本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶対の自信をつくる3分間トレーニング


「絶対の自信をつくる3分間トレーニング」松尾昭仁著は、プレゼントタイムできることばかりをコレクトした「自信があるマイセルフ」のウェイオブメイキングが解説されたブックです。
・それは自意識過剰なだけ:ヘアーを切ったウーマンから、あれこれ髪型のことについて、尋ねられたことはないだろうか。問われたあなたは「サッチことどうでもいいよ」と思ってしまうにディッファレンスないというのです。人はアナザーパースンのことに、それほどインタレストを持ち合わせてはいない。ヒューマンのアイはそんなにスピリットにしなくてよいというのです。
・ルーズするウォーをしてはいけない:イチロー選手が、サッカーをしているところをウォッチしたことがあるか?メニーのヒューマンは、サッカーもテニスも野球も、すべてこなそうとシンクアバウトしている。そうでなければならないと思っているのですがソサエティーでサクセスしているヒューマンは、総じてひとつのフィールドにしぼって努力したヒューマンなのです。
・パーソナルアピアランスをプットインオーダーするシューズをきれいにポリッシュする。思い切って、セミオーダーのスーツを作ってみる。いいウォッチをホールドする。爪をきれいにする。面談前にはトゥースをポリッシュするといった簡単にできることをやってみるとエフェクトはハイというのです。
・「すいません」は禁句:代わりに「ありがとう」と言おう。マイナスのニュアンスがプラスにターンする。言うほうもヒアするほうも、プラスのほうが楽しくなれるというのです。
・トークを「ヒアする」だけで自信がつく:ファーストミーティングのコンパニオンとみっつのネタふりで、仲良くなることができるというのです。出身地、ベリィヤングなタイムのトーク、親をほめる。ボーンしたプレイス、チャイルドのタイムの思い出。こういった、プライベートのトークができると、親近フィーリングがボーンしやすくなる。親をほめるということについても、嫌フィールするヒューマンはそういないとシンクするので、エフェクトのほどがホープできるというのです。
・「プアーなヒューマン」があなたに自信をギブしてくれる:まずはじっくり、3分間トークを聞いてみよう。聞き役にシンクインすること。すると案外共通スポットが見つかるというのです。ヒューマンは知らないものをアフレイドオブする。無知からくるフィアーをなくすことがインポータントだというのです。プアーなヒューマンの存在は、自信を失わせるコーズになるからプアーなヒューマンともクローズになって、マイセルフに余裕をホールドすることがインポータントだというのです。
・ロングフォーしのヒューマンを「TTP」してみる:TTPとは、コンプリートにぱくるのオールモストなのです。サクセスパースンのまねはコンプリートにする。サクセスパースンのまねをコンティニューしていると、サクセスパースンのエッセンスがボディーにアライブアットする。サクセスへのショートウェイとなるというのです。
・異業種のフレンドが、あなたに自信をもたらす:ワイドに浅いナレッジでも、ビジネスの世界ではおもしろいネタになることがある。インダストリーの慣習にとらわれることもなくなるというのです。思わぬアイディアは、他業種のフレンドから得られることもメニーというのです。
・スモールにてもいいので、コミュニティのリーダーになる。また、スモールなワールドでいいので、ナンバーワンになってみる。ニッチなワールドでとりあえずベストになろう。自信もきっとついてくるというのです。
スポンサーサイト

名古屋発どえりゃあ革命!


「名古屋発どえりゃあ革命!」河村たかし著は、名古屋市議会のリコールプロブレムで県知事となった大村さんとのトークで、ジャパンの政治はどうあるべきか。このようなことが語られている。ポストとなるのは「減税」というワードです。
リコールプロブレムは09年名古屋市長となった河村たかしさんは公約のメインであったシチズンタックスの減税を実現化すべくカムアライブする。河村たかしさんの前職はユーズトペーパーコレクションアクトの経営パースンで零細企業だったので、河村たかしさんバイワンセルフもフォークリフトに乗ってモーニングから晩まで働いていたというのです。
河村たかしさんのアイからウォッチすると、行政には無駄がメニーすぎ、議員のサラリーもハイ。ビフォーワーク「おい河村!おみゃぁ、いつになったらリーダーになるんだ」から一貫して述べられているクレイムであるが、議員がハイサラリー取りでは、ろくな政治ができないとシンクアバウトしているのです。ジェネラルシチズンのシンキングがわからなくなる。コンフォートなワークであるため、世襲しようとしたり、政治以外のことを知らない議員が増えてしまうというのです。それでは国は立ち行かなくなってしまうというのです。そもそも財政のクライシスが騒がれているが、サッチものはまやかしなのだと河村たかしさんは一刀両断にカットダウンする。無駄がまだたくさんあるというのです。増税なんてジョークではない。議員を養うために、コモンピープルからマネーをテイクするというのです。
いまサクシードインするべきは減税であると河村たかしさんはシンクアバウトしているのですが、このシンキングは、織田信長の「楽市楽座」をカスタムにテイクするとわかりやすいというのです。「楽市楽座」は規制緩和だった。庶民がフーでも、トレードができるようにしたもので行政はこれを目指すべきである。行政サイドのシンキングはコモンピープルと離反している。その欠落をフィルアップするには、オーバーからのガイダンスではなく、ローグレードからのアクティビティーがネセサリーだというのです。ですから減税で議員の給与もハーフに減らし、ワークサブジェクトは「ブログ市長」のブックでもステートしたとおり、パートタイムでフィットフォーするものだというのです。市議会の議席も減らすというのです。議会の猛オポジットにあったのですが、河村たかしさんが選ばれたことで、ポピュラーウィルは減税をリクエストしているというのになっているのです。
名古屋市長には議会の解散ライトがないのです。エリア議会はヘッドのパーパスが通らないコンストラクションになっているのです。リコールエクササイズが提案され、シチズンがカムアライブし署名を集めなければならない。そのフィギュアおよそ36万です。猛暑の名古屋で河村たかしさんのサポートパースンたちがかけまわったのですが、スタートはレイトにアマチュアだからウェイがないのですがラストマークには46万人の署名が集まったのです。選挙コントロール委員アンダースタンディングが、署名をイグザミネーションして11万人をノーエフェクトとしたのです。「○ウォッチ○号」とライトするべきアドレスが「○○」と略されているとかパブリックコーポレイション住宅とライトするべきところがUR住宅とされているとか、いいがかりリーズンでメニーの署名が却下されてしまったのです。署名をした名古屋シチズンはアンガーマイセルフの署名がノーエフェクトであるか、ないか、確認するプレイスが設けられ、メニーの人がフットを運んだのです。ノーエフェクトになっていた署名は、アフターに訂正され有効ティケットと数えられたのです。
シチズンのリカバリーで、採決が覆ったというわけなのです。
河村たかしさんは民主ルールのビギニングだといっているのです。シチズンのボイスが、ジャストな手法で通されたのです。名古屋シチズンもプレゼントタイムノットレスザンに、しっかり意識を持たなあかんということです。名古屋を愛知県をアジアでシャインするタウンにしたいという、大村ファミリーネームとのトークもインタレスティングなです。

