本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルーバレンタイン

ブルーバレンタイン
新堂 冬樹
¥ 1,000
角川書店 (2007/12)

トピックのケータイストーリーを、新堂冬樹が書いてみましたということらしいのだ。とはいえ、インサイドは絵文字もなく行間もつまっていて、ジェネラルマークな携帯ストーリーとはちがう。センテンスもサードパースンで語られているのだ。どうせだったらぐだぐだガールのファーストパースンで、「マーダーマシーンのあたしがラブをしてしまった…。コンパニオンは…やっぱり殺しハウスのヘリオス!キャハ!」くらいのノリでもよかったのに。
さて、サブジェクトはというと、さっき書いたとおりのものだ。メインキャラクターのアリサは、5エイジのときにファミリーを皆殺しにされた。ファミリーをキルしたのは、ブルーなバタフライのペンダントをしたマン。天涯孤独になったアリサを引き取ったのが小野寺というマンなのだ。ヒーは殺しハウス、アサシンをトレーニングし、殺しのワークをテイクアップするというビジネスをしているのだ。
過酷なプラクティスを積んだアリサは、優秀な殺しハウスとして成長した。コードネームはバレンタイン。ある日、小野寺はかつて小野寺と一緒にワークをしていた門馬というマンをキルすることをアリサにオーダーする。門馬はアリサのファミリーをキルしたブラックカーテンなのだという。
復讐マインドにバーンするアリサ。しかし、門馬にはビッグフォーという腕利きの殺しハウスがいる。アリサはヘリオスというマンとチームを組んで門馬に向かっていくのだ。
ヘリオスは殺し屋には見えないマンだった。アリサにも、「女のコはオーネストじゃないともてないぞ!」などという軽口をきく。しかしそのアームはトップグレードで、次第にアリサはヘリオスにマインドを開いていくのだ。
このエリアのプロセスがまた、「あるある!どこかでウォッチしたウォッチした!」というお決まりのパターン。「サッチフィーリング、フィールしたことがなかった」「殺しハウスとしてリブしてきて、初めてのやすらぎ」ソートオブな描写がモーストにプレザント。ラブなパースンはぜひどうぞ。ビッグフォーとのバトルもなかなかハード。ゴルゴ、ガゼル、スパイダー、ゼウスというネームのビッグフォー。それをウィークなオーダーにスローダウンしていく、つまりだんだんディフィカルティディグリーがグローしていく少年ジャンプのコミックマーク展開で、これまたラブなパースンにはたまらない構成になっているのだ。
エネミーのサプライズアタックをアクセプトし、パズルの少年にヘルプしてもらいながら門馬にミート迫する二ヒューマン。しかし、二ヒューマンのビフォーにスタンドするゼウスはヒューマンのマインドを持たない、バイネイチャーの殺しハウスだったのだ。
ゼウスとのバトルで、致命マークなカットをベアーするヘリオス。デスがドローニヤーする瞬間、ヘリオスはアリサに二つの大きな告白をする。アリサにラブをしてしまったということ。そして、アリサのファミリーをキルした青いバタフライのペンダントのマンのナチュラルシェイプ…。
ラスト、たった二つしか残っていない銃弾で、アリサは小野寺に立ち向かっていく。デスの覚悟をして。いつの間にか門馬は殺しのオブジェクトからははずれてしまっているのだ。
ちょっとちゃかして書いちゃったけど、インタレスティングだったです。アクションシーンも充実してるし、トラウマを負った二ヒューマンが打ち解けてゆくシーンもありきたりだけどいい。新堂ファンならとりあえずハンドにとってみたい一冊なのだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/224-218dd53a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。