというのです。
寝袋がなくとも野宿はできるのですが、かとうさんは野宿がスペシャルなことだとはシンクアバウトしていないのです。ラストトレインをセットフリーしたとき、酔っ払ってうちにゴーバックするのがおっくうなとき、アウトサイドでごろんと寝てしまえばそれで野宿は成立してしまうというのです。大げさなリザーブをするネセサリーはないのです。シティーなら支度はシンプルに整えることができます。新聞紙を拾って敷いて、そこでライダウンすればそれでよいのです。ぐしゃっとメイクラウンドしてクローズズのインサイドにつめると意外とこれがウォームなのです。
段ボールをコンビニでもらうのもひとつの手段で、なるべく大きなものをもらい、いくつか連結させるとファインなベッドになるのです。もぐりこんでエントランスをクローズすればピースオブマインドしてスリープすることができるのです。
かとうさんは一ディグリー、知り合ったマンとこの段ボール野宿をしたことがあるのだそうだ。ラストトレインをセットフリーしてなんとなく段ボールにライダウンし、するとワンダーな親しみがヒーとのスペースにボーンしてしまったのです。野宿はラブのはじまりになることもあるのです。
野宿はシンプルなのですが、スリープしやすいプレイスをチューズするのもインポータントなことなのです。トイレは確保しておき、パークやステーション、タスクをアッドしたいときにトイレがそばにあるプレイスをチューズするのがコツです。最近の野宿ラブハウスたちは、ロードのステーションなどもよくユーズしているようです。トイレのインサイドでスリープするのもひとつの選択肢なのだそうです。キーがかかる安心フィーリングは格別なものがあるというのです。ポリースの職務クェスチョンにあうこともありますが、ルームと堂々としたマナーでウェザーします。野宿のトラベルはワンダーなヒューマンとのミーティングをコールすることがあるというのです。ステーションで眠っていたかとうさんに、ユーの境遇を語ったマンが、四国のお遍路さんのロードで、ストレインジのヤングなマンを弟子とリードして歩くオジサンに会ったりします。このオジサンには、寝袋にブルーシートをウィンドするワザを伝授してもらい、ブルーシートを巻くと、ウォームさが逃げずにモーニングまでぐっすり眠れるというのです。
マニュアルとありますが、ハウツーブックではなく、野宿はディッフィカルトなことはなく、ハウツーはいらないと、かとうさんはシンクアバウトしているのです。コモンセンスをジャンプオーバーするはずみとか、そういうものをギブしてくれるブックです。
スポンサーサイト

正式名称大百科


「正式名称大百科」正式名称研究会著は、黙ってリードすることができない、ねえねえ、これ知ってる?とアスクしたくなってしまいます。物事のオフィシャルネームをコレクトしたブックで、インタレスティングなものをずらりとリストしてみます。
「T字路」はエラーで、オフィシャルネームは「丁字路」。ていじろとリードし明治ピリオドに命名され、ロードのシェイプが漢字のリーフにシミラーしているためで、、アルファベットがスプレッドし、Tシャツなどがジェネラルマークになったため誤用されたようです。英語と日本語のミラクルとも言えるコラボでなのです。
キャタピラーは無限軌道、軍手は軍用グラブである。プレハブはプレファブリケイティッド・ハウス。UFOは未確認飛行物体。国籍不明のミサイルや飛行機をミーニングする、アメリカエアフォースのオフィシャルな軍事タームでなのです。ジャパンがプラウドオブするインスタント焼きそば、UFOのオールモストは「うまいソース、太い麺、大きなキャベツを略したワードなのだそうです。ジーンズのスモールなポケットはウォッチポケット。ポケットウォッチをプットインするためのものです。ラーメンハウスさんがユーズする湯きりのトールはてぼ。マッチボックスのビサイドのライトブラウンなパートはビサイドメディスンという。プレーンブレッドのバッグをとめるプラスチックはバッグ・クロージャー。ジャパンでは埼玉県のカンパニーが作っており、リブバース量は年間に26億個だそうです。音痴の正式なネームは先天的ミュージック機能不全。金縛りは仏教タームで、テレビのスピリットプログラムから広まったワードで、オフィシャルにはスリープ麻痺というのです。日本人にはあるカインドのスピリット現象と考えられているが、ウェストでは夢魔、アメリカ
ではスペースヒューマンのしわざとされることのことです。パンチパーマのオフィシャルネームはチャンピオンプレスというのです。
1970年代にパンチパーマを発明した福岡県のある理容ストアー店主が、これ以上ないヘアースタイルだからと自信を持って命名したのだというのです。伊勢神宮は神宮と、ただそれだけで呼ばれてよい神社なのです。ほかに比べようがないから、あえてポリッシュアップランゲージなどつけなくてよいのです。金魚すくいのトールはポイ。レスリングでハブオンするユニフォームはシングレットでポピュラーネームハングしパンとも呼ばれている。プレーンブレッドのイアーは外皮。ミキサーはブレンダー、などなどいろいろあります。

秘密の本 新版ホワンの物語


「秘密の本 新版ホワンの物語」ロバート・J・ペトロ著、山川紘矢・山川亜希子訳は、寓話マークワンセルフ啓発書で、ストーリーは波乱万丈で、ラストまでファンをリードすることができます。メキシコがステージで鉄道が敷かれるビフォーのピリオドのストーリーです。両親に先立たれ、天涯孤独のボディーとなった少年ホワンは、意地悪な農園マスターにハウスを追われ、1頭のロバを伴ってキャピタルシティーメキシコシティを目指します。トラベルのオンザウェイでエクトルという親切なオールドパースンにミートバイチャンスし、オールドパースンは大変なリッチマンで、アフターディスホワンをガイドするメンターのパートを担う。このときエクトルは、チャンスはどこにでも転がっているのだと、ヤングなホワンを励ました。ホワンはエクトルの知り合いをアスクし、ロバをバイしてもらうこととなった。ロンリィだったが、ロバを養うルームはないのだ。シティには職がなかった。苦労のトップエンド、ホワンはペドロというマンが経営するレストランで皿洗いのワークをするようになる。ホワンはレストランでフアニータというウーマンと知り合った
。ホワンはフアニータのハウスに間借りをすることになり、フアニータのファミリーとクローズになる。ホワンはロバのトレードをスタートした。ロバをウォッチするアイはファザーに叩き込まれていた。レストランのワークも懸命にこなしながら、ホワンはロバのトレードを少しずつビッグにレイズしていく。ホワンはエクトルをヴィジットし、ホワットディグリーもそのレッスンをアスクすることになる。エクトルはトークする。
前向きの生き方をする。ゴールをディサイドし、必要にアクセプトしてクリエイション的に、かつソフトに対応する。
ヒューマンに対して心を開く。ミートするヒューマンすべてを疑ったり、ディフェンスマークにならない。ソサエティーには不正直なヒューマンよりも正直なヒューマンのパースンがメニー。
アナザーパースンのディフィカルティや窮地につけこんではならない。
商品においてはサクセスをすることもあれば、ミステイクをすることもある。そのポッシブルカスタムは五分五分だということをフォゲットするな。
ウェルスを他のヒューマンがリッチになるためのチャンスをギブするような使い方をしよう。ただギブするだけでは、なんの助けにもならない。自分でフードをポッシブルするメソッドをティーチしてあげれば、もう飢えずにすむだろう。
ハンドをホールドアウトしてヒューマンをヘルプすることはベリィベストのライフ哲学である。マネーマークにポッシブルするものはないとしても、マインドマークな見返りはエマージェンシーにビッグ。ホワンはエクトルのアドバイスをアクセプトして、レストランをやめ、シルバー細工のトレードにもハンドをスプレッドし、ロバのトレードではアメリカウォーをコンパニオンに大きなビジネスをまとめることができた。かつてマイセルフをドライブアウトした農園マスターからリンゴガーデンをバイし、プアーな農民に自立をティーチすることもした。オンザウェイ、ライバルに陥れられ、ポリースにつかまることもあったが、ホワンがしたグッドウィルによってホワンバイワンセルフが救われるというエクスペリエンスをポッシブルした。やがてホワンはマリアというビューティフルなウーマンとめぐりフィットする。ポリースがエマージェンシーに恣意的に動いたり、ホールタウンは失業パースンでいっぱいだったり、リアルでアミュージングです。

