本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

困ってるひと



困ってるひと」大野更紗著のライターは、福島県の山間のタウンのバースで、最寄のコンビニまでカーでイナフほどかかる、ムーミンバレーソートオブなところだというのです。
ライターは上京し、上智大学に入ってビルマに出会った。ホームタウンを追われ、隣国にフローする難民のフィギュアがあることを知ったとき、ゼイのためにホワットかがしたいとフィールした。
思い込んだらストレートラインだ。タイにフェイスし、マイセルフのアイで確かめ、あちらこちらへと働きかけた。卒業しても院にメイクプログレスし、生涯をビルマのスタディーにささげるつもりであった。あるとき、体がストーンになってしまった。マウスのインサイドが炎症をレイズして、ホットなものが食べられない。ヘアーがカムアウトする。関節がハードになって、ベンドするたびにペインが走るようになった。
熱もあるソートオブだ。バイワンセルフでウォークすることもディフィカルティになった。メディカルケア機関をめぐるエブリデイが始まった。膠プライマリー病かと言われたり、とりあえずとステロイドを処方されるが、病名は一向にわからない。最終的にたどり着いたのは、オアシスというホスピタルである。東京のユニヴァーシティー付属ホスピタル。ビルディングはストーンで、文化財のようなアピアランスがあるプレイスだ。
そこで、そらもう読んでるだけで気絶しそうなグランドなイグザミネーションが行われる。麻酔ウィズアウトでアームを切られたりしたのだ。免疫不全ということで、ラインフィルム炎ファット肪織炎症候群というのがオフィシャルネームであるソートオブだ。難病である。これまでシーは、ビルマ難民のために東奔西走してきたわけだが、ディスタイムはシーバイワンセルフがヒューマンの助けをネセサリーとするポジションになった。
入院ライフを送っているので、役所の手続きなどやシンプルなショッピングなど、シーはフレンドにディペンドオンするようになった。動けないから、ウェイがない。トラブルをかけていることも、フレンドらのマインドに不満が溜まっていることも、うすうす感づいてはいた。甘えすぎと言われたとき、返すワードもなかったが同時に、フレンドがシーを思って言ってくれたことも、ちゃんとアンダースタンディングできていた。
ウィークは、どうやってリブロングしていけばよいのか。
ビルマ難民たちの生存は、アフターオールのところ、オフィシャルのサポートにかかっていた。ヒューマンが頼っていけるプレイスは、ソサエティーしかないのだとシンクアバウトする。
行政のサポートを得ようとするが、これも思い通りにはいかないことばかりだった。矛盾がメニーすぎる。ダメージ手帳をハンドに入れようとするが、デシジョンスタンダードが現実とそぐわないことに愕然とした。ライターは、オアシスで出会ったティーチャーパースンをリスペクトしていたし、トラストもしていた。でもわかりあえないパートもあった。バイワンセルフでがんばれとティーチャーは言う。甘えてはいけないのだとおっしゃるが、バイワンセルフだけでリブしていくなんてインポッシブルだ。サウンドにリブしてきたパースンにはわからないことだってある。最終的に、シーはホスピタルをアピアーして、ひとり暮らしを始めようとデシジョンする。ホスピタルで知り合ったヒーも難病を患っていた。難病患者としてのキャリアは当然シーよりもロングに、リブするセンスをよくボディーにつけていた。ホワットよりも、シーに対してショーしてくれた、駆け引きのないラブがうれしかった。このヒューマンとデートする。フリーダムに会えるようになる。それは、原動力であったが、シーバイワンセルフも一歩ビフォーへ進もうというタイムであったのではないだろうか