15分あれば喫茶店に入りなさい。


「15分あれば喫茶店に入りなさい。」齋藤孝著ですが、カフェワークというワードがあるのですが、ミーニングはオフィスから出て、カフェでワークをすることなのです。コーヒーショップというワードが使われているのですが、スターバックスなどのカフェやファミリーレストランも含まれているのです。アウトサイドで座ってシンキングやワークができるプレイスをひっくるめてコーヒーショップとコールアウトし、そこでのワークの仕方が解説されています。
齋藤孝さんがコーヒーショップにゲットインするのは、ソウトを深めたいときで、ひとつの物事をディグダウンしてシンクアバウトする、垂直ソウトにふけりたいとき、喫茶店をユーズするというのです。
インターネットからリーブするミーニングもあり、ネットをリファレンスしていると、トゥーマッチなものにアイが行ってしまい、ソウトが平行に分散するからというのです。15分をワークのスタンダードにして、持っていくのは手帳やクリアファイル、3カラーボールペン、A4用紙、ノート、エレクトロニックディクショナリー、時計もしくはストップウォッチだそうです。クリアファイル一枚にひとつのプロジェクトの書類をまとめてプットインしておき、持ち運び、コーヒーショップでビルドをディサイドし、エンドはハウスで行っているというのです。ショートなタイムで集中して、ショートな骨組みをセットアップすることができれば、アフターはそうタイムはかからない。リブバースカスタムがライズするというのです。
コーヒーショップでは、いつでもタイムが見られるように腕時計をリムーブしてテーブルのオーバーにプットするか、ストップウォッチをおくようにしているというのです。あと10分、あと5分と、マイセルフを追いつめるようにワークをしていくのがポイントだそうです。1分間を無駄にしない、集中が成果につながるというのです。
コーヒーショップの有効ユーズはアザーを片付けるのにも、コーヒーショップはいいプレイスだというのです。たとえばトラフィックコストの清算、リポート文のドローアップ、資料の読み込み。こういうアザーをまとめてコーヒーショップにブリングインするのだというのです。アザーを片付けていけば、ライフはブライトになり、ワークにも前向きになれるというのです。ブックを読むのもいい、スタディーをするのにも向いている。そもそも齋藤孝さんは、ライブラリーなどのしんとしたところよりも、雑然とヒューマンのボイスがあるプレイスのほうが、スタディーははかどるのだというのです。ストレインジヒューマンのインサイドにあって、ワンセルフを客観視するタイムをメイクするのもよい。オーダーミートするヒューマンとホワットをスピークするか、アイドルトークのネタをトレインするのもよい。コーヒーショップをユーズしよう。ワークの能率、ライフのリブバースカスタムがあがるというのです。

シンプルライフ


「シンプルライフ」森理世著は、ミスユニバース森理世さんのビューティフルさのシークレットやこれまでのライフ、ミスユニバースのワークについて語られているブックです。
ビューティフルさはとにかく世界一なのですから、ものすごいことをしているのかと思ったのですが、そういうわけでもないのです。ファンデーション化粧シングは花王のキュレル。高校生のタイムからほかにチェンジしたことがないというのです。フィットなプライスで、たっぷり使えるのがラブだというのです。
フードもラブなものをイートする。ボディーがウォントするとシンクするから、スイートなものも特にキープアウェイすることはないのですが、イートするビフォーにはウォーターをドリンクするようにしているというのです。モーニングゲットアップしたときも、胃をムーブするためのウォーターなのです。しかしこれにもこだわりはなくて、ホームの静岡にいるときは、ウォーターサービス水でも平気で飲んでいるというのです。
森理世さんのホームは、ダンススクールを経営しているようで、理世さんも講師としてアクティビティーしているのです。もともとおとなしく、パブリックにアピアーするのがプアーだったそうだが、克服したのは留学インサイドのことであるようです。
静岡でフォーリンのダンスチームの公演があったのですが、森理世さんはそれをウォッチして、フィーチャーサッチチームでダンスしたいとシンクアバウトしたそうです。留学のマークが決まって理世さんは、マイセルフをおとなしい、恥ずかしフィールしやといっているのです。マークをディサイドしたアフターのアクションフォースがすごく、高校生留学アットファーストはワンイヤーでターンバックするはずだった。Butバレエスクールへの入学をデシジョンし、周りを説得して、留学フォーマーのスクールへ転校してしまうのです。高校のレッスンとバレエスクールと、実にハードなエブリデイをパスしたのです。
ミスユニバースへのチャレンジをディサイドしたのは、ベリィヤングなタイムから聞かされていた、祖母のワードにエフェクトされたからなのです。祖母はよく20歳になったらミスコンテストにアピアーしてほしいと言っていたのです。ワールドマスミーティングをミーニングしていたのではないのですが、挑戦するならやはりベストがよかったというのです。書類イグザミネーションが通ったとき、森理世さんはニューヨークのダンススクールの入学ジャストビフォーで、入学のキャンセルプロセスをひとりアクションコンテストに参加したのです。
ミスユニバースをビューティフルジャパン代表となり、ワールドマスミーティングへアピアランスしたのです。イグザミネーションは1ヶ月にクロスオーバーしグループ生活をしながら、フルにそのキャラクターを見られるというのです。グループライフのスペースはインタビューなどのスケジュールが過密に組まれていて、ワークに耐えられるかどうか試されるというのです。マスミーティングベリィデイには祖母がヘルプにかけつけてくれ優勝が決まったとき、祖母はとても喜んでくれそのときターンアサイドしたワードが、祖母とのラストのカンバセーションになったというのです。ミスユニバースのワークは、8カットがチャリティーで、ときにはジャングルで、ホテルもないようなところでパスすることもあるというのです。ビューティフルだけではなくタフでワイズにて、カインドになければならないのです。あるカントリーではミスユニバースに選ばれると、一生涯のライフをカントリーが保証してくれるのです。


