本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殺人者はいかに誕生したか



殺人者はいかに誕生したか―「十大凶悪事件」を獄中対話で読み解く」長谷川博一著の長谷川さんは、臨床心理士でロイヤーなどのリクエストを受けたり、ワンセルフデシジョンで犯罪パースンと面会することをコンティニューしているのです。
このブックでは、大阪の池田小学校の事件、連続幼女殺害事件、自殺サイト殺人事件、光市の事件、連続児童殺害事件、土浦無差別殺傷事件、秋葉原の事件、奈良児童殺害事件などが取り上げられています。ファンデーションマークには、犯罪がなぜ起こったか、なぜ犯罪パースンはボーンするのかのリーズンをエクスプレインしたいというこれから、犯罪パースンにはカインドにゲットクローズする姿勢となっています。
・同居女性殺人死体遺棄事件:2年間連れ添ったウーマンをマーダーし、遺体とともに10時間過ごし、アフターに遺棄した37歳のマンは、ウーマンの連れ子、中学生の少年と3人で小さなアパートにリブしていた。近所の住民は、マンと少年をトゥルースの親子のようにクローズフレンドだったと語った。マンはふたりを養うために、ファクトリーセンドと宅配メールの仕事をかけもちし、1日に14時間も働いていた。マンにはアングザイエティーなことがあった。ヒーが留守のスペース、ウーマンが酒に酔って少年を虐待することだ。暴言を吐き、テキストブックにマヨネーズをかけ、制服のシャツをカッターでカットオフすることまでした。ゴールデンウィークの日、マンと少年がムービーにアピアーした隙に、ウーマンがスチューデントクローズズをスローアウェイしてしまっていた。そしてそれは、マンにとってラストの砦であったのだった。マンはファザーから虐待をアクセプトしていた。そのファザーにも、ナレッジランを切り裂かれたことがある。少年にこちらのルームに来てはいけないと言い置いて、寝ているウーマンのネックにハンド
をかけた。ウーマンにも、マン関係で傷ついたディープなトラウマがある。ふたりは共依存ともいえる関係だった。
・秋田連続児童殺害事件:スクールランチをタイムインサイドオブに食べられず、ひどくいじめられたパーストがあった。高校の卒業文集には、もう二度と戻ってくるななど、シーを誹謗するワードがつづられていたという。シーがヒューマンの顔色をウォッチするようになったのは、カンパニー経営をしていたファザーがハウスで暴れるようになったからだった。ミールは特に緊張した。ささいなことでファザーが暴発するから。スクールランチを食べられなかったのも、食に対する心理マークなチャージがあったからだろう。アダルトになってチャイルドを産んでからも、トラウマに苦しめられた。マインド科でメディスンをもらい、不眠に向き合おうとした。ドーターをマーダーしたときは、彼女をとりまく環境がビッグにチェンジしたときだった。ファザーの介護のデューティーがまわってきたのだ。マイセルフをコーナーしたファザーを介護するストレスは、エブリデイビッグになっていったが、マーダーのシーンはリメンバーしていないのだという。リバーからフォールダウンしたドーターのイベントは、ビギニングアクシデントとして処理されようとしていたがイベントだと言
い張り、再インベスティゲイションを願ったのはシーバイワンセルフだ。ベリィヤングなタイムに虐待を受けた人は、耐え難いファクトを認識しないという、解離カスタム健忘に陥ることがある。つらさを実感しコンティニューしていたら、キャラクターがブロークンしてしまうから。フォゲットしてしまうのだそうだ。シーも、解離カスタム健忘と診断された。ドーターがいなくなったシーンはリメンバーしえていないが、何かシーリアスなことがあったということは、メモリーから消せずにいたのかもしれない。
マイセルフたちはサムタイム、ソサエティーに対して無力で、ホワットもできていないとシンクすることがあるけれど、実際のところ、アイのビフォーにいるヒューマンを大事にして、ジェントルでカインドなワールド関係を築くことは、シーリアスなソサエティー貢献であるのではないかと。チャイルドにいっぱいラブを注いで、ソサエティーにはきれいなものがたくさんあるということを、信じられるワールドをレイズすること。すばらしいソサエティー貢献なんだ。