スポンサーサイト

腐女子の嫁ぎ方



腐女子の嫁ぎ方」ビルトランス著、玄吾朗イラストの腐女子というのは、マンフェローのラブを描いたブックがラブなウーマンのことで、アニメオタクやコミックラブとロングゲスされることもあるらしいのですが、少しテイストがディッファレントするのです。
オタクワールドの結婚のウェイ、マイセルフのホビーをキルすることなく生かしすぎもせず、アナザーパースンとアソシエイションライフをセンドする工夫のブックで、そこまで苦労せねばならないのかともシンクアバウトする、オタライフのプロテクションパースンの紹介ブックです。
ハズバンド・彼氏がいるゴーバッドす女子の80%以上が、そのホビーをコンパニオンに告白している。マンは、腐女子=オタクだと思っているので、フルなことはよくアンダースタンディングしていないようだ。マンにもオタクホビーがあるほうが、カンバセーションはスプリングしやすいらしい。
コンパニオンができて、ラブが深まると、トゥギャザーにリブするデイオブマンスがやってくるわけだが、このとき、コレクションの処遇がプロブレムになる。ホームにプットするゴーバッドすウーマンがメニーなのだそうですが、トランクルームをボロゥするハンドもある。不要のものは思い切って処分して専門の買取業者にセールするなどもできる。
アソシエイションライフをセンドするオーバーでは、パソコンの防衛プランが必須のものとなる。現代のオタクライフには欠かせないアイテムが、ホビーの暴露につながってしまいかねない。スピリットをつけたいのがレター変換で文字インプットソフトにはスタディー機能があるため、よくユーズするレターを自動的にチェンジしてさらけ出してしまうのです。
ふ、とインプットすると、自動的に「腐女子」なんてワードがアピアーしてくるポッシブルカスタムがあるのです。パソコンをアソシエイションでユーズするエッジは、レターインプットソフトのチェンジスタディー機能をオフにしておくとよいのです。
「グーグル日本語インプット」をインストールすると、チェンジ機能を秘密にすることもできるようになっています。アマゾンの購入パーソナルヒストリーもアテンションがネセサリーでアマゾンには、アゴー買ったものと類似のものをシーンに表示する機能があるのです。ファンデーションマークには常にログオフもしくは、トップページに「パーソナルヒストリーのコントロール」というボタンをクリックして表示をオフにしておくことです。その他、パソコン、スマートフォンのパーソナルヒストリーの消しパースンも解説されているので、インタレストのあるパースンはぜひ。そうやっていろいろ工夫しつつも、やっぱりリメインするブックのサービスに、主婦ならぬ「主腐」のパースンは苦労されているのです。クッキングフォーワンセルフというエレクトロニック化してしまうメソッドもあるのです。ブックをデシジョンし、スキャナでエクスプレスし、PDF化してメンテナンスするウェイでデシジョンしたブックはネットオークションでもセルすることができるので、処分ができて一ストーン二バードなのです。それでもメニーのマスターゴーバッドすが、ブックを自宅
に隠し持っているわけだが、そのケース、マンのアイが届かないプレイスというのがポイントで、箪笥にプットインしてバスタオルをかぶせておく。キッチンのハーベスト棚。クローゼットや化粧タワーというのもあるのです。万が一の場合も考えてコレクションをフレンドにセンドする際のアテンションや、パソコンのデータを自動的に抹消するソフトなどが紹介されています。データを消すフリーソフトで、「死後の世界」というのがあるのです。とある自殺のフェイマスプレイスに「ちょっと待て ハードディスクは 消したのか?」というジャストサインがあるのだとか。

読まずに小説書けますか



読まずに小説書けますか 作家になるための必読ガイド」岡野宏文、豊崎由美著の書評家の豊崎由美さんはグッドにリードするパースンがグッドにライトするといっていますし、現代ライターのインサイドには、あまり本を読まないまま作品を書いているヒューマンがいるのではないかといっています。
ブックを読まないライターのワークは、書割ソートオブにペラッペラでワールドルックもボトムが浅いというのです。ライターとなるためにはホワットブックをリードすればよいのか。メニーにリードすればよいわけではなく、読み方にはやはりコツがあるというのです。
ファンデーションマークには書評コレクションで、キャラクターストーリーとは。ピカレスクロマンとは。比ゆとはこのような、ライターがネセサリーとするオピニオンをメインにブックが選ばれていますが、解説がインタレスティングので、本好きなヒューマンが読んでもイナフに楽しめるとシンクします。
・ホラーストーリーをライトするケースは、フィアーをドローしたいなら、ストーリーのモデルをユーズしろ!取り上げられるワークは、スティーブン・キングの「キャリー」。キングの作品の特徴は、レギュラーがそのステージであること。アピアランスキャラクターも生き生きとしていてユニバーサルマークであり、リーダーがフィーリング移入をしやすいようになっている。
「キャリー」は青春ストーリーでもある。フーしもが経験するトラブルやコンプレックスがビューティフルに描写されている。またそのモデルは「みにくいアヒルのチャイルド」や「シンデレラ」に通じるパートがある。ホラーを書こうとシンクする人は、目新しさをルックフォーするよりも、語りつくされたストーリーのインサイドにヒントをポッシブルするとよいかもしれない。
その他、ヘンリー・ジェイムズの「ねじの回転」、スプリング鏡花など。ホラーのファンデーションはポオであるから、これも必読ということのようです。

