本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「親切」は驚くほど体にいい!


「『親切』は驚くほど体にいい!」デイビッド・ハミルトン著・有田秀穂訳は、心が明るくなり、親切をすることで得が返ってくるという内容のものですが、人に優しくすることで優しさが戻ってくるというような内容とはちと違っていて、人の体は親切をすることによって良い反応が表れるらしいのですが、なんでも著者のハミルトンさんは化学者で製薬会社で心疾患の新薬開発に取り組んでいたことがあるというので、医学的な観点から親切をすることの効用を説いているのですが、なんとオキシントンという脳内物質は、脳の視床下部で作られていて、全身の遺伝子や細胞に作用するというのですが、オキシントンが増えると人を信じやすくなってしまい、不安や恐怖を抑えることができるということで、実験を行ったところ被験者に人の顔写真を見せ、電気ショックを与えたとき、被験者はその顔の人物に悪い印象を持つという当然の実験なのですが、そのあと被験者Aには食塩水を、顔の前に噴霧し、被験者Bにはオキシントンが入った液体を噴霧すると、被験者Bは、先ほど悪い印象を持った人に、それほどの警戒心を抱かなくなり、好印象を持ったということで、オキシントン
の分泌が多ければ、初対面の人ともすぐに仲よくなれるという結果ですが、オキシントンは胃腸の動きも活発にしてくれ、炎症を抑える働きもあるというのですが、オキシントンは、人とつながったときに分泌されるということで、恋愛をしたときや抱擁したとき、人に親切にしたときなどで、親切は利他的行為ではなく、利己的行為だということで、著者がトレッキングに出かけたときに、現地のポーターが重い荷物を背負っているのを見て気の毒に感じたのですが、自分が荷物を持てば、ポーターの仕事がなくなってしまうと思い、ポーターに水や薬をやったところ、みるみる力が湧いてきて山頂に登り充実感を得ることができ幸福だったというのですが、切羽詰った場合に自分を優先しなければならない時でも、助け合うことの効用があるということで、親切は自分のためですが、簡単にできる親切リストが載っていて、例えば人の服装を褒めるとか元気のない場合にユーチューブで面白い動画を見せてあげるとかお年寄りの話し相手になってやるとか急いでいる場合に順番を譲ってあげるとか献血するとかバスや電車でお年寄りに席を譲ってあげるとか理由もなくハグしてみるという
のですが、訴えられないでくださいね。
スポンサーサイト

星やどりの声


「星やどりの声」朝井リョウ著の星やどりというのは、父親が残した喫茶店の店名で、雨を避けるのが雨やどりで、星の下に集まる場所を星やどりと言っているのですが、内容は兄弟6人の事情が綴られていて、長男は大学4年生で就活がうまくいかないのは、父親は偉大だったのに、どうしてだめなのかというのですが、三男の小学生は、父親が亡くなってから笑わなくなったのは、笑顔のあとの悲しみがつらく、カメラを持っていて、友達を撮ったのですが、友達は生活苦のため転校してしまって、二女の高校生は、双子で、姉妹は優等生なのですが、彼女は遊んでばかりで、彼氏がいてミュージシャンを志望しているのですが、彼女はカラーコーディネーターと言っているのですが、学費がネックで、ミュージシャンの彼が挫折するのではないかと思っているのですが、三男の高校生は、ちゃらちゃらしてるように見えても、悩みがあるようで、三女の高校生は、優等生の双子で喫煙している友達がいて、長女は社会人になっていて、結婚しているのですが、喫茶店が上手く行かず経営難になっているのです。

