本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発のウソ


「原発のウソ」小出裕章著は、フクシマのアクシデントがゲットアップし、チェルノブイリをエクスペリエンスし、核というものにフィアーを抱いているのですが、原発事故よりもアフレイドかいのは、マスコミが一斉に放射能はセーフティーと言いスタートしたことです。ライターの小出ティーチャーのラジオ放送はYoutubeでリファレンスすればアピアーしてきます。
インテリらしい論理だったマナーオブスピーキングと、的確な指摘をする、ヒューマンなカインドさが感じられます。小出ティーチャーのブックが売れているのですが、ちなみに小出ティーチャーは京都大ナレッジのスタディーパースンなのです。
小出ティーチャーはロングタイム、京都大ナレッジ原子炉実験所でスタディーをされ、福島第一のメルトダウンを、3月の時点でスピーチしていたのです。原子炉はユージュアリー、ウォーターでクールし続けていなければならないのですが、ソースオブエレクトリシティーが失われれば、熱は収まらず、溶解してフォールダウンするのが自明の理なのです。カレント炉にウォーターをプットインしコンティニューしているのですが、よいメソッドではないと言うのです。なぜなら、入れられたウォーターは放射能をウェアーし、汚染水となり、ワークメンバーは大量被曝はまぬがれないというのです。
小出ティーチャーは溶解したフューエルが格納容器をもメルトし、ビローグラウンドにフローアウトしてビローグラウンドウォーターが汚染されてしまうので、遮蔽ウォールをといっているのです。放射能はなぜテリブルなのかと言いますと、ヒューマンのDNAを破壊するからで、サドンに大量の被曝をすると、コンストラクションがリターントゥライフすることができず、体がぼろぼろにフォールインしてしまうというのです。
原発アクシデントに際しては、政府はイグザクトなインフォメーションを流そうとしていない。なるべく隠蔽、スモールに見せようとするのがエヴァーである。マイセルフたちにできることは、風向きを見て、風下に入らないようにスピリットをデリバーすること。ビルディングのインサイドにゲットインし、ウィンドウを目張りし、ゲットウェットしたマスクでマウスをカバーすること。アーリーな段階でウォーターを汲んでおくこともインポータントだ。放射能のクラウドがアライバルしたアフターになっては、ウォーターサービスウォーターもウェルウォーターも、ドリンクすることはできない。トリップのタスクがあるときは、40歳以上のアダルトにリクエストするようにする。
なぜ原発をメイクするのか。そのリーズンは、原発は儲かるからで、エレクトリックパワーカンパニーは資産にアクセプトして、エレクトリシティープライスを上げ下げすることができる。原子炉がひとつできれば、資産がメニーになり、コレクションする金額が増えるのです。クリーンだと言われているが、原子炉は排水により、シーの温度を7度ほどあげている。ジャパンのシーは原発によって暖められているのです。エレクトリックパワーが足りないというのもうそだ。原発をムーブするために、止まっている火力発電プレイスが大量にある。余っている。これらをアクチュアルワークさせれば、エレクトリシティーが足りないなんてことはないのです。電力ディマンドが逼迫するのは、サマーのピークアワーの数タイムだけで、それだけのために、これほどデンジャーな発電アクトをとるネセサリーがあるのだろうか?小出ティーチャーの職階は助教授で、定年ジャストビフォーなのです。原子力ポリシーに逆らったらコウルドライスを食わされることになる。スピーチのフリーダムなんてない。サッチしめつけをしなきゃ、成り立たない原発なのです。
スポンサーサイト

