本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実録ドラッグ・リポート―アジア編

実録ドラッグ・リポート―アジア編 草下 シンヤ ¥ 1,680 彩図社 (2006/04) 小林紀晴のアジアンジャパニーズにドラックの話題をプラスしました、という感じ。いや、ドラッグの話題アジアンジャパニーズ風味、著者はドラッグには慣れている様子。そのせいか、大げさだったり変に驚いたりせずに淡々とその話題が書かれているので、少しディープなアジア旅行記という感じなのがすごい。インドのバラナシで長期滞在した著者は、ネットカフェを経営している男と知り合う。彼はドラッグの仲介もしており、ハシシを売っている。男には弟がいて、名前をタージと言う。強引なセールスをしかける兄と違って、紳士的な彼と親しくなる。著者はここでマナリ・クリームという最高級のマリファナを試してみたいと思っていた。ある日、タージがそれを体験させてやってもいいというので着いていくと、部屋に閉じ込められ、監禁された。仲間の男たちがいて、「いくら買う?400ドル?500ドル?」と迫ってくる。なんとか交渉して、無事逃げることができた著者。タージはしかし、こういうやり方に罪悪感を持っている。著者がバラナシを出る前日、ビールを飲みに行こうと誘い、「本当はおごりたいんだけど、お金がないからシェアしてもいか?」 と問う。純粋ないい青年なのだ。監禁されて逃げ出すまでの緊迫感あふれる交渉もさることながら、著者が現地の人たちとこういう交流ができる人物であることが、ただのドラッグレポートと違っているところだと思う。ミャンマーでは、ゴールデントライアングルに潜入しようと試みる。しかし、軍事政権下のミャンマーでは、ケシの産地であるゴールデントライアングルに近づくことは命すら危ない。著者は、以前日本に留学していたミャンマー人の友人二人と車でそこに向かう。切り立つ崖と谷に挟まれた狭い道。山が険しいので大きく迂回せざるを得ず、「1時間前に通った道が、谷間をはさんで100メートル先に見える」という状況だから疲労も募る。そして、あと100キロという辺りで、とうとう軍の検問につかまってしまった…。ブラウンシュガーというのは、純度の低いヘロインのこと。不純物が混じっていて、茶色っぽく見えるのでこういわれる。マリファナを育成するのに、雄株と雌株を近づけすぎてはいけない。受粉すると、麻薬として有用な成分がなくなってしまう。こんなドラッグに関する知識も豊富。一体この人、マスコミ関係者らしいです。 聞くのは面白い。そういう本。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/156-2ee23baa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。