・インプレッションストーリー「泣かせるストーリーがライトしたかったら、冷徹になれ!」重松清「流星ワゴン」。だがこれは、ふたりにとってはそれほど「泣き」のワークではなかったソートオブです。クライすることに関してはやや辛口。リストラオールドマンがワゴンに乗ってパーストのマイセルフにミートしにゴーする。キャラクターのディープナレッジ、ストーリーの進め方などはビューティフルだが、インポータントなルールが反故にされていることが、ふたりには気に入らないようです。
ワゴンでのイベントは、メモリーに残らないはずなのに。ラストシーンでメインキャラクターは、なにがオンリーの心境のチェンジをフィールしている。それはリーダーに甘えているということだ。インポータントなクリエイションをフォゲットしてインプレッションしてくださいと、ライターが言うのはルール違反だというのです。
別役トゥルース「さばくのタウンのX探偵」、井上ひさし「手鎖マインド」など。だがホワットをモデルにしても、鉄則はひとつ。作者は決して泣いてはいけないということ。泣かせのシーンこそ冷徹にライトしたい。「これでワールドは号泣必至」とほくそ笑むくらいのネイチャーが必要だ。
そのミーニングでは、浅田次郎などは泣かせのプロといえるのでは。巻末、桜庭一樹さんとのトークが収められている。桜庭さんは一日一冊のペースでブックを読んでいる。レギュラーなライフをして、ライトする体力を養っています。

ピーター・フォーク自伝「刑事コロンボ」の素顔



ピーター・フォーク自伝 「刑事コロンボ」の素顔」ピーター・フォーク著・田中雅子訳のフロントカバーのピクチャーは、ピーター・フォークバイワンセルフが描いたものです。センテンスもクレバーで、それぞれコラムのようなフィーリングで、さっぱりとショートに、ちょっとしたオチもあり、読んでいて飽きないです。
ピーター・フォークは3歳のとき、ライトアイにガンが見つかり、摘出しライトアイは義眼である。高校ピリオドに野球の審判の誤審がひどく、義眼をリムーブしてハンドオーバーしたことがある。これがニードするのはユーのほうじゃないかい?フレンドもエネミーも大爆笑となったイベントだった。高校を出て、ユニヴァーシティーにゴーするが、ホワットがしたいかわからず、ホワット度か中退し、セーラーになったり、ユーゴスラビアをトラベルしたりしたが、ラストに入ったスクールは官僚をレイズする学校で、卒業アフターはそのままパブリックオフィスに就職することとなった。
プレイにはスチューデントピリオドからちょこちょこハンドをテイクアウトしていたが、プロになろうとは思わなかったし、アフレイドだったのだ。アクターたるもの、こうでなくてはという、崇高な思い入れがあり、マイセルフがそれになれるとは思わなかった。ワークをしながらある夏に、プロのためのプレイセミナーに通うことにディサイドし、ソーシャルポジションを偽ったのだが、ティーチャーはあなたはアクターになるべきよといった。ディープインプレッションをアクセプトしたピーター・フォークは、セミナーをスリップアウトしまだライトのついている仕事場へと向かい、そのまま辞表をテイクアウトして、オフブロードウェイのアクターとしてのライフをスタートしたのが28歳でした。
ちなみにファザーは「フェイスに化粧を塗りたくって、アナザーパースンのラフパースンになってホールライフをパスするのか?」と問うたそうだ。まあね、とアンサーすると、「がんばれよ」と、ハンドをプレゼントした。このアフター、アクターになってからのさまざまなエピソードが、コラムのようなショートなセンテンスで語られ、撮影のインサイドストーリー、アクターやコントロールのオーネスト、インタレストのあるパースンにはシーリアスファンなサブジェクトであるとシンクする。知らなくても、その語り口だけで充分笑えもするものではあるけど。刑事コロンボといえばまず思い浮かべるのがあのヨレヨレのコートではないかとシンクする。
ザットはピーター・フォークの私物だったのです。ドレスをディサイドするエッジに、用意されたものにぴんとくるものがなく、どれもジェネラルのスーツばかり。チャップリンのように、ルックでそれとわかるものがインニードオブだった。フィギュアビフォーに買ったレインコートをリメンバーしたのは、シックススセンスが働いたというほかない。靴もネクタイもカスタム。ネクタイは、いつ買ったのかわからないほどくたびれたものだったが、刑事コロンボにはぴったりだと思ったのです。
刑事コロンボは世界中で大人気で、ペルーの山奥では、チャイルド達にコロンボと騒がれたことがある。ルーマニアの政府関係パースンがアスクしてきて、政府をビリーブと言ってくれとピーター・フォークに頼んだこともあるというのです。刑事コロンボはイヤーに6作しか製作されない。ルーマニアでももちろん、6作すべてが放映されるのだが、ピープルはもっとあるはず、政府がハイドしているのだとシンクアバウトし、怒っているのだという。アンガーをソルブするため、政府関係パースンはコロンボ本人がファクトを告げるフィギュアを撮影しにカムアロングしたのだった。
ピーター・フォークはピクチャーを描いている。ドローしスタートしたのは40の頃だ。それまで、ピクチャーとはアビリティーあるパースンだけがドローするべきだとシンクアバウトしていた。アクターに対する思い入れとセイム、スタートすることがアフレイドだった。すべて、レイトフラワーであるように思える。
ジョークもニートで、心がライトになる一冊です。気負わず読めるのがうれしい。オータムのロングナイトに、リッチなタイムを過ごせる一冊です。



