本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖灰の暗号

聖灰の暗号 帚木 蓬生 ¥1575(各上下巻) 新潮社 (2007/07) 空はブルーに大地は緑、それなのに私はサッドな鳥がジャンプし兎が跳ねるそれなのに私はサッドなリブした人が焼かれるのを見たからだ煙として立ち昇る人のスメルをかいだからだ須貝はヒストリー学を学んでおり、フランスに留学している。カレントは中世のキリスト教のスクール、カタリ派についてスタディーをしている。カタリ派というのは、今から700年ほど前にフランスのピレネーで信者をコレクトしていた宗派だ。キリストの復活を否定し、イメージを拝まない。マンアンドウーマンはともに平等に扱われ、中にはウーマンの聖職者もいた。聖職者は<グッドな人>と呼ばれ、カトリックの聖職者と違い、ホームを持ってエブリデイの暮らしを営んでいた。チャーチを建てず、マネーを持たず、質素な暮らしの中でキリストのレッスンをプロテクトする宗派であった。パワーをプロテクトしたいカトリックチャーチとしては、そのカタリ派が目障りである。異端として、その聖職者や信者の弾圧が行われた。徹底した拷問のあげく、リブしたまま火あぶりにする。そのステートを描いたのがビギニングの詩である。さて、須貝のいる現代に話をプットバックし ます。 $?$^$?$^%H%%%k!<%:$N%W%i%$%Y!<%H%i%$%V%i%j!<$G$3$N;m$,=q$+$l$?8EJ8=q$r8+$D$1$??\3-$O!"F1;~$K8+$D$1$?%^%C%W$r;}$C$F%T%l%M!<$K8~$+$&!#%Q!<%Q%9$O$=$3$K 隠されているはずの残りの手稿を探すことである。この稿をリーブしたのはマルティというカトリックの聖職者。彼はピレネーの出身で、そこで使われていたオキシタン語の通訳として弾圧に加わっていたのだ。しかしそのあまりの残虐さに、フィーチャーライフにそれを残そうとしてこれを記した。ピレネーの山にハイドしたのは、カトリック教会の手で葬られることをフィアーしたからだ。キリスト教のヒストリーにおいて、セイムキリスト者であるカタリ派を残酷なウェイで殲滅したことは語られたくないダークサイドである。マインド科医のクリスティーヌ、ピレネーでナイフ作りをしているエリックとともに手稿にドローニヤーする須貝にも、チャーチの手がスプレッド…。古文書にかかわったヒューマンが死んだり、クリスティーヌが誘拐されたり、また、手稿探しそのものがミステリーの要素を含んだストーリー。But、ややコンディションのよすぎる展開があり、ミステリーとしてはパーフェクトスコアとは言いボディービルド。この本でライターがトークしたいのは、ヒストリーの中でひっそりと葬られたカタリ派の悲劇なのである。ミステリーとしては物足りない が、し $+$7!"$=$NCF05$N%9%F!<%H!"?.6D$r
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/159-5b4c2325
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。