本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スリー・カップス・オブ・ティー


「スリー・カップス・オブ・ティー」グレッグ・モーテンソン著・藤村奈緒美訳は、1993年にアメリカヒューマンのグレッグ・モーテンソンがK2の登頂にミステイクし、下山途中にマウンテンロードに迷い、パキスタンの小さなヴィレッジにたどり着いたのです。
グレッグはファザーのワークのコンディションでアフリカでグローし、妹は難病を患っていて、そのエフェクトでアダルトしたグレッグはナースティーチャーの資格をゲインしたのです。アクシデントしたグレッグはパキスタンのコルフェヴィレッジで村人に治療をティーチし、村人とマインド通じ合ったグレッグは、ヴィレッジにスクールがないことに愕然とし、チャイルドたちが霜のゲットオフしたグラウンドにシットし、ツリークロースでキャラクターを書いていたのです。
コルフェ村のチャイルド達のフィギュアが妹に重なって見え、グレッグはスクールをビルドすることを宣言してヴィレッジを去ったのです。グレッグはアメリカにターンバックし、著名ヒューマンにレターをライトし始めたのです。500通バランステイクアウトしたがうまくいかず、行き詰ったところでヘルニ博士というヒューマンのネームを知らされた。ヘルニ博士はマイクロチップを開発したサイエンスパースンである。同時に登山ハウスであった。ハードトゥプリーズなキャラクターだったが、サポートをプルアウトすることにサクセスし、グレッグは寄付された120万ドルを持って、再びパキスタンへ向かったのです。
グレッグは何も知らず、ホワットも持たない。スクールをビルドするためのマテリアルを発注し、マウンテンロードを運ぶのですが、そのどたばたぶりと手際のディッフィカルトなのです。グレッグはコルフェヴィレッジにたどり着いたのですが、村人は学校よりもブリッジがネセサリーなのだというのです。
コルフェ村とローグレードの町をつなぐのは一ブックのケーブルだけなのです。ケーブルだけではマテリアルを運ぶこともできないと、プランのスイートさを思い知るのです。グレッグはホワットも得ないままアメリカにターンバックし、ヘルニ博士に泣きつき、ヘルニ博士は橋のためのマネーをテイクアウトしたのです。アドバンスドエイジのヘルニ博士には死期が近づいていて、マウスのディッフィカルトなオールドパースンだが、チャイルドたちのためのスクールができるのを、ヘルニ博士は心底心待ちにしていたのです。
ヘルニ博士はグレッグにアーリーにビルドして写真を持って来いとせかすのですが、ヘルニ博士のサポートでブリッジができ、スクールのコンストラクションにも取りかかったのですが、グレッグは新しい恋をし結婚にまでこぎつけ、コンストラクションワークを済ませてアメリカにゴーバックしたかったのです。
ヘルニ博士のコンディションもスピリットになるのです。コンストラクションワークをハリーするグレッグにコルフェ村の長老はマイセルフたちのウェイもリスペクトしてくれというのです。よそのヒューマンが来たとき、マイセルフたちはティーをテイクアウトしてともにドリンクする。ビギニングの一杯アイはよそ者。オーダーの二杯アイはお客、三杯アイで家族となる。そのタイムをインポータントにしてくだされというのです。
ウェストのウェイがすべてライトなわけではない。ヴィレッジにはヴィレッジのカルチャーとヒストリーがあるのです。ヴィレッジのカルチャーのインサイドに入り込まなければトゥルースのアンダースタンディングなど得られないのです。
コルフェ村はイスラムの掟厳しい山間のヴィレッジなのです。アメリカヒューマンのスクールが建てられるときいて、有力パースンが妨害にヴィジットし逆らってビルドするのならば、シープを12頭プレゼントと無茶を言うのです。シープはファミリーであり、インポータントな財産なのです。村人は泣いたが、チーフはサッドすることはない。ゼイはワンアワーのフードをハンドにプットインしたかも知れんが、ウィーのチャイルドたちにはスクールがリメインする。キャラクターが読めるようになる。そのためなら何を犠牲にしてもプレシャスにはないというのです。
コルフェ村にスクールが建ち、グレッグは博士のサポートをアクセプトして、ほかのヴィレッジにもスクールを建てようとし親たちはこぞって学校をリクエストしたのです。プアーなのはトレーニングがないせいだと言う。狂信的なイスラム信者になるのは、まともなトレーニングが受けられないせいだと言うのです。テロの温床はトレーニングを受けられない貧困のインサイドにあったのです。誘拐されたり、キャピタルサポートにかけずりまわったり、アメリカでテロリストサービスされたり、グレッグは大奮闘し、8年がパスし、パキスタンにいたグレッグにシーリアスなニュースがもたらされるのです。
アメリカのニューヨークというヴィレッジが爆撃されたというニュースです。イスラム教徒のアクションであるとノウし、グレッグのフレンドたちはエブリバディマインドをコーズペインしイスラム教徒のネームに値しないと、憤慨するパースンばかりだったというのです。ハズバンドを亡くしたウーマンたちがグレッグのもとへカムアロングして、プレシャスなバースたてのエッグをハンドに持って、ニューヨークヴィレッジでハズバンドを亡くした女性たちにデリバーしてくださいというのです。たんぱく資源のリミティッドなヴィレッジがシープが一ヘッド解体されると、イーチパースンはフェスティヴァルフィーリングでむしゃぶりつく。インポータントなエッグを、セイム悲しみを味わったアメリカヒューマンにパスオーバーしてくれとパキスタンのプアーパースンのヴィレッジがクライするのです。
アメリカがカントリーをレイズしてヘイトし、エネミーとディサイドしたイスラムのウーマンがマインドをコーズペインしてエネミーであるはずのアメリカヒューマンのためにウォーとはホワットなのか、考えさせられるのです。

スポンサーサイト

「普天間」交渉秘録


「『普天間』交渉秘録」守屋武昌著は、沖縄の海の描写で、ラブリーなアドベンチャーストーリーがビギンするフィーリングです。事態やヒューマンが入り乱れます。守屋さんは防衛次官という職にあって、普天間ベースリターンのワークにロングに関わってきたのです。
テキストではそのホールストーリーと、ライターなりの自衛隊考察のがつづられています。普天間ベースリターンについては、日米の合意がすでになされていたというのです。住宅地のインサイドにあるベースのデンジャーカスタムは、アメリカもイナフ承知しているというのです。
1996年に普天間ベースは、シーエンジニアを作ってそこに収容することにデシジョンがされていたというのです。名護マーケットのオープンシーに埋立アースを作って、そこにベースを移転するつもりだったというのですが、沖縄が求めたのは、単純リターンではなく、県内からの完全撤去だというのです。ベースを他県にリムーブというわけなのです。
海上に空港をメイクするプランがプレゼントされ、ビギニングは軍用空港で、アフターにプライベートタスクとして沖縄に払い下げられるプログラムだったというのです。
稲嶺県知事はこれをディスとして公約にパブリッシュし、当選したのですが、シーをフィルアップするにはアセスメントがネセサリーで、環境をインベスティゲイションし、エフェクトがないよう配慮がされなければならないのです。コストはアットファースト、沖縄がホールドするとされたのですが、知事はコストをテイクアウトすることを渋ったのです。
政府がマネーを出して調査をスタートすると、妨害のアクティビティーが見られたのです。インベスティゲイションするプライベートカンパニーの人間に対して、ボートに乗ったシチズンの嫌がらせをしたのです。
沖縄でビジネスをメイクしている有力者からサンドバープランがプレゼントされ、辺野古ニヤーのサンドバーをフィルアップして、ここに滑走ロードを作ろうというのです。サンドバー埋立プランは、日本政府のヘッドアクロスに米国にも持ち込まれ、沖縄県民から出されたものなのですが、環境にワーストのエフェクトをもたらすということで、環境アソシエイションを敵にターンすることになるのです。
小泉元首相はサンドバー埋立案を認めなかったのですが、環境アソシエイションに敵視され、選挙エクササイズがデンジャラスになったエクスペリエンスがあるのです。ジュゴンなどのオーシャンローフードへのケアもネセサリーなのです。沖縄はサンドバープランを押すのはし、環境アソシエイションがムーブしスタートすることを知っているからなのだというのです。
守屋さんは対抗して、キャンプシュワブのエクステンションオーバーにロットを確保して滑走ロードをメイクするLキャラクタープランをコールアポンするのですが、交渉はLキャラクタープランをメインにメイクプログレスしスタートし、滑走ロードをVキャラクターモデルにするという修正が加えられるのです。
防衛省がティケットウィンドウとなる交渉であるが、沖縄は外務省につてを作り、省庁フェローのコンフリクトを引き起こそうとするのです。Vキャラクターの滑走ロードの角度にもこだわりをショーし、交渉はスローとして進まなないのです。防衛省の不祥事もあり守屋さんはブレイムのマークとなり、守屋さんバイワンセルフを陥れようとするアクティビティーがあったというのです。小池百合子議員などは、沖縄のワードに篭絡され、交渉の場でひとりオポジットの陣を張ったこともあるのですが、小池議員は梯子を外されるのです。守屋さんのダイアリーをもとに書かれたもので、様々なヒューマンがリアルネームでアピアーしてきます。大臣がホワットディグリーか変わり、そのたびに状況もチェンジするさまには、読んでいてヘッドが痛くなるほどです。沖縄はこうまで交渉を引き延ばそうとするのか。はっきりと書かれてはいないが、あとがきでベースのアラウンドにフォールダウンするマネーが、インタレストがあることが示唆されているのです。
あとがきでベースアラウンドにリブインするジェネラルシチズンについてもワードが添えられています。安全を脅かされ、アングザイエティーなままでパスするヒューマンたちが沖縄にたくさんいるのです。

