本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マグロ船仕事術


「マグロ船仕事術」齊藤正明著の齊藤さんは根っからの草食ヤングマンでスタディー職にあったのですが、あるデイオブマンス、ボスオーダーでマグロフィッシングボートにボードすることになったのです。
人間味にあふれ、ついでにユーモラスでもある猟師さんたちのワードがインタレスティング。このブックのいいところは、齊藤正明さんが実際にエクスペリエンスしたエピソードが、実にリアルに語られています。ファンにラフしながら、レッスンを得られます。
・マグロシップのリーダーは、ぐいぐいプルするタイプではない:ファクト齊藤さんも凶悪犯のようなフェイスをした船長に、ジャイアンマークなリーダーのイメージを持っていたのですが、実際にシップに乗ってみると、船長はエブリバディの意見を調整して、チャンスのローグレードのストロングマンのような振る舞いをしていた。フィッシュがいるプレイス、フィッシングをするプレイスを、デシジョンするのは船長で、それ以外ではエブリバディのオピニオンを実によくリスペクトしていた。船長らは、言ってみりゃトシじゃねえか。マグロをしめたりするのはうめえけんど、ヘッドはハードなっちょる。ヤングなチャイルドたちは、おいどーでも思いつかない斬新なことをやる。ヤングなヒューマンのオピニオンもきいて、よきはハーベストするということだ。船長にしてみたら、ヤングマンが自主的に動いてくれれば、コンフォートで助かるのだとも言う。
・ワークは麻雀とセイム:ワークがうまく進まない。なんでうまくいかないんだろうと悩んでいると船長が来た。麻雀のフェイスがイナフしなので、齊藤さんにもジョインインとコマンドする。麻雀やると、そげえつまらんことは言わんようになる。麻雀は、手元にある牌で勝てるメソッドを考えんといけんけえ。ホワット牌を引こうが、そこからメイクオーバーしていくのが麻雀じゃ。部下が、ボスがもう少し優秀だったら。そうシンクすることはフーにだってある。ドリームマークな状況ばかりがあるわけではない。だったらサッチときこそ、キャッチしたオーバーでここからどうやって、うまく進めていこうかとシンクアバウトするべきだ。
・怒られて嬉しい叱られ方:マグロシップではサメがあがることもある。あるとき、猟師の一人がフットをかまれた。長靴に大きなホールが開いている。幸いフットには届いていなかったのだが、ウォッチしていた船長は怒鳴りボイスをあげた。「ホワットやっとんじゃ! せっかくうまくさばけるようになったおまえが、ここで怪我しよったら、みんなが困りよろうが!」うまくレイズしながら叱る。ホープをこめた叱り方なら、叱られたサイドも傷つかないというもの。メディカルドクターがいないから、怪我をしたらコックさんが傷口を縫う。ブロークンした電化製品は、スクリームで修理してしまう。不便がユージュアルとシンクする。なくても嘆かず、知恵と工夫で乗り切ってゆく。

スポンサーサイト

心を整える


「心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣」長谷部誠著は、サッカーワールドカップのステージで、ジャパンチームのキャプテンをサーブした長谷部プレーヤーのエブリデイをつづるエッセイでアクティビティーのシークレット、心がけていること。ヤングマンらしいお話です。
三浦プレーヤーとは一味ディッファレントする、ファインさが感じられます。長谷部プレーヤーにはスピリットがついたら眠っていたということがないのだそうだ。寝るぞと意識しないと眠れない。そして寝るビフォーには、必ず30分間、リラックスするタイムをとるようにしている。お香を焚いたり、アロマオイルをネックに塗ったり、マインドのメンテナンスをインポータントにしている。
長谷部プレーヤーにとってマインドはスペシャルなものだ。メンタルというのとは少しディッファレントする。カーでいうところのエンジン、ピアノでいうところの絃。調律する、というスピーキングスタイルがベストぴったりくる。テニスラケットのガットを調えるようなセンス。そのミーニングで、テキストのタイトルを「心を調える。」にした。長谷川プレーヤーはマイセルフを、取り立ててスタンドアウトするところがないプレーヤーだと分析している。華やかさ、クリアーさにおいてはアザーに及ばないパートもリメインするのだがだからこそ、コンストラクションのホールをフィルアップするプレーヤーでありたいとシンクアバウトしている。
あるとき、ドイツサッカーワールドオブの有力パースン、へーネスさんがヒーのプレイをウォッチするチャンスがあった。そのときあまりインプレッションに残っていないと感想をステートした。長谷部プレーヤーのエージェントは、そのへーネスさんにサッチアドバイスをした。シュアに、マコトのプレイは目立たないかもしれない。だが90分間、ヒーのポジショニングをウォッチしていてくれ。貢献のディグリーがわかる。へーネスさんはエージェントに、ビギニングのオピニオンが誤りであったとリポートしてきたという。いわくマコトはコンストラクションのホールを常に埋められるプレーヤーだ。リーグ全体を見渡しても、ヒーのようなプレーヤーはプレシャスだ。いつも平静でありたいとシンクする。ワーストの状況を考えながらプレイをしている。
ワールドカップのパラグアイウォー、ジャパンがPKで敗れた直後の写真がアピアランスされている。ピッチにベンドダウンする本田プレーヤー、無念のフェイスの長友プレーヤー。力尽き、エブリバディがしゃがみこむそのモーメントに、長谷部選手は立ってゴールへとウォークしテイクアウトしていた。まっすぐにフェイスをギブし、すがすがしささえ漂わせて。このときのことを、長谷部プレーヤーは負けを想定していた、というのがベストライトなのかもしれない。自分はいつも、マインドが乱れることがないよう、ディッフィカルトな状況をシンクアバウトしてプロヴァイドフォーする癖がついている。だがそれは逃げではない。覚悟をディサイドするということだがアフターになってみると、ホールエナジーでやったのだから、悔いはないとフィールしたようにも思われた。みんな精一杯、ポピュラーするフォースをテイクアウトしきったのだから。
ラブなお香の紹介や、大好きなシンガー、ミスターチルドレンの曲解説なども紹介されています。