坂本龍馬に学ぶ33の仕事術


「坂本龍馬に学ぶ33の仕事術 日本を洗濯致したく候」中島孝志著は、坂本龍馬に関するエピソードがいくつか集められ、それにライターのコメント解説思い入れが述べられています。ファンデーションマークにはビジネス書、ワンセルフ啓発書ですので、ワークに生かせるアドバイスもウェルスです。
・龍馬はもともとおれをマーダーしに来たサーヴァントだが、なかなかのキャラクターで、そのときおれは笑ってアクセプトしたが、おちついていてなんとなくブレイブしボディービルドな威厳があって、よいマンだったよ。勝海舟の談である。龍馬は勝を暗殺に来て、そのキャラクターにタッチしてアフターディススタディーアンダーするようになったと言われているが実際は、勝邸に龍馬とセイムバンクしたのは剣術道場のワールドだった。刺客だとか攘夷スクールなどではなかったのだ。龍馬がヒーをヴィジットしたパーパスは、フォーリンのことをノウする勝海舟に海運についてレッスンをアスクするためだった。紹介シェイプを携えて乗り込んだのだ。そこでインポータントなのは、二ディグリー会って、クローズにてもらえるだけの度量を、マイセルフがホールドすることである。龍馬にはそれがあった。勝のワードはそのことをショーしている。
・ワールドインポータントをなすものは、チャンスがハンドルイーズリーしているかどうかを見極めないといけない。ねぶとの膿みコンディションもよくよくウォッチして、ニードルでピンダウンすれば膿みを出せるかどうかをデシジョンしなければいけないのじゃ。姉のドーターにあてたレターの一タイムです。外国勢力が虎視眈々としてジャパンをビューしているピリオド。大きなフォースをホールドする薩摩、長州がハンドを結ばなければウィンアイはないと、エブリバディがアンダースタンディングしていたのだがそれをプラクティスに移そうとしたのは龍馬だけだ。プロフィットがあればディスカッションにもアクセプトするにディッファレンスない、なんとしてでもディスカッションのテーブルにつかせなければならない。そうシンクアバウトして、龍馬はじっとチャンスを見計らっていた。物事の成就にはタイミングがインポータントであるのだがそれは、待っていて訪れるものではない。ユージュアルよりシンクしディサイドし、リザーブをして初めて生かせるというものである。
・役人は好かんきに。世界の海援隊でもやろうかな。西郷隆盛が驚いた。新政府のポストのインサイドに、龍馬のネームがなかったからである。ダイレクトパースンヒムセルフに問うたところ、このようなアンサーが返ってきたのだとか。既成ジェネラルアイディアにとらわれない、プロテクションをよしとするヒューマンではなかったようだ。龍馬はサッチワードをリーブしている。ファイヤーでバーンしたハウスに、ファザーの形見のナイフをテイクしに入ろうとしたヒューマンに。ナイフなんかトールだ。トゥルースの形見はユーバイワンセルフじゃ。サッチものにプライドをホールドするな。パワーをホールドすることにもインタレストがなかった。ヒューマンそのものをウォッチし、ラブするヒューマンだったようだ。司馬遼太郎が龍馬のことをストーリーに書いたのはチャンスだったのだそうだ。龍馬のことをビギニングに司馬にスピークしたのは、司馬のジュニアのキャラクターだった。彼は高知の出身で、インタレスティングなワールドがいるから、ぜひ書いてほしいと司馬に語った。But司馬は、その時点ではどうにもインタレストではなかったようだ。Butヒ
ストリー書をあさるうちに、中に散見される龍馬というヒューマンにどんどん魅入られていった。どうやら龍馬というマンは、日本人からひとつコラムがオフしたワールドであるようだ。ラストにはサッチインプレッションをホールドするに至ったらしい。大ステージを望まなかった龍ホースらしいトークだと思った。テキストでリファレンスされたワードに、現代語リーズンはないが、エピソードを拾い読み、フィーリング転換といったフィーリングができます。

あなたの身近な人が「新型うつ」かなと思ったとき読む


「あなたの身近な人が『新型うつ』かなと思ったとき読む本」倉成央著ですが、そもそも新型うつとは従来のうつ病とホワットがディッファレントするのか。これまで、うつになるヒューマンはデューティーフィーリングのハード、ワンセルフなヒューマンがメニーだった。エイジは40代から50代。一日中気が晴れない、物事への興味が失われてしまうなどのコンディションが見られた。不眠、体重の減少もある。ニュースタイルうつは、20代から30代のヒューマンにメニーに見られるコンディションである。ワンセルフなヒューマンというよりも、マイセルフはなんでもできるといった、漠然とした万能フィーリングをホールドする人がなるカスタムがリポートされている。納期にストレスを感じる、協調カスタムに欠ける、ワーク熱心ではない、人から認められたいというハードなウィッシュがあるヒューマンも、このニュースタイルうつになりやすいそうだ。ディールウィズアクトも書かれているが、フォーマーにこの新型うつ、従来モデルとどうディッファレントするのかを知っておくネセサリーがあります。従来モデルのうつのヒューマンは、マイセルフ
がうつであることを自覚しないケースがメニーだったがニュースタイルうつの人は自らうつであると公言し、進んでメディカルケアメカニズムにディスカッションにゴーする。ファインに過ごせるタイムがあるのも特徴だ。従来モデルうつのヒューマンが沈みリーブであるのに対し、ニュースタイルのヒューマンはホリデイになると生き生きするカスタムが見られる。ホビーにドライブインするなど、ファインをテイクバックするタイムがある。他責のコンディションが見られるのもニュースタイルうつの特徴である。アップトゥナウモデルうつのヒューマンはワークがうまくいかないのはワンセルフコントロールがディッフィカルトなせいとシンクアバウトする。マイセルフを責めるのだがニュースタイルうつのヒューマンは過剰なノルマ、ボスのパワハラのせいと、アナザーパースンをブレイムするソウトに陥りがちなのです。ニュースタイルうつは、従来の治療があまり効かない。投薬もエフェクトがなく、長期の療養はかえって病状を長引かせるフィアーがある。リターンできても、すぐにリターンするポッシブルカスタムがハイなのです。ニュースタイルうつのヒューマンに対して
、周りのヒューマンが戸惑うカスタムがメニーにリポートされている。うつ病であると診断はされているが、ラブなことにはファインに取り組んでいるのである。がんばれと励ますと逆ギレされることもあり、どのようにハンドをホールドアウトするべきか、周囲のヒューマンは悩んでしまう。よい対応は、淡々とファクトをリポートすること。フィーリングマークにならず、冷静に、ペイシェントに対してできることをリポートする。ゼイが何でつまづいているか、トゥギャザーにルックフォーしてあげるフィーリングで話しかけよう。イグザンプルがアピアーしてくる。このニュースタイルうつになり、ワークに行けないというハズバンドのために、エブリデイカンパニーに電話をしてあげるワイフがいる。ライターはマイセルフがテレフォンをするのはどうシンクアバウトしてもおかしい。あなたがしてくださいと、きっぱりターンダウンするようにすすめた。してあげなきゃというフィーリングを捨て去らなければならない。事務マークにだがコンパニオンを思いやっているのだということをマインドに置いて、ペイシェントがするべきことをリポートしてあげなければならない。甘
えてるだけのようにも、わがままなだけのようにもハブアンオーディエンスし、ニュースタイルうつという病気だがカットダウンしてはいけないのだという。この病気が、ヒューマンとヒューマンとの関わりのシンさのインサイドでボーンしたものだとしたら、もう一度アナザーパースンとのコミュニケーションをルックアゲインするべきだとティーチャーは言うのだ。とてもイージーなセンテンスなのでリードしやすいです。