スポンサーサイト

インド人とのつきあい方



インド人とのつきあい方―インドの常識とビジネスの奥義」清好延著の清好さんは、インドステイカレンダー22年のインド通で商社マンとしてヴィジットし、商社を退職したアフターもインド交流のためのアクションをコンティニューしているのです。インドヒューマンのライフやソウト、ソサエティー、ビジネス、つきあいパースンといったサブジェクトで、考察はひとつのテーマがショートなコラムのロングさになっています。
・インドヒューマンはワンセルフデューティー(オウンリスク)をインポータントにする:オールドなビルのエレベーターには、ワンセルフデューティーでユーズするよう注意書きがある。停電がメニーなインドだがエレベーターが停まっても、乗ったパースンヒムセルフがディッフィカルトと考えられる。ジェネラルパブリックを頼んでソサエティーを変えようとは考えない。ソサエティーよりも、マイセルフの人生をインポータントにシンクアバウトしている。アワーの政治がディッフィカルトなのであれば、粛々と投票プレイスにフェイスし、きちんとしたヒューマンをチューズするだけのこと。
・インドヒューマンのボディー能力:イアーがグッド、アイがグッド、手先が器用、忍耐ハード。500ものランゲージがあるインドだが、ヒアし取りのアビリティーが優れている。ジャパンのオートモビールメーカーが、エンジンの音でバッドコンディションをチェックアップするイグザミネーションを行った。日本人エンジニアはそのアートを5年かけて習得したが、インドヒューマンは3ヶ月程度でアンダースタンディングすることができたという。インドは、オーダーするサイドとされるサイドにきっぱりとした区別がある。オーダーされるサイドは、教えたことをきっちりとプロテクトする。ほかのアジアのカントリーでは、バックをフェイスするとすぐにアイドルするが、インドでは一ウィークファクトリーをエンプティーしても、マニュアルストリートにワークがメイクプログレスするといっています。
・カーストシステムについて:アピアランス、ネームでカーストがわかるというのはウソ。カレント、インドにおけるカーストシステムとは、血縁を意識した同業者グループと考るのが最もニヤーかもしれない。差別といわれるカーストシステムではあるが、内情をウォッチしてみれば、リーストのイグジスト保障が得られるコミュニティと言えないこともない。カレント、差別は弱まっている。タウンクラブのレストランでは、フーが作ったのかなどスピリットにせずクッキングをイートしている。新しい職種にはカーストがない。プレゼントデイ化によるチェンジが見られる。
・インドヒューマンのITアートパースン:優秀なITアートパースンがメニー。そのシャドーには、求道パースンをアプルーバルしてきたソサエティーのあり方があるのではないか。インドでITをスタディーするヒューマンは、スタディーをする、遊ばない、コンピュータにのめりこむ、タイムを無視してメイクエフォートする、なりふりかまわない。インドにはジャイナ教という宗教があり、そのスクールのホール衣スクールのプリーストは、ほぼ素裸でトレーニングのエブリデイをセンドする。ホールタウンでもそのシェイプのままだ。そしてソサエティーは、ゼイの存在をアプルーバルしている。インドヒューマンITアートパースンに宗教の求道パースンのフェイスが見られ、ソサエティーも、ゼイを違和感なくアクセプトしている。
・インドをラブになるヒューマン、ヘイトになるヒューマン:インドをラブになるヒューマンとは、マイセルフのバリュールックを持っているヒューマンだとシンクする。マイセルフなりのデシジョンスタンダードをホールドするヒューマンにとっては、インドで起こるマターはコミックソートオブにインタレスティング。ベジタリアンと、ノンベジタリアンがいる。しかしベジタリアンのインサイドにも海草を食べないヒューマン、根菜がだめなヒューマン、いろいろいる。親しくなるとハウスに招いてくれ、ファミリーのようなサービスをアクセプトする。フレッシュなエブリデイに、飽きることはない。インドに合わないヒューマンとは、インドは困っているとシンクアバウトするヒューマン。オーバーからの目線で手助けをとシンクアバウトしている人。インドは困ってはおらず、イーチパースンのプライドもハイ。へりくだることをせず、ワンセルフデューティーですべてをキャッチする。サポートを乞うようなまねをするカントリーではない。
すごくインフォメーション量がメニーに、紹介したいサブジェクトがもたくさんあります。ジャパンとインドでは、あまりにもコモンセンスが違っていて、フリーダムなイーチパースンがいるのだなとシンクします。

