本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語がペラペラになりましたII


「英語がペラペラになりましたII」木内麗子著は、コミックエッセイで英国ロンドンのフォーリンカントリーランゲージスクールにアテンドするレイコさんの、悪戦苦闘のエブリデイが描かれています。
フレンドたちのほとんどが英語をマザータングとしないイーチパースンであり、英国のフォーリンカントリーヒューマンが、どのように英語に向き合っているが伺えます。レイコさんはフレンドのカズンを紹介され、週末のカーニバルにも誘われるが、カズンはレイコさんが乗り気でないのではないかと疑う。レイコさんのリアクションが、あまりにもシンプルだったためで、プレイスもよくわかっていないはずなのに質問もなく、ホワットをシンクアバウトしているのかわからないからなのです。レイコさんはリザーブをしてプレイスはあとで、ひとりでチェックアップすればよいと思ったのです。
わからないならわからない、プレジャーならプレジャーだと、大げさなくらい、表情で示したらよかったのです。そうすればフレンドにもカズンにも、レイコさんのフィーリングが伝わったはずなのです。コミュニケーションとは、ワードだけでパフォームするものではない。ジェスチャーや表情、非ランゲージの表現で、80%はゴーアロングするものなのです。表情でランゲージスタディーフォースを補えるのです。
ベリィハードリポートするグレートエフォートをしているイタリアヒューマンのサラさんは、困ったときには、知っているワードをフルプラクティカルユーズして切り抜けることにしている。サラさんはプールでチャイルドに尋ねられた。「Is it deep?」ディープの?と聞かれて浅いとアンサーしてやりたいが、「浅い」の英語がわからない。仕方なく「It is the opposite of deep」とアンサーした。「ディープ、のオポジット」というミーニングだ。するとチャイルドは「じゃあ浅い(shallow)のね」。サラさんは新しいワードをリメンバーすることができたのです。
マイセルフたちはつい、いつも、正しく伝えなければと意気込んでしまうのですが、そうしなくてもコミュニケーションを成り立たせるメソッドはたくさんあるのです。クェスチョンをアッパーパートに使うのもいい。ストアーフロントで、オーダーを尋ねられたら、あせらずにこう問いかけてみよう。「What do you recommend?」何がおすすめですか?こうアスクすると、仲良くなれてオーダーもスムーズにいくというのです。カンバセーションがわからなくなったら、聞き取れたワードについて、クェスチョンをしてみる。相手もこちらのアンダースタンディングディグリーがわかり、トークがしやすくなるのです。流行ランゲージはポジティブマークにハーベストしていきたいです。
ジャパンでもフォーリンカントリーのパースンがポピュラーのギャグやフレーズを、スピークしてくれるとハッピーとシンクする。新しいドラマなどをウォッチして、くだけた表現をリメンバーしておくとよい。親しみがグローするし、プレイスがライズするのです。タウンのインサイドで、リブしてゆくインサイドで英語をボディーにつけてゴーするステートがわかります。日本人がミステイクそうなワードの解説もあります。
ダイエットとは国会のこと。キスアンドメイクアップはメイクピースウィズのこと。スウィート・トゥースとは甘党。ブルームービーはブルーなフィーリングになるムービーではなく、ポルノムービーだから気をつけてね。

