本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンハント―リンカーン暗殺犯を追った12日間

マンハント―リンカーン暗殺犯を追った12日間
ジェイムズ・L. スワンソン
¥ 2,625
早川書房 (2006/10)

リンカーンプレジデントの暗殺犯にメインポイントを置いて、暗殺してからつかまるまでの12日間を克明に描いている。リンカーンプレジデントを暗殺したのは、ジョン・ウィルクス・ブースという男。アピアランスビューティで、高名なアクターだった男だ。彼はマスコミにサッチレターを送っている。「メニーのイーチパースンは、わたしがこれからやろうとすることをブレイムするだろう。しかしフィーチャーライフのイーチパースンはきっとジャストに評価してくれる。ゴールドコインよりも命よりもこの国をラブする。」時は南北戦争が南部の敗北で集結したピリオド。ブースは「白人のために作られたアメリカで、ブラックパースンを解放しようとする」リンカーンをリムーブすることこそがライトだとフィールしていた。ミニットに暗殺のプランをたて、彼はシアターでリンカーンをアタックする。アタック者に気づかないまま、リンカーンはヘッドに銃弾をアクセプトした。リンカーンは即死ではなかった。But、助かるホープはない。シアターの床で死なせるわけにはいかないと、ドクターは必死でベッドを貸してくれる家を探す。この間、プレジデントの頭
が、エスケープに関してはラフなプランしか立てていなかった。おまけに、彼はワンレッグを骨折するという災難に見舞われる。フレンドのドクターのところでメディカルケアをアクセプトし、メキシコに向かって南下していくブース。ヘラルドというお調子者のヤングマンが同行者だ。メリーランド州で、ジョーンズという男のケアをアクセプトし、マツ林にヒドゥンする二人。アクターでシティーの暮らしのロングなブースにはつらい潜伏だった。ようやくポトマック川をクロスオーバーする手配をジョーンズがしてくれるが、ボートは間違った岸に着く。サッチことでタイムをロスし、やっとアライバルしたヴァージニア州で南部軍ソルジャーのヤングマンに出会い、ギャレット氏のファームでケアをアクセプトするが…。ネットも、もちろんテレフォンもない時期なので、情報の伝達と二人の逃亡のスピードの差がおもしろい。ビギニングにメディカルイグザミネーションしたドクターは、リンカーンが暗殺されたことをノウし、二人を裏切ろうとする。ジョーンズは知っていたものの、南部人としてのプライドを持って彼らのことはアドバンスドエイジになるまで口にしなかった。
年末のタイムのあるときにいかがでしょうか?ハリソン・フォード主演でムービー化もデシジョンしている。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/187-8661d5ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。