本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

約束の地で

約束の地で
馳 星周
¥ 1,470
集英社 (2007/09)

このブックは、惜しくも直木賞の受賞をセットフリーしたのだが、北海道をステージにしたショート小説5ブック。それぞれ独立したワークだけど、メインキャラクターがビフォーのストーリーのアピアランスキャラクターと関わりがあるというクリエイションなので、ビギニングのワークから読んでいくことをおすすめします。
・ちりちりと…。堀口トゥルースはもうゴーバックするまいとディサイドしていたはずのホームタウンに戻って来た。函館でビジネスを営んでいたが、アソシエイション経営パースンのフレンドに裏切られ、破産しての帰郷だった。
自殺をシンクするが、ファザーが5サウザンドメニーニヤーのマネーを持っていることをフレンドに聞かされる。マザーと妹をルーズサムしてシンス、ファザーは山奥のペンで隠遁ライフを送っている。留守インサイドにスティールインし、マザーと妹の墓にハイドしていたマネーをディスカバーするが…。
・みゃあ、みゃあ、みゃあ。マザーと二ヒューマン暮しの美恵子。彼女はアゴー、堀口のファザーの愛人だった。マザーは痴呆が始まっており、口汚く美恵子をののしる。バーでワークする美恵子は、アゴーから土屋というマンに言い寄られていた。スマイルがフレッシュな土屋に惹かれた美恵子は、あるデイオブマンスヒーにボディーを預ける。マザーの存在を知った土屋は、美恵子とカンパニーすることはできないと言う。カンパニーを断られ、エンジニアに入ることを拒否するマザーにゲットタイアードした美恵子は、飼っていたキャットをボックスにプットインしてリバーに流す。
・ワールドのフィニッシュし。土屋智也。ファザーの女癖がコーズで、マザーと妹はアピアーして行った。犬のレオだけがマインドのサポートである。雅ヒストリーという男に、ミドル脅されて買わされたスクーターに乗って、智也は町外れの開発プログラムアースにアピアーした。そこでレオが骨をディスカバーする。骨をルックフォーすることに熱中する智也。オールナイトまでルックフォーしていたところ、警官に尋問され、ナイフで刺し殺してしまう。智也は、骨をコレクトすることで、ワールドのフィニッシュしがくると信じていた。
・スノーはゲットダウンする。センス遅れの少年、智也にスクーターを売りつけたことを、雅ヒストリーは後ろめたくフィールしている。そのおかげでハンドにプットインしたカーで、憧れのエルダー、美穂を函館まで送っていくチャンスにリッチインした。どこか憂鬱そうな美穂。バッグにレッドなカラーのホワットかがついている。途中で入ったコンビニで、雅史は美穂の弟がフーかに刺殺されたことをノウする。
・青柳タウンこそかなしけれ。チープ衣子のハズバンド、保はギャンブルがラブでたびたびチープ衣子に暴力をふるう。親友の恵理もセイムような境遇で、恵理は交換マーダーをスピークするまでに追い詰められていた。ある日、恵理のインポータントにしていた犬を、恵理のハズバンドがキルしてしまう。ヒーをキルして、代わりに保をキルするから。そうクライする恵理のワードを聞いて、保はマインドをシフトする。犬の葬式の日、来なかったハズバンドに激怒した保は、ヒーをなぐって入院させてしまった。犬をキルしたことも、暴力をふるわれていることも、恵理はポリースには言わなかった…。メインキャラクターたちはエブリバディ、ライフに絶望している。そのペインとか、やるせなさとか、作者はそういうことがライトしたかったようだ。不夜城シンス、パハップスだけど馳氏に寄せられてるホープ、暴力と
アンダーグラウンドフルロードのワークをどうぞ!ってなところから、ディッファレンスの境地に行こうとしているフィーリングがする。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/211-f531add9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。