超雑学 読んだら話したくなる 世界史


「超雑学 読んだら話したくなる 世界史」宮崎正勝著は、日本の歴史やワールドのヒストリーをスタディーしたいというヒューマンが増えているのですが、ワールドヒストリーのトリビア、小ネタが集められたブックで、ワールドヒストリーのレッスンでスピークしてくれるようなスピークしが紹介されています。
・紀元前1世紀時代のローマのシチズンは120万人いて、半数は無職だったというのです。属ステートにヘヴィなタックスチャージをプレスし、ローマシチズンは娯楽にふけっていたというのですが、すべてのロードはローマへにラントゥするの言葉ストリート、たくさんのロードがコンストラクションされたのは失業対策だったというのです。それでもワークを供給できず、五世紀トップエンドにはワンイヤーのハーフの175日オブマンスがホリデイと定められていたというのです。
・ヘルプのエッジにファイヤーする「フレーフレー」は、ヨーロッパを征服したモンゴルヒューマンの雄たけびにソースするものだというのです。ゼイの雄たけびはロシアランゲージで「ウラー」、ドイツランゲージで「フラー」、英語で「フレー」と言われるようになったというのです。
ハンバーグのビギニングもモンゴルヒューマンでツアーのエッジ、ホースをつぶしてイートすることがあったというのです。生肉を刻んで草にミックスし、ソフトにしてイートしたというのです。これがタルタルステーキのビギニングであり、アフターにファイヤーでベイクするハンバーグステーキに変わったというのです。ハンバーグステーキはヨーロッパからアメリカにわたり、パンにはさまれてハンバーガーに、そしてワールドを席巻しているのです。
・スペインによる南米大陸のルールですが、南米大陸から多量のシルバーが欧州へクロスオーバーし、シルバーのプライスが大暴落し、シングの流通がポピュラーになり、ビジネスがアクティビティー化したのです。スペインはイスラム教徒にルールされていたフィリピンもキャプチャし中国の明とトレードを行っており、南米のシルバーは明にもストリームしこんだのです。明は銅の不足に悩んでいたが、シルバーの流通量が増えたため、マネーにすることができたのです。明のタックスシステムが整ったのも、新大陸のシルバーのおかげなのです。
・アメリカンコーヒーとは、従来よりシンなコーヒーを指すのですが、イギリスの植民アースだったアメリカは、ブラックティーに高いタックスが課せられ、憤ったシチズンはついに本国に対して独立ウォーをレイズし、ウォータイムインサイドにブラックティーの輸入がリミットされたため、コーヒーがポピュラーに飲まれるようになったというのです。ミルクもなく、シュガーもなしで、シンなコーヒーがよく飲まれるようになったのだそうです。
・1914年にセルビアのキャピタルシティーサライエボで、セルビアのピープルエクササイズを威圧するための大プラクティスが行われたのですが、セルビアヒューマンの暗殺ボディー7人がタウンにもぐりこんでいたのですが、そのインサイドのひとりの19歳のセルビアヒューマンヤングマンがオーストリアクラウンプリンス夫妻をガンで暗殺してしまい、激怒したオーストリアはヒーの裁判をセルビアにリクエストしたのです。セルビアはそのディマンドの大パートを飲んだが、オーストリアパブリックオピニオンは収まるところを見せず、宣戦布告をパフォームし、スラブヒューマンのリーダーとしてロシアが参戦し、ヨーロッパインサイドをロールアップするグレートウォーとなってしまったのです。第一次ワールドグレートウォーは、始まったアットファーストはショートターム決戦になると思われていたのですが、ひとりのヤングマンが放った一ビギニングのショットが、欧州全体をダークなウォーの渦に巻き込んでしまったのです。
各チャプターごとにまとめが載せられていて、大まかなヒストリーのストリームがキャッチできるようになっています。

伝える力


「伝える力」池上彰著は、2007年の発行ですが、ディスイヤー異例の売れ行きをレコードし近所のコンビニにも置いてあります。2010年に池上彰さんの大ブレイクをメモリーしていて、スタディーになるパッセージがメニーなです。
解説がわかりやすいと評判の池上彰さんの「伝える力」は「週間こどもニュース」というプログラムで培われものなのです。「週間こどもニュース」はチャイルドに時事プロブレムを解説するプログラムなので、ディッフィカルトなワードを使って説明するわけにはいかないのです。チャイルドたちがアンダースタンディングするまで説明をしてあげなくてはならず、リーズナブルなナレッジではポピュラーユーズしないことを実感されたというのです。
池上彰さんはマイセルフがわかっていないことを、イグザクトにわかりやすくリポートすることはインポッシブルだというのです。マイセルフが知らないこと、わからないことはオーネストに認めようファクトに対するフィアーしを持たずに、トゥルースのアンダースタンディングをポッシブルすることはできない。マイセルフがいかに物事を知らないかを知ったオーバーでスタディーしコンティニューすることがインポータントだというのです。
ヒューマンのスピリットをひくつかみもユーズするようにして、アドレスのときジャパンビジネスがリカバリーしたのは小泉首相のおかげと話しスタートするのだそうです。イーチパースンはエッというフェイスをするのですが、小泉さんはホワットもハンドを打たなかったので、企業がバイワンセルフでがんばったのですと言って、オーディエンスのインタレストをぐっと引き寄せていたのです。リポートするフォースが発揮されるのはカンバセーションにおいてだけではない。センテンスをライトするときでも、アテンションすべきスポットはいろいろとあるのです。センテンスフォースをアップさせるショートウェイは、優れたセンテンスを書き写すことだというのです。
池上彰さんは、NHKのリポーターピリオドはエルダーリポーターのセンテンスをディスクライブしてスタディーされていたというのです。独りよがりにならないために、客観マークなオピニオンをホールドするようにもし、センテンスをライトしながら、常にもう一ヒューマンのマイセルフを意識するようにするというのです。池上彰さんはコピーを書いてマイセルフでツッコミを入れ、さらなる改良スポットをディスカバーするようにしているというのです。書いたコピーはしばらく寝かせて、プリントアウトしてリードアゲインするようにもしていると誤字脱字など、シーンではわからなかったことがハブアンオーディエンスしてくるというのです。音読するのもよいメソッドで、ビジネスライティングなどでも、ボイスにテイクアウトして読んでみると、そのリズムのディッフィカルトさにノーティスするときがあるというのです。センテンスのリズムを整えると、リードしやすいセンテンスが書けるようになるというのです。エルダーやボスに読んでもらうのもグッドに、あらかじめヒューマンにスピークして、反応をウォッチすることも有効だというのです。
「そして」「それから」は極力省き、「ところで」「さて」も使わないようにする。ビジネスライティングでは「いずれにしても」というワードをユーズすると説得フォースがなくなってしまうので避けたいというのです。よいワード、リッチなボキャブラリーをポッシブルするためには読書が不可欠で、できればストーリーをリードしたいものがボキャブラリーも増えるし、ディッファレンスのライフをノウすることで視野がスプレッドするというのです。ビジネスストーリーなどをリードすると、マイセルフのポジションにアッドしてファンにリードすることができるというのです。アドレスをしたり、ディッフィカルトなセンテンスをライトするためのブックではなく、ファンデーションマークにビジネス書であって、ソサエティーのインサイドでアッパーパートに自分の言いたいことをリポートするメソッドが書かれています。
とてもわかりやすいし、すぐに取り入れられることがメニーなです。