スポンサーサイト

武田双雲にダマされろ


「武田双雲にダマされろ~人生が一瞬で楽しくなる77の方法」武田双雲著は、「世界一受けたい授業」などで知られる、書道家の武田双雲さんのライフ哲学が語られる一冊です。
・口角ちょい上げのミラクル:モーニングの通勤が劇的にチェンジする方法をティーチする。それは、口角を5ミリギブすること。マウスの両側をギブして、10歩ウォークすればフィーリングはチェンジする、100歩メイクプログレスすればルンルンフィーリング、1000歩メイクプログレスすれば、フーかにホワットかしてあげたくなるだろう。
・だからこそできること:「ダカラコソデキルコト」ときどきそうつぶやいてみる。リストラされた→ダカラコソデキルコト。不景気→ダカラコソデキルコト。マネーがない→ダカラコソデキルコト。ワンダーとホープが湧いてくるぞよ。
・アントニオ猪木と矢沢栄吉の共通スポット:それはふたりの名言にある。猪木さんは「ファインですかー?」、栄吉さんは「Are you happy?」。ふたりとも、コンパニオンをウォーリィアバウトするワードをマウスにしている。マイセルフたちも、問いかけをチェンジしてみてはどうだろうか。「だめだ」ではなく「どうしたらうまくいくんだ?」
・サンクスメガネ:モンスターペアレントなんてワードが流行したが、メディアもたいてい粗ルックフォーしばかりしてますな。でもディッファレントするはず。レギュラーのインサイドで、サンクスすべきもの、サプライズドするべきものはたくさんある。エブリデイ開発される商品だって、企業グレートエフォートのギフトだもの。誰かががんばってくれている。サンクスメガネをかけよう。粗ルックフォーしじゃなくて、サンクスルックフォーしを。いや、ワールドはみんな、エッセンシャリーサンクスメガネをかけているはず。曇ったり、していませんか?
・チャンスはピンチのフェイスをしてやってくる:キン肉マンは「火事場の馬鹿力」を使って、不利な状況からエスケープした。ドラゴンボールの孫悟空は、マイセルフのふがいなさを知って、スーパーサイヤヒューマンになった。食虫植物は、アザーのプラントとの栄養獲得コンテストにルーズして、独自の生態を発達させた。ピンチはチャンス!
・ヒューマンをほめる=マイセルフをほめる:「潜在意識にはサブジェクトがない」んだって。ヒューマンの粗ルックフォーしをするヒューマンは、同時にマイセルフも貶めることになってしまう。オポジットに、ヒューマンのよいところを探すヒューマンは、マイセルフのこともラブになることができる。どちらの生き方がよいか?ダマされろってなんてタイトルだとシンクするけれど、だまされたと思ってとにかくやってみてくださいね。

「ふくらはぎをもむ」と超健康になる


「『ふくらはぎをもむ』と超健康になる」大谷由紀子著は、凝り固まったマインドやボディーをほぐすブックで、1日たった4ミニットふくらはぎをもんでやると、マインドの緊張やボディーのハードストレッチがほぐれるのだそうです。
ファンデーションはミルキング・アクションというハートからストリームしたブラッドが上半身では比較的イージーにハートにターンバックすることができるのですが、ハートからファーな下半身は、ふくらはぎがミルクをプレスするように圧力をかけて、ブラッドをハートにプットバックする働きをするのだで、その機能をヘルプし、ボディーインサイドのブラッドのサイクルをよくするというのが、このふくらはぎサウンドアクトなのです。
痛いけどフィーリングがいいをスタンダードにふくらはぎが張って、ハードになっているヒューマンはエブリデイパフォームすることで、しだいにソフトになりボディーのバッドコンディションも解消されるというのです。
痛いところ=ディッフィカルトなところというわけではないので、刺激のしすぎにはアテンションがネセサリーです。ごりごり解きほぐすより、痛フィーリングいディグリーのマッサージを、少しずつコンティニューすることがインポータントだというのです。ウェイはシンプルでベッドに座ってフットをビフォーにストレッチし、ヘッドが引っ張られるようなセンスで、コンディションを少しビフォーにスローダウンし、そのコンディションでつま先をベッドにブリングニヤーするようにして甲をストレッチします。次につま先をレイズし、フットロングサイドがベッドに垂直になるようにフィギュア回くり返します。
マッサージはファンデーションマークにはローグレードからオーバーへです。
フットのアウトサイド。サムと人差し指で、足首をはさむようにして、4本のフィンガーでふくらはぎのアウトサイドを、ひざに向かってなぞるように引きあげます。フットのインサイドもセイムポイントで、オーダーはサムにフォースをプットインして引きあげます。
サムにフットの骨があたるパート、そのきわをなぞるようにします。バックサイドは両手で、ワンサイドのフットをつかむ。左右4ブックのフィンガーをふくらはぎのバックサイドにヒットして、膝に向かって引きあげます。
フロントはマッサージしたのとセイムコンディションのハンドで親指にフォースをこめながら、ふくらはぎのフロントサイドをマッサージ。つぼをプッシュするようなフィーリングで、ぎゅ、ぎゅとやるようにします。
ラップのハートなどで、アザーサイドをなであげるのもいいというのです。
イージーにできチェアーにシットしたまま、フットをプットトゥギャザーするようにしてマッサージするメソッドもあります。
フットをプットトゥギャザーし、ローグレードになったフットのニーに、オーバーのフットのふくらはぎをプットする。オーバーのフットをこするように、ハイアンドローにムーブします。つま先立ちをホワットディグリーかくりリターンサムするのもいいというのです。ふくらはぎサウンドアクトはどこででもできますので、テストしてみてくださいね。