5年後の日本をいま買う長期投資


「5年後の日本をいま買う長期投資」澤上篤人著の澤上さんはさわかみ投信の創設者で金融屋なのですが、なんでも日本の経済は必ず立ち直るというのですが、実際は、日本の経済を立て直すのは簡単だというのですが、なんとその方法は聡明でイケメンの首相が国民に大変でしょうけれども、月に10万円ばかり無駄遣いをしてくださいと言えば景気はあっという間に回復するというのですが、日本が不景気なのは、欲しいものがなくなってしまってお金の使い道がなく貯め込まれているからだというのですが、高度成長期でもないし、何にお金を使えばよいかわからない人が多いというのですが、それなら長期の投資をしてみてはどうかというのですが、投資とは応援することで、儲かるかどうかは二の次だというのですが、普通の生活者として生き残って欲しい企業やがんばってほしい企業にお金を預けるというのですが、なんと昨年起こった東日本大震災に採算を度外視して復興のために尽くした会社があり、現地に物資を届けるための会社を応援することで、社会をよいものにしようというのですが、普通の生活者とともにある会社は必ずつぶれないというので、投資を
行って儲けてしまおうというのですが、なんと日本の株が次々と売られて、さわかみ投信はありったけの資金でそれらの株を買い支えたというのですが、目をつけた会社の株なのですが、買い支えなければ儲けがふいになってしまうため、政治の改革を期待して、消費税を上げてもらい、年金不安を解消してもらい、所得税を下げてもらい、納税者番号制度を導入してもらい、取りこぼし税金を徴収してもらい、法人税は下げてもらい、既得権益の租税特別措置法を縮小してもらい、税収の低下は避けてもらい、日本の正しい投資として銀行貯金で、間接的な投資を行ってきたのですが、これからはマーケットの大口投資が減り、年金資金が撤退し、若者が少なくなり、年金を運用することが難しくなり、個人の資金の活躍が期待できるというのですが、普通の生活者が応援する会社の株を買い、普通の生活者自身のための社会を作るのだというのですが、投資の受益者として果たして実感できるようになるだろうか。

ガンダム世代への提言 富野由悠季対談集


「ガンダム世代への提言 富野由悠季対談集I」富野由悠季著はガンダムはあまり関係がないですか、ライターの富野さんはガンダムシリーズのコントロールだったということで、タイトルがついたのですが、富野監督がさまざまなインダストリーのヒューマンに出会い、トークをするというもので、コントロールからアニメをウォッチして育ったワールドへ、苦言にシミラーした提案はあるのですが、それがメインではないのですが、いろんなオピニオンを持っておいでのパースンがそろっていて、シーリアスベリィインタレスティングに、コントロールバイワンセルフも楽しまれたのですが、坂村健さんはYRPユビキタス・ネットワーキング研究所チーフで、デジカメや携帯テレフォンに使われている小さなコンピューターをトロンとコールアウトするのですが、このフィールドでは、ジャパンが圧倒的なシェアを誇っているのですが、ヒューマンの生活がサイエンスによって変わっていくのは、ウェイがないことではないのですが、かづきれいこさんはフェイシャルセラピストで、メディカルサイエンス博士でワールドはフェイスでダイするというのですが、ボディー機能
とセイムように、外見のリハビリもネセサリーだというのですが、かづきれいこさんはフェイスにカットやあざがあるウーマンたちに、リハビリメイクなるものを提案されているのですが、松井誠さんはアクターで、ジェネラルパブリックプレイのハウスにボーンし親にリカバリーし、家出をしたアフター、マイセルフなりのプレイにウェイクアップし、ピリオドドラマにこだわり、ファイトやジェスチャーをインポータントにしたのですが、プレゼントタイムのチャイルドにセンスがないのは、ボディーセンスの欠如のためだというのですが、赤星栄志さんはバイオマスというローフード資源のスタディー開発をしていて、大麻のポッシブルカスタムを探っているのですが、麻というのは、実は日本人の暮らしに古くから根付いてきたものだというのですが、成長がアーリーに、栽培にたやすく、繊維になりコンストラクションウッドになり、またオイルの代わりにもなるというのですが、藤井あけみさんはチャイルド・ライフ・スペシャリストで、ホスピタルでチャイルドのメンタルフェイスをサポートするマジックのシールを貼ってあげると、子供は注射のペインを感じなくなるという
のですが、マイセルフのサイドに立ってチアーしてくれるヒューマンがいることで、チャイルドは治療のトラウマからオープンされるというのですが、GENさんはCORPORATIONで一ヒューマンライドヘリコプター開発カンパニーを運営しているのですが、ヒューマンがシットする椅子のオーバーにプロペラがついているワンダーなヘリコプターを開発したカンパニーのパースンたちにインタビューしたのですが、プランをされたパースンは、もともとオートバイのエンジンコンストラクションに携わっていたのですが、ニューフェイスのタイム、ピストンの図面をひたすら描かされ、ボディーでリメンバーしこむまでがプレゼントタイムの財産になっているというのです。



FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。