本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

農薬に頼らない家庭菜園 コンパニオンプランツ

農薬に頼らない家庭菜園 コンパニオンプランツ 木嶋 利男 ¥ 1,680 家の光協会 (2006/01) アザーデイ、「東京・ネイチャー農園物語」を読んでからまた、ベランダでベジタブルをメイクしたいフィーリングになっています。ねぎを植木鉢にプラントしていたことがあるけど、虫がついて大変だった記憶がある。家でメイクするものに、わざわざ農薬なんてユーズするわけにはいかないし、と思っていたら、サッチ方法があるんですね。コンパニオンプランツ。一緒に植えることで、害虫や病気をキープアウェイし、互いに成育をヘルプしあうプラントの組み合わせがある。ベジタブルだってもともとはネイチャーの中に生えていたプラント。プラントというのはシングルで生えることはなく、なんらかのプラント群の中でグローするものです。ネイチャー界では、ビギニングに荒地に根を下ろすのはマメ科やハンノキといったプラントだそう。それらがエア中の窒素や、ロック中のミネラルを取り出し、土壌をリッチにしたところに他のプラントが入ってくる。そして、病気が発生しない安定した生態系をメイクする。根圏や光の競合が起こらないようなプラントフェローが成育することで、ネイチャーに互いが助け合うコンディションになるそうです。そうやっていいエフェクト を与 ($"$k%W%i%s%H$N$3$H$r!"%3%s%Q%K%*%s%W%i%s%D$H$$$$$^$9!#$?$H$($P!":,$N%G%#!<%W$J%[%&%l%s%=%&$H!"@u$$MU%M%.!#$U$?$D$r%H%%%.%c%6!<$K%W%i%s%H$9$k$3$H$G!"%[%&%l%s%=%&$N>K;@$NG;EY$,%U%)!<%k し、サラダで食べられる生食用ホウレンソウになる。ジェネラルに雑草と言われているプラントもコンパニオンプランツになりゲットする。シロツメクサは夏キャベツとトゥギャザーにプラントしてやると、キャベツにつく害虫が少なくなる。また、シロツメクサはマメ科なので、土の中のミネラルをクリエイションし、キャベツに供給することができる。地表をカバーするので、ドライをディフェンドするエフェクトもある。ブロッコリーはサルビアとプラントしてやるとよい。サルビアは、ブロッコリーにつくモンシロチョウやコナガという害虫を避けるエフェクトがある。サルビアイットセルフにそういった虫をキープアウェイするエフェクトがあるようなので、白菜や大根、小松菜とプラントしてもいい。ベジタブル畑にサルビアのレッドな花がちらほらして見えるのもなかなかきれいでファンなシーンですね。ネイチャーというものは、本当はビューティフルで、ストロングなものなんだなあとシンクする。ヒューマン関係もこうありたいものです。ホームベジタブルガーデンをされている方にはおすすめの一冊。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/163-197c06a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。