本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦役列車


「苦役列車」西村賢太著は、第144回芥川賞受賞作で、北町貫多は19エイジの日雇いの仕事で生計を立てているのです。自堕落なエブリデイだった。ハーバーのワークでもらえる日給は5千円バランスなのです。
1日働いては、マネーがなくなるまでワークをアブセントするというのが、北町貫多のエブリデイのパスしパースンなのです。北町貫多はミドルスクールを卒業したときにハウスを飛び出した。高校へはゴーしたかったが、レコードが足りなかった。グレートエフォートもしなかった。北町貫多のファザーは犯罪パースンなのです。がんばっても無駄だと、ヘッドのどこかでシンクアバウトしていたのです。
ジュニアハイスクールをアピアーしたばかりの少年が、働ける場所はほとんどなかったのです。ようやくディスカバーしたのが日雇いの仕事だが、これがよくなかった。日銭を稼いでだらだらとパスする癖がついてしまったのです。
北町貫多のエブリデイにチェンジがヴィジットする。日下部というヤングマンが、仕事場にカムアロングした。日下部も19エイジで、専門スクールのスチューデントだったのです。日下部はシーズンなマンで、たちまち貫多とも仲良くなった。うれしかった。北町貫多にはフレンドがひとりもいない。久しぶりにできたトークコンパニオンに、北町貫多のマインドははずんだのです。
執拗に酒にインバイトするようになる。いつもはひとり、チープなバーでちびりちびりとドリンクするだけだが、コンパニオンがいると酒がファン。セックスサービスにも連れ立って行った。日下部はいやがったが、それはかえって北町貫多の優越フィーリングをフィルするものとなったのです。のめりこんでいく北町貫多だが、ふたりのスペースには次第にずれがプロデュースしスタートするのです。日下部はまっとうなヤングマンだった。ワークにも熱心で、たちまちディッフィカルトなワークを任されるようになった。待遇にもチェンジがボーンするのです。日下部には、スチューデントとしての暮らしがあった。ワンルームマンションに住んで、北町貫多のほかにもフレンドがいる。シーもいるのだと聞いて、北町貫多はショックをアクセプトするのです。
北町貫多はプランをアンクシャスする。日下部のシーに、フレンドを紹介してもらえないだろうか。そうすればマイセルフにも、まともな恋人ができる。日下部がいるワールドに、入っていけそうなスピリットがする。シーと日下部、北町貫多は野球をウォッチしに行った。ミールにもゴーする。酒が入った北町貫多は、シーに対してエクスキューズミーな言動を取ってしまった。ウーマンを侮辱するようなワードを吐いてしまったのです。
北町貫多はそういうワールドだ。人付き合いができず、嫉妬ディープに、みじめでフーリッシュ。そのうちワークもクビになった。社員といさかいをレイズし、いられなくなったためです。何もかもうまくいかない。相変わらずのエブリデイがパスするだけだ。北町貫多のホープはただひとつ、ある私小説ハウスのワークをリードすることだったのです。

スポンサーサイト

世迷いごと


「世迷いごと」マツコ・デラックス著は、テレビにアピアーするウーマン有名人を槍玉にレイズした毒舌のエッセイです。マツコさんの語りを編集したもので、コタツでぐだぐだしゃべっているだけのようなブックです。
・広末涼子:孤高にリブするテリブルなタマのオンナ。広末涼子はロングなアイで見なきゃって思ってたの。アピアーしてきたタイムはジャパンのロリコンマーケットに合致するオンナだったわけよね。But奇行がインフォメーションされたり離婚をしたり、バッシングのストームにもさらされたわけよね。それでシーはワンターンビッグになったのよ。アタシの勝手な決めつけなんだけど、アクトレスやシンガーとして大成しようと思ったら、結婚なんかしちゃだめ。ホームのピースなんかポッシブルしちゃだめなのよ。アクトレスはリブしマナーをショーするのがワークなの。広末涼子は、ビギニング吉永小百合ソートオブになると思ってた。Butプレゼントタイムは、大竹しのぶにシミラーしてるとシンクするわ。狂気をはらんだウォーができるとシンクする。
・川島なお美:ブレイン細胞がヘルシーなオンナ。アタシフォーマーは、川島なお美を生き恥をさらして、哀れなオンナだと思ってたのよ。マイセルフのブラッドにはワインがストリームしているなんて聞いたときには、ワールドのエブリバディとセイムようにアレレと思った。Butこのヒューマン、いつの間にかキャラを定着させてしまったわね。ワインのイベントには必ず呼ばれている。川島なお美は、ワールドにどう思われようとスピリットにしないのよ。フールにされてる?なんて、シンクアバウトすることがない。ブレイン細胞がヘルシーなのね。マイセルフにインタレストのあることをピュアーに楽しんでいる。川島なお美をアンダースタンディングするのに10年かかったわ。ワールドの反応に対するスローさ、Butそのおかげで、ハスにかまえずファンそうにリブしている。すごいわ。
・沢尻エリカ:ファンに握手をせがまれたとして。長澤まさみだったら「キモイ」とシンクしながらもスマイルで握手してくれるよね。Butエリカだったら、薄気味悪いサーヴァントはきらいだってはっきり言うとシンクする。コンパニオンをちゃんとワールドとしてウォッチしてるのはどっちだろうね。沢尻エリカは、アクトレスとはホワットであるかがよくわかっている。生意気言って、チェンジなマンと結婚して、生きマナーをショーするのがアクトレスのライフ。あふれテイクアウトするものがないヒューマンは、魅力マークとは言えないの。ただ、離婚が少々アーリーすぎたわね。ベリィシンいマンと結婚して、インタレスティングになったところだったのに、アイがウェイクするのはオールレディーすぎだとシンクするわ。もう少しショッパイソウトをしてほしかった。とはいえ、今後もウォッチオーバーしたいところ。このヒューマンには、無人島に取り残されても、オオトカゲを食って生きのびそうなハードさがある。プレジャーだわ。
藤原紀香のことを「芦屋のマダムくらいでおさまっておけばよかったのに」と評していた。そこそこビューティフルパースンで、ボランティアにも熱心で、ぴったりだとシンクする。エビちゃんモエちゃん、寺島しのぶ、高岡早紀、叶姉妹、女子アナ、滝川クリステル、小谷真生子、など。下ネタというか、そのハンドのワードもメニーなです。やっぱこのヒューマン、ルックが男なんだなあってシンクする。だからアフレイドね。ワイドショー好きなパースンに。