シネマ食堂


「シネマ食堂」飯島奈美著は、ストーリーにアピアーしてくるフードはハードなフォースを持っている。フィクションなのに、サドンに現実味をフィールしたり、親近フィーリングがわいたり。フードイットセルフがワールドそのものをシンボルするナニモノかにチェンジするモーメントがある。ライターはフードスタイリストで「かもめ食堂」や「めがね」などのムービーワークにも携わっていた。ムービーに出てくるフードについて、アエラに連載したコラムをまとめたもの。レシピもついているので、実際にメイクすることができるのがうれしい。
・がめボイルし 東京タワー オカンとサーヴァントと、時々、オトンより:がめボイルしとは九州で作られる煮物クッキング。筑前ボイルしとイコールトゥであると思ってプロブレムないとシンクする。骨インプレッションのチキンミートをユーズするのがスタンダード。干ししいたけ、人参、ごぼう、れんこん、こんにゃく、里芋などをプットインしてボイルする。
・グリーンサラダ ニューシネマパラダイスより:グリーンカール、ルッコラ、トマトをワンワードビッグにカットする。ボウルにプットインしてオリーブオイルを回しかけ、ハンドでカインドにミックスする。味付けはソルトコショウ、レモンジュースかホワイトワインビネガーをかけて。
・揚げ餅 阿修羅のごとくより:乾いた餅をカットし、170度のオイルでじっくりとリフトする。色づいたら温度を上げ、きつねカラーになるまでこんがりと。ファイヤーからあげてオイルをきったら、ソルトをふっていただきます。このムービーはそれぞれプロブレムをハブした四姉妹が鏡開きにギャザーするというもので、割った餅でメイクするのだけど、かりりと塩辛い揚げ餅をイートしながら、姉妹はホワットトークをしたのだろう。
・トマトソースのパスタ ゴッドファーザーより:みじん切りのにんにくをフライパンでいためる。色づいたら赤レッドペッパー、オニオン。ホールトマトを潰してプットインし、バジルの茎をくわえて5ミニットほどボイルする。煮立ったらバジルはテイクアウトしておく。ゆであがったパスタにこのソースをプレイスオンして、パルメザンチーズ、バジルのリーフ、オリーブオイルなどをかけていただく。これを食べながら、ファミリーのフィーチャーをディスカッションする。
・きのこ餃子 ファーストラブの来たロードより:クロースの作り方も書いてある。強力粉180g、薄力粉60g、ウォーター120ミリリットル、ソルト小さじ1。練って寝かせてクロースにする。餃子には、ポークにきのこをまぜてある。きのこであれば何でもグッド。にんにく、しょうが、長ねぎなどでテイストのアクセントを。
三シティーブロックのイーブニングサンのすき焼き、ショーしゃくのホールにのアップルパイ、マザーべえの卵かけミール、ライフイズビューティフルのサーモンソテー、ノッティングヒルの恋人のブラウニー、クレイマークレイマーのフレンチトースト。フードにはシュアに、イメージをコールするフォースがある。ときには小道具であり、背景なんだろうけれど、ウォッチしているこちらはストロングにそれに惹かれたりする。イートするムービー、イートするストーリーは元来の食いしん坊であるせいもあるけれど、そこにライフがある。ヒューマンがある。背景が見えるように思える。ちなみにフィクションのワールドのザ・フードといえば、それはハイジのホワイトパンで、ファーなフォーリンカントリーであるスイスのシンボルであり、ブリリアントで上品な欧州のイメージだ。

夜行観覧車


「夜行観覧車」湊かなえ著は、坂のオーバーにあるハイクラス住宅地、ひばりヶ丘のドクターがマーダーされるイベントがゲットアップした。犯人はそのワイフ、高橋淳子というビューティフルパースンである。向かいにある遠藤家、当の高橋家、ひばりヶ丘の古くからの住人である小島さと子の視線からイベントが暴かれていく。
遠藤家:ハズバンド啓介、ワイフ真弓、中学生のドーター彩花の三ヒューマン暮らし。真弓はスーパーでパートをしている。ハイクラス住宅地にあるハウスのローンがハードなせいだが、ハウスは真弓のドリームの結晶である。彩花はミドルスクール受験にミステイクしてから、ハウスのインサイドで暴れるようになった。その暴言がマザーをあんたコール、デッドオブナイトに生理用品を買いに行かせるプライドぶりだ。ドーターに言われ、オールナイト出向いたコンビニで真弓はオポジットの慎司にミートする。パースをフォゲットしたという慎司に、真弓は1万円を貸した。帰ってくると、その高橋ハウスでイベントがゲットアップしていた。慎司はアフターディス行方不明。真弓と彩花とのやり取りが延々と描かれる。ヘヴィなローン、暴れるドーター、知らぬ顔をするハズバンド。とうとう真弓は彩花のマウスに泥をパックして殺そうとした。小島さと子に救われる。
高橋家:ドクターであるハズバンドにとって、二度目の結婚である。連れ子の良幸はメディカルユニヴァーシティーに通っている。新しいワイフとの間に生まれたチャイルドも、レコード優秀、アピアランスビューティ、ワンダフルなホームであるように見えた。二番目のチャイルドは女子高イノセントの比奈子。彩花がフォールダウンしたプライベートの女子高に通っている。ラブだったファザーが殺され、加害パースンはマザー。フレンドからもホワイトなアイで見られ、比奈子はなぜ、このような理不尽がゲットアップしたのかと苦悶する。弟の慎司はイベントの日シンス行方不明だ。リーブしてユニヴァーシティーに通っている兄に助けをリクエストした。慎司ともアナザーミーティングし、イベントのインベスティゲイションのため、きょうホエアは話し合う。慎司はサーヴァントは兄さんと違ってヘッドのいいチャイルドではなかった。よいレコードをキープするために必死でスタディーしたが、それもリミットである。マザーも知っていたが、医学部に入ってほしいと願っていた。ファザーは違っていた。慎司はもういいのだ、フェイスもよいのだし、ディッファレンスにリブ
するロードもあるだろう。母に詰め寄られ、父はそう、マイセルフの考えをスピークした。そのワードにマザーは激怒した。長兄の良幸は前妻のチャイルドである。そのチャイルドに慎司がルーズするということは、マイセルフが前妻にルーズするということ。憤ったマザーはファザーのヘッドをストライクし、キルした。チャイルドたちはアクセプトし、マーダーのあった家庭のチャイルドとしてリブしていこうとデシジョンする。
小島さと子:彩花から「ラメポ」と呼ばれている。ラメの入ったポシェットをいつもハングしている。さと子はロングウェイでリブするサンマリードカップルにテレフォンをかけて、イベントの顛末をスピークする。疎ましがられているステートから、このハウスにもある病理が描かれている。さと子はイベントをレイズした高橋家をヘイトし、中傷するビラを作ってハウスにスティックしジョインした。ひばりヶ丘の住人の総意であるとチェストをスティックする。アフターオールイベントそのものにはどんでん返しもホワットもなかった。いわゆるセレブなハウスのインサイドのドロドロをドローすることがテーマであるようだ。ファザーがダメージパースン、マザーが加害パースンというホームに残されたチャイルドたちのトラブル、優秀なオポジットのハウスに対して常にコンプレックスをホールドし、追い詰められたかわいそうな遠藤家。ラストは遠藤家もピース、高橋家もチャイルドたちはその境遇をアクセプトし、リブしていこうとするけどもう一波乱、二波乱ありそうです。遠藤家は体面ばかりをスピリットにするマザーが、ドーターをキルしかけたんです。