ネットでやって良いこと悪いこと


「ネットでやって良いこと悪いこと」佐藤佳弘著の佐藤さんはユニヴァーシティーのティーチャーでIT関連のブックもメニーなのですが、インターネットでしてグッドなこと、ディッフィカルトなことをフルに解説しています。見開きでイラストで解説しているのでとてもわかりやすいです。インターネットは便利ですけど、セーフティーではありません。リアルワールドとセイムでホワットを言っても、しても許されるプレイスではないのです。
・ミスしたテレビプログラムをネットでウォッチするのは?:ウォッチするのはかまわないしイリーガルではないのですが、テレビプログラムを投稿するのはイリーガルになります。録画してパーソナルにエンジョイワンセルフするのはかまわないが、シェアファイルとしてフロートしたり、ビデオサイトに投稿するのはNGでモースト1000万円のファインもあります。ただしダウンロードなど、メンテナンスをしたケースはライティングライトの侵害にあたることもあります。それがイリーガルにアップされたものであるケース、メンテナンスしたパースンにも罪がリーチすることがあります。
・イラストやイメージの落とし穴:最強のネズミであるミッキーマウスはライティングライトがエマージェンシーに強くケアされています。市販のグッズをエンジョイワンセルフするのはグッドがキャラクターをブログなどにメンションすると、たちまちライティングライト侵害で訴えられますし、あからさまなマネもいけません。ディズニーランドのパレードも、撮影はよいが、ネットにアップするのはディッフィカルトなところでビデオをネットオークションで売って、キャプチャされたカスタムがあります。
・同級生が著名ヒューマンに。写真をブログにアピアランスしてもいい?:NGです。肖像ライト、プライバシーの侵害になりかねません。有名人の写真はネットにあふれていますが気軽にブログなどにスティックしジョインしてはいけません。有名人の写真には商品マークバリューがあり、インフォメーションなどオフィシャルのメカニズム以外はだめとシンクアバウトしておいたほうがよいです。
・ネットでのライティング。アテンションすべきスポットは?:「爆弾をしかけてやる」。しゃべるだけならジョークでフィニッシュしますが、ネットに書き込まれると、不スペシャルグレートナンバーのヒューマンのアイに触れますので、ネットにフィルインするということは、メニーのヒューマンのビフォーで、拡声ボールでスピークしているようなものなのです。マーダー予告、犯行予告はイリーガルであり、匿名のライティングであっても、素性はシンプルに割り出されます。
横須賀市では、悪質なライティングをして5タイムアフターにはインベスティゲイションメンバーがハウスにカムアロングしたというイグザンプルもあります。ネットは気軽に使えるということでから気づかずにしてしまっていることもありますね。たとえばチャイルドアンダースタンディング。ムービー鑑賞アンダースタンディングをパフォームするエッジに、レンタルDVDをユーズすることはイリーガルで、上映タスクビデオを借りなければいけません。レストランでクッキングを撮影することもイリーガルになるポッシブルカスタムがあります。ストアーサイドのアプルーバルをとっておくのがセーフティーです。ファミリートラベルで遊園地に行って、ディスクライブした写真にキャラクターが写っているケースも、ネットにあげるとぎりぎりNGとなります。

エコブランディング


「エコブランディング ─なぜ富裕層はエコ商品を選んでしまうのか?」中野博著は、エコブランドでサクセスした企業のイグザンプルをテイクアップしていますので、エコブランド確立のヒントになるかもしれませんね。ブランディングは大切なのですが、エコや環境に対する考察は載っていません。
プリウスの例では、エレクトリックパワーをユーズすることで、ガソリン消費をコントロールしたハイブリッドカーがあります。エコブランドを確立するには、消費パースンがわくわくするようなストーリーがインポータントでアースをレスキューフロムする、環境をプロテクトする、ひいては家族やチャイルドたちのフィーチャーをインポータントにする。消費パースンにはこのような、わくわくフィーリングを持たせなければならない。
1992年ブラジルでアースサミットが開かれた。トヨタはこれをアクセプトして、トヨタアース環境憲章なる、独自のエコスタンダードを作りあげ、21センチュリーのカーは環境に配慮したものであると考察した。そのファンデーションから、プリウスはバースしリッター35キロという、はっきりとしたスタンダードをクリエイションし、環境にカインドなカーであることが、消費パースンにダイレクトに伝わったのです。
プリウスは爆発マークに売れ、ほかのカーより高額であったが、予約はハーフイヤー待ちとなり、消費者のバイウィルをレイズした。リッチマンはエコがラブで環境に配慮することは、マイセルフをレイズすることなのである。環境配慮モデルの商品は、リッチマンがワンセルフ投影できるグッズなのです。
企業はストーリーのある商品を開発しトヨタのように社内にエコ意識を浸透させエコミッションのドローアップが有効のようです。パタゴニアというアウトドアグッズの企業は、商品にオーガニックコットンをユーズするなど、極力環境に負荷をかけないようサーブし環境ケアのための寄付も惜しまず、その姿勢をサポートする消費パースンもメニーというのです。パタゴニアは社員にカインドな企業であることも有名で、就職ホープ者は後を絶たないのです。カインドなことはあらゆるミーニングで、企業アクションを円滑にするものといえます。エコは厳しいものではなく我慢してメイクエフォートするものでもなく、ビジネスを犠牲にするものではないたのです。これからは、こういった姿勢をショーする企業がビッグにストレッチしてゆくのだろうというのです。エコブランドにはグリーンオーシャンが待っている。フィギュアイヤービフォーにはブルーオーシャン理論が語られていましたが、独自カスタムをポッシブルすることで、コンテストのないマーケットを開拓しようというものです。エコのケースはグリーンオーシャン。アーリーなグレードでエコにメイクエフォートする
姿勢を見せることで、消費パースンのマインドをつかみ、優位カスタムを確立しようというウェイオブシンキングです。企業がエコブランドを確立するエッジのアテンションスポットやすべきことなどが解説されています。
手始めに、屋上緑化をスタートするのはどうかとの提案もあります。

稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか


「稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?」亀田潤一郎著は、ライターのファザーのビジネスがミステイクしたために、苦難のヤングな日をパスし、税理士になって、リッチマンの経営パースンをウォッチして、気がついたことがあるというのです。
マネーに好かれるヒューマンが、お金にどう接しているのか。まずパース。ゼイがユージュアル使っているのは長パースだ。それもネイチャーのいいもの。ハイプライスなものである。パースはやってきたマネーにくつろいでもらう場所。けちってはならない。マイセルフでできる、精一杯の対応をしたいもの。ふたつブレイクしのパースだと、ノートが折れ曲がってしまう。長パースでは、サッチことにはならない。なるべくいいものを買おう。これまでのエクスペリエンスで言うと、ヒューマンの年収はパースのプライスの200倍であることがメニー。5万円のパースをホールドするヒューマンは、おおよそ1000万円の年収を稼いでいるというコンディションでワンダーとそうなっている。リッチマンは、ノートに対するフィアーもスモール。新ノートが好きだ。特にトレードをしているヒューマンは、おつりを新ノートでテイクアウトすることにこだわっている。ブレイクしたノートでパスオーバーするケースは、「すみません、オールドなノートで」と、シングルワードアッドトゥするのがエヴァーだ。もちろん渡すときもケアフルに。マネーをテイクアウトすると
き、ヴァイオレントな振る舞いをするヒューマンはマネーにも嫌われる。パースはきれいにしておきたいもの。レシートでぱんぱんになったパースは見苦しいだけでなく、ノートにとってもコンフォートのディッフィカルトなもの。エブリデイチェックして、余分なものが入っていないか、デシジョンしよう。パースにいくら入っているか、知っておくのもインポータントなことだ。お金持ちほど、マネーのインアンドアウトにはスピリットを配っているものである。
スモールチェンジ入れをディッファレンスでホールドすることも、ぜひ提案しておきたい。慣れるとそう不便ではない。意外かもしれないが、リッチマンは「ギザ10」がラブだ。ギザ10とは、サイドにギザギザが入った10マネーキングのこと。実はこのことは、あるカンパニープレジデントからティーチしてもらった。カンパニープレジデントいわく「ギザ10がやってくるのはマネーラックアライバルのプルーフ」なのだそうだ。アフターディスライターも、スモールチェンジをハンドにするたび、ギザ10をルックフォーするようになった。そして気づいた。マネーをコントロールできるヒューマンは、小さなマネーもぞんざいには扱わないということに。オポジットに言えば、スモールチェンジも大切にできるヒューマンが、マネーに好かれ、リッチマンになれるというわけだ。タックスをしぶってはならない。合理マークな節税はよいが、ソサエティーに還元するフィーリングをフォゲットしてはならない。マネーのユーズ、リブしたマネーであるか、ダイしマネーであるのか、デシジョンするフォースをボディーにジョインしたい。マネーをペイすると
きに、ちらりとでも考えるだけで、フィーチャーはビッグに変わってくる。それもマネーをインポータントにするということ。よいパースをホールドし、ボディーの周りをこぎれいにし、まず「リッチマンスタイル」をメイクするところから始めよう。