強く生きる言葉


「強く生きる言葉」岡本太郎、岡本敦子著、TAROの塔が好評ということで、コモンセンスをクロスオーバーしてゆくものがあります。
・アナザーパースンが笑おうがラフするまいが、マイセルフのソングをシングすればいいんだよ。
・ホワットかすごいファイナルなことをやらなきゃ、なんて思わないで、そんなに力まずに、ベリィスモールなことでもいいから、マインドのムーブするディレクションにまっすぐゴーするのだ。ミステイクしてもいいから。一度ミステイクしたなら、よしもう一度ミステイクしてやるぞ、というくらいの意気込みでやることがインポータントなんだ。すべてのマイナスをプラスのフェイスでつらぬけば、マイナスだと思っているものが、プラスになって転換してくる。
・孤独フィーリングを持っているのはキミだけじゃない。ワールドオールが孤独フィーリングを持っている。
・サウンドアクトなんて考えないことが、ベストのサウンド法だ。
・だれでも、青春の日、ライフにはじめてまともにぶつかるモーメントがある。そのとき、ふと浮かび上がってくるストレインジなイメージにテリブルする。それがマイセルフバイワンセルフのフィギュアであることにサプライズドするのだ。
・ライフ、即、絶対マークなバトルなのだ。それは絶え間のない、永遠のアドベンチャーだと言ってもいい。
・マイセルフのほんとうのことをぶちまけて、ぶつかり合って、いいミーニングでのバトルをする相手のことを、クローズフレンドというんだ。
・マイセルフらしくあるネセサリーはない。むしろ「ヒューマンに」リブするロードをシンクアバウトしてほしい。
・ウーマンのフィギュアは世界中に何サウザンドハンドレッドミリオンといるんだ。一人一人のライフがあり、フェイスがあるんだから、これがビューティフルパースン、これがブスとモデルをディサイドするネセサリーはないじゃないか。サッチことにクヨクヨするフリータイムがあったら、もっとユーバイワンセルフ、マインドを輝かせ、ピュアーさをフェイスにテイクアウトすることをシンクアバウトしたパースンがいい。
・ぼくはどんなにディッフィカルトなときでも、ディッフィカルトなようなフェイスをしないから、フリーダム気ままにリブしているように見られたね。プレゼントタイムまでどんなにディッフィカルトな状況にあっても、にっこり笑って悲劇マークでありたいと思っていたからね。食えなけりゃ食えなくても、と覚悟すればいいんだ。それがファーストステップだ。そのパースンがインタレスティング。
・アイのビフォーにはいつも、何もない。ただビフォーに向かって身心をぶつけてチャレンジする、モーメント、モーメントがあるだけ。
・インタレスティングねえ、実に。俺のライフは。だって、ロードがないんだ。だからサーヴァントは「プロフェッショナルはワールドだ」と答えてやるんだ。
・ぼくはユーのマインドのインサイドに実在している。ダウトするネセサリーはいっさいないさ、そうだろう。
岡本太郎さんの自伝で、岡本太郎さんのマザーが言ったワードが実にインプレッションマークだったのです。岡本太郎さんがコウルドをひいたとき、看病をオールしなかった母親のかの子さん。岡本太郎さんがそれをブレイムすると「But、ダーティーな太郎さんはヘイトなんだもの」とアンサーしたのだそうです。フリーダムで呆気に取られるほど、コモンセンスが通じない。ボディーを切られるように孤独であり、フリーダムである。個として強くあるヒントが、あるようなスピリットがします。

