本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虹の橋

虹の橋 湯川 れい子 (著)・半井 馨 (イラスト) ¥ 1,470 宙出版 (2006/3/2) たかがペットとはいえ、一緒に暮らしていると大事な家族の一員だ。そのペットが死んだときには、家族を亡くしたみたいに悲しくて心にぽっかり穴が開いたような気がする。そんな経験をお持ちの方の絵本です。「天国のちょっと手前に、『虹の橋』と呼ばれている場所がある。生前、とくに誰かと親しくしていた動物が死ぬと、ここへ行くんだ。それでずっと病気だったり、年をとってしまった動物たちは、ここに来て健康と元気を取り戻す。たったひとつのちっちゃな不満を除けば、彼らは幸せに暮らしているんだ。そう、後に残してきた、とても特別な誰かに逢いたい、と願う切ない思いを除けばね。彼らは、いつもみんなで走ったり、遊んだりしているけれど、でもある日、そのうちの一匹が立ち止まると、遠くをじっと見つめるんだ。その目はキラキラと輝き、体はたまりかねたように小刻みに震え始める。そして突然みんなから離れると、みどりの草の上を、一目散に飛ぶように走り始めるんだ。そうやって、あなたと、あなたの特別な友達は、ついに出会って再会を喜び合い、抱き合うんだ。『もう二度と離れるものか』というように。そして、あなたたちは一緒に、『虹の 橋』をゆっくりと渡っていく…。」イラストもかわいい。特別な友達に出会えて走っていく犬の瞳が潤んでいるイラスト。ペットを亡くされて、辛い思いをされている方へのプレゼントにしても素敵な一冊です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/107-412b14aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。