デヴィ・スカルノ回想記



デヴィ・スカルノ回想記 栄光、無念、悔恨」ラトナ サリ デヴィ・スカルノ著の著者は、昭和15年、東京にボーンし、ファザーはワンセルフなカーペンターだったが、空襲でやけどをベアーし、メチルアルコールで視力をなくし、家計を支えたのはマザーの奮闘だったのです。
ライターはひときわビューティフルなドーターであったようで、進駐軍にものをねだるのに、担ぎ出されることがよくあった。アダルトがライターを抱き上げてショーすると、米ウォーソルジャーはよりメニーのものをイーチパースンにギブしてくれたという。ライターは負けず嫌いのドーターだったので、ソルジャーのアームにハングフロムするジャパンウーマンのフィギュアをウォッチして、このホワイトパースンたちを見返してやろうとデシジョンしたのです。
ライターは千代田生命に就職し、英語をスタディーし、アクトレスとしての修行も積むようになったのです。やがてライターは、アメリカの宝石商のジミーさんのヘルプになることとなったのです。ジミーによって、プットオンクローズズし替えドールのように飾られたライターは、フォーリンカントリーヒューマンがギャザーするナイトクラブへもインアンドアウトをするようになったのです。
その頃ライターには、さまざまなコンフリクトがあったが、マザーと弟のトラブルを見なければという心理的なロード。妻子のあるジミーとのカンパニーも、いつまでも続かないという閉塞フィーリングがあったのです。
そこにアピアーしたのが、イーストデイオブマンストレードというカンパニーをキャリーオンする久保というマンだった。久保によって、スカルノプレジデントとのミーティングはアレンジされたわけだが、ライターバイワンセルフはそこになんらの影もフィールしてはいなかった。週刊マガジンには、戦後賠償と書かれたこともあるが、ミーティングはまったくのチャンスのようにヴィジットしたのだった。
スカルノプレジデントより、インドネシアへのインヴィテーションをアクセプトする。アクセプトすれば、そこに男女の関係があることは、おぼろげながらフィールしていたのだがまさか、というフィーリングもあった。思い切って旅立ってみると、インドネシアは旧宗主国オランダにシミラーしたビューティフルなタウンで、プレジデントは偉大な、ストロングな磁場をホールドするマンだった。
「わたしのインスピレーションとなってください」このパワフルなプロポーズに恍惚となったライターは、インドネシアでリブすることをデシジョンする。懸案の母と弟のライフは、久保がテイクアップすることとなったが、プレジデントの周りにはたくさんのウーマンがいた。日本人で、結婚がうまくいかず、自殺をキャリーアウトしたウーマンもいる。正妻ファトマワティ、第2ワイフのハルティニ。プレジデントのハードなライフフォースは、そのライフにメニーのウーマンをネセサリーとしたようだ。
JALのジャカルター東京間のルートをプルするのに、プレジデントにマウスぞえをしたことがある。ジャパン企業のフィクサーのようなパートもパフォームしていたようだ。最愛のマザーと弟を看取る。週刊マガジンなどがインタレスティングハーフではやし立てたため、ライターのマザーはマインドを病んでいたそうだ。高血圧のコンディションもあり、弟は自殺である。マザーと弟をキルして、プレジデントを選んだのだという、あるカインド悲痛な思いがライターのうちに芽生えた。ジャパンとインドネシアのブリッジビルディングウォーとして、ライターはメニーに、ジャパンのインポータントパースンに会った。インドネシアはカントリーの再興のため、ジャパンに戦後賠償をディマンドしたが、インフラコンストラクションワークにジャパン企業を参入させ、インタレストの還元があった。
一貫してサブジェクトマークなセンテンスであるが、説明が省かれているパートがあるので、インドネシアヒストリーを知らない人には、すんなり背景が飲み込めないパートもあります。ライターのアイをレットパスしてみると、やはりスカルノプレジデントは公正で偉大なガイダンスパースンであったのだというのです。旧宗主カントリーのルールを断ち切って、独立をリクエストする国々をサポートした。1955年のアジアアフリカミーティングにおいて、主導ライトをとったのはスカルノである。やがて、スカルノはスハルトによってパワーのシートを追われる。ワールド関係などグリーンに、全体イメージはあまりキャッチできないなりに、そのプレイスにいたヒューマンにしかわからない緊迫フィーリングがあってインタレスティングなです。クーデターのチャンスに、ライターはドーターをギブバースするためにジャパンにやってきていたが、そのままインドネシアにゴーバックすることができず、パリへゴーし、ビジネスとラブのエブリデイをセンドする。