本気になればすべてが変わる


「本気になればすべてが変わる」松岡修造著は、アスリート自著ということで、ワンセルフ啓発のテーマがひとつサジェストされ、それぞれに松岡修造さんが解説をアッドするというスタイルのブックです。
サジェストされているテーマのインサイドには、ネガティブワードは避けようだとか、エンジョイワンセルフするフィーリングを忘れずにだとかですが、解説が実に冷静だし、マイセルフのパーソナルエクスペリエンスをもとにしているのでストレインジに説得フォースがあるのです。
ワールドマークなテニスプレーヤーとしてアクティビティーしたからこそ、言えることもメニーにあり、トークが個性マークなのも魅力です。松岡修造さんはダイアリーをつけており、ダイアリーのおかげで、マイセルフを客観マークにウォッチすることができるというのです。
ダイアリーによってパーストのミステイクもターンヘッドすることができ、ディールウィズアクトもディスカバーしやすい。セイムシングをくり返さずにフィニッシュするというのです。マイセルフのコンディションをキャッチするために、アクティブデューティーピリオドはストレスチェックをダイアリーで行っていたというのです。
ストレスになる項目を10個、ディサイドしておく。プラクティスタイム、ストレングス、マッチ量、プライベートのストレスなどをリカバリーできると思われる項目も10個用意するというのです。
スリープタイム、昼寝、動的ブレイク、ウォーキングなどのファンにできるライトなエクササイズ、静的ブレイク、読書、ミュージック鑑賞など。
松岡修造さんと言えば、いつもホット、蒸し暑いインプレッションがあるパースンだけど、実に冷静によいコンディションをキープするメソッドをシンクアバウトしているというのです。
松岡修造さんはそもそも頑張っているマイセルフをシェイプディッフィカルトとはシンクアバウトしていないのです。最近、ホットブラッドとか、ベリィハードとか、そういうワードをネガティブなミーニングでとらえるヒューマンがときどきいる。シュアに、グレートエフォートが報われるとは限らないし、ポイントよくリブするほうがコンフォートに見えるかもしれない。
ベリィハードなヒューマンの姿は格好いいものだし、周りのヒューマンにパワーをギブすることもできる。第一、頑張らない生き方もつまらないのです。やってらんないよとシンクするとき、But俺、頑張ってるよな」とつぶやいてみたらどうだろうというのです。頑張ってるマイセルフ、けっこうラブになれるというのです。
松岡修造さんもテニスからリーブして遊びのロードに迷いこんだことがあるというのです。スチューデントピリオド、麻雀にはまってしまったことがあるというのですが、そのとき犬がベイしても「ロン」とセイドトゥビーしたというのです。
あるとき、このままでいいのかというクェスチョンが脳裏に浮かんだ。こういうときはマイセルフのボイスにオーネストに耳をリストしてみるべきだというのです。マイセルフがやりたいことというのは、なかなかつかみづらいものかもしれないけど、ダイアリーを書いたりしていると、ぼんやり浮かび上がってくることがあるというのです。そのフィーリングを忘れないように自分のボイスに従おう。松岡修造さんは麻雀漬けのエブリデイからフットをウォッシュし、再びテニスにドライブインしスタートした。プロテクションからアタックの姿勢にターンすることができた。パーストのフォールトなんか悔いてもウェイがない。パーストがあるからカレントのマイセルフがあるというのです。レイトすぎることなんてないのだから、いつも前向きにというのです。緊張したときは「マイセルフはプレゼントタイム、トゥルースで頑張っているだから緊張するというのです。記憶したいことがあるときは、ブレインがぶるぶるシェイクするイメージをホールドするとメモリーが定着しやすくなるというのです。
決断フォースを養うトレーニングてはレストランのメニューは5セカンドインサイドオブに決めよう。周囲と摩擦を起こさないうまい「ノー」のスピーキングスタイルを覚るというのです。とにかくいろいろ、ちょっと信じられないくらいがっつり読みふけってしまうのです。