魚ガールの 築地でうまい魚 食べ歩き


「魚ガールの 築地でうまい魚 食べ歩き」二枚貝著、生田與克監修は、テレビ朝日の「おかずのクッキング」のプログラムHPに連載されたイラストエッセイで、二枚貝ユニットが築地に出向いてシーズンのフィッシュをレポートするというサブジェクトなのです。
ティーチャーウォーは築地のマグロインサイド卸ストアー「鈴与」の三代目、生田のアニキと呼ばれるパースンで、このパースンがおいしいフィッシュのイートしパースンや、テルアパートしパースンをティーチしてくれるのです。
スプリングはアジやホタルイカ、イワシ、イイダコ、タイなど。中でもイワシはフォーマーから、日本人の食生活にビッグに関わっています。ベリィヤングなものはシラスと呼ばれる。シラスエアしにされるフィッシュで、釜茹でにして、エアしたものがシラスエアし。これをさらにドライさせるとちりめんジャコと呼ばれているものです。ビッグにグローするとメザシになり、煮干になる。塩焼き、つみれにします。
「七回ウォッシュすればタイのテイスト」と言われていますが、コモンピープルの暮らしに密着しているフィッシュなのです。さばくときは、梱包にユーズするビニールバンドをユーズするとよい。えらのバックの辺りにヒットしてプルすると、シンプルに三枚おろしができるのです。
サマーはイサキやサケ、アユ、タカベ、シンコ、コチなど。シンコとはコハダの幼名で、4、5cmのタイムをそのようにコールアウトし、初物ラブの江戸っ子はこのフィッシュがラブで、プレゼントタイムでも初せりはハイプライスになるのです。このフィッシュ、コハダになってもコノシロになっても、酢じめで食べられることがメニーなのです。シンコはさばくのにもタイムがかかるからハイ。銀座の寿司屋では数万円もすることがある。シンコとコハダはファットののりのディッファレンスでわかる。シーズンの魚を知っておくと、寿司屋でルック置かれるようになるのです。
オータムはハゼやサンマ、シシャモ、イクラ、エビ、サバなど。サンマのおいしいイートしパースンは、焼き魚だけではなく、サンマを三枚におろしてソルトをふる。15ミニットほど置いて、酢ウォーター(1アゲンスト1)につける。これだけでさっぱり、たくさん食べられるようになるのです。味噌にみりん、ねぎをミックスしたねぎ味噌を、背開きにしたサンマにはさんで焼いてもよい。チープにておいしくコモンピープルのフレンドです。
ウィンターはタラやアンコウ、ホタテ、ヒラメ、サワラ、カキなど。タラとホタテのクッキングメソッドですが、タラ豆腐はつけジュースをメイクする。ボイルし切った酒にしょうゆとほぐした鰹節、ねぎをプットインしてつけジュースとする。容器にプットインする。ポットにホットウォーターを張り、つけジュースの入った容器をミドルにプットする。豆腐とタラをホットウォーターのインサイドにプットインし、つけジュースにつけながらイートする。湯豆腐ソートオブにエンジョイワンセルフすればよいのです。
ホタテのカレースープはホタテの貝柱、フィットな貝をウォーターにプットインして煮立て、沸騰したところにカレールーをプットインする。貝のだしとカレースープがパーフェクトなテイストなのです。
二枚貝ユニットはアラフォーウーマンふたりで、ヤングなウーマンアナをねたんだり、ヤングマンゲットをたくらんだり、ギャグも楽しいです。

KAGEROU


「KAGEROU」水嶋ヒロ著は、メインキャラクターがヤスオという41エイジの誕生日をトゥモローにドローインするインサイド年男で、アドバイスらしきトークをアクセプトしたので自ら会社をリストラではなく自ら辞表をプレゼントして、借金まみれになって自殺を思いついたのです。
行き着いたのは閉店したデパートの屋上。死のうとフェンスにフットをかけたとき、ビリー・ジーンのときのマイケル・ジャクソンのようなブラッククローズズのマンに止められるのです。ブラッククローズズの男はキョウヤ。全日本ドナー・レシピエントアソシエイションのパースンだと名乗ったのです。
臓器がマネーになるという。借金を返して、ファザーアンドマザーに残す資産があるとわかり、ヤスオは逡巡する。ちなみにヤスオ、シングルである。結婚をシンクアバウトしていたウーマンはいたが、リストラアフター、ブランチを告げられてしまった。どうせダイするのだしと、ヤスオはキョウヤのリクエストをアクセプトした。コンストラクションのホスピタルへゴーし、イグザミネーションをアクセプトし、よくわからんけどデパートでハートフィットのプレイを打ってそのコンディションがアピアーするワンダーなメディスンで、セーフティーヤスオはデッドパースンとなったとき、組織は精巧なドールを作って両親にショーした。ヤスオのデスをアンダースタンディングさせるため。ヤスオは嘆く両親のフィギュアをウォッチして、ダイするべきではなかったかとソーリィする。
臓器のオファーパースンが決まった。手術プレイスへの移動の途中でヤスオはそのコンパニオンとチャンスミートバイチャンスする。茜という20歳になるビューティフルなウーマンだった。茜の助けになるとわかり、ヤスオはやや安堵する。ヤスオが再び目を覚ましたとき、ヒーのボディーからはハートが失われていた。セーフティー茜に渡ったようだ。Butアザーの臓器をオファーするはずのドナーに不慮のアクシデントがあり、ハート以外の臓器はまだヒーのボディーにある。
ハートのないヤスオにイノセントがあったのは、ヒューマンワークハートが埋め込まれていたからだ。ヒューマンワークハートはぜんまいトリック。電源をリムーブしても30セカンドは機能するよう作られている。やがてアザーの臓器をオファーするコンパニオンが決まり、ヤスオはエスケープすることをデシジョンした。
ヤスオが寝ているベッドには、アッパーボディーを起き上がらせるためのハンドルがついている。リモコン操作ではない。ハンドルがハートをムーブする部分にぴたりとはまることがわかった。電源がカットウェルする30セカンドのスペースのビートアクション、ベッドのハンドルをヒューマンワークハートに取り付け、ヤスオはホスピタルルームのアウトサイドへ。ぜんまいトリックだから、ハンドルでターンすればムーブするのです。
イーブニングなのになぜか、ハート病で入院していた茜とガーデンでアナザーミーティングするのです。手術でヤスオのハートが移植されてから、
2ヶ月が経ったというクリエイションなのだけど、いいのか夜中にウォークなんかしてて。とにかく出会ってしまったので、ふたりは茜のシークレットの隠れ家へゴーする。
防空壕であったらしいそのホールのインサイドで、ふたりはライフのすばらしさについてトークトゥギャザーするのです。追われている自覚があるのだろうか。スロートが渇いたため地上にアピアーしたヤスオ、捕まってしまう。ヒーをここにリードしてきたキョウヤは、ワークのビジーのせいなのかブレイクダウンし、ヤスオのブレインが、キョウヤのボディーに移植される。キョウヤとなったヤスオは茜に会いにゴーし、シーの心臓のサウンドを聞いた。マイセルフのハートが、シーのインサイドでカットファインするビートのサウンドをヒューマンワークハートビッグがあるのに、なぜロングサイドソサエティーの臓器提供ビジネスがプラクティカルするのか。
エスケープするときにも切迫フィーリングがなく、そもそもその間もチェストのビフォーでベッドのハンドルをターンしているのです。ところどころにワンセルフ腐ったライフとはの問答が挿入され、そのヘヴィさとのバランスをとるためなのか、いろいろダジャレがちりばめられているのです。

