本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアル・シンデレラ


「リアル・シンデレラ」姫野カオルコ著のウーマンライターはボスから、かつて本当にシンデレラのようであった女性がいた、と知らされ関係パースンの証言をファンデーションに、その「リアルシンデレラ」の倉橋泉の生涯を探ってゆくのです。
倉橋泉のネームはせんとリードする。倉橋泉は1950年4月29日、諏訪の「たから」というクッキングハウスでボーンし、マザーはスプリングがあまりラブではなかった。誕生日はゴールデンウィークのはじめなので祝ってはもらえなかった。両親のラブをワンセルフにアクセプトしたのは、ローグレードにボーンした妹の深芳(みよし)で、ボディーがウィークだった深芳は、父母にかわいがられ、ビューティフルなドーターに育った。スモールなタイムから深芳のヘルプをさせられたが泉は、文句も言わずにテイクアップした。
泉は変わったチャイルドで、スマイルをあまり見せなかった。ラフはするのだがそのビフォーにぎゅっとこぶしを握り締めて、ぐふ、とくぐもった笑い声をもらす。マザーからも、ストレインジなチャイルドだと思われていた。成長した泉は、高校進学のために諏訪をリーブし、松本のとある名家にリブすることになる。ワイフからコンプリートに礼儀作法をしつけられた。習ったことは、ユニヴァーシティーノートに書き付けておくのがスプリングの習性となった。戦前からの名家である。大きなカンパニーを経営している。ワイフはサンと、泉を結婚させるつもりでいた。But泉のマザーは、その縁談を喜ばなかった。そしてサンも。彼は泉の妹、深芳とラブにフォールダウンしていたのだった。深芳は駆け落ちしてラブを成就した。東京へエスケープしたそのときに、ヘルプをしたのがビギニングに書いたライターのボスである。そのボスが、泉と深芳に関して、このような証言をステートしている。深芳は「オカイさん」と呼ばれていた。お粥さんがなまってつけられたあだ名。ガールのスタンダード、とってもガールらしい女の子だった。泉はディッファレントする。ボイス
をかけられない「ホーリーさ」つまり、侵しボディービルドな神聖さがあった。ビューティフルなヒューマンで、気軽にはタッチしボディービルドなホワットかがあったが深芳は、御曹司と破局する。ヤング、突発マークな恋だった。泉も一度結婚をした。深芳の見合い相手だったマンとだ。しかしこちらも破局を迎え、泉のハズバンドは「たから」で働いていた奈美というウーマンと再婚する。
そのころ「たから」は、泉の尽力もあって、ファインな旅館にコンプリートチェンジしていた。泉はゲストをもてなし、無農薬ベジタブルをレイズしながら、ハズバンドと結ばれた奈美を懸命にサーブし立てる。奈美は女将のポジションにあった。泉はベリィヤングなタイム、ワンダーなゲストに出会ったのだという。ゴーアウトしてなくなりたいとウィッシュするスプリングに、それはプライド不遜なのだと説いた。ヒューマンひとりゴーアウトしてもソサエティーは変わらない。ユーごとき、懸命にリブするほかホワットができるのかとそのゲストは言った。またゲストは泉に、わらじの編みパースンをティーチした。ワンサイドだけのわらじを、泉のハンドのインサイドにリーブした。泉はずっと、アナザーパースンのハピネスだけを願ってリブしてきた。報われることはなかった。フーも泉を真に愛し、キャッチするパースンがいることはいた。泉のことをアンダースタンディングしたマンはいたのだがスプリングは、そのマインドにノーティスすることがなかった。いつもいつも、人のハピネスだけを願っていたから。