佐藤琢磨終わらない夢─F1との決別、もうひとつの戦場ヘ


「佐藤琢磨終わらない夢─F1との決別、もうひとつの戦場ヘ」松本浩明著の佐藤琢磨は好ヤングマンでアスリートらしいドリルしたボディーとさわやかなマウスで、いつも前向きな発行で、ファンがメニーなのです。
ソサエティーにはアビリティーがあるヒューマンがたくさんいるのですが、ラックもネセサリーなのです。佐藤琢磨は2001年にジョーダン・ホンダでF1デビューをキャリーアウトし、2002年には鈴鹿で5プレイスに入賞するのですが、2008年にはビロングトゥチームが解散してしまうのです。2009年にトロロッソ・チームへの加入のスピークしがあったのですが、ロシアヒューマンドライバーに敗れて、F1にターンバックすることはできなかったのです。
ドライバーになるには、政治フォースやキャピタルフォース、スポンサーのバック盾があって、チームにビジネスマークに貢献できないと、雇ってもらえないのです。
ロシアヒューマンドライバーのバックには、フェイヴァーなロシアマネーがドローインしていた。アートは決して劣らなかったと自負している。レースのインダストリーでは、スターアクターはF1で銀座の寿司ハウスソートオブなものでそのキッチンにスタンドすることが許されなかった佐藤琢磨は、活躍のステージをアザーにリムーブすることをデシジョンするのです。
佐藤琢磨はアメリカのインディーカーというレースにアピアーしたかったのですが、プレイスは変わっても、フォーマーのカスタムならエリアに下ってもストアーをチェンジしても、ラインでワークすることをフォゲットしたくなかったのです。
KVRTというチームが佐藤琢磨を受け入れたのですが、ファーストマッチのブラジルではスタート直後にスピンしてリタイアしてしまったのです。アフターザットも無念のリタイアが続きウェーブにゲットオンしきれなかったのです。インディーカーにはオーバルコースというレースプレイスがあり、バイシクルレースのゲームプレイスのように、すり鉢シェイプになったサーキットがあるのです。F1では見られないシェイプで、佐藤琢磨はコースの状態、コンストラクションなど熟知していないのです。プラクティスの日にストームがアタックしフーよりもロングにコースオーバーにいたいのですが無念のリタイアをしてしまうのです。
初めてのオーバルコース、カンザスサーキットで佐藤琢磨はは4カウント、5カウントコンフリクトにジョインインすることができたのですが、ブラインドスポットとなっていたウーマンドライバーからのもらいアクシデントに遭ってしまうのです。必死でハンドルを握っていたハンドは、ウェアーアウトして、スキンがめくれていたのです。

「惜しい努力」で終わらせない思考法


「『惜しい努力』で終わらせない思考法」午堂登紀雄著ですが、アナザーパースンのインフォメーションに右往左往しているようでは、大成は望めないというのですが、マイセルフのヘッドでシンクアバウトし、グレートエフォートをサクセスにコンバインするコツが解説されてしまっています。
このブックは石頭をドリルするために書かれたものですが、アナザーヒューマンの情報ですから鵜呑みにせず、マイセルフなりの主張を抱いてほしいのです。
・残業ゼロでワークができるようになったやつはいない。
・「できるヤツは遊びもできる」はライだ。残業ゼロを提唱しているヒューマンはヤングな頃、わき目もふらずに働いてきたヒューマンだというのです。20代や30代はファンデーションをメイクするタイムなので、がむしゃらにワークをしろというのです。遊びもワークも境がなくなってスタートして、ユーのアビリティーが開花するのです。
・ワンセルフの投資商人のカモになってはいけない。
・やみくもなスタディーがボディーをデストロイする。
教材を買ったり、セミナーに通ったりするビフォーに、そのリターンがいかほどであるか、冷静に考えよう。マイセルフがホワットをしたくて、ホワットになりたいのか、わからないうちはワンセルフ投資はドローインするべきだというのです。資格もその資格がどう役に立つか、マーケティングをしてから、勉強をスタートするようにするのだというのです。
・ロジカルシンキングを学んで、ワイズになったスピリットになってはいけない。シャ乱Qのメンバーが「シングルベッド」をヒットさせたときの逸話ですが、シャウォーQはまず有線放送でベストになるというマークを立て、メンバー全員でモーニングからイーブニングまで有線にテレフォンをかけまくったというのです。つんく♂さんはそのときのことをホワットグランドな目標でも、プロセスを分解するとフーでもできるワークにゴーしヒットするといっています。
論理的なウェイオブシンキングだがつんく♂さんがロジカルシンキングを学んではいないのです。マークを持ってスタートすること、カムアライブすることで、ネイチャーとアンサーがアピアーしてくるというのです。
・シンプルワーカーの賃金がチープなのはユージュアルなのです。
・ワークがないと言いながら選り好みしているヒューマンたちがいるのです。ネイチャーディスカッションはヘッドのいいヒューマンがすることとは思えないのです。先進国が北半球に集中しているのは、コウルドさが人をドリルするからだというのです。サウスにリブインするヒューマンが貧困にあえぐのは、温帯のリッチインした気候に甘えて堕落したせいなのか。
バーのオッサンがするディスカッションがインサイドに混じっていると、本全体がどうにも安っぽく思えてきます。俺らはがんばって働いたんだ。若いのは甘えてる。プアーマンは甘えてるのです。

漂砂のうたう


「漂砂のうたう」木内昇著は、第144回芥川賞受賞作で、描写がミニットで、ほの暗い遊郭のワールドにぐぐっとゴーイントゥすることができます。ピリオドは明治で、江戸幕府がブレイクダウンして10年が経ったタイムに主人公の定九郎は、根津遊郭の立番として働いていたのです。
見世にあげるゲストを検分するワークで武家のセカンドサン坊なのです。龍造というマンがいる。巌のようなオーダーのマンで、見世のワンハンドを取り仕切っている。嘉吉、これはサーヴァントだ。フェイスインサイドに醜いあばたがあって、何かとローグレードフィーリングにさいなまれている。ポン太なる噺家もアピアランスする。ファニーな語り口でアピアーし、物語を進めてゴーするパートを担う。遊女は芳里、小野菊。
定九郎は芳里のことを「とんび」と評している。売れない遊女だ。ゲストがつかないため、古株なのにラフなサービスをアクセプトしている。対して小野菊はヒーがワークする遊郭の稼ぎがしらなのです。キャラクターがよく、どこか気品を感じさせる小野菊には、フットしげく通ってくるグッドカスタマーがついていた。
遊郭のタウンで堵プレイスも開かれていた。ワークするメンからマネーをロールアップするためのストアーなのです。ストーリーがムーブしスタートするのはミドル以降。堵プレイスを預かっていたマウントオフィシャルが、フライトする辺りからトークがライズします。マウントオフィシャルは長州の出身で農民であったが、積もるものがそのマインドにあった。西郷隆盛が首謀となった、西南ウォーにジョインインするため堵プレイスをカムアウトする。定九郎はあせる。マウントオフィシャルはマイセルフの居場所を求めて旅立った。しかしヒーは、未だ遊郭を居場所と定められていない。武家のバースだ。維新がなければメイクプログレスするべきロードはおのずと決められていた。なのにプレゼントタイム、ヘルのような遊郭タウンでマイセルフはいったいホワットをしているのだろう。
そこにつけこんだのがヤクザパースンの吉次だ。フェイヴァリットの小野菊を、吉原に引き抜こうというのである。遊女の引き抜きはご法度だ。定九郎はそのガイダンスをテイクアップしてしまった。どうやらほかにも、シークレットアンダースタンディングパースンがいるようだ。龍造の厳しい監視をエスケープし、定九郎は小野菊をセットフリーするウェイをプランする。
チャンスがヴィジットする。小野菊が道中をやるというのだ。そのさなかに、決定的な恥をかかせてしまえば小野菊はここにいられなくなるだろう。定九郎はポン太のトークをリメンバーする。ウェディングのイーブニング、着物が破けてラフパースンになったドーターのトークだ。シークレットアンダースタンディングパースンと口裏をジョイントゥギャザーし、道中のミステイクを算段する定九郎。ポン太のトークにはサッチオチがついていた。恥をかかされたドーターは、フィーチャーを悲観しボディーをスローしてダイする。では小野菊は道中のオンザウェイにランアウェイした定九郎だが、恐ろしくなって再び遊郭にターンバックする。果たして、定九郎の算段はサクセスしてしまっていた。小野菊はクライする。ダークな仕置きルームに閉じこもって、フーにもミートしたくないのだと言う。
定九郎は小野菊に恥をかかせてやりたかった。それは、このヘルの一シティーブロックのようなプレイスで、小野菊がビューティフルに笑っているせいである。小野菊はユーの居場所をわきまえ、そこにスタンドするストロングスピリットを持ってリブしていた。定九郎は生簀のインサイドのフィッシュ、ウォーターのインサイドのサンドだ。沈みクラウディドし、取り囲まれ、フリーダムになることができない。そもそも武士であった定九郎には、近年ささやかれるようになったフリーダムの意味がわからないのである。ポン太が水底の砂粒だって、ひそやかに動いている。フロントから見えぬようでも、確実に砂はうごめいている。