きことわ


「きことわ」朝吹真理子著は、第144回芥川賞受賞作で、貴子と永遠子7つディッファレンスの幼馴染が、ホリデイハウスの後片付けをしました。といったフィーリングですけど、それだけでフィニッシュするのもさみしいですね。
葉山のトークでは、永遠子のマザーはホリデイハウスのコントロールヒューマンをしている。そのチャンスで、永遠子は貴子と仲良くなったのです。ホリデイハウスは貴子の両親の所有で貴子のファザーは外科メディスンで、ビジーにてホリデイハウスにはあまり来られないので、ヴィジットするのはマザーの春子とデューティーの弟の和雄、貴子の3人だけなのです。
永遠子はベリィヤングにて知らなかったが、永遠子がホリデイハウスを訪れるとき、春子はトラフィック費を支払っていた。7歳年少の貴子が、永遠子になつき、そばにいたがったからなのです。Butその交流も、春子のデスとともにストップし、春子はハートがウィークだったのです。
カレント永遠子は40歳、結婚してチャイルドがある。貴子は33歳、不倫のラブにウェアーアウトしてファザーとふたり暮らしである。ふたりがセルすることになったホリデイハウスの片づけをするのです。パーストとカレントが行き交うチャイルドのタイム遊んだシーのトーク、ミールをした蕎麦ハウスのトーク。歩いたロードにロード反射ミラーがあったかしら、なかったかしらと、ふたりはパーストの思い出をトークトゥギャザーするのです。永遠子はあるとき、マザーがファザーのほかに恋人を持っていたことを知らされた。ホリデイハウスのワークはアウトサイドにアピアーしてゆくためのリーズンだったのです。貴子にもマザーの思い出がある。マザー春子は、心臓病を患っていたのにタバコをやめられなかった。ファザーは黙認していたようです。
和雄は貴子のファザーをブレイムしたのです。メディカルドクターなのになぜホリデイハウスの片付けをしながら、封を切っていないタバコがワンカートンアピアーしてきて、和雄のビフォーでは吸えなかったのだなと、貴子はマザーを思いやるのです。
片付けは一日では終わらず、貴子はホリデイハウスにステイアットすることにした。そのイーブニング、かつてのヤングな姿でホリデイハウスをウォークする春子のフィギュアを、貴子は目にしたのです。母は病に冒されていた。ベリィヤングな貴子はいつもダイしおびやかされていたのです。マザーが亡くなったとき、ようやくそのフィアーから解放されたスピリットになったのです。永遠子はひとりハウスに戻った。リターントリップ、イーブニングミールのマテリアルを買って踏み切りにさしかかる。ぼんやり、エレクトリックトレインが来たことに気づかなかった永遠子だが、フーかにヘアーを引っ張られてディフィカルティをエスケープするのです。ワンダーなのは永遠子はチャイルドを産んでから、ずっとショートカットなのです。ネクストモーニング業者のハンドをボロゥして片付けをフィニッシュし、ふたりは弁当をスプレッドし、永遠子が作ってきたベジタブルの甘酢漬けがうまいのです。ファザーが蓮根を大量に買ってきていたなと貴子はシンクするのです。甘酢漬けのレシピを聞いて、ファザーのいるハウスに戻ってゆくのです。

日本人でも知らない!?外国人の大疑問


「日本人でも知らない!?外国人の大疑問」高橋陽子著は、ランゲージスタディースタディーのアルクのホームページなどにアピアランスされていたものでコミックエッセイで、フォーリンカントリーヒューマン留学生がジャパンについてのクェスチョンに思っていることをまとめたブックです。
ライターの高橋陽子さんがよくユーズされているコーヒーショップに、留学生のパースンがメニーなのだそうですが、日本人でもディッフィカルトなクェスチョンをぶつけられるというのです。
例えばアルバイトフォーマーのショップマネージャーがもうすぐフルマラソンにチャレンジします。励ましたいので『がんばって』の尊敬ランゲージをティーチしてください。フレンドの編集パースンがアンサーは、スタンドファームするとは、我意をスティックしレットパスするのことで、リスペクトランゲージはありません。お励みください、というのですが、目上のヒューマンにはちょっとエクスキューズミーなので『よいリザルトをお祈りしております』とするとグッドというのです。
ジャパンには、どうして『プレゼントタイム、もっとミートしたい』というフィーリングを表すワードがないのですか?:韓国では、恋人と会っているそのモーメントにも、もっともっとミートしたいという熱烈なラブ表現があるのだそうです。香港には、ものすごくものすごくミートしたくて、会えたらすぐハグしたい!というワードがありますが、ジャパンにはありませんね。すぐミートしたいだけでは少しロンリィというのです。日本語には、ラブにユーズするワードが少ないというのです。中国では『サーヴァントたちのミーティングは運命で決まっていたのだね』というようなことを、レギュラーマークに言っているというのです。韓国のマンは、おやすみの代わりに「俺のドリームをウォッチよ」と言うのだそうです。
漢字に関するエピソードでは、留学生にとって、漢字のスタディーは大変難しくいろいろな工夫をしているのです。「案」という字はウーマンのヒューマンがツリーの上に立ってロードをショーしてくれる、とリメンバーするのです。「殴」というキャラクターのライトサイドは、ハンドがディッフィカルトなことをする、というミーニングがあるのだそうです。だから「殺」にも使われている。ちなみにレフトはツリーに縛るというミーニングです。何気なく読んでる漢字でも、こうやってウォッチするといろいろと成り立ちがわかります。
あるウーマンは、サインに書かれている明朝体のレターが読めなくて困っているそうです。活字は読めるのですがサインなどのレターは飾りレターに見えるらしい。マイセルフたちが、アルファベットの花文字をウォッチしづらいとシンクするセンスのようです。ジャパンのバーではなぜお通しがアピアーしてくるのか。日本人はなぜブックにカバーをするのか。お花見はなぜ大騒ぎなのか。ティーアンダースタンディングのマナーは?改めて問われてみると、どうアンサーしていいか迷っちゃうことがメニーなのです。