書くだけで人生が変わる嫌なことノート



書くだけで人生が変わる嫌なことノート」嫌なことノート普及委員会著は、ワールドはバランスすると一日に56万回ソウトし、そのうち70%がネガティブなことをシンクアバウトしていると言われています。
嫌なことをノートにライトするノートは見開き1ページをユーズし、レフトエンドから嫌なこと、ディールウィズアクトその1、その2、その3とつづり、ライトすることはなんでもよく、ためらわずにライトインするくせをつけます。
・嫌なことは、ライトするといったんマイセルフのハンドからリーブする。ホワットでもライトダウンするよう心がけ、ファクトだけをライトするようスピリットを配ること。フィーリングなどをライトしスタートし、ファクトをさくっと書き出すことで、フィーリングが整理され、ウォリードしコンティニューすることがなくなる。
・嫌なことは四つのパターンにブランチオフする。マイセルフにゲットアップしたこと。ボディーのまわりのアナザーパースンにゲットアップしたこと。マイセルフがやってしまったこと。テレビ新聞ネットなどでウォッチしたこと。
・嫌なことをノウすることは、マイセルフバイワンセルフをノウするということ。遅刻をして、嫌なフィーリングになることがあった。→マイセルフは時間にルーズなワールドであるかもしれない。部下がゲストにドアを開けさせた。→マイセルフは、ケアや気遣いをインポータントにするワールドである。マイセルフの特性をノウし、嫌なことを避ける気構えができる。また、マイセルフの欠点をノウすることができて、よりよいワールド関係を築ける。欠点をフィックスすることができる。
・マイセルフがされて嫌なことはアナザーパースンにはしない。
・嫌なことはサクセスへのヒント。職場でタイムがないのに、ボスに呼び止められてしまった。このようなカスタムはオブジェクトレッスンとして、自分をレイズするためにユーズする。フーかにボイスをかけるときは、そのヒューマンのワークの状況を確認すること。嫌なことをユーズして、職場環境をスムーズにするようサーブし、ビジネスチャンスとして活かすことができる。カウコーナーという焼肉ハウスさんは、オープンアットファースト、閑古鳥が鳴いていることを憂いて、カンパニープレジデントが「ゲストへ。ディスストアーの悪口を言ってください。レジにてプライス300円プルにします!」と張り紙をテイクアウトした。張り紙が話題をコレクトし、いざ悪口を探そうと、客がストアーに押しかけてきた。集められたクレームは、フィギュアのメニーなものから改善が施され、カウコーナーはポピュラーの焼肉ストアーとなった。
ネガティブなブックであるかとシンクしきや、オポジットの発想で意外とインタレスティングなです。