軽くて深い 井上陽水の言葉


「軽くて深い 井上陽水の言葉」齋藤孝著は、シンガーソングライターの井上陽水さんのワードを齋藤孝さんが解説したブックです。
井上陽水さんは音楽ワールドオブのニーチェといわれているヒューマンで、独特の美意識をホールドし、ありきたりのことは言わない。そのワードはシャープに、異彩を放っている。ヒューマンと共振はするが、馴れ合うことはなく、どこか孤高の存在なのです。齋藤孝さんがディープインプレッションをアクセプトしたのは、井上陽水さんがサングラスをかけているリーズンをいかがわしい場所でワールドのロードをきわめるためだというのです。
サングラスひとつで、ディープなワードをつぶやけるヒューマンが、ほかにいるだろうか。「傘がない」というソングですが、「都会では自殺するヤングマンが増えている」という、あまりにもショッキングな歌詞でビギンするのです。
井上陽水さんは「だけど問題は今日の雨傘がない行かなくちゃ 君に会いに行かなくちゃ」井上陽水さんは「ワールドステートよりニヤーフィーチャーのウーマンってソングですから」とトークするのです。浅間山荘事件があったそのイヤーに発表されたこのソングで、井上陽水さんは政治よりも色恋だと語っているのです。ほかのミュージシャンとは、ディッファレンスの角度からソサエティーの悲哀をウォッチしているのです。いつも剥離し、隔絶はしない。「逆らってはいけない 合わさってもいけない」奥田民生さんとのボッス作「ガイダンスのようなもの」の歌詞のワンパートです。
作曲もふすまスティックしと同じで、カインドの仕事にすぎない。100書いて、いいのがひとつあるかどうかだから、いっぱいライトすることがインポータントだというのです。エブリデイのワークに向き合ったとき、過剰なホープをハーバーし、そしてそれに押しつぶされそうになることがあります。井上陽水さんのワークはソングをメイクすること。クリエイティブなワークなのです。ワークに対しても淡々と、手馴れてくるまでこなすしかないというのです。