宝くじ(超)当せんデータ「当たる人のルール」がわかった


「宝くじ(超)当せんデータ「当たる人のルール」がわかった」女性セブン編集部編集は、女性セブンが取材した高額当選パースンに共通する点をコレクトしまとめたワンセルフ啓発のブックに書かれているような内容です。
・リッチマンのまねをする:ライフや意識からチェンジするのですが、ラウドな暮らしをするというものではない。トゥルースのリッチマンは質素で、アッパーパートなマネーの使い方をしているのです。リッチマンのハウスはシンプルで、マネーに困っているヒューマンのほうが、ごちゃごちゃしたハウスに住んでいるのだそうです。チープさだけでショッピングをしない。ネセサリーなものをシースルーする。
・近所の神社にお参りにゴーする:氏神さまをディサイドしたら、チャンスにタッチしてお参りをし、「当選させてください」だとか「出世をひとつ、プリーズ」なんてウィッシュしパースンはしないのです。近況のリポートをして、これまでセーフティーにリブしてきたことをゴッドにサンクスするのです。そのほうがリザルトマークにうまくのです。
・トイレクリーニング:お金持ちのハウスはトイレがきれいなのです。カスタムづけてしまえばコンフォートです。モーニングの歯磨き、洗顔のストリームでトイレもクリーニングしてしまうのです。トイレのふたは必ずクローズすること。ボトムのウォーターからディッフィカルトなスピリットが発生するからだというのです。
・窓、カーテン、キッチンはきれいに:ファンデーションマークにハウスはクリーンにして玄関も、運気のエントランスなのでこまめにクリーニングをします。ウィンドウはアウトサイドのエネルギーをテイクインするプレイスである。カーテンはきれいにし、ガラスもぴかぴかにします。
・モーニングサンをシャワーする:様々な占いでもサンはフォースをホールドするものと定義しています。メディカルサイエンスマークにも日光はワールドによいエフェクトをコーズすることがプルーフされているのです。セロトニンの分泌がアクティブ化します。よくスリープし、姿勢をよくし、サンのライトをシャワーしてエブリデイのアクションにメイクアンエフォートする。エナジーのある暮らしにラックが引き寄せられるのです。
実際に宝くじをヒットしたヒューマンのレポートがあります。80歳になるマンのトークですが、兄がウォーでダイし、12歳年上の兄嫁と結婚することになったマンで、アングザイエティーな兄のウィルで、「近所の神社を建て直してほしい」と言ってフロントに旅立って行ったというのです。平成になってライフが落ち着いたタイムに宝くじを買いスタートしワイフもアプルーバルしてくれた。エブリイヤーに10万円ずつ、金額をディサイドしてバイすることにしたのです。平成20年にワイフが亡くり、夏に3億円が当選し、ワイフと兄が見守ってくれたおかげだというのです。神社をリペアーし7千万円以上を寄付したのです。次に当たっても、ワールドのためヒューマンのため、ユーズしたいというのです。

1坪の奇跡


「1坪の奇跡─40年以上行列がとぎれない 吉祥寺「小ざさ」味と仕事」稲垣篤子著は、吉祥寺にある和菓子店「小ざさ」というたった1坪の敷地に建つストアーには、1本580円の羊羹と、1個54円のもなかの2カインドの菓子しか売られていないのです。
特に羊羹はポピュラーなのですが、1日150本しか作られない羊羹をリクエストして、日の出前からラインができるのです。買える本数はひとり5本までなのです。
量産はしない羊羹の小豆は小さな銅アイアンポットで炊かれ、1回で羊羹50本分ができるのですが、1日3回の製造がリミットなのです。
ぐらぐらボイルする小豆を、大きなヘラでかき回し、ビギニングはライトが、次第に水分が飛んでヘラはヘヴィになる。コツがいる。アイアンポットのボトムより半紙1枚分のところ。スモールざさの小豆はワーカーのアートで練り上げられるのです。
小豆がヴァイオレットにシャインするモーメントがあるのだそうです。そのモーメントをポッシブルするために、カンパニープレジデントの稲垣篤子さんは30年の年月を要し先代であるファザーとともに、命がけでメイクアップしてきた味なのです。稲垣さんは戦前のバースで、ウォータイムインサイドは疎開するなど、ディッフィカルトなエクスペリエンスをしたのです。
和菓子店をスタートしたのはファザーの照男さんで、ウォーですべて失ったのですが、戦後再び菓子をセルするトレードをスタートしたのです。その頃菓子は自宅で作られていたのですが、稲垣さんがそれをフロートで販売するのですが、フロートと言えど、ストアーなのだからと、1枚しかないネイヴィーブルーのスーツをウェアーしてストアーに立ったのです。
ナローなプレイスで立っているのはホットだったがファザーは稲垣さんに厳しくシングがなくなったからとストアーをクローズするのはフロートのトレードのウェイだ。ここはストアーなのだから、決まったタイムはちゃんとトレードをしなさいというのです。
稲垣さんはカメラマンを志したこともあるのですが、ファザーのフィギュアをウォッチして育ったシーは、いつかストアーをサクシードするデシジョンをしたのです。結婚もしていた。ハズバンドには、マイセルフの食事はマイセルフでしてちょうだいねと宣言し、主婦業よりもワークに打ち込んでパスしてきたのです。エブリモーニングファザーとサービスをする。居間にシットし、よいグリーンティーを用意して、イエスタディ練った小豆をイートする。ファザーがアンダースタンディングするテイストができるまで、30年エブリデイ小豆と格闘してきたのです。
ファザーは糖尿病だったそうだ。メディカルドクターには叱られたが、このサービスだけはやめようとしなかった。ベストいいものをメイクする。この信念が、親子をサポートしコンティニューしていたのです。ファザーはファミリーと従業員のライフを背負っていた。そのデューティー感のハードさが、稲垣さんにもエフェクトを与えていたのです。ファザーが亡くなったとき、稲垣さんはトラブルマナー、そしてありがとうというワードしか思いつかなかったというのです。苦労しダイレクトのライフだったとシンクする。稲垣さんが、従業メンバーの暮らしを背負って立っている。エブリバディがヘルプしあうプレイスオブワークにしたいとシンクアバウトしている。カンパニーはファミリーのようなものなのです。ダメージパースンもポジティブマークにユーズしているのですが、助成マネーをもらうことはない。助成マネーをもらってしまえば、それだけのアソシエイションだと思ってしまう。そうではなく、ひとりのヒューマンとしてオポジットするのがユージュアルとシンクする。
小ざさの羊羹はポピュラーで、モーニング1時から並んで待つ人もいるというのです。エリアから、わざわざホテルに宿泊してバイしに来るヒューマンもいるというのです。平等に買ってもらいたいとシンクアバウトするから、稲垣さんはファミリー、親族にもスペシャルサービスはしない。稲垣さんのマスターも、その行列に並んだことがあるのです。いいものをオーネストにメイクしたいという、ワーカーさんの熱意が伝わってくるブックです。稲垣さんはイヤー78歳だが、今でもファインにバイシクルで通勤しているのです。読んで必ずファインになれるブックで、スイートなものがイートしたくなりまする。