英国式事件報道


「英国式事件報道─なぜ実名にこだわるのか」澤 康臣著は、アミュージング事件簿かと思って読んだら、ワンセルフなインフォメーションに関するプロブレムブリングスートのブックです。
イギリスでのイベントインフォメーションのトゥルースがベリィインタレスティングに、やや内ディレクションインダストリー向けのきらいはリメインします。ライターはニューズカンパニーでソサエティークラブのリポーターをしていて、ワンイヤースペース休職をとり、英国オックスフォードユニヴァーシティーでジャーナリズムを学び、そのチャンスにフィールしたデイオブマンス英の報道のディッファレンスをテキストにまとめているのです。
売春婦が殺されるイベントが4人連続で。過去にゲットアップしカットオフしジャックを思い起こさせる、凄惨でセンセーショナルなイベントだったのです。
ライターが驚いたのは、新聞がこのイベントのディーテイルをエブリデイ、大きなスペースを取ってインフォメーションし、ダメージ者のリアルネームも当然のようにアピアーしたのです。親やフレンド、フレンドのコメントもリアルネームでインフォメーションされ、ダメージパースンの親のインサイドには、ドーターのビジネスをインフォメーションで知らされたパースンもあったというのです。
ジャパンなら考えられないことですが、ダメージパースンのビジネスからして、サービスにファインさが求められる。またジャパンでは、イベントダメージパースンのリアルネームを出さないアクティビティーが近年はより強まっているのですが、英国の新聞はリアルネームをテイクアウトし、フェイス写真をテイクアウトし、そのライフを克明に追ったのです。セイムワークをしているウーマンにインタビューをして、「15ポンドビローではホワットもしたことがない」という、ストロングなニューズストーリーをプレイスオンした新聞もあった。説明をアッドする。15ポンドビローではしたことがないとはつまり、その金額ビローではワークをレシーブしたことがない、カスタム交渉をしたことがない、というミーニングなのです。15ポンドはヘロイン一バッグが買える、リーストの金額である。そのワードはゼイが麻薬のカスタムパースンであり、そのために売春をしていて、さらにステップをウォッチするゲストがメニーなことを物語っているのです。ゼイのワークのディープににまで、切り込んだニューズストーリーと言えた。
一方でイベントのパッセージや、ポリースからの発表はそれほどインポータント視されない。英国の新聞は、イベントをレットパスしヒューマンをドローし、ソサエティーにプロブレムをブリングスートするのがそのパートと言える。事件関係パースンのネームを秘することは、ゼイの存在をシンボルにすることだ。そのパーソナルヒストリーも、そのライフも語られることがなくて、どうやってイベントをヒューマンのストーリーととらえることができるだろうか。
ニュースとはつまり、ヒストリーの一シーンなのである。それが無味ドライで語られることは果たしてライトなのだろうか。その人の姿をリポートすることが、トゥルースの報道ではないのかと、バイワンセルフのワークをターンヘッドしながらライターはトラブルする。英国でもやはり、イベントをトークしたがらない関係パースンもメニー。パブリックのアイディアが広まっていることから、一ディグリーフロントにアピアーしたインフォメーションはパブリックなものとされ、アフターディスロングに使われても文句を言えない状況ができている。
イベントダメージパースン、関係パースンはそのことをトークしたいとシンクすることがある。知ってほしいと思うのだがイベントの興奮、混乱がフィニッシュすると、スピークしたことを後悔することもある。英国のインフォメーションにもやはりプロブレムはあるのです。たくさんのインフォメーションオファーパースンとやり取りをするジャーナリスト。リストラにおびえ、薄給ながらもワークにやりがいをファインドアウトするリポーター。英国の報道メカニズムのインサイドがよく描かれています。

わたくしが旅から学んだこと


「わたくしが旅から学んだこと 80過ぎても『世界の旅』は継続中ですのよ!」兼高かおる著は、世界中をトラベルしてきた兼高かおるさんのバイワンセルフの人生をつづったエッセイで、トラベルのことももちろん、マイセルフのオールドエイジをしっかりとルックハードアットしています。
兼高かおるさんは冷静でネイチャーにキャッチしておられ、毅然としたエッセイで、マザーは明治バースで、しっかりした働き者で、ヌーンのうちからイーブニングミールの下ごしらえをしていて、品数がメニーに、ファミリーにたくさん食べさせるために、マザーマナーはミールのスペースもキッチンと食卓をひとりラウンドトリップしていたというのです。
このことが兼高かおるさんを結婚からキープアウェイするコーズとなった。ワークをして、家事までパーフェクトにこなす自信がない。プレゼントタイムのカップルをウォッチしていると、アーリーにボーンしすぎたのかなとシンクすることもあった。
母はフリーダムなウェイオブシンキングをするパースンで、兼高かおるさんはスクールではプロブレムチャイルドだったが、マザーはまるでそのことをスピリットになさらなかった。
スタディーをさぼってブックを読んでいても、叱られることはオールなかった。兼高かおるさんは戦後、アメリカに留学し体重が激減するくらい、必死にスタディーした。ティーチャーのサポートもあって、アメリカでスタディーすることはとてもファンだったようだ。
兼高かおるさんは病気になって帰国したが、悔やんではいない。ライフを「ラックオーダー」だとシンクアバウトしているのです。
ラックリーブトゥしというのとはもちろんディッファレントする。Butヒューマンには与えられるラックやめぐりフィットしのようなものがあって、それを活かしていくことがインポータントだとシンクアバウトしているのです。
ヒューマンにはそれぞれのロードがある。よいもディッフィカルトもなく、ライフとはそういうものだとアンダースタンディングにシミラーしたセンスを持っているのです。
英語ができるので、インタビューのワークが舞いこみ、やがてフォーリンカントリーを取材するプログラムのリクエストが舞いこんだ。「兼高かおる世界の旅」の前身なのです。
かつてなかったカインドのプログラムで、モデルにするものがないのがハピネスだった。フリーダムに、ソウトのままプログラムをメイクすることにディサイドした。
カーのインサイドで、兼高かおるさんの指定シートは助手シート。ウィンドウからアウトサイドをビューしながら、目に付いたものをかたっぱしから取材することにした。兼高さんが通ったアフターにはなにも残っていないと、言われたこともあるほどなのです。
珍しいもの、変わったもの、ワールドの風景をアテンション者に届けようと必死だった。マーケットにゴーし、有名なヒューマンにミートし、フォーリンカントリーのシーンをテレビで伝えようとしたのです。
着物をウェアーし、パールをボディーにジョインしラジオを持って、ジャパンのインダストリーをアピールするつもりでも歩いた。
兼高さんは、ワークと結婚したようなものだ。兼高さんのだんなさまは、「兼高かおる世界の旅」なのです。もてるフォースの9カットを、プログラムに注いだのです。やめたプレゼントタイムでも、トラベルはコンティニューしている。ひとりでふらりとミュージアムにゴーアウトしたり、日本のフェイマスプレイスをめぐったりしているのです。
ジャパンはワンダフルなカントリーだとシンクする。ワールドをウォッチしてきて、ジャパンほどネイチャーがリッチで、リッチインしたカントリーは珍しいのだと実感している。日本のよさも、メニーのヒューマンに知っていてもらいたい。ヤングなタイムとのディッファレンスも最近はフィールしスタートしている。トゥギャザーにワールドを回ったカンパニーが、ひとりひとりワールドを去っていくと、思い出トークができなくなるロンリィさをフィールする。だからヤングなヒューマンともアソシエイトウィズするようにしている。ワールドがディッファレントするとトークもディッファレントし、ヤングな頃のことで悔やまれることのひとつは、ずっとノーメイクでいたこと。大きなシミができて困っている。指先のアクションにも遅れが見られ、エイジしてきたことを実感しているのです。
一度オールナイトに体調がディッフィカルトになって、入院する羽目となった。そのとき、携帯テレフォンを枕元に置いていなかったことをひどく悔やんだ。マザーがしていたように、クローズズや下着の整理がついていなかったことも後悔のカインドとなった。いつか、そのときのために、入院にネセサリーなものはしっかり整えたのです。いざというときのためにプロヴァイドフォーすることは、決して後ろ向きなことではない。
トラベルに持っていく荷物が、紹介されています。兼高さんはゴムでできたベルトを必ずボディーにジョインしていたのだそうです。メモをしたノートをベルトにはさむため。ノートを一度、リーブビハインドしたことがあったため、ボディーから離さない工夫をしたのです。