逮捕されるまで 空白の2年7カ月の記録


「逮捕されるまで 空白の2年7カ月の記録」市橋達也著は、イギリス人ウーマンをマーダーした犯人の市橋達也被告のエスケープ記なのです。
3月26日のアフターヌーン9時か10時タイムに。市橋達也はトリップしようとマンションのルームのアウトサイドにアピアーして、プレーンクローズズの警官に囲まれていることを知ったのです。
市橋達也はエスケープしてエマージェンシー階段をゲットオフし、住宅地にヒドゥンし、包囲をエスケープすることができたのです。靴はカムオフしはだしで、コウトもなかった。キャッシュだけを抜き取って、パースはリバーにスローアウェイしてエスケープがビギンするのです。都内をふらふらとウォークしコンティニューし、電車で青森へ。ワークがないことをノウし、関西へエスケープした。ヘッドのインサイドに「死国」というストーリーのことがあった。四国のお遍路ロードをたどれば、死者をよみがえらせることができると書かれていたようにシンクする。四国へと渡った。巡礼にまぎれて、四国を回った。ウォークする、ウォークする。ひたすら遍路のロードをたどり、あるとき、ビワフィールドのビワを盗んでイートした。スイートだった。
ジャストに現実にリターンする。どれだけ歩いても、死者が生き返るはずなどないのだと悟った。フェリーを乗り継いで沖縄へ。このタイム、ウーマンのファミリーが来日するとラジオで聞いた。アポロジーないと思ったが、「フーだってエスケープする」とマイセルフにウォーンしていた。あるアイランドに渡った。ヒーはこのアフターも、ホワット度もこのアイランドをヴィジットしている。フィッシュをフィッシュし、プラントをイートし、ひっそりとリブした。スネイクをイートしたことも。ワークをしようと那覇へ向かった。30歳ひきこもり。勘当されたとうそをつき、コンストラクションアクチュアルスポットで働いた。エマージェンシー連絡フォーマーにと書いたアドレスに不備があり、怪しまれる。手配書もアフレイドだった。そこからもエスケープした。
アイランドへターンバックし、そこから再び関西へ。西成で、解体のワークにありついた。ここでは笑ってばかりいた。そうすれば、ワールド関係はうまくいく。へらへらラフしコンティニューしていたので、オーバーからものを言われることがあった。サッチとき、キレてしまう。そういうところがよくないのだとシンクする。いろんなヒューマンに出会った。こういうところでは、エブリバディバースをインベスティゲイションはしない。借金を断るすべ、アウトサイドオーバーのやり取りをコンティニューするウェイ。いろんなことを学んだ。キャッシュはすべてバックにテイクアロングしたバッグへ。マネーをセーブして、整形するつもりだった。
これまでにも、ニードルをノーズにピンダウンして、フェイスを変えようとしたことがある。したくてするわけではない。だがそうしなければ、見つかって捕まってしまう。一ディグリー、ディズニーランドにも行った。チャンス、ユニヴァーシティーピリオドの同級生をアイにしたが、ボイスをかけられるはずはなかった。関西でのアクチュアルスポットワークは続いていた。「Yes」と「わかりません、ティーチしてください」だけをリピートしていた。アクチュアルスポットでのメモリーはよかったようだ。働いては沖縄へ。これを繰り返した。
懸賞マネーがかけられた。うそのインフォメーションもあった。ヒーが女装をしたり、マンコンパニオンにボディーを売ったというサブジェクトのものだ。激怒した。捕まってはならないと思った。キャプチャとはつまり、さらし者になることだ。整形のためにホスピタルをヴィジットしたことが、キャプチャのきっかけとなった。ビギニング出向いたのは福岡のホスピタルだ。トゥースを治そうとしたが、矯正はオブノーユーズと言われて断られる。ウェイなく、同システムの名古屋のホスピタルへ向かった。かかったコストは40万円。眉間にメスをプットインした。手術のデイオブマンス、パッセージをウォッチするための一ウィークのスペース、コミックティードリンキングで寝泊りしていた。抜糸のためにさらにタイムがネセサリーだったが、抜糸はマイセルフでやることにした。
福岡へ。そこでパーストがブレイクしたことを知った。沖縄へ行こうと思った。あのアイランドで野垂れ死にしたい。フェリーにゲットオンするため鹿児島へ、熊本へ。九州が封鎖されていることにノーティスし、いったん関西へターンバックすることにした。そこから沖縄へ、フェリーで一ブックである。Butマインドのインサイドでは「ここまでか」というソウトがあった。大阪でフェリーを待っているときだ。インベスティゲイション官が近づいてきた。そのとき「あきらめなさい」とアドレスするボイスがあることに気づいた。エスケープ2年7ヶ月。デッドボディー遺棄のシーズンは3年だ。そのビフォーに捕まってよかったと思う。エスケープの足取りや、センテンスウィズアウトでエスケープするメソッドをノウしたいヒューマンにはいいかもしれない。ざんげもない、後悔もない。ブックが出されたことでダメージパースンのご遺族にはエマージェンシーにディッフィカルトなブックだとシンクする。

1日が見えて ラクになる!時間整理術!


「1日が見えて ラクになる!時間整理術!」池田暁子著は、人気の池田暁子さんのワンセルフ啓発コミックエッセイで、ライターの池田さんはこれまでにも、いろんなことにメイクエフォートし、サクセスさせてきています。ダーティーないフットのステップオンしプレイスがないほどダーティーなルームからエスケープ、マネーをセーブするメソッド、あと5kgのダイエットなどです。
このブックはタイムコントロールにチャレンジされて、編集パースンさんとのビジネスミーティングのシーンでは、編集パースンさんがネクストタイムのプロミスを取り付けるエッジに、別の取材もあわせてパフォームしましょうかと提案します。ハウスからビジネスミーティングプレイスまでは、片道1時間がかかる。用事をセイムデイにまとめてしまえば移動タイムがまるまる省けることになります。
池田さんはアフターディス、マイセルフのタイムをルックアゲインするワークをパフォームするためペーパーに書き出したのです。無駄なタイムがメニー。しかも効率がディッフィカルト。モーニングはフェイスを洗って体重を量って、ネットをつなぐとそのままうろうろ不要のページをビューしてしまう。
フレンドからのメールがないかと、ホワットディグリーもチェックすることもあります。池田さんはゴミスローアウェイしがプアーで、決まった曜日、決まったタイムにゴミをテイクアウトするのがディッフィカルトというのです。モーニングやることのセットにくっつけることにして、チェーンのストリームのインサイドで、カスタム化することに決めたのです。慣れてしまうとシンプルになる。カスタム化。これがひとつのコツです。
気負いだけはあるものの、ワークがまったく進んでいない状況も自覚した。ペーパーに書き出してみると、どれだけ無駄があるのかがわかります。ペーパーのユーズ、書き出していくことはインポータントだ。仕事のプログレスにも、このメソッドをユーズすることにディサイドし、プレゼントタイムやっているワークをペーパーにビギントゥライトしてゆく。途中でやめるときは、そのウィル、次にやるべきことも書いておくようにしたのです。こうすると、ポーズがマイセルフのインサイドでボーンする。これまでだったら、オーダーホワットをやるべきか、マイセルフがどこで止まっているのか、わからなくていらいらするばかりだったのです。
クリエイティブなワークだ。アイディアに行き詰ることもある。そんなときは迷わずワークをブレイクすることにした。フィーリング転換に家事をする。ウォークをする。そうすると、フレッシュなヘッドでビギンすることができたのです。そわそわしスタートする「サイン」を、自覚しておくことがインポータント。こうすることで、平日のデュアリングザデイをワークに集中することができるようになったのです。
池田さんはプレゼントタイム、落書きカーテンを「セクレタリー」と呼んでニヤーワンセルフに置いているのです。ワークのプログレス、オーダーのプログラム、心がけることを書き込んでおく。プログラムの可視化がインポータントなのです。