スポンサーサイト

ビジネス書大バカ事典


「ビジネス書大バカ事典」勢古浩爾著は、流行のビジネス書を悪口や雑言でばっさばっさとカットダウンしてゆくというもので、勝間さんなどが槍玉にあがってます。読むべきブックもきちんとあげられています。ブックに向き合って、粗ルックフォーしをしたいとか、腹立たしいソウトをしたいとか、サッチことはジェネラルシンクアバウトしたりしないわけだ。ベリィハード向き合って、裏切られたりインプレッションしたりと共感するところがあります。
・だめなビジネス書:本田ストレングス ナポレオン・ヒルのバッドセカンド。ブレインインサイドはマネーのことばかり。石井裕之 ヘッドのインサイドでシンクアバウトしただけ、ソサエティーエクスペリエンスがないヒューマンがひっかかる。苫米地秀人 英語ブレイン、サクセスブレイン。脳ばかり作らされる。書いてあることが荒唐無稽。パーソナルヒストリーもうさんくさい。それでもマンスに2冊出版しコンティニューしている。斎藤一人 語り口ピッチがビートたけし。お釈迦様を意識しているのはないか。感謝すればすべてがうまくいくというが、そのファンデーションはホワットか。ヤングパースンのシンジケート化もアングザイエティー。小林正観 いかがわしい。「グローファットするかも」と言いながらイートするとグローファットすると言う。サッチわけはあるまい。反論してもルームフルに苦笑で流されそうなアフレイドさがある。方便にしか聞こえないことを言う。金儲けに熱心で、グッズを売っているところが怪しい。勝間和代 フェイヴァリット。アーリーのブックにはまじめに書いているステートが伺えたが最近は量産しすぎてネイチャーがフ
ォールダウンしている。インポッシブルやりすぎるディスカッションがスタンドアウトする。勝間和代はヤングなタイムはビジネス書をあまり読まなかったそうだ。ブックよりもプラクティス、アクションというソウトがあったから。だから信用できるサクセスブックとは、実際のところ、経営パースンが書いたブックではないかとシンクアバウトしている。
・リードするべきブック:松下幸之助 ロードをひらく、トレードナレッジ帖など。謙虚であり「ボディーをもってノウするということがホワットよりもインポータント」と、成功のコツをシースルーしておられる。本田宗一郎もイコールトゥ。スピードにリブする、などのブックがある。これらのインダストリーハウスはビジネス書を愛読していただろうか。アンサーはノーであるようにシンクする。エブリデイ懸命に、ワークに没頭したのではないか。サクセスへのロードをノウしたければ、先人の労苦にソウトをはせ、その前向きなフォースにこそ、ヒントをポッシブルするべきではないか。よってリードするべきはインダストリーハウスが書いた、実体験に基づくブックである。スペシャルに7つのカスタムというブックがあげられている。これこそがモーストのサクセスブックだと力説されている。