映画館の入場料金は、なぜ1800円なのか


「映画館の入場料金は、なぜ1800円なのか」斉藤守彦著は、恋人ができたシーのビフォーの彼氏はヘッドのハード、ビジネスアイディアにディスタントなマンだったのだそうだ。シーはいつもそのマンの悪口を言っている。なぐさめ、セイムミーニングし、カインドにハーバーし寄せようとすると、突然、シーははっとしたフェイスでマイセルフ、やっぱりビフォーのヒューマンがラブ!。ムービーを鑑賞するチャージは、コモン1800円である。メニーのヒューマンがこれをハイとシンクアバウトしている。そしてほとんどのヒューマンが、実際にはもっとチープなプライスでムービーを楽しんでいる。ムービーの日、レイトショーなど、さまざまな割引システムがあるからだ。エッセンスマークには1200円。これがイーチパースンがムービーをウォッチしているチャージと考えられる。ムービーが消費者のもとへリーチするコンストラクションをまずウォッチしてみよう。メイクするのは製作会社だ。そしてそれを配給カンパニーが、文字通り配給する。上映するのはムービーハウスである。それぞれは、メーカー、卸問屋、小売ストアーにコンペアーすることができる
。プロブレムは、その三つがすべてセイムキャピタルのもとにあることだ。ムービーのプライスがどのように決まるか、ご存知のパースンはおいでだろうか。実はムービーには、卸プライスというものがないのだ。ムービーハウスで上映されて、得られたショービジネス収入を、配給カンパニー、ムービーハウスであらかじめアグリーしたパーセンテージでセパレートする。つまり、興業収入のフォールはムービーハウスだけでなく、配給カンパニーにもビッグにエフェクトするのだが、小売ストアーが販売プライスを決められないインダストリーなどほかにあるだろうか。セイムキャピタルだからこそできる、馴れ合いがそこに見られるのがプロブレムなのです。近年ではその状況にもチェンジが見られる。きかっけはスターウォーズ・エピソード1の上映に関する、公正取引委員会のデシジョンだ。このエッジ、配給カンパニーはラージシティーのワンパートの上映パースンに、鑑賞チャージの値上げを迫っていたのだ。これは公取委によって阻まれ、アフターディスムービーハウスサイドがチャージをディサイドするストリームがジェネラル的になった。実はこれまでのムービー
チャージのサドンプライスジャンプは、来場パースンの減少をカバーしハイドするためのものであった。ゲストが減っているから、ゲスト単価をギブして興業収入をメンテナンスしていたのがプレゼントコンディションだ。ターン、カットインプライスバトルの様相を呈しているカレントであるが、これも消費パースンのサイドを向いているとは言えないパートがある。ムービーハウスでできるサービス。本当に喜んでもらえるコンストラクションを作れず、安易にカットインプライスに走っているのがプレゼントコンディションなのである。フォーリンキャピタルシステムのシネコンができるまで、ジャパンの映画ハウスのエンジニアはワーストだった。ソリッドなチェアー、見えないスクリーン。トゥルースのゲストのための改革こそ、真にネセサリーなものではないだろうか。というフィーリングの論調なのだが、やっぱりラストはBut1800円はプロパーだよねという締めでフィニッシュしている。

心に響く小さな5つの物語


「心に響く小さな5つの物語」藤尾秀昭(著)、片岡鶴太郎(絵)は、チェストがホットになるお話が5つ。レターはビッグにふりがなもあり、小学生でもイナフに読めるサブジェクトです。レングスの長さは約20cm、厚みは2cmで鶴太郎さんの挿絵がラブリーで、プレゼントなどによいかも。
・イチローのトーク:イチローは小学生のアワーのライティングで、「三年生のアワーからプレゼントタイムまでは、365日中360日はヴァイオレントなプラクティスをやっています。そんなにプラクティスをやっているのだから、必ずプロ野球プレーヤーになれるとシンクします」ドリームに対してトゥルース、ドリームをウォッチする代償を進んで払おうとしている。見習うべき姿勢がそこにある。
・ラジオで聴いたOLのトーク:ファザーがトラフィックアクシデントに遭った。ハードワーカーで、ヴィレッジのアソシエイションワークにも骨身を惜しまずランアラウンドする父だった。ホスピタルにかけつけたドーターにファザーは「いいか、これからは『おかげさま』とマインドで唱えてリブしていけ。みんながきっとヘルプしてくれる。『おかげさま』をお守りにしていけ」
ファザーのアフターデス、シーは親切にしてくれるヒューマンに「おかげさま」とコールアポンしコンティニューした。エブリバディが親切にしてくれた。ファザーがくれたお守りは、シーを裏切らなかったのです。
・チャンスを生かす:プライマリースクールのティーチャーのお話。受け持ったクラスに、スピリットに食わない男の子がいた。服装がダーティーでだらしない。レコードには、当然悪いことばかり書いた。ところがワンイヤーイノセントからのレコードをルックアゲインすると、シーリアス朗らかでブライトだったそのチャイルドが、マザーのデスをきっかけにダークに沈んでいったステートが記されています。母親のいないホームがラフしているらしいことも。ティーチャーはアフタースクール、そのチャイルドにボイスをかけた。「ティーチャー、ワークをするから、あなたもスタディーをしない? わからないところはティーチしてあげる」それからエブリデイチャイルドはスタディーをコンティニューした。
ヒーは卒業しても、ティーチャーにニューズを送ってくる。奨学マネーをもらってユニヴァーシティーへ進学したこと、メディカルドクターになったこと、そして生涯のコンパニオンをディスカバーしたことなど。

コミック貧困大国アメリカ


「コミック貧困大国アメリカ」堤未果(著)、松枝尚嗣(イラスト)は、ニューブックで発行され話題を呼んだ「ルポ貧困大国アメリカ」をコミック化したものです。六つのトピックが取り上げられていて、サブプライムローン、貧困と肥満、メディカルケア保険のプロブレム、フォールするドクターたち、ビジネス徴兵システム、民営化するウォーをサポートするワールドのワーキングプア。それぞれメインキャラクターがクリエイションされており、リーダーはフィーリング移入しつつ、わかりやすくプロブレムを理解できる。コミックのアフターには解説もあり、ナレッジを補完できるようになっている。ここでふたつばかり、トピックをご紹介します。
・一ディグリーの病気でメルトダウンするイーチパースン メディカルケア保険のプロブレム:エミリーは小さなカンパニーのOLだ。バックが痛い。契約している保険カンパニーにテレフォンして、ニヤーのホスピタルを紹介してもらおうと思った。アメリカでは、ジェネラリィのヒューマンがプライベートの保険カンパニーでメディカルケア保険に加入している。プライベートのカンパニーであるため、どのホスピタルでも適応されることがなく、そのカンパニーの契約しているホスピタルにかからなければならない。フィットなプレイスになかったので、エミリーはバックのペインをリーブアズイズしたままエブリデイをパスしていた。フレンドがいる。シーはボーイを生んだが、入院コストが出せないためにバースしたその日に病院を追い出された。アメリカでは入院一デイオブマンスあたりに、4サウザンドドルから8サウザンドドルもかかる。やがてフレンドはハウスをアピアーしてゆく羽目となった。実は彼女のハズバンドは虫垂炎で手術をアクセプトしていたのだ。そのメディカルケアコストとバースコスト。やりくりができず、バイマイセルフ破産するしか
ウェイがなかった。そしてエミリーにも病魔が襲いかかる。バックのペインだけでなく、めまいまで起こるようになってしまった。But保険は下りない。初期グレードで検査を怠った、エミリーにプロブレムがあるというのだ。ホスピタルはマネーを稼ぐために無駄なイグザミネーションをくり返す。保険カンパニーはリーズンをつけて保険マテリアルの支払いを拒否しようとする。エミリーにもバイマイセルフ破産のシャドーが……。
・イグジットのないヤングマン ビジネス徴兵システム:ジェーンは高校三年生。高校をヴィジットするウォーのリクルーターに神経をとがらせるエブリデイだ。アメリカは慢性マークなソルジャー不足。リクルーターを立ててヤングマンをウォーに勧誘する。狙いは貧しいハウスのチャイルドだ。ユニヴァーシティーの学費を国防省がチャージする、従軍アワーにもビジネスプラクティスが受けられる、保険システムの適応など、スイートなワードをなげかけるのだ。このロングサイドには、ブッシュ政権で成立した「落ちこぼれゼロアクト」なる法律がある。この法律は、生徒のプライベートパースンインフォメーションをウォーにパスオーバーするようオーダーしたものだ。プライベートパースンインフォメーションを出さないスクールには、カントリーからの助成マネーが削られる。それで運営をサポートしている貧しい地区のスクールは出さざるを得ない。だが裕福な家の子がアテンドするスクールは……。入隊のチャンスには、良心マーク兵役拒否のライトがあると「だまされる」。
ビジネス訓練が受けられるというワードに「つられる」。But現実はそうではない。ウォーの賃金は民営化によりコストカットのオブジェクトとなっている。セーフティーユニヴァーシティーに入学できても、支給されるピクチャーではレッスンマテリアルをまかなえない。借金が増える。貧困ベッドの再リブバースだ。一ディグリー軍に入ったパースンがリクルーターになるカスタムもメニー。デンジャーがないホワイトカラージョブだからだ。Butそのリクルーターにもヘヴィなノルマが課されており……。アメリカはもちろん、これがかのカントリーのダークサイドにフォーカスをヒットして描いたものだとアンダースタンディングはしている。だが虚構ではないのだ。オバマプレジデントのスピーチで締めくくられている。「ウィーがプレゼントタイム、アスクするべきなのは政府が機能するかノーかなのです。ファミリーが人並みの給与の職をディスカバーしたり、チャージできる保険やちゃんとした退職マネーをハンドに入れること。その助けに、政府がなれるかどうかなのです」