悩みと縁のない生き方─「日々是好日」経


「悩みと縁のない生き方─「日々是好日」経」アルボムッレ・スマナサーラ著は、スリランカチーフシート仏教の長老のブックで、講演アンダースタンディングのサブジェクトをまとめたもので「日々是好日」という経典についてのお話です。
「日々是好日」はお経で、「トゥデイはよい一デイオブマンスだった」と言えるようなウェイオブライフをする。そういう意味合いなのです。パーストにとらわれず、フィーチャーを憂えず、カレントだけにオポジットする。その日1日をホールエナジーでリブすることなのです。あるユニフォームのタイムのインサイドで、マイセルフがどれだけカレントに向き合ってウォッチするか、シンクアバウトしてみるのです。
たとえばスリープするビフォー。「トゥデイはこうだった、ああだった」「トゥモローはザットをしよう」などとシンクアバウトしているとシンクする。たった今タッチしている枕や布団の感触に、意識をやるヒューマンがどれだけいるだろうか。マイセルフたちがタイムをスペンドするのがワイルドアイディアなのです。「あのヒューマンはマイセルフがヘイトにディッファレンスない」「あのヒューマンはマイセルフがスピリットになっているようだ」パーストにも未来にも、もちろんカレントにもかかわりがないイベント。マテリアルカスタムのないことを、マイセルフたちは懸命にシンクアバウトしているのです。このワイルドアイディアさえなければ、ヒューマンはパワフルな生き方ができる。「ワールド制覇をしてやるぞ」と思えるくらい、フォースにフルしたライフをセンドすることができるのです。
マイセルフたちがするロングゲスのひとつに「マイは死なない」というものです。マイセルフたちのタイムはリミティッドで、タイムはパスしてゆくものであり、エッセンシャリー、リカバリーがつかないものなのです。たとえばモーニング食べられなかったミールを、ヌーンとることができるだろうか。ヌーン一ミールで食べられるものは決まっている。モーニング食べられなかったものは、そのモーメントをセットフリーしたせいで、永遠に食べられはしないのです。
仏教で放逸というワードでレイジーパースンというミーニングですが、そのモーメントをインポータントにしないヒューマンのことなのです。たとえばクリーニング。「後でやります」というのは怠けだ。ミールをイートしたアフター、頼まれたワーク、「後で」とはつまり、その時間をアイドルしていることになるのです。ウォッシュするべき食器がキッチンにあれば、アフターのワークにディフィカルティをきたすだろう。アイドルしのツケをペイすることになる。ワークに関しては、もちろん優先オーダーはある。そのタイムにできることはひとつしかない。だからそれを懸命にやれば、ビジーと慌てふためくこともない。アフターのタイムにはアフターのタイムにやるべきことができる。そのとき、またベリィハードメイクエフォートすればよいというのです。トゥモローダイするかもしれない。シーリアスなチェンジがハプンするかもしれない。プレゼントタイムこのとき。集中してリブすることがインポータントだ。そしてその「プレゼントタイム」のタイムをリミットなくショートにすること。このワンイヤースタンドファームするを、トゥデイ一日、とボイルダウンしてみる
。オーダーはこの一タイム、この一瞬を精一杯リブすることにサーブしてみる。悩んでいるフリータイムはないのです。シンキングを改めさせられます。やるべきことを後回し、後回しにしてしまう癖がほとんどのヒューマンにあります。ワイルドアイディアにとらわれるということもよくある。ふんわりぼんやり、ファンなワイルドアイディアならましだけど、ファクトではない取り越し苦労にヘッドを悩ませることがまあります。とにかくプレゼントタイム。ディッフィカルトけど、意識してみるのです。

仕事が10倍速くなる 事務効率アップ術


「仕事が10倍速くなる 事務効率アップ術」オダギリ展子著は、整理術などとはディッファレントするコピーやファイリングなど、カンパニーにおけるビジネスワークについて解説されています。
・デスク周り:決済ボックスやトレーを用意し、マイセルフ宛の書類はすべてそのインサイドにプットインしてもらうことにして、書類をレシーブするティケットウィンドウをひとつにすることで、デスクのオーバーの散らばりが防げるのです。モノの置き場プレイスはユニフォームにすることで、探すタイムは省き、ネセサリーなインフォメーションはルックにし、A4のペーパーに印刷するなどして見えるプレイスに置くのです。カンパニーの所在地、テレフォン、FAX、ビジネスフォーマーのテレフォンナンバーなど。
・コピー、FAX:ワークの効率化で、ルックアゲインしてもらいたいのがコピー、FAXなどの作業ミスがあります。ミスをすればフォローするタイムがとられ、これをなくしてワークに集中できれば、かなりのタイムの短縮化がポッシブルになるのです。コピーをするエッジスピリットをつけてもらいたいのは、写らないプレイスがあるということ。ペーパーのエンドのほうは印刷がされない。デイトやネーム、インポータントなインフォメーションが漏れないよう、あらかじめサイズにスピリットをデリバーします。ビューティフルなコピーをとることを心がけホワットディグリーもコピーしたものは、斑点や線が写ることがあります。よく使う書類は原本を作っておき、それをコピーするようにします。蛍光ペンのイエローをユーズし、黄色はコピーチャンスでは印刷がされないので、原本に蛍光ペンでスタンプをつけておくとユーズがたやすくなります。FAXをユーズするとき、アテンションしたいことは、アドレスや送付枚数を確認し、ふせんがついていないか。ステープラーのニードルはちゃんと取ったか。用紙のロングサイドアウトは間違っていないかなどです
。こうしたミスを、フォローするタイムを作らないように。
・ファイリング:ファイルには、わかりやすいタイトルをつけ、アウトサイドにメンションし、同時にスタート日と巻数もライトインしておきます。たくさんのヒューマンが使うので、ファイルは耐久カスタムのあるものをチョイスし、タイトルをライトする筆記用具は耐水カスタムのあるものをチューズします。書類をとじるエッジは、ファイルのビッグさにジョイントゥギャザーして印刷を調整します。縮小機能を使って、とじホールの余白をリーブするようにします。インタレスティングな書類のコントロールメソッドは、マイセルフが決済する書類を、切り取ってそのホールストーリーがわかるようにします。
ひとつの処理が済んだら、書類のコーナーをカットオフし、発注が終わったら右ローグレードのコーナー、入金確認が済んだら左下のコーナー、といったウィンドにひとめでアンダースタンドするようにします。ワークのプログレスがアイでハブアンオーディエンスして能率マークなのです。ファンデーションマークな内容のことがメニーに画期的というものではありません。