純平、考え直せ


「純平、考え直せ」奥田英朗著は、ちょっぴり切なくなるエンディングがあり、21歳の純平はやくざのトレーニングインサイドで、ルームリブインしでフリーダムはないのです。パワーのいいエルダーブラザーの北島に心酔し、クリーニングやアザーにフィニッシュすれるエブリデイなのです。
あるときボスから、鉄砲玉になるようにと言い渡されネームのとおりのピュアーハートな純平はふたつ返事でそのウォーをテイクアップし、決行まで3日、週末のイーブニングをフリーダムにパスしていいと言われるのです。
純平は安物の拳銃をハンドにプットインし、焼肉ハウスにゲットインし、加奈というガールにナンパされ、クラブで遊んだアフターにホテルへ。加奈はセンド社員でまがい物を売るメールオーダーカンパニーにサーブしていて、週末のイーブニングに遊びに没頭して、ストレス解消をしているのです。いずれは結婚して、チャイルドを生んで、ジェネラルの暮らしをするつもりだからそれまでの贅沢お遊びなのです。加奈は純平がハブしている事情をノウすると、ホテルのルームからネットのノーティスボードにそのウィル書き込んでしまったのです。ノーティスボードではさまざまなヒューマンが、さまざまなオピニオンをステートしやめよと言うパースン、やくざはゴミだから、ゴミフェローキルしあえばよいと書くパースン、沖縄へエスケープして来いと言うフェローまでいるのです。
ネクストデイ未だフリーダムの純平は、回転寿司ハウスでワンダーなオールドパースンにミートバイチャンスする。ユニヴァーシティープロフェッサーだったというオールドパースンは、純平をティーチャーにルックアップしたいと言ったのです。レールのオーバーを歩んできた人生をスローアウェイしてグレたいのだそうです。純平は同じくビジネストレードにあるフレンド信也をポッシブルしたのです。関西ヒューマンである信也は、フリーダムが利かず、おまけに金回りもよくないやくざトレードをファニーな口ぶりで嘆く。ヘッドのいいやつばかりが出世する。
やくざトレードもアフターオール、格差ソサエティーなんです。純平にはファザーがなくマザーひとりチャイルドひとりの母子ホームだったがマザーは、純平のトラブルなどオール見ようとはしなかった。いつもマンの顔色をウォッチしていて、純平はけんかにドゥナッシングButするしか、フィーリングをやり過ごすことができなかったのです。ホームエリアにターンバックしかつての不良カンパニーにミートするがゼイはオーネストとしての暮らしをサウンドに築いていた。
マザーにもミートしに行った。マネーの無心をウォーニングされるが、アンクシャスしているそぶりは垣間見えた。あきらめがメインなのだと思う。マイセルフだって、ちゃんとフーかがウォッチしてくれていたら、やくざのロードになんか、入らなかったがウェイがない。
純平はあきらめることには慣れていた。ラストに、恋心をカムニヤーしているウーマンにブランチを言いに行った。シーは今後、ブライトなライトのインサイドを歩いて行くのだろう。純平のハンドが届かないプレイスに向かって。いろんなヒューマンに出会った。娑婆とはしばらくブランチなのに。やくざのワールドのせこさ、厳しさも知らされた。ほかにリブしていくロードはないのに。

実践するドラッカー【思考編】


実践するドラッカー【思考編】佐藤等[編著]上田惇生【監修】は、わかりやすいビジネス書でビギニングにテーマのサジェストがありその解説という構成になっています。エッセンスだけを学べるということで、これはこれはと、コンフォートなフィーリングでページをめくることができます。
「リブバースカスタムをレイズする」テーマで、「ネクスト・ソサエティp180」ナレッジワークパースンの生産カスタムのインポータントディグリーについては強調しすぎることがない。ナレッジワークパースンの特性は、ワーカーがワークフォースではなく資本だというところにある。キャピタルのワークをディサイドするものはコストのナンバーではない。量でもない。
解説はキャピタルにはモノをベアーするフォースがある。使っても減らない。ナレッジワークパースンがキャピタルだというのは、つまり、ナレッジワークパースンがモノやコトをベアーするフォースがあるというミーニング。ナレッジワークパースンのリブバースカスタムは、効率ではなく効果で評価されるべきだ。コストではなく、ベアーしたことのインパクトがインポータント。ドラッカープロフェッサーはナレッジワークパースンがリブバースカスタムをギブするためのコンディションをサジェストしている。
・ワークのパーパスをシンクアバウトすること。
・自らリブバースカスタムライズのデューティーをベアーすること。
・イノベーションを継続マークにパフォームすること。
・自ら継続してスタディーすること。
ドラッカーさんがおっしゃったことをひとつひとつ、噛み砕いてティーチしてくれています。キーワードとなるワードをテイクアップしたコラムもあり、イノベーションについて、マクドナルドがシンプルハンバーガーハウスから、一大チェーンになったイグザンプルをテイクアップしています。ナレッジリブバースパースンにとって、イノベーションとは新しいミーニングをベアーすることで、アウトプットのネイチャーをアクティビティーマークにチェンジする、ということです。プラクティスシートなどもあり、ドラッカーさんのレッスンを、マイセルフのワークにどのようにアプライしていくか、考えられるようにもなっています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。