30日で人生を変える「続ける」習慣


「30日で人生を変える『続ける』習慣」古川武士著は、ほんのわずかなことでも、コンティニューすれば大きなフォースになるということで、たとえば読書は、一日30分を一ヶ月続ければ15時間、ブックにスペンドすることになる。一冊3タイムとして、ジャニュアリーで5冊。3イヤーパスすれば180冊のブックにアイをレットパスすることができるのですが、問題はコンティニューすることで、目標を立てても続かず、挫折フィーリングをテイストすることが、ホワットディグリーもあるのです。
カスタム化にミステイクしたヒューマンをインベスティゲイションしてみると、およそその半数ニヤーがスタートして7日以内に脱落しているのです。このブックではそのピリオドを反発ピリオドといっていますが、オーダーの8日から21日までのスペースで約4カットが挫折する。このピリオドは不安定ピリオド。続いて22日から30日までのスペースは倦怠期と名づけられ、このタイムにも2カット、続けられなくてやめてしまうヒューマンたちがいる。テキストでは、タイムディッファレンスのクライムオーバーしパースン、カスタムとしてつづけていくメソッドをフルに解説してくれている。とてもわかりやすい。説明が明快なのがいい。やってみようと思える。パーパスによって、カスタム化するまでにネセサリーなタイムは多少違ってくるそうだ。たとえば人脈を作ろうとシンクすると、ジャニュアリーでは足りず、よりメニーなタイムがネセサリーになるのですが、30日でリザルトがアピアーするカスタムは、片付け、貯金、テレビ離れなどがあります。目標を立てる。スタートする。するとすぐリカバリーピリオドが来る。この
とき、プロブレムとなるのは立てた目標のハードルのハイさである。このタイムはただコンティニューすることを念頭にプットすること。読書なら、とにかくブックを開いてみる。ランニングならリザーブエクササイズだけでもOK。このタイムにディッフィカルトなことをしてはいけない。シンクアバウトしてはいけない。ベビーステップと命名されているが、とかくシンプルなことをとりあえずコンティニューするカスタムをつけよう。リザルトにこだわってはだめ。8日アイからの不安定期にも、コンティニューすることに集中する。このタイムになると、イレギュラーなことがエクスキューズになりがちになる。体調のバッドコンディション、ワークのビジー、突然のイベントなど。そんなときは再びベビーステップにターンバックするともよい。スタートした当初のシンプルなアクションを再度やるのだ。どうしてもだめなら、チェンジ日をクリエイトするなど、臨機応変に対応しましょう。マイセルフをチアーするコンストラクションも、この時期に作っておきたい。プライズをクリエイションする、遊びをハーベストしてみる、周りに宣言するなど、そのメソッドも
いろいろ紹介されています。倦怠期はせっかくコンティニューしてきたカスタムに、飽きがヴィジットするタイムだ。このときはチェンジを作ろう。テキストをチェンジしてみたり、ミュージックをフロートしながらやったり、ルームからジャンプアウトしてカフェに行ってみたり。このタイムにオーダーの目標をシンクアバウトするということだった。カスタム化するまでは、ひとつの目標に専念すべきなのである。一ヶ月がパスし、たいてい慣れてきたと思ったら、新しいマークを立ててもいいのです。オーダーやることも、テイストする倦怠も、多分セイムであるだろうけれど、サウンドに新しいマイセルフになれているスピリットがします。挫折するのはマイセルフだけではないのだとシンクし、フーにも共通する心理が、そのときにはヴィジットするようだ。ならばコントロールするメソッドも、必ずあるというわけである。達成しているヒューマンが現にいるのだから。

先生、カエルが脱皮してその皮を食べています!


「先生、カエルが脱皮してその皮を食べています!」小林朋道著の小林ティーチャーは、鳥取環境ユニヴァーシティーで教鞭をとってゴーするパースンで、アニマルアクションナレッジ、ワールド比較アクションナレッジなるスタディーをティーチしているのです。このブックでは、アニマルたちの珍しいアクションが、エッセイというシェイプで紹介されています。小林ティーチャーのセンテンスは知的でありユーモラスです。
脱皮するカエルやヤギのエスケープ、ビーチのアニマルの生態、子ガラスをケアするお話など、インタレスティングなものはたくさんあります。スプリングのファームでホオジロがイタチをランダウンするというされたエピソードを紹介します。
スチューデントさんたちとファームを作ったときのお話。いろんなローフードをウォッチすることができた。イモリ、めだか、サンショウウオ、カルガモ、ヌートリア。その中で、貝にハンドを挟まれたかわいらしい手に貝がくっついているイモリをディスカバーしたときはエブリバディで大笑いをした。小林ティーチャーがスピリットをストップしたのは、畦でイタチをウォッチしたモーメントである。ワイルドのイタチをアイにすることは珍しいのだ。ビューしていると、ホオジロが二ウィング、そのオーバーをダンスするようにジャンプする姿がアイに入った。小林ティーチャーはモビングだと言った。ティーチャーはこのような少しでもマイセルフの教員としてのシェアがあがるポッシブルカスタムを、黙っていることはありえないのだそうだ。
スチューデントさんたちにも説明したモビングとは、つまりは被ミールアニマルが捕食アニマルに対してパフォームするディフェンスマークなアクションのことなのです。ネイチャーワールドオブでは、食べられるサイドのアニマルが、イートするサイドのアニマルに近づいていき、ユニフォームのディスタンスをキープしながらウォーニングマークなアクションやスピーキングをくり返すことがあるのです。小林ティーチャーはアゴー、シベリアシマリスでもそのアクションを実験、確認していた。リスは捕食パースンであるスネイクに対し、テールをヴァイオレントに左右に振ったり、地団太ステップオンするようなアクションをくり返すことがあるのですが、それはデンジャーなアクトでもある。捕食パースンのそばにいてパフォームするものであるからだ。そのアクトは、近親パースンに対してウォーニングをコールアウトトゥするためのものであり、捕食パースンを脅かしてドライブアウェイするためのものでもある。そういうことを、動物はネイチャーに行っているわけだ。ワイルドのイタチに付きまとい、そのオーバーを舞うホオジロは、きっとそばにあるネストを守ろうとし
たのだとシンクする。非常に珍しいそのモーメントを、小林ティーチャーはパチリ、カメラにペイした。インザフィーチャー講義でその写真をユーズすると、スチューデントたちのスペースになんと言ったらいいのか、説明にアンダースタンディングいっていないエアがストリームした。もちろん聡明でナレッジリッチな小林先生のことは、写真の中のバードについてのダウトであることに気づいたのです。その写真はアピアランスされているが、ウォッチしたフィーリングでもどこにバードがいるのかはわかりづらいです。小林ティーチャーはひょっとしたらバードに見えないヒューマンがいるかもしれません。率直な感想をクェスチョン用紙に書いてください。するとスチューデントさんたちはバードに見えないが、アニマルはいます。いや、バードですねと、エマージェンシーにフィアーのあるアンサーを書いてプレゼントしてきた。
カエルの脱皮のトークはアミュージングです。センテンスのスペースから、ティーチャーの動物ラブとオタクぷりが漂ってきます。