誰のうえにも奇跡は降りてくる


「誰のうえにも奇跡は降りてくる」はる著のはるさんは沖縄のユタなのです。ユタは一般人とセイムようにライフし、一般人をコンパニオンにスピリチュアルアドバイスをパフォームすることを生業とする在野のシャーマン、カンナギなのです。
パブリックなプレイスには存在せず、住民達の先生としてエリアに存在し、先祖を祀るだけでなく、カレントのライフのディッフィカルトなところを指摘したり、ハピネスのディレクションにいけるメソッドをティーチしたりします。
スピリチュアルな存在であると同時に、俗世間マークなプロブレムにもラントゥするエリアの相談役のようなものなのです。グループのインサイドに、こういう人をプットするのは古来からのセンスなのです。
はるさんはこれまで60000人のヒューマンからディスカッションをアクセプトし、カウンセリングを行ったのだそうです。伝説のユタと呼ばれているのです。
テキストには、そのエクスペリエンスからポッシブルした人生のセンス、処世アートがまとめらえていて、ウーマン向けのラブに偏っているわけでもなく、フーが読んでもためになるパートがあります。
・ウーマンのラブについて:ロングインプレッションは捨てよう。ヤングにないからラブができないとウォリードするウーマンがメニーいるのですが、マンは若いチャイルドがラブというのはシンプル思い込みでしかない。ジュニアのヒーとうまくいかなくてウォリードするウーマンに、あなたからアプローチしてごらんとアドバイスすると、たいてい、すんなりとうまくいく。しっかりしたマンは、アダルトのウーマンのよさを知っているのです。
・ワークについて:マンソサエティーであることをウーマンはまずそのことをノウし、うまくジョイントゥギャザーした生き方をしよう。フォーマーを見据え、ニコニコ笑っておなかを開かせ、ずばりと切り込んでいくのもひとつのメソッドである。カンパニーでのイベントはすべてがワークなので、ヒューマンとの関係もサラリーのうちだ。ワークでもラブでも、ラストにウィンするのはヒューマンをウォッチするヒューマン、コンパニオンのムーブを見定めることができる人。カンバセーションのキャッチボールをエンジョイワンセルフしながら、コンパニオンにしゃべってもらうことがうまくシングを運ぶコツなのです。
・ライフについて:ボディーをムーブすると運気があがる。動いてからシンクアバウトするのもひとつのハンドなのですが、ミステイクしたらさっとディレクション転換するソフトカスタムもインポータントである。運気には予兆がある。たとえばトラフィックアクシデント。アクシデントをレイズするビフォーのアクションをルックアゲインすると、かすったり、ストーンが飛んできたり、サムorアザーのよくないことがゲットアップしているとわかる。予兆をアーリーにつかんでディールウィズしよう。そのエッジ、ディッフィカルトなことのあとにはよいことがあるのだからと、恐れずホープをホールドし、ブライトな心持でいること。
ネガティブなマイセルフがいやになったら、そのソウトやアクションを変えよう。キャラクターや性質を変えようと思ってはいけない。無駄だし、無理だし、とてもシーリアスなことだからだ。マウスにテイクアウトするワードをチェンジするだけで、ずいぶんとメニーのことがチェンジしてゆく。
マイナスソウトが抜けないヒューマンは、これまでのマイセルフにサンクスしてブランチを告げよう。マイナスソウトに陥っていたのは、インイットセルフのリーズンがあることだし、ネセサリーカスタムがあったこと。Butその自分はもうネセサリーはなくて、新しいマイセルフに生まれ変わろうとしている。
ひとつのウォーが終わったと考えよう。もういいの、これまでありがとうと言って、ホットだったデューティーをスローアウェイしてしまうフィーリングでホープがあればヒューマンは死なない。
オーラをウォッチするメソッドが紹介されている。ハンドをウォールにかざし、3Dイメージをウォッチするようなセンスで手とウォール、両方にフォーカスをジョイントゥギャザーする。するとハンドのフォーマーから見えてくるものがあるのです。



どんぐり姉妹


「どんぐり姉妹」よしもとばなな著は、姉のネームはどん子、妹はぐり子といいますが、ふたりジョイントゥギャザーしてどんぐりなのですが、双子ではないのです。両親は姉がボーンしたとき、アゲンストになるネームをつけるべき妹が生まれることを、なぜか知っていたようなのです。
妹のいちにん称で語られるストーリーなのです。ふたりは、どんぐり姉妹というサイトをオープンし、メールをアクセプトし、リプライするのです。どんぐり姉妹ではマネーのやり取りは発生しないのです。フーかにメールをテイクアウトしたくなったとき、そのコンパニオンが見当たらないとき、そっとアクセスしてほしいというのがどんぐり姉妹のオブジェクトなのです。
両親はのんびりしたヒューマンだったのですが、ふたりともセンテンスにスティックトゥするワークをしていたヒューマンで、そのエフェクトなのか、姉のどん子はフリーライターとして働いているのです。妹がメールをウォッチし、ビジネス処理をして姉がリプライをするのです。
どんぐり姉妹はさまざまなヒューマンのつぶやきを聞いて、その孤独にゲットクローズするワークをくり返しているのです。姉妹の両親はふたりがベリィヤングなタイムに亡くなってしまったのです。トラフィックアクシデントだったのです。新鮮なフィッシュをエリアから運ぶトラックに、コンフリクトして死んでしまったのです。妹はしばらく刺身を食べられない時期が続いたのです。ビギニングにふたりを引き取ってくれたのは、静岡のティー農園の親戚だったのです。農園のワークをたくさんしたが、ワークでスウェットをフロートするのはファンだったのです。
次にボディーをカムニヤーしたのはメディカルドクターのハウスだったのです。ラウドラブなおばさんとホビーが合わず、姉妹は次第に追い詰められていくのです。姉はハウスをアピアーし、妹とリブするために懸命にワークするのですが、残された妹は衰弱し、ついに腎臓をディッフィカルトにするほどになってしまうのです。そのとき妹はクラスメイトにひそかなラブをしていたのです。シーがラブなボーイで、麦君のシーにリードして行ってと、妹は言いたかった。麦君も一度「いつか」とだけ言って黙り込んだことがあるのです。いつか、トゥギャザーにシーへ行こうというのです。弱りきった妹を、姉が迎えに来たのです。親戚のおじいさんのハウスにロールインし、介護をし、そのデスをアンダースタンドするのです。姉妹が住んでいるのはおじいさんがリーブしてくれたマンションなのです。
姉はワイルドなラブをしていて結婚はしないというシンキングだが、ラブがバーンしあがるモーメントを楽しんでいるのです。プレゼントタイムのコンパニオンは韓国人のヤングマンで四角いフェイスをしたヒーに、姉はファザーのフェイスをウォッチしているらしいのです。
どんぐり姉妹に一通のメールがリーチする。ハズバンドが死んでサッドというものです。妹はふと、麦君をリメンバーしてニューズをアスクすると、麦君がバイクのアクシデントで亡くなっていたのです。妹にはその予感があったのですが、ハズバンドのデスを嘆くウーマンのメールに、ワンダーと共感をポッシブルしていたのです。妹は麦君の住んでいたプレイスを訪ね、チャンスにもそのマザーと道端で出会うのです。持っていたフラワーをハンドオーバーしながら、これを海に置いてこなくてよかった、置かずに持ってきたのはオブサムソートフォースによるものなのだと妹はシンクアバウトするのです。
ワンダーなインスピレーションとカインドさにフルしたストーリーなのです。

