本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐藤可士和の超整理術

佐藤可士和の超整理術
佐藤 可士和
¥ 1,575
日本経済新聞出版社 (2007/9/15)

このブックは、アマゾンの書評では賛否両論あるけどインタレスティング。佐藤可士和は、広告カンパニーの大手博報堂から独立してカレントは「サムライ」というオフィスを開いてアクティビティーインサイドとのことです。
キリンの発泡酒、ポールイノセントの商品開発から広告、TSUTAYA TOKYOのスペースデザイン、ファーストリテイリング、楽天グループなどで広告やロゴデザインのワークをされているらしいのだ。
このブックは、これらのワークがどのような発想で行われたかが書かれていて、広告をしかけるアザーサイドのステートがわかるのだ。佐藤可士和は整理ラブなのである。ヒーのオフィスも来たヒューマンがびっくりするくらいシンプルでモノがない。モノを整理するタイムがもったいないという人がいるが整理されていないとトゥーマッチに無駄なタイムがかかることがメニーとライターはシンクアバウトしている。
ヒーが物事を整理するオピニオンは3つ。スペース、インフォメーション、ソウトだ。ヒーはかばんを持ち歩かない。持ってウォークするのは携帯テレフォン、キー、カードケース、スモールチェンジ。これしか持っていないだけ。メモやペンはネセサリーなときにボロゥすればいい。クレジットカード二枚とノートがフィギュア枚あればマネーは十分。もちろんかばんがないとワークができないというヒューマンもいるだろうが、オブノーユーズなモノを思い切ってカットダウンすることもインポータントであるというのだ。
スローアウェイするためには優先オーダーをつけることがインポータントなのだ。このブックのインサイドでは、エッセンスを捉えるということがリピートしか書かれていますが、ベストインポータントなものをまずディサイドすることで、モノもインフォメーションも、ワークも整理ができるとライターはシンクアバウトしているようなのです。
インフォメーションを整理するときもセイムだというのだ。ヒーのワークは広告やアートデザインだが、ビギニングにすることはクライアントがホワットを本当に望んでいるかをアンダースタンディングすることなのだそうだ。ディマンドフォーのエッセンスがアンダースタンディングできるとビジョンが見えてくるといっているが本当にそうだろうか。発泡酒のポールイノセントのコンセプトは「チープなビール」ではなく、「新しいお酒」という発泡酒独自のバリューを確立することなのだそうだ。そう決まったときにシンプルなデザインで「現代マークなライトなドリンク」というイメージをビギンすることができたんだそうです。
ソウトをまずはランゲージ化することから整理が始まるんだとか。ユニクロのNYストアーのデザインをディサイドしたときにカンパニープレジデントがジャパンのブランドであることを強調したいと言ったのがインプレッションマークだったそうなのだ。アザーにも、ユニクロはクローズズをコンプリート品としてオファーするのではなく部品にしたい。組み合わせは買ったヒューマンがディサイドすればいいというコンセプトがあったのだそうだ。これもエッセンスを捉えるということにつながるのだけどカンパニープレジデントとタイムをかけてトークをして、NYストアーにはカタカナを配したデザインをギブした。
モノの整理アートというよりはマイセルフたちがタッチするロゴやデザインがホワットソウトのファンデーションに作られているのか。トップグレードのデザイナーの頭のインサイドをのぞいてみるとシンクすればベリィインタレスティングに読めるとシンクするのだ。時間ないヒューマンは読んでみなくてもいいかもしれない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/210-3cf992fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。