月と蟹


「月と蟹」道尾秀介は、第144回直木賞受賞作で、メインキャラクターは小学生の慎一くんで、ファザーをガンで失った慎一くんは、マザーとふたりで、鎌倉の祖父のもとへボディーをカムニヤーしていて、プアーな暮らしをしていました。
祖父のワンレッグは義足で漁師だったフォーマー、シップのアクシデントに巻き込まれたのです。同じアクシデントで、慎一くんの同級生もマザーを亡くしていたのです。鳴海というリッチマンで、ポピュラーのあるウーマンチルドレンだ。鳴海のことがあるせいか、慎一くんはクラスにメルトイントゥすれないでいた。慎一くんの友人はただひとり、スプリング也という、大阪から転校してきたチャイルドだけです。
スクールがフィニッシュすると、スプリング也と連れ立ってシーへ遊びにゴーアウトする。慎一くんらのプレジャーは、ヤドカリをキャッチしてあぶりだすことであった。ライターのファイヤーをブリングニヤーして、ホットになったヤドカリが殻からアピアーしてくるのをウォッチしてエンジョイワンセルフするのです。
あるときふたりは、ロックのオーバーにくぼみがあるのをディスカバーする。ここでヤドカリをキープすることにした。そこはワンダーなプレイスだった。ウィンドがブロゥするとロックがうなるのです。ヤドカリをあぶってプレイする。残酷なプレジャーがあった。マネーがほしいと、何気なしに言いながらヤドカリをあぶると、ヤドカリは死んでしまった。その日、ふたりは500円を拾ったのです。ヤドカリをキルすれば、ウィッシュがかなうのかもしれない。慎一くんはいつか、ヤドカミさまというストレインジなネームでヤドカリをコールアウトするようになっていたのです。そのタイム、慎一くんはふたつの悩みをハブしていたのです。クローズフレンドのスプリング也が、どうやら虐待をアクセプトしているらしいこと。もうひとつはマザーが、鳴海のファザーとラブ関係にあるらしいということなのです。鳴海も気づいていたようだ。慎一くんに近づいてくる。やがて鳴海は、慎一くんと春也と、三人でロックのくぼみにゴーするようになったのです。
鳴海が慎一くんのハウスをヴィジットし祖父もマザーも、ユージュアルとディッファレントするステートをショーしていたのです。祖父はクリアーに酒量が増えていた。祖父はあの事故のことをトークしスタートするのです。祖父はチャイルドのタイム、怪我をしたフレンドを捨ててエスケープしたことがあったのです。フットをなくしたのはそのリターンかも知れないのです。鳴海はエスケープした。ではマザーも、悪行のリターンでデスに至ったのか。祖父はランアフターし、ターンオーバーしてヘッドにカットをベアーするのです。
鳴海が介在したことで、慎一くんと春也の仲にもディッフィカルトな隙間が生まれていたのです。対抗マインドと独占欲。よどむフィーリングをハブしながら、ふたりはヤドカリをあぶりコンティニューするのです。そのサービスだけが互いを結ぶものであったのです。
慎一くんはマザーをシャドーする。ファイナルなモーメントをウォッチした。春也は腕を骨折し、虐待がのっぴきならぬコンディションにまで進んでいたのです。ヤドカリをキルし、ヤドカミさまにウィッシュをこめるのです。慎一くんは鳴海のファザーのデスを願った。このとき、慎一くんは錯乱コンディションにあったのです。春也が慎一くんのため、鳴海のファザーをキルするのではないかと錯覚するのです。レスキューフロムするため、慎一くんはファザーが乗ったカーのビフォーにジャンプアウトした。ヤドカミとなった春也が、ファザーのカーに潜んでいるイマジネーションをしたからなのです。慎一くんはライフをとりとめ母とふたりで、鎌倉をリーブするのです。

島さんぽ


「島さんぽ」上大岡トメ著は、「キッパリ!」の上大岡トメさんがジャパンのアイランドをめぐるイラストオーディエンスのエッセイです。
屋久島までは、鹿児島からシップか飛行機でグッドアットし、上大岡トメさんは屋久島に着いてすぐに、レンタカーでアイランドをワンスアラウンドされたのですが、ハーフデイほどでまわれるのです。ネクストデイは縄文杉をウォッチしにゴーする。タオルをネックにウィンドし、シャツは二枚重ね、ステッキを持ってシーリアスマークな登山スタイルで。
縄文杉をウォッチするには、合計ラウンドトリップ10タイムもの登山がネセサリーなのです。トロッコラインに伝ってウォークし、ラインがフィニッシュするとマウンテンロードになる。サドンな斜面であるが、珍しい杉がたくさんあってゲットタイアードオブすることがない。中でも「ウィルソンシェア」という、樹齢300年の切り株が上大岡トメさんのインプレッションに残っている。インサイドが空洞で、立ったままはゲットインすることができる。ほかにもふたつのツリーが絡み合うようにグローしているものもあり、ネイチャーのすごさを感じさせられるロードだった。
ウォーターはストリームしているものをラブなだけドリンクマッチする。緑がむせ返り、マウントのスピリットがいるようなスピリットになった。樹齢1000年をクロスオーバーするものが、総じて屋久杉と呼ばれるそうです。
インサイドで縄文杉と呼ばれているものは、樹齢なんと、7200年をカウントすると推定されています。
フォーレストのインサイドにいると、ワールド以外のホワットかがいても、おかしくないと思える。上大岡トメさんはユージュアルはスピリチュアルなものなどに、そうインタレストはないほうだが、屋久島に来て少しだけシンキングが変わった。目に見えないインポータントなものはいっぱいある。屋久島は、サッチことがネイチャーに思えるようなプレイスです。上大岡トメさんはロングアゴーワールドがフォーレストのインサイドでリブしていたタイムの遺伝子が呼び起こされるようなスピリットがするとおっしゃっていた。このブックには、宿のネームとか、レジャースポットの名前とかがたくさん記されています。


台湾人生


「台湾人生」酒井充子著は、トラベル記ではないのですが、台湾がかつてジャパンのルールローグレードにあった50年というロングな年月のピリオドをリブしたヒューマンに会い、聞いたトークをまとめたドキュメンタリームービーにもなっているサブジェクトなのです。
ルールピリオドをめったやたらにプレイズするものではなく、差別があったり、軍国トレーニングを受けて徴兵に応じ、死んでいった台湾のヒューマンがいたりします。ボーンしたときには日本人で、そのままアダルトしたヒューマンが台湾にはたくさんいるのです。テキストにアピアーしてくるヒューマンたちは、そのようなピリオドをリブしたピープルなのです。
少年カーペンターとして、ジャパンの兵器ファクトリーで働いたマンがいる。ファクトリーのあったタウンをプレゼントタイムでもディアーにシンクし、第二のふるさとであるとシンクアバウトしている。アットザットタイム働いていた日本人とは、プレゼントタイムでも交流がある。ヒーは貧しい育ちだった。就学を断念しかけたが、日本人のティーチャーがマネーをテイクアウトしてくれたおかげでスクールに通えたのです。ティーチャーがなかりしかばと、ヒーは口癖のように言い、プレゼントタイムのマイセルフのライフはなかったというのです。恩師が病にターンサムオーバーしたとき、ヒーはジャパンまで来て看病をし、ティーチャーの最期のワードはもういいよだったそうです。
ビルマで戦った元ジャパンソルジャーがネイションアットウォー少年だったから、アーミーには自ら志願し軍での差別、戦友のデスをウォッチして、やはりウォーはいけないとシンクするのです。なんとか帰国することができ帰国アフターの暮らしは厳しいものでした。台湾は中国に占拠されて同胞が来たと、グラッドするボイスもシュアにあったのですが中国人のルールは横暴で、次第にジャパンのほうがましだとシンクアバウトするようになったというのです。暴動がゲットアップしたことがきっかけで、メニーのナレッジヒューマンがキャプチャされ、殺されサードディグリーをアクセプトした。デンジャラスに助かったが、弟が銃殺されるという悲劇をエクスペリエンスしたのです。
プレゼントタイムは観光ガイドのボランティアとしてアクションし、ヤングマンにトゥルースのヒストリーを伝えようとサーブしている。日本人が来ると、トレーニング勅語を印刷したペーパーをハンドオーバーするのだそうです。日本人には親しみがあるのですがジャパン政府にはアンダースタンディングがいかない。戦後台湾をフェイルし中国の顔色ばかりウォッチして、台湾の国連加盟を後押ししてくれない。ジャパンに対するフィーリングは、陳腐だけれど、愛憎ミドルということなのだろうかとシンクアバウトする。茶道も生け花も、日本人のヤングマンよりも知っているという自負がある。好きなソングはジャパンのソング。ブレイブなウォーソングがラブで、日本語の歌詞ですらすらとシングするのですが、ジャパンはゼイに報いなかった。捨てられた、なぜスローアウェイしたのだとブレイムするフィーリングが消えないのです。
アメリカよりも、中国よりも仲良くすべきはジャパンだとシンクするのに、台湾ヒューマンも日本人も、かつてセイムカントリーであったことを忘れ去ってしまっている。