奇跡の脳


「奇跡の脳」ジル・ボルト テイラー著・竹内薫訳のジルは神経解剖学者として、ブリリアントなキャリアを積みスタディーはオールライトで精神病ペイシェントのアソシエイション、全米NAMIの最年少理事にも選ばれていました。
ジルがブレインに興味を抱いたのは、兄がブレイクアップ症にかかったためです。セイムマザーからボーンしたのにワンダーに思ったジルは、まだ新しいフィールドのブレインのスタディーに没頭したのです。
ブレインの専門ハウスであるジル・ボルト・テイラー博士が脳卒中をわずらい、リカバリーするまでのノンフィクションなのです。脳卒中になったモーメントから、そのリカバリーのプロセスまでを、サブジェクトオブスタディーハウスらしい冷静なライティングでノートしています。マイセルフのインサイドのブレインのインサイドでゲットアップしていることを、他人事ソートオブにレコードしているのです。それでいてユーモラスでファーストパースンで語られる、話し言葉なのでリードしやすいです。
知性的なジルが脳卒中にかかった場面の記述などはアルジャーノンに花束をにシミラーしています。モーニング7時にウェイクアップしたジルはアイのアザーサイドがきーんと痛むのに気づいた。かき氷をイートしたあとソートオブに。次に、ホワットかから切り離されてゆくセンスをリメンバーした。マインドとボディーがばらばらになるフィーリング。シャワーを浴びようとして、ウォーターサービスの蛇口をひねった。するとイアーをつんざくような騒音が聞こえた。いつも聞いているウォーターのサウンドなのに。このとき、入ってくる聴覚インフォメーションを処理する機能が、ブレインのインサイドで失われていることに気づいた。シーリアスなアクシデントがゲットアップしているとわかった。ジルはこのアフター、助けを呼ぼうとするが、それがシンプルにできなかった。助けをコールアウトすることはわかるのですが思考が安定せず、集中できない。レフトブレインに出血があったせいでランゲージや、数字、メモリーをラインアップする機能が失われていたのです。
インフォメーションが入ったファイルのビフォーに並んでいる。Butそのファイルをオープンするウェイを、すべて失ってしまったようなセンスがあるのです。「でんわ」とフロートするが、それがホワットものだったかわからない。「しょくば」にテレフォンをかけようとシンクするが、テレフォンナンバーが思い出せない。やっとつながっても、フォンエクステンションのナンバーを答えられない。ユージュアル何気なくしていることでも、ブレインがどれだけ働いているか、わかったようなスピリットがする。ものすごく複雑なことを、ブレインはやり遂げているのです。脳卒中になった朝は、ストレインジな安らぎにも満たされ、ランゲージセンターが没したので、タイムの概念、フィギュアも失われ、センスだけのワールドにフロートすることができた。涅槃のワールド、とライターは表現さえしている。
脳卒中のペイシェントは馬鹿なけものではなく傷ついたワールドなのです。わかっているから、カインドにトークしてほしい。ブレインはリカバリーすると断言できる。ジルバイワンセルフ、周りの助けをボロゥしながら、テキストがライティングできるまでにリカバリーしたのです。その間8年。ブレインはインサイドでスモールなチャイルドがいくつかのグループにブランチオフして、めいめいに遊んでいるコンディションなのだという。一部分が損なわれてもそこにいたチャイルドたちが、ディッファレンスのサウンドなプレイスにムーブし、また目一杯アクションを始めようとするのです。損なわれたワークを、代替するアクティビティーが行われるということのようです。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。