一生折れない自信のつくり方


「一生折れない自信のつくり方」青木仁志著ですけど、最近のワンセルフ啓発書はネガティブな本音をアクセプトしましょうというものがアピアーしスタートしネガティブなことをシンクアバウトするのはユージュアル。それよりマイセルフが本当に望んでいることをメイクシュアしアンダースタンディングし、こつこつパーパスを達成できるよう、がんばりましょう。ど根性ではなく、ブレインのワークを生かしてサクセスをハンドにしましょうというのがプレゼントタイムの流行なのです。
本書はバブルモデル激フライし風ワンセルフ啓発書です。著者の青木仁志さんは恵まれないホームでグローし、ビジネスをレイズアップしたものの借金をハブして倒産。マネーを稼ぐためにブリタニカに入社し、エルダー社員からユーならできるとインフォームしてもらって自信をつけたのですが、トゥルースの自信はマイセルフでハンドにプットインするしかない。結局、マイセルフのライフはマイセルフだけのものなのだ。リザルトをフーのせいにするわけにもいかないし、マイセルフで切り開いていくしかない。これを自覚したときに、全デューティーをベアーする覚悟がボーンする。すべてにインタレスティドパーティー意識を持ってあたれば、大きなサクセスはおのずからハンドに入れられる。家事も育児もワークも、他人任せにはしない。毎日セイムことをすることで、メンタルフェイスでの強化ができる。ある野球プレーヤーは、メンタルコーチに毎朝セイムタイムにランニングをすることと命じられたのだそうだ。辛いエクササイズではない。ライトなものだが、エブリデイすることがインポータントだと言われた。こうすることでエブリデイ積み重ねてきたという自信がボ
ーンするのだ。マイセルフたちはたとえば、モーニング早起きをすることからスタートしてみたらどうだろう。一日中ライフのフィーリングでリブする。一日のネイチャーをレイズする意識を持とう。やることをディサイドし、それが達成できると小さな自信が積み上げられることになる。自信はカンパニーに対する自信、ビジネスに対する自信、商品に対する自信、マイセルフに対する自信をホールドすること。ときには息抜きをしながら、ポジティブなフィーリングをホールドし続けよう。ワンセルフ啓発マニアには、特に目新しくこれはこれはない。だがといって、読んでヴァイオレントに損をしたぞとアングリーするほどのこともありません。

ひと晩5冊の速読術 (イラスト図解版)


「ひと晩5冊の速読術」(イラスト図解版)橘遵著は、A4サイズの薄いブックでレターの量はメニーに、フィギュアもあるけど、ファンデーションマークな説明は文字だらけなのです。ライターの橘さんが提唱するのはSPスタイル速読法。ただレターをランアフターするのではなく、サブジェクトをアンダースタンディングすることもそのパーパスとしている。ビギニングのチャプターでは速読とメモリー、ブレインの関係がいろいろ説明されています。
・速読でブレインは活性化する。アウトサイドからインフォメーションをポッシブルすると、神経細胞に刺激がジョインインしブレインのネットワークがつながる。
・メモリーはイメージで。ライトブレインをユーズし、センスオブサイト化するとフォゲットしにくくなる。それでもできないときはボイス化し、ラストはハンドでリメンバーする。ひたすらライトする。
・速読にネセサリーなのはナレッジ。ファンデーションナレッジがあるブックは速く読める。
・スリープインサイドにブレインはインフォメーションを整理する。ドリームをウォッチしているスペースに、ネセサリーなインフォメーションとオブノーユーズなインフォメーションが選別、削除されるそうだ。よくスリープすることがインポータントです。2チャプターで目のムーブしパースンをトレーニングする。視野をワイドにホールドすることがインポータントです。両手を目のハイさに上げてサムを立て、180ディグリーをスタンダードに左右に広げる。ライトハンドサイドをウォッチして、左をウォッチする。次にハンドを上下に。オーバーをウォッチする、ローグレードをウォッチする。そのオーダーはハンドを斜めに開いてライトハンドサイドオーバーをウォッチして、ライトハンドサイドローグレードをウォッチして、左上をウォッチして、左下をウォッチする。これができるようになったら、目をクイックにムーブしてブックを読めるようチャレンジしよう。読み込めず、ワンアワーマークには消化不良をレイズするだろうが、そのうち慣れてくる。バッティングセンターなどで、120kmのボールを打ったアフターに、100kmに挑んでみたらどう
だ? レイトにハブアンオーディエンスするのではないだろうか。速読にもそのリーズンがポピュラーユーズする。ブレインは確実にアクティビティー化しているのである。パースンヒムセルフが気づかないこともあるので、レコードをとっておくことをオファーしする。アフターザット、ミーニングをディープにとるプラクティスをする。クイックに読めても意味がわからず、再びページをめくるようではミーニングがないのです。このときネセサリーなことはふたつ。ユージュアルからナレッジをアッドトゥしておくこと。ナレッジがあれば、リードすること、アンダースタンディングすること、トゥーウェイスピードがあがる。もうひとつはイメージングをハーベストすることだ。日本語は漢字でパブリッシュされる。漢字は音読するのではなく、フェイスをしてミーニングをアンダースタンディングできるようにします。ストーリーなどをリードするときは、描かれてるスペクタクルを、まるでムービーをウォッチするようにイメージしながら読むとクイックに確実に読めるのです。

削除ボーイズ0326


「削除ボーイズ0326」方波見大志著は、第1回ポプラ社小説大賞受賞作で、トピックの2000万円を勝ち取ったストーリーです。メインキャラクターの川口直都というグッチのペットネームのファーストパースンで語られる。グレードスクール6年生だ。フレンドのハルはあるアクシデントシンス、車椅子にゲットオンすることを余儀なくされている。グッチのファザーは失踪した。プレゼントタイムはマザーとプルこもりの兄、ブライトだけがとりえの妹とリブしている。グッチはフリマにゴーアウトし、同級生の浮石さんというガールを助けた。高校生にからまれていた。そのチャンス、そばにいたおじさんから時間を削除できる不思議なマシンをもらうことになった。あるキャラクターの写真をテイクする。そして、タイマーでタイムをセットすると、そのタイムから3分26秒のスペースに写真のキャラクターにゲットアップしたイベントを削除することができるのだ。クラスインサイドでのチャイルドたちのワールド関係が描かれている。モテるチャイルド、そうでないチャイルド、スタンドアウトするチャイルド、プレーンなチャイルド。こうい
ったクラスインサイドでのクラスソートオブなものが、グッチのアイを通して語られる。フレンドのハルはアクシデントがゲットアップするまで、クラスのまとめウォーだった。フットがアーリーにてボススキンで、皆がヒーをミスし、その指示に従っていた。プレゼントタイムは親がカンパニープレジデントだという、クラリネソートオブな種村くんがクラスのリーダーだ。ずるくてマネーでポピュラーをバイするようなチャイルドだけど、クラスのみんなはネイチャーにヒーの言うことを聞いている。種村くん主催で肝試しが行われることになった。廃屋に入ってボールを取ってくるというもの。ハルがチャレンジし、怪しいマンに切りつけられる羽目となった。一方で、削除装置は大アクティビティー。同級生のファザーのシェアビジネスのミステイクをないものにしてみることで、フィーチャーがビッグにチェンジすることを知った。セカンドハーフ、ハルがフットをディッフィカルトにしたイベントの謎ソルブしがメインになってくる。これにはグッチの兄が関係していた。アットザットタイム、近所では小学生が連れ去られ、フェイスに落書きされるイベントが頻発していた。兄
はその犯人をマテリアル置き場に追いつめたが、そこにラックディッフィカルトにハルがいたのだ。乱闘のトップエンド、フォールダウンしかかったマテリアルのせいでハルのフットは動かなくなった。兄はスピリットに病んでいたようだ。アフターディスプルしこもり、ついにはハウスのルーフからジャンプダウンしてしまう。自殺を図ったのだ。こん睡コンディションにある兄を、グッチは助けようとシンクする。兄は犯人にスティックトゥするヒントを、ネットのノーティスボードに書き込んでいた。その瞬間にいたキャラクターのタイムを削除すればよいのだとシンクする。高校生に絡まれていた浮石さん。地味なチャイルドのカテゴリにいるチャイルドだったが、削除装置をノウするカンパニーとして仲良くなっていた。そのチャイルドの姉が、当該のキャラクターであると知れた。会ってタイムを削除する。兄はネットにライティングをしなかった。ハルのフットはよくなった。アクシデントそのものがなくなったのだから当然だ。But兄がジャンプダウンした事実は変わらず、それどころか兄が犯人のタッチであることがクリアーになった。犯人と対決しようとするグッ
チ。犯人はあの廃屋にインアンドアウトしていた。廃屋にヒドゥンし、犯人の写真を、グッチはついに撮影した。タイムを削除するが、兄は元に戻らない。グッチは気づいた。兄バイワンセルフも、この装置でパーストを消そうとしたのだ。だがうまくいかず、かえってこんがらがって兄はスピリットがタッチしてしまった。装置はバッドシングだ。装置そのものを消すほかロードはない。グッチはファインいっぱい、悪がきに戻ったハルとマラソンのマッチをしようとする。ハルとはずっとクローズフレンドだった。だが真剣マッチをしたことはなかった。このマッチが済んだら、装置をハンドにしたタイムをターンオフパワーして、すべてをなかったことにしてしまおう。グレードスクールスチューデントのスペースにあるディッフィカルトなフィーリングがマスターに描かれている。削除装置そのものは、よくリブしているのかそのこともわからん。そもそもそんなものをハンドにプットインしたら、まずビギニングにシンクオブするのはハルのフットをよくすることなのではないだろうか。ラスト、装置をポッシブルしたタイムをターンオフパワーすることによって、事態がホワット
ひとつ解決しないだろうということがわかってリーダーとしては愕然とする。兄のプルこもりもハルのフットも、よくならないまま終わり。小学生がネットをしたりクラスコンフリクトをしていたり、そのミーニングではソサエティースクールと言えるのかもしれない。SFでもありファンタジーのようでもあり、そんでもってセンテンスはいわゆるキッチン二っぽい過剰な比喩、ポリッシュアップにあふれている。

