本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超訳 ゲーテの言葉



超訳 ゲーテの言葉」ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ著、金森誠也・長尾剛訳は、シンプルで味わい深いものが多く、原典より、テキストのために翻訳をしフィックスしたもので滑らかでわかりやすいです。
・賢くないパースンでも、ワイズそうにビヘイブすることはできる。ワンセルフでないパースンも、ワンセルフそうにショーすることはできるけれど、それは演技に過ぎない。だからあまりロングにやっていると、インポッシブルがアピアーしてきてマイセルフがデンジャラスになる。インポッシブルはしないことだ。(トルクワトー・タッソー)
・欲望をプレーンにエクスプレスするパースン。マイセルフの満足しか求めないパースン。そしてコモンなパースン。こうしたパースンを否定してはならない。ゼイは「ワールドの永遠に変わらぬ本質」をそのままにショーしているとなれば、ゼイを否定することは、マイセルフをインクルードしたワールドそのものの否定につながってしまうからだ。(アートとオールドブック)
・トゥルースでライトをリクエストするヒューマンは、マイセルフの行動がライトかどうかを、いつもスピリットにしているが、そのアクションがイーチパースンにアンダースタンディングされ、プレイズされるかどうかは、スピリットにしない。(アートとオールドブック)
・アクションすることがすべてなのだ。懸命にホワットかに取り組んでいるときの充実フィーリングこそが、ハピネスなのだ。リザルトなど、ましてや名声など、どうでもよい。そんなものはおまけである。(ファウスト)
・ディスワールドのアクトはすべて、マンのオールドパースンによって定められる。オールドパースンは、ヒューマンのワールドがひたすらチェンジなくクワイアットでありコンティニューすることをウィッシュフォーする。そのためのアクトを、ヤングマンやウーマンにプレスするが、前向きに生きようとするヤングマンとウーマンは、サッチワールドにあって「例外の存在」になろうとする。(ヴィルヘルム・マイスター)
・ディスワールドをピースへとガイドするには、ふたつのフォースがネセサリーだ。ひとつはライトである。もうひとつは、礼儀である。礼儀を知らない正義は、凶暴で危い。(格率と反省)
・ホワットかを始めるとき、慎重なヒューマンはトラブルを予測して、そのディールウィズアクトを用意しておくところがいざスタートしてみると、実際にハプンするトラブルは、たいてい予想アウトサイドなものだ。用意していた対処アクトなどホワットのウォーにも立たず、その都度いちいちヘッドを悩ませる。予測やケアなど、所詮は「セイドパースンの楽観マークなウィッシュのスライド」を超えることはないものだ。(アートと古典)
・アクションするか、我慢するか。挫折は、そのどちらかでリカバリーできる。(遺稿)言いえてストレインジというのか。すごくアンダースタンディングできるワードがメニーだった。ヒューマンとは、ワールドとは、ピリオドも人種もクロスオーバーして、似通ったところがあるようです。ビギニングに書かれたゲーテのホールライフもインタレスティングに、ラブメニーなヒューマンで器用ではなさそうです。

