本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆうちょ銀行

ゆうちょ銀行
有田 哲文/畑中 徹
¥ 1,680
東洋経済新報社 (2007/9/7)

朝日新聞のリポーターが書いたブックです。ゆうちょ銀行のバースまでとそのプロブレム点がディーテイルに書かれています。
ゆうちょバンクは、ワールドで最大のバンクなんである。総資産222兆円、従業メンバーフィギュア24万人。このプランはメガバンクが束になってもかなわないフィギュアなのだ。メール貯金はビギニング、民業を圧迫しないというプランのローグレード、バンクアカウントピクチャーを減らすディレクションですすんでいたのだが。当時の生田プレジデントは、バンクアカウント獲得をしないようビジネスチャージパースンにガイダンスしていたのだが、民営化がデシジョンしてから竹中平蔵が選んだ新総裁は、三井住友銀行でプレジデントをサーブしていた西川というヒューマンなのである。西川さんはライティングブラッシュアームで知られていて、バンクピリオドは強引な売込みで金融エージェンシーのガイダンスを受けたこともあるほどのヒューマンなのだ。西川が総裁になって、メール貯金のディレクションカスタムは変わったのだ。バンクアカウントの獲得を強化し、投資トラストなどの金融商品を売り出すことにフォースをプットインするようになった。海運アクト出身の生田とディッファレントし、金融メカニズム出身の西川には、その運用メソッドにはメニ
ーのプロブレムスポットがある。もともと、メール貯金にはメイキングユーズオブをシンクアバウトするネセサリーがなかったのだ。大蔵省に財政投融資としてサークルスローしし、その代わりに上乗せした金利を支払ってもらっていたのだ。それが、メール貯金のインタレストだったのだ。
カレントでは財政投融資に使われることはない。代わりに自らで運用フォーマーをチューズすることができるのだが、巨額をメイキングユーズオブできる商品はジャパンにはない。郵便貯金がマスターに買い入れているのは国債だが、上乗せ金利がもらえないプレゼントコンディションではイナフなインタレストをポッシブルすることができないのだ。
メール貯金の定期は6ヶ月で解約できるのが特徴だ。低金利のカレント、ゲストがショートタームで解約したら、キャッシュをメイクするために国債を売らざるを得ないのだが、国債の金利では赤字になることがシンプルに予想される。
ジェネラルのバンクを目指す西川としては、国際マーケットでのメイキングユーズオブを目指しているが、そのノウハウはメールステーションにはない。人材もいない。ジェネラルのバンクを目指すということ自体、民業をビッグに圧迫することになる…。
ポスタルシステム民営化。シングルワードで言うのはシンプルだが、たくさんのプロブレムをなおハブしていることがよくわかる。プロブレム解決への提言、示唆がなかったのがややバッドラックでしかたがない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/204-a88b314b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。