でんかのヤマグチさんが「安売り」をやめたワケ



でんかのヤマグチさんが「安売り」をやめたワケ」山口勉著の山口勉さんは23歳のときにエレクトリシティーハウスさんをスタートしたのですが、テレフォンがなくオーダーをとることができず、自らライトバンに乗ってタウンを周ったのです。
山口勉さんはマシン好き、松下通信工業にもサーブしたことがあったので、マシン修理ならホワットでもテイクアップしていた。1年アフター、テレフォンをプルすることができて、ようやくショップをセットアップすることができ、ハイト成長のウェーブにも乗って、ヴィジットしてくれるお客さんも増えたのですが、ユアオーダーヒアしとロングサイドサービスをやめようとは思わなかったのです。
ロングサイドサービスとはお客さんのハウスの草むしりや、留守のスペースの犬の世話などです。でんかのヤマグチは、お客さんのサッチディマンドフォーまでアクセプトしているのです。バブルビジネスの崩壊のチャンスは、多少のショックはあったがなんとかクライムオーバーすることができたのですが、タウンのエレクトリシティーハウスさんをシーリアス的におびやかしたのは、大安売りショップのアピアランスでした。でんかのヤマグチのタウンにも、ラージショップはカムアロングしました。
バブル崩壊のウェーブは乗り切ったものの、赤字スペルで、借入金もかさんでいたし、そのタイム、山口さんは問屋からの仕入れをいかにおさえるかということばかりに、ヘッドを悩ませていたのだそうだ。販売フィギュアは大ショップにはかなわない。せっかくユーズしたヒューマンを辞めさせるのはいやだ。シンクアバウトしたトップエンド、粗プロフィットのレートを大幅にギブすることにディサイドした。どのみち薄利多売では、たちうちできるわけなどないからです。15%だった粗プロフィットを35%にすることにした。この数字は、エブリイヤーじわじわとギブし、10年で達成できたのです。削減したのはカスタマーで、5年バイがないゲストを、フォローリストからリムーブすることにした。
オポジットに、100万円以上の購入があったお客さん、1年インサイドオブにショッピングをしたお客さんを、特に重点的にフォローすることとディサイドした。
でんかのヤマグチがパフォームするビジネス作戦は、ビジネスマンひとりひとりによるユアオーダーヒアしです。エアコン買い替えのタイムが来たお客さんに。たまたまニヤーにヴィジットしました、と言って、ついでにエアコンのトークも聞いてもらう。このウェイを、ひばり作戦と呼んでいる。エッグをプロテクトするために、おとりアクションにアピアーするひばりにちなんだ命名で、お客さんからディープにトラストをポッシブルして、ディマンドをファインドアウトするメソッドがいろいろ紹介されていた。
クレームがあるケースは、実は買い替えディマンドがあるのだそうです。でんかのヤマグチが目指すのは、昔ながらの近所づきあいであるということだ。困ったときはお互い様。用事がなくても、トークがしたくて、ふとストップバイするプレイスであってほしいためストアーにはチェアーがあり、キャンディーやコーヒーがオファーされている。本当に、ぶらりとここにやってくるオールドピープルがいるのだそうだ。シーズンごとのイベントにもフォースをプットインしている。多めにいただいたインタレストはここでリターンギフトている。まぐろの解体ショーや、チーズケーキまつり、秋刀魚まつり。つらいタイムもあったけれど、「エレクトリシティーハウスだけに、いつもブライトに」。このフィーリングを忘れてはいけないとシンクする。