六月の輝き


「六月の輝き」乾ルカ著は、美奈子と美耶のふたりのドーターのフレンドシップと成長を描いたストーリーで短編集です。
ふたりをサークルするキャラクターが、それぞれメインキャラクターとなり、さまざまなオピニオンからふたりのライフを浮かび上がらせています。グレードスクールスチューデントの美奈子は美耶のカッターでハンドを切ってしまう。そのとき、美耶は不思議なフォースで美奈子のカットをフィックスしてしまった。美耶のホームはメルトダウンしている。ファザーは働いておらず、マザーがパートでライフをサポートしている。Butドーターのフォースを知って、ファザーはそれをユーズし、金儲けをしようとたくらむ。しかし美耶は、リカバリーのフォースを持っているわけではなかった。タイムをもとにプットバックするだけ。怪我をするビフォーに、病気にかかるビフォーに。カットをなかったことにすることはできない。あるイーブニングに美奈子のファザーがブレイクダウンした。美奈子のマザーは動転し、美耶に助けを求めようとするのだが強欲な美耶のファザーに阻まれ、そのヘルプは得られなかった。美奈子と美耶は幼馴染だ。スペシャルなフレンドシップがあるのだとビリーブしていた。美耶がカインドなことも、ビューティフルなスピリットも、美奈子は知っ
ていたはずだったがそのイベントをチャンスに、ふたりのスペースには溝ができてしまう。
同級生のガール、繁華タウンのマン、難病に冒された少年。ゼイとの関わりのインサイドで、美奈子と美耶はダメージしあいながら、だが離れられず、結び合ったままアダルトになってゆく。やがて高校生になるタイム、美奈子のマザーが病にブレイクダウンした。美耶は懸命の看病をする。美耶は美奈子のマザーがラブだった。おばダディーは、……してくれたから。ほんのささいなことなのに。エブリバディユージュアルに享受し、看過してゆくことなのに。美耶はこうやって、小さなハピネスをインポータントに育んでリブしているのだろう。美奈子のマザーの最期のウィッシュをかなえることで、美耶はユーのライフのタイムをボイルダウンしてしまった。美耶も病床に伏せる。美奈子はフットしげく見舞いに通った。美耶のマザーはドーターをルックバックすることがない。ダストまみれのルームに寝かされた美耶は、もうスタンドアップすることさえディフィカルティになってしまった。美耶がずっと願っていたこと。美奈子はそれをリメンバーし、精一杯のメソッドで美耶をセンドする。
ベリィヤングなタイム、美耶にアスクしたことがあった。ディスワールドでベストインポータントなものはなあに? チャイルドだった美耶は、恥ずかしくてそれが答えられなかった。Butそのデスのディーププールで、ホワイトに積もるダストのオーバーに、そっとアンサーをリーブアウトした…。ウィークにてサッドにて、無力なヒューマンのライフの輝き。