かわいいありがとうの伝えかた


「かわいいありがとうの伝えかた」Yuzuko著は、ありがとうをリポートしたいシーンは、レギュラーのインサイドに結構たくさんあります。ニヤーワンセルフにあるものでシンプルに、しかもオシャレに、リポートするメソッドが紹介されています。
ライターのYuzukoさんはイラストレーターで、ラブリーなイラストをドローするコツも書かれています。スリップをユーズする、葉書をユーズする、一筆箋をユーズする、ストアーでいただいたコースターをユーズするなど、ユーズするものはさまざまで、アイディアがいっぱいです。
・付箋:ふせんにはちょこっとしたイラストをアッドトゥする。太陽、クラウド、スノー、プラネットなど。デフォルメしてドローするとかわいい。マイセルフのマスコットも用意しておくとよいかもしれません。サークルのインサイドにシェイプをプットインするとフェイスになり、イニシャルをプラネットモデルで囲んだり、ネームの漢字をスクエアでチャンス取ったり、サインソートオブにしてアッドトゥするとかわいいです。ふせんは雲形に切り抜いたりして、プレイするのもよいです。
・ショップカードやコースター:ラブリーなストアーにゴーアウトしたら、そこでもらえるものをユーズします。コースターにセンテンスをアッドトゥします。アイスクリームがおいしいよ。ディスタイムぜひトゥギャザーに来ようね!包装紙をコレクトしておくとコンビニエンスします。ちょっとしたパターンを切り抜いて使えますし、フリーで配られている葉書もよいです。
・葉書:オリジナルハガキをメイクします。写真を切り抜いて、そのままスタンプを張ってセンドすることができます。ペットのシェイプやケーキのシェイプの写真などかわいいものができます。段ボールをハガキサイズに切ってユーズすることもできます。このケースも、厚みがあるとチャージがチェンジするのでスピリットをつけてください。文房具屋さんでパターンのついたシックペーパーを買って、ハガキサイズに切って、メッセージをアッドトゥして送付します。一枚15円から20円で買えます。玉しきの水玉パターンやさしこパターンがお気に入りです。
・ライティングペーパー、エンベロープ:ライティングペーパーもひと工夫できます。パンチでホールをオープンしたり、マスキングテープでデコレートししたり、テープをインデックス代わりにもできます。コピー用紙もかわいくデコレートすることができます。ぐるっとルールで囲み、包装ペーパーの切抜きを貼ったり。プレーンだとライトしにくいので、マスキングテープをルールのようにスティックすることもできます。
なかなか凝ってて、正直、真似するのもシーリアスだとシンクするものもあります。Butこういうメッセージを、もらうととてもハッピーなだろうともシンクします。イラスト、写真、フェイヴァリットのグッズの紹介もあります。ビジネスやストアーの販促にもいいかもしれませんね。

活字と自活


「活字と自活」荻原魚雷著の荻原魚雷さんはフリーライターで、1969年の三重県バースで、人付き合いはプライドではなくビジネスがプアーで、自信がなく、ヤングなタイムは稼ぐことより倹約にマインドをブレイクし貯金はないというのです。
エッセイコレクションで古本に関することやワークに関することなどを、つれづれに綴っている。レイアウトが凝っている。二ステップコレクションだったり、ミドルに寄せていたり、ページをめくるたび楽しめます。
荻原魚雷さんは古本屋さんをウォークすることがとてもラブソートオブで、ディスカバーした本にカムニヤーするセンテンスがメニーに集められています。アメリカのコラムニスト、アンディ・ルーニーのブックをリードする。「男の枕草子」。このヒューマンのエッセイには、ゆるい安定フィーリングがある。ビッグに間違えないという安心があるからラブだ。サッチ警句をリーブしている。「1セントセーブするのはタイムの無駄」「もし適度にしっかりワークすれば、そこまでしっかり働いていないヒューマンがメニーいることにノーティスするだろう」「紐をためこむな」「うまく行かなかったら、ホットなシャワーをシャワー」あすなひろしのコミックには、昭和のマンのフェイスをウォッチする。ヒーは「コミックハウスがほれるコミックハウス」と言われていた。ヘルプのないトークをライトするのがうまい。ワイフアンドチルドレンに逃げられたマン。アナザーパースンがあてたメニー馬券を奪ってエスケープする。そのマネーで飲んでいるとき、ウーマンと知り合い、ヒーはささやく。「これだけあればダンプが買える。俺、まじめにワークするよ」Butウーマ
ンのバックにはヤクザがいた。ぼこぼこにされて、マネーをとられてしまう。「……ということかアフターオール」ヒーの漫画にはアダルトのマンが描かれていた。昭和のピリオドは、マンはアーリーにアダルトになりたがった。プレゼントタイムはどうだ? オヤジくさいは悪口のカインドである。アダルトのマンは主役をはれなくなった。……ということかアフターオール。フリーでリブするということは、つまるところ博打のようなものなのである。
かつてエルダーに「30歳まで続けられたら、アフターはどうにかなるよ」と言われた。30をこえて、そのワードのインポータンスがわかる。センテンス書きなんて、吐いてスローアウェイするほどいるのだ。スペシャルな才能か、ユニークなネタがないと、あっという間にヤングマンに取って代わられてしまう。ヤングマンはチープに使えるからだ。30歳まで続けられたら。シュアにそうだ。20代であきらめて、田舎にゴーバックするヒューマンもメニーいる。そして30歳をパスすると、転進するロードも閉ざされたとわかるのである。人付き合いがうまければ。スーツを着こなして、ビジネスにまわることができれば。ライフは違っていたかもしれない。だができないのがマイセルフであり、それとわかって読んでくれるヒューマンをインポータントにしたいとシンクする。レイアウトが多様なので、一冊のブックをじーっとリードしコンティニューしているようなフィーリングにはならない、なれない。エッセイでもあるし、ラブなところを好きなように、読んでいけばそれでいいとシンクする。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。