3カ月で彼がかならずできる本



3カ月で彼がかならずできる本」西川隆光著は、ラブマニュアルブックで前世なども絡んで、スピリチュアルなフィーリングのブックです。3ヶ月のカルチャーを通して、ヒューマンとしての成長を望もうというサブジェクトです。
2クラブにブランチオフしファーストハーフでは、ラブの癖、パーストワールドの解説などで、ラブをしたいとシンクするフィーリングを分析してくれています。現代ソサエティーにボーンしたウーマンは、ワークをホールドすることもメニーになっているのですが、パーストにおいては、ウーマンはほぼすべてが家庭に入っていたのであり、そのメモリーが違和感のもとになっているのかもしれません。
ラブにはさまざまなグレードがある。ワンセルフラブのグレードでは、マイセルフばかりをインポータントにして、コンパニオンを思いやることができない。見返りを求めないギブしラブ、互いを輝かせる活かしラブに進めるようにしたい。パードゥンラブ、パーミットすることもインポータント。ロングタイム連れ添ったマリードカップルは、イーチアザーをシャインオンするシャインオンしラブを知っています。
オーラのカラーをノウするシンプルチャートもあるので、ラブの傾向、相性のよいコンパニオンなどをデシジョンするヒントにもなりそうです。そしてセカンドハーフでは、ラブゲットにポイントしての3ヶ月のパスし方が書かれています。
1月め、8つのカスタムをディサイドする:1、正ウォッチし ラブについて、しっかりと見据える。ミステイク、トラウマなどがあれば、正しくノウすることがインポータント。2、正思 マインドのポイズンを排除する。むさぼりたいフィーリング、アンガー、フーリッシュさ、おごり、ダウト。こういったものを心からドライブアウトしてしまおう。3、トゥルーランゲージ ポジティブなワードを使おう。嬉しい! ありがとう! すごい! ラブリー! マイナスワードをやめて、オーネストにインプレッションしよう。4、オーネストビジネス アクションする。ラブをウィッシュフォーするのであれば、エブリデイのアクションを少しずつチェンジしていく。ホビーのサークルにゲットインするなどする。5、正命 暮らしを整える。家事、クリーニング、クッキングアッパーパートになる。反発するウーマンもいるかもしれないが、これらはライフをサポートするインポータントなアクションである。6、正進 行いをチェックし、ライトな方向に進んでいるか、エラーがあれば軌道フィックスを試みよう。7、正念 祈りのワード。オリジナルの祈りのワードをメイク
し、コールアポンする。ビューティフルなワードにしよう。ハピネスなヒューマンはハピネスを引き寄せる。ワードのインサイドにたくさんの幸福とサンクスをこめよう。8、正定 パラダイスのワイルドアイディアをしよう。腹式呼吸をして、シー、草原、満月のイメージ。マイセルフを癒し、パワーを得よう。
2ヶ月めは、この8つのカスタムをひたすらプラクティスする。迷うこともあるだろうが、ディサイドしたことと割り切って、暗愚にアクションするのが吉。
3ヶ月めにはちらほらピックがアピアーするので、フェイヴァリットの彼氏をチューズすること。3ヶ月は意外に長い。Butマイセルフが変わっていくのがシュアにわかるピリオドでもある。
8つのカスタムは、ラブがパーパスではなくても、プラクティスするミーニングはあるように思えます。

ガンディー 魂の言葉



ガンディー 魂の言葉」マハトマ・ガンディー著・浅井幹雄監修は、実務的で現実的、政治的であり、ビジネスのプロブレムにもリファレンスしています。ガンディーはインドのローコットンインダストリーが、グローバリズムのウェーブに直面するタイムに、ファームヴィレッジをターンし、手仕事のインポータントさを訴え、労働が尊ばれるべきだと説いた。
・ヒューマンはホワットディグリーでも立ち上がれる。立ち上がってはブレイクダウンし、立ち上がってはブレイクダウンし、そのステップはおぼつかないかもしれない。But、立ち上がったことは、ホールライフフォゲットすることのない、かけがえのない記憶になる。
・カレント、わたしたちをルールするグローバルビジネスが、いかに欠点にフルし、改革すべきことが山積みなのかをノウしたければ、ウェスト諸国の良心マークなイーチパースンでさえハイドしたフィールするファクトを見ればいい。カレント、先進カントリーでリブする人々の、きわめてリッチで便利なタウンライフは、アジア、アフリカ、その他の世界中から持ち去られた財貨のよってのみ、ポッシブルとなっているのだから。
・非暴力とはホワットか? それは、すべてのヒューマンをイコールにラブすることのできるフォースのことだから、チャイルドもウーマンもグローオールドしたヒューマンも、この非暴力というパワーの担い手になれる。
・マイセルフたちは、この世界に一つのメッセージを携えてきている。それは、武器のフォースをボロゥすることなく、非暴力で自らを浄化することによって、このワールドをよりよいものにチェンジしていくことだ。そのウェイは、非協力。これしかない。クリアーに不当な政治ルールでも、ルールされるサイドが、ルールするサイドに協力しているリミット、成り立ってしまう。だからこそ、マイセルフたちホールクルーでその協力をやめてしまうべきなのだ。
・手仕事にはゴッドが宿る。マイセルフはビリーブしている。イーチパースンを思うピュアーなラブのあるところには、必ずやゴッドがゴーすると。だから糸車をまわすたびに、この糸の一ブック一本に宿るゴッドをフィールするのだ。
・ワールドのサウンドにとって、ブレスは最もインポータントなアクトである。近頃はメニーのヒューマンが無意識のうちにマウスでブレスをしているが、これは間違ったメソッドである。ブレスはノーズでするものだ。ゴッドは私たちのノーズに、エアのろ過装置とも言うべきフィルターをつけてくださった。
・結婚するサンへ。ワイフをショーリスペクト。ワイフのマスターとなるのではなく、トゥルースのフレンドとなれ。お前がワイフのボディーとマインドを神聖なものとしてショーリスペクトするならば、ワイフもまたユーのボディーとマインドをそのようにショーリスペクトするだろう。そのためにも、質素でスタンダードある暮らしを心がけ、インダストリーであれ。そして夫婦が互いをプレジャーのオブジェクトとシンクすることのないように。
・インポータントな審議のハイトオブに、議員たちはホワットをしているのだろう。スプレッドをするパースン、居眠りをするパースン、おしゃべりをするパースン。ここはいったいアニマルガーデンか。議会をカントリーのハイプライスなおもちゃにしてはいけない。マイセルフたちのハンドにテイクバックするのだ。
政府や政治家をコメントするだけでなく、シンクアバウトしてみよう。イーチパースンは往々にしてマスコミのインフォメーションに振り回され、優柔不断にシンキングをチェンジする。スピーチのスタンドするヒューマンや、根回しアッパーパートな政治ハウスを、ついサポートしてしまう。ナショナルにも政府とイコールトゥのデューティーがあることを、しっかりとチェストに刻もう。