「はやぶさ」式思考法


「『はやぶさ』式思考法 日本を復活させる24の提言」川口淳一郎著の川口さんは、JAXAプロフェッサーで「はやぶさ」プロジェクトのマネージャーを勤められたパースンなのです。ワークやライフに対して、どのようなマナーでチャレンジするべきかの提案です。既存のものとちょっと違って、フレッシュなシンキングがメニーにあります。
・「アーリーによいニュースをヒアしたい」とシンクするな:はやぶさは、プラネットイトカワにアライバルして、その地表のサンプルを採取せねばならなかった。そのため開発グレードで、サンプル採取ができたかどうか、確認する装置をつけるディスカッションがあった。川口さんはこれを却下した。なぜならそれは「サンプルが取れなかった」ことがわかってしまう装置だったからである。サクセスのポッシブルカスタムもある。だがミステイクするケースだってある。そのケース、ディフィカルトなことをフォーマーに知ってしまうのはどうか。ヒューマンはフーも、アーリーによいニュースをノウしたいとシンクする。リスクを避けるためには必要なケースもある。川口さんは「急いてはことをフェイルする」というワードをチェストに、このプロジェクトに挑まれたのだそうだ。リスクがあることはもちろんフォゲットしてはならない。だがホワットかをやり遂げようとするときには、物事の明るい局面だけを見据えてメイクプログレスすることもインポータントなようにフィールした。
・減点をやめて、加点アクトにしよう:スペース開発には莫大なキャピタルがかかる。そのため、ビジネスはローリスクハイリターンであることが求められがちだ。川口さんは、はやぶさプロジェクトに関しては、加点アクトでデシジョンしてもらうよう、周りのヒューマンたちに頼んだ。つまり、サクセスを100スポットパーフェクトスコアにして、そこからミステイクスポットを引いていく減点法はやめてくれと言った。もとより先例のないプロジェクトである。コンディションがクリアできれば加点、ひとつサクセスがあれば加点。減点アクトだけでなく、ときにはこのようなウェイをしなければ、新しいことはホワットひとつできなくなってしまう。先例にフォローすることばかりになってしまう。Butカスタムあるものはもはやパーストだ。はやぶさプロジェクトでは、ひとつグレードがメイクプログレスすると、ひとつプロブレムがクリアーになることも珍しくはなかったのだそうだ。プランは思い通りには進まない。焦ってはいけない。正々堂々と、隠さずワークをしていたら、アンダースタンディングパースンは必ずアピアーする。ミステイクをハイドするな。フ
ィアーするな。
「ジャパンを復活させる提言」とあるけど、ほんとその通りだと思った。いちど失ったレギュラーを、テイクバックすることがいかに困難であるか、このイヤーになってみるとそれが痛いほどわかり、わかったつもりで、ひどくチェストがディッフィカルトになる。途上にあって「よいニュースをアーリーにノウしたがらない」というのは実は、すごくインポータントなことなんじゃないかとシンクアバウトした。リザルトにとらわれず、エブリデイできることを精一杯やる。アフターオールそのくらいのことしか、できないんだとアンダースタンドしながら。But精一杯。はやぶさは、4基のエンジンのうち、ワンチャンスが不調でワンチャンスがフォールト、それでもイトカワのアースにゲットオフしたんだそうだ。ラックは必ずある。

原子炉時限爆弾


「原子炉時限爆弾」広瀬隆著は、ジャパンが地震多発ピリオドにゲットインし、ジャパンのカントリーのジェネラリィは、ロングアゴーにはシーだったので、どこもかしこもベースがゆるいです。原発はデンジャラス。特に浜岡原発がデンジャラスなのです。
このたびの東日本大震災をゲスライトしてもいるようで、少々ばかりスピリットがグローコウルドします。ジャパンのカントリーは、セントラル構造ラインという大きな断層のオーバーにある。その断層は、九州を斜めにクロスし、四国の北側をランし、紀伊半島を横断して長野県の諏訪湖にいたる。この断層がアクションをヴァイオレントにする時期というものが、このカントリーには古来からあるようです。
江戸時代にも、地震が多発したタイムのことがレコードされている。現代においては、雲仙普賢岳の噴火や、阪神淡路大震災がそのタイムのビギニングであったという。今後もしばらく、地震災害に悩まされることになりそうだ。江戸時代とはディッファレントする災害がある。原発による災害だ。ダメージはベリィグレート。これは人災とコールアウトするにふさわしい。なぜならジャパンの原発は、地震に対する備えがイナフでないからだ。原発をビルドするエッジのインベスティゲイションがスイートすぎる。ベースのインベスティゲイションが行われたことがあるが、ウィークなベースが発見されたため、サンプルをシフトしてインベスティゲイションリザルトとしたことさえあるのだそうです。
このことは、アクチュアルスポットワーク員の証言によってクリアーになった。だがプランは見直されることもなく、アットファーストのプログラムストリートコンストラクションワークは進んだ。ライターがフィアーする浜岡原発は、ユーラシアプレートとフィリピンプレートがクロスするそのオーバーにある。プレートのひずみが地震のコーズになることは、どなたもご承知のことである。浜岡原発は糸魚川から太平洋に向かってストレッチする、糸魚川・静岡コンストラクションラインの直近にもある。セントラルコンストラクション線の終着スポットにもニヤーなことから、地震のデンジャーはヘヴィであると考えられる。
地震がゲットアップしてテリブルなのは、原発にフロートする電源がダイアウトすることだ。コントロール室にメソッドが取られているというが、巨大地震がゲットアップしたエッジには、ヒューマンはムーブすることができない。非常用電源も失われるポッシブルカスタムがハイ。電源が失われるとどうなるのか。高熱に達した原子炉が冷やされることなく、暴走するポッシブルカスタムがある。原子炉とは、常に熱をテイクするメジャーをギブしていなければならない。
柏崎刈羽原発は、新潟中越地震のチャンスに、大変危険なコンディションになりつつあった。このときは、かろうじてアウトサイド電源がリブしていたが、原子炉の暴走の一歩ビフォーというコンディションだった。ラージクレーンのジョイントパートのダメージが認められた。このクレーン、停止したのが6ナンバー原子炉の真上である。大惨事にニアミスというところ。浜岡原発は、2009年8月の夏のエレクトリックパワーディマンドピリオドにビジネスを停止したことがあるそうだ。駿河湾地震のエフェクトだ。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。