禅的シンプル仕事術


「禅的シンプル仕事術」枡野俊明著は、ビジネス書「減らす技術」とはちょっと違っています。キーワードひとつに対して解説があり、とてもリードしやすいです。煮詰まっているときにふっと開いて、フィーリング転換ができそうなブックです。
・ていねいにブレスする。禅においてブレスは、最もインポータントなトレーニングのうちのひとつである。丹田(おへそのローグレードの辺り)に意識を集中させて、ゆっくり、ロングにシンにブレスをブリーズする。ブリーズしきったらネイチャーにスモークしたくなる。ブレスというワードは、スモークするよりも吐(呼)くというキャラクターがフォーマーに来ている。どっしりとしたブレスをくり返していると、フィーリングが落ち着いてくる。
・ためない「1デイオブマンスなさざれば、1日食らわず」というワードがある。働かざるパースン食うべからず、というミーニングではない。1日をベリィハード働いて、その日のミニットのミールをする。2日ミニットワークすることはせず、2日ミニットイートすることもしない。それが人間にとって、ベストサウンドなことだ。
・1デイオブマンス10ミニット、ぼーっとする。1ディグリーやってみてほしい。案外ディッフィカルトなことにノーティスするだろう。ホワットも考えないコンディション。禅では「ナッシングの境地」といい、このコンディションをポッシブルするために、プリーストは厳しいトレーニングにメイクエフォートする。私たちにそのネセサリーはないかもしれないが、ヘッドを休めることはインポータントなこと。座禅をプットトゥギャザーするのもいい。
・ことなるオピニオンにイアーをリストする。境内にプリーストがふたり。幡(吹流し)をウォッチしながら言い争っていた。「幡が動いているのではない。ウィンドが動いている」「いや、幡そのものが動いており、ウィンドは動いていない」そこにアピアーしたティーチャーが言った。「動いているのはウィンドでも幡でもない。ユーたちのマインドだ」
ソサエティーにはこれがライトと、言いカットウェルすることはない。シングの見方はさまざま。すべてを一度アクセプトし、自らのマインドにアスクしフィックスしてみよう。レオ・バボータさんの「減らすアート」は、ワークをいかにシンプルにするかという、ビジネス書寄りのブックだった。そのミーニングで「禅」が本当にアンダースタンディングされているのか、クェスチョンだったのはシュア。とにかくそのワークに集中すること。無駄なものをプレインすること。このことを荒削りに「ゼンっつったらゼンなんだからね!」と、言い切ってしまっていたかもしれない、と今になってはわずかにシンクする。それにコンペアーしてディスタイムは本当に「禅」だった。心構えを書いたもの。レイアウトがきれいでリードしやすい。カバーデザインもシンプルで、ちょっとディフェンスの手触りです。

チュートリアル福田充徳の家呑みレシピ


「チュートリアル福田充徳の家呑みレシピ」福田充徳著は、チュートリアルの福田さんのブックはトピックカスタムもたっぷりの一冊です。福田充徳さんのプライドのレシピを集めたもので、お酒がものすごくラブでほぼエブリデイ飲んでいる。ハウスでドリンクするのもラブで、あわせるクッキングもバイワンセルフでメイクするのです。簡単にできるものがメニーなのですが、手抜きではありません。ホームでマネできるものばかりです。
・ピッグキムチフライ:ピッグの薄切りミートにチーズとキムチを巻いて、パン粉をつけてリフトする。
・ちくわのバジルツナマヨ:ビニールバッグに水気を切ったツナ、バジルペースト、マヨネーズをプットインする。バッグのはしを切って、インサイドのバジルツナをしぼりテイクアウトするようにしてちくわのインサイドにプットインする。ちくわを斜めに切ってプレートにサーブする。
・イカ刺身の大根おろしマヨネーズ和え:大根おろしは水気をカットする。大根おろし、マヨネーズ、イカの刺身をボウルで和える。醤油でテイストを調えて。レッドペッパーをふるとよい。
・レタスの丸ごとしゃぶしゃぶ:レタスはハートをドリルする。ホットウォーターをわかし、ソルトと酒をプットインする。レタスを丸ごとプットインしてさっとゆでる。ゆですぎないように。たれは醤油、バルサミコ酢、みりん、酒、水をミックスして熱したもの。片栗粉でとろみをつけて。
・トマトとエッグのザーサイ炒め:トマトは乱切り、種をとる。ザーサイは粗みじん。溶きエッグにソルト、コショウをふっておく。フライパンにごま油、トマト、ザーサイを炒め、醤油、紹興酒、コショウでテイストを調える。エッグでとじてできあがり。福田さんはちょっとグッドさげなストアーではイイプライスをとるというメニューなのだそうです。
・うなぎのピカタ:うなぎは小麦粉をふって、溶きエッグにくぐらせる。フライパンで焼いて、うなぎのたれをかけてイートする。少ないうなぎでも満足フィーリングが得られるディッシュ。マンがメイクする料理はがっつり、ジャンクなものが多くなりがち。福田さんは、鍋物やスープで栄養バランスを整えています。
・いろいろきのこジュース:だし汁にライト醤油とみりん。テイストのきのこにチキンミートをプットインして。ほか、サムゲタンもメイクする。トマトスープもラブ。豚汁にはコチュジャンをプットインして辛味をくわえるとおいしい。
福田さんのクッキングのルーツは「美味しんぼ」て、プライマリースクール高学年のタイムにはまり、ワンアワーはクッキングヒューマンをドリームしたこともあったというのです。スーパーがラブで、ハウスをディサイドするときは必ずニヤーのスーパーを確認する。レイトなタイムに行って、食材がバリューになるタイムバンドがとてもラブなのだそうだ。ツナ缶、納豆、さけるチーズなどを家にリザーブしている。ひとりでドリンクすることはロンリィなことだとは思わない。ラブなものをイートして、ラブなようにドリンクマッチする。いいことだとシンクする。グルメプログラムをぼんやりウォッチしているのがラブだというのです。ホームでおつまみをメイクすることがメニーなヒューマンには便利な一冊かもしれません。