スポンサーサイト

情熱思考



情熱思考」是久昌信著は、世界のグレートマン45人の挫折とサクセスをノートしたブックで、ワンセルフ啓発マークなポエムソートオブなセンテンスです。
・J・K・ローリング:ハズバンドと離婚し、実母がダイし、収入がストップしたタイムがあった。ドーターはボーンしたばかりで自殺までシンクアバウトした、つらいつらいタイムだった。狭いアパートに住んで、就職のためのスタディーをコンティニューした。サッチインサイド、シーのサポートとなったのは、ストーリーをライトすることで、ドーターが寝た後に、近所のカフェで黙々とストーリーをライトしコンティニューした。ライトしフィニッシュしたものを出版カンパニーに送ったが、よいリプライは得られなかった。どこに送ってもNOの連続でもあきらめず、ホワットディグリーもチャレンジして、ようやく出版がかなったのが「ハリー・ポッターと賢者の石」なのです。
・ハワード・シュルツ:プアーなハウスにボーンし、ファザーをリスペクトできなかった。そのファザーは、懸命にワークしコンティニューしたアフター、肺がんでデスする。少年はシンキングをチェンジした。ソサエティーには、一生懸命働いても報われないことがある。どうにかして、チェンジすることはできないか。がんばったヒューマンが報われるカンパニーを、メイクすることがドリームとなった。ユニヴァーシティーをアピアーして、セールスのワークをしていた彼が、出会ったのが一パッセージのコーヒーショップ。当時はまだ珍しい、イタリアンスタイルのストアーだった。そのネームはスターバックス。一日働いたヒューマンが、一杯のコーヒーで癒される。このビジネスだとソウトをディサイドして、スターバックスのフランチャイズ化にアクティビティーする。従業メンバーも、お客さんも、エブリバディがハピネスになれるワークなのです。
・トーマス・クルーズ・メイポーザー4世:ベリィヤングなタイムのトーマスのドリームは、パイロットになることだった。しかしアダルトは「スタディーがプアーなチャイルドにはパイロットはインポッシブルだ」と言った。トーマスはセンテンスをリードすることができなかった。レターが逆に見え、ヘデックがする。「ユーはスタディーダメージなんだ」とも言われたが、トーマスはへこたれなかった。ドリームをあきらめずアクションし、ついに23歳のとき、バトル機パイロットのプラクティスをオファーされた。もちろん喜んでアクセプトした。ドリームがかなうモーメントだった。訓練の成果は、ムービー「トップガン」として、全ワールドのスクリーンに映し出されたのです。トーマス・クルーズ・メイポーザー4世とは、アクタートム・クルーズのリアルネームなのです。
私たちは、得てしてサクセスパースンのカレントだけにアイをポイントしがちですが、ブリリアントなサクセスのフィギュアにはいろいろな苦難があるのです。グランドなミステイクや挫折をリピートしているのです。

「折れない心」をつくるたった1つの習慣


「『折れない心』をつくるたった1つの習慣」植西聰著は、ワンセルフポジティブフィーリングを持ち物事をディッフィカルトなように解釈せず、ポジティブソウトにとらわれることなく、ディッフィカルトなことには冷静にディールウィズし、アンガーや悲しみ、負のフィーリングにとらわれず、ショルダーの力を抜いてリブするという内容です。
嫌味なビジネスコンパニオンに「厳しいなあ、Butいつものことだから」とシンクアバウトするヒューマンと、「またバカにされた、オーダーもいやなソウトをしそうだ」と思ってしまうヒューマンがいる。コンフォートにリブするならフォーマーで、ヒューマンのワードにあんまりレフトアンドライトされないほうが、ライフはファン。プレゼントタイムのマイセルフをポジティブし、このままでいいと、マウスにテイクアウトして言って、マイナススピーチばかりする人からは、ディスタンスをプットするのもひとつのウェイなのですが、マイナスフィーリングのすべてを封印するというのも、ワールドにはインポッシブルなことなのです。
サッドなときやディッフィカルトなときは、勇気をテイクアウトしてそれをライトアップし、そんなデイオブマンスはアウトサイドに出ない。いつもポジティブじゃなくていい。バケーションのデイオブマンスは、のんびりクリーニングだけでパスする。
ペインとはロングには続かない、フィギュアイヤービフォー、思い悩んでいたマターは、プレゼントタイムでもトラブルのカインドであるだろうか。ディアーに思い返すことはあっても成長したマイセルフとっては、それはもはやスモールすぎるトラブルだ。ダイするほど思い悩んでいることも、フィギュアイヤーパスすればファニーストーリーにあることがある。プレゼントタイムの悲しみにとらわれないように。俯瞰する目を持とう。へこんだときリカバーするメソッドを、あらかじめシンクアバウトしておくとよい。
ディープブレスしてみる。スイートなドリンクをドリンクする。ヘッドのオーバーでハンドを組んでストレッチ。嫌なことはいいことの前触れとシンクアバウトしてみる。マイナスメインコーズを紙に書いて捨てる方法がある。「タイムを守れないマイセルフ」「どうしようもないことをくよくよ悩むマイセルフ」「ヒューマンのワードに振り回されるマイセルフ」嫌なことをペーパーに書いて、びりびり破ってみる。バーンしてみる。シンプルで、拍子抜けするようなメソッドだが、やってみると案外すっきりとする。マイセルフをチェンジしたいヒューマンにはおすすめ。
ひとりになるデイオブマンスをメイクする。タイムをメイクする。一ウィークに一日だけ、残業を切りあげてカフェでパスするタイムをクリエイトする。ひとりになってマイセルフとカンバセーションすることで、得られるものはたくさんある。脳はイメージと現実を区別できないから、ずうずうしくてもよいイメージを描いてみよう。そのうち自信もついてくるし、ふさわしいマイセルフになることができる。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。