本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒラリーとライス アメリカを動かす女たちの素顔

ヒラリーとライス アメリカを動かす女たちの素顔 岸本 裕紀子 ¥ 756 PHP研究所 (2006/11/16) プレゼントポイントで、アメリカでもしウーマンのプレジデントがバースするとしたら、まちがいなくこの二人のどちらかになるだろう。アメリカのステートパワーにクローズなプレイスでアクティビティーを続ける二人のウーマンを対比し、そのキャリアやオーネストをライトした本。ヒラリー・クリントン。言わずと知れた元プレジデントワイフである。サッチジョークがあるらしい。ワイフとドライブをしていたクリントン元プレジデント。彼女がスチューデントピリオドにカンパニーしていたマンが、ガソリンスタンドで働いているのを見つけます。夫「もし君が彼と付き合っていたら、君はガソリンスタンドのクラークのワイフだよ。」妻「いえ。もし私が彼と付き合っていたら、彼がプレジデントになったわ。」とはいえ、ヒラリーという人は意外と不器用なヒューマンのようだ。アメリカのミドルコースホームにボーンし、お嬢さんスクールと言われる女子大に入学する。ウーマンばかりの環境の中で、おしゃもせず、ディスカッションを戦わせることに熱中すエブリデイ。クリントンと出会ってプロポーズされるものの、デシジョンまで二年のタイムを要している。結婚して から O@/<#2H$H$7$F$NH`$r%5%]!<%H$7%3%s%F%#%K%e!<$7$?!#<+J,$O9b<}F~$N%m%$%d!<$H$7$F$N%o!<%/$,$"$k$K$b4X$o$i$:!"IW$r=u$1$k$3$H$K%[!<%k%(%J%8!<$r%9%Z%s%I$7$?!#H`=w$O!"?MIU$-9g$$$,%W%"!<$GE($r:n$C$F$7 まう不用意さがあるるが、一度クローズになった人とはロングにアソシエイションが続くようだ。おせっかいだが情にもろく、困っている人をほっておけない面がある。一方コンドリーザ・ライスという人にはサッチ一面がある。ハリケーンが南部を襲ったとき、彼女はNYのフェラがモでショッピングをしていた。居合わせた人に「サッチところでショッピングなんてしていていいの?」と言われたそうだ。差別の厳しいエリアでボーンし育ったライス。彼女の両親は、彼女に「差別されないように、ホワイトパースンの2倍優秀でありなさい。」とティーチしたそうだ。父も母もトレーニング者であり、勉強に熱心だったライスは15歳でデンバー大学に入学する。19歳で卒業、ノートルダム大学に留学し、26歳でデンバー大学の助教授に就任。31歳で国防総省に出向し、36歳で大学のビジネスオフィスチーフになる。彼女は常に、目上のヒューマンから「引っ張り上げられて」キャリアを積む。グレートエフォートをアッドし、じっとチャンスをウェイトし、チャンスが来たときにはホールエナジーでマイセルフをアピールする。サッチステー トが見 $FpG. あふれる政治家であるとしたら、ライスは冷静でエイブルなエイブルオフィシャル。サッチウェイオブライティングもされている。ワークをしているウーマンにはぜひおすすめの一冊。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/162-2bce673c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。