シンプルに生きる


「シンプルに生きる─変哲のないものに喜びをみつけ、味わう」ドミニック ローホー著、原秋子訳は、シンプルリストでフランスウーマンが書いた、シンプルなウェイオブライフを提案するブックです。
ドミニックさんは禅スタイルのガーデンをウォッチしてインプレッションし、ものを持たない暮らしに憧れ、プラクティスしているのです。
ある写真ハウスがチェックアップしたところ、住民あたりのもののバランス所有フィギュアは、モンゴルのヒューマンが300個、日本人が6000個だったというのです。
ボディーの周りのものは、トランク一つに納まるくらいにとどめたい。所有すべきはライクベリィマッチなもの、ビューティフルに機能マークなもの、ベーシックでベリィグッドなもの。ライフは質素、クリーン、オーダーを重んじるように。整理整頓はタイムの短縮になるだけでなく、マインドの静謐をキープすることにつながる。クローズズや食器、ブックにあふれたハウスの主役はものである。ヒューマンではない。フォーマーのジャパンハウスは、ヒューマンがリーブすると住んでいたウォーリィも残らないくらい、プレーンなものだった。
日本人のライフは、ものをプッシュインにプットインしてしまえば、そのルームでしたアクションのマークが残らないというほどのものだ。タイムに関しては、1日をサンクスでスタートすること、時にはホリデイをとってリフレッシュすること、エブリデイをインポータントにパスすることが提案とされている。マネーについてもやはりシンプル。稼いだ以上には使わない、無駄な消費に明け暮れない。本当にネセサリーなものをシースルーする目を。
美容については、ウーマンらしいフレンドリーな提案がある。バスタイムにブラッシングをして、新陳代謝をプレスすること。化粧シングなど無駄につけるのではなく、オリーブオイルやごま油をハンドでウォームしてつければよいこと。
髪型はシンプルにシニヨン。お化粧は口紅をさっとプルするだけ。爪のメンテナンスはインポータントになど、フランスウーマンらしい提案が続きます。

書いて生きていく プロ文章論


「書いて生きていく プロ文章論」上阪徹著は、センテンスはソサエティーヒューマンになってからもライトするチャンスがメニーなですね。リポートやプラン、提案書などのプレゼントシングがありますし、メールでもちょっとした添え書きで、スピリットの利いたことが書けると違ってきますね。最近はブログを書いているパースンもゴーします。ブログやメルマガなどセンテンスのプロではないヒューマンでもメニーにセンテンスを発信するピリオドになっています。
テキストはライターウィッシュのパースンにポイントして書かれた指南書でセンテンスをライトするときの心得から、ソサエティーヒューマンとしてヒューマンにタッチするときのアテンションまで、とてもケアフルに解説されています。レターもビッグにリードしやすく、わかりやすく書かれています。センテンスをライトすることにプアー意識を持っているヒューマンに、ぜひおすすめしたいです。
ヤングパースンのソサエティーヒューマンのパースンにも有意義だとシンクします。ソサエティーのパースンとして、どうふるまえばよいのか、ためになることが多く解説されています。
文章をライトするときにはフーのために、ホワットのためにをはっきりさせ、リーダーをイマジネーションすることがインポータントです。リードするパースンのエイジ、知識、インタレストなどがはっきりしていればいるほど、センテンスは明快になります。どういったことをノウしたいのか、どのディグリーまで噛み砕けばいいのか。コンパニオンを想定することで、おのずからライトするべきカテゴリーが決まってきます。読んでもらうことの意識をインポータントにして、マイセルフが言いたいことではなくて、コンパニオンがリードしたくなることをシンクアバウトして展開することがインポータントです。
リードしやすくするシンプルな手段は、ラインチェンジがあります。
メールなどでも、ラインフィードなしでびっしり書かれているとリードしづらいので、フィットなところでラインフィードを心がけるよいのです。
ワードはイージーなものをチューズしディッフィカルトなワードを得意げにユーズするのはよくないのです。
スピリットをデリバーすることは、コメントだけに傾倒しないで、リーダーに安心を与えられるようにコメントよりも、うまくほめるセンテンスになるようにし、安易なコメントに走らないようにします。
インタビューのナレッジも、徹底してコンパニオンへの気づかいが解説されています。エクスキューズミーのない服装をして、あらかじめコンパニオンについてチェックアップしておき、ヒアするサブジェクトをクリアーアップにしておき、ウォッチを忘れず、タイムにもスピリットをデリバーするようにします。
インポータントなポイントは不測の事態を常にヘッドにプットインしておき、レコーディングするケースはソースオブエレクトリシティーを確かめておくこと。電池、ノート、ビジネスカードなどはフォゲットしてもいいよう、セベラルをプットインしておくようにしてリザーブをしすぎてウォリードするということはありません。
クェスチョンは事前に用意し、ナレッジをプロヴァイドフォーし、コンパニオンの話はオーネストに受けとめ、ディスカッションや知ったかぶりをせず、コンパニオンのワードを反復しながら、コンフォタブルにトークをしてもらうようにします。
ライターを目指すパースンは、マイセルフのバリュー観をインポータントにして、バリュールックの合う発注パースンとのつながりをインポータントにする。そういったヒューマンフェローのつながりが、フィーチャーにジョイントゥギャザーするものです。