ミステリーの書き方


「ミステリーの書き方」日本推理作家協会著は、現代ジャパンをタイプするミステリーライター137名が、ワークに対するソウトを語っています。テーマはそれぞれでプロットの立てパースンだとか、キャラクターのドローしパースンだとか。文体についてのオピニオンもあるのですが、好きキッチンしゃべってるというインプレッションです。エブリバディライトすることがラブで、こだわりを持っている。そのこだわりを、余すところなくトークしつくしたのがテキストです。
・アドベンチャーストーリーの取材のウェイ 船戸与一:ストーリィもプロットも決めずにアクチュアルスポットへゴーする。写真も撮らない。メモもオブノーユーズ。ライトするときも、完全にストーリーをディサイドしてライトしスタートするわけではない。取材のトラベルで出会ったヒューマンたちをデフォルメしたアピアランスキャラクターが、こうしてくれとアドレスしてくる。
・ブスのオピニオンとフィーリングから 岩井志麻チャイルド:ソサエティーには四カインドのワールドがいる。1、ヒューマンからグッドウィルを向けられていて、ノーティスするヒューマン。2、気づかないヒューマン。3、人からグッドウィルを向けられていないことを、ノーティスするヒューマン。4、気づかないヒューマン。小説ハウスに向いているのは3のタイプのヒューマンではないか。
・ビギニングで読者をつかめ 伊坂幸太郎:アマチュアピリオドに書いたフィギュアをカスタムとして。ビギニングでリーダーを驚かせることに腐心した。メインビルディングにずらりとラインアップするブックのインサイドで、マイセルフのブックをハンドにとってもらえる工夫がしたかった。フーかにデリバーしたいというソウトがある。
・キーの埋めパースン 赤川次郎:ミステリーを書いてベスト苦労するのは、トリックや、どんでん返しをシンクアバウトすることではなく、キーをいかにして、リーダーのアイにつかないように、かつメモリーのコーナーにとどまっているようにライトインするのか、ということ。本当にどのライターさんもプロットにも、トリックにも、センテンスにも思い入れを持っています。使い方にも、それぞれの個性があり、ミステリーファンなら読んで損なしの一冊です。トリックについての解説、フィギュアストリート行人さんのは、よくわからなかったけど、マニアックでインタレスティングなムードです。ラストにバンドに書かれている東野圭吾さんは、どうやってワークをベアーしているのか。シングルワードで言えば、苦労して。

日本映画空振り大三振


「日本映画空振り大三振」柳下毅一郎・江戸木純・クマちゃん著は、毒舌ムービー評論では柳下さん、江戸ツリーさんともにムービー評論家でクマダディーとは、パズルの着ウィズキャラクターなのです。3人ともナレッジウェルスな語りなので、インタレスティングだけでなく、スタディーになります。
・フィッシングキチ三平:田舎でフィッシングばかりしている三平くんを、香椎由宇パフォームする姉がブリングバックしにやってくる。しかし姉はフィッシングのインタレスティングさに目覚め……。と、言ってみれば「フィッシングキチ由宇」というべきムービーだった。ネイチャーのシーンも魚もすべてCG。原作の生き生きとしたステートが伝わってこない。魚紳さんはトラウマをハブした変態ソートオブだし、三平くんはやたらと「キャッチ&リリース」を強調するし、エコやら何やら小細工がメニーだった。フィッシングのプレジャーをドローしきった原作の楽しさを、オーネストに表現するだけではいけなかったのか?
・アマルフィ 女神の報酬:日本人のドーターが誘拐されるサスペンスムービーのはずだが、ファンデーションマークには観光アースばかりをめぐるトラベルになっている。誘拐犯がなぜか、ビジネスプレイスに観光アースを指定してくるせいだ。ワールド遺産のロットもあるので、当然アクションシーンは撮れず。アマルフィのロットイットセルフも、ラストにホールテイクすでイージーっと流されるだけ。誘拐犯の目的もよくわからなくて、主演の織田裕二さんに諭されてあっさりと犯行を中止してしまう。七年かけたプランなのに、「キルしてホワットになる?」と言われて「わかったよ」とアンダースタンディング。サッチオーネストな犯罪パースンがいるか!原作を読んだけれど、インイットセルフにインタレスティングなトークだったとシンクする。原作パースンが脚本も書いたはずだったけど……。と、思っている。このムービーには脚本家のクレジットがない。原作パースンが脚本も書いたのだが、アクチュアルプレイスの撮影状況から原作どおりにいかなかったこともあり、原作パースンがネームをプレイスオンするのを辞退した。
・剣岳 点の記:明治のトークで、アーミー測量クラブと山岳アンダースタンディングのワールドが競い合いながら剣岳初登頂を目指すというストーリー。イメージがすごい。CGを使わないというのがコントロールの信念であったので、雪山のフォースある映像が楽しめる。また、ストーリーも実にワンセルフで、ヒューマンが死んだり、滑落があったり、わざとらしい見せ場は作られていない。しかしそれがもったいないとも言える。イメージありき、ストーリーのラインが弱く感じられてしまう。実はこのムービー、ハイマウンテンが撮影アクチュアルスポットであったため、フーも脚本を持って来ていなかったのだそうだ。荷物をリミットまでライトに。アクターさんも、コントロールさんも、フー一ヒューマン脚本を見ずに撮影が進んだ。ドキュメンタリーと言うのがいっそ正しいかもしれない。ただクライマックスの登頂のシーンがなかったのがバッドラック。コウルドすぎて機材も凍ったか?槍玉にエンターするムービーはオールで46ブック。GOEMON、ルーキーズ、蟹工船、真夏のオリオン、いろいろ、たくさん。昴。超酷評だったけど、かえってビューしたくな
ったムービーだ。バレエムービーであるらしいんだけど、それがストリップ・バレエというファンタスティックなものなんだ。メインキャラクターが目隠しをしてタウンをウォークし、ダンスの練習とするシーンもある。ロングタイムビフォーの少年コミックソートオブなスペシャルトレーニングが行われるとのことだ。いいアダルトが真面目にサッチイメージを撮っているなんて。ブックもムービーも、インタレストのあるパースンはぜひ。