最強マフィアの仕事術



最強マフィアの仕事術」マイケル・フランゼーゼ著・花塚恵訳のライターパースンヒムセルフが、パーストマフィアであって、マフィア風のビジネススタイルを解説したブックではないのです。
マイケル・フランゼーゼさんはマフィアのサンでプリズンにいるファザーのために、マネーを稼ごうとビジネスをはじめ、次第にマフィアとのチャンスもディープり、ラストマークにはファミリーのパースンとなったのです。脱税オイルの販売で巨額のウェルスをポッシブルしたマイケルさんは、サクセスにはグレートエフォートが欠かせないのだと断言している。必ずしも報われるわけではないが、グレートエフォートなくしてサクセスはありえない。
マイケルさんはパジャマを一枚も持っていないのですが、あるときよそのファミリーのパースンだったマンが狙撃され、殺されるイベントがあった。モーニング11時にパジャマフィギュアで朝刊をテイクしにアピアーしたところだったが、ボスたちは、大いに嘆いたという。「パジャマフィギュアだと? いったいどういうことだ。モーニングの11時だったと言うのに」
夜明けオブコースにワークしスタートするようでなければ、ビジネスでのサクセスはつかめない。ハードワークこそがすべてと、スピリットに銘じるべきである。マフィアのワールドには独自のルールがあった。ゼイは侮辱されることをホワットよりもヘイトする。ほかのファミリーのパースンとトラブルがあったときなどは、「シットダウン」が解決のために開かれた。シットダウン。シットする、という意味合いだがマフィアはディスカッションのミーニングでユーズする。いさかいがあると、「ひとまずシット」と言われるが、これはディスカッションをしようということである。
マイケルさんも、腐ったチキンミートをつかまされたイベントや、カーの販売のトラブルなどで、他ファミリーとのシットダウンをエクスペリエンスする。このときスピリットをつけるべきことは、マイセルフから話さないということだ。コンパニオンからトークを聞きだす。プルしテイクアウトする。フィーリングマークになってはいけない。バカにされても怒らない。無用のことは言わず、コンパニオンから言質をプルアウトする。虚勢であっても、弱みをショーしてはいけなかった。コンパニオンを侮蔑したことをライトアップすると、命取りとなってしまう。非を認めてはいけない。コンパニオンがエゴのハードなパースンであれば、そのエゴをユーズするくらいのワイズさがほしい。
マフィアはマキャベリをライクする。コンストラクションのためなら不正をいとわず、ラブよりもフィアーでヒューマンをコマンドせよとエクスプレインする考えだ。マイケルさんもヒーに夢中で、その教えをプラクティスし、ライフのジェネラリィをパスしたがマフィアを引退したプレゼントタイム、ソロモンのレッスンにマインドを惹かれている。
不正でポッシブルしたものは残らず、ライトなアクションこそが報われるというもの。ラブとトラストでヒューマンを結べと、ソロモンはティーチし、ショーしていた。マフィアをやめたアフター、シーリアスな苦難がマイケルさんを襲った。膨大な課税がなされ、財産のほとんどを失った。暮らしにウォリードするエブリデイがあった。ライティングやアドレスで生計をたてられるようになり、ジェントルなライフを享受できるようになった。ファミリーとのタイムも増えた。これまで犠牲にしてきたものを、やっと取り戻せたようなフィーリングだ。家族はインポータント。マイセルフのタイムもインポータント。ハードワークはインポータントだが、ワークばかりのライフもよくない。高校などでもアドレスをパフォームすると伺って、アメリカ社会はポケットがディープなのだなあと、改めて感心する。

