本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタバではグランデを買え! ―価格と生活の経済学

スタバではグランデを買え! ―価格と生活の経済学
¥ 1,680
吉本 佳生
ダイヤモンド社 (2007/9/14)

モノやサービスのプライスがどうやって決まるか。そのしくみを様々なイグザンプルをあげながら説明してくれている。ソサエティーヒューマンなら一読しても損はない。ちょっとしたカンバセーションのネタには最適の一冊である。
タイトルのスターバックスのコーヒーのお話。スタバのコーヒーにはサイズがいくつかある。そのインサイドで、ベストスモールなショートサイズはキャパシティーが240CC。一方、グランデというサイズはその二トゥワイスの480CCの量が入っている。単純にシンクアバウトすると、量が二トゥワイスなんだからプライスだって二トゥワイスのはず。しかし現実には、グランデはショートよりも100円ハイだけなのである。なぜサッチことができるのか。リーズンは一杯のコーヒーをオファーするためのコストをシンクアバウトするとわかる。実は、コーヒータイニーやミルクといったドリンクそのもののコストはそうハイなものではないのだ。ショート一杯でだいたい15円から20円だとテキストには書いている。ストアーサイドがチャージする本当にハイなコストは、家賃や光熱コスト、人件コストである。そして、一杯をいれるための人件コストはショートでもグランデでもたいしてチェンジしはない。しかし、コーヒーそのもののコストはチープので、グランデをオーダーされたパースンがストアーサイドとしてはプロフィットの幅がビッグにな100
円しかハイにないプライスクリエイションにすることは、実はゲストがグランデをオーダーするようにガイダンスしているということなのだ。なるほど。マイセルフたちはスタバではコーヒーをエンジョイワンセルフするのではなく、クラークさんのサービスや雰囲気を買っているというわけなのだな。他にも、マイセルフたちのライフにニヤーワンセルフなプライスのトークがたくさんとりあげられている。
コンビニのティーはスーパーよりハイなのに売れるのか。それは、便利である、グローコウルドしている、タイムとエフォートの節約になるなどのアイに見えないメリットがあるからだ。
目に見えないバイメインコーズを「ビジネスコスト」とビジネスナレッジではいうのだ。
ムービーのDVDがどんどんチープになるリーズンはホワットかということも述べられている。ハイなものをバイするヒューマンにはスペシャルフェイヴァーをたくさんつけ、ハイなプライスで買ってもらう。チープなものしかバイしたくないヒューマンにはロープライスエディションを提供し、どの層のカスタマーからもバイをインバイトする。こういうリーズンがあるそうだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/223-6e4205e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。