本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

でかした、ジーヴス

でかした、ジーヴス!    P.G. ウッドハウス ¥ 2,310    国書刊行会 (2006/07) 「お前がいっそオウムだったらよかったのにってシンクするときもある。だったらお前にも少しはトゥルーキャラクターがあったってものじゃないかねえ。」アーントのアガサにサッチスピーキングスタイルをされる若旦那のバーディ。ワールド知らずでお人よし、アクション派だけど少しカムアウトしている。サッチ彼をヘルプするコートオフィシャルのジーヴス。冷静沈着、ヘッドクリアー。マスターの服装からラブまで、的確かつ婉曲なアドバイスを与える。サッチコンビがアクティビティーする短編集。ペアラブなのは、二本目の「シッピーのローグレードコンプレックス」。シーンはバーディがジーヴスを叱責しているシーンからビギンする。バーディが買ってきた花瓶を気にいらないジーヴスに、マスターの趣味に口を出すなときつく言い含めている。さて、バーディにはシッピーというフレンドがいて、彼はアッパーストリームクラス向けのマガジンの編集長をしている。彼のアットプレゼントのトラブルは恋の行方と、場違いなコピーをブリングインする執筆者である。そのライティング者は、シッピーのプライマリースクールピリオドの校長だ。彼を見るたびにシッピーは 「く A$c$/$A$c3z$^$l$?5[$$.G~J4$r%P!<%G%#$,$V$k$H$$$&%*%A%i%C%/!#%U%l%s%I%U%l%s%I$+$i%G%#%U%#%+%k%F%#$r;}$A$+$1$i$l$F%"%/%F%#%S%F%#!<$9$k%P!<%G%#$H!"$=$l$r$b はやおちょくっていようにしか見えないジーヴスのフォローのウェイに何度も吹き出した。文字の量もメニーに、じっくり読める。イギリス流のユーモアフル。比喩がメニーに、ややまわりくどいと思われるセンテンスなんだけど、はまってしまうとこれがまたおかしくて仕方がない。現実のわずらわしさを忘れられる一冊。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/167-3f483d0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。