朝リーディング



朝リーディング」長谷川理恵著の長谷川理恵さんは、モデルで年間300冊のブックをリードする読書家なのです。
ブックをリードしスタートしたのは20歳をクロスオーバーしたタイムのことで、モデルとして、ビジネスのワールドにフットを踏み入れた長谷川さんは、エブリデイのあわただしさに、マイセルフを見失いそうでアフレイドだったというのです。
あるヒューマンから中村天風さんのブックをすすめられ「てんぷう」という語感になぜかぴんときた長谷川さんは、書店に向かって中村天風のブックをバイしたのです。
一万円以上もするハイプライスな本でガリガリの、ピンヒールを履いたガールには似つかわしくないブックなのです。Butそのブックからは、たくさんのレッスンをポッシブルすることができたのです。シンス、長谷川さんはブックをリードすることをデイリーレッスンのようにこなしています。
ホビーではなく長谷川さんにとってブックは、もはやネセサリーシングといえるものなのです。読書はモーニング、バスで行うことがメニーにだいたい一時間。浴槽にのんびりつかって、その日のフィーリングでチョイスしたブックをリードすることにしているのです。朝風呂につかるというと、ワークハンドル、美容のためと思われることがよくあるのですが長谷川さんにとってのこのモーニングのタイムは、「スイッチをプットインするため」、「コンディションを整えるためのサービス」ソートオブなものなのです。
だからブックをチューズするときも、直感をインポータントにしているのです。だいたい、3冊くらい同時にバスプレイスに持ってゲットインする。長谷川さんは1冊をずーっと、リードしコンティニューするようなことはしないのです。ストーリーは読まない。ファンデーションマークにはビジネス書やワンセルフ啓発書を読んでいるので、そのときそのとき、アイにスタートするプレイスをリードするというウェイをコンティニューしているのです。
1冊をハンドにとって読んでみて、マインドにぴんと来るプレイスをルックフォーする。なければオーダーの本をテイクし、ぱらぱらとめくってみる。いわばつまみリードしなのです。1冊必ずリードし終えないと、という強迫アイディアがないので、コンフォートにブックがリードというのです。前向きになるワード、癒される言葉、スタディーの言葉。そういった言葉をルックフォーするような読み方をしている。いやなブックは読まない。そのいさぎよさもインポータントなのです。
リードするブックのジャンルはあまりこだわらないようにしているのです。メインビルディングにゴーすると、ファッションマガジンからビジネス書、ニューブック書、プラクティカルユーズ書など、一ストリートのコーナーをぐるりとウォークする。ウーマンだからといって、ウーマン向けのブックだけを読もうとは思わないのです。
中村天風さんや、松下幸之助さん。ゼイのブックからウェイオブライフを学んでいるのです。マンだってウーマンだって、リブしていることには変わらないのだから、こだわるネセサリーはないとシンクアバウトしているのです。ブックはライフをティーチしてくれる、セミナーのようなもの。たった1000円ディグリーで受けられるのだからシーリアスなハピネスだとシンクする。自信をギブしてくれるブック、叱ってくれるブック。いくつかマイセルフのチョイスをホールドすることで、ライフはよいディレクションへとチェンジするはずだと言うのです。

モレスキン 「伝説のノート」活用術



モレスキン 「伝説のノート」活用術』活用術」堀正岳・中牟田洋子著の「手帳活用術」のモレスキンとは、ピカソやマティスがユーズしていたスケッチブックがもととなるノートプラクティカルユーズアクトです。
フロントカバーが頑健で、立ったままでも記述することができ、紙質はよく、メンテナンスにもハードなのです。ヘミングウェイや、探検ハウスのチャトウィンなどがベストに愛した伝説のノートです。
使い方ですが、紙質のグッドさに、記述をためらうヒューマンもいるのですが、ノートにあらゆることをライトし溜め、メモリーしたいとシンクすることは、すべてフィルインする癖をつけ、整理の手助けになるのでページナンバーをふっておき、フィルインするエッジにはデイトをつけ、用事やタスク、ブックの感想、ワークのアイディア、思い出やフィーリングなどをレコードしておくことがインポータントです。
アイコンをユーズするとよい。タスクに関しては、のちにチェックをプットインしやすいようにチェックボックスをビギントゥライトしに記入しておき、クェスチョンにフィールしたことは「Q」の見出しをつけ。つぶやき、思い出、フィーリングなどを記入するときは、コミックのふきだしマークで囲ってしまうとわかりやすくし、ノートはエブリデイ整理する。エブリデイ15ミニット、ノートにオポジットするタイムをメイクする。
ランダムに書き込んだことをリードアゲインし、新しくわいたアイディアをライトしアッドする。カラーペンなどでスタンドアウトしやすく囲ったり、アンダーラインをアッドするのもよく、タグをつけるのもハンドだ。<>のインサイドに、インフォメーションのタグをつける。たとえばワークのインフォメーションには<ワーク><JOB>、レストランのメモの前には<グルメ>など。
インフォメーションは、エバーノートというパソコンソフトでコントロールするとよい。エバーノートとは、パソコンやスマートフォンからアクセスできる、さまざまなインフォメーションをメンテナンスできるサービスでモレスキンはジェネラルのノートよりもページフィギュアがメニーに、しっかりとした厚みがある。ページのオーバーのパートにスタートからエンドまでのデイトを打っておくと、ディスタントフィーチャーインフォメーションをルックフォーするときに便利です。
さまざまな使い方ができエブリデイのメモだけではなく、交換ダイアリー、トラベルのレコード、レシピブックなど。大きさ、ぺージも多種多様なので、ユーズしやすいものを選んでエンジョイワンセルフすることができます。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。