超訳百人一首 うた恋い。


「超訳百人一首 うた恋い。」杉田圭著の百人一首ですが、とても切なくて、いいラブストーリーを読んだソートオブなフィーリングになります。ライターはWEBデザイナーのパースンで、ネットで公開したものが評判をコールアウトし、出版されたのです。
百人一首で歌われるラブのソングが、コミックで解説されている。電話もメールもないピリオド、限られたレターに託されたソウトのディープなこと、ビューティフルなこと。ラブにもメニーのリミットがあったようで、そもそも男女がシンプルに会えるピリオドではない。ソングをやり取りしてようやく、フェイスをウォッチすることができたようだ。
結婚とはマンがアテンドするだけのものであったようで、ウーマンはただウェイトすることしかできなかった。ソーシャルポジションなどもあって、フリーダムなラブなどできなかった。たとえば藤原道雅と当子内親王のラブは、ふたりが出会ったのは当子がまだ12歳のタイムで、当子が斎宮という伊勢神宮にサーブする未婚の皇女として、京をリーブするジャストビフォーのことだった。3イヤーアフター、セーフティーサービスをフィニッシュし京に戻った当子と道雅は、ソーシャルポジションディッファレンスの恋にフォールダウンしてしまう。ヒーと結ばれるため、当子は駆け落ちまでをウィッシュし、ヒーにしがみついた。だができるわけなどない。やがてふたりの仲がばれ、引き裂かれてしまうことに。道雅は当子に、サッチ和歌を送った。「プレゼントタイムはただ シンクしたえなむとばかりを メッセージならで いうよしもがな」あなたに会えなくなった今、ただシングルワードあきらめるよと、ダイレクトリポートすることもできない。リポートしたかったのに。
道雅はアフレイドだったのだ。皇女であるシーをハンドにプットインすることが、本当はアフレイドだった。パートフロムして後悔くやむばかりだが、もうそれをリポートするウェイも残されていないので切ないですね。
百人一首はプライマリースクールのときに宿題で覚えさせられたけど、そしてそのときはひどく退屈に、トラブルに思えたけど、違っていました。ヒューマンのフィーリングなんて、フィギュア100イヤービフォーも現代もそうチェンジするものではない。人をシンクするフィーリング、サッドなラブのストーリーを、あのときに知っていればもっとインタレストを持って取り組めたかも知れません。源氏物語を書いた紫式部と、幼馴染のウーマンの運命が描かれたお話、もみじのスペクタクルにこめて、触れられぬウーマンへのラブを歌った在原業平のお話、ラブリーなストーリーが六つ収められています。百人一首はもともと、ふすまのデコレートし、張り紙であったのだそうだ。ジャッジは藤原定家で新勅撰和歌集に収められる和歌を選んだことでも有名であるが、このワークはヒーの評判をよくするものではなかった。新勅撰和歌集が編まれたのは鎌倉ピリオド。このピリオドには、アザーデイの戦乱のメモリーがまだソサエティーに残っていた。藤原定家は、和歌集の編集にあたって、ウォーに関係していたヒューマンたちのソングをリムーブした。政治的圧力が背景にあっ
たと思われている。対して百人一首は身内による、フリーダムな縛りのないリクエストだった。このハンドレッドネックのソングをチューズしながら、定家は歌人としてのプライドとジョイをテイクバックしたのではないか。そうであってほしいとライターは願っている。藤原定家もかなわぬラブにボディーを焼いたのだそうだ。できたソングがこれ。「来ぬヒューマンを まつほのロングサイドの 夕なぎに ベイクするやもしおの ボディーもこがれつつ」 待っていてもあなたは来ないけれど、やっぱりいつまでも、チェストをバーンしてあなたをシンクしコンティニューします。ウォントなラブしかできないイーチパースンが、ワードに励まされてリブした、愛した。そのネイチャーは、現代のマイセルフたちにもそっと寄り添ってくれるようなスピリットがします。