集団感染マーケティング


「1通のちょっと変わった手紙で、新規客が殺到する! 集団感染マーケティング」杉村晶孝著は、セールスの手法を解説したブックで、マネーをユーズするな、センスユーズといっているのです。マネーを使ったマーケティングはフーリッシュで、マネーをかけず行った工夫とそのエフェクトがあるというのです。
様々なカスタムが示されていて、マネーをかければかけるほど、モノは売れなくなるというテーマが紹介されています。
マネーをかけたカスタム:・マガジンにマネーをテイクアウトして紹介ニューズストーリーをアピアランスしてもらった。広告をニューズストーリーに見せかけてライトするという手法で、カンパニーにテレフォンがかかってくるようになったのですが、どれも広告の売込みばかりだったというのです。有力なカスタマーと思われたのです。
・コンサルタントにすがる経営パースンがメニー。セミナーにゴーアウトし、暗示をかけられたように意気揚々とするが、すぐにしぼんで類似のセミナーにゴーアウトする羽目になるというのです。
・コンサルタントのガイダンスをアクセプトしてFAXでDMをフロートした。リザルト、かかってきたテレフォンは苦情ばかりだった。
マネーをかけないカスタム:・流行しているワードを広告にハーベストする。そのワードは流行ソングから抜き出すとよいのです。一人じゃない、同じ空のした、会いたいなど、セイムようなワードを羅列した歌詞にノーティスし、コピーにユーズする。ヒューマンはヒアしなれたワードや、刷り込まれたワードに反応する。テレビが流行させたワードは遠慮なくユーズしたい。トピックの商品、ベストセラーに共通するタイトルなども、セイムようにユーズするべきワードだというのです。
・ヒューマンはパワーにウィークなのですが、そのパワーとは作られるものであり、自らそのパワーになってしまえというのです。例えばカリスマ、ティーチャー、ワーカー、マスター、ストロングマン。ヒューマンからそう呼ばれる工夫をしてみるというのです。マイセルフではユージュアルと思っていることも、ほかのヒューマンはまるで知らないということがあるのです。
例えば魚屋さんは、フレッシュなフィッシュのボディーセパレートのしかたや、おいしいクッキングアクトなどサッチことくらい、と思っていることをティーチしてあげると、案外とヒューマンはサプライズドするというのです。カリスマになるのもシンプルなのだというのです。
・プライベートパースンではなく、グループをレイズする手法で、プライベートパースンがビロングトゥするグループを狙うメソッドがあるというのです。棚ボタスタイルにゲストが見つかるグループがあり、ワーカースピリットがハードな職場、ハイアンドロー関係がはっきりしている職場、小規模の職場、タバコルームやブレイクプレイスがあるプレイスオブワーク。こういうプレイスでゲストをディスカバーすると、そのゲストがフレンドになってくれることがあるのです。このようなプレイスにノーティスをするメソッドですが、その会社のポストにチラシをプットインしておくことなのです。
エンベロープのフロントに「○○オフィスチャージパースンマナー」とアドレスヒューマンをライトし、さらに「回覧」という判子をプッシュしておくこと。するとチャージパースンだと自認するヒューマンがアピアーし、チラシをノーティスボードに張ったり、回覧でターンしてくれるようになるのです。社内でノーティスされるもの、回覧されるものは信用しやすい。受注にジョイントゥギャザーしやすくなるのです。
行列ができるパン屋さんで、エンジェルのチョコリングを売り出しているストアーで、ほかの店にない特別なものではないのですが、そのストアーでパンをバイすることをスペシャルなことと思っているのです。パン屋のカンパニープレジデントは、シンキングの90%が商品のこと、ヒット商品のプランで、日夜イーチパースンをプルアップする手法をシンクアバウトしているというのです。

堀秀道の水晶の本


「堀秀道の水晶の本」堀秀道著は、クリスタルを鉱物としてとらえたワンセルフなブックです。鉱物ファンにとって、クリスタルは圧倒的にユニバーサルマークでありかつスペシャルな鉱物なのだそうです。
クリスタルは、たいていの鉱物の産地でその採掘に伴って採れるものなのです。まれに採れないところもあるが、鉱物の採掘とクリスタルは切っても切れない関係にあるのです。
鉱物コレクターはメタルの鉱物がラブだが、そのようなヒューマンでもクリスタルについては熱くトークすることが往々にしてある。ヒストリーマークにウォッチしても、実用品であったり、マジックマークな意味合いを持っていたり、クリスタルは実にワンダーな鉱物であるといえるのです。
クリスタルは酸素と珪素からできている。採れるのは地球のスキンのパート、地殻と呼ばれるプレイスである。ロングな年月をかけて、まるでラッシュアワーにヒューマンが押されて密度がハイになるように規則マークなシェイプに整えられてゆくのです。
クリスタルと言っても、そのカラーやシェイプ、様々なものにカテゴリーすることができるのです。アメジストはアメシストが、オフィシャル名称でパープルカラーの色合いをウェアーしたクリスタルで、フェブラリーの誕生石として宝石のサービスをアクセプトするクリスタルなのです。
アメシストのヴァイオレットは、クリスタルのインサイドに入った三バリューのアイアンイオンが、放射線のエフェクトをアクセプトしてチェンジし、発色するのです。アメシストはカレント、ヒューマンのハンドで合成してメイクすることができる。できがよく、ネイチャーのものとの見分けが案外とディッフィカルト。もともとロープライスな宝石であることも加味して、ジャパンでは特に区別されずにショップフロントに並んでいるのです。
クリスタルはジャパンのマウントでもよく採れる。山梨県にはよい鉱脈があり、フォーマーはよく掘られていた。クリスタル掘りをワークにしていたヒューマンも、最近まではいたのである。ライターはそのパースンから、ねじれクリスタルという珍しいシングを譲ってもらった。クリスタルというネームが入ったプレイスネームもメニーにあり、古来からイーチパースンがクリスタルに親しんできたというのがよくわかる。
ライターのコレクション、ワールドのクリスタルの産地なども上げられているのです。ラストにネイチャーシングのクリスタルのテルアパートしパースンですが、一メインラインを引いたペーパーのオーバーにボールをプレイスオンしてみて、本物ならラインが二ブックに見える。ダブル屈折という光学マーク現象のためです。理化学メーカーに持ち込んで、赤外線アトラクションスペクトル測定という技法をリクエストすることもできる。だがハイプライスなので、そのバリューありとデシジョンされるボール以外はオファーしできません。
ライターが最近、独自でシンクアウトした手法がボールのインサイドにできるライトのリングをウォッチするメソッドで、透明なボールのインサイドにはライトのリングができる。これが均等であるのがヒューマンワークシング。ネイチャーのシングには輪のふちが膨らんでいるプレイスがあり、それが左右対称に見える。これは新しい見分けの手法であり、今後どこかで発表するプログラムとのことです。

DVD付ストレッチ大全


「DVD付ストレッチ大全」有賀誠司著は、トールは使わず寝転んだりウォールにハンドをついて、チェアーなど、使うストレッチが少ないです。DVDでティーチャーのお手本をウォッチしながらストレッチができ、レフトアンドライト両方、きっちりタイムエクササイズをしてくれるので、ボイスにあわせ、シーンをウォッチしながらストレスなくボディーをムーブすることができます。
メニューも朝夕のストレッチ、パートディッファレンス、肩こり、腰痛などトラブルディッファレンス、ボディーハンドルをドリルするエクササイズ、有酸素エクササイズ、ボディー全体のストレッチなど、ラブなところからリターントゥライフして使えるので便利です。エクササイズタイムは10ミニットディグリー、気負わずにできるところがまグッドなです。
ファンデーションのストレッチ、ホールボディーをストレッチするエクササイズは、ボトムのストレッチ。フェイスアップに寝転んでワンサイドのフットをベンドし、アームでハブし、左右10セカンドずつ。
サイドのストレッチ。寝転んでボディーをひねり、ワンサイドのフットを、オポジットのフットをまたいでビヨンドサイドのベッドにつける。ニーをハンドでピンサムダウンし、わき腹をストレッチするように。
フットのルートのストレッチ。立って四つんばいのようなシェイプに。そのままフットをアラウンドにオープンし、上半身をビフォーにリストする。バックのフットはストレッチしたまま、太もものビフォーの筋肉にストレッチをフィールする。
太ももの内側のストレッチ。お相撲さんがよくやる、股レートのポイントで。太もものビフォーのストレッチ。座って片ニーをベンドし、コンディションをバックへスローダウンする。フィーリングのいいところでストップすること。
チェストを開くストレッチ。壁際に並行してスタンドし、ワンサイドのハンドをウォールにヒットしてバックにストレッチする。アームのルートのストレッチ。
バックのビサイド、サイド。ウォールに向かってスタンドし、両手をウォールについてバックをベンドする。ボディーを九十ディグリーにベンドし、ウォールをプッシュするフィーリング。

