本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まんねん貧乏

まんねん貧乏 得能 史子 ¥ 1,050 ポプラ社 (2006/11) 読んでて楽しい。うらやましい。すがすがしい。帯に書いてある。「年収15万円。なんとかしのいでいます。」36歳、女性。独身生活を謳歌したいがために、結婚をせずに過ごしてきたが、とうとうニュージーランド人の男性と結婚。お金を使わない遊びと妄想、昼寝が大好き。へたくそだけど家具もカーテンも作ってしまう。貯金はする。月々貯めたお金でやりくりし、キャッシュカードはあまり使わない。何のためにお金を貯めるかというと、無職になるためだ。バイトをして、無職になって、絵を描こうと思いつつ昼寝をして。そんな生活。それでも、気が弱いのでNHKの集金が来るとお金を支払ってしまう。買物に行こうとしていたところに出くわして、今夜のおかずがなくなってしまうこともある。ヨーグルトの空き箱に貯金をして、美容院に行こうとする。意気揚々と、普段はかないスカートをはいて自転車に乗ったところ、後輪にスカートが巻きついてぼろ布みたいになってしまう。情けなさ満載である。バイトもする。マニュアルだらけのファーストフード店では撃沈。常連さんには何か一言話しかけたいと思っても、マニュアル以外のことは話してはい けない。水商売を始めてみると、ママが気を使って、「娘に買ったんだけど」とさりげなく洋服をプレゼントしてくれる。本は文庫本しか買わない。増えてきたので整理しようと古本屋に行くと300円で買い取られる。後日、もったいなくなって再び買いに行き、450円の値段で買い戻してしまう。友達から遊びの電話がかかってきても、お金がないので行けない。おごりときいても、電車代がないから行けない。お金を使わない遊びだったらできるのである。靴下を丸めてカーリングをしてみたり、エアギターに興じてみたり、派手目のメイクをして踊ったりする。20代の頃は、こういう遊びにつきあってくれる友達がいた。でも、大人になると、がんばった分贅沢がしたいものなのかな、とふと思う。自分は大人になってはいけない人間だったのだろうか。いいよなあ。こういうのも。笑えるけど、まねはできないけど。お金から自由というのはこういうことかも、と思ったりもする。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/123-81bdd1da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。