本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則

レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則
本田 直之
¥756
幻冬舎 (2007/05)

時間を投資する。このスピーキングスタイルは新しいです。タイトルのレバレッジとはてこの原理のこと。ここでは少ないタイムで効率をあげるというミーニングでユーズしています。ヒーはタイムをアッパーパートにユーズするベストのメソッドは、エブリデイをパターン化してしまうことだと言っています。ゲットアップするタイム、ブックをリードするタイム、ワークのタイム、ヒューマンとミートするタイム、寝るタイム。それぞれをエブリデイセイムタイムにするようにパターン化する。そうすることで、ホワットをしようかという無駄なソウトのタイムをとらなくてすむ。
レギュラーなライフをセンドすればいいというものではない。タイムを成果にコンバインするためには、ビギニングにゴールを設定しておくことがインポータント。マークをディサイドし、カウントしてエブリデイやることをディサイドする。それをエブリデイのパターンにアプライし、あとはウォリードすることなくプラクティスする。
ビギニングに目標をクリエイションするタイムこそが投資であるというウェイオブシンキングのようです。最初にこの時間を惜しんでしまうと、毎日の雑事に追われハーベストなないタイムのすごしパースンをしてしまう。
マークをフィルインし、コントロールするのにはカレンダーがベストいい。マーク達成の期日をディサイドしてフィルインする。仕事ならばエンドをライトする。そこから日々やることを書いていけば、いつ、ホワットをすればマークにアライバルするかがベリィクリアーである。プログラムはPDAに落とし、印刷しておく。エブリモーニングタスクリストをドローアップし、その日一日やることをディサイドしてしまう。もちろん、カレンダーのマークとリンクすることだ。
物事はエンドがあってこそやり遂げることができるものである。マガジンはオール読まずにネセサリーなところだけアイをレットパスする。テレビはリアルタイムでは見ず、録画してCMなどはとばす。メールチェックのためだけにパソコンを持ち歩いているヒューマンは、携帯でメールが見られるサービスがある。
通勤もミールも、ヒューマンより30ミニットアーリーにするとよい。レストランでランチをイートするのに、11時半にゲットインすると空いていてよいサービスが受けられる。サッチ小さなタイムの節約メソッドも書かれている。目新しいノウハウというわけでもないが、正論でもある。ビジーが口癖のパースン。思い切ってこのブックをリードするタイムを作ってみませんか。いい「投資」になるかもしれません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/195-a717d7fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。