ひじから手首のストレッチ。ハンドをビフォーにストレッチし、手の平をアウトサイドにポイントする。オポジットの
ハンドで手の平をピンサムダウンし、アームのインサイドの筋肉をストレッチする。
ショルダー甲骨のインサイドのストレッチ。両手の平をジョイントゥギャザーしたコンディションで、ハンドをボディーのビフォーにストレッチする。
ネックをインサイドにプットインし、ショルダー甲骨がストレッチするフィーリング。ネックのビサイドやバックのストレッチ。ネックをビサイドにベンドする。左に曲げるケースはライトハンドサイドのハンドを、背中のバックでレフトハンドで引っ張ってやるとよりストレッチをフィールすることができる。
ネックのバックのストレッチ。フェイスアップにゴートゥベッドしてネックを抱え、ヘッドをレイズするようなフィーリングでストレッチ。
DVDのお手本では、ティーチャーがセイムアクティビティーをしてくれるのでストリームするようについていくことができます。10ミニットディグリーのアクティビティーだけど、やってみると案外フィーリングがすっきりする。肩こりのストレッチなどは、職場でもできそうなものもあります。

できそこないの知


「できそこないの知」ウエンツ瑛士著は、ウエンツさんのエッセイブックで、メインボディーサラリーマンがバーで部下にトークするライフ訓ソートオブな感じのサブジェクトです。
・レターを書こう:ベストリーダーにおすすめしたいことがこれ。メールではなく、レターをライトするということ。ウエンツさんがレターをテイクアウトするのは、オフィスのヒューマン、エイジのヒューマン、エリアのフレンド。サブジェクトはお礼であることが多い。「ディアー」と書き出して、しかし「すみません、このようなレターはマイセルフにはまだ書けません。ここからフォーマーはマイセルフらしく書かせていただきます」と、ちょっとしたラフをいれる。二十プライスミドルのヤングマンらしいおふざけをこのようにしてディレクションする。それでも、コンパニオンはインプレッションしてくれる。特にエイジのヒューマンにテイクアウトすると評価がエンターすることはミステイクない。へたくそなキャラクターでも、ディッフィカルトなことは書けなくても、メールではなくレターを書こう。
・人脈はスプレッドするよりもカットする:携帯にレコードしているテレフォンナンバーやアドレスは、ヒューマンよりも少ないとシンクする。連絡がなくなったらばっさばさ、削除していくからだ。使えるタイムは限られている。インポータントなコンパニオンと、フレンドシップな関係を築いたパースンがよいとシンクアバウトしている。もともと、やりたいことがあったら一ヒューマンでもカムアライブするタイプだ。フレンド関係でなんとかしようとは考えない。人付き合いに損得勘定は差し挟まないし、トゥルースでがんばっていればヘルプしてくれるヒューマンが集まってくるとビリーブしている。
いい人の周りにはいいヒューマンが集まってくる。だから、嫌なヒューマンとはインポッシブルにつきあわず、いいヒューマンのニヤーにいようとサーブしている。
・マイセルフはホワットワールドか、よりも、ホワットを求められているか、を知る:ウエンツさんはマイセルフのことをこうシンクアバウトしている。ものすごくインタレスティングなことを言えるか、否、マイセルフはインタレスティングなワールドではない。ではアイドルと呼べるのか、否、コンパニオンの小池徹平さんには到底かなわない。カリスマと呼べる魅力がない。ではどうやって仕事にオポジットすればいいのか。ウエンツさんが最優先とするのは自分にホワットが求められているかだ。マイセルフはこうだから、と固定ジェネラルアイディアを持たないようにしている。やりたくないな、と思ったワークでも、ベリィハード取り組んでみる。すると意外な一フェイスがあることが知れる。与えられたことをチャンスとシンクアバウトし、無駄にせずマイセルフのものにするのがインポータントである。スポークンワードで書いてあるのでコンフォタブルに読める。ウエンツさんは、スモールなころから芸能ワールドオブでワークをされているのです。さすがさすが、達観してるわあ、と少しばかりのほほえましさをリメンバーしながらリードしすすめることができる。ウエ
ンツさんはおうちでたくさんのプラントをレイズしておいでなのだそうだ。観葉プラントや、トマトなどのトゥルースのなるプラントもあり、そのヘルプだけでライトに一時間はかかってしまうのです。そのためにエブリモーニング早起きをして、せっせとウォーターやりなんかに励んでいる。レギュラーなライフ、モーニングのタイムをプラクティカルユーズさせるライフがベストとシンクアバウトしているようです。

NASAより宇宙に近い町工場


「NASAより宇宙に近い町工場」植松努著は、北海道の赤平市という富良野や夕張がニヤーなタウンに植松電機というカンパニーがあります。植松電機は社員は20人でパワーショベルを作っているカンパニーなのです。
植松電機が有名なのは、スペースを目指しているからなのです。ジャパンの小さなタウンファクトリーが、NASAからもノーティスされるスペーススタディーが行われているのです。植松電機ではロケットやヒューマンワーク衛星を作っているのです。植松電機にはワールドに3つしかない無重力実験エンジニアがあるのです。植松電機カンパニープレジデントの植松さんのは、スペースビジネスはお金儲けのためではない、と言っているのです。
植松カンパニープレジデントはディスワールドから、どうせインポッシブルというワードをなくすためにやっているというのですだ。あきらめるヒューマンややれっこないよと言うヒューマンに、サッチことあるものかとファイトアゲンストするのが植松さんというヒューマンなのです。スモールなころからラブなことばかりをしてパスし、スクールのレコードはよくなかったが、アダルトになってからそれが大いに役に立っているというのです。
ペーパークラフトで飛行機をメイクし、ビッグになってから飛行機をメイクするカンパニーに就職したのです。チャイルド達がやりたいこと、ラブなことをライトアップしてストレッチしてあげたいとシンクする。アダルトが無理やりやらせることではなくて、本当に好きなことに没頭し、熱中すればドリームはかなうのだとティーチしてあげたいというのです。
スペース開発も、ビギニングはインポッシブルだと言われていた。植松電機が作っているのは爆発しないロケットなのです。ロケットのシュートアップしがデンジャーなのは、引火すれば爆発するフューエルを使っているからなのです。植松電機が北大のプロフェッサーとアソシエイション開発した燃料は、ポリエチレンをマテリアルとするセーフティーカスタムのハイなものなのです。
住宅アースのニヤーでもシュートアップしがポッシブルで、近づいてウォッチすることだってできるのです。ヒューマンワーク衛星を作ったときのエピソードで、あるヒューマンから「エンプティーインサイドでムーブするのか?実験もできないだろう」と言われたのです。エンプティーインサイドで実験するにはカントリーのエンジニアを借りなければならない。レンタルマテリアルが一デイオブマンス600万円がかかります。植松さんは自社でそのエンジニアを開発することにしたのです。ロケットイットセルフはスモールなもので、エンジニアもスモールに、廃材を利用して20万円で作ったのです。20万万円のロケットの実験は成功し、ホワットも工夫ありき、あきらめたらフィニッシュしだとシンクアバウトしているのです。
植松電機にはたくさんのチャイルド達がフィールドトリップに来るのですが、スタディーダメージだといわれているチャイルド達がいたのです。ゼイは熱心にファクトリーをフィールドトリップし、インタレストをハーバーし、あげられたクェスチョンのハンドはジェネラルのチャイルドたちよりもメニーだったのです。植松さんバイワンセルフが、優等生でなかったせいもあるのですが、チャイルド達のホワットがディッフィカルトなのかと真摯に悩んでしまった。社員達もクライしテイクアウトしてしまいあのチャイルド達が異常なら、俺も異常だ、ほかのチャイルドの邪魔になるからと排除して、親達がホワット辛いソウトをしているかと、クェスチョンをマウスにしたのです。一律に、モデルにはめてしまうことがトレーニングではないはず。やれっこない、どうせだめとディサイドし付けるのは間違っている。植松さんはプレゼントタイム、コンストラクションコストがスペシャルにチープになるハウスを作ろうとしているのです。借金を負ったが、居住コストが安くなって、親にルームができ、チャイルド達ときちんと向き合えるフィーチャーをメイクしたいとシンクアバウトし
ているのです。