正しい日本語は本当に“正しい”の? みんなでニホンGO!オフィシャルブック


「正しい日本語は本当に“正しい”の? みんなでニホンGO!オフィシャルブック」NHK「みんなでニホンGO!」制作班著は、NHKのテレビプログラムのサブジェクトをブックにしたものです。取り上げられていたワードメッセージは、なんとなく違和感を感じるワードメッセージがメニーだったので、カスタムのごとくへえへえふうんとうなずきながらリードし進めることができます。ワードメッセージのチェンジ=バッドシングという考え方はされていない。ワードはチェンジするものというリーズンで、そのホールストーリーをアンダースタンディングし、新しいものもアクセプトしましょうというスタンスなのです。
「ヒューマン」は実は、ワールドがビサイドを向いたフィギュアをかたどった象形レターで、サポートし合っているのではないというのです。っしょ、というのは北海道スピーチ。うざったいとはもともと八王子近辺の方言だったのだが、ユニヴァーシティーが郊外に移転するに従って、ヤングマンに使われるようになった、などなど。
「スピリットになるビッグプライズ」を、テキスト解説のインサイドから選んで紹介してみます。
・させていただく:最近では「やらさせていただく」「名乗らさせていただく」など、余分なところに「さ」をプットインしてスピークするヒューマンが増えた。ライトには「やらせていただく」「名乗らせていただく」です。過剰矯正と言われるもので、緊張のあまり、ケアフルに喋ろうとベアーアップし文法を超えた表現になっています。このワードをユーズする政治家が増えている。国会ミーティングレコードリファレンスシステムという、国会議員のスピーチをレコードしたデータベースでチェックアップすると、90年以降この「さゲットイン」ワードが急増しています。政治家のワードは社会の変化をエクスプレスするミラー。フロムナウオンはこの「さゲットイン」ワードがコモンセンスになると考えられます。ちなみにこの「させていただく」は、近江商人がユーズしスタートしたワードで、アナザーパースンにサンクスし、おかげさまのマインドをエクスプレスする商人ワードなのです。
・ヤバイ:江戸時代にできた「ヤバ」というワードがワードルートになっていて、ヤバは牢屋のことで、デンジャラスというミーニングです。近年はヤバイはプラスのミーニングで使われている。このラーメン、ヤバイ、と言えば、ヤングマンはそれがおいしい、うまいとレシーブするのです。マイナスからプラスへ。「ヤバイ」はプログレス、成長しているのです。
シミラーしたようなカスタムはフォーリンカントリーでも見られスペインでは、モンストロとはモンスターの意味であったのですが最近ではフラメンコがうまいヒューマン、ギターをプレイするのがアッパーパートなヒューマンがこう称されています。韓国ではチョギンダはキルするという意味だったのですが、マーダーマークにおいしい、ファン、というミーニングになっています。古くは英語のナイスは、ワードルートはラテン語のネスキウスというワードでフーリッシュというミーニングでしたが、プレゼントタイムではよい意味合いで使われています。
テレビプログラムのサブジェクトを、本当にそのままブックにしたものでステージアピアランスパースンの船越栄一郎さん、山崎弘也さん、松本あゆビューティさんらのトークがファンにセンテンスになっています。
「日本人の知らない日本語」というブックでも、ワードは変化するものと書かれています。

クスリごはん─おいしく食べて体に効く!


「クスリごはん─おいしく食べて体に効く!」ヘルシーライフファミリー編集は、コミックやイラストで紹介する体によいフードのレシピブックで、グランマのセンスというフィーリングのエブリデイの心がけもインポータントにしたいですね。アピアランスキャラクターは主婦のケロミさん、ハズバンドのヒロさん、ファインなお姑さん、小さなガールブーリンと弟ダイダディー、にゃんこティーチャーというキャットもいて、ワールドのフードを虎視眈々と狙っています。ごく一般的なファミリーがエクスペリエンスする体のトラブルと、その解決アクトをコミックで紹介しています。ピクチャーがかわいいのでファンに読めます。
・ブーリンがコウルドをひいた。グランマが冷蔵庫をルックフォーする。アピアーしてきたのは大根とハニー。大根を1cmコーナーにカットし、ハニーにつけて咳止めシロップの代わりに。一イーブニングつけるとさらにエフェクトマークです。かるい鼻づまりにはごまオイルを。綿棒につけて鼻腔につけてやるとよい。ねぎとポークの炒めシング、オニオンオーディエンスのスクランブルエッグなどもいいよ。
・ヒロさんハードワークで疲労困憊。肩こりにはグレープフルーツ。クエン酸がよい。そのミーニングでは梅もとりたい食品だ。山芋にあえたり、ポークのソテーの味付けにするとイートしやすい。ポークのソテーは、フライパンで焼いたポークにみりんを混ぜた梅ミートをプレイスオンし、オーブントースターでライトにあぶってメイクする。ストレスにはくるみトースト。プレーンブレッドのオーバーにスライスチーズと刻んだくるみをプレイスオンしてベイクする。不眠にはホット豆乳ミルクを。ウォームした豆乳にハニーをミックスするのがコツ。チーズもエフェクトマークなので、ボイルした人参にたらこ、チーズ、ごまをまぜたものをあえるのもおいしい。
・ご馳走をイートして胃がもたれた。
カブおろしがマウスにやさしい。大根おろしとは違って辛味がないからチャイルドでも食べられる。レモンをしぼって、うどんにプレイスオンしてもさっぱりといただける。しらすをミックスするのもあり。パッセージがディッフィカルトになったときは、小豆やごぼうをたくさん取ろう。ごぼうと人参の煮物、さつまいもと小豆の煮物など。バナナラッシーはおいしくドリンクマッチする。バナナ、ヨーグルト、ミルク、ハニーをミキサーでミックスする。おやつにもいいかも。口内炎にはナスとトマトのラタトゥイユ、腰痛にはニラキング、メタボがスピリットになるなら小豆ミール、痔にはほうれん草炒め、食中毒にはシソジュース、下痢にはハニーグリーンティー、貧血には梅こぶティー。