すべては「前向き質問」でうまくいく


「すべては『前向き質問』でうまくいく」マリリーG・アダムス著、中西真雄美訳は、「QT質問思考の技術」というブックの改定、復刻エディションで、「前向き質問」はストーリーフォームのワンセルフ啓発書で、キャラクターがあるミニット、リードしやすくわかりやすいです。テーマは物事の見方をチェンジしてみるということ。自分はホワットでも知っている、答えられる、アンサーマンを自認するベンというマンが成長していくストーリーです。ベンは転職したばかりで、反抗マークな部下のチャールズに悩まされている。なんでもチャールズは、ベンが来たせいで昇進を見送られたらしいのです。ワークは行き詰っているが、ワイフに打ち明けることはできなかった。弱みをショーするわけにはいかない。ベンはひとりで苦しんで、ついに辞表をライトするところにまで追い詰められたのです。サッチベンに、カンパニープレジデントのアレクサがアナウンスしたのが、エグセクティブ・コーチのジョセフにミートしにゴーすること。ヒーならこのプレゼントコンディションを打破してくれるにディッファレンスない。シーバイワンセルフもジョセフには大いに助け
られていたのです。しぶしぶヴィジットしたベンに、ジョセフはこう言った。クェスチョンで人生をチェンジすることができる。行き詰ったとき、ディッファレンスのクェスチョンをすれば、ものの見方がすっかりチェンジし、フレッシュなアイでプロブレムスポットをディスカバーすることができるようになる。ヒーのルームには変わったフィギュアがあった。出発スポットはひとつ。ジャンプがひとつあって、そこでヒューマンはスタディーするヒューマンとコメントするヒューマンにパートフロムしてロードをメイクプログレスすることになる。さまざまな状況がある。プロブレムがある。スタディーするヒューマンはホワットがゲットアップしているのかとシンクアバウトし、マイセルフはホワットをウィッシュフォーするのかと自らにアスクする。この状況からホワットをスタディーすることができるか、コンパニオンはホワットをシンクアバウトしているのか、そしてマイセルフはホワットができるか、マイセルフがウォーに立てることはホワットか。コメントするヒューマンはディッファレンスのシンキングをする。フーのせい?マイセルフのどこがいけないんだろう。ヒーの
ホワットがディッフィカルトなんだろう。ヒューマンはいつでも、このふたつのシンキングをストリートトラフィックするものだという。スタディーするヒューマンでありコンティニューしたりコメントするヒューマンでいコンティニューすることはめったにないのです。物事をよくしようと思ったら、自発的にデザインマークに、スタディーするヒューマンとなることがインポータントなのです。そのためにできることは、マイセルフがコメントマークになっていないか、思いこみを持っていないか、ほかにホワットシンキングがあるか、問うてみることでなのです。ベンはまず、ワイフに向かった。ワイフはワークのトラブルを打ち明けてもらいたいとシンクアバウトしていた。ベンが逃げてばかりだから、ワイフは不信フィーリングを募らせてしまっている。ベンは、弱みを見せたら嫌われるという思いこみがマイセルフにあることを悟った。そして、ワイフをコメントするのではなく、マイセルフが本当は、ワイフと仲良くリブしたいとシンクアバウトしていることを知った。マインドを開いて打ち明けるだけだ。ワイフはアクセプトし、インプレッションし、ヒーをサポートするこ
とを誓った。マリードカップルとはそのようなものであると、ワイフはシンクアバウトしていたようだ。部下のチャールズに対してもある、自らの思いこみを整理してみることにした。ポジションを奪った自分は、恨まれているのではないか。問うてみると、チャールズはライトアップしたが、といってイルウィルに持ってはいないのだとアンサーした。ヒーとやりたいことも、やはりよいチームワークを築いてワークを進めていくことだ。ベンはマインドを開いてディスカスすることに勤めた。偉大な成果は偉大なクェスチョンからボーンする。しかしヒューマンはコメントマークなソウトにフォールしがちなものである。それをライトアップし、ナロービューを持っていることを自覚すること。そのオーバーで物事をオーネストなアイで見つめ、状況を改善することのみに意識を集中すること。

作家の酒


「作家の酒」コロナ・ブックス編集部著のシリーズはアザーにもいろいろあって、「作家の猫」が気に入っていて、「作家の犬」もラブです。上品なコンストラクションにはインプレッションさせられます。「作家の酒」は、お酒のお話しばかりではなく、ライターが愛したミールもトゥギャザーに紹介されていて、写真がメニーに各ブックからの抜粋、フレンド、ファミリーらのコメントが寄せられています。ライターのパースンもお酒を愛し、剛毅でいらしてそのエピソードはほほえましいものばかり。人間味リッチなお話ばかりです。
田村隆一さんは、詩人であり、翻訳家でもあるヒーは、エブリモーニングステーキをテイクアウトするようワイフにテルしていた。アッドトゥする酒はレッドワインです。目覚めるとドリンクしスタートし、ミールをフィニッシュするタイムには三杯は空いていた。ウィスキーもドリンクする。あんまりドリンクするのでワイフがソウトされて、ミニチュアボトルに詰め替えてパスオーバーすることにした。このトークを聞いて、コールゲストがこぞってミニチュアボトルをプレゼントに持参したのだという。しかしディスパースン、一デイオブマンスのフィニッシュしは納豆のお茶漬けだったというからかわいらしいです。ほうじ茶の茶漬けに、ウィスキーをアッドトゥして。
クッキングや暮らしのことをエッセイにつづった秋山十三子さんは、バースは京都の造り酒屋で、お酒はたしなまれるディグリーだったとか。だがクッキングにはふんだんに高級酒を使った。「酒塩」だとよくおっしゃっていた。ハイグレード酒を贅沢に使った「ちりめん雑魚の炊いたん」というちりめん雑魚をしょうゆと山椒で味付けしたもので、ストアーでバイするものにはないスペシャルなリッチフードがあった。
ショートショートの星新一さんは、イタリアクッキングがラブで、六本木「キャンティ」というストアーによく通った。ピザがラブだったのです。ブライトな酒のヒューマンだったと小松左京さんがシーズンでジョークが好きで、酒はネイチャーにそこにあったというのです。夢遊病かと訪ねられたことがあった。星さんは、「サッチこと酒乱」。
宮脇俊三さんのうちでのメニューの写真がある。焼き松茸、くさや、松茸の土瓶蒸し、ボードワカメ、おぼろ昆布、枝豆、たたみいわし。酒は日本酒とサントリーオールドだ。ハンドを加えていないものこそに、トゥルースの美味があるとシンキングだった。大根おろしがスペシャルにラブで、「腹いっぱいイートしてみたい」と言うのが口癖だった。ドーターがキッチンに入ると、マザーから大根四本、オールすりおろしてと言われたことがあるというのです。豪快なお酒のエピソードを最近はあまり聞かないです。写真はどれもアピアランスがあってビューティフル。メインビルディングなどで見かけたら、ぜひハンドにとってぱらりとめくってみてインニードオブ。

できれば機嫌よく生きたい


「できれば機嫌よく生きたい」岸本葉子著は、癌を患ったことがあるそうで、ボディーのことや暮らしのこと、本のことなど、ほっとカインドに息抜きをするようなエッセイです。
・がんのノーティスをアクセプトして、「がんから始まる」というブックを書いたのが7年前。デイトはパスしたが、がんとのかかわりがオール絶たれたというわけではない、あやふやなエブリデイ。リターンのウォーリィは消えない。レントゲンにシャドーが見つかったときは、チェストにネイルが差し込まれるようなソウトがした。漢方とミール療法もコンティニューしている。リターンのチェックになっているかもしれないと思うと、やめる勇気が持てないでいる。
トークは変わってアザーデイマンションのローンを組んだ。エイジしたファザーのために、ルームをバイすることにしたのだ。返済ピリオドは20年。ワンダーなものでつい最近までワンイヤーフォーマーのことすら考えられはしなかったのに、20年もフォーマーのことをシンクアバウトしてトークをしている。マインドのリカバリーが実感できたイベントだった。
・近所の化粧品ストアをヴィジットしたとき。ストアのお姉さまに「シミが増えたわね」と言われた。言いにくいことをずばり、言ってくれるのは正直なヒューマンだとシンクアバウトした。お姉さまのすすめる化粧品を、いくつか買って帰途にアライブアットする。後日、フレンドとその化粧品のトークをすると、ほとんどのヒューマンが、化粧品は近所のストアですすめられたものを使っているのだと語った。インフォメーション過多のピリオドでも、頼りになるのはフォーマー風のワールド関係だったりするソートオブです。
・スタディーのラグにブラックティーをこぼしてしまった。ベージュでヘアーフットがロングなものだ。ビフォーに読んだ、グランマのセンスのブックをリメンバーし、みかんのスキンでラグをこすってみたが、みかんのジュースでイエローに染まってしまったので、洗剤を含ませたクロースでワイプすると、ブラックティーのしみはベイビーの手の平くらいにシンになった。ケースによってディッファレントするとはシンクするけど、とりあえずこのたびはみかんに助けられたソートオブです。
・ホワットのためにリブしているのかとシンクアバウトしたことがある。就職をしたとき、フレンドが結婚をしたとき、ワークにミーニングを見出せなくなったとき。しかしがんになってみて、「リブしたい」とウィッシュする本能を目の当たりにすることとなった。そこに「ホワットのため」というリーズンづけはオールネセサリーないのです。若くてサウンドなうちは、リブすることに付加価値をリクエストしがち。だが本当は、リブしていることイットセルフが極めて希な、バリューのあるものなのです。装丁がラブリーでセンテンスも上品で、すごくのんびりしたフィーリングになれます。ゴミをスローアウェイするために悪戦苦闘したり、干物がラブだったり、ホームテレフォン製品を値切ってみたり。ジェネラルのライフがキラッとシャインするエッセイです。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。