シューマンの指


「シューマンの指」奥泉光著は、ミステリで天才と凡才。モーツアルトとサリエリソートオブな、愛憎ミドルの関係がインタレスティングなです。
メインキャラクターは「マイセルフ」。ヒーのファーストパースンで語られています。マイセルフは団地にリブインする、ごくコモンな高校生でピアノがラブで、ハウスには防音ウォールのあるルームがある。ファザーがあつらえてくれたものです。ファミリーはウォームに見守っています。マイセルフのビフォーに、ピアニストとしてのフィーチャーを嘱望された永ピーク修人がアピアーしジェネラルの高校なのにふたりはいぶかりながらも次第にクローズになるのです。
インパースンはイグザクトではないかもしれない。ジーニアスマークな修人のワードに、マイセルフはいちいちうなずくだけだった。ローグレードフィーリングとリスペクトと愛情。ないまぜになったフィーリングでマイセルフは修人に対しています。修人のマウスをボロゥしてシューマンディスカッション、薀蓄が語られます。
このハンドの薀蓄は、ビギニングから「プレート」と割り切って、あまり拘泥しはしないのだ。ストーリーにおける薀蓄は、クッキングをプレイスオンする皿ソートオブなもの。ビューティフルならば嘆息するが、といって、イートするのはそれではないとシンクアバウトしています。修人にしても、フレンドと呼べるのはマイセルフしかいないようだった。
ジーニアスゆえかヒューマンを寄せ付けない狷介さがあったが神経質な一フェイスもある。ヒーは人前でピアノを弾こうとはしなかった。マイセルフがヒーの演奏をイアーにしたのは、生徒がいなくなったイーブニングのスクールでのことです。
忘れ物をテイクしにゴーバックし、チャンスから、ミュージック室でピアノをプレイするヒーをウォッチした。パーフェクトだった。演奏されてしまったミュージックは、もはや不完全」。修人はよくマウスにしたが、そのイーブニング、ヒーはシューマンをシュアにマイセルフのものにしていた。そのとき、スクールにはアートティーチャーも残っていた。ヒーとふたり、聞きほれていると、怪しげな人影がプールサイドでムーブするのが見えたのです。女子高イノセントが殺されて、プールに浮かべられていた。必死でメディカルケアをほどこすが、生き返らせることはできなかったのです。
フィギュアイヤーアフター、マイセルフは修人の恋人であるウーマンのホリデイハウスに招かれる。修人とカスタムのアート教師、マイセルフの妹もいた。そこで修人は、マイセルフにイベントのトゥルースをトークしスタートする。犯人はマイセルフ。マイセルフはマインドの病気なのだ。錯乱したヒーは、ユーのフィンガーを切りとって暖炉にスローイントゥする。修人のフィンガーは失われた。マイセルフのアイのビフォーで。ウォッチしコミットアンエラーするはずはない。マイセルフはあのイーブニングのことをひとりでターンヘッドする。修人の告白が、ライであったのではないかとシンクアバウトする。
フィンガーは失われなかった。マイセルフはだまされた。裏切られたのです。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。