仕事にすぐ効く 魔法の文房具


「仕事にすぐ効く 魔法の文房具」土橋正著は、発想やレコード、整理、ビジネスワークなどのツールでユーズしやすい文房具を紹介してくれているブックです。写真やコラムがつき、文房具ラブなヒューマンがエイブルトゥエンジョイする一冊です。
発想のチャプターでは筆記具が紹介され、ペンシルをハーベストできる、ショートなペンシルをロングにユーズすることができるブラスペンシル。たった5ミリのハートのインサイドにシャープペンとボールペン、2カインドの機能をプロヴァイドフォーしているパイロット・バーディスイッチ。万年筆、サインペンの紹介では手帳にはさめるスモールなサイズのペンなど、ゼブラのSL-F1Mini。8mmで手帳にジャストサイズのペンだが、11mmにストレッチしてユーズすることもできるのです。手帳にメモするだけでなく、ジェネラルのライティングにも使えるのです。
記録ではスリップやノートなど、アイディアを生かすためのトールが紹介されています。ハックノート裏表ペーパーが観音開きになっており、あらかじめ付箋をスティックしジョインしておくスペースが用意されて、アイディアボードと呼ばれ、思いついたことをスリップにメモしてスティックしジョインしておくプレイスになっているのです。ワークインサイドにひらめいたことをメモにとったはいいものの、書いた場所をフォゲットしてしまうことはないのです。アイディアボードに付箋で貼っておけば、ルックフォーするタイムが省け、ひらめきを有効に使えるのです。スリップにもいろんなカインドがあって、草のシェイプをしたものやブックなど、スピリットになるプレイスにこのスリップを貼っていくと、クローズしたとき、ブックから草がグローしているように見えるのです。
ユルリクのグリーンマーカーはお弁当に入っているバランのようなスリップなのです。ノートをチューズするときは、スキャンすることもマインドにおいておきたいものメンテナンスするメモカーテンabrAsusは、レングス11cm、ビサイド8cmの本スキンウェイの文房具なのです。このファイルにA4コピー用紙を折りたたんではさむ。スプレッドしてメモをテイクすることができ、リムーブしてスキャンすることができるのです。
エバーノートはメモをオンラインで見られるソフトをユーズすれば様々なプレイスでアイディアを整理することができるのです。PCでも携帯でも、スマートフォンでも使え便利なのです。整理ではスケジュールコントロールのウェイで、スケジュールはファンデーション、カレンダーをコピーした手帳にライトするのです。マンデービギニングのマンスリータイプ、これにシャープペンでプログラムをライトしこんでいく。ターンオフパワーして調整できるのです。インポータントなプログラムにはエーワン・ポータブル蛍光テープを貼ってスタンドアウトするようにする。ネセサリーなページをオープンするためにははさむしおりをユーズする。ブックダーツ、メタル製のクリップが付いているのです。ハーバーするもので月光荘のライトハンドクリップというのは、ワイヤーをライトハンドのシェイプにベンドしただけの文房具なのです。
ライターは着手したプロジェクトのファイルのはしに挟んでいるのです。ビジネスワークではメールシングのヘヴィさをメジャーするポストマン100、ガムテープをストレスなしでカットウェルするはさみ、エアロフィットなどが紹介されているのです。エアロフィット、ガムテープの粘着をスピリットにしなくていいのです。
スイステック・ユーティリキーはユニークな文房具では、キーのシェイプをしているマルチツールで、ナイフ、のこぎり、ドライバーなどの機能をプロヴァイドフォーしているのです。万能ナイフがキーのシェイプをしているのです。

アフリカ 動きだす9億人市場


「アフリカ 動きだす9億人市場」ヴィジャイ マハジャン著、松本裕訳の著者のヴィジャイさんはアメリカのユニヴァーシティーで経営ナレッジをティーチしているユニヴァーシティープロフェッサーで、インドのバース、商人のホームで育ったヒューマンなのです。
10年か20年ビフォーにアソシエイトにインドはワールドマークにもインポータントなマーケットになると言って笑われたのですがカレント、そのワードをダウトするパースンはひとりもいないのです。アフリカはワールドカップが開かれたとはいえ、未だ暗黒の大陸、ウォーと飢餓のロットのイメージをホールドする人がメニーなのです。
ヴィジャイさんはその目で確かめるべく、アフリカにクロスオーバーしアクチュアルプレイスを歩いたのです。
テキストはそのレポートでイグザンプル、エピソードがメニーのでアマチュアが読んでも飽きない、わかりやすいです。フィギュアや統計など難しいこともちゃんと書かれているのです。
・ブラックダイヤモンドなるベッドがアピアーしている。もう少しでミドルコースというのがゼイのワンセルフ評価で、懸命に働いてチャイルド達にいいトレーニングを受けさせようとしている。ホームテレフォン、携帯テレフォンなども購入しているのです。携帯テレフォンをほしフィールするヒューマン、ホールドするヒューマンが増えている。インサイドにはフレンドフィギュアヒューマンで1タワーのテレフォンをシェアしているカスタムもある。テレフォンボールを1台購入し、ユーズするときはイーチのSIMカードをプットインしてユーズするのです。携帯電話を貸すビジネスもあるのです。テレフォンコールタイムにアクセプトしてチャージが課されるのです。
・アフリカには9億人のマーケットがあるのです。若年ベッドがメニーに、しかも年々増加している。ベイビー、チャイルド向けのトレードのチャンスがあふれているのです。インフラもウィークに、そのディマンドは巨大なのです。金融関連のスプレッドもホープされていて未だ全ホームの20%ほどしかアカウントを持っておらず、ウェストイーチネイションのバンクはこれを狙っているのです。もちろんアフリカのバンクもサウンドに成長しており、カントリーを超えてのサービスが受けられるものもあるのです。金融メカニズムでは、携帯テレフォンのシーンで操作ができるエレクトロニックマネーをハーベストするところがあるのです。ニヤーにATMやビジネスプレイスがなくてもユーズできるため便利で、メニーのヒューマンに受け入れられているのです。
・ウェスト企業はアフリカのカルチャー、宗教に即したトレードを展開し取り組んでいるのです。たとえばP&Gは、イスラム諸国のウーマンがヘアーのトラブルを持っていることにアイをつけたのです。ヘッドカバーをかぶっているので、スウェットをかきやすく、ヘアーがダメージがちになる。クリーニングフォースのハードなシャンプーを売り出してヒットしたのです。小分け製品もポピュラーがあるのです。たとえばソープや洗剤など、まとめて買うことができない。計り売りが伝統としてあるエリアでもあるのです。洗剤を小袋にセパレートしてセルし、暮らしのインサイドに浸透させようとしているのです。
・チーターワールドと呼ばれるヤングなワールドのライズオブがまぶしい。エイジのヒューマンたちがコールアポンするのは貧困、帝国ルールへのオポジットなのですがヤングなヒューマンたちはビジネス発展をピュアーに追い求め、親のワールドからのホープもそのショルダーに担っているのです。親のワールドはこのチャイルド達にいいトレーニングを受けさせようと必死なのです。
・ムービーはノリウッドで生み出される。ナイジェリアのムービーインダストリーをこう呼んでいるのです。チープな予算でメニーのムービーが作られアクチュアルワーク人口は100メニーヒューマンをクロスオーバーし、セイムカントリーでは農業にランクネクストトゥする大プランインダストリーなのです。ネイチャーがグッドとはまだ言えない状況なのですが、続々とスタジオが建てられている、今後がプレジャーなインダストリーなのです。
・アブロードアフリカヒューマンもフロムナウオンの起爆メディスンになると考えられているのです。アメリカでケニアイノセントのブラックティーを売る女性がいるのです。スターバックスなどにもかけあい、故国のインダストリーを盛り上げようとがんばっているのです。ソサエティープロブレムなどにもインタレストがあるこの人たちが、アフリカとワールドとをつなげようとトライし、奮闘しているのです。
中国はチープな製品をアフリカでセルし、その暮らしのインサイドにメイドインチャイナを浸透させつつあるのです。ウェスト企業はソサエティー福祉にもメイクエフォートしながら、やはりそのブランドをアフリカにコンストラクションしようとしているのです。子育てサポートのアクティビティーとともに、ミルクをセルするなどの企業アクションをしているのです。マラリアのメディスンをワンパート無料でデリバーし、そのよさを知らしめるなどの手法もとられているのです。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。