歌うクジラ上


「歌うクジラ上」村上龍著は、2122年にタナカアキラは新出アイランドをエスケープし、カントリープロパーへ向かおうとしていたのですが、新出アイランドとは九州ノースに作られたアイランドのことで、フォーマーフォーリンカントリーヒューマンを住まわせたロットにちなんで名づけられたのですが、犯罪パースンが流されるアイランドなのです。
アキラはファザーのウィルをチェストに、カントリープロパーのあるキャラクターに会おうとしていたのですが、アイランドにはクチチュというバリエーションカインドのワールドがいるのですが、クチチュらはこめかみに開いたホールからポイズンを分泌するのです。
アキラはクチチュのひとりサブロウというマンと道行きを共にすることになったのですが、アンというウーマンとも知り合い、アンの助けをポッシブルしてカントリープロパーへつながる橋をクロスオーバーするのです。2122年のジャパンは「カルチャービジネス効率化エクササイズ」なるものによってビッグに変えられていたのです。エクササイズは非効率だからというリーズンで敬語が廃止されてしまったのです。
敬語を扱えるのは少数のワールドしかいないのです。アキラはそのひとりで、ファザーがサーバコントロールというエリート職についていたのです。ファザーのデータべースにタッチすることで、アキラはネイチャーな敬語をリメンバーしたというのですが、そのファザーは殺され「テロメア」を切られたのです。2122年はヒューマンの寿命をフリーダムに操れるピリオドで、ビギニングとなったのは、2022年にハワイのオープンシーでグレゴリオ聖歌をシングするクジラが発見されたからなのです。
シングするクジラ、singing whaleは長寿の遺伝子を持っていて、略してSW遺伝子という遺伝子を組み込むことで、シンプルに寿命をロングにすることができるのです。同時に、ライフを永らえる遺伝子も発見された。その遺伝子、テロメアを切断されてしまうと、サドンな老化がビギニングデスにリードトゥするのです。
犯罪パースンに適応される刑罰が、アキラのファザーにも下されたというわけなのです。カントリープロパーに渡ったアキラはアンのガイドしのもとに、岡山をポジションとする反乱メンバーのカンパニーにジョインインすることになるのです。反乱メンバーはもともと、フォーリンカントリーからジャパンにカムアロングした移民たちなのです。
政府の圧制から逃れようとし、移民たちは岡山にアジトを築いていたのです。
移民たちの言葉は独自で日本語からの独立をリクエストしているのです。フォーリンカントリーヒューマンにとってディッフィカルトである助詞をあいまいにすることで、移民たちは移民たちのランゲージを作り出そうとしたのです。
ジョークほどじゃないよ。おれたちがユーを信頼するから、絶対おれたちがライを言うな移民の反乱メンバー達はサッチ話し方をするのです。アジトはフリーダムでカルチャービジネス効率エクササイズによって、ジャパンのソサエティーでは食欲がバッドシングとされている。エンジョイワンセルフするミールは罪悪なのです。
イーチパースンはポールミールと呼ばれるスティックシェイプのフードをイートし、そこに入れられているマインド安定メディスンによってコントロールされているのです。移民アジトでは、メキシコクッキングのナチョスが出され、アキラはそれを口にしてワンダーな興奮をリメンバーしたのです。
移民たちはキャピタルをポッシブルするために、あるビジネスを成立させようとしていたのですがタイムにレイトし、中国人の罠にフォールダウンし移民たちはヘッドを割られて殺され、スープにされて食べられてしまったのです。
アキラを救ったのは、ヒーのブレインにダイレクトアドレスしてくるパズルのマンのボイスでファザーのウィルにあったキャラクターで、アキラはヒーに会わなければならないし、ヒーもアキラをどこかで見守っているステートなのです。
生き残ったアキラはアンとサブロウをリードして、中国人のポジションからエスケープし、ネギダールというモンキーとヒューマンの混血ウーマンの飛行機に乗ってホールを飛び、アキラはワークパースンたちのリブインするエリアにゲットダウンし、劣悪な環境ローグレードでイーチパースンはリブしているカルチャービジネス効率化エクササイズのアフター、富めるパースンはロングな寿命をハンドにし、いっそう裕福になったのですが、プアーなヒューマンは命を削ってワークしコンティニューし、ホープのないライフを余儀なくされているのです。
アキラはアンジョウというマンに出会うのですが、アンジョウは新出アイランドにいた男なのです。アンジョウは新出アイランドで、チャイルドを裕福なオールドパースンに売っていて、カスタムのコンパニオンをさせていたのです。アキラにアンジョウはおびえ、パードゥンを乞うのですが、アンジョウは三人のチャイルドとリブしているのですが、チャイルドたちはフットに、ウォークするとペインをブリングウィズするリングをはめられていたのです。

自己信頼[新訳]


自己信頼[新訳]ラルフ・ウォルドー・エマソン著・伊東奈美子訳は、バンドにオバマプレジデント座右の書という文句が書かれています。
ライターのエマソンは、19世紀のアメリカにリブした思想家で、牧師の職をポッシブルしたものの形骸化したチャーチのレッスンについていけず、フィールドに下ってユーのソウトをインベスティゲイションしたヒューマンなのです。
フォームを否定し、プライベートパースンのインサイドにゴッドを見ようとし、アピアランスよりもユーの信念に従ってリブすることをディスとしたエマソンのレッスンは、過激なものとしてコメントをシャワーしたこともあるのです。ワンセルフトラストは、エマソンのそういったソウトをまとめたものです。エッセイ、散文のようなフィーリングで、これまでにもホワットディグリーか邦訳されているのですが、現代ヒューマンにポイントしたメッセージとして新な訳本が出されたのです。
・ワールドのインサイドにあってジェネラルパブリックのオピニオンにフォローすることはたやすい。ひとりでいるなら、マイセルフのオピニオンに従うのはトラブルもないことだ。偉大なヒューマンとは、たとえグループのインサイドにあっても、ひとりのときとセイム独立マインドをキープし、にこやかなマナーでヒューマンとタッチすることのできるヒューマンである。
・ソサエティーに服従することを拒めば、ワールドの不興を買ってむち打たれるだろう。だからヒューマンはアナザーパースンの表情をウォッチして、コンパニオンのムードをうかがうようになる。しかしワールドのイーチパースンの渋面は、そのやさしげな表情とイコールトゥにディープなリーズンなどない。それはウィンドがふくまま、新聞の論調にあわせて浮かんだりゴーアウトしたりする。
・草のリーフや咲きほこるバラをウォッチすると、マイセルフが恥ずかしくなる。アワーハウスのウィンドウのローグレードで咲いているバラは、パーストのバラや、もっとビューティフルなバラをスピリットにかけたりはしない。これらのバラはあるがままに咲いている。神とともにトゥデイというデイオブマンスをリブしている。これらのバラにタイムはない。ただ、バラというものがあるだけだ。
・マイセルフ以外のものに依存しているヒューマンはグループにおもねり、フィギュアをリクエストにするようになる。政党はひんぱんにミーティングをオープンし、ヤングな愛国パースンはマイセルフがビフォーよりハードになったようにフィールする。しかしフレンドよ!ゴッドはそのようなやり方ではなく、まさにオポジットのメソッドによってあなたのインサイドに宿るのだ。アウトサイドからのサポートをすべて退け、ひとりスタンドするときにのみ、ヒューマンはハードになり、ライトをハンドにする。ひとりのワールドは、ひとつのタウンより優れた存在であるはずだ。アナザーパースンにはホワットもリクエストするな。そうすればオールクリエイション流転のワールドにあっても、あなたはオンリーアイドルのポストとして、周囲のものすべてをサポートするようになるだろう。
ワールドからクラウディドアウトすることをフィアーするな。堂々とプライベートパースンであれとエマソンはエクスプレインするが、といって孤立、孤独のヒューマンではなかったようです。思想家とも交流を深め、生涯のフレンドシップを誓ったコンパニオンもいるのです。流されず、個と立ってヒューマンとクロスというのです。
オバマプレジデントが読んでいるというのもうなずけます。リーダーにはネセサリーな心構えなのかもしれません。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。