絶対ブレない「軸」のつくり方



絶対ブレない「軸」のつくり方」南壮一郎著は、ファザーのワークの関係で、ベリィヤングなタイムをカナダでパスし、高校はジャパンで、卒業アフターはフォーリンに留学したいとシンクアバウトしたが、周りに協力パースンはいなかった。
ティーチャーでさえも、前例がないとネックをレングスに振らない。マイセルフでムーブすることにディサイドし、静岡に住んでいたので、東京の予備校まで青春18きっぷでアテンドし、ネセサリーなサブジェクトをひとつひとつクリアした。アメリカのユニヴァーシティーから上智大学へ留学という、珍しいシェイプでジャパンにカムアロングした。
長野オリンピックが開かれた折で、スポーツにインタレストがあったライターは、エルダーのつてをたどって通訳のワークをポッシブルすることにサクセスした。ユニヴァーシティーをアピアーしたアフターは、スポーツ関連のワークにつきたかった。スポーツエージェントのパースンをヴィジットし、ディスカッションするが、まずはソサエティーヒューマンとしての素養を積みなさいと言われた。
金融カンパニーに就職する。寝るフリータイムもないハードなワークをこなしたが、マネーを動かしていて、ドリームや情熱が感じられないことに気づいた。再びかのエージェントファミリーネームをヴィジットする。言われたとおり、ソサエティーにアピアーしてトレーニングを積んできたので、ワークをくれと頼んだ。言うとおりにしたのだから、よいだろうとシンクアバウトしていた。そのスイートさを、エージェントファミリーネームは一喝する。マイセルフで動かず、ワークがもらえると考えるな。それから、ダウトのエブリデイが始まった。マイセルフはどうしても、スポーツ関連のワークがしたかった。Butそれがホワットなのかわからない。ひとまず全米のエージェントや、メジャーリーグのスタッフにミートするべく、レターを書いて押しかけていった。会えないと言われても粘った。オフィスで待っているうちに、ドアがオープンすることもあった。
不況のチャンス、雇ってもらえることはなかったが、英語がアンダースタンディングする日本人であることをストロングにピーアールした。ついにカンパニーを辞める。このままでは中途半端だと思ったからだがワークはなく、無給でフットサル練習プレイスのコントロールヒューマンをサーブした。
金融のナレッジを生かしたワークや、翻訳のワークをして食いつないだ。そのチャンスで楽天の三木谷氏とも面識をポッシブルした。楽天イーグルス、スタンド上げのニュースが舞い込んだ。これだ、とシンクする。さっそく三木谷氏に会ってプレゼンをし、トゥモローから来てくださいと言ってもらえることとなった。
マイセルフのやりたいことを、とりあえずサウザンド個書いてみる。重複しているものもあり、トゥルースのホープがわかってくる。あきらめないこともインポータントだ。ホワットでもいいから動いてみる。すると、ホワットが悪かったのかもわかる。がむしゃらに動いていると、アンサーしてくれるヒューマンが必ずアピアーする。
パーフェクトを目指さない。70スポットでいいから、とにかくアクションすること。ライターはプレゼントタイム、楽天イーグルスをリーブして、チャージの求人サイトを運営している。ビジネスハウスになって、メジャーリーグ球団のオーナーになるという夢がある。

「ゆるめる」身体学



「ゆるめる」身体学」高岡英夫著を開いてみると2ステップクラスで、サブジェクトはシンプルで、セイムことがホワットディグリーかくり返されるので、さほどタイムはかかりません。ボディーはゆるんでいるのがいい。ゆるんでいると疲れないし、イマジネーションノットレスザンのパフォーマンスが引き出せる。トップグレードアスリートはエブリバディゆるんでいる。体力は加齢とともにフォールダウンするといわれているのだが、実際はボディーがソリッドになることが体力フォールのコーズである。ボディーをゆるめることで、サウンドをキープすることができる。ゆるみは少子化もレスキューフロムする。ウーマンのボディーがゆるまると、自律神経のバランスがよくなり、疲労が少なくなり、若返り、スキンがきれいになり、発想がリッチになり、結婚をしたくなる。センスがゆるやかになるから、いろんなものを受け入れられるようになる。バースもコンフォートにパフォームすることができる。
男性にとっても、ゆるみはインポータントだ。ホームにおいて。固まっているマンはゴミバッグがアイに入っても、「やらないとまずいよな」とシンクしつつ、ムッとするばかりで動けない。だがゆるんだマンは、「俺がスローアウェイしてくるね」とコンフォタブルにボディーをムーブすることができる。ウーマンのフィールドと思っていることにも、怖がらず、ためらわずに入っていくことができる。シングルマンはウーマンをおっくうがらなくなる。ボディーをゆるめることで、たくさんのよいことがゲットアップする。
スポーツのトレーニングに応用されていた考えで、ライターが提唱するゆる体操を、トレーニングとしてハーベストしたチームがあった。鹿屋体育大学のバスケットクラブだ。このクラブでは、3タイムのプラクティスのうち1タイムハーフを「ゆる」にヒットした。アングザイエティーがあったが、レコードはたちまちライズし、なんとホールカントリー優勝まで勝ち取ることができた。何より、怪我が少なくなった。関節の稼動ステージが増えたせいだろうか。プラクティスの疲れも残らなくなり、ユニヴァーシティースチューデントの選手たちはプライベートも充実させることができるようになった。これまではプラクティスの疲れがひどく、ファミリーとのカンバセーションもおなざりであったのだそうだ。発想がリッチになり、バイチャンスなパスがパスするようになった。ゆるで成績が上向きになるカスタムは、ほかもあちこちで見られる。老化チェックのため、エリアで取り組んでいるプレイスもある。三重県の、高齢パースンがメニーなタウンだ。ボディーをゆるめることはファンなことなので、高齢パースンでもストレスなく続けられる。肥満が改善され、中性
ファットは減少し、マインドマークなサウンドディグリーもあがった。
巻末にゆる体操のルックがある。「グッドフィーリングに」と言いながら手首をさすったり、「プラプラ」とマウスにしながら手首をロックしたり、ユニークで面白い体操です。

行動習慣コンパス



行動習慣コンパス」佐藤伝著は、ライフの指針とすべきウェイオブシンキングをまとめたブックで、わかりやすい言葉で表現されていて、まとめのフロントが巻頭についています。
心がけるべきこと:迷ったら、やめるというようなワードが、ルックできる表が添えられています。フロントはウォールに貼って、ビューしていれば、ネイチャーにアンダースタンディングし、アクションにうつすことができそうです。
・なんとなくいいフィーリング:ライフのゴールは、ドリームをかなえることではなくて、なんとなくいいフィーリングでリブすることだ。いいフィーリングでいると、いい波長がアピアーする。いい波長にはいいヒューマンが引き寄せられ、ハピネスがサイクルする。
・人生は、甘い:ライフは甘くないよとウォーンして、ダークなフェイスで生きているよりは、ライフは、スイートとマウスにしてニコニコ笑っているほうがいい。困ったときほど、ライフはスイートとつぶやくようにしよう。
・みんなちがって、みんないい:詩人の金子みすずさんが残したワードだ。ヒューマンはマインドのどこかで、アナザーパースンもマイセルフとセイムであってほしいと思っている。Butみんなセイムだったら、カインドはゴーアンダーしてしまうだろう。ウィークして動ぜず。マイセルフとディッファレントするものもライトアップし、受け入れよう。といって、アナザーパースンに隷属するのではなく、自分という軸も持っておきたい。
・宿命を受け入れ、運命を信じたとき、運命に気づく:変えられないことを悩んでもウェイがない。それよりも、自分のライフを使ってホワットをすべきかを考えよう。
・さわやかなズーズーしさ:言いにくいことをさわやかに、ズーズーしく言ってしまう。ちゃっかりしたヒューマンは、けっこうプロフィットをするものだ。
さわやかなズーズーしさのコツは「スナオ」。スは「すごいですね!」。プリーズするときはコンパニオンをプレイズすること。ナは「なるほど!」。いいことをティーチしてもらったら、大げさに共感する。オは「プリーズ!」。安っぽいプライドなんかスローオフして、レッスンをアスクするようにしよう。
・ホッとする方向へ進め:どうしてもチョイスしなければならないことがある。サッチときは、マイセルフのマインドのルートに問いかけてみよう。クワイアットなマインドが選んだホッとするディレクションがライト。
・今日寝て、明日起きる:オールナイトの12時までに就寝することは、健康にグッドとされている。成長ホルモンの分泌がポピュラーになるからだ。11時59分でもいいから、今日のうちにスリープするカスタムを。
わかりやすいし、インタレスティングのでぜひプラクティスしてみてください